この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

重いものを持ったわけでもないのに。

2010-06-30 22:38:18 | 日常
 まずはお礼とお詫びから。
 昨日書いたネガティブな記事に何人かの方から温かいコメントを頂きました。
 とてもありがたいことだと思っています。

 ただ、申し訳ないことに、あの記事は書きかけのものを間違ってアップしてしまったんですよね。本当に言いたいことは実はまだ別にあったんです。
 しかし、時間が夜中の一時近くになってしまったので、続きは明日書こうと思って下書きをチェックしたつもりが出来てなかったみたいです。

 サッカーを見ていたから書くのが遅くなったというわけではないんですけど(サッカーは所々見てましたが)、元々ネガティブな記事は書くのにすごく気力を要するのです。
 こんな鬱な記事を書いてもいいんだろうか、と自問するところから始まるので。

 どうしようかと考えましたが、「毒食わば皿まで」というし、続きは明日か明後日には書こうと思っています。
 現時点では同情出来るが、続きは読んでてムカツクだけだった、ということにならないといいですけれど。

 
 話はまったくもって変わりますが、昨夜のワールドカップの日本対パラグアイ戦、自分は後半戦が終わった時点で、時間で言えば一時ぐらいには床に着いたのですが、お袋はきっちりPK戦まで見たそうです。
 我がお袋ながら、「やるな」と思わずにはいられません。


 話はまた変わりますが、別段重いものを持ったわけではないのに、ちょっと高いところにある荷物を取ろうとして、右手首のところにビキッと痛みが走りました。
 足首を思いっきり捻挫したときに走る痛み、といったらおわかりいただけるでしょうか?

 しかし繰り返しますが、重いものを持ったわけでも、無理な体勢を取ったわけでもないのです。
 ただ高いところに手を伸ばしただけで。
 う~~む、年ですかね、、、いや、決して認めませんけどね。

 ともかく、ちょっと手首を捻るだけで尋常じゃない痛みが走るので病院に行きましたよ(歯医者以外で病院に行くのって何年ぶりだろう?)。
 レントゲンを撮っての診察結果、、、異常なし♪
 シップをもらって帰りました。

 あの痛みは何だったんだろう・・・?
 人間、年を取りたくないものですね。もちろん今回の件と年齢は無関係ですが(認めろよ)。


 またまた話は変わりますが、親知らずの抜歯をする日が決まりました。7/6、火曜日です。
 最初は痛みもないのに抜いてたまるか!なんて思っていたのですが、抜いた方がいいですよ~、と何人かの方からアドバイスを頂き、抜歯をする決心をしました。
 こうなりゃ腹を括ってバシッと決めてきますよ、抜歯だけにね!!(微妙なギャグだな。。。)
コメント (2)

精神が病んでることにかけては自信があります。

2010-06-30 00:16:05 | 戯言
 精神が病んでることにかけては自信があります。

 まず何といっても人が信じられない。
 つい先日もネットの友人の一人と二ヶ月ぶりにチャットしたのですが、自分はてっきりその友人から縁を切られたものと思ってました。
 友人曰く単に忙しかっただけらしいのですが、それまで一週間に一回か二回チャットしてたのに、それが二ヶ月も間が空けば、自分みたいな人間は縁を切られたと思うのです。

 もちろん縁を切られるような理由に心当たりはないですけどね。
 理由に心当たりはなくとも、もしくは理由が理解しがたいものであっても、縁を切られることはリアルでもネットでも数え切れないぐらいありましたからね。
 
 一日に何通もメールのやり取りをする仲のよいメルトもがいたんですけどね。
 その人の誕生日が近づいてきて、プレゼントに何をあげようかって考えて、自分にはオシャレなものもわからないし、お金もないしで、そうだ、漫画をプレゼントしようって思ったんですよ。
 漫画ならそんなに高くないし、その人は漫画を読まない人じゃないし、ちょうどいい。
 で、自分が面白いと思う漫画を買ってその人の誕生日に送りました。

 漫画を送ったのであれば、当然感想を聞きたいじゃないですか。「面白かったよ」という一言が聞きたい(趣味が合わなかったのであればそれはそれとして)。
 しかし、、、その人が読まないんだ。一向に読む気配がない。
 送って一週間すぎたぐらいは「まぁ、忙しいんだろうな」って思ってました。
 二週間が経つ頃も「忙しいんだろう」って自分に言い聞かせました。
 一ヶ月が経つ頃、「昨日の夜読んだケータイ小説が面白かった!」ってメールが届いたんですよ。
 そっかぁ、面白いケータイ小説があるのかぁ、とは思えなかった。
 自分は「ケータイ小説を読む暇があるぐらいなら自分が送った漫画を読んでよ!」と返信しました。
 それからあとは、それまで仲が良かったのが嘘みたいにギクシャクしたものになって、挙句「自分を中心に地球が回ってると思わない方がいいよ」というようなメールが送られてきて、以後その人とは縁が途絶えました。
 自分を中心に地球が回ってるって!!
 自分が送った漫画なんて読むのに三十分もかかりませんよ。
 それを望むことがそんなに高望みなの???
 自分にはその人の言い分は一生理解出来ないでしょうね。
 

 
コメント (8)

七月公開の注目作。

2010-06-28 21:32:52 | 新作映画
 自慢じゃないですけど、忘れっぽいことに関しては自信があるので、観に行く予定の映画の公開日はカレンダーに○をつけています。

 で、今ふと七月のカレンダーを見たらビックリ!!やたら○があるよ!!七月はこんなに観に行くんだっけ?
 後半は観に行くペースが落ちるかなと思っていたのですが、全然そんなことはなかったです。

 まず、7/3に公開されるのはアレですよ、アレ!テレビでもやたら宣伝されてるし、有名タレント出まくりの、そう【ハング・オーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い】!!(宣伝されてねーし、有名タレントは誰一人出てねー)
 この作品は前売り券を入手出来ていませんが、通常料金を払っても観に行こうと思ってます。
 それにしても2010年はまだ一本もミニシアターに映画を観に行ってなかったんだな~。意味もなくちょっと反省。後半はもうちょっとミニシアターにも映画を観に行こう。

 7/10に公開されるのは【トイ・ストーリー3】!!はどーでもよくて(ってわけではないけど)、重要なのは次の日ですよ、次の日!!【トイ・ストーリー3】は観忘れても、次の日のイベントは忘れるな!!

 7/17はちょっとすごいことになっています。
 個人的にはこの日から天草に旅行に行くことはさておき、まず、スタジオジブリの新作【借りぐらしのアリエッティ】が公開され、さらにM.ナイト・シャマランの新作【エアベンダー】が公開され、さらにクリストファー・ノーランの【インセプション】が7/17~19の三日間先行上映されます。
 先行上映、、、何だか久しぶりに聞く言葉のような気がします。
 ちょっと前までは超大作であれば必ず先行上映をしていたもので、それどころか先々行上映なるものまでやってましたよ。
 先行上映があると本当の超大作って感じがするなぁ。
 
 先行上映もですが、【インセプション】に関してはもう一つ言いたいことがあって、それは何かというとこの映画、全国共通の前売り券が売ってないんだよね。映画館でも売ってないし、コンビニでも取り扱ってない。
 全国どこの映画館でも販売されてない、前売り券そのものが存在しないというのであればまだしも納得してもいいんだけど、わずかに売ってるところもあるんだよね。
 福岡では唯一Tジョイリバーウォーク北九州でだけ【インセプション】の全国共通の前売り券が販売されている。
 何で?って疑問に思わずにはいられないよ。
 Tジョイリバーウォーク北九州の前売り券担当の人は配給会社に何かしら強力なコネでも持ってるんかいな?って勘繰ってしまう。

 7/31はアンジェリーナ・ジョリー主演の【ソルト】が公開されます。
 この作品も前売り券のことで一つ言いたいことがあって、それは何かというと世の中発売後一日か二日で特典つき前売り券が売り切れる作品もあれば(【アリス・イン・ワンダーランド】とかね)、これみたいに延々と二ヶ月か、三ヶ月か売られている作品もあるってこと。
 予告編を観る限りはそこまでハズレのような気はしないんだけどなぁ、、、よくわからない。

 観に行く映画の本数が少なければ【プレデターズ】や【ちょんまげぷりん】なんかも観ようかなと思ったんだけど、七月はちょっと厳しそうです。
コメント

【リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?】、久々に、、、

2010-06-27 23:51:50 | 旧作映画
 生涯自分には縁がないだろうな、見ることはないだろうなと思える映画があります。
 大概の恋愛映画はそうだし、テレビ局主導の『少林少女』や『アマルフィ 女神の報酬』、『ルーキーズ』なんかもそう、挙げていけば切りがありません。

 スタジオジブリの『ホーホケキョ となりの山田くん』もそのうちの一つだったのですが、ブログ仲間のまくらさんが「私は「ホーホケキョ となりの山田くん」が一番好きです!」なんて仰るじゃないですか。
 こりゃ一つ見なきゃいかんなと思って、週末ツタヤに行ってみたのですが、、、『ホーホケキョ となりの山田くん』が貸し出されてた!!
 結構ビックリしましたね。いまどきそんなの借りる人はいないだろー、ぐらいに思ってましたから(まくらさん、すみません)。

 で、代わりに借りたのが近くに置いてあったこれ、【リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?】です。

 何ていうか、アマゾンでの評価が意外に高くてビックリしているところなのですが、先日試写会で観た『ヒックとドラゴン』が欠点を探すのが難しい傑作だったのに比べ、『リトル・レッド』は長所を探すのが難しい作品でした。

 まずヒロインであるレッドを始め、すべてのキャラクター(のデザイン)がまったく可愛くない。
 アニメは動いてナンボなので、しばらくしたら印象が変わるのかなと思って見ていたのですが、最後まで少しもまったくぜんぜんちっとも可愛く思えませんでした。

 上野樹里がヒロインの声を当てているのでそんなに前の作品というわけではないのですが、その動きのぎこちなさに、(CGアニメではなく)人形アニメですか?と言いたくなるぐらいでした。

 アマゾンのレビューでは「爆笑した」「笑った」という意見も多かったのですが、どこら辺で笑えたのか、マジで教えて欲しいと思いました。
 まぁ日本人って『志村けんのバカ殿』で笑える人種なので、この作品で笑える人がいたとしても不思議はないんでしょうけれど。

 お話的にも、なぜレシピ泥棒はレシピを盗むのかがさっぱりわからなかったし(別にケーキ屋に恨みがあるわけでも、自分自身がケーキ屋を開店したいというわけでもない)、レシピ泥棒にレシピを盗まれたからといってどうして盗まれたケーキ屋が廃業しなければいけないのかも理解出来ませんでした(ケーキを作る際レシピに付きっ切りというわけでもなかろうに)。

 久々にアニメを見て「つまらんもん見てしまった!」と思いました。
 『ホーホケキョ となりの山田くん』がそうでないことを祈るばかりです。
コメント

2010年劇場映画鑑賞一覧(六月末まで)。

2010-06-26 21:02:32 | 新作映画
 六月が終わるまであと数日ありますが、この先映画を観に行くことはないと思うので、この半年に観た映画の総括をしたいと思います。

 この半年に劇場で観た映画の本数は27本、一週間に一本よりも若干多いぐらいです。
 まぁいいペースかなと思います。

 この二十七本のうち1/3以上に当たる十一本をワーナー・マイカル・シネマズ・筑紫野で鑑賞しているのでメインのシネコンがTジョイ久留米から完全に移ったといってよいでしょう。
 やっぱりポイントサービスがあるのは大きいですね。
 Tジョイ久留米でも復活させて欲しいです(以前はあった)。

 何本かについて簡単にコメントします。

 まず、現在大ヒット上映中の【告白】、傑作であることは否定しませんが、気軽に「面白いよ!」と人さまに薦める作品ではないと思います。
 これから観に行こうと思っている人はある程度覚悟をして観に行って下さい。

 メジャー大作である【アリス・イン・ワンダーランド】と【アイアンマン2】、どこまでも可もなく不可もない作品だったなぁ。
 まぁだからこそ大ヒットしたのかもしれないけれど。

 人に薦めようとは思わないけれど、個人的に結構好きなのが【コララインとボタンの魔女】や【9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~】、【レギオン】、【シェルター】かな。
 特に【シェルター】はよい評判は聞かないけど(っていうか、悪い評判も聞かない。完全に無視されてる?)、観ている最中はすごく恐かった!!
 “牧師”の行動規範がきちんと描かれていたらホラー映画史に残る傑作になっていたと思うけどな。

 純粋に作品の完成度でいえば(お気に入り度やお薦め度とは違う)【ハート・ロッカー】や【第9地区】などが高かったと思います。

 最後にお薦め作品としては、【インビクタス】や【ヒックとドラゴン】が挙げられます。
 特に【ヒックとドラゴン】は八月七日から公開されるので一人でも多くの方に観に行って欲しいですね。
 老若男女が楽しめる、非常によく出来たエンターティメント作品だと思います。


 *リンク先は拙ブログのレビュー記事です。 
27.【ヒックとドラゴン】(6/22、ワーナー・マイカル・シネマズ・筑紫野での試写会にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★★★、お薦め度は★★★★★

26.【ザ・ウォーカー】(6/19、ワーナー・マイカル・シネマズ・筑紫野にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★、お薦め度は★★☆

25.【アイアンマン2】(6/12、ワーナー・マイカル・シネマズ・筑紫野にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★☆、お薦め度は★★★☆

24.【告白】(6/5、Tジョイ久留米にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★、お薦め度は★★★

23.【レギオン】(5/22、Tジョイ久留米にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★★、お薦め度は★★☆

22.【グリーン・ゾーン】(5/15、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★☆、お薦め度は★★★☆

21.【9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~】(5/8、ユナイテッド・シネマズキャナルシティ13にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★☆、お薦め度は★★★

20.【誰かが私にキスをした】(4/28、Tジョイ久留米にて鑑賞)
  お気に入り度は☆、お薦め度は☆

19.【ウルフマン】(4/25、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★、お薦め度は★★

18.【タイタンの戦い】(4/25、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野にて鑑賞)
  お気に入り度は★★☆、お薦め度は★★☆

17.【春との旅】(4/20、Tジョイ久留米での試写会にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★☆、お薦め度は★★★★

16.【アリス・イン・ワンダーランド】(4/17、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★、お薦め度は★★★☆

15.【シャッター・アイランド】(4/10、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野にて鑑賞)
  お気に入り度は★、お薦め度は★

14.【第9地区】(4/10、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★★☆、お薦め度は★★★☆

13.【シェルター】(3/27、Tジョイ久留米にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★☆、お薦め度は★★☆

12.【アーマード 武装地帯】(3/27、Tジョイ久留米にて鑑賞)
  お気に入り度は★★☆、お薦め度は★★☆

11.【シャーロック・ホームズ】(3/14、TOHOシネマズトリアス久山にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★、お薦め度は★★★☆

10.【ハート・ロッカー】(3/14、TOHOシネマズトリアス久山にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★★、お薦め度は★★★★

9.【コララインとボタンの魔女】(2/20、TOHOシネマズトリアス久山にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★★、お薦め度は★★★

8.【インビクタス/負けざる者たち】(2/6、Tジョイ久留米にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★★★、お薦め度は★★★★★

7.【ゴールデンスランバー】(1/30、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★★☆、お薦め度は★★★★☆

6.【ラブリーボーン】(1/30、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★、お薦め度は★★★

5.【Dr.パルナサスの鏡】(1/23、Tジョイ久留米にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★☆、お薦め度は★★★

4.【かいじゅうたちのいるところ】(1/16、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★、お薦め度は★★★

3.【マッハ!弐】(1/16、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13にて鑑賞)
  お気に入り度は★、お薦め度は★

2.【今度は愛妻家】(1/12、Tジョイ久留米での試写会にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★、お薦め度は★★★★

1.【キャピタリズム マネーは踊る】(1/9、TOHOシネマズトリアス久山にて鑑賞)
  お気に入り度は★★★★、お薦め度は★★★★

 ★は五つで満点、☆は★の半分です。


 *2009年劇場鑑賞映画一覧

 *2008年劇場鑑賞映画一覧

 *2007年劇場鑑賞映画一覧

 *2006年劇場鑑賞映画一覧
コメント (2)

デンマーク戦でビックリ。

2010-06-25 22:31:11 | 日常
 ワールドカップ、対デンマーク戦、日本チームは見事勝利しましたね!

 ま、はっきりいって自分のおかげですけどね(なぜ自分のおかげかというとこちら)。

 というような世迷言はさておき、デンマーク戦でビックリしたことがありました。

 自分はサッカーの熱烈なサポーターというわけでもないので、結果だけわかればいいやと思って、いつも通り夜の十二時に眠りにつきました。
 これでフツーだったら翌朝の六時半に起きるのですが、何故かこの夜は四時前に目が覚めてしまいました。
 デンマーク戦を見ようなんてこれっぽっちも思っていなかったのに、何ゆえ?まさにこれぞワールドカップマジック!?
 かどうかはわかりませんが、仕方なく(?)布団から起き出して、デンマーク戦を観戦することにしました。
 いい時間帯に起きたと思います。
 テレビをつけた時点で二点差ついていたので安心して試合を見ることが出来ましたしね(その分ハラハラドキドキはしなかったけど)。

 試合は日本チームの勝利で終了し、トイレに行くために一階に降りてビックリ!!
 お袋が起きてたんです。
 しかも試合が始まるはるか前、二時半には起きていたそうな。笑。

 母上、いつからあなたはそんな熱烈なサポーターになったのでありますか。
 我が母親ながらよーやるわ、と思ってしまいました。
コメント (3)

ヒットマンズ・レクイエム。

2010-06-24 23:59:12 | 旧作映画
 マーティン・マクドナー監督、コリン・ファレル主演、『ヒットマンズ・レクイエム』、DVDにて鑑賞。


 男はその街に着くなり吐き捨てた。
 クソみたいな街だぜ。
 しかし男は知らなかった。
 その街、ブルージュが男の死に場所として用意されたということを…。

 日本でもそれなりの知名度を持つ(はずの)コリン・ファレルの主演作がこのたびめでたくDVDスルーと相成りました(しかもレンタルのみ。なぜ?)。
 海外ではそれなりに高い評価を受けている本作がなぜ日本ではDVDスルーの憂き目に合うのか、興味があったので見てみました。

 コリン・ファレルが演じるのは喧嘩っ早く、口が悪くて女癖も悪い、情緒不安定な新米の殺し屋レイ(つまり、殺し屋というところ以外は素の彼。笑。)。
 レイのお目付け役なのがベテランの殺し屋ケン。
 ケンは仕事でヘマをしたレイを始末するようにボスに命じられるのだが・・・。

 まぁ、DVDスルーになるのもわからないではないかな。
 一言で言うと派手さがない。
 例えば銃一つ取っても、殺し屋が主人公の映画なのだから派手な銃撃戦があるかというとそんな気の利いたものはない。派手な爆破も派手なカーチェイスもない。もちろん派手な濡れ場もない。
 映画の配給会社も何をウリにしていいか、わからなかったのだろう。

 しかし、個人的にはかなり味わい深い映画だった。
 特に、ケンがボスの命令に背いてレイの命を文字通り命懸けで助けようとするくだりは、ちょっと泣けてしまった。

 また、ブルージュの街の観光PRビデオとしてもよく出来ている。
 その手のPRビデオというのは、仲のよさそうな恋人たちが手と手を繋いで街並みを歩く、みたいな、見ていて吐き気を催す構成になっているものだけれど、本作ではむさ苦しい野郎二人が、しかも一人はクソだクソだと繰り返しながらブルージュの名所を巡るので、逆にブルージュのよさが伝わってきた。
 という見方はひねくれすぎですかね?笑。

 ともかく、一風変わった作品が見たい、という方にはお薦めです。
コメント

【ヒックとドラゴン】、老若男女に薦めたい、この夏最高の大傑作!!

2010-06-23 21:43:57 | 新作映画
 ディーン・デュボア、クリス・サンダース監督、【ヒックとドラゴン】(8/7公開)、6/22、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野での試写会にて鑑賞。2010年27本目。


 いや、危ないところでした。
 何が危ないところだったかというと、この夏はジブリの最新作『借りぐらしのアリエッティ』(7/17公開)とピクサーの最新作『トイ・ストーリー3』(7/10公開)が公開されるので(どちらも既に前売り券は購入済み)、一夏にアニメ映画は二本観ればいっかと思って、ドリーム・ワークスの最新作である『ヒックとドラゴン』はノーマークでした。
 もし試写会に当選していなかったら観逃していたかもしれません。
 本当に危なかった。
 もし本作をDVDで鑑賞していたら、「うわっ、なぜ自分はこんな大傑作を劇場に観に行かなかったんだ!!」と自己嫌悪に陥っていたことでしょう。
 今年になって観た映画の中で一番面白かったし、2010年に観た映画の中でも間違いなくベスト3には入るでしょう(もしかしたらベスト1かも)。
 それぐらい本作は面白かったですね。
 
 バイキングの少年ヒックとドラゴンのトゥースとの友情のお話です。
 その一行だけで全てが説明出来ちゃう物語はシンプルだし王道。
 でも、展開がとても丁寧だし巧いんだよ。
 フツーさ、村で一番の貧弱な少年が人々を救う英雄になるとしたら、(物語の中で)長い時間が掛かるか、もしくは展開的に無理があるものなんだけど、本作ではヒックが一人前になる流れがすごく自然なんだよね。

 ヒックももちろん魅力的なんだけど、それ以上にいいのがドラゴンのトゥース。何ていうか、「カワユス」?自分が口にするのは無理があるんだけど、本当に可愛いんだよ。
 そしてヒックの危地に自らの危険も顧みず飛び込むカッコよさにはめっちゃジーンとしてしまった。

 この二人が(正確には一人と一匹が)の大空を飛翔するシーンの気持ちよさといったら!!はっきりいって『アバター』以上でしたね。

 何から何まで良くて、めっちゃツボだった【ヒックとドラゴン】だけど、唯一難を言えば、人間の敵だと思っていたドラゴンが実はそうではなかったというお話なのだから、出来たらラスボスの・・・にも、何らかの背景を与えて欲しかったかな。そこが残念といえば残念。

 まぁそれでも老若男女に自信を持ってお薦め出来る大傑作であることは間違いありません。
 この夏、何か娯楽作品を観ようと思っている方は是非観に行って下さい。
 自分ももう一回観に行こうと思っています。

 お気に入り度は★★★★★、お薦め度は★★★★★(★は五つで満点、☆は★の半分)です。
コメント (5)   トラックバック (2)

試写会に行ってきました。

2010-06-22 23:14:22 | 日常
 試写会に行ってきました。
 自分にとって映画鑑賞は非常に体力を消耗する行為なので、仕事帰りに映画を観たら体がバラバラになるんじゃないかと思うぐらい疲れました。

 でも観た映画はすごく面白かったですよ。
 今年観た映画の中で間違いなくNo.1でしたね。年間No.1かもしれません。
 さて自分が試写会で観た映画は何でしょう?

 っていうのだけではわかるはずもないですね。
 ヒントを出すと、
 1.友情の物語です。
 2.主人公の成長の物語でもあります。
 3.父と子の物語でもあります。
 これでわかるかな、、、まだわかるはずないか。笑。
 もう一つヒント、夏休み公開のアニメ映画です。これでわかるんじゃないかな?
コメント (5)

『神のみぞ知るセカイ』は九巻発売♪

2010-06-21 22:58:18 | 漫画・アニメ
 『神のみぞ知るセカイ』の九巻が発売されました。

 何といっても今回のニュースはアニメ化ですよ、アニメ化。
 自分が応援している漫画がアニメ化されるのはやっぱり嬉しいものですよね(出来によってはガッカリすることもあるけれど)。

 特に本作の場合、作者の前作である『聖結晶アルバトロス』が打ち切りの憂き目に合っちゃいましたからね、、、感慨も一入です。
 『ジョジョの奇妙な冒険』が人気が出て、同じ作者の『バオー来訪者』がアニメ化されたように(こちらも打ち切り)、『聖結晶アルバトロス』も脚光を浴びないかなぁ・・・。いい作品なんだけど。

 ところで『神のみぞ知るセカイ』はアニメ化が発表されてだいぶ立つのですが、未だにテレビアニメなのか、オリジナルビデオアニメなのか、劇場アニメなのか(これはない)、それともネット配信のアニメなのか(今後そういう形態のアニメも確実に出てくるだろう)、わかんないんですよね。
 自分としては時間帯は問わずテレビアニメであることを望んでるんですが、どうなんだろうなぁ。。。
コメント