この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

【誰かが私にキスをした】、ただ一つ特筆すべきは・・・。

2010-04-29 21:05:58 | 新作映画
 ハンス・カノーザ監督、堀北真希主演、【誰かが私にキスをした】、4/28、Tジョイ久留米にて(義姉からもらった前売り券で)鑑賞。2010年20本目。


 ホラー映画にはしばしば頭のおかしな人間が出てきます。
 最近の作品でいえばサム・ライミ監督の『スペル』がそうですね。
 この作品の中でヒロインのクリスティンはジプシーの老婆を不親切にしてしまったばかりに、老婆に付きまとわれ、襲われ、呪いを掛けられ、挙句の果てに地獄へと引き摺り込まれてしまいます。
 恐ろしいババァだ、、、と思わずにはいれらませんが、いうまでもなくこの老婆は監督であるサム・ライミによって産み出されたキャラクターであり、お話を面白くするために存在するといっても過言ではありません。

 ゆえにお話を面白くするための行動と、現実の世界での頭のおかしな人間の行動が相反する場合、映画の中の頭のおかしな人間たちは前者を選択します。
 彼らはある意味リアルではないのです。
 まぁ現実世界の頭のおかしな人間はそもそも呪いを掛けたりはしませんが。笑。

 また、頭のおかしな人間を産み出した映画監督も頭がおかしいか、というとそんなことは全然なく、映画『スペル』を観ていて伝わってくるのはひたすらサム・ライミの頭のよさです。
 どのタイミングで、どのようなショックにすれば、観ている者が最も驚き、恐怖するのか、全てのシーンで緻密な計算が為されているように感じます。

 これは何もホラーに限らず、観ている者を純粋に楽しませるエンターティメント作品を作るためには、こういった頭のよさは不可欠なのではないでしょうか。

 前置きが長くなりました。

 今が旬と言っていい堀北真希が記憶喪失の少女を演じた本作ですが、『誰かが私にキスをした』というタイトルに相違して恋愛映画ではありません。
 恋愛の要素がまったくない、というわけではありませんが少なくともそれがメインではない。
 じゃ、何がメインなのかというと、、、そもそもこの映画に“核”と呼べるようなものは特にないんですよね。
 何かしら心を揺さぶられる感動があるわけではないし、筋書きが見事というわけでも全然ない、ほとんどコスプレショー並みに次から次へと衣装を着替えるヒロインも(記憶を失い、病院から自宅に戻った彼女が最初にすることはパーティドレスを着ること!!)自分の目にはそれほど魅力的には映りませんでした。

 ただ一つ特筆すべきものがあるとしたら、作品に出てくるメンヘラが非常にリアルだということですね。
 自分にも過去にメンヘラの知り合いがいたのですが、確かにこういう行動を取りそうだ、と観ていて思いました。
 おそらくですが、監督のハンス・カノーザは、過去に精神を患ったことがあるか(現在形かもしれないけど)、家族か恋人か近しい人にメンヘラがいたのではないでしょうか。
 そうじゃないと出せないリアルさが、作品から感じられました。

 とはいえ、別にメンヘラの人の生態を知りたくて映画を観に行ってるわけじゃないし、そこらへんがリアルだからといって映画が面白くなってるかというとそんなことは全然ないし、ほとんど宝の持ち腐れなんですけどね。笑。

 お気に入り度は★☆、お薦め度は★☆(★は五つで満点、☆は★の半分)です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 置いてもらいました♪ | トップ | あぁ、無駄遣い。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ふむぅ……。 (YUMIKA)
2010-05-01 17:30:06
私、この映画に関しての情報ってほとんどなかったのですが(タイトルを知っているぐらい)、
せぷさんが書いているように「核と呼べるようなものがない」作品となると、
演じる方も大変なんじゃないかなぁ……と思ってしまいました。
よくわかりましたね。 (せぷ)
2010-05-02 00:54:31
>演じる方も大変なんじゃないかなぁ……と思ってしまいました。
さすがはYUMIKAさん、よくわかりましたね。
ヒロインを演じた堀北真希はパンフレットで、
「監督の演出を受けるなかでどんどん崩れていって、結局どんな女の子なのかよくわからないまま撮影していきました」
と言ってるそうです。笑。

映画で主役を張るのも大変、、、っていうか、脚本を読んだ段階で、「ヒロインがイメージ出来ない!」って理由でオファーを断れんかったんだろうか、って思いましたが、難しいのでしょうか?
Unknown (彩花)
2010-06-23 16:17:57
こんにちは(*^_^*)

まあみなさん、それぞれ突っ込みたくなる処
満載の映画ではありましたが(笑)

まあ、正直がっかり、、、

堀北真希を大きなスクリーンで見たい人用
かな。。。
こんにちは♪ (せぷ)
2010-06-23 21:20:14
こんにちは、彩花さん。
コメント、ありがとうございます。

本作はツッコミどころが多すぎて、逆に突っ込む気になれない見本みたいな映画でしたね。笑。

本作の映画レビューのいくつかで「堀北真希は可愛かった」という感想を目にしましたが、自分は他に見所がなくてそう思ったんじゃないの?と思いました。

客観的に見て、本作の堀北真希より『告白』のヒロインの女の子(名前は失念!)の方がはるかに可愛かったと思います(好みもあると思いますが)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL