ZENZAIMU(全財務公式ブログ)

本ブログは全財務労働組合の取り組みや職場の状況等について、中央本部及び地区本部役員が持ち回りで掲載しています

教えるのって…

2018-05-31 07:02:25 | 主張
 
我が部署に新規採用者が配属されました。
 
約2か月の研修を経て、今週月曜日に職場に帰ってきました。
 
ポジション的には一応私の後釜ということで、基本仕事のことは私が教えることになっています。
 
手取り足取りほぼつきっきりです。
そんな私がこの数日で感じたこと。
 
 
教えるのって疲れるわ~。
 
 
びっくりするぐらい体力使うんですね。
これがあと1か月も続くのかと思うと先が思いやられます。
 
と同時に自分が新採だったとき、先輩にこんなに負担をかけてたんだなと知り、感謝の気持ちが改めて湧き上がってきました。先輩偉大。
 
もちろん相手も緊張してるしすべてが初めてでかなり疲れてると思うんですけど、こっちも相当です。
次に何をしてもらうか考えるのも大変。
「終わりました!次何をすればいいでしょうか!」圧がすごい…
 
通常業務は普段通りあるわけで、まあ当然進まないし。
 
お互い慣れるまでにもう少し時間がかかりそうです。
 
でもまあ自分も異動先でまた教えてもらう立場になるので、とりあえず今は教えるのを頑張りたいと思います。
 
 
中央執行委員たすまみ
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | NISEKO »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

主張」カテゴリの最新記事