ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ここに幸あり』

2007-10-18 21:40:27 | 新作映画
(原題:jardins en Automne)

----まるで日本の昔の歌謡曲みたいなタイトルだニャ。
「うん。でも原題はまったく違っていて
フランス語で『秋の庭』を意味する言葉。
監督のオタール・イオセリアーニいわく
『秋は失ってしまった時間を悔いる季節』。
そう、この映画は、生きる喜びの再発見の物語なんだ」

----再発見?
「物語はいたってシンプル。
職を追われた大臣が、
酒を酌み交わしたり、音楽を奏でたり、
さらには幼い頃過ごした場所に帰ったりする中で
仲間とともに生きる喜びを再発見するというもの。
その中で、
権力に固執したり成功の道を目指す人が滑稽に描かれる。
まあ、一種の寓話でもあるね」

----でもテ-マとしては
そう珍しくもないよね。
「うん。ただ、いまの日本では“勝ち負け”が人生の価値基準とされやすいだけに
このような生き方はあまり描かれることがない。
それだけに新鮮に映るかもよ」

----映画としてはどうニャの?
「至るところに象徴的なエピソードが詰め込んである。
たとえば冒頭、
棺桶屋で自分にあった棺桶を争う老人たちが登場。
でもその後、彼らは最後まで物語には関わらない。
他にも大臣がチーターを飼っていたりとかね。
それらの出演者はほとんどが無名。
これは監督オタール・イオセリアーニの特徴らしいけどね」

----ニャるほど。映画ということを意識させないようにしてるんだ。
「うん。俳優は映画を引きずってやってくるから、
その映画の記憶が観客の頭の中で結びつかないようにという
なかなかユニークな考え方」

----でも、名優ミシェル・ピコリが出ているんだよね。
「これが実はどこに出ているか…。
気づいた人はエラい。
実は僕はその役はジェラール・ドパルデューじゃないかと思ったけど(笑)。
あっ、これはスゴいヒントになってしまったかな。
でも、この映画、実はスゴい作りこみだと思う。
省略に省略を重ねてシーンとシーンを繋ぎながら、
そのシーンの中身は、
おそらく何度もリハーサルを重ねたであろう俳優の動きと
それを追うカメラ移動という、バックステージがほの見える。
実に緻密に計算されているんだ。
街角シーンなんて『アメリカの夜』の冒頭の撮影シーンを思い出したな」

----でも、それってスタッフたちが
映画製作を楽しんでいるということだよね。
「だと思うよ。
見ていてこっちも楽しくなったもの」


(byえいwithフォーン)

フォーンの一言「フォーンはいつも休むのニャ」もう寝る

※人生を、ひと休みする度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※画像はイタリアのポスター

コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 『サラエボの花』 | トップ | 『象の背中』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
作り込み (april_foop)
2007-11-11 09:21:53
ボクにはどこからどこまで作り込んでいるのか、はっきりとは認識できませんでしたが、シーンとシーンのつながりとかが自然でよくできてるなぁ、とは思っていました。

あとひと盛り上がりくらいあってもいいような気がしましたけど、それをしないのがいいんでしょうね。
冒頭のカンオケ選び、楽しかったです。伏線かと思っていたら、映画全体のテーマを暗喩するようなシーンでしたね。
■april_foopさん (えい)
2007-11-11 13:17:10
こんにちは。

ぼくが“作りこみ”を意識したのは、
街角シーンですね。
あの交通整理はスゴい。
そしてその中を行き交うエキストラ。
あれは見事だと思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

感想/ここに幸あり(試写) (EDITOREAL)
なんとなーく上品な三木聡風? 『ここに幸あり』12月1日公開。大臣のヴァンサンは、突然失脚。家に帰れば愛人が出て行き、妻のところへいけば追い返される。母を頼っていったアパートは、あれま外国人に不法占拠されて。途方に暮れながらも古い友人に会ったりしてたらな...
真・映画日記『ここに幸あり』 (          )
JUGEMテーマ:映画 12月9日(日)◆649日目◆ 午後3時、JR恵比寿駅に着く。東口を出てすぐのところに「恵比寿スカイウォーカー」がある。恋人同士だったらゆったりとしながら「恵比寿ガーデンプレス」に向う“動く歩道”を楽しめるが、独り身のボクには“遅いベルト...
ここに幸あり (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2006年 製作国:フランス/イタリア/ロシア 監