この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

読み続けてきてよかったと思った『クジラアタマの王様』。

2019-07-25 22:22:23 | 読書
 伊坂幸太郎著、『クジラアタマの王様』読了。


 小説界は異世界物が花盛りですね。
 スライムに転生したり、竜に転生したり、剣に転生したり、ありとあらゆるものに転生しまくっているようですが、あまりにも転生しまくりで逆に手を出す気には全くなれません。

 とはいえ、伊坂幸太郎の異世界ものとなるとさすがに話は違います。
 興味津々読ませてもらいました。
 いやいや、面白かったですねぇ。
 さすがは伊坂幸太郎だと思いました。
 というか、直近の作品の中では本作が一番好きかもしれません。

 ただ、純粋に異世界物として評価すると本作は失敗作かもしれません。
 どういうことかというと作中の「あちらの世界」が一つの世界として存在しているようには思えなかったからです。
 ハシビロコウの指示に従って怪物を倒したら、それでどうなるのか?
 倒したら、それで金貨でももらえるのか?
 逆に倒さなかったらどうなったのか?
 町が滅びるのか、世界が滅びるのか、それとも?
 そういったことが作中一切示されないので、あちらの世界がリアルになりようがないのです。

 まぁそれが作品の狙いだからと言われれば納得はするんですけどね。
 実際「こちらの世界」でのお話は無類に面白いので。
 主人公岸の会社に小沢が突然やってくるところは気に入って、何度も読み返しました。
 新社長の正体が明かされたときはニヤリとしてしまいましたよ。
 それは十分予測の範囲内だったのですが、だからこそ読み通りで嬉しかったというか。

 それにしても伊坂幸太郎は前作『シーソーモンスター』からわずか三ヶ月で新刊を上梓ですか?
 前々作の『フーガはユーガ』も刊行は去年の11月でしたから、驚異的な刊行ペースだと言えます。
 作品のクオリティ自体は特に下がっているとは思わないので、単純に一読者としては嬉しい限りではあるのですが、これはいったいどうしたことなのかと思わないではないです。
 もしかしたらあちらの世界で三ヶ月ごとに新作を上梓しないと世界が滅びるとでも言われたのかもしれませんね。笑。

 次回作も楽しみです。
コメント

君は李家豊を知っているか?

2019-06-15 22:03:39 | 読書
 今日は前回うっかり清算を忘れて帰ってしまった【ゆうきの木】に行って、未清算分をしっかり払ってきました。
 マスターからは「次回来店時でいいですよ」と言われてはいたのですが、その次回来店がいつになるのかわからないので、さっさと払ってすっきりしたかったのです。
 
 これまで確か5回来店して、その5回すべてが映画のお茶会だったので、それ抜きだと初来店です。
 今回の収穫はマスターと銀英伝談議が出来たことですね。

 マスターはご両親もお兄さんもそしてマスター自身も大の銀英伝なのだそうですが、マスターは原作を読んだことはないそうです。
 原作を読んだことない銀英伝ファン、、、新しいファンの形かもしれないと思いました。笑。

 自分はと言えば高校の頃ハマって以来、ファン歴自体はそこそこ長いです。
 なので銀英伝関連本でこんなものも持っています。


   

 一番左が『銀河英雄伝説 我が征くは星の大海』のパンフレット。
 マスターもお父さんと一緒に観に行ったそうです。
 もしかしたら劇場で隣り同士だったかもしれませんね。
 自分にとって思い入れのある『銀英伝』アニメと言えばこれですね。
 ちなみに総監督、脚本家、ヤン・ウェンリー役の声優、みんなお亡くなりになりました。
 キャラデザの奥田万里は今ごろ何をしているんだろう…。

 真ん中はSFアドベンチャー増刊の銀河英雄伝特集号。
 どれぐらいの史料価値があるのか定かではないですが、幼き日の田中芳樹少年の姿を拝むことが出来ます。
 そんなものを見たがる人がいるとは思えないけれど。状態悪し。

 右のノベルズは田中芳樹が唯一別名義である李家豊で出版した著作です。
 はっきり言ってまったく面白くないのでコレクターズアイテム以外の存在価値はないと思われます。
 ヤフオクを調べたところ、帯付きのものが6,950円で競り落とされていました。
 いや、そんな価値はないから。

 自分だったら3冊合わせて5,000円でいいですけどね。
 まぁこの値段で買う人がいるとも思えないですけど。
コメント (4)

壮大なる実験作なれど、単独では出来が良いとは言えない『シーソーモンスター』。

2019-05-17 23:24:18 | 読書
 贔屓の作家である伊坂幸太郎の最新作、『シーソーモンスター』を読み終えました。

 昭和後期が舞台の『シーソーモンスター』と近未来が舞台の『スピンモンスター』の二部構成の作品集で、『シーソーモンスター』はまぁまぁかな、でも作者のベストからは程遠いって感じなのですが、『スピンモンスター』は作者が何を言いたいのか、何を面白がらせようとしているのか、さっぱりわかりませんでした。

 さっぱりわからないというだけなら自分の感性の問題かもしれないけど、明らかにおかしいだろ、と言いたいところがあって、、、以下ネタバレ。
 『スピンモンスター』の主人公水戸は小学三年のとき、自動運転自動車の事故で家族を失い、自身も大けがをします。
 その際の手術で水戸は眼球にカメラを埋め込まれるんですよ。大した理由もなく。
 そしてそのカメラは水戸が大人になってからも延々と彼の見るものを録画し続けるのです。
 その録画を見る者などいないのに。

 ないな、と思いましたよ。
 近未来のお話ですから、眼球にカメラを埋め込むことが技術的に可能だったとしましょう。
 でもこれといった理由もなく、単なる小学三年の男児にそんなことをするとは思えない。
 倫理的な問題があると言っているのではなく、小学三年生が見るものを録画したところで、それで何か得るものがあるとはとても思えないからです。
 それに電源は?
 いや、電源はおそらく超小型の電池なのだろうけれど、そんな電池がいつまでもカメラを動かし続けられるとは思えない…。

 でも一番問題だなと思ったのは、カメラが写したものの中にカメラが埋め込まれる前の光景があることです。
 これってあからさまにおかしいのだけれど、何か読み間違いか、読み飛ばしているところでもあったのかなぁ。
 もしあったら教えてください。

 そんなわけで自分は本作を高く評価は出来ないのですが、ただ本作は「螺旋プロジェクト」という競合企画の一作なので、本作だけでは正当な評価は出来かねます。
 先ほど述べた矛盾も他の作品を読んだら矛盾ではなくなるのかもしれないし、、、そうはならないと思うけどね。

 ただ残念ながら同プロジェクトの他の作品を読んでみようという気にはならなかったです。
 海の人と山の人との対立というモチーフもあまり魅力的には思えなかったので…。
 もしかしたら傑作が存在しているんですかね?
コメント (2)

年末年始に読んだ本。

2019-01-08 22:13:14 | 読書
 森見登美彦氏の『熱帯』をギリギリ2018年のうちに読み終えました。
 ぶっちゃけ面白くなかったです。
 森見登美彦氏のこれまでの著作の中で一番面白くなかったような気がします。
 章ごとに語り手が変わるのですが、ただ読み手を混乱させるためだけに語り手が変わっていっているように思えました。
 500ページを超える長編なのだけれど、結局最後の1ページになってもお話がまるで進んでいない、そんな印象を受けました。
 作者としてはそういう作品を狙ったのかもしれないけれど、それが上手くいっているとはお世辞にも言えないと思うなぁ。作中の伏線(っぽいもの)がほとんど投げっぱなしだったし。
 これ一作で見限ろうとは思わないけど、森見登美彦氏には更なる精進を期待したいです。

 2019年になってから一冊本を読みました。
 去年の12月、『このミステリーがすごい!2019年版』を買って、そこで紹介されていた『探偵AIのリアル・ディープラーニング』というミステリーを買いました。
 この作品を購入したのは殊更興味を引いたからというわけでなく、『このミス』の国内編にランキングしている作品の中で唯一文庫だったからというのが理由なんですけどね(3位の『錆びた滑車』はシリーズものだったので買わなかった)。

 で、読み終わったのがこれかというとそういうわけでなく、一緒に買った『田島春にはなりたくない』だったりします。
 こちらの方は「鬱陶しい正論モンスター」がヒロインということで「へぇ」と思って手に取りました。
 自分も正論を吐いて人から嫌われることが多々あるので。笑。
 想像していた以上に面白かったです。
 確かにヒロインの田島春は鬱陶しいんだけど、でも魅力的で可愛いんですよ。
 
 この作品も章ごとに語り手が変わり、それぞれがそれぞれの立場から田島春について語るのですが、この作品では語り手が変わることにきちんと意味があり、特に第二章は「え?この人が語り手になるの?」と驚かされました。

 第三章が一番完成度が高かったかな。この章の意外なオチには感心しました。
 ただ第四章になると「あれ?」って感じで、最終の第五章となると明らかに出来が悪くて、、、どうしたのかと思ったら、どうやら執筆順で話が進んでいるわけではないらしく、第五章が一番最初に執筆されて、そこで生まれたキャラクターをヒロインに据えて話が書かれたみたいです。

 そのことを知って逆に「ほぅ」と思いました。
 この短編集はそれほど長い時間をかけて書いたものとは思えません。
 つまりそれほど長くない時間に、これほど上手く話を書けるようになったのであれば、この作家には期待していいのではないか、そう思ったんですよね。
 
 ともかく、『田島春にはなりたくない』は2019年の年頭に読むのには相応しい作品だと思いました。
 作者の白河三兎はもう少し追いかけてみるつもりです。
コメント

期待は裏切られなかった『フーガはユーガ』。

2018-12-04 23:03:00 | 読書
 伊坂幸太郎著、『フーガはユーガ』、読了。

 まずは期待を裏切られなかったことに感謝したいです。
 伊坂幸太郎最高傑作!とまではいかないにしても充分面白かったです。
 これの前に読んだ『ダンデライオン』が正直微妙な出来だったので、ほっとしました。

 ただいろいろ言いたいことはあるんですよ。
 例えばここまで虐待がひどい父親だったら、いっそのこと寝ている間に兄弟の力を合わせて首を絞めて殺せばよかったんじゃないの?とか(過激だけど、そういうレベルの虐待ですよね?)、監禁していた子どもに逃げられるなんていくらなんでも連続殺人事件の真犯人が間抜けすぎるんじゃないの?とか、主人公、油断しすぎ!とか、そういったことですが。
 まぁでもギリギリのところで、「ありえんわ!」と本を投げ出すほどではなかったです。

 ついでに言えば個人的にはもうちょっとだけハッピーエンド寄りで幕を閉じて欲しかったけど、大団円とは言えない苦い結末もある意味伊坂幸太郎らしいと言えると思います。
 アマゾンのレビューで、帳尻が合わない、読後に爽快感が味わえない、というようなことを書いていた人もいるけど、伊坂幸太郎って昔からこんな感じだったと思うけどなぁ。
 デビュー作の『オーデュボンの祈り』も純然たるハッピーエンドってわけではなかったし、『アヒルと鴨のコインロッカー』も帳尻が合わないことこの上ないですよね。
 『アヒルと鴨のコインロッカー』では壮快感が得られて、『フーガとユーガ』では得られないというのはよくわからないですね。

 わからないと言えば、ヒロイン(といっていいのかどうかよくわからないけど)の名前が「小玉」って言うんですけどね、自分はてっきり「小玉」は彼女の名字なのかと思っていたら、結婚後も「小玉」って描写されていて、「あれ?」って思いました。
 「小玉」って彼女の下の名前なの?
 どっちかよくわからん、、、そこらへんの説明ってありましたっけ?
 些細なことなのかもしれないけど、ちょっと気になって…。

 さて、『フーガとユーガ』を読み終えたことだし、次は森見登美彦の『熱帯』だ!
 
コメント

偶然にビックリ。

2018-11-15 22:12:06 | 読書
 無条件で新刊を買う作家が現在三人います(ということはこのブログでも何度か書きました)。
 乙一、伊坂幸太郎、森見登美彦の三人なのですが、以前はこの三人の他にも浅田次郎や辻村深月、京極夏彦の新刊も書店で見かけたら即購入していました。
 まぁでも何やかんやあっていつの間にかこの三人の新刊しか買わなくなっちゃいました。

 ともかく繰り返しになりますが新刊を買う作家は三人しかいないのです。
 そして新作小説なんてそんなにぽんぽん上梓されるものでもないわけです。
 週刊連載の漫画なら単行本の発刊は二ヶ月単位になるのかな?
 小説だと新作が出るまでに一年、二年待たされるのもざらですよね。
 寡作な作家ならもっと待たされることも珍しくありません。

 さて、前置きが長くなりましたが、最近ビックリしたことがあって、それは何かというと自分が無条件に新刊を買うと決めている上述の作家三人の新作がほぼ同時期に刊行されたことです。

 まず乙一(というか中田永一)の新刊『ダンデライオン』が10月25日に発売されました。

 そして伊坂幸太郎の新刊『フーガはユーガ』が11月8日に発売され、森見登美彦の新刊『熱帯』が11月16日、つまり今日発売されます。

 多少のズレはありますが、もっとも好きな作家三人の新作小説がほぼ同時期に発売されるわけですよ。
 個人的にこりゃもうビックリ!な出来事なんですよね。

 出来れば小説の中身もこりゃビックリ!というぐらい面白かったらよいのですが、最初に刊行された『ダンデライオン』は正直かなり微妙な出来でした。
 残る二作に期待です。
コメント

面白くないこともなかった『ダンデライオン』。

2018-11-02 21:49:33 | 読書
 乙一の新刊『ダンデライオン』を読み終わりました。
 
 乙一は自分にとって新刊が出たら無条件で購入する数少ない作家の1人です(他は森見登美彦と伊坂幸太郎)。
 無条件で新刊を購入する作家の新刊は無条件で絶賛できるかというと必ずしもそんなことはないのです。今回もちょっぴり辛口になっています。

 本作は主人公の11歳と31歳の意識が一日だけ入れ替わるという変則的なタイムリープものです。
 アイディア自体は悪くないと思いますが、正直そこまで出来がよいとは思いませんでした。

 31歳の“僕”が20年前に起こった殺人事件の真相を探るというのがメインストーリーなのですが、そもそも20年前に戻れるのであれば事件そのものが起きないように努めるのが当然じゃないでしょうか。
 いや、実際主人公も警察に電話はしてるんですよ(イタズラ電話と思われる)。
 でも事件を未然に防ぎたいのであれば、殺人事件の被害者家族に連絡を取るのが一番手っ取り早く確実だと思うんだけど、そうする様子がまったくないんです。
 別段被害者家族が連絡の取れないところにいたわけでもなければ、主人公が電話を掛ける時間がなかったというわけでもないので、そこの点はすごく不自然に思えました。

 主人公が殺人犯と対峙するシーンも武器がアイスピックだけというのもやはり如何にも不自然でした。
 主人公は野球少年という設定なのだから、武器を選択するとなれば当然金属バットを選択するのが当然のような気がするんですけどね。
 武器がアイスピックであることは後々の伏線にはなっているのですが、無理矢理な伏線は正直読んでいて感心しませんでした。

 事件には一応意外な真相が用意されているのですが、本作は長編といっても大作というわけではなく、サクッと読める分量であり、登場人物もそれほど多くはないので、用意されていた真相も「あ、やっぱりね」ぐらいにしか思えませんでした。

 本作は正直自分にとって面白くないことはない、程度の作品でした。
 この作品を持って乙一のファンを止めようとは思いませんが、新人作家の作品と知らされて読んでいたら、その作家を追いかけようとまでは思わなかったでしょうね。
 熱烈な乙一ファンであれば読んで損はないと思いますが、そうでないなら敢えて読む必要もないかと思います。
コメント

『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』、読了。

2018-10-19 21:54:42 | 読書
 先月発売されたシリーズ最新刊『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』を読み終えました。
 前巻『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』がシリーズ最終巻という位置づけだったので、以後出版されるのはスピンオフだとばかり思っていたのだけれど、シリーズ最新刊である本作はスピンオフというより後日譚、後日譚というより新シリーズの開幕を予感させる内容になっていて、一巻から本シリーズに付き合っていた者としては嬉しい限りですね。
 次巻はおそらく本作の5年後の話となるでしょう。
 発刊が5年後でないことを願うばかりです。

 さて、本作の内容に関しては特に文句はありません。
 前巻ほどのカタルシスはないものの、どのエピソードも充分及第点を与えられるほどよく出来ていると思います。

 ただ、、、アマゾンの他のレビューの方も指摘していたけど、イージーな誤字がちょっと多すぎじゃなかったかな。
 この作品に限ってここまで誤字が多いことは想定の範囲外で、一々誤りの箇所に付箋を貼ったりはしてないので、正確にはわからないのだけれど、5、6か所ぐらいは誤字があった気がする…。

 誤字脱字の類いはどの商業作品においても歓迎されざるものだけれど、この作品においては特にやって欲しくなかったなぁ。
 何しろ本を愛する人たちを主人公にした作品ですからね。
 誤字脱字には特に注意して欲しかったです。

 まぁでも映画の公開に合わせて急ピッチで仕上げたのかなぁとは思いますけどね。
 まぁそれも言い訳にはなりませんが…。

 映画の方はどうしようかな。
 観に行くかどうか思案中です。
コメント

テレビブロスの購読を止めることにしました。

2018-09-27 22:16:36 | 読書
 テレビブロスの定期購読を止めることにしました。
 購読を継続する場合の振込用紙を破棄しちゃいました。
 なので手元にある最新号が(自分が購読する)最終号となるでしょう。

 テレビブロスとの付き合いは長いです。
 軽く10年以上になるかな。よくわかりません。

 ただ、最初に買ったブロスの表紙がどんなだったかは覚えています。
 確か月面を歩く男の影、そんな表紙でしたよ。
 意味不明なイラストの表紙で、何の雑誌だろうと思ってコンビニで手に取ったのがブロスとの出会いでした。
 
 それから幾星霜が過ぎ、コンビニで買っていたブロスを定期購読するようになり、購読継続の振込用紙が送られてくるたびにホイホイとコンビニで振り込んでいました。
 一度たりとも購読を止めようと思ったことはなかったです。

 しかし突然の月刊化!!(それまで隔週でした)
 マジで驚きましたし、何ゆえ?とも思いましたよ。
 自分は基本的に変化を嫌う人間です。正確には理由のない変化、ですが。

 なぜ月刊誌になるのか、それなりにもっともらしいことが書いてはありました。
 でも納得出来たか、というと納得出来るものではなかったです。
 いろいろ書いてあるけど、結局のところ部数の凋落が理由なのだろう、そう思いました。

 月刊化は自分が望むところではなかったですが、それでも長い付き合いだし、しばらくは購読を続けることにしました。
 月刊化第一号を手にとって最初に思ったのは「重くなった!」ってことですね。
 それに紙の質が格段によくなりました。
 以前は白黒だった松尾スズキのエッセイがカラーで載るようになりました。

 しかし、、、松尾スズキのエッセイをどうしてもカラーで読みたいかというとそんなことは全然ないわけです。
 ついでにアイドルのグラビアページも増えました(増えたというか、隔週だったころはそんなグラビアページ、なかったかも)。
 今号なんて乃木坂46の齋藤飛鳥が巻頭から10ページ以上に渡って大特集ですよ。
 別に齋藤飛鳥が可愛くないなんて言ってるわけではないです。可愛いと思いますよ。
 ただブロスの誌面で見たいかというと答えは「No!」ですね。
 乃木坂46の記事が読みたいならその手の雑誌を買います。

 とはいえ、松尾スズキのエッセイがカラーで載ってたらいけないということもないですし、アイドルのグラビアページも(自分には必要なくても)あってはいけないというわけではないです。
 まぁ隔週だったころもすべてのページに目を通していたわけではないので、目を通さないページが増えただけ、と思えば腹は立ちません。

 問題は月刊化に伴い必要なページが無くなったことですね。
 具体的にはテレビ番組表が無くなったんです。テレビ雑誌なのに。

 まぁ時代の流れというのもわからないでもないです。
 以前は地上波だけだったのが、今はCS、BS、その他諸々ありますからね。
 しかし、そうであっても地上波のテレビ番組表は無くして欲しくなかったです。
 テレビでも番組表は表示されますが、希望の日時に合わせるのって結構面倒臭いですからね。

 それと発売日が映画秘宝とほぼ同日、というのもどうにかならないかと思いましたね。
 発売日が映画秘宝と二週間ずれていたら、購読を続けていたかもしれません。

 何だかんだ言ってますが、テレビブロスには感謝しています。
 ブロスを読んで知ったことも多いですからね。

 定期購読は止めますが、本屋で手に取ることはあると思います。
 その際、やっぱりブロスって面白い!また定期購読を再開しよう!と思えるような魅力的な誌面作りを自分は望んでやみません。
コメント

お笑い芸人も侮れない。

2018-08-23 23:59:45 | 読書
 以前に比べるとすっかり読書量が減ってしまいました。
 理由は単純、目が悪くなったから。
 むぅ、認めたくはないが、これが年を取るということか…。

 若者よ、若いうちに本を読め!
 年を取ったら本一冊読むのも一苦労だぞ。

 そして本を読んだ後に日に当たることを忘れるな!
 一日一時間日に当たるとそれだけで近視を予防するらしいよ?(こちら
 ただし、すでに近視になっている人には効果はないみたいだけど。笑。

 さて、以前に比べてすっかり読書量が減った自分ですが、最近なぜかお笑い芸人の書いた本を続けて二冊読みました。

 一冊目がオードリー若林正恭の書いた『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』
 前作『社会人大学人見知り学部卒業見込み』もよかったけれど、本作はそれ以上!文章力、構成力、ともに向上していて感心しました。

 そんなことより、夏休みが5日取れるからキューバに行くというその行動力が何よりスゴい。旅慣れているというわけでもないのに(著者にはキューバに行く理由があることがのちに明かされるのだけれど)。

 本書は社会主義国キューバの紀行文としてもよく出来ていると思うし(だからこそ斎藤茂太賞を受賞出来たのでしょう)、それ以外のごく私的なエッセイの部分も面白かったです。

 もう一冊は山田ルイ53世の『一発屋芸人列伝』
 以前ネットで目にしたこの人の文章がめちゃめちゃ読ませる内容だったので、本書も読むことにした次第です。

 タイトル通り一世を(一瞬だけ)風靡したお笑い芸人たちを取材したノンフィクションなんですけど、まぁまぁ面白かったかな。でもちょっと期待しすぎていたのか、突き抜けた面白さというわけではなかったです。

 両者に通じるのは文章巧者であることですね。
 失礼ながらとてもお笑い芸人が書いた文章とは思えない、、、まぁでもお笑い芸人でも芥川賞を取る世の中ですから、お笑い芸人だからといって文章が書けないってことは全然ないんでしょうけれど。

 次は山里亮太の『天才はあきらめた』でも読んでみようかな?
コメント