ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『UDON』

2006-08-08 23:33:27 | 新作映画
----これ『踊る』シリーズの本広克行監督の新作だよね?
タイトルをわざわざローマ字にしているけど、
どんなお話なの?
「いやあ。これほどストーリーを説明しやすい映画もないね。
いま、フォーンが想像しているとおりの内容。
『『ここには夢なんかない。
ただうどんがあるだけだ!』----
ビッグなコメディアンを目指し、
香川からニューヨークへ渡った松井香助(ユースケサンタマリア)。
夢破れ、故郷へ戻ってきた彼は、
親友・鈴木庄助(トータス松本)の勧めで
地元タウン誌に就職。
そこで香川名物の讃岐うどん特集を始め、
それはついに全国的なブームを巻き起こす。
しかしブームにはいつか終わりがくる。
彼は、亡き父の後を継いで
松井製麺所の味を復活させようとする」

----ありゃりゃ、ほんとうに簡単だ。
で、これは何を言おうとしている映画なの?
「正直言って、ぼくもそれがよく分からない。
後半部分は伊丹十三の『タンポポ』に似てなくもない。
麺はどこそこ、湯で具合はどこそこ、出汁はどこそこと、
よその味を研究して、親父の味を復活させるとこなんかはね。
ただ、讃岐うどんそのものをアピールしたかったからか、
すべてのうどん屋・製麺所のうどんも公平に描かれ紹介される。
途中、客の回転のため、
茹で時間を減らすべく、
麺が細くなった店と言うのは問題点として出てきたけど…」

----つまり<味勝負>みたいなのはないわけだね?
「うん。
その<味比較>がなされないため、
どうしてそのお店が特別おいしいのかが、
うまく伝わってこない。
讃岐うどんの特徴として、
製麺所で直接食べられること、
それもお箸や器持参、
さらには醤油まで持参しなければいけない(ところもある)という
ユニークな点は伝わったけど…」

----その話で2時間13分というのもスゴいね。
「田舎の、一見、うどん屋さんには見えないお店を次々と紹介。
カメオ的スターも記録的なほどに多いからね。
ただ、興味深かったのは、
ブームについて言及しているところ。
ブームを生み出すには<聖地>が必要と言う説明には納得。
数年前に実際に巻き起こった讃岐うどんブーム。
その終息まで描いたのは
<讃岐うどんを持ち上げっぱなしにしてはいない>
という意味でよかったと思うよ。
そうそう本筋とは関係ないけど
中で出てきた『キャプテンUDON』。
これが『ブレードランナー』と『マトリックス』。
スピナーは飛ぶし、名セリフ『二杯で十分ですよ』もある(笑)。
またまた寺島進が大活躍(?)だよ」


                       (byえいwithフォーン)


※確かにうどんは食べたくなる度  
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (19)   トラックバック (65)   この記事についてブログを書く
« 『オトシモノ』 | トップ | 『サンキュー・スモーキング』 »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
二杯で十分ですよ (JCR)
2006-08-10 23:32:05
こういうの白けますね

最近邦画が好調といわれますが

物語はよくても細かい点がだめな場合が多いです

誰が止める人がいないのでしょうか

■ JCRさん (えい)
2006-08-11 01:43:34
こんばんは。



このセリフ、ファンへの目配せなんでしょうね。

ただ、後で騒がれるところを見越してるようで、

ちょっとあざとい気も……。
おばちゃん、おじちゃんの笑顔 (にゃんこ)
2006-08-27 03:09:00
こんばんは

実際、数年前に讃岐うどんツァーしてきたんですよね(笑)

だからこそ、感慨深かったです。

地域に根付いてるうどん文化ですが、ブームでお祭り騒ぎもいいけれど

マナーを守れない日本人・・・あーいうのは痛いなぁ。。。

マスコミのお祭り助長も、ちょっといただけない感

すっごくしちゃった、、、

実際、そういうのってあると思うし

結局後半部分が一番描きたかったと思うんだけど

(実は、あの小学生や中学生たちに泣かされました(笑)

そこから考えると、前半 ちょっと長すぎたかな?



■にゃんこさん (えい)
2006-08-27 11:32:21
こんにちは。



予告編でもそうでしたが、

一番おいしそうに見えたのは

あったかいうどんに入れた生卵を崩して食べるとこ。

あ~あ、急に食べたくなってきた。

でも夏はアブナいかな、生卵。

今朝は、韃靼そばを食べたばかりなのに、

もうおなかがすいてきました。
こんにちは♪ (ミチ)
2006-08-27 19:36:06
映画の本筋のストーリーよりも脇役の豪華さと小ネタの数々を楽しんだ感があります。

でも、好きなんですよね、こういうの(笑)

映画のあとはもちろんさぬきうどんを食べました。
■ミチさん (えい)
2006-08-27 20:35:07
こんばんは。



いま、この映画の便乗、

ではなくタイアップのカップUDONを食べましたが、

味的には「赤いキツ○」と

さして変わらなかったような気がします。

やはり本場で食べなくては……ですかねぇ。



でも、この味はけっこう好きな方です。
讃岐うどんブームに (bakabros)
2006-08-28 01:05:19
まんまとはまった自分ですが、映画『UDON』はあまり乗れませんでした。うどんが映るシーンは楽しかったです。

カップUDON気になっていました。映画同様あまり期待はしていませんが、それを確認する為にも食べねばなりません。

LAWSONの冷やしうどんはちょっと美味しそうです☆

■bakabrosさん (えい)
2006-08-29 00:51:01
こんばんは。



LAWSONの冷やしうどんはまだ食べていませんが、

今回またうどんブームが起きそうな気配がありますね。

今日、はなまるうどんに行ったところ、大行列。

あきらめて帰る人もいました。

で、中にはきっちり映画のポスター。

タイアップ行き届いているようです。
うどんというよりラーメン (ノラネコ)
2006-08-29 21:09:22
ぶっちゃけうどんブームのあたりは、丸ごと要らなかったんではと。

素うどんを食べたかったのに、いらん具がいっぱい乗っていて、うどんの味が残らなかったような映画でした。

もっとシンプルに作ってよかったのに。
そうだ (未来)
2006-08-30 22:01:19
スクリーンで美味しく感じない、物足りないのは

「味勝負」がないせいだ!

食べるシーンで「ウマそう~!」ってのが無いんですもの。。

この主役をユースケっていうのも合わない気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

65 トラックバック

『UDON』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は公式サイトで当選した 『UDON』の完成披露試写会に行ってきた。 [上映前、スタッフとキャス
UDON (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
おいしそー!うどん食べたい。 面白ー!でも豪華キャストすぎて騒がしかった。 率直な感想(笑
UDON (りらの感想日記♪)
【UDON】 ★★★★  2006/0817  試写会 ストーリー BIG!になるため讃岐を飛び出した男――松井香助[コースケ](31才) 
感想/UDON(試写) (APRIL FOOLS)
『踊る』の本広組が贈る痛快「食」エンタ! ユースケ主演の『UDON』。観たらゼ~ッタイうどんが食べたくなる8月26日公開! 映画UDON公式サイト あわせてこんなサイトも仕掛けてます、東宝×フジ×ROBOT。 うどんバラエティチャンネル 讃岐うどん屋の息子・ ...
UDON (ともやの映画大好きっ!)
【2006年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 小麦粉、水、塩…このたった3つの素材で無限の美味しさを創り出す讃岐うどん。人々を幸せにする讃岐うどんを題材にしたうどんムービー(?)。 田舎暮らしに嫌気がさし、うどん職人の父・松井拓富(木場勝己)と大 ...
映画感想「UDON」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「UDON」 【評価】★★★ 【饂飩】★★★★ 【香川】★★★★ 【笑い】★★★ 【感動】★★ 【エロ】 小西真奈美タンが「ぶっかけ」ですよ。 いえね、この映画、うどんがテーマらしいじゃないですか。 それも、駅前の立ち食いとかじゃなく ...
ユースケ・サンタマリア 『UDON』 ☆ 今年70本目 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『踊る大捜査線』の本広克行×亀山千広にユースケ・サンタマリアってことで、ちょっと期待し過ぎちゃったかなー。 【さぬきうどん】を主軸に2時間14分はちょっと無謀に長過ぎ。 キャプテンUDONなにそれ・・・。 全然笑えないし、要らないシーンだよぉ そ ...
「 UDON 」続編 (MoonDreamWorks)
監督 : 本広克行出演 : ユースケ・サンタマリア / 小西真奈美 / トータス松本脚本 : 公式HP:http://www.udon.vc/movie/index.html「 UDON 」 前回の続きです  Story :讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビ ...
UDON (映画鑑賞★日記・・・)
『UDON』公開:2006/08/26(08/26)監督:本広克行製作:亀山千広出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、升毅、片桐仁、要潤、小日向文世 ☆story☆讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグにな ...
UDON☆独り言 (黒猫のうたた寝)
実は、数年前に讃岐うどんを食べに香川まで行きました。 そのときの思い出はここで思い切り語ってるんですが そーいうわけで(どーいうわけで?)結構讃岐うどんには思い入れがあったりして 観てみましたよ・・・初日に『UDON』^^;;; 前半は讃岐う ...
「UDON」伝統の料理をブームに仕掛けて操作した仕掛け人の長続きしないストーリー (オールマイティにコメンテート)
「UDON」は四国讃岐を舞台に、1人の売れないコメディアンが夢破れ故郷である讃岐に戻り、そこでうどんとの出会いが1つのブームを作り、やがてうどんに夢を見出すストーリーである。内容としてはうどん宣伝映画と言った方が解り易いかもしれない。
UDON 主演:ユースケ・サンタマリア 監督:本広 克行 (読むなび!(裏))
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:87点 採点内訳へ ≪梗概≫ 成功を夢見てニューヨークに渡っていた松井香助は、挫折したことにより故郷の田舎町に戻ってきた。借金を背負い人生のどん底にいた香助の前に、地元の雑
映画「UDON」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「UDON」 麺類が好き! 特にうどんが好き! 稲庭うどんや氷見うどんのような細麺から讃岐うどんのような太い麺までどれも満遍なく大好き!『かもめ食堂』『間宮兄弟』ではソウル・フードとしてオニギリが登場していたけれど、今回はうどん! 挫折し ...
映画・UDON(うどん) (halftime ハーフタイム)
うちの父は映画好きです。今日もまた、 映画を見に行き、さきほど帰ってきました(^_^) 今日もまた、本日公開の映画を見に行っていないのに あらすじを完璧に知ってしまった、みなみでした。 以下のバナーから、それぞれのランキングページに 飛んでい ...
UDON (5125年映画の旅)
ああ!キャプテンUDONが!キャプテンUDONが蛇足なんだよ!わかってるのか本広克行!そんな事しても一般のお客さんはついて来ないぞ!いや、ヒーロー大好きな俺でさえついて行けない!やるんだったらもっとちゃんとしたヒーロー物をやれ!こんな作品で中途 ...
映画 「UDON」 鑑賞レポート (STABLO.G|スタブロのブログ)
昨日より公開された映画「UDON」。 諸事情から公開初日に足を運ぶことが出来ず、早まった行為に及ぼうとする自分を何とか押さえ込み、一日遅れで劇場に足を運ぶことを決意。 昨日鑑賞を終えた友人から感想を聞くと、評判どおり、なかなか面白い映画とのこと ...
『UDON』 (試写会帰りに)
『UDON』試写。毎日朝はうどん。たまに三食うどんの日もある、さぬきうどん好きとしては、観ないとマズイ!?ですね。ブームもすっかり定着し、日常となった讃岐うどん。映画『UDON』公開で第二次うどんブームが起こり、香川に再びパニックが起きないか!? それがちょ ...
MYうどん巡礼ツアー「UDON」 (再出発日記)
いちおう映画「UDON」の感想です。映画の詳しい解説はたいへん手抜きで申し訳ないのですが、この記事にTBしてくれている方たちのブログに素晴らしいものがあります。そちらを参考にしてください。私の住んでいる所はご承知のように岡山である。私は過去二回、意 ...
映画:UDON 試写会+麻布十番納涼祭り (駒吉の日記)
UDON 試写会@一ツ橋ホール+麻布十番納涼祭り 「いつもそこにいてくれる、奇跡」 うどんか蕎麦かと聞かれたら、断然うどん派の駒吉。給食の好きなメニューでもベスト5に入るしね~。でも香川のうどん屋さん(100万人:900件)が東京のマック(1200万 ...
UDON (まぁず、なにやってんだか)
予告を観て「面白そうだな。ちょっと泣けそうだし。」と思い、「UDON」を観に行ってきました。 泣く予感がしていたにも拘わらず、ハンカチ類を持たずに映画館に来てしまいました・・・大丈夫なのか? この映画は泣かせるツボがあって、すっかりそれにはまり ...
UDON (UkiUkiれいんぼーデイ)
「田舎の“クチコミ”バカにしたらアカンでぇ~。インターネットより早い!」 by庄介 うっど~~~ん!良かったよ(´゜ー゜`)b こういう能天気でハイテンションな役って、ユースケ・サンタマリアにピッタリでしょ~! でもユースケの箸の持ち方なっ ...
『UDON』のお味は? (ミックスランチ2号)
湯気の向こうに広がる無限のハートフルエンタテイメント 本広監督のUDONを観ました。 この映画、フジテレビ色が強くて最初は観る気はなかったのですが あの3人が出ているって知って観に行きました。
映画 「UDON」 感想 (THE有頂天ブログ)
映画 「UDON」 観てきました。 一度試写会で観てるけど、公開されてからは初めてです。 平日のお昼の回に行ったんだけど、満席。早めに劇場に乗り込んで正解でした。 観客の年齢層が幅広く、小学生からお年寄りまで本当に老若男女まんべんなくという ...
「UDON」 (俺の明日はどっちだ)
昨日の夜中、ピーター・バラカン司会のNHKの番組「Weekend Japanology」の再放送を観ていたら香川の特集で“讃岐うどん”を紹介していた。 そして番組の中で登場していた香川のおじさんが話す流暢で的確な英語の解説はとても面白くて思わずうどんが食べたくなっ ...
『UDON』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
映画『UDON』の舞台挨拶へ行ってきた。監督は、OD・踊るシリーズでおなじみの本広克行監督。本広作品の舞台挨拶はこれで4回目の参加σ(●゜∇゜●)は『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』にエキストラ出演してるし、誕生日も監督と一緒だ ...
『UDON』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
映画『UDON』の舞台挨拶へ行ってきた。監督は、OD・踊るシリーズでおなじみの本広克行監督。本広作品の舞台挨拶はこれで4回目の参加σ(●゜∇゜●)は『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』にエキストラ出演してるし、誕生日も監督と一緒だ ...
『UDON』 2006・8・26に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『UDON』?  公式HP?のAはこちら    公式HP?のBはこちら ●あらすじ うどん屋の息子として育った香助は、夢を求めて単身ニューヨークに渡ったが、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。しかし、墓参りに行く途中に宮川恭子と出会い。親 ...
UDON・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
お昼ご飯にたまたま讃岐うどんを食べ、そのままフラフラと劇場へ。 私をこの映画に誘ったのは、間違いなく「UDON」の力だ(笑 「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が、故郷の香川県とソウルフード「讃岐うどん」への
UDON (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本   ドラマ&コメディ  監督:本広克行  出演:ユースケ・サンタマリア      小西真奈美      トータス松本      鈴木京香 讃岐うどんの本場の香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助はビッグ になると言って家を飛び出 ...
UDON (future world)
つまらないというわけでもないし、面白いというほどでもない・・・テレビの「ドラマスペシャル」にもってきてもいいんじゃないかな。。 じゃあ何故観に行った・・・?予告を観てると何だかうどんが美味しそう、数年前の香川県旅行で食べたうどんが美味しかった ...
「UDON」試写会にて 監督舞台挨拶 (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
先週ファボーレ東宝で行われた「UDON」の試写会に行ってきました。
udon (It's a Wonderful Life)
うどんは特に意識した事ないけど、お昼に月2くらいで食べてるかな? 大阪のうどんは普通にオイシイですし、行列なんてしなくてもいつでも 食べられるし。讃岐うどんスタイルのお店も結構多いです。 香川で讃岐うどん食べた事って一度しか無いかなぁ。 ウ ...
『UDON』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:]     2006/08/26公開  (公式サイト) (公式ブログ) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】本広克行 【脚本】戸田山雅司 【出演】 ユースケ・サンタ ...
「UDON」 (the borderland )
チラシには「全米メディアが早くも注目!」「ハリウッドはドーナツの映画を先んじて作るべきだ。」「UDONで今の日本を表現するとは、お手並み拝見!」などと景気のいいコメントが並びたてられてますが、全部デーブ・スペクターが考えたんじゃないのってほど、 ...
『UDON』   一杯のうどんが奇跡を起こす!! (enjoy! MOVIE☆LIFE)
1週間編集部?UDON オフィシャルガイド ? メディコム・トイReal Action Heroes CAPTAIN UDON ? 出演■ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、升毅、要潤、片桐仁、木場勝己、小日向文世、鈴木京香  他・・・ 監督■本広克行
UDON (八ちゃんの日常空間)
邦画に疎い自分が、上野樹里ちゃんが観たいというだけで[サーマー・タイムマシン・ブルース]をUDONの公開週にレンタルしたなんて一つの奇蹟だろうか…。
うどんが食べたくなる。『UDON』 (水曜日のシネマ日記)
讃岐うどんをめぐる物語です。
UDON (ネタバレ映画館)
ソウルフードがキーワードである今作品。ウルフルズというバンド名の由来も“ソウルフル(SOULFUL)”をアナグラムしたものらしいので、トータス松本の起用もピッタリ・・・
UDON (メルブロ)
UDON 上映時間 2時間14分 監督 本広克行 出演 ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 鈴木京香 評価 7点(10点満点)    一ツ橋ホールでの試写会。なんと邦画4連続鑑賞だ。  言うまでのなく、観賞後はうどんが食べたくなるので ...
真・映画日記(3)『UDON』 (CHEAP THRILL)
(2から) 3時15分からは『UDON』なんだけど……長いってば。うどんだけで2時間15分あるんだから。 監督は『踊る大捜査線』や『交渉人 真下正義』などを手掛けた本広克行。 主演はユースケ・サンタマリア。 他、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、小日向文 ...
「UDON」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
日劇で先週公開になった「UDON」を見てきました。 「踊る大捜査線」シリーズの 亀山千広プロデューサーと本広克行監督が再びタッグを組み、 うどんをテーマにうどんを愛する人々を描いたソウル・フードムービー。 夢に挫折しうどんと出会い人生を取り戻したが 再 ...
●UDON 映画● (エロだけぢゃない!!真面目な書評もするよ案外)
小説UDON著者名:東野ひろあき(著) 出版社:メディアファクトリー 出版年:2006.08 ISBN :4840115834 率直におもしろかった秊 ストーリ自体は映画の題材にするほどのものでも ないけれども、見れた烈 久しぶりにユースケ・サンタマ ...
UDON (skywave blog)
躁的雰囲気を楽しむ映画です。 前半は、うどんブームが作られていく面白さのコメディ。後半は、対立していた父と子の再生を描くヒューマンドラマ。げらげら笑って、最後にしんみ
★「UDON」 (ひらりん的映画ブログ)
ウドンよりソバが好きなひらりん。 うーーーん、ユースケだし・・・ フジテレビくさいし・・・ っと、迷ったけど、今月あんまり映画見てないし・・・ チネチッタのポイント貯まっててタダだし・・・ ちょっと笑えそうなので、見てみることに・・・
『UDON』を観た (TV視聴室)
残念ながら、この映画を観た後に「うどん食べたい!」とは思えなかったなぁ。実は、この映画の前に、見ちゃったものがあって…。詳細は、後ほど。
【劇場鑑賞90】UDON (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
一杯100円の奇跡が始まる
UDON <ちょっぴりネタバレ> (HAPPYMANIA)
観終わった後、めっちゃ うどんが食べたくなるぅぅそんな映画です。香川の人たちにとってうどんがソウルフードならば 大阪のソウルフードは たこ焼きにお好み焼きでしょうか給食に 普通にうどんが出てくるねんなぁ 大阪でたこ焼きやお好み焼きが出てくるなん ...
UDON (いいかげん社長の日記)
「UDON 」の公開初日だから、結構混んでるのかな?と思いながら、レイトショーに出かけました。 昨日の「UCとしまえん 」は、いつもどおりで、それほど人は多くありませんでした。 「UDON 」も、4割程度の入りだったでしょうか。 あれだけ宣 ...
UDON (テレビミチ+エイガミチ)
監督:本広克行 製作:亀山千広 出演:ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香/ 内容:BIG!になるため讃岐からNYへ飛び出した松井香助(ユースケ・サンタマリア) しかし夢半ばで挫折し、借金を背負っての凱旋?帰国。 親友 ...
【UDON】うどん屋を探すなら煙突を探せ (見取り八段・実0段)
人口100万人の香川県内にあるうどん屋の数は約900軒。だそうである。これは、東京にあるマクドナルドの数よりも多いそうで。。。うどんは好きだが、特に食べ歩くほどではなく、「うどんをテーマにした映画を見てね」と言われても、別に興味も湧かず。。。と ...
「UDON」 うどんの話なのにコシがない (はらやんの映画徒然草)
讃岐うどんブームのきっかけを作った麺通団をモデルにしたお話です。 映画を観ている
祭りのあとに。~「UDON」~ (ペパーミントの魔術師)
今朝の新聞だったか、香川県庁のビルで UDONの文字を浮かび上がらせて映画の宣伝をしてる写真が載ってた。 香川ロケで話題になったセカチューを越えて ご当地での観客動員はすごいことになってるみたいだけど 意外に全国レベルで見ると自分らほどじゃないのねと 援 ...
『UDON』鑑賞ヾ(☆‘∀‘☆) (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『UDON』鑑賞レビュー! 観ないと、マズイ! 笑いは、消化を助ける!? 世界が「うどん」に 恋をする! ★review★ 本作は、"ソウル・フード=UDON"をテーマに 香川県丸亀市出身の本広克行監督が 故郷に錦を飾る作品!? ...
UDON ~ “いつものアレ”が無償に食べたくなる ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ “いつものアレ”が無償に食べたくなる ~ 「踊る大捜査線」チームが新たに挑んだこの作品。日本のソウルフード“うどん”をテーマに、ブームと笑いと日本ならではの哀愁を盛り込んで踊る大捜査線と同様、絶妙のエンターテイメントに仕上げています。主演は ...
UDON (八ちゃんの日常空間)
邦画に疎い自分が、上野樹里ちゃんが観たいというだけで[サーマー・タイムマシン・ブルース]をUDONの公開週にレンタルしたなんて一つの奇蹟だろうか…。
UDON <ちょっぴりネタバレ> (HAPPYMANIA)
観終わった後、めっちゃ うどんが食べたくなるぅぅそんな映画です。香川の人たちにとってうどんがソウルフードならば 大阪のソウルフードは たこ焼きにお好み焼きでしょうか給食に 普通にうどんが出てくるねんなぁ 大阪でたこ焼きやお好み焼きが出てくるなん ...
UDON (欧風)
映画観まくり週末、土曜は八戸フォーラムで「フラガール」、「時をかける少女」、「アオグラ」。日曜日はイオン下田TOHOシネタウンで「ラフ」と「出口のない海」を観てきました。 そしてトリを飾ったのが、「UDON」。これに関しては、以前、「UDONのU ...
祭りのあとに。~「UDON」~ (ペパーミントの魔術師)
今朝の新聞だったか、香川県庁のビルで UDONの文字を浮かび上がらせて映画の宣伝をしてる写真が載ってた。 香川ロケで話題になったセカチューを越えて ご当地での観客動員はすごいことになってるみたいだけど 意外に全国レベルで見ると自分らほどじゃないのねと 援 ...
真・映画日記(3)『UDON』 (CHEAP THRILL)
(2から) 3時15分からは『UDON』なんだけど……長いってば。うどんだけで2時間15分あるんだから。 監督は『踊る大捜査線』や『交渉人 真下正義』などを手掛けた本広克行。 主演はユースケ・サンタマリア。 他、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、小日向文 ...
UDON [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「UDON」         (本広克行:監督/戸田山雄二:脚本)  UDON スタンダード・エディションポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る  一言に集約するなら、  「おいしいうどんが食べたくなる!」映画です^^  ほんとにおいしそうなんですよ...
UDON (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『観ないと、マズイ!』  コチラの「UDON」は、タイトルの通り日本のソウル・フードの1つうどんを巡るハートウォーミングなコメディで、本日8/26に公開になりましたので、早速観て来ましたぁ~♪  お話としては、うどん屋の息子松井香助(ユースケ・サンタマリア...
映画評「UDON」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・本広克行 ネタバレあり
UDON (Yuhiの読書日記+α)
 タイトルが面白いな~と思って、ずっと気になっていた作品。見てみると、本当に「うどん」だらけのお話なんですね~。あちこちのお店の美味しそうな「讃岐うどん」ばかり見せられると、ものすごく食べたくなってきましたよ~{/ee_3/} <あらすじ>  ニューヨークでコ...
UDON (C'est Joli)
UDON'06:日本 ◆監督:本広克行「踊る大捜査線」シリーズ「サマータイムマシン・ブルース」◆出演:ユースケ・サンタマリア/ 小西真奈美/ トータス松本/ 鈴木京香/ 升毅/ 片桐仁(ラーメンズ)/ 要潤/ 小日向文世/ 木場勝己...
【映画感想】UDON(ユースケ・サンタマリア×小西真奈美)[2009-124] (映画+小説+家族=MyLife)
讃岐うどんのテーマに描かれた映画、その名も『UDON』。 映画としての面白みはまったく有りませんでしたが、讃岐うどんはラーメンなんかのブームとは違っていて、地元にしっかり根を生やした地域文化の一つなんだなぁ、なんてことは理解できました。 ラーメン、讃岐うど...