AMASHINと戦慄

~STARLESS & AMASHIN BLOG~
日々ブログレッシヴに生きる

月に吠える

2022年09月25日 | 名所ガイド、巡礼記
秋もやうやう深まって参りまして、もう部屋でパンツ一丁じゃ過ごしにくい季節となりましたね。

うちの住んでる近くに、水景園というたいそうな規模の庭園がございまして、十数年前に一度迷い込んだんですが、まぁこれといった催しがなければ全く用のない場所で、わざわざ入場料を払って行くところでもないなと。


先日、姉から連絡があり、その水景園で月見イベントがあるということで、母を連れて行って月見でもしようかというので、その日は入場無料というのに吊られて久々に赴いたのでした。


オオ!こんな典型的な月見だんごを見たのは初めてかもしれない。

「宿れ 宿れ 宿れ ア~ハッハ ア~ハッハ 月の魂よ♪」 by レッド隊




まるでロジャー・ディーン画のような幻想世界が広がっていた。



暗くなってきてもなかなか月が出ないので、庭内を散策することにした。




映えはするんだけど、人工ものだし整いすぎてて散策しても意外とつまらない。
子供は楽しいだろうな。




結局19時を過ぎても、木々に囲まれた庭内では月がなかなか出てこず、もう時間も遅いので庭園を出てから月を拝んだ。

月の写真は撮ってません。
スマホのカメラ程度のスペックでは撮っても白い丸みたいなのが写るだけってのはわかってるので。





いつかもっといいカメラ買って、幻想的な月の写真を撮ってアップできればと思うのですが。
今は月にまつわるアイテムを並べてお茶を濁すとしましょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

CCCD

2022年09月11日 | プログレッシヴ草稿
プログレ好きの友人らがこぞって「イマイチ」と言って渡してきたPorcupine Treeの13年ぶりの新譜『CLOSURE / CONTINUATION』の音源をようやく聴く。


この13年間、ずっとソロ活動に専念してきたスティーヴン・ウィルソンだったが、昨年あたりに「みんなが期待していないところでアルバムを出すかもしれない」と公言していたが、それを言った時点でみんな期待するでしょと。

そして、長期に渡るキング・クリムゾンツアーからようやく解放されたギャヴィン・ハリソンが戻ってきて、今年の6月、満を持して『Incident』以来となる待望の新作リリースに至ったといったところだろう。


で、何回か聴いたところ、「最高!」とまではいかないものの、「イマイチ」という要素は見当たらなかった。
良くも悪くも、“静”と”動”が交差する、いつものPT。
いわゆるプログレメタルとは一線を画す、手数、複雑さだけに留まらないウィルソンのグランジ、オルタナ、トリップホップからの影響を感じさせる多様なる楽曲センスと、職人肌の緻密なサウンドプロダクション。
そして、この人が叩くだけで楽曲が2割も3割も高質(硬質)感が増すギャヴィンのドラミングも相変わらず最高で、最後まで全然楽しめる内容。


なんか、役者が出てるだけのしょーもないオフィシャルMVなんかも作ってるが、スタジオセッション(風MV?)映像も公開されているのでこちらを貼り付けておく。



ライブではサポートメンバーが何人かつくが、レコーディングはやっぱ3人だけでこなしてるんやね。
これを観てると、Porcupine Treeって、ウィルソン60%、ギャヴィン40%、バルビエリ(元JAPAN)10%で成り立っているような気がする。


メタル好きには物足りないウィルソンの洗練された透明感のある歌、そしてSE的役割のバルビエリの作り出すエレクトロっぽい音空間が秀逸な、こういった楽曲もPTならでは。




まぁ確かに以前の作品と比べて、アルバム全体的に少しコンパクトにまとめられ過ぎたかなとは思うが。
そこが友人に「イマイチ」と感じさせた要素なのかもしれない。


トータルも47分と、プログレバンドにしては短く、それ故にテープ盤もリリースされたのかと。



あ、記事タイトルまぎらわしいですが、コピーコントロールCDではありません。


なお、「イマイチ」と感想を漏らした友人から預かったこのPTのCDは、このまま私が譲り受けることとする。
間違って2枚購入したみたいなので。

お返しに今度、ガンダムUCのブルーレイ(こちらも同じの2枚あるので)でも渡しておこうかと思う。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

R.I.P.

2022年08月23日 | やっぱりメタル!!
本日は、80年代初頭の黎明期から、TROUBLE、The Skullなどで活躍したドゥームメタル界屈指の名ヴォーカリスト、エリック・ワグナーの一周忌。


昨年2021年の夏、エリックは忌むべき新型コロナウイルスに感染し、肺炎をこじらせ、そのまま帰らぬ人となってしまった。享年62歳。
昨年の8月までThe Skullでライブを演っていたらしく、活動中での急逝ということなのだろう。
まぁエリックは筋金入りのジャンキーで見るからに不健康そうだったので、コロナにかかったらタダでは済まんだろうなぁという懸念はあった。


私は不覚にもこの悲しいニュースを今年に入ってから知るという。
約5ヶ月遅れでひとりで「ええーーっ!!」ってショック受けてた。

で、一周忌の今日の日を機会にエリックを追悼する運びとなってしまったことをご了承下さい。


The Skullに関しては一枚も所持してないんだが(まぁTROUBLEの延長線的なバンドやろうけど)、TROUBLEはドゥーム系の中では一番と言ってもいいくらい大好きなメタルバンドで、エリックが2007年まで在籍していたアルバムは大体所持している。
カテドラルの連中や、Foo Fightersのデイヴ・グロールなんかもかなり影響を受けたとか。
TROUBLEはリフもカッコいいけど、なんといっても低音とハスキーな高音を使い分ける不安定気味なエリックのヴォーカリゼーションが魅力。




昔いきつけの大阪のメタルバーで、やたら業界に詳しいバンドマンの客がたまたま隣に座っていて、その人から「ドゥーム系で好きなバンドは何?」なんて質問をされて、正直ドゥーム系メタルバンドはそんなに知ってるわけではなかったんだが、なんとなしに「TROUBLE」と答えたら、「TROUBLE知ってはるの!!」とめちゃくちゃ感激されて、彼が組んでるドゥームメタルバンドに入らないかと激しく勧誘され、丁重にお断りした思い出がある。

まぁTROUBLEは日本のメタルシーンではあまり人気がないので、一度も来日が叶わずずっと歯がゆい思いを抱いていた。
大学の時、一緒にバンド組んでたやつらに一番ポップな『Manic Frustration』を聴かせてもまったく無反応という苦い思い出もある。
ヴォーカルのやつはガンズ大好き人間だったけど、エリックのヴォーカルスタイルは、割とアクセル・ローズと系統が似ていると思うんやけどなぁ。






そして、エリックの遺作となったソロ・アルバム『IN THE LONELY LIGHT OF MOURNING』が、今年3月にリリースされた。
まぁどうせトラブルの延長線的な内容だろうと想像はつくが、もうこれは香典がわりに購入するしかないだろう。




レコーディングメンバーには、元TROUBLEのロン・ホルツナー(b)、チャック・ロビンソン(g)、デイヴ・スナイダー(d)らが参加しているほか(まぁやっぱり殆どTROUBLEのアルバムみたいなもん)、元PENTAGRAMのヴィクター・グリフィン(g)がタイトル曲のソロを弾いているとか。





全8曲、全体的に意外と充実した湿っぽさ満開の内容で、まぁTROUBLEファンなら納得の出来かと思われる。
エリックのヴォーカルも、多少の衰えは感じさせるものの、高音域の声もちゃんと出ており、この齢まで十分安定感のある歌声を保っていたことがわかる。
多少の音痴さはまぁ昔からだし、そのB級グルメ感がエリックの味であり魅力でもある。


一度でいいから、生でライブをみたかった。


R.I.P. Eric Wagner.


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何もしたくない。

2022年08月15日 | まったり邦楽
盆休み、今年もほとんど寝て過ごしてしまった。
だって何もしたくないし、行きたいところもないから。

とりあえずブログ記事のひとつくらいアップしておこうかと、坂本慎太郎くんの6年ぶりの新作『物語のように』を2ヵ月遅れでレビュー。


しかし、これをどう評してよいものかと。
相変わらずの良作だし、文句のつけどころがない。
いつものセンス抜群のポップな内容だ。以前と何が変わったのかとかもない。
慎太郎くんによるジャケットアートも素晴らしい。
レコーディングメンバーも、ドラムに菅沼雄太氏、ベース&コーラスはAYAさん、そしてサックス&フルートには西内徹氏と、以前と変わらぬ鉄壁の布陣。
ゆえに感想に困る。


まぁタイトル曲にみられるように、多少ハワイアンなムードが増したかな?
でもそれも以前からそういうのあったような。

Like A Fable / Shintaro Sakamoto (Official Music Video)



「悲しい用事」などを聴いてると、ゆら帝時代の楽曲を彷彿とさせたりもする。


坂本くんがまだゆらゆら帝国で尖がったサウンドを響かせていた時代、私がまだ20代後半の頃によく聴いていた、エゴラッピンなどをはじめとするレトロでオシャレなムードの、いわゆる”昭和歌謡”的な邦楽ってのがある。
今ではもうそういうの全然聴かなくなってしまったけど。
この手のバンドのライブに足しげく通っていた頃、なんか場違いな疎外感を感じていた自分がいた。
なんか服装からしてみんなオシャレで、見に来てる客はみんなバンドの身内みたいな感じもあって。
吹奏楽器者が何人もいて、楽曲はだいたい裏打ちで、みんなオシャレなハットかぶって。
そういうカッコつけた型にハマったスタイルにだんだん嫌気がさしてきて。


そういうスカした連中が演ってたような曲を、坂本くんは自分流にサラリとシンプルにオシャレにやってしまう。
歌詞なんか聴くと、キザっぽくもあるのだが、そこには鼻につく気取りやイヤミなんかもない。
「愛のふとさ」を聴いたとき、ふとそう思った。





今秋にはツアーも開始される。
私はチケット先行で、神戸のクラブ月世界でのライブに見事当選した。

今から楽しみ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

支援&コレクター

2022年08月07日 | プログレッシヴ草稿
なんと、ピンク・フロイドが 28年ぶりに新曲をリリースした。

1994年のアルバム『対 (TSUI) / The Division Bell』以来の新曲である。
(2014年のラストアルバム『永遠』は、『対』の素材の音源を使って構成されているため、それは省かれている)




この曲をリリースするきっかけとなったのは、そう、今年2月からのロシアによるウクライナ侵攻により、ウクライナ市民に多大なる犠牲者と甚大な被害が出ていることから、デイヴ・ギルモアがピンク・フロイドのプロジェクトとして動いたのだ。
聞くところによると、デイヴの今の嫁さんがウクライナ出身で、義理の娘と孫がウクライナ人なんだとか。
そら動かずにはいられなかっただろう。


新曲は「Hey Hey Rise Up」という曲で、ウクライナの人々を支援するため4月にデジタル配信された。
で、今月完全生産限定のCDおよび7インチアナログ盤もリリースされ、配信と同様に、本盤の売上の収益はウクライナ人道支援募金へ寄付されるとのこと。
うん、これは全世界のフロイドファンの食指も動かずにはいられないだろう。
なので私もウクライナ支援&フロイドコレクターズアイテムの名目でアナログ盤を購入した。

日本盤のみクリアヴァイナル。



新曲には、ニック・メイスン、そしてピンク・フロイドのベーシストを長く務めたガイ・プラット、キーボードにはニティン・ソーニーが加わり、故リチャード・ライトの娘ガラも参加しているとか。ロジャー以外のフロイド関連者総動員といったところか。

そしてこの楽曲にはウクライナのバンド、Boombox のアンドリーイ・クリヴニュークのヴォーカルがフィーチャーされていて、実に民族性の強い楽曲となっている。





で、B面にはアルバム『対』収録の「壁が崩壊した日」の “2022年ヴァージョン” が収録されている。
オリジナルとどれだけ違いがあるのかは、私も『対』はあんまり聴き込んでないので、全くと言っていいほどわからない。

A Great Day for Freedom 2022
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする