この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

私、上戸彩に似てるんです♪

2006-08-31 23:40:54 | 雑事
 えっとですね、今日何気なくある会社の広報誌を手に取ってみたんですよ。
 で、その号の特集が2006年度の新入社員紹介でした。
 カワイイ子がいるかな~、ぐらいのことを考えながらそれとなく眺めていたところ、紹介欄の項目の一つに「え?」と目を奪われました。
 氏名や出身大学、趣味や特技とともにそこに載っていたのは『似てる有名人』というものでした。ま、つまりあなたは自分で自分がどの有名人に似ていると思いますか?ってことなんですけどね。
 この質問、かなり器量を問われる質問だと思います。
 例えば、普段から友人、知人から「仲間由紀恵に似てるね!」と散々いわれている女性がいたとしても、「あなた自身は自分が誰に似ていると思いますか?」という質問に対し「仲間由紀恵に似ていると思います♪」なんて答えようものなら、
 少しぐらいカワイイからっていい気になるんじゃねぇよ!!!
っていいたくもなりますもんね。
 え?なりませんか?そーですか。そーゆー心の狭いのって自分だけですか。ハイハイ、心が狭くってすみませんねー。
 ま、ともかく、奥床しさは必要だってことですよ。
 でもってその紹介記事を見ていったら、奥床しさ以前にそりゃいくらなんでも図々しすぎるだろ!っていいたくなる自称有名人の方が続出でした。
 自称菊川怜、自称香取慎吾、自称小西真奈美、自称MEGUMI、自称上戸彩、自称大塚愛、、、そりゃまぁ誰に似てると思い込むのも自由といえば自由なんですけどね、日本人ならもう少し奥床しくなろうよ、といいたくなりました。
 その中で、奥床しいというか、この手の質問にどう答えるべきか心得ているというか、そういう人もごく少数、いました。
 女性なのに似ている有名人がアントニオ猪木とか、岸谷五郎とか、受けを狙ってそう書いたのか、それとも本当に自分でそう思っているのか、よくわからないですけど、そういうふうに答えるセンスの人とお友達になりたいと思いました。
 あと似ている有名人は?と訊かれているのに「げっ歯類」と答えるのは反則だと思いますが、かなりツボでした。
 散々言いたい放題言ってきて、そういうお前は誰に似てるんだ?と思ってる方もいるかもしれません。
 自分はですね、よくレオナルド・ディカプリオとブラット・ピットを足して三で割ったような感じって言われますよ。
 などという、奥床しさの欠片もない、というかそれ以前に割り切れてないだろ!というコメントを残し、記事を終了したいと思います。
 以上、滝沢秀明似のせぷでした!!(いってて超恥ずかしい。。。)
コメント (6)   トラックバック (2)

ヘビーな出来事。

2006-08-29 23:59:47 | 日常
 ある人のブログを覗いていたら「ノーパン」という単語が目に飛び込んできて、「え?」と思ったんですが、よく見たら「ノーパソ(ノートパソコンの略)」でした。
 はいはい、どーせこちとら欲求不満ですよ!!
 でも紛らわしいよね?

 今日も今日とてこの暑い日差しの中だらだら~と仕事してたんですけどね、ふと足元を見るとにょろにょろ~と蠢くものがありました。
 ヘビでした。
 思わずヒョエ~と叫びながら華麗なバックステップを踏んじゃいました。
 周りに誰もいなくて幸いでした。
 さすがに倉庫にヘビがいるのはまずいだろうと思って追い立てたんですが、そのヘビが何と配達用のトラックの下に潜り込んでしまったんです。
 あちゃ~、どーするべかな~、と手をこまねきながら見ていたらそのヘビはそのままタイヤを伝って車体の裏面へと移動し始めたんですよ!!
 このままトラックを動かしちゃって大丈夫なんかいな、、、シャフトとかに巻き込まれてヘビが圧死とかするのでは、、、とか思ったんですが、結局自分がいる間はヘビはとうとう出てきませんでした。
 自分も他に用事が出来てその場を離れちゃったんですけど、夕方トラックを倉庫に入れる時にはヘビの姿は見えませんでした。
 まぁおそらく、自分がいない間にヘビのヤツはするすると降りてきて、そのままどこかに行ってしまったんでしょう。そうだ、そうに決まってる!!と、必死に言い聞かせている自分がいたりします。それ以外の想像をしたくありません・・・。
コメント (6)

冥王星。

2006-08-28 22:41:43 | 日常






 今話題の冥王星です。嘘です。
 占星術で使用される水晶球です。やっぱり嘘です。
 本当はゲーセンのUFOキャッチャーでゲットしたインテリアランプです。
 まるで地球の表面を雲が流れるように水晶の内部が刻々と変化し、水晶そのものも赤→緑→紫→黄→青→白→赤、、、というふうに色が変化していくので見ていて飽きません。
 実はこのランプ、ゲーセンでワンコイン(正確には二百円)で取れたので、一緒にいた友人は結構驚いていたのですが、いつもそうそう上手くいくものではありません。
 大して欲しくないものに、むきになって千円、二千円、と突っ込んじゃうこともあるんですよね~。
 大人にならねば、とゲーセンに行くたびに思います。思うだけ、ですけどね。。。
コメント (6)

アイドル。

2006-08-27 23:58:50 | 戯言
 先日、拙ブログの記事である女優さんの悪口を書いたところ、彼女の熱烈なファンの方からお叱りの言葉を頂いてしまいました(それはシャレで、ですけどね)。
 まぁどの女優さんを可愛いと思い、そして可愛くないかと思うかはあくまで主観の問題ですし、それを文章にすること自体は表現の自由の範疇だと思うので、別に謝罪や訂正はしません。
 ただ思ったのは、赤の他人のブログに自分の大好きな女優の悪口が書いてある、それは見過ごせない!と思えるほどに熱烈に、そして一筋に、一人の女優(やアイドル)のことを想えるということは羨ましいってことです。
 問題となった記事で自分は別の女優のことを可愛いって褒めてるんですけど、だからといってその女優の主演作を観に行こうなんて思いませんしね。
 他にもHPのプロフィールでは仲間由紀恵と長澤まさみのファンです、なんて公言してますが、『功名が辻』も見てなければ、『ラフ』を観に行くつもりもありません。そんなんで本当にファンといえるのか?自分でも疑問です。
 一人の女優やアイドルを好きになって、彼女のポスターを部屋の壁に張り、彼女の写真集を集め、彼女への想いをブログに綴る、語弊があるかもしれませんが、そういうのって第三者から見ればかなりイタイ行為だと思います。
 でも自分からすれば同時にとても羨ましいことでもあります。
 だって何か日常で凹むようなことがあっても、彼女のポスターを見るだけで癒されるのでしょう?
 まさにアイドル、語源である偶像ですよね。
 そういった偶像を持たない自分にはとても羨ましくてなりません。
 自分にも他人のブログに悪口を書かれたら、乗り込んで一言いわずにはいられないほど好きなアイドルが現れてくれないものかなぁ、なんてことを思わずにはいられません。
コメント (13)

スーパーマン・リターンズ、リターンズ。

2006-08-26 22:48:59 | 新作映画
 8/26は映画『UDON』の公開日!!
 ということで、観てきましたよ、『スーパーマン・リターンズ』をもう一度。(『UDON』はどーした、『UDON』は・・・。)

 今まで同じ映画を劇場で観たことは二回程ありました。『シックス・センス』と『フェイス・オフ』の二作品です。その二回はたまたま流れで二度目を観に行くことになったというか、あんまり自分の意思とは無関係だったんですよね。でも今回は自らの意思で観に行くことにしました。
 ネタバレを厭う作品ってありますよね。結末や話の流れを事前に知ってたら楽しめない作品というか。まぁそういった作品が悪いってわけではないんですが、でも事前にネタを知っていたからといって楽しめない作品は真の傑作とは呼べないと思うんです。
 また究極のネタバレとはその映画を鑑賞済みだということに他ならない、とも思います。
 どんな登場人物が出るかも知っている、どんなアクションが繰り広げられるかも知っている、どんな結末を迎えるかも知っている、でも楽しめる。そういう作品こそが真の傑作と呼べるのでは、そう自分は考えています。
 そして『スーパーマン・リターンズ』なんですが、二度目の鑑賞にも関わらず、めっちゃ楽しめました。
 ジェット機の墜落をギリギリで食い止めるシーンはやっぱり手に汗握りました。
 で、二度目の鑑賞で気付いたことを書きますね。
 ジェット機からスペースシャトルを切り離す際、スーパーマンは力任せに持ち上げてるのかと思いきや、目から熱線を発して接続部を焼き切ってるんですよね。最初観たときは気付かなかったんですけど、、、え?気付かなかったのは自分だけですか、どーもすみません。
 あと、「ハゲ」って英語で「pole」っていうんですね(自分の耳にはそう聞こえました)。じゃ『ポール牧』って英語だと『ハゲ牧』になるのか、とか思いました。笑。
 ま、こんなところです。どーでもいいことですみません。
 さすがに三度目の鑑賞はないと思いますが、『スーパーマン・リターンズ』、DVDになったらもう一回観てみようと思います。
 これからも二度、三度の鑑賞に耐えうる映画を観ていけたら、そう願って止みません。
コメント (2)   トラックバック (2)

映画秘宝十月号。

2006-08-24 00:10:47 | 新作映画
 映画秘宝十月号は本日発売!(九州ではね・・・。)
  
 今月号はいつにもまして紹介する記事がない。だって『ハイテンション』とか『デビルズ・リジェクト』とか『ファイナル・デッドコースター』とかスプラッター系の映画にページを割かれてもね。自分は映画秘宝の愛読者のくせにスプラッター映画が苦手、、、って本当に愛読者なんかいな。秘宝で取り上げられる映画ってそんなんばっかりだろ。笑。

 特集は『マイアミ・バイス』公開記念でガンアクション映画ベスト20、という割には二十本ガンアクションを選出しているだけで、ベスト1を決めているわけではない。
 ん?『ヒート』に別格の称号を与えているから『ヒート』がそれに当たるのかな?個人的には『リベリオン』がお気に入りなんだけれど。

 一昔前の懐かしい映画を取り上げる《イエスタディ・ワンスモア》は『シックス・センス』。そっか、もう『シックス・センス』が懐かしい映画のカテゴリーに当てはまっちゃうんだねぇ。時がすぎるのは早いよ。
 ちなみに先月号で予告されていた『セブン』は雨天延期とのことです。笑。

 ピンナップの加藤ローサは可愛いなぁ。今が旬って感じ。でもドラマ『ダンドリ!』ではそんなに可愛くないけど。あっちはテレビだからかなぁ。
 それに比べてビックリするほど可愛くないのが奥菜恵。まだ、二十代、、、だよね?
 ま、いうまでもなく可愛い、可愛くないは自分の主観なので奥菜恵ファンの方は怒鳴り込んでこないよーに!!

 韓国の怪獣映画『グエムル』特集。劇場公開までグエムルの全身図はお預けらしいんですけど、じゃ、前売り券にオマケでついていたあの不気味なマスコットは何?って聞きたいです。

 《FBBの裁くのは俺たちだ!》、被告は『スーパーマン・リターンズ』と『ユナイテッド93』。二作品ともUP評価って久しぶりな気がする、、、っていうか記憶にない。珍しいこともあるもんだ。

 あと相変わらず《キルゴア中佐のナパーム人生相談》には笑わせてもらいました。
 コブラはどーして姿を消したんでしょうね。笑。

 ま、こんなところです。
 新作DVD情報のユアン・マクレガー主演のサイコスリラー『ステイ』は面白そうなので見てみようかな。
コメント (8)

サンデーGX九月号は本日発売♪

2006-08-21 23:08:49 | 漫画・アニメ
 サンデーGX九月号は本日発売♪

 どーでもいいことなんですけど、たまーに暇なときにですが、漫画史上最強のキャラって誰だろう、とか夢想することがあります。
 メジャーどころではやっぱり『ドラゴンボール』の孫悟空あたりですかね?でもなんか悟空って力技ばかりなイメージがあって、しかも最強技が元気玉でしたっけ、他人様から借りた元気を寄せ集めてぶつける技なので、それって正直どーなのよ、と思ったりもします。
 同じジャンプ繋がりでは『バスタード!』のダーク・シュナイダーもデタラメに強かった覚えがあるのですが、でも結局あの話って実はヨーコの夢だったって言うオチなんでしょう?(違っ!!)
 あと永井豪の『デビルマン』のデビルマンも相当強いっていうイメージがあるんですけれど、でも確か原作では最終戦争があっさりと終わってしまうので、出来たらもっと具体的にどう強いのかを示して欲しかったです。
 他には何があるかな~、『風の谷のナウシカ』の巨人兵や『鋼の錬金術師』のおとうさまも最強という設定ではあるんですが、あくまでその物語の中では、というものだしなぁ。
 で、話は強引に『新暗行御史』に繋がるんですけど(笑)、これに出てくる阿志泰(アジテ)もこれがまた最強なんですけどね。何しろ人心を操り、死者を蘇らせ、未来を予知し、気に入らぬものは「消えろ」の一言で文字通り消しちゃうし、もう最強♪
 そんな阿志泰が今月号では文秀にぶちのめされ、「私は完璧な存在なのだ」とのたまうにいたって痛快でした(だって本当に最強だったらそんなこといわないだろうしね)。
 今月号で過去編もどうやら完結の様子、と同時に漫画史上最大の辻褄合わせも無事終了といいたいところだけど、、、あんまり辻褄合ってないよね?笑。(五巻の、幻覚でうなされた文秀の台詞とか。)

 『新・吼えろペン』、アヤコちゃんの髪型がイマイチよくわかりません。髪型っつーか、正確には髪留め?ですか、後ろで留めて、額でも留めているように見えるんですが、どーゆー髪の留め方なんでしょうか。誰か教えて下さい。
 あと自分も女子高生にお願いされてみたいです。(おぃおぃ。)

 読みきりの『天使飼育日記』、こういう作品も結構好き。笑。もろショートショートって感じだよね?

 『正義警官モンジュ』、山岸巡査のお父さんもいいキャラじゃん!!

 『アバターえくぼ』、うわ、何だかサスペンスフルな展開ですな・・・。

 今月のGXはこんなところです。
コメント (6)

夏風邪。

2006-08-20 23:59:55 | 日常
 夏風邪を引いてしまったみたいです。
 台風が来て、一気に涼しくなったのに、これまでと同じように一晩中扇風機をつけていたのが悪かったんだと思います。
 気がつくと秋はそこまでやってきてるんですねぇ、などと柄にもなく風流なことを言ってみたりする。
 早く正月休みやってこねぇかなぁ(って気が早すぎ!!)
 皆さんもクーラーの効かせすぎには充分気をつけてくださいね。
コメント (8)

鉄火場、な一日。

2006-08-19 23:59:11 | 日常
 この日は一日鉄火場で過ごしました。
 鉄火場って言っても何のこたぁない、自分の部屋でネット麻雀をしていただけなんだけれど。
 麻雀というのは未完成なゲームです。
 初めて打つ相手とルールの取り決めをしたらそれだけで大概一悶着あるから。
 大学時代、別のクラブのヤツらと麻雀をすることになって、ルールはどうする?って聞いたら、フツーでいいよ、とのお答え。
 よかった、フツーでいいのかと思って一応確認で、フツーってどんなの?ってもう一度聞き直したら、いわずもがなって感じで、完先(完全先付け)に決まってるじゃん、っていう答えが返ってきました。
 完先がフツーっすか・・・。
 完先で打ったことがないわけではないけれど、海底も他に役がないとそれのみでは上がれないっていうのは初めてだったなぁ。
 ま、何がいいたいかというと、フツーって人それぞれ違うんだなってこと。
 話を元に戻すと、以前麻雀大陸っていうネット麻雀にハマっていた時期があって(ネット麻雀で一番メジャーなのは東風荘だとは思うけれど、そっちはなぜかDLしてない)、でもネットゲームにハマることのあまりの不毛さに嫌気が差してアンインストールしたんだけど、この日はあまりにも他にやることがなくて、つーかないことはないんだけれどやる気がなくて、で、久しぶりに麻雀でもすっかと思って再DLしたんですけどね、、、これがまた、勝てねぇ勝てねぇ。
 以前プレイしていた時はレート(強さの目安)が2400ぐらいあったのに、この日は2100にも達しないの!意地になって数時間プレイしたけれど、結局は負け続け、ストレス発散のために手を出したはずが余計にストレスがたまりまくりました。
 改めて自分にはギャンブルの、引いてはゲームの才能がないってことがよくわかりました(幸い失ったものは時間だけで済みましたが)。
 まぁ自分の場合人生そのものがギャンブルみたいなものですけどね。
 無論いうまでもなく、そっちの方でも負け組ですが。。。
コメント

◆一等300万大当たり◆

2006-08-18 23:55:36 | 日常
 っていう件名で携帯にメールがきました。
 送り主(兼スポンサー)は佐川美香子(34)という女性の方です。
 佐川急便のご令嬢か何かですかね?
 300万もらえるのは嬉しいんですけど、問題は名前と振込先口座と届け先住所を連絡しないといけないってことでしょうか。笑。
 あと◆安心の返金制度◆っていうのもワケかんないです。せっかくもらったお金を返さなければいけないというシステムなのでしょうか?
 300万は惜しかったのですが、泣く泣く佐川さんに連絡を取るのは止めることにしました。
 つーか、よく読むと300万の通貨単位が書いてねぇ!!もしかしたらペソとかリラとかかもしれないのね。。。
 どなたか、佐川さんに連絡を取った方、いらっしゃいますか?(いるわけねーっつーの!!)
コメント (3)