この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

今年二度目の別府に行ってきました。その8。

2019-09-13 23:50:25 | 旅行
 今回の旅行もイルカ島のことでもうそれ以上語ることもないのですが、あと少しだけ。

 イルカ島を出発し、お腹が空いていたのでお昼にしようかと思っていたところ、偶然にもこんなイベントが開催されていました。


   

 【つくみまぐろ祭り】!!
 これはもう神様がマグロを思う存分食べなさいと言っているのだなと思って(無神論者ですが)会場に勇んで乗り込みました。
 そして食べたのがこれ。


   

 いや、自分ももちろんマグロ丼を食べたかったのですが、会場の端から端まで並ぶ行列の長さにソッコーで諦めました。
 誘導のスタッフさんに聞いたら三時間待ちだそうです。
 そんなに待てるかい・・・。
 代わりに辛麺なるものを食しました。
 決して不味くはなかったですよ。
 待ち時間も十分でしたしね。。。

 会場を後にした自分が向かったのは今回の旅行の最終目的地である久住高原でした。
 そこに何があるかというと、、、


   

 日本一の大ブランコ!!(看板には世界一と書いてある)
 『アルプスの少女ハイジ』を見たことがある者なら乗らずにはいられませんよ。
 早速レッツトライ🎵
 ・・・・・。
 あれぇ、もっと想像を絶するような迫力なのかと思っていたらごくフツーだ。。。
 まぁいくらブランコのロープが長かろうと、ブランコの前後の振れ幅が常識的な範囲だと振れ自体も常識的なものになっちゃいますよね。
 理屈で言えばロープが尋常じゃなく長いのだから、それだけ振れ幅も大きく取れるわけですが、現実的には足が地面に届く範囲までしか下がれないわけで、そりゃまぁフツーのブランコになるよね。
 津久見から二時間半かけてきた割にはちょっと期待外れなブランコでした。
 でもお近くに行くことがあったらやってみたらいいと思います。

 逆に期待以上だったのが、ブランコ近くの民宿の温泉。
 ぶっちゃけ別府で入った温泉よりはるかにお湯が滑らかで気持ちよかったですよ。

 別府・津久見旅行記は以上です。
 
 おっと、一つ忘れていたぜ!
 龍巻地獄で自分が何を買ったかというとこれです。


   

 大分の豊後大野にある【あねさん工房】で作られた「山のまりも」(という名前のカボスのシロップ漬け)。
 別府では唯一龍巻地獄のお土産品コーナーでしか販売していないのでわざわざ買いに行ったというわけ。
 まだ封は明けてないけど、美味しいといいな。
コメント

今年二度目の別府に行ってきました。その6。

2019-09-11 21:49:11 | 旅行
 立花さんと別れ、どこに向かったかというと【別府ブルーバード劇場】でした。
 元々今回は映画を観るために別府に来ているんですしね。
 ただ、上映まで二時間近くあったので、劇場周辺をうろつくことにしました。

 ブルーバード劇場近くの喫茶店【Nピオ】で(正確にはNピオの隣りにあるフルーツショップで)念願だった100%ジュースを飲みました。


   

 元々喫茶店とフルーツショップは別々の経営者だったのですが、フルーツショップが諸々の事情により閉店することになって、それを喫茶店のマスターが店を買い取ったのだそうです。
 なので、喫茶店もフルーツショップも店名は「Nピオ」。
 それにしても「Nピオ」というのは不思議な名前ですね。
 由来を聞けばよかったです。

 それから百貨店の【トキハ別府店】に行ってみました。  
 「トキハ」と書いて「トキワ」と読むのだそうです。
 「本気」と書いて「マジ」と読む、みたいなものですかね?(違います)
 百貨店だから何か面白いものがあるかな、と思ったのですが、特に惹かれるものはなかったです。

 それから百貨店を出て、夕食を食べに行くことにしました。
 何を食べるのかはすでに決めていました。
 前回別府を訪れた際、まささんが尋常じゃなく気にしていた和風チャンポンを一人で先に食べてみようと思ったのです。

 しかし道を渡ったところでふとある看板が気になって戻ることにしました。
 将棋の「将」の崩し字が見えたような・・・。
 実際将棋道場がありました。
 将棋道場なんてもう何年も足を踏み入れたこともなかったのですが、旅の恥は何とやらで、エイヤ!とばかりに思い切って入ってみることにしました。


   

 その【将棋処と】は何ともユニークなお店で、隣りにあるおにぎりカフェのメニューを注文できたりします。
 というか、カフェは将棋道場の席主の奥さんのお店なのだそうです。
 夫婦仲善きことかな・・・。
 和風チャンポンの予定を変えて、おにぎりを頂くことにしました。
 おにぎりは美味しかったですよ。

 おにぎりを平らげたところで7時近くになったのでお暇することにしました。
 今回は見学のみでしたが、次に行くときは一局ぐらいは対局したいですね。

 そしていよいよブルーバード劇場です。


   

 何ともレトロ感溢れる映画館で自分は気に入りましたよ。
 ただ一つだけ難を言うと、トイレが劇場内の片隅にあり、映画の上映中は基本使用禁止なのはどうにかならないかと思いました。
 映画はとても良かったです。
 わざわざ3時間かけて観に来た甲斐がありました。
 
 映画が終わった後は大人しくホテルに戻りました。


                                                 続く。
コメント

今年二度目の別府に行ってきました。その4。

2019-09-09 22:41:32 | 旅行
 さて、問題です。
 自分は龍巻地獄まで何をしに行ったのでしょうか?
 と尋ねると、「地獄めぐりでしょ」と答える方がいるかもしれませんが、ハズレです。
 自分が龍巻地獄に行ったのはあるものを手に入れるためでした。
 それは何かというと、、、その前に。

 龍巻地獄に行く途中、お腹が空いていたのでお昼を食べることにしました。
 この日の気分は「肉」でした。
 肉を食べたし、金は無し、と思っていたところである店が目に留まり、ふらふらと駐車場に車を乗り入れました。


   

 【焼肉 南大門】!
 何ていうか、オリジナルティ溢れる屋号ですね(そうかぁ?)。
 お昼時(ちょっと過ぎ)だというのに店内にお客さんの姿は無し。
 こりゃ失敗したかなぁと思いつつも、ランチの「南大門定食」(1千円)を注文。
 しばし待ったところでやってきたのがこれ。


   

 あれ、1千円のランチの割には肉が良さそう、、、実際食べるとお肉もホルモンも想像以上に美味しかったです。
 テキトーに入ったお店でしたが、実はグーグルでも高評価のお店でした(18件のレビューで★4.8)。
 冷麺も評判がいいようなので機会があったら食べてみたいです。

 龍巻地獄では目的のものを無事ゲット♪
 何なのかは今は秘密です(勿体ぶるなよ!)。

 それからこの日泊まるホテルへと向かいました。
 いつもは(といってもまだ二回しか利用していませんが)【別府ホテルスター】を利用しているのですが、今回お世話になるのは系列の【別府駅前ホテルはやし】です。
 なぜホテルスターじゃないかというと、理由は単純、希望の日が空いてなかったからです。
 系列のホテルなんだからそんなに差はないだろうと思っていたのですが、大ありでしたね。
 「え?」と思うぐらいの部屋の狭さでした。
 冷蔵庫もないし、机もないし(物を置くスペースがない)、この先好んでこのホテルを利用することはないでしょう・・・。
 ちなみにホテルスターはシングルが通常4,800円で、ホテルはやしはコンパクトシングルが通常3,500円です。
 まぁ安いことは安いんですけどね。。。

 チェックインを済ませた自分は人と会う約束があったので休息もそこそこにホテルを出ました。


                                              続く。
コメント

今年二度目の別府に行ってきました。その3。

2019-09-08 21:49:16 | 旅行
 さて、どこの温泉に入るか、ですよ。
 自分は旅行に出る前に別府の良さげな温泉をいくつかピックアップしていました。
 そのうち、ひょうたん温泉は改装工事中につき休業中で、いちのいで会館は露天温泉が女湯の日だったので、北浜温泉テルマスに入ろうと考えていたのですが、このときはとにかく少しでも早く汗を流したくて、位置的に近いいちのいで会館に行くことにしました。
 それで予約を入れようと思って電話をしたら、電話に出た人から、申し訳ありません、本日はボイラーの故障につき、営業をしていません、と言われました。
 ・・・・・。
 いいんだ、最初はテルマスに行くつもりだったんだから、計画通りになっただけだ! と自分に言い聞かせ、テルマスに向かう途中、ロープウェーの案内板が目に飛び込んできました。
 一刻も早く汗を流したいけど、ロープウェーもいいかもしれない!
 そう思って車を駐車場に停め、ロープウェーの駅に向かって歩いていたら何と!
 本日は強風につきロープウェーの運行を中止しています・・・。
 というアナウンスが聞こえてきました。
 ・・・・・。
 いいんだ、ロープウェーはふと乗ってみたくなっただけで、元々テルマスに行くつもりだったんだから、と自分に言い聞かせましたが、マジかよ!と思わずにはいられませんでした。

 これでテルマスまで営業していなかったら、卓袱台をひっくり返すところでしたが、さすがにそんなことはなく、ただ、男湯の露天風呂が設備不良のため利用休止だったときはマジかよ!と思いましたけどね。


   

 いいんだ、男湯の露天風呂といってもしょーもない風呂だったし、このテルマスを選んだのは水着着用の混浴温泉があるからなんだから!と言い聞かせ、持参した水着を着用し、逸る胸の鼓動を押さえつつ、混浴温泉へと続くドアを開けました。

 えっと、、、ここだけの話、自分はこれまで九州内にある結構な数の混浴温泉に入ってきました。
 しかしこれまで、生まれてきてよかった!とか、混浴温泉に入ってよかった!とか思ったことはただの一度もありません。
 この日も海女みたいな恰好をしたおばちゃんが二人いるだけでした。
 いいんだ、混浴に夢を見た自分が悪いだけなんだから、と自分に言い聞かせましたが、もう一人の自分が、混浴に夢を見て何が悪い!と言い返してきました。
 確かに、と思わずにはいられませんでした。

 風呂から上がった自分は車を龍巻地獄へと走らせました。


                                               続く。
コメント

今年二度目の別府に行ってきました。その2。

2019-09-07 20:33:18 | 旅行
 朝一でどこに行ったのかというと、今年の春にオープンしたばかりの【フォレストアドベンチャー・別府】でした。


   

 「フォレストアドベンチャー」というのは地上10メートルの高さで遊ぶアウトドアパークのことです。
 自分はこれまで熊本の美里町と福岡の糸島にあるフォレストアドベンチャーに行ったことがあり、今回で三度目のフォレストアドベンチャーということになります。

 実はこの旅行に行く10日ほど前から、別府の天気予報を見ては一喜一憂していました。
 なぜかというと雨が降るとフォレストアドベンチャーは休園すると思っていたからです。
 なぜそう思っていたかというと、台風10号が九州を直撃したとき、フォレストアドベンチャー別府は休園していたからです。
 降水確率が80%だったときはこれはさすがにフォレストアドベンチャーは無理だなぁと思ったりもしました。
 
 しかしこれはすべて自分の勘違いでした。
 台風10号が直撃したときにフォレストアドベンチャーが休園したのは事実なのですが、それはあくまで台風が直撃したからであって、通常雨天であってもフォレストアドベンチャーは休園することはないとのことです。
 天気予報で一喜一憂して損した!
 
 自分がフォレストアドベンチャー別府に着いたのは開園時間のはるか前だったので、開園するまでフォレストアドベンチャー別府に隣接する志高湖キャンプ場を散策しました。
 すると白鳥に遭遇。そう、志高湖は白鳥の湖だったのです(バレェダンサーは見当たらなかったですが)。


   

 いやぁ、白鳥があんなに気性が荒いとは知りませんでしたよ。餌をやろうとちょっと近づいただけでくちばしで攻撃してくるんだもんな。人懐っこいエミューとは大違いだよ。

 白鳥との対決で時間を潰し、開園時間になったのでフォレストアドベンチャーで受付けを済ませました。
 言うまでもなく、この日一番最初の客でした。
 三度目ともなるとさすがに余裕でしたね、などということもなく、コースの途中で何度も、これ絶対攻略出来んやろ、と思いました。


   

 それでも何とか無事ゴールまでたどり着いたのですが、そのときは全身汗まみれ、チップまみれで、息も絶え絶えといった状態でした。
 ただスタッフのおにーさんからは、かなり早かったですね!と言われました。
 あれ、そーなの?途中インターバルも取ったし、写真も結構撮ったから、自分では相当時間がかかったと思ったんだけどな。
 でも言われてみれば確かに一時間はかからなかったかなぁ?
 少しは慣れたのかもしれませんね。

 汗を流したかった自分は温泉へと向かいました。


                                                続く。
コメント

今年二度目の別府に行ってきました。その1。

2019-09-06 23:39:57 | 旅行
 およそ20日ぶり、今年二度目の別府に行ってきました。
 前回の別府旅行の旅程は、(一日目)亀正くるくる寿司→貴船城→書肆ゲンシシャ→別府ヒットパレードクラブ、(二日目)糸ヶ浜海浜公園にてSUP→石ころたちの動物園→ニュードラゴンでした。
 自分で言うのもなんですが、この旅程通りに回ればかなりディープで充実した別府旅行になると思います。
 しかし、今回の二度目の別府旅行では今挙げた観光スポットはどこも回っていません。
 それでもやっぱり充実した旅行になるのですから、別府恐るべし、ですよね。

 今回の旅行は金曜日の夜に出発しました。
 連れがいると土曜日の午前中に出発するのですが、一人だと金曜出発が多いです。
 その方が朝からいろいろ現地で活動できますからね。
 
 出発前にTジョイ久留米で『SHADOW/影武者」を観ました。
 感想は後日。

 映画鑑賞後、23時ごろに久留米を出発、カーナビの妨害工作にも惑わされず、深夜2時ぐらいにこの日の宿泊地である【道の駅ゆふいん】に到着しました。
 カーナビの妨害工作って?
 カーナビって基本的に最短ルートで目的地まで行かそうとするじゃないですか。
 そのためかときどき山越えなどのとんでもないルートを示すことがあるんですよね。
 この日もよくわからないところで左折するように言われましたが、その指示を無視してひたすら国道210号線を進みました。
 久留米から由布院まで一般道で行くのにはひたすら国道210号線を進むが正解なので、カーナビには惑わされないように気をつけてください。

 ところで話は横道にズレますが、現在車中泊の有料化を検討している道の駅があるのだとか。
 車中泊の有料化、自分は基本的に賛成ですね。
 自分も含め車中泊する人間は夜に道の駅を利用しますよね。
 一方道の駅の営業は基本的に昼です。
 車中泊をする人間がいくら多くても道の駅側には一円のプラスにもなりません。
 だから道の駅側が車中泊をする人間からお金を取ろうと考えるのはごく当然だと思います。
 でも出来れば500~1000円程度に抑えて欲しいですね。
 あまり車中泊代を高くとると、旅行意欲をそぐこと自体に繋がりかねないですからね。

 さて、翌朝は朝6時ぐらいに目が覚めました。
 やっぱり車中泊では自宅のようにはぐっすりとは眠れないですね。
 いろいろ工夫しているんだけれど、まだ課題は多いな。

 朝食を済ませ、この日の最初の目的地へと向かいました。


                                                続く。
コメント

別府に行って温泉に入ろう🎵

2019-09-04 22:59:38 | 旅行
 「別府に旅行に行った!」と言うと高確率で「温泉に入ったんですか?」と聞かれます。
 いやいや、自分は三年連続で別府に行っていますが、温泉目的で別府に行ったことはないですね。
 別に、別府に行っても絶対に温泉には入らないぞ!と心に固く誓っているわけではないのです。
 単に温泉に入りに行く時間がないだけです。
 別府に行ったらやることが多いんですよね(詳しくはこちら

 ただ、今週末、三週間ぶりに別府に行く予定なのですが、さすがに温泉に入ろうと思っています。
 理由は単純、フォレストアドベンチャー別府で遊んだらめちゃめちゃ汗を掻くだろうなと思うからです(今のところフォレストアドベンチャー別府で遊べるかどうかは五分五分といったところですけどね。雨天閉園なので。)
 
 それでどの温泉に入ろうか、いろいろ調べたのですが、今さらですけど別府って温泉が多いですね。笑。なかなか決めきれません。
 今日はここはいいのではないかと思った候補の温泉をいくつか紹介しますね。

 まずは【観海寺温泉郷いちのいで会館】
 ここの温泉の特色はお湯の色がコバルトブルーであること!
 しかも別府湾が一望出来る景観の湯ときたもんだ。
 ここだ!ここしかない!と思いましたよ。
 食事込みの入浴料なので少しだけお高めですが、逆に言えば食事のことをあれこれ考えなくていいってことですからね。
 ただ、景観の湯が偶数日は男湯で、奇数日は女湯らしくて、自分が別府に行くのが9月7日、奇数日なのです。
 これが逆なら絶対に行ったんだけどなぁ。

 次の候補は【ひょうたん温泉】。
 何しろミシュラン三ツ星に選ばれた世界で唯一の温泉ですから、悪かろうはずはないですよ。
 が、増改築工事実施中のため大浴場は利用出来ないとのこと。
 う~~~む、残念。

 続いて紹介するのが【北浜温泉テルマス】
 ここは平成10年に出来たばかりの温泉施設で、特色は何といっても屋外の温泉が混浴であること!!(といっても水着着用ですが)。
 混浴という淫靡な言葉の響きに健康な男子たる自分は抗いようがないので、ここに入りに行こうかな~と今のところは思っています(エロいだけだろ!)。

 やっぱり別府に行ったら温泉に入らなくちゃいけませんよね!(それがフツーだってーの)
コメント

先日のクイズの答え。

2019-08-22 21:29:26 | 旅行
 先日の別府旅行記の中でクイズを出題しましたが、今日はその答えを発表したいと思います。
 クイズは写真に写っている丸いものは何でしょう、でした。


   

 出題した自分が言うのもなんですが、この問題をノーヒントで両方とも答えた人がいたとしたら、その人はよほど博識な人か、もしくはただの変人なのではないでしょうか(変人言うな)。

 では正解発表です。

 写真の右手、コイル状の丸いものはミャンマーに住む首長族の女性がつける首輪でした。
 あの首輪って一本ものだったんですね。
 グーグルの画像サイトを見るとわかりやすいかもしれません(こちら)。

 コイル状のものが首長族の首輪であれば、左手の平べったい丸いものも何かわかるのではありませんか?
 そう、アフリカのエチオピアに住むスーリー族の女性が唇にはめるお皿(コースター?円盤?)です。
 スーリー族と言われてもピンと来ないかもしれませんが、写真を見たら一発でわかるんじゃないかな(こちら)。

 自分はSMの趣味がとんとなくて、ボディピアスをしている人を見るだけで「ヒィ!」となっちゃうんですが、このお皿の強烈さはボディピアスの比じゃないですね。笑。

それにしても、首長族の首輪やスーリー族のお皿、それに人皮の宗教書なんて、「欲しい!」と思ったとしても簡単に手に入るものではないと思うのですが、ゲンシシャの店主さんはどうやって手に入れたんでしょうか。
 入手方法とその経路を知りたいような、知りたくないような、そんな気持ちです。
コメント

別府に行ってきました。その7。

2019-08-19 21:16:16 | 旅行
 別府旅行の最後に【ニュードラゴン】に寄りました。
 「ニュードラゴン」という店名からどんなお店を想像しますか?
 焼肉屋?それともパチンコ屋?
 いえいえ、どちらでもありません。
 ニュードラゴンは別府にある老舗の洋菓子店なのです。
 しかも話に聞いたところによるとロールケーキ発祥のお店だとか。
 これはもうロールケーキの鬼と呼ばれる自分としては食べないわけにはいきません!!(誰に呼ばれてるんだ・・・)


   

 これがニュードラゴンのロールケーキだっっっ!!
 いっただきまーす🎵
 もぐもぐもぐ・・・。
 ・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・・。
 あれ、めっちゃフツーだ。
 ロールケーキ発祥のお店のロールケーキなのでものすごく美味しいのかと思いきや、めっちゃフツーでした。
 これなら福岡のチョコレートショップのロールケーキの方がはるかに美味しいと思うなぁ(販売中止になったけど)。
 
 ニュードラゴンに寄った後は高速に乗り、ひたすら大分道を西へと進みました。
 途中、制限速度が50kmになるほど雨の勢いが強くなり、よくこんな日にSUPが出来たものだなぁと我ながら感心しました。
 まささんを西鉄小郡駅まで送り、家に帰り着いたところまではよかったのですが、翌日、翌々日と体調が悪くなり、お盆休みの貴重な二日間を寝て過ごしました。
 たぶん、熱中症になったんじゃないかって思いますね。
 13日はあまりの暑さにフラフラになったからなぁ。
 暑い日は無理しないようにしよう、、、という台詞、つい最近口にしたような気がするけどね。笑。

 まささん、二日間、付き合ってくださり、ありがとうございました。
 お陰でとても楽しい旅になりました。
 よければまた来年もどこかに出かけましょう。

 別府旅行記は以上です。
コメント (2)

別府に行ってきました。その6。

2019-08-18 23:18:30 | 旅行
 SUPを終え、シャワーを浴び(あ、糸ヶ浜海浜公園ではシャワーハウスが無料で利用できます。温水は有料ですが。)、まささんの待つ【砂浜食堂】へと向かいました。
 書き忘れてましたが、まささんはSUPをしなかったんですよね。
 ずいぶん誘いはしたんですが、きついのは嫌みたいです。
 
 自分が体力的に限界だったので、そのまま砂浜食堂で少し早めのお昼を食べることにしました。
 注文したのは大神フィッシュBIGバーガー。
 フィッシュバーガーを食べるのって生まれて初めてのような気がするなぁ。
 特に不味いというわけではなかったですが、挟んであるのが魚の切り身だけあって、骨があるのには難儀しました。
 かぶりつけないんだもんな。
 早めのお昼を終え、インストラクターの先生に挨拶をしてから、糸ヶ浜海浜公園を後にしました。

 次の目的地は海浜公園からほど近い【石ころたちの動物園】です。
 石ころたちの動物園?何それ?と思われるかもしれませんが、どんなところかというと、写真を見てもらった方が早いかな。

   

   

   

 その石の形をそのまま生かして、着色することで様々な動物にした、石の美術館ですね。
 撮影可能だったのは庭にある作品だけでしたが、他にもたくさんの動物たちがいましたよ。
 
 体験教室もあったので当然やってみましたよ(まささんは最初渋ってましたが)。
 で、完成したのがこれ。


   

 まぁいいお土産が出来たんじゃないかな!
 石ころたちの動物園、別府市街からはちょっと離れていますが、なかなか面白いところなのでお薦めです。
 旅も終わりに近づいてきました。


                                                  続く
コメント