末光道正のブログ  八尾から日本の政治を変えよう

労働者・市民・学生の団結を強めるコーナーです

4・21 大阪府・吉村知事に対する申し入れ行動

2021-04-22 18:18:42 | 地域医療の団結で医療崩壊と闘おう












地域医療交流会が大阪府吉村知事に申し入れ行動を行いました。
全文を掲載します。

2021年4月21日
大阪府知事 吉村洋文 殿

遺伝子ワクチンではなく公的医療の拡充を!
新型コロナウイルス感染症に係る申入書


地域医療交流会    
連絡先:八尾北医療センター労働組合    
大阪府八尾市桂町6-18-1 072-999-3555    

 昨年1月15日に、国内で最初の新型コロナウイルス感染者が確認されてから、1年3ヶ月が経ちました。この間に、新型コロナウイルスの感染は拡大し続け、4月19日現在、日本国内の感染者数は53万人を超え9678人もの死者を出すに至っています。特に、大阪府では4月15日に一日の感染者数が1200人を超えるなど、感染爆発が起きています。
感染拡大が続く中で、年明けより新型コロナウイルス感染症の特効薬かのようにワクチン接種が宣伝され始めました。2月17日より医療現場への先行接種が始まり、連日ワクチン接種への「期待感」のみが報道されていますが、私たちはこうしたあり方に激しい違和感を覚えています。
先行接種が始まったファイザー製のワクチンをはじめ、現在、政府が認可しようとしている新型コロナウイルスのワクチンは、これまでとは全く違った生成過程で作られた遺伝子ワクチンです。遺伝子ワクチンがどのような人体への影響を与えるかは分かっておらず、4月9日に公表された厚生労働省の資料によると、4月7日までに6名の医療従事者が接種後20日以内に死亡しているとあります。
また、変異株にはワクチン効果が極めて薄いことが確認されており、「5月前半には変異株にほぼ置き換わる」(4月14日の厚労省会議)とされている中で、数千万人規模にまでワクチン接種を拡大し続ける根拠はどこにもありません。
私たち地域医療交流会は、1950年代に地域住民が主体となって作り上げてきた、地域医療のあり方こそが「命を守る」最大の力だと考え、新型コロナウイルス感染症が確認された当初から、様々な取り組みを行ってきました。
その取り組みの中で、新型コロナウイルス感染症は「早期発見」「早期隔離(治療)」さえできれば、感染爆発を抑えることは難しくないと感じています。これは地域医療を担ってきた医療・介護従事者の誰もが実感していることだと思います。
ところが、そのために必要な、公的な医療・介護・保健体制がことごとく破壊されていることこそが、新型コロナウイルス感染症対策を困難にしている最大の問題です。和歌山県は独自モデルで感染爆発を食い止めていましたが、その最大の根拠となったのは10万人当たり35.9人(2018年)にも上る全国3位の行政保健師の数でした。これは大阪の14.4人と比較すれば2.5倍近くにもなり、いかに公的な保健衛生体制が感染症対策にとって重要かを端的に示しています。
いま必要なのは、遺伝子ワクチンではなく公的医療の拡充です。その立場から、以下の点について申し入れます。

(1)遺伝子ワクチンの危険性を徹底して周知し、強制接種を絶対にやめてください
*遺伝子ワクチンについて、田村憲久厚生労働大臣は「接種を義務づけるような形で、各職場で何らかの差別的行為があることは看過できない」としています。ところが、3月19日付け朝日新聞によると、三重県の病院で「接種受けた職員は評価」と病院長がメールしていたことが明らかになっており、医療現場ではワクチン接種を強制する動きが後を絶ちません。改めて、大阪府として、どんな業務を担う医療・介護従事者であっても、接種の如何によって、職場の配置転換や賃下げなどの不利益を被ることが無いことを明言してください。
*上記内容について各種広報を通じて周知徹底し、大阪府下の医療機関に対しては、全施設に直接配布してください。
*厚生労働省が公表しているファイザー製ワクチンの臨床試験結果(国内)をみれば、2回目接種時には32.8%もの発熱(37.5度以上)が確認されています。これは、副反応の発現率としては極めて高いと言わざるを得ず、この点を接種希望者に対して丁寧に説明することは、インフォームド・コンセント上必要不可欠です。少なくとも厚生労働省が公表している副反応について大阪府の広報でしっかりと周知し、府下の行政に対しても周知を徹底するよう指導してください。
*現在、個人のワクチン接種履歴を把握するためにマイナンバーを利用する方針が進められていますが、接種履歴のリストを作成すること自体が必ず差別を生みます。インフルエンザワクチン同様、接種履歴は各接種施設単位で保管すればよいのであって、政府が一元化する必要はありません。ましてやマイナンバーと紐づけすれば、必ずワクチン接種者のみが優遇される政策につながりかねず(現に海外ではワクチン接種者のみが行動制限を解除されている例が多数あります)、大阪府として新型コロナワクチン接種履歴とマイナンバーとの紐づけに反対してください。

(2)地域医療を守るために、直ちに医療・介護施設への支援をしてください
*地域の医療機関が発熱者を診療し、新型コロナウイルスの感染者を早期発見することは、何よりも有効な感染症対策です。ところが、こうした医療現場の取り組みを妨害する動きが、大阪府内で起きています。八尾市北部西郡地域の診療所である八尾北医療センターでは、昨年9月27日、八尾市によって発熱外来設置が不許可とされました。この際、八尾市は「大阪府と連携してコロナ対策を進めている」ことを根拠としています。感染爆発の中で必死に新型コロナウイルスと格闘している医療現場を、行政が妨害するようなことはあってはなりません。直ちにこの決定を取り消し(あるいは八尾市に対して取り消すよう指導し)、地域の医療機関において、積極的に感染症対策ができるよう、支援することを約束してください。
*医療・介護施設において新型コロナウイルス感染者が発生した場合、通常外来、救急外来、入院受け入れ、通所介護(デイサービス等)など、多くの機能が停止します。これは、感染拡大を食い止めるための当然の対応ですが、施設はその間は無収入となるため、財政的ダメージが大きく、施設運営が危機に陥ります。必死にコロナ対応をしている医療・介護施設が、財政破綻するようなことを防ぐためにも、新型コロナウイルス感染者の発生によって、医療・介護施設が閉鎖した際の全面的な補償体制を整えてください。
*新型コロナウイルスが感染拡大しやすい特性として無症状者の存在があります。無症状者を早期発見するためには、徹底して検査を拡充するより他なく、大阪府として市民が無償で何度でも受けられる公的な検査所を設置してください。大阪市においては、4月12日より、高齢者・障がい者入所施設の従事者に対して、2週間に1度のPCR検査体制を整えたと公表されましたが、大阪府下のすべての医療・介護現場が定期的なPCR検査を実施できる体制を整えて下さい。
*PCR検査で「早期発見」されても、生活が保障されなければ「早期隔離(治療)」につながりません。PCR検査で陽性になった医療・介護従事者が安心して治療に専念できるように、100%の賃金補償を行政の責任で行ってください。

(3)公的な医療、介護、保健体制の拡充を直ちに行ってください
*1月15日、大阪府関係職員労働組合が6万筆を超える署名を提出し、行政保健師や保健所職員の定数増を訴えました。こうした労働組合や市民の声を受けて、3月11日に公表された大阪府職員定数配置計画では、保健所に12名の定数増(各保健所保健師1名増、検査技師3名増)が示されていますが、全国でも最低水準の保健師数(10万人当たりの保健師数は、2018年段階で保健師全体が46位、行政保健師が45位)しか確保していない大阪府においては、全く不十分と言わざるを得ません。直ちに常勤保健師を増員してください。
*1999年に大阪市議会で市内1保健所化の条例が可決されて以降、大阪府下では保健所の統廃合が進められ、府内の保健所は61か所から18か所まで激減しています。大阪府管轄の保健所も29カ所から9か所と半数以下となっており、こうした脆弱な保健衛生体制が感染症対策を困難としていることは明らかです。これまでの大阪府保健医療計画を見直し、直ちに保健所を増設してください。
*2006年の府立病院の独立行政法人化と2009年の市立市民病院への地方公益業法全部適用から、大阪府下の公的医療体制は致命的な打撃を受けました。2005年には3000人の医師や看護師などの医療従事者が、大阪府職員として病院に勤務していましたが、今日までにすべてが民営化され、現在、その数はゼロとなっています。大阪府が設置するコロナ重症センターに看護師が確保できないため、計画では60床のところ21床(4月19日現在)しか稼働できず、国や滋賀県に看護師の派遣を要請している現状が連日報道されていますが、民営化によって感染症対策が致命的に遅れていることは明らかです。民営化された大阪府下の公的病院について、直ちに再公営化してください。
*大阪府における職員定数増加の最大の障壁になっているのは、2012年に施行された大阪府職員基本条例です。全国的にも異例の本条例によって「職員数管理目標」が定められ、新型コロナウイルス感染症が拡大しても尚、職員体制の拡充が困難になっています。職員基本条例について、直ちに廃止してください。

以上


⇦八尾北医療センターのHP
コメント

菅たおせ!3・21大行動

2021-03-19 20:37:34 | 改憲・戦争阻止!大行進




⇦八尾北医療センターのHP

コメント

3・11 反原発福島行動 `21

2021-03-04 09:20:11 | すべての原発いますぐなくそう




⇦八尾北医療センターのHP

コメント

2・23反原発学習討論会

2021-02-17 21:54:49 | すべての原発いますぐなくそう





⇦八尾北医療センターのHP

コメント

2・16関西国鉄集会へ!

2021-02-13 21:48:48 | 国鉄全国運動





⇦八尾北医療センターのHP

コメント

2・13上映会 「あなたは蜘蛛を見たことがありますか」

2021-02-06 18:02:39 | 国際連帯



⇦八尾北医療センターのHP

コメント

「改憲・戦争阻止!大行進」八尾実行委員会だより No.25

2021-01-29 17:48:05 | 戦争・改憲阻止!大行進八尾



⇦八尾北医療センターのHP

コメント

「改憲・戦争阻止!大行進」八尾実行委員会だより No.24

2021-01-21 17:20:37 | 戦争・改憲阻止!大行進八尾



⇦八尾北医療センターのHP

コメント

新型コロナウイルスの学習交流会へのご案内

2021-01-14 21:29:02 | 新型コロナウイルスパンデミック
医療、介護現場で働く労働者の皆さん。命よりも経済、命より金儲けを最優先してきた全矛盾が医療と介護の現場に集中しています。日頃現場で感じていること、思っていることを出し合いたいと思い交流会を企画しました。ぜひご意見をお聞かせください。

OGPイメージ

末光院長が行う 新型コロナの学習交流会のご案内(1/20土曜6時~プリズムホール4階研修室) - 八尾北医療センター労働組合

八尾北医療センター末光院長・看護師が行う新型コロナウイルスの学習交流会へのご案内医療従事者、介護労働者のみなさん新型コロナウイルスの感染が急...

末光院長が行う 新型コロナの学習交流会のご案内(1/20土曜6時~プリズムホール4階研修室) - 八尾北医療センター労働組合

 


⇦八尾北医療センターのHP

コメント

「改憲・戦争阻止!大行進」八尾実行委員会だより No.23

2021-01-10 21:24:27 | 戦争・改憲阻止!大行進八尾



⇦八尾北医療センターのHP

コメント

八尾北医療センターが抗議の記者会見に起つ!SNSでは大松市政への怒り拡大

2021-01-05 21:48:01 | 戦争・改憲阻止!大行進八尾

八尾北医療センターが抗議の記者会見に起つ!SNSでは大松市政への怒り拡大 : 改憲・戦争阻止!大行進・関西

八尾市当局によるプレハブ設置不許可に抗議し八尾北医療センターが行った記者会見が大きな反響を呼んでいます!(ニュースの動画はこちら)SNS上で...

改憲・戦争阻止!大行進・関西

 


⇦八尾北医療センターのHP

コメント

八尾市休日急病診療所

2021-01-02 17:13:18 | 新型コロナウイルスパンデミック


 昨日の午後5時から9時まで内科を担当しました。幸いまだインフルエンザは流行っていません。
 
 これには二つ理由が考えられます。新型コロナウイルスに対する感染予防(マスク、手洗いなど)が広く行き渡っているためとワクチン接種が65歳以上無料になったこともあり昨年より多くの人が接種したからと思われます。
 コロナの大流行で、昨年から発熱患者さんは動線を分けた仮設の部屋(準備は4部屋、そのうち稼働2部屋)で問診と診察をしています。予防具の着脱に時間がかかるため年末年始の看護師は3名から5名に増えています。医師も年末年始は内科1名、小児科は2名に増えます。薬剤師は2名のまま。事務は昨年から委託3名の他に市の職員2~3名がプラス。

 これほど人員が揃っているのに、八尾市休日急病診療所ではインフルエンザやコロナの検査はしません。周辺の住民の理解が得られないというのが八尾市の見解ですが、かかりつけの院所も八尾市休日急病診療所も条件は同じです。12月11日現在の発熱外来で検査を引き受けているのは八尾市約200院所の内まだ30です。保健所も今大変な状況です。検査をもっと増やすために、八尾北のプレハブ設置も含め、まず八尾市が見本を示してもらいたいと思います。

 ただ一つ約束を守ってもらったことがあります。診察室の手洗いが自動になったことです。現場の方は理解してもらっていると感謝しています。




⇦八尾北医療センターのHP

コメント

新年あけましておめでとうございます。

2021-01-01 01:33:57 | 生きる寄る辺・八尾北守り抜こう






⇦八尾北医療センターのHP

コメント

今年はお世話になりました 来年もよろしくお願いします。

2020-12-31 22:31:37 | 新型コロナウイルスパンデミック
ついに新型コロナウイルスの感染者は午後6時現在で国内4515人、東京1337人と過去最多を更新しました。これは新自由主義の破綻を示しています。

その先頭で旗を振ってきた竹中平蔵氏が菅内閣のブレーンとして
明日からYOUTUBEを開くそうです。12月29日に開設予告動画をアップしましたが、現在の時点で低く評価が3.7万に対し高く評価はたったの1217です。本人も「何を言っても批判される」と開き直っています。菅内閣もろとも責任をとらせなければなりません。

 
 昨日の強風で発熱外来テントが吹き飛びそうになりました。とりあえず風が収まるまで裾をまくり上げて通り抜けできるようにしました。猛暑、極寒、台風があろうとプレハブで必要な診察と検査を行おうとしましたが、NHKの報道にあるように、八尾市と大阪府は、「ここにはプレハブは必要ないと総合的に判断した」と許せない回答をしています。維新の会にも責任をとらせましょう。

私たちは2021年をその年とします。
みなさん団結して闘いましょう。


⇦八尾北医療センターのHP


コメント

八尾市と大阪府の発熱外来プレハブ不許可を弾劾する

2020-12-30 11:16:47 | 新型コロナウイルスパンデミック

八尾北医療センターが抗議の記者会見に起つ!SNSでは大松市政への怒り拡大 : 改憲・戦争阻止!大行進・関西

八尾市当局によるプレハブ設置不許可に抗議し八尾北医療センターが行った記者会見が大きな反響を呼んでいます!(ニュースの動画はこちら)SNS上で...

改憲・戦争阻止!大行進・関西

 


「動線を分けて、夏はクーラー、冬は暖房がきいた場所で安心して検査と治療にあたろう」という要請に対して、八尾市はNHKの取材に、「大阪府と連携して新型コロナへの対策を進めていて、この場所にプレハブを設置する必要はないと総合的に判断している」と答えました。この場所とは1947年天然痘が流行した時、八尾市が周辺に伝染させないためと西郡住民を隔離し、十分な治療を受けられなかった200人の子供たちが亡くなった西郡です。その悲しみと悔しさから八尾北医療センターの前身、西郡平和診療所が作られました。
 
 私たちは9月4日の厚生労働省がインフルとコロナの同時流行にそなえて、「まずかかりつけ医に」と方針を出したのに応え、
11月20日から「発熱外来診療、検査」を開始しています。
登録したのは12月11日現在で八尾市約200医療機関の内まだ30院所です。これでは足りません。八尾市(大阪府)が本気で感染拡大をとめようと考えるなら、八尾北医療センターの発熱外来プレハブを認めるべきです。

「この場所にプレハブを設置する必要はない」とは、西郡の人々の命はどうなってもよいという1947年の八尾市の態度と同じであり、コロナ感染拡大を抑えて市民の命や医療従事者の命を守る気は毛頭ないということす。さらに総合的判断とは、日本学術会議の新会員候補6人の任命を拒否する理由として菅義偉首相が挙げた総合的俯瞰的判断と全く同じで、本音は民営化、改憲・戦争に反対することを許さないということであり、それを掲げた労働組合や部落解放運動をつぶすということです。

 この報道を見た多くの人々から「八尾市はおかしい、八尾北がんばれ」「動線分けるのがあたりまえでしょ」「厚労省から都道府県などに定期的検査の件もとっくに通知済み。維新吉村知事は何をしてらしたのでしょう」「病院が建てたいのに八尾市長はなぜ反対なのか教えてほしい」「このコロナ感染下に維新・大松市政、ありえない非道」「政治家は現場のこと知らなさすぎ。現場が必要だっていってるんだから聞きなさいよと思う」などなど、多くの励ましと八尾市・大阪府(維新の会)に対する怒りの声が寄せられています。ありがとうございます。

 労働組合と地域住民は団結して、現場からどんどん声を上げましょう。崩壊した医療・介護をとりもどし社会を変えましょう。



⇦八尾北医療センターのHP

コメント