ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『Be Cool』

2005-07-29 19:47:40 | 新作映画
----豪華な顔ぶれの映画だね。
主演のジョン・トラボルタにユマ・サーマンが絡むだけでも
『パルプ・フィクション』なのに、ハーベイ・カイテル、
ダニー・デビート、ジェームズ・ウッズといったベテラン、
ザ・ロック、ビンス・ボーンに、スティーブン・タイラーまで出ている。
「うん。実はこれ、『ゲット・ショーティ』の続編なんだ。
あの映画でギャングから映画プロデューサーに転向したチリ・パーマーが、
今回は音楽業界へ方向転換。
ロシアン・ギャングやギャング上がりのラッパーたちと闘いながら、
リンダ・ムーンという才能豊かな若いシンガーを育てるというお話さ」

----そんなので2時間ももつの?
「ダマしダマされ、ハメてハメられての繰り返し。
役者が揃っているせいか、なかなか飽きない。
さらには後半ではエアロスミスのステージも観られるし。
このリンダ・ムーン(クリスティーナ・ミリアン)が一緒にステージを務めるんだ」

-----ということは、スティーブン・タイラーは
彼自身の役を演じているというわけだね。
「うん。他にもジーン・シモンズ、セルジオ・メンデスらが
それぞれ自分自身として出演。
そういう意味では楽しいかもね」

-----音楽ファン以外の見どころはどこ?
「映画のチョーシのよさかな」
-----ニャに、それ?(笑)
「主人公のチリ・パーマーは、
たとえ銃口が向けられているような危機にあろうとも、
決して慌てない。じたばたしない。
自分が助かることを信じきっている。
あまり根拠があるようには見えないそのチョーシよさが、
映画のトーンを決めている。
一種の大人のファンタジーだね。
そうそう監督はF・ゲイリー・グレイ。
『交渉人』という名作を作っているのに
なぜかプレスでは全く紹介がなかった。
う~ん、これは不思議だ。
あとロック。あのスコーピオン・キングがここではゲイ役。
なんと『チアーズ!』を一人二役で演じて見せるんだから、
これは唖然だったな」

                (byえいwithフォーン)

※Be Cool度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
« 『蝉しぐれ』 | トップ | 『南極日誌』 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんはー。 (はっぴぃはーと)
2005-09-05 21:01:04
えいさまへ



こんばんは。おひさしぶりです。

コメント、ありがとうございました。



音楽好きなあたしにとってはなかなか楽しく見れましたー。あのダンスシーンもちょっと前作を彷彿させるようドキドキしてしまいました^^
>はっぴぃはーとさん (えい)
2005-09-06 00:25:47
こんばんは。



いやあエアロスミスがあんなにかっこいいとは。

やはり本格派のロックはいい。

まじ、血が騒ぎました。



一方で、今のセルジオ・メンデスが見られたのも嬉しかったです。
TB&コメントありがとうございます (ゴウ先生)
2005-09-08 23:38:53
すごい本数映画をご覧になってますね。脱帽です。これからもよろしくお願いします。
>ゴウ先生 (えい)
2005-09-10 20:11:59
おひさしぶりです。



単に本数だけという話もありますが(笑)。

これからもよろしくお願いします。
Look at me! (あかん隊)
2005-09-11 02:04:21
TBありがとうございます!

トラボルタ扮するチリが、面と向かう相手に必ず言う「Look at me!」 すると相手は、「見てるよ!」とうるさそうに言う。このパターンが随所にあって、そうか、これがえいさんの記事にあった「チョーシ良さ」だにゃー(フォーンのまねっこ)、などとひとりほくそ笑んでおりました。
>あかん隊さん (えい)
2005-09-11 22:47:41
こんばんは。



この映画、ザ・ロックの気持ち悪い眉が印象的でした。

スコーピオン・キングとはあまりにも違う役柄。

よくこんなの引き受けたなと関心。

エアロスミスのスティーヴン・タイラーといい、

この映画の世界を形作っているのは「個性的な顔」。

もしかしたら、そのいびつな感じが監督の狙いかも。
Unknown (へーゼル☆ナッツ)
2005-09-13 12:32:42
こんにちは。

TBさせて頂いております。

挨拶が遅れまして。。スイマセン^^ヾ

私も、あとで上映時間を見て驚きました。

こんなんで2Hも持つの?ですよね。

実際は、長くは感じなかったので大成功というところでしょうか^^



TBありがとうございました。

また遊びに来てくださいね。
こんばんは (カヌ)
2005-09-18 01:29:46
これ「交渉人」の監督だったんですか!知らなかった。

ヴィン・ディーゼル主演が不安だったけどこの監督だけで見にいった「ブルドック」、いまいちだったんだけど(^^;今後も注目してます。
監督 (えい)
2005-09-18 12:27:31
>カヌさん



アメリカの監督って、いわゆる<職人>が多いですよね。

まさかこの映画が『交渉人』と同じ監督の手によるものとは?

この2本を観て、そのことを当てられる人は、

そうはいないのではないでしょうか?
Red Hot Chili Palmer (ココ)
2005-09-20 22:33:51
えいさん、こんばんは☆

豪華出演者、特にロック様にまんまと釣られて、とっても楽しみにしていた作品でした

2時間があっという間に感じられました♪

細かいネタが楽しくて沢山笑えてお得だったかも(笑)

エアロスミス、カッコいいですよね~♪

スティーブン・タイラーよりジョー・ペリーのが美味しいとこ取りだった気がしてファンとしては嬉しかったです(えへへ)

それにセルジオ・メンデスがー!

Black Eyed Peasと共演なんて贅沢気分満喫でした



私も「交渉人」と同じ監督とはしりませんでした!

さすがえいさん!

いつもお勉強させていただいてます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

38 トラックバック

ビー・クール (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
Get Shortyの続編 う~~ん だめだった・・・・・ ジョントラボルタ、ウマサーマン主演の映画  ザ・ロックはプロレスで活躍してる人らしい それとロックバンド エアロスミスのボーカルステーブンタイラーも出てる ちらちらと色んな俳優が出てきてるのですが・・・・
Bee Cool★ビークール/ゲットショーティ続編 (我想一個人映画美的女人blog)
FOX試写室にて。いや~この顔ぶれ、ほんとに豪華{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 大好きなユマと、パルプフィクションコンビであるトラボルタ、 ダニーデヴィート。ヴィンスボーンとバーベイカイテルは私的には 別にどーでもいいが、+ゲストに{/atten/} エアロスミスのステ
ビー・クール! (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
 アンタッチャブル山崎と並ぶ”割れアゴ世界一”ジョン・トラボルタと、”眠たそうな顔世界一”ユマ・サーマンが、あの「パルプ・フィクション」以来、夢の共演!  その他、豪華キャストが話題のコメディ。  取り立て屋から映画プロデューサーとして成功したチリ(ト
「Be Cool ビー・クール」@20世紀FOX試写室 (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
元々は別の会場で見ることになっていたのですが、3回も予定変更をしてやっと今日見てきました。秀君が見たがっていたので、秀君の休みに合わせて数回予定変更。途中でもう連れて行くのを止めようかと思ったくらいの予定変更でした。こんなにコロコロしてまで見に行ったのは
「Be Cool」試写会 (ミチミチ)
「Be Cool」 監督 F・ゲイリー・グレイ CAST ジョン・トラボルタ/ユマ・サーマン・・・ story  映画プロデューサー チリ・パーマーは、殺人事件に巻き込まれ、音楽業界に進出する。抜群の才能を持ったリンダを成功させるために、ロシアマフィアや、ギャングあがり
Be Cool (ビー・クール) (Rohi-ta_site.com)
試写会でジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン、ハーベイ・カイテル、ダニー・デビート出演の「Be Cool (ビー・クール)」を観ました。 ●ストーリー 取立て屋から映画プロデューサーに転身し、成功を収めていたチリ(ジョン・トラボルタ)だったがすでに刺激の無い映画業
『Be Cool』 (今日も映画、明日も映画♪)
    今日は 『Be Cool 』を観に行きました(#^.^#) STORY 借金の取立て屋から映画プロデューサーとして成功したものの、チリ(ジョン・トラボルタ)はそれにも嫌気が差していた。そんなとき、インディーズ・レーベルを経営する旧友より無名のシンガー、
Be Cool/ビー・クール (Marさんは○○好き)
とってもCoolな映画でした。 中弛みすることなく、テンポよく、ベタベタなギャグ
Be Cool/ビー・クール (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日1本目は「Be Cool/ビー・クール」です。 映画館の前には行列が。みんな「NANA」が目当てなのかな? 同時上映の本作はガラガラでした   それでは早速感想を… これは期待を遥かに上回る作品でした これほどイカした(死語かな?)作品は今年初めてかも!? .
なんでもありのエンターテイメント映画◆『BE COOL/ビー・クール』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
8月30日(火) 試写会にて ジョン・トラボルタが、取立て屋から映画プロデューサーに転身するという作品、『ゲット・ショーティ』(1995年)の続編。「続編」であることを前面に出すと客足が遠のくことを意識してか、公式サイトにも、宣伝用のチラシにも、そのことに関して
Be Cool (すりむいた傷は、いつか治る。)
ほぼ毎日1本ペースで快調に今月3本目~(^^;; 当初の予定が狂った形になったけれど、実は~これも観たかったのよね。 音楽好きのココロがうずいちまいました(w モンダイは・・・あー、ヒトラーはいつまで公開だろう・・・観ておきたいんだけどなぁ・・・
試写会「BeCool」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「BeCool」開映19:00@イイノホール 「BeCool」 BE COOL  2005年 アメリカ 配給:20世紀FOX 監督:F・ゲイリー・グレイ 製作:ダニー・デヴィート、デヴィッド・ニックセイ、    マイケル・シャンバーグ、ステイシー・シェール、  
Be Cool (dim. the movie)
モロに私好みの作品でござんした。 余りトラボルタ主演映画って観てませんが、この映画のトラは最高でしたわ。前に観た「閉ざされた森」も面白かったですが、全てを卓越しちまった役どころが妙にツボです。 原作は製作総指揮にも関わっているエルモア・レナード。「
絶対的な安心感 「BeCool」 (平気の平左)
評価:65点 Be Cool 「スターウォーズ」、「山猫は眠らない」、「ツインズ・エフェクト」に続く、「いきなり続編から観てみようシリーズ」第4弾です。 「ゲット・ショーティ」の続編ということですが、前作の知識はゼロです。 が、知識ゼロでも、かなり楽しめました
★「Be Cool/ビー・クール」 (ひらりん的映画ブログ)
ジョン・トラボルタとユマ・サーマン主演。 友達から「ゲット・ショーティ」(1995)の続編だと教えてもらってた。 前作は超面白かったらしい・・・ので、先に見ておきたかったけど。 あと、ひらりんお好みのN・Kちゃんも出てる・・という裏情報もあり。 今回はチネチッタで
「Be Cool」みた。 (たいむのひとりごと)
外は台風で強風の吹き荒れる中(にもかかわらずw)「Be Cool」観てきました
BeCool ビー・クール☆独り言 (黒猫のうたた寝)
結構忙しいくせに^^;;;元気に『BeCool』観に行ってきました・・・ というか、行く途中の車の中・・・信号待ちで意識飛んでるぞーー;大丈夫なのかしら?(爆) 主演はジョン・トラボルタ・・・という認識しかなくって観に行って ユマ・サーマンが出ているの観て...
ビー・クール*Be Cool (CinemaCoconut)
9月の3日から♪俺はCOOLだ!チョットお先に観てきたよ♪
Be Cool (Black Pepper\'s Blog)
気になってた「Be Cool」を観てきました。 エルモア・レナード原作の「Get
定期上映会: Be Cool/ビー・クール (夢と希望と笑いと涙の英語塾)
9月3日から全国公開された『Be Cool/ビー・クール』を、INDECではまたもや一足早く8月27日の定期上映会にて楽しみました。もちろん、いつも通り、アメリカから取り寄せた英語字幕のDVDを、120インチの大画面と5.1chサラウンド音声で上映するというやり方です。 『炎のメモリ
ビー・クール(Be Cool) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
イケてる? それとも イカレてる? ジョン・トラボルタ主演、「ゲット・ショーティ」の続編(?) 映画業界で成功した元取立て屋のチリ・パーマが、こんどは音楽業界へ殴りこみ!
『BeCool』★★★★☆ (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
BeCoolビー クール公式サイトマメ情報 ジャンル;マフィア 制作年度/国;\'05/米                  配給;20世紀フォックス映画  上映時間;130分      監督;F・ゲイリー・グレイ       出演;ジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン◆..
『Be Cool』 (ぽとり映画)
エルモア・レナードの有名な犯罪小説映画の『ゲット・ショーティ』の続編。主役は相変わらず、元取立て屋(現映画監督)のチリ・パーマーこと演じるのはジョン・トラボルタ。 って
BeCool ・・豪華な出演者 (ぷち てんてん)
それほど話題になってないかも・・・と思いつつ、トラヴォルタとユマ・サーマンだし~気楽に見てきました。☆BeCool/ビー・クール☆(2005)F・ゲイリー・グレイ監督ジョン・トラヴォルタ・・・・・・・・チリユマ・サーマン・・・・・・・・・・・イーディヴィンス・ヴ...
Be Cool /ビー・クール (まつさんの映画伝道師)
第204回 ★★★★(劇場)  ひとりの芸能人には多くの人間がぶら下がっている。  これは,特に人気があったり一流と呼ばれる人達に会うと実感することだ。その周辺には多くの人間が関わり、「誰?」と言いたくなるようないわゆる「業界人」がたむろする。  
Be Cool★★★☆☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:Be Cool/ビー・クール 『映画プロデューサーのチリは、友人の頼みで無名歌手のリンダをプロデュースするため音楽業界に足を踏み入れる。 』 director ...F. Gary Gray Chili Palmer ...John Travolta(The Punisher) Edie Athens ...Uma Thurman(Kill Bill: ...
BE COOL (cococo)
大人の映画。少女マンガのライブシーンとは、ちと違う。女子高生には、受けないな。女
Be Cool (ひとりごと)
まさにBeee!!Coooool!!!てな感じの映画。スバラシイです。 「ゲット・ショーティ」という映画の続編らしい。私は未見です。 前作ではチンピラから映画プロデューサーに成り上がったチリ・パーマーが、今度は音楽業界に殴りこみ。悪徳プロデューサーの下で才能を埋もれ
「BeCool/ビー・クール」(2005) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
\"BECOOL\"監督・・・F・ゲイリー・グレイ原作・・・エルモア・レナード出演・・・ジョン・トラヴォルタ、ユマ・サーマン、ヴィンス・ヴォーン、ダニー・デヴィート、ハーヴェイ・カイテル、ザ・ロック、セドリック・ジ・エンターテイナー、クリスティナ・ミリアン、アンド.
#32:ビー・クール (*KAZZの呟き*)
KAZZのこの映画の評価  またもやショックをうけました全然、クールじゃない 確かに、音楽は流石にアップテンポで中々クールな選曲だったけど。。。 これは、10年前の前作『ゲット・ショーティ』の続編に当たる映画です 前作では、金貸しから映画プロデューサー...
「BeCool 」 (the borderland)
「ゲット・ショーティ」の続編ということで予習したかったけど、結局未見のまま鑑賞。それでもあんまり問題ないとは思う。前作でも「クールに!」って連発してたのかな? そんなに洋楽詳しくないけど、エアロスミスのスティーブン・タイラーは私でも判った(^^; ちょっ
タランティーノ監督ヘのオマージュか?《Be cool》 (アロハ坊主の日がな一日)
待ちに待っていた『Be cool』を観てきた。 10年前に上映された『ゲット・ショーティ』の続きもの。 当時はもうひとつ当たらなかった。そんな映画あったっ けという人も多いだろう。取立て屋から映画プロデュー サーに転向したチリ・パーマ(ジョン・トラボルタ)の サク
Be Cool (lip)
Be Cool 原題: Be Cool 監督: F・ゲイリー・グレイ 制作: F・ゲイリー・グレイ、エルモア・レナード、マイケル・シーゲル 脚本: ピーター・スタインフェルド 出演: ジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン、ヴィンス・ヴォーン、ダニー・デヴィート、ハーヴェイ・カイテル
Be Cool (Aloha Days)
今回の感想、映画を見た人にしかわからない話ばっかりだけど、ご勘弁下さいませ 1995年の「ゲット・ショーティ」の続編です でも「ゲット・ショーティ」を見てなくても映画好き、エンタメ界好き、スター好き、そしてちょっとアホらしくてひねくれた話が好きなら楽しめる
BeCool/ビー・クール (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) んにゃにゃ?大した話じゃないんだけど、結構面白いかも。 『ゲット・ショーティー』の続編なんだけど、前作って面白かったっけ? イマイチ印象にないし、薄まった記憶を辿ってもそこそこだった気が・・・ いちお
Be Cool (土曜の夜は・・・)
story ジョン・トラボルタ演じるチリ・パーマーが『Be Cool』で再びスクリーンに還って来る!  『ゲット・ショーティ』(1995)で活躍した、ギャングから映画プロデューサーに転身した、あの男だ。だが今回のチ
ジェニファー・アニストンさん、ビンス・ボーンさん。ご婚約おめでとう! (結婚おめでとう!~結婚に役立つ裏技大公開!~)
ジェニファー・アニストンといえば、ブラッド・ピットの前妻として有名ですね。ビンス・ボーンさんは実力派俳優。今後は映画製作などに二人で取り組む予定?
Be Cool / ビー・クール (大発狂!外国映画DEナンボ?)
前作『ゲット・ショーティー』(95)で取立て屋から映画プロデューサーとして成功し