この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

クレーム、その2。

2005-05-31 20:52:30 | 日常
以前、ある掲示板で障害者の方が「『健全な魂は健全な肉体に宿る』という格言があるが、これは障害のある肉体には健全な魂が宿らないという意味に取れ、障害者の差別に繋がるのではないか」といったことを述べていました。
実はこのクレームはいささか的外れといえます。
なぜなら『健全な魂は健全な肉体に宿る』という格言、正しくは『健全な魂は健全な肉体に宿れかし』であり、意味は「健全な肉体に健全な魂が宿ればよいのだが(そうとは限らないので嘆かわしい)」だそうです。
見た目がまともだからといって中身までまともだとは限らない、監禁王子の例を出すまでもなく、いわれてみればごく当たり前のことですよね。
『健全な魂は健全な肉体に宿る』という言い方は近代になってスポーツ振興に躍起になった筋肉崇拝者たちが勝手に元の格言を改変し広めたことなので、まぁ「かし」という助詞も使わなくなっちゃいましたしね、障害者の方もあまり本気になって相手をしない方が賢明といえるでしょう。
(端折って説明しましたが、元のラテン語の格言から英語、そして日本語と訳される間にあった変遷はもう少し複雑なようです。)

クレームをもう一つ。
日清カップヌードルのCMで、『NO BORDER』というシリーズがあります。
ミスター・チルドレンの曲も印象的な、子供たちが銃を持って海を眺めているCMですが、最近見かけないと思いませんか?
自分はこのCMを見て、銃なんて物騒なものは下ろして(争いは止めて)、のんびりと腹ごしらえしようじゃないか(平和的に行こう)という意味に解釈しました。
普通の人はまぁ大抵そう解釈すると思います。
しかしコラムニストの天野祐吉氏によれば、幼い子供たちに銃を持たせること自体が非常識であり、戦争を美化している、という見方をする人たちがいて、その人たちのクレームでこのCMがオンエアされなくなったらしいのです。
どーしてそういう歪んだ解釈が出来るのか、理解に苦しみます。
別にカップヌードルなんて好きでも嫌いでもないですが、あのCMが一日でも早く再び放送されるようになればいいなぁと思います。

クレームをさらにもう一つ。
このたびハリウッドでの映画化が噂される『MONSTER』の原作者浦沢直樹が『MONSTER』の前に手掛けた『MASTERキートン』という漫画が絶版になったとのことです。
絶版とは読んで字の如くそれ以上版を重ねないことで、通常売れなくなった漫画や小説などの書物がそういった憂き目に会うのですが、売れっ子である彼の漫画が売れてないわけがありません。
絶版に到った経緯についてはこちら。
まったく何といってよいのやら。。。

一口にいってクレームといっても当たり前ですが様々ありますよね。
自分がクレームする場合は(出来るだけ)筋が通ったクレームをしたいものだと思います。
コメント (11)

ふたつのスピカ。

2005-05-30 22:45:21 | 漫画・アニメ
自分は自他共に認める漫画好きです。
八十歳のジジィになったとしても漫画が好きでいたい、そう思ってます。(そんな長生きはしたくないけど。)
けれど、だからといって月に何十冊と漫画の単行本を買っているというわけではなくて、多い月でも五冊程度で、少ないと一冊も買わない、なんてこともあります。
まぁ何といっても部屋が狭いですからね。
何でもかんでも買ってたら本を置くスペースがなくなるっていうか。
ともかくいいたいのは厳選して漫画を買っていますってこと!
今月は贔屓の漫画の単行本が三冊も立て続けに発売されました。
一冊目は以前のブログでも取り上げた『新暗行御史』の十一巻なので、紹介略。

二冊目が『ふたつのスピカ』、八巻。
『ふたつのスピカ』はいいですよ!
万人に自信を持ってお薦めできます。
少しだけ先の未来、宇宙学校に通うアスミと彼女を取り巻くクラスメイトのお話です。
未来のお話なのに、どこか懐かしい。
とにかく読んでて切ないんです。
絵柄もとっても暖かくてGOOD。
まずは試しに一巻だけでも読んでみてください。

三冊目は『ガンスリンガー・ガール』、五巻。
こちらは残念ながら万人向けというわけではありません。
まぁ読む人を選ぶ作品ですね。
残酷なシーンも多いし、設定は鬼畜だし、絵柄もオタク系だし。
自分はそれなりに好きなんですけどね。。。
コメント (4)

日本ダービー、ずばり的中。

2005-05-29 18:15:42 | 日常
タイトルは大袈裟かな。笑。
(アクセス数も増やしたいんで。)

競馬自体にはまーったく興味がないのですが、ふと気まぐれに日本ダービーを予想してみました。
で、予想したのはいいけど、どこで発表するかについては少し考えてしまいました。
自分のブログでやっても時間の調整などインチキできますしね。
というわけで、勝手ながらブログ仲間のとらこさんのブログで無関係の記事に対してコメントしておきました。
こちら。
とらこさん、関係ないコメントをして、申し訳ありません。笑。
自分の予想のミソは来る馬ではなくて、来ない馬を予想することです。
これは案外当てやすい。
一応、来ない馬<たぶん来ない馬<わからない馬、という力関係になっています。
この“たぶん”ってのが重要。笑。

実は土曜日の夜、たっちゃんとチャットしてる時にまったく同じ予想をしたんだけど、酔っ払ってたたっちゃんは一切聞く耳なし!!
今日たっちゃんはわざわざ東京競馬場まで観に行ったらしいんだけど、損をしたね!!
(といっても本命バリバリだったからなぁ。)

ちなみに予想の根拠についてはヒ・ミ・ツです。笑。
コメント (3)

最悪。

2005-05-28 21:55:53 | 日常
今日用事があったので博多まで出掛けてきました。
その際JRを利用して、自動販売機で切符を一万円札で買いました。
いつもいつも財布に一万円札が溢れかえっているというわけではもちろんなくて、給料日直後だったので、なけなしの小遣いがそのまま財布に入っていたんですよね。
それで博多に着いてから、買い物をしようとして、違和感に気付きました。
おかしい、少なすぎる・・・。
今朝財布の中を見たときはすっからかんで、補充した金額は覚えてます。
ですから足りない額もすぐわかりました。
九千円ちょうど足りない・・・。
そうです、自動販売機からお釣りを取り損ねたんです。
やってもーた!!!   
物忘れが激しい自分ですが、お釣りの取り損ねは生まれて初めてでした。
気付いた時点ですぐ切符を買った駅に連絡は入れたのですが、当然届けられてはいませんでした。
もう最悪。。。
コメント (8)

バタフライ・エフェクト。

2005-05-27 23:45:41 | 新作映画
『バタフライ・エフェクト』という映画を観てきました。
もちろん先日利用できなかったサービスカードで。
アンケートにもサービスカードに関しての不満を一通り書き込んできました。笑。
ま、それはさておき。

告白しますが、自分にはリセットしたい過去があります。
なぜあのときあの選択をしてしまったのか、自分の浅慮に耐えがたくなって、後悔の念に苛まされることもしばしばです。
しかしそれは何も自分だけのことではないと思います。
誰しも多かれ少なかれ、人生において誤った選択をしてきたのではないでしょうか。

『バタフライ・エフェクト』、自分はずいぶんと哲学的な映画だなぁと思いました。
この映画の主人公エヴァンはある手段によって過去の一点に舞い戻り、そこから人生をやり直すことが出来ます。
しかしエヴァンが数度試みた人生のリセットは、運命のいたずらによってか、ことごとくさらに最悪な現在をもたらすことになります。
その最悪さが半端じゃなくて、最愛の人が自殺したり、刑務所に入ったり、母親が不治の病にかかったり、最後には○○さえ失う羽目に・・・。(○○が本当に半端じゃなく驚きます!)
結局この映画は、人生はリセットなど出来やしない、というごく当たり前のことを教えてくれました。

哲学的な、といいましたが、その理由はもう一つあって、この『バタフライ・エフェクト』は愛についての物語でもあるのです。
突然ですが、みなさんは“愛”とは何だと思いますか?(聞くのも恥ずかしいんですけどね。)
答えは人それぞれでしょうが、自分は、愛とは「自分の命よりもその人のことを大切に想うこと」だと思います。
この映画の最後のシーンで、愛する人の命を救うためにエヴァンの取った行動は、ものすごくシンプルで、しかしながら意外性に満ちていて、観ていて思わず「やられた!」と心の中でつぶやいてしまいました。
もしあなたに誰か愛する人がいて、そしてこの映画を観れば、昨日よりも少しだけその人のことを大切に想う気持ちが増すのではないか、そう思えるのです。
コメント (5)   トラックバック (12)

子供たちは夜と遊ぶ。

2005-05-26 22:35:26 | 読書
辻村深月著、『子供たちは夜と遊ぶ』読了。

彼女の前作にしてデビュー作、『冷たい校舎の時は止まる』を自分は高く評価しています。
精神世界を舞台にしたミステリーと聞くと、何じゃそりゃ?って感じですが、きっちりとミステリーとして形を成しているところに非常に感心しました。
いやはやこれがデビュー作というのだから、まったくもって大したものだと読後感嘆したものでした。
で、『子供たちは夜と遊ぶ』は彼女のデビュー第二作になるのですが、、、少しだけ、心配もしていました。
何といっても前作があれだけの傑作だったので、まさかスカを掴まされるとまでは思っていませんでしたが、それでも期待するものも大きいですから、平均点的な作品では困るわけなんですよ。
えぇ、困ります。
超絶的な傑作でないと、困る。(←勝手な肩入れですが。)

そして今、『子供たちは夜と遊ぶ』を読み終わって、自分は充足感に包まれています。
期待をはるかに上回る出来でした。
自分の目に狂いはなかったです。
断言しましょう、辻村深雪は日本を代表するミステリー作家になる、と。

本来であれば、ストーリーなどを紹介すべきなんでしょうけど、う~ん、何ていうか、どうレビューしたところで陳腐なコメントになりそうで、できないんですよね。
自分のレビュアーとしての力量のなさが恨めしいです。
ふぅ、なんともツライ。

とにかくお勧めです。
ただし、所々残酷なシーンもあるので、そういったものが苦手、という人は読まないほうがいいかもしれません。
でも、ラストシーンの最後の二人の会話は、、、読んでて、ジーンときちゃうことは請け合いです。(←ちょいネタバレ。)
コメント (8)

テレビブロス(5/28~6/10)より。

2005-05-25 23:10:45 | テレビ
今週のテレビブロスは『完全保存版!!カール大辞典』です!
カールファンの方には必見!必読!!必購入!!!
と、内容を紹介するその前に。

マリーコさんによる正しいブロスの読み方。
「 まず、カラーの広告ページを(いきなりテストを始める時の先生のわら半紙のように)中心からビリビリと破ります。
そして、そのホチキスの反対側にあたるページも当然広告なので、同じようにしてビリビリリーと破ります。
破ったあとのブロスはあら不思議!
広告に邪魔されることもなくとても読みやすいです。」、だそーです。笑。
まったくもってその通り!といいたいところなのですが、
敵もさるもの(敵なのか?)、今週のブロスはきわめて広告が取り外しにくくなっています。
だってロクサーヌブレスの広告の裏、カールの『おらが村』の地図なんだもん。
そのロクサーヌブレスの広告ですが、やっぱり笑えます。
「和哉と復縁、ちょー幸せ!!みんなに幸せを分けてあげたいです(笑)」という佐伯千香さん、
「和哉と連絡が取れずに精神的におかしくなりそうでした」というころの写真なんですけど、
一体誰がそんな悲惨な状況の貴女を写真に残そうと思ったんですか???
他にも田辺順子さんのセーラー服姿などヴィジュアル的にもヤバいんじゃない?といいたくなるよーな写真ばかりでした。笑。

話は戻ってカールなんですけど、自分の記憶が確かなら、以前カールおじさんの版権を持つスタジオが倒産しちゃってお菓子のカールにカールおじさん(とその一党)のイラストが一切使えなくなったってことがありませんでしたっけ???
そのことがぜんぜん触れられてないんだけど、自分の記憶違いだったかなぁ、う~ん。
まぁそのことはどーでもいいんですけどね。(いいのかよ!)
今回の特集で気付いたこと!
それは坊やの名前もおじさんの名前も『カール』だってこと!(何を今さら・・・。)
っていうことはあれですか、『おらが村』に住んでる男性諸氏はみんな名前が『カール』なんでしょうかねぇ。
まるで『ムーミン村』みたいだな、と思いました。(ちょっと違うけど。)

映画に目を向けると、5/28に『エネミー・ライン』、6/10に『バンディッツ』が地上波放映されます。
前者は未見だったんですが、今さらながら主演がオーウェン・ウィルソンであることを知って、え、オーウェン・ウィルソンが主役を張ることもあるんだ!?って驚いてます。(←失礼なヤツ。)
後者は単純に自分のお気に入りの映画で、ブルース・ウィリスの映画なのに見終わるとスカッとします。
未見の方には是非お勧めなのですが、、、
でもちょうど放映している時間が『タイガー&ドラゴン』の裏なんだよなぁ。。。

ブロスとは関係ないけど、テレビネタを二つ。
某国営放送のバラエティ番組を見てたらタレントのベッキーが出ていて、「あたしの名前(本名)、レベッカっていうの~♪」っていってました。
いや、だからどーしたってわけじゃないんですけど、以上今週のベッキー情報でした♪

もう一つは現在上戸彩主演で好評(なのかどーかは知らないけど)放映中の『アタックNo.1』の後番組があの伝説の野球漫画『アストロ球団』らしいです。
この情報を耳にして、ネットで確認した現在も未だに信じられないです。
野球漫画って相当無茶な作品が多いのですが、この『アストロ球団』はその極限といっていいでしょう。
野球漫画と紹介しましたが、作中で行われている球技は絶対野球じゃないし。
どーゆーふうに映像化されるのか、怖いもの見たさでちょっと気になるところです。

ps.残念ながらP.N『よろ昆布』は自分ではありません。ネタといい、九州在住であることといい、いかにも自分っぽいんですけど。
コメント (9)   トラックバック (3)

映画秘宝七月号より。

2005-05-24 23:31:02 | 新作映画
『映画秘宝』七月号は本日発売!(今度こそホント!!)

でも相変わらず紹介できるよーな記事はなし。
強いてあげればタイ映画が面白そう。(『マッハ!!!!!!!』は必見!)
どーでもいいけどタイ人の名前って日本人には早口言葉ですよね。
アーティタヤー・ディティーペンとか、ポングパット・ワチラブンジョングとか。舌噛むって。
そうそう、こと『スター・ウォーズ』関連の記事に関しては『映画秘宝』は気合の入り方が他誌とはぜんぜん違います!
あらゆる映画雑誌の中で最も詳しい(そして濃い)情報が得られることは間違いなし!!
だって『エピソード3』の公開に合わせて、『エピソード1』の復習から始まってるんだもん。
まぁ三部作なんだからそれが当たり前っていえば当たり前なんだけど。

というわけで、六月に自分が観に行くつもりの三本の映画を紹介します。(といっても紹介する意味があるのかどーか・・・。)

まずは6/18公開の『バッドマン・ビギンズ』
別にバットマンというキャラクターに惹かれるものがあるわけでも思い入れがあるわけでもないけど、とりあえず話題作だから観に行くかな、って感じ。
でも三本の中では一番期待してたりして。(何なんだ・・・。)

次は6/29公開(水曜日公開とは珍しい)の『宇宙戦争』
これまた惹かれるものも思い入れもなし。
っていうか、
スティーブン・スピルバーグの映画を観て特に面白いと思ったことがありません。
『ターミナル』を観て、自分にはスピルバーグが受け入れられないってことがよくわかりました。
そのくせ『宇宙戦争』は観に行くつもり。(おぃ。)一応話題作だからね。
でも「この夏一番の話題作!」という宣伝文句は笑止ですよね。
この夏一番の話題作といったらあれでしょうからね、やっぱり。笑。

で、7/9公開の『スター・ウォーズ/エピソード3 シスの復讐』
7/9公開とあるけど、確か先々行上映があるはずなので、六月公開といってもいいでしょう。
『スターウォーズ』シリーズにもまったく思い入れがなかったりして。
お前は本当に映画ファンなのかよ!っていわれそーです。笑。
でも正直な話、『エピソード3』でアナキンが暗黒面に落ちてダースベイダーになるのですが、普通そーゆーのって“どのようにして”落ちていくか、その過程が面白いと思うんですよ。
でも所詮SF映画だし、そこらへんの人物描写とかおそらく手抜きだろうし、そもそもルーカスにそういったことを期待するほうが間違いでしょうしね。
と、何やかや言いつつ、やっぱり話題作だからという理由で観に行くんですけど。笑。

あぁ、もっと心の底から観たい!って思える映画が観たいもんです。。。(日本語、変?)
コメント (7)

クレーム。

2005-05-23 21:55:40 | 日常
『映画秘宝』七月号は本日発売!
と書き出すつもりが、九州では二十四日、火曜日発売とのこと。
東京だと土曜日発売なのに、どーして九州では週明けの月曜日発売じゃないんでしょうか?
運送業者に文句の一つもいってやりたくなります。
(まぁこの場合は八つ当たりですけど。)
ブログではネタの鮮度も重要なのに、、、といっても自分の他に誰も『映画秘宝』をネタにしようなんて思わないからいいんですけどね!
というわけで今日はクレームについて。

先日のブログで、Tジョイ久留米のサービスカード(6本映画を観たら次回鑑賞がタダってヤツ)、何で土曜、日曜に使えないんだよ!とクレームをつけましたが、実はこのカード、まだハードルがありまして。
Tジョイ久留米、オープンしたのは去年の年末、確か十二月二十四日だったと思います。
自分が初めて利用したのは明けて一月一日のことでした。
当然そのときそのサービスカードをもらったのですが、裏面に有効期限が書いてありました。
2005.5.31・・・。
五ヶ月間で6本も(フツー)観れねぇって!!
つーか、有効期限今月末までかよ!
ってことは(自分の場合)観に行けるのは二十七日だけじゃん!!
赤字ばっかりですいません。
自分の怒りの度合いがわかってもらえたでしょうか。
金曜日の夜ってことはあれですよ、『タイガー&ドラゴン』が生で見れないってことですよ!!
まぁそれは録画で我慢するとして、でも万が一その日体調が悪かったらどーすればいいんでしょうか。
せめて有効期限は無期限にして欲しいです。(他の映画館のサービスカードは大概そうだぞ!)
っていうか、このサービスカードで映画を観たって人、いるんでしょうか。疑問です。

クレームに関してもう一つ。
自分はホンダのフィットに乗っています。
フィット、いいですよ!
これほどコストパフォーマンスに優れた車って、そうはないんじゃないでしょうか。
フィット、愛しちゃってるんだもん♪って感じです。(それ、別の車のCMだし。)
なのですが。
ある日、何気なくドアミラーのところを見て、思わず目が点になっちゃいました。
塗装がパリパリって剥がれてるんですよ!
買ってまだ二年ぐらいしかたってないのに!!
どーやら素地が規格外だったようです。
まぁたかが塗装ですから運転に支障がないといえばないのですが、でもエンジン系統とかも同様のいい加減さだったら困ります。
考えてみれば、いくら設計上優れた車であっても品質がそれに追いつかなければ欠陥車ですからね。
結局車をディーラーに持って行ったら、素直にドアミラー、新品の交換に応じてくれました。
おかげで愛車のフィット、ドアミラーのところだけ、妙にピカピカしています。。。
コメント

ブックマーク。

2005-05-22 23:40:49 | 日常
おかげさまでブログを始めて丁度三ヶ月がたちました。
駄文ばかりとはいえ、一日も欠かさず更新しているのだから、まぁそれなりに大したものかな、そう自惚れています。
閲覧者の数もぼちぼち増えて、、、いや、毎日更新してる割にはそんなに増えてないんですけど、どーしてでしょうね?
単純につまんないからじゃない?といった天の声は無視することにして。
それはさておき。
ふとブックマーク(お気に入り)を見て気付いたんですけど、そこに登録してあるブログ、みんな女性ばっかり・・・。
チャラで親しかった友人のブログ、向こうからブックマークに登録しましたよ、と報告してくれた方、こちらから相互ブックマーク登録をお願いしたものと様々なのですが。
まぁ不思議といえば不思議です。
書いた記事を一人でも多くの人に読んでもらいたい、そう思ってTBするんですけど、その際TBするブログの相手が女性かどーかなんて考えてるわけないんですよ。
というか、「お気楽主婦○○の」とか、「ぴちぴち女子大生○○の」というようなタイトルか、もしくはHNが「わたしは女性よ!!」って主張しているものじゃない限り、性別なんて自分にはわからない。
先日もあるブログでゲストの方に「これからもダンディさを磨かなくっちゃいけませんね!」ってコメントしたら、その人に「私は一応分類上女性なのですが・・・」みたいなコメントを返されてしまいました。
(まったくもって平身低頭です。)
TBをする際こちらからコメントをすればベターってことはわかってるんですが、それは現実的に無理です。(記事を更新して、コメントを書いて、常連さんのブログを回って、、、それだけで手一杯なので。)
自分の場合、「TBありがとうございました!」というコメントがあって初めて交流が始まるといえます。(自己中で申し訳ない。)
それでコメントを返してくれるのが、なぜだか女性ばかりで、、、不思議です。
でも自分が取り上げるネタなんて映画ネタはともかく、『テレビブロス』とか『新暗行御史』とか、必ずしも女性向けのものじゃないんですけどね。
う~ん、本当に不思議。
(単純に女性の方が礼儀正しいってことなんでしょうか?)

というわけで、男性の方からのブログの相互ブックマークの申し込み、募集しています。
条件はただ一つ、一週間に一度以上更新する気概があること!
(だってクリックして、一ヶ月更新してないブログだったら、クリックしてくれた人に申し訳ないし。)
なんて募集をしときながら誰からも申し込みがなかったらヤバイっすね。。。
 
ps.もちろん女性からの申し込みも受け付けています。笑。
コメント (12)