ZENZAIMU(全財務公式ブログ)

本ブログは全財務労働組合の取り組みや職場の状況等について、中央本部及び地区本部役員が持ち回りで掲載しています

とうとう「起翔転結」が枠内に収まりきらず。。。

2018-12-19 12:17:24 | 主張

中央本部溝口です。

お恥ずかしながらブログ当番を失念しており5日ぐらい遅れての投稿となります。

こんなだらしない教宣担当が本部事務室に四六時中座っている一方で、非専従でありながらブログ当番を守り切った山下中執にはこの場を借りて畏敬の念を表したいと思います。

それはさておき、このブログで、組合関連の話題を、、となると、専従の身なので日々の仕事を通じて、言いたいこと、書きたいことが積もりに積もってくるわけで、、、本日も長文となりますが、読みたい人だけ読んでください(そんな奇特な人はいるのだろうか。。いやいないはずだ。)。

テーマは、①機関紙「全財務」12/15日号のコラム「起翔転結」で触れた中途採用市場の流動化に関する論評の続編と、②青年学習会における本部役員からの講義の時間の使い方の改善およびその心、以上2本立てでいきたいと思います。

テーマ①のとおり、前号の「起翔転結」では、中途採用市場の流動化が実現すれば、労働者の移転の自由が確保されることで、より高い賃金を提示した会社に自然と人が集まるようになり、労使交渉よりもはるかに実効力のある賃金引き上げメカニズムが作用する、との提案を放言してみたところです。

東大の先生は、中途採用の拡大を経団連が音頭取って「せーの」でやればいいのに、、みたいなことをつぶやいておられましたが、中途採用市場の拡大には賃金引上げメカニズムが働くと仮定すると、使用者側から見れば人件費増につながりかねない協定みたいなものを経団連が主導してぶち上げるはずがない、と個人的には思います。

そこで、昨年、政府が賃上げ率3%を目標とするよう音頭を取ってくれたように、最近政府は携帯料金の引き下げを提案したりと市場経済への介入をはばからないようですし、中途採用の拡大もリードしてくれないものだろうか、と思う次第です。

以上ざっと、前号の起承転結の要約と補足で、ここからが枠内に収まりきらなった部分、書き足りなくて枠から溢れ出してしまった部分になりますが、中途採用市場の流動化には、前述の効果に加え、副次的な効果があると考えています。

先日NHKの平成特集で山一證券の破綻に至る一連のプロセス、損失隠しの実態が特集されていましたが、上意下達、社員は組織の上層部の顔色を伺うヒラメ、そう揶揄されるような組織風土も不正の一因となっていたようで、ウチの職場も少なからずそんなところがあるなと、個人的には感じています。新規採用に依存し、中途採用市場がまだまだ未成熟の現状において、一度入った職場で生き抜くためには、組織内部での評価がすべてであり、処世術としてヒラメ社員になるのは必然ではないだろうか。たとえ不本意であったとしても。

山一證券の破綻以降、平成の時代には、大企業の組織ぐるみの不正が数々報じられ世間を賑わせてきましたが、会社という檻の中で、組織の不正な意思に従わざるをえなかった人がどれだけいたかと思うと、我がことのようにやるせない思いがします。

中途採用市場を流動化することは、社員、職員個人に対し、組織という檻から自らを解放する自由を付与することにつながり、我々人間の、個人としての尊厳を守る上でも、これからの日本社会において必要なことだと私は思います。

テーマ②にいきます。

1年間の本部専従を通じて、各地本の青年学習会を回らせていただいてきましたが、どこの地本もだいたい1時間ぐらいの枠を設けてくれて、中央本部からの講義のようなものをやらせていただいています。

でも個人的にはずーっと違和感みたいなものを感じながら不完全燃焼を続けてきました。

僕自身、組合への信仰心が募って専従役員になったわけではないし、なんなら労働組合に対して少なからずネガティブな感情も抱いてますし、特に中央の活動に対しては閉塞感みたいなものを感じながら日々業務と向き合っています。本部役員としては不徳の致すところでありますが。こんな自分が地方に出向いて、組合の意義とかをお伝えするため、本部の活動、成果なんかをご報告させていただくわけですが、熱量が伝わらないんですよね。熱がそもそもないから。熱量がある人の話はそれはそれで、狂信者にカルト宗教の勧誘をされているような気にもなるし、熱量があってもなくても、どっちにせよ組合への結束を強める原動力にはなれないような気もしますが。

そんなモチベーションで1時間、用意した資料に目を落とし、ただひたすら虚空に言葉を放り投げてきて、聞く側には苦痛で退屈な時間を提供してきたことを恥じ入るばかりですが、前回東海の学習会では試しに本部講義にグループ・ワークを組み合わせてみたところ、自分としては凄い有意義な時間を過ごすことができました。

グループ・ワークに入る前段でまず20分ぐらいを限度に議論の材料となる情報提供をさせてもらって、グループにお題を出して議論してもらって、発表してもらって。。その発表内容を踏まえてコメントして。

発表の内容には、班内での議論で出た、組合員が日々疑問に思っていることや、不満に思っていることが詰まっています。

疑問や不満は、少なからず組合員が関心を持っている事柄なので、こうした関心事項に対してピンポイントで、疑問や不満に関する組合の取り組みの現状や、僕自身の考えを述べる、というキャッチボールが成立して、60分漫然と抑揚なく一方的に話し続けるより、よっぽど有意義な時間を提供できたんではないかと、ひそかに感じたところであります。

組合も社会も時代とともに変わりつつあります。

全財務は日本国憲法の制定を契機として発足して以降、統一戦線を模索する激動の時代を乗り越え、連合への結集という形で落ち着き、労働基本権等、公務労組を取り巻く情勢も、安倍政権の下、良くも悪くも、長きにわたる凪の時代を迎えています。

激動の時代には強力な指導力、統率力、求心力のある役員が求められたかもしれません。

強力なリーダーシップでフォロワーを引っ張っていく、そんな時代にはトップ・ダウン一方通行の演説講義が適していたかもしれません。

一方、今の時代はというと。。教育の現場ではアクティブ・ラーニングという手法が導入されつつあるように、我々世代は議論、対話を通じて合意形成する技術を身に付けてきました。裏返せば、納得することをとても大事にしている世代です。納得するまで行動には移さない。強権的で、手前勝手な意見には耳を貸さない。

そんな時代に求められる役員の在り方とは。。

僕なりのイメージは、伴走者としてのキリストです(教祖としてのキリストでも、宗教としてのキリスト教でもない)。変に仰々しくしたり、大物ぶったりするのは逆効果で、むしろ等身大で、率直に対話を重ねることが大事だと考えています。

話は少し逸れますが、先述のような教育環境下で育った新規採用者がどんどん入局してきつつある中で、組合加入に際しても、納得のいく説明が欲しいと思うのは当然といえます。

ぼく個人の考えでは、組合加入の段階で、万人に納得してもらえるようなクリアな説明をすることは難しいと思っています。

だからこそ最初にお願いしたいのは、一回情に流されて組合に入ってみてもらえませんか?と。(人間力が試されるお願いの仕方ではありますが。)

組合に入っていただいて、組合活動を通じて、イヤイヤながらも役員やってみたら組合って実は裏でしっかり機能してんだなとか、自分の知らなかった発見もあります。

それでもやっぱ組合ヤダってなったら、何がイヤなのか、どうすれば納得のいく組合になるのか、組合員として納得いくまで議論すればいいと思うんです。

我々労働組合は、社会に存在する組織の中で最も民主主義の理念を体現した組織であると、フランスからやってきたPSIの書記長が講演で話してましたが、まさにそのとおりで、我々の組合は、我々組合員自らの議論によって、自分たちの組織の在り方を変えていけます。

だからこそ組合に入ってもらって、その上で納得いくまで議論を重ねて、対話を通じて、その時代時代にフィットした組織の変革の在り方を模索していきましょうよと。言いたい。

ちなみにですが、組合加入説明時の説明マニュアルを作ってほしいという声があるのは重々承知していますが、こんな「最後は人間力頼みです」みたいなフワフワした結論を定式化する能力は持ち合わせていないので、僕の代では見送りたいと思います。

 

コメント

年末までに

2018-12-19 00:00:00 | 日記

本格的に冬の気温が続き、本年も残りわずかとなった今日この頃、いかがお過ごしですか。

私の住む北海道では雪化粧が施され、街はクリスマス一色ですが、

ひねくれた私からは、ヨカッタデスネー。という枯れた感想しか出てきません。

現在私は、クリスマスだからと買い逃した仮面ライダージオウのDXカブトライドウォッチ(自分(30代男性)用)を探しておりますが、

人気商品ゆえ見つかるわけもなく、ますますやさぐれモードです。

カブトウォッチででクロックアップしたかったんや(重症)

 

うん。

導入で既に酷いブログ確定ですけど大丈夫ですか?悪ふざけが過ぎましたかね?

でも、しょうがないですね。

 

私事ですが、今年の終わりが近づいてきましたので、そろそろ大掃除、というか断捨離しようかと思っております。

私の家には本、CD、フィギュア等が溢れんばかりに溢れています。

本を読んだり、CDを聴いたりするのももちろん好きなのですが、それを本棚などに並べるのも好きです。

本棚ぎっしりに本を並べると、謎の達成感ありますよね。なので、今までは本棚いっぱいに本を詰めていたんです。

そう、今年の9月までは・・・。

 

9月には北海道胆振東部地震がありました。そのとき我が家では、

・棚からフィギュアが床にダイブ。そこへ棚がダイブ。

・本棚から本が床にダイブ。そこへ本棚がダイブ。

 

フィギュアは破損、本にも折れ目。床は足の踏み場もない状態。

そもそも本棚の隣にいたら・・・と思うとぞっとします。大自然の恐ろしさたるや。

普段からの整理整頓。大事。ゼッタイ。

これを見ていただいている皆様も、災害にはお気を付けくださいね。

 

そんなこんなで、年末は断捨離をすると心に決めているんです。

今すぐやれよという声もありますが、あーーー聞こえない。都合の悪いことは全然聞こえません。

では、次の当番の方へパスですよ (北海道 菊)

コメント

伏線?の回収のようなブログ

2018-12-18 12:44:59 | 主張
 
前々回のブログで連合女性集会の感想を書かせていただいたのですが、たしか、みんながなりたいものになれる社会になればいいな的なことを言ってたと思います。
(書きぶりは少しちがったかも。国交連合と東海地本の教宣紙用にも感想寄せたので記憶がごっちゃになってます(笑))
 
そんなの正直遠い話だと思ってました。こてこての理想論だし、まあとりあえず当分無理だろうなと。そう思っている方は多いと思います。
でもそんなことないかもなのですよ。
 
なぜなら…ついに!男の子がプリキュアになれたのです!!
 
衝撃!
男の子がプリキュアですって!?
 
プリキュア。みなさん名前くらいはご存知ですよね?
小さい女の子を中心に(もちろん大きいお友だちからも)絶大な人気を誇る毎週日曜朝8時30分からテレ朝系列で放送している国民的アニメです。
 
中学生くらいのかわいい女の子たちがめっちゃかわいく変身して悪と戦う、愛と勇気のハートフルストーリーです。
シリーズはすでに16年になり、ギネスにも認定されました(アニメ映画に登場する最も多いマジカル戦士の数)。
 
劇場版も合わせたシリーズのプリキュアの人数は55人。
もちろんその55人すべてが女の子です。
コンセプトが女児向けアニメですし当然です。
男の子向けのヒーローものは、同じ日に仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズがありますしね。
 
そんな中で、男の子のプリキュアが誕生したのは衝撃でした。
一度きりの登場でこれから登場するかはわかりませんが、プリキュアの歴史が動いた瞬間でした。
 
この放送回は大きいお友だちの間で「神回」と称されるほど反響が大きかったようです。
 
私たちの中で、無意識にプリキュアになるのは女の子だけと思い込んでいましたが
(というかそもそも男の子がプリキュアに変身するという発想がなかった)、
男の子だってプリキュアになる時代になったんですよ!
 
伝わるかなーこの興奮。
16年間プリキュアを見てきたの身としては、本当に感動したのですよ。
 
今のプリキュアを見ている子どもたちがそれを当たり前と思って育ってくれれば、
本当に社会は変わって行けるかもしれない。
社会というのはどこから変わるかわからないものですね(^^)
 
これからもプリキュアの活躍に期待です♡
「なんでもできる!なんでもなれる!フレッフレッみんな!フレッフレッわたしー!」
オープニングのヒロインのセリフ
 
そして余談。
 
前回のブログで、これから年末までに今年一番(仮)を超える出来事はあるかなって書いたんですけど全然ありました。
(仮)にしておいてよかった~(笑)
こうやって楽しいこととか嬉しいことってパワーアップして更新されていくんですね(^^)
それってもう幸せにしかならないですね(笑)
 
本当にありがたいことに平成30年は私にとっては楽しいことしかなかった年でした。
反動が今から怖いですが、この幸運が続く限り平成最後を楽しみたいと思います。
 
では、私のブログ当番は今年はこれで最後なので、少し早いですが
みなさま。よいお年を(^^)/
 
中央執行委員たすまみ
コメント (2)

もう年末

2018-12-17 23:59:53 | 主張

南九地本では12/14に秋季の所属長交渉を実施しました。書記長として初めて臨んだ交渉でしたが、やはり交渉は難しいものだと感じました。要求を実現させるためには、どういう言葉で局長に伝えるべきだったか、要求項目は組合員の声を十分反映できていたか、もっと執行委員会で議論すべきではなかったか、とか、色々と考えてしまいました。春季の取組で改善していきたいと思います。

もう12月も半ば、今年も終わりを迎えますね。本当にアッという間の一年でした。今年は4人目の子供が生まれ引き続き子育てに奮戦し、仕事は初めての理財部(財務系統)で困惑し、組合では地本書記長就任であたふたしました。でも、喜びもあり、新鮮な気持ちで過ごした良い1年でもありました。今年1年を漢字で表すとしたら、「成」といったところでしょうか。(子どもの「成長」、自分の「成長(?)」、そして組合では「成果」を追及した、、、ということで)

南九 水谷

 

コメント (1)

国公連合香川結成

2018-12-11 06:07:25 | 主張

昨日12日に高松市内で、国公関連労働組合連合会香川県協議会結成総会が開催されました。

結成まで約2年半かかりました。

国公連合香川は、五つの産別、七つの単組で構成され、国公連合県組織としては全国で6番目の結成です。

各構成組織の共通課題の解決と運動の発展を目指し、連携を深めて行きます。

 

四国地本 山本

 

コメント

私事ですが、

2018-12-07 12:27:24 | 日記

私事ですが、先日、第二子となる男の子が誕生しました!

3,430gと大きな赤ちゃんでしたが、陣痛が始まって3時間後には無事産まれてきてくれました。二人目は早いと聞いていたものの、正直ここまでとは。6歳になる長女も出産に立ち会うことができ、貴重な経験となったことと思います。

最近、われわれの職場でも男性職員で育休を取得する人が多くなってきています。そんな私も、現在、1ヶ月間の育休取得中です。赤ちゃんはまだ病院にいるので、赤ちゃんのお世話はありませんが、長女のお世話や家事など、毎日結構忙しくしており、1日があっという間に過ぎていきます💦

最後に快く育休に送り出してくれた職場の皆さんと、組合役員の皆さんには本当に感謝です。この1ヶ月間は仕事と組合のことは忘れて、しっかり「お父さん」を頑張りたいと思います!

中国地本  TM

コメント

健康診断

2018-12-06 18:52:57 | 主張

お疲れ様です。

定期健康診断が12月10日(月)の来週の予定ですが、

ここ最近は忘年会という飲む口実としては打ってつけの名目で

ほぼ毎日お〇〇に溺れている毎日です。マジでやばい…

 昨年はこの若さで血圧にひっかかり、どうにかこの一年で改善できないものかと考え

4月以降のダイエット、7月以降は引っ越してキッチンが快適になったため自炊するようになりました。

しかも、なるべく魚と野菜中心にしております。

※最近の流行りは青魚系(近くのスーパーで半額になってるので助かります。)

※あとは大根!! 切って味噌汁に入れるだけで具沢山で美味しい。

その他、流行りのサバ缶とネットで知った高カカオチョコレートを食べたりと少しでも抵抗を試みています。

来週どのような結果がでるか楽しみです。(次回のブログで結果を晒します)

 

さて、明日は地方課長交渉後の中央執行委員会メンバーとの忘年会です。

全国の組合員の皆様の処遇改善、そして私が気持ちよくお〇〇が飲めるように、

交渉も頑張り対応と思います!!(結果は機関紙でお知らせします)

コメント (1)

大蔵はひとつ!

2018-12-05 08:13:37 | 日記

皆さんこんにちは。

近畿地区本部の中島と申します。

私、近畿の名ばかり書記次長ではございますが、去る12/4に開催された「全大蔵関西」の定期総会に参加して参りましたので、その模様について報告させていただきたいと思います。


てか、そもそも全大蔵関西って何なの?って方がいらっしゃるかも(実は私もそうでした…。)と思いますので、軽くおさらいをすると、近畿地区にある日本たばこ産業、印刷局、造幣局、財務局、大阪税関、神戸税関、大阪国税局の財務省系統計7組織で構成するもので、各組織の現状を相互理解の上、それぞれの要求実現に向け種々の共闘活動を行う組織として、かれこれ37年の歴史を持つ由緒ある組織となっております。

定期総会では、過去1年間の活動報告に加え、向こう1年間の活動方針・予算案に係る採択、役員改選、各組織ごとの情勢報告等が行われました。

当日、全財務近畿地区本部からは、委員長以下の計5名で参加させていただきましたが、そこにはなんと平良中央委員長も来賓として参加(恥ずかしながら近畿メンバーのほとんどが全大蔵の中央委員長も兼任されている平良委員長が来阪されていることを認識しておりませんでした。平良委員長スミマセン…!)されており、財務局組織として万全の体制で望む形となりました。

総会では、当地区委員長も積極的に発言し事務局を一部たじろがせる場面も見られるなど、しっかりと存在感を発揮するとともに、総会後の懇親会においても、各組織の方々と中華料理を囲んで交流を深めて参りました。

また、懇親会後は、会場を移して、平良委員長を含む全財務メンバーで反省会も行いました。
反省会には、旧中央委員長として、平良委員長とともに組合活動に御尽力されたA石さん(ちなみに現在はバリバリの当局側の人間)を奈良から召集し、全財務中央及び地区本部における活動や、当局の業務運営の状況等々について活発な意見交換を行うとともに、新旧委員長から、当局のとある幹部候補生に対して、中央組織への熱烈な勧誘が行われるなど、終始、組合色満載の会となりました。

今回初めて全大蔵関西の総会に参加させていただきましたが、普段触れることのない各組織の厳しい情勢等(個人的には国税組織が特に生々しく印象的でした・・・)を認識することができ、非常に勉強になりました。

今後とも、『大蔵はひとつに!』をスローガンとした全大蔵組織での共闘活動の重要性をしっかり認識するとともに、新旧中央委員長から熱烈な勧誘を受けていた、遊園地好きで有名(噂では年間360日?ほどお気に入りの遊園地に出没されるとのこと)な、とある幹部候補生の今後の動向(新たな遊園地を求めて東方に旅立たれるのか!?)にも注目しなければ!と思った一日でした。


参加者の皆さん大変お疲れ様でした!

コメント

Brew

2018-12-03 21:59:53 | 日記

 

皆様こんばんは

北陸の青年委員長すぎはらです。

 

このところ一気に寒くなってきたかと思えば、暖かい日も出てきて体調を崩しそうな日が続いてますね。

日々庁舎で仕事をしていると日当たりのいい部屋だからなのか暑くて暑くて一人腕まくりしております。

そんな暑い日が続くとやっぱり仕事終わりの「大人の飲み物」がおいしくてたまりません。

いろんなところから「結局お前は酒の話か」というツッコミが聞こえてきそうですが、やっぱり酒の話です。

 

さて最近話題のクラフトビール、飲んだという方も多くなってきたのではないでしょうか。

有名どころだと、ヤッ〇ーブルーイングの「よ〇よ〇エール」とか「イ〇ドの青鬼」とかですね。(缶ですが)

普段飲むキリ〇とか〇サヒとかは下面発酵で、エールビールとかは上面発酵という醸造方法で醸造されていて・・・

という話をしたいのではなくて、(気になった方は調べてみてください)

〇ッホーブルーイングという会社についてのお話を少し。

この会社、商品名が独特なことでもよく知られているのですが、もう1つ面白い特徴があります。

平たく言うと、「上司も予算もない」ということです。

こういう組織を「ティール組織」と最近呼ぶんだそうです。

もちろん、社長とかの役職の人はいるのですが、意思決定は極力現場の人がしたり、場合によっては売上目標もなくしてしまう組織もあるとか。

我々の職場にはなかなかなじみにくいとは思いますが、こんなのがある、と知るだけで新しい発想が生まれるはずだと勝手な妄想をしながら今日も「樽で熟成されたぶどうジュース」をいただきたいと思います。

 

  北陸 酒ぎはら

コメント

サイレント・マジョリティー

2018-11-29 21:03:35 | 主張
「もうお前、恥ずかしいから、みんなの前でああいうことするのはやめてくれよ」
つい最近、うちの長男が次男に言った言葉である。
なんでも全校集会の場で、校長先生が全校の児童に向けた質問に対して、次男が「はい!」と手を挙げて答えたとのこと。
親としては微笑ましい光景であるのだが、思春期に差し掛かっている長男からすると、この上なく恥ずかしいことであるらしい。
 
とかく日本人は人の目を気にする民族である。
あまり私は人の目を気にしない方ではあると思うが、やはり周りの空気を読んで行動していることは否定できない。
こんなことを言ったらバカにされるんじゃないかとか、間違ってたらどうしようとか、あれこれ考えてしまうものだ。
そういう意味では、次男がとった行動は勇気のあるものであり、尊敬に値する。まあ、恥ずかしいという感情を認識していないだけかもしれないが。
 
そんなことを考えているうちに、私はサイレント・マジョリティーという言葉を思い出した。
サイレント・マジョリティーとは、Wikipediaで調べると、「物言わぬ多数派」、積極的な発言行為をしないが大多数である勢力のこと、とある。
小学校でみんなが黙っているのは、単に恥ずかしいからであるが、大人の社会では発言をすることで自分に不利益が及ぶかもしれないというリスクを回避する意味がある。
例えば、職場環境に不満があったとしても、声高に発言することによってアイツは面倒くさい奴と思われたくないのだ。
 
物事の捉え方は個人差があるので、不満は当人の思い込みなのかもしれない。
では、大多数が不満を感じているにもかかわらず、誰も発言をしなかったらどうなるだろうか。
何も改善されないまま、みんなで我慢しましょうという目も当てられない状況となってしまう。
そういう意味では、サイレント・マジョリティーの存在は決して無視できるものではない。
今まさに秋闘の時期、大多数の声なき声に耳を傾け、みなさんのお役に少しでも立てればと思った次第である。
 
東海 KH
コメント