この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

【切り絵アート展】と【ミュシャ展】に行ってきました。

2018-05-06 22:58:29 | アート、美術館・博物館、ギャラリー
 ゴールデンウィークは二つの展覧会に行ってきました。
 福岡県立美術館で行われていた【切り紙アート展】と福岡アジア美術館で行われていた【ミュシャ展】です。

 

 【切り絵アート展】では「これぞ切り絵!」というようなものから「これが切り絵?」と思えるようなものまで、様々な作品を目にすることが出来ました。
 そもそも切り絵って何なんでしょうね?
 自分は切り絵とは一枚の黒い紙から不要な部分をカッターで切り抜いて白い紙に貼り付け、白と黒のコントラストで様々なものを表現する芸術のことだと思っていました。

 この定義であながち間違ってはいないと思いますが、完全ではないということを【切り紙アート展】に行って知りました。

 白黒作品以外にカラー作品があること自体はまぁいいんですよ。
 カッターで切り込みを入れるのは黒い紙じゃないといけないとまでは思っていないので。
 ただ、明らかに絵具で色をつけた作品まで「切り絵」として扱っていることには少しばかり抵抗を覚えました。
 これが切り絵であるというなら、作品の一部に切り込みを入れた作品はすべて「切り絵」になってしまうような?
 まぁでもそういうことなんでしょうね。

 自分は折り紙を嗜みますが、自分は折り紙のことを「一枚の正方形の紙を折ることによってのみ様々なものを表現しようとする芸術」だと思っています。
 つまり二枚の紙で折ったり、六角形の紙で折ったりする作品は折り紙ではないということになります。
 これは何も二枚の紙で折った作品は一枚の紙で折ったものに比べ芸術として劣ると考えているのではありません。
 あくまで定義の問題で、例えばソフトボールは野球ではないという場合、必ずしもソフトボールは野球よりも劣るスポーツであると言っているわけではないですよね。それと同じです。

 ただ、折り紙を不切正方形一枚折りのみであるという考えはやはり狭量と言ってよく、一般的ではないです。
 切り絵においても同じようなことが言えるのだな、と思いました。

 【ミュシャ展】にいってもそれなりに発見はありました。
 自分は以前からミュシャの作品には線に迷いや揺らぎがないのはなぜだろうと不思議に思っていました。
 その答えの一つがミュシャは作品を制作する際、モデルの写真を撮ってそれを元に絵を描いていたらしいのです(すべての作品がそうだというわけではない)。
 今でこそ写真を元に絵を描くことはごく当たり前のことで誰でもやっていますが、たぶんミュシャの時代にそんなことをやるのはミュシャ一人だったんじゃないかって思いますね。
 柔軟な思考が出来たからこそあれほど多くの作品を残せたのではないでしょうか。

 【ミュシャ展】は5月27日まで、【切り紙アート展】は6月3日まで開催中です。
コメント

クリスマスツリーを作ってみました。

2017-12-24 22:21:37 | アート、美術館・博物館、ギャラリー
 メリー・クリスマス♪
 突然ですが、皆さんの家にはクリスマス・ツリーはありますか?
 クリスマス・ツリーがある!という家がどれぐらいの割合なのかは知りませんが、うちは仏教徒なので(?)生まれてこの方、クリスマス・ツリーがあったことがありません。

 まぁでも一度ぐらいは欲しいな、とふと思い、ある日、作ってみましたよ、クリスマス・ツリー。


   

 モミの木を調達するすべはないので、当然ダンボールから作りました。
 スプレーで緑色に着色したダンボールを二等辺三角形に切り出し、それを十字に組み合わせ、その上からやはりダンボール製のテーブルを二枚押し込み、最後にアクセントで星のアクセサリーを天辺に取り付けました。
 どうですかね、クリスマス・ツリーに見えますかね?
 
 テーブルの上にはクリスマス関連の小物を置いています。
 クリスマス関連の、と言いつつ、お地蔵さんや白蛇がいるのはご愛嬌です。

 自分では結構気に入っています、、、一つ問題があるとすれば、片づけるのが面倒で、一年中出しっぱなしだってことでしょうか(糊付けなどはしてないので解体可能です)。笑。

 皆さんも、家にクリスマス・ツリーがないのであれば、今年は無理だとしても、来年は自作してみては如何でしょうか。
 

 
コメント

【池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―】を観に行きました。

2017-01-29 20:14:13 | アート、美術館・博物館、ギャラリー
 土曜日は《大幸園》での食事を終えた後、佐賀県立美術館で開催中の【池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―】を観に行きました。
 実は佐賀県民でありながら佐賀県立美術館に行くのは初めて。過去には【この男がジブリを支えた。近藤喜文展】や【キングダム展 in 佐賀】など、意欲的な展覧会もあったのですが、もう一つ食指が動かなかったのです。
 なのではっきりそうだとは断言しかねるのですが、この【池田学展】、これまで佐賀県立美術館で開催された展覧会の中で最大の観客数を記録するのではないでしょうか。入場者制限がかかるほどの盛況ぶりでした。
 
 作品は見上げるような大作でありながら、丸ペンで描かれた細密画というそのギャップがすごかったです。
 自分は大作であること、空想の世界を舞台としていること、作品を見るたびに何か発見があることなどから、カボチャドキヤ国立美術館を思い出したので、サイン会の時に思い切って池田さん本人にそのことを伝えたところ、「すみません、ぼく、その方を知りません」とのことでした。う~~~む、いろんな意味で残念。

 残念なことがもう一つ。
 展覧会は基本的に撮影NGだったのですが、撮影OKのコーナーもあったんですよね。
 へぇ、これは嬉しいなと思って、早速スマホで撮影しようとしたところ、画面にタッチしても反応しない!(なので今回写真はなし)なぜ!?落としたり、衝撃を与えたりしてないのに!
 購入して一ヶ月でもう不具合かよ!
 しかも困ったことに、帰宅してから同じように画面にタッチしたらフツーに撮影出来るんです、、、これじゃショップに持って行きにくいよ!!
 こういう中途半端な不具合でもショップって対応してくれるのかなぁ?
 3月には京都に行く予定なので写真が撮れなかったらマジで困るんだけど。

 展覧会自体はとてもよかったのですが、スマホの不具合のせいでイライラがたまって、最後らへんは素直には楽しめませんでした。うにゃにゃ。。。
コメント

鱒を食べてきました。

2017-01-28 21:44:13 | アート、美術館・博物館、ギャラリー
1月31日がお袋の誕生日なので、毎年1月になると何かしらお袋にプレゼントをしています。
 昭和○○年生まれのお袋ですから、形のあるものを毎年贈っていたらそれだけで家が溢れ返るので、毎年ミュージカルやライブのチケットなど記憶に残るものをプレゼントするようにしています。
 今年は博多華丸大吉のお笑いライブのチケットをプレゼントしようと思いました(自分も行きたかった、というのもある)。
 チケットの申込日の午後に電話したら、すでに予定枚数は売り切れ、チケットは手に入りませんでした。後日、オークションサイトで定価の倍以上の価格で売りに出されているのを見て、転売ヤー、呪われちゃえ♪って思いましたよ(何で可愛く言うんだ)。
 手嶌葵のコンサートにも誘ったんですけど、これはお袋には一度だけでいいと断られて…。
 結局今年は特に何もプレゼントすることなく、誕生日の前の週末の今日、ただ食事にだけ行ってきました。
 行ってきたのは川魚料理の専門店《大幸園》です(お肉も食べられるよ♪)。

 九州ではよく魚が美味しいと言われますが、その美味しいと言われる九州の魚の中でも川魚である鯉、特に小城の鯉がうちは親子揃って大好物です。
 ただ、小城って遠いんですよ。鳥栖からだと一時間半かかるかな。いくら大好物とはいえ、それだけのために片道一時間半、往復で三時間かけていくことはなかなか出来ません。
 なので近くで鯉を食べられるところはないかと探していたところ、お袋が知り合いからこの《大幸園》を紹介されたので、お袋の誕生祝いで行くことにしました。

 ただ、鯉料理が目的だったのですが、残念ながら鯉は食べられませんでした。
 中居さん曰く、うちは鯉料理専門店ではないので、鯉の注文を受けると一匹丸ごと捌かなければならず、それだと三、四人前の量になるから、だそうです。
 でも代わりにとても美味しい鱒を頂きました。


   

 写真で伝わるのかどうかわかりませんが、囲炉裏の炭火で直に焼く鱒は乙でしたよ。焼き加減が難しかったですけどね。笑。

 次はもう少し大人数でここに来て鯉を食べたいねとお袋と話してお店を後にしました。
コメント (4)

ダンボールアート遊園地inくるめに行ってきました。

2016-12-03 20:22:57 | アート、美術館・博物館、ギャラリー
 土曜日は久留米市美術館で行われていた『ダンボールアート遊園地inくるめ』に行ってきました。
 久留米市美術館は元々石橋財団が運営していた石橋美術館だったのですが、同財団が運営から撤退したため、今年の11月9日から市の美術館として再出発することになりました。
 いわば、この『ダンボールアート遊園地inくるめ』は久留米市美術館の今後を占う重要なイベントと言えます。

 ダンボールアート作品の展示会は、ペーパークラフト大好き人間の自分にとっては実に魅力的なイベントです。
 ただ、市立美術館の再出発を飾るイベントとしてはどうしても物足りない感が否めません。
 同様のイベントをやるのであれば、久留米であれば福岡県青少年科学館、もしくはデパートの催事場で充分という気がします。
 こんな予言はしたくはないのですが、久留米市美術館は2年後、石橋財団から期限付きで寄託されている久留米市ゆかりの美術品を返却することになっているので、行く末は非常に厳しい、といってよいでしょう。
 
 まぁ悲観的な予言はさておき、イベント自体はとても楽しかったですよ。
 11月9日の開館日から開催されていた同イベントに12月に入ってから行くことにしたのは、この日、「ダンボールであそぼう!」というワークショップがあったからです。
 対象が小学生以上ということで、自分が一人で参加するのに何の問題もないのですが、実際大人一人で参加したのは自分ぐらいのもので、会場はちびっ子とその保護者のお父さん、お母さんばかりでした。う~~~ん、やっぱりね。笑。

 で、ワークショップで作ったのがこれ。


   

 来年の干支である酉のペーパークラフトですね。
 小学校低学年でも作れるシロモノだったので、これを作って自分の創作欲が充たされるということはさすがになかったのですが、小学校低学年でも作れるペーパークラフトに触れることでそれなりに学ぶこともありました。
 何より持ち帰ったら、来年用の干支の置物にちょうどいいとお袋が喜んでくれたのでよかったです。

 あと、会場内で撮影した写真を何枚か貼っておきますね。


   

   

   

 各ブースで九州各県にゆかりのあるものをモチーフにした作品が展示されていました。上から佐賀県の吉野ケ里遺跡、鹿児島県の種子島宇宙センター、沖縄県のシーサーです。
 すべてダンボールで出来ています!といえたらよかったのですが、残念ながら所々金具で補強されていました。まぁ安全面を考えれば仕方ないことなのですが…。

 『ダンボールアート遊園地inくるめ』のリポートは以上です。
コメント

カプラ新作三連発。

2016-10-12 22:42:30 | アート、美術館・博物館、ギャラリー
 先日、二ヶ月ぶりにカプラで遊んだばかりなのですが、やっぱり面白いな~ってことで続けて三作ほど新作を作ってみました。

 
   

 まずは8月のカプラ大会のときに考えた《星見の塔》の超簡略バージョンです。《星見の塔》は面倒臭かったけど、こっちは土台さえ作ってしまえばあとはテキトーに積んでいくだけであっという間に高い作品が出来ると思います。


    

 作品名は特になし。カプラといえばねじって置いていくのが最早定番といってよいですが、ねじり置きと通常置き、同時にやったらどうなるだろうと思って作ってみました。
 この程度の高さでは「だから何?」って感じですけど、もうちょっと高く積めたらそれなりに見栄えのする作品になると思われ、、る。


   

 作品名《風洞》。思いつきで作ってみましたが、これを作るぐらいなら素直に《星見の塔》を作った方がいいよね。笑。


 とりあえず思ったのは、カプラは平日にやるもんじゃないよね、ってこと。
 あと、カプラの作品を公開すると必然的に自分の部屋の一部も公開することになるので、きゃっ、恥ずかしい!って思うのですが、余計なものが映っていてもどうか気にしないでください。
 よろしくお願いします。

 以上です。
コメント

納得が行かないなぁ…。

2016-08-26 21:14:40 | アート、美術館・博物館、ギャラリー
 お盆休みの最終日である8月16日に行われた全国カプラ大会についての記事の中で、自分は「大人の事情という奴で写真はなし」というようなことを書きました。
 大人の事情とは何かというと要は大会の主催者であるカプラジャパンがそれを認めなかったってだけなんですけどね。
 それでも最初はカプラジャパンのサイトへ掲載されるまでは参加者がサイトで公開されることは認められないのかと思っていました。そういう一文が参加要項にあったのて。
 けれど実際には内容はもっと厳しいものらしく、大会で製作した応募作品の所有権、及び著作権はすべてカプラジャパンに帰属する、とのことでした。
 お盆休みの最終日に、手弁当で参加した参加者たちが汗水たらして作ったカプラ作品が、ろくに参加賞すらないにもかかわらず、その所有権、著作権がカプラジャパンに帰属するの?
 いや~、納得出来ないなぁ。
 今までにも「著作権って何?」って疑問に思うことはあったけれど、今回はその比じゃないよ。なぜ著作権が製作者ではなく、主催者に帰属するの?それも対価すらろくに払われずに。
 自分はカプラは好きだけど、カプラジャパンという振興団体には興味がない、、、というか、今回の件でケツの穴の小さい団体だな!と嫌悪感すら抱きました。
 今後カプラをしたくなったら、カプラジャパン主催の大会ではなく、八女のふるさとわらべ館に行くことにします。あそこにも何十箱ものカプラがあったからね…。

 そんなわけで、本当はブログでは公開するまいと思っていたカプラの写真を公開しますね。


   

 カプラ作品《星見の塔(プロトタイプ)》。
 何だかんだ文句を言いましたが、カプラジャパンに逆らうつもりはないのです。またこの写真を公開することにはまったく問題はありません。
 なぜならこの作品は大会で製作した作品ではなく、大会に備えて自分の部屋で作ったプロトタイプだから。同一の作品ってわけでもない。幸か不幸か差異があります。
 でも本当は大会で作った作品をこのブログで、これが今の自分の全力を注いだ作品ですって紹介したかったですけどね。

 カプラジャパンは好きなだけ大会で作られたカプラ作品の“写真”の著作権を主張すればいいよ。そんなものはいくらでもタダでくれてあげる。
 でも写真1枚から《星見の塔》を再現出来るかな?再現出来たら大したものだと思うけれど。

 今回の戯言は事情通の方からすれば「著作権ってそんなものですよ、公募展ってそんなものですよ」って言われる類いのものかもしれない。
 でも納得行かないものは納得行かないんだよね。
 世の中、そういうものがあってもいいかなって思っています。
コメント (2)

構造的に無理だと言われたので。

2016-08-10 22:57:40 | アート、美術館・博物館、ギャラリー
 arigoziraさんに構造的に無理だと言われたので、本当に無理なのかどうか、カプラ作品『バベルの塔』を実際に作ってみましたよ。


   

 第一層は完成しました。
 この上に第二層、第三層と重ねていけば、自然と塔になるはずです。
 理屈の上では、ね。
 が、arigoziraさんの言う通り無理でした。
 寸分の狂いもなく積んでいくことが出来れば話は別かもしれないのですが、人の手で寸分の狂いもなく積み木が積めるはずもなく、どうしたって微小な狂いが生じます。
 その微小な狂いを構造的に吸収しきれないので、第二層、第三層が積めないのです。
 う~~~ん、まさにタイトル通り『バベルの塔』だったね!
 まぁでもカプラには理論上は製作可能でも実作不可能な作品もあるということがわかってよかったです。それはやってみないとわからないことだから。

 それにしても、カプラを自室で作り、その作品を公開すると必然的に自室も一部公開することになり、それは非常に恥ずかしいことだということがわかりました。
 どうにか考えないとね…。

 話は変わりますが、カプラのAmazonのカスタマーレビューでこんなコメントをしている人がいます。

>この価格を見れば明らかですが、これは対日輸出戦略「ぼったくり」です。
>ワインや革製品を高値で売りつけてくるのと同じ手口です。
>ここまでバカにされてるということです。
>風刺が酷い国フランスならではです。自明の理でしょう。

 アホだねぇ、と思いました。何がアホかって、カプラがぼったくりなのかどうかは元々の生産国であるフランスでの販売価格がわからない限りそうだとは言えないことだからです。
 ではフランスでのカプラの販売価格をお教えしましょう。
 カプラ200ピースのフランスでの販売価格は40ユーロだそうです。自分はカプラ200ピースを¥9180で購入しましたから、およそ半値といったところでしょうか。
 ですから、もしあなたに、カプラの購入、発送を頼める知り合いがフランスにいるというのであれば、その知り合いの方に頼んで送ってもらった方がはるかに安く購入することが出来るってわけですね。
 しかし、ごく一般の日本人にそんな都合よくフランスに知り合いがいるはずがなく、その場合は正規の代理店から本国の倍の値段で購入しないといけません。

 これは何もカプラに限って、もしくはフランスの商品に限って、というわけではありません。
 だいたいどんな国のどんな商品であれ、生産国で買うよりも輸入国(日本)で買う方が高いに決まっています。倍額になったとしても珍しいことではありません。
 カプラを指して「ぼったくり」だと称した人はそのことがわかっているのかな?と疑問に思います。

 さらにアホだな、と思ったコメントがこちら。
>蒲鉾板を半分に切っただけのものです。板を製材所で切ってもらえば総額数百円位のものだと思います。素人でも自分で作れるレベルの商品だと思います。
 
 素人が200ピースの木切れを寸分の狂いもなく切り出せるわけがないです。このコメントを書いた人は自身の木工技術によほど自信があるんですかねぇ。木切れを200ピース切り出せばそれでよいというわけじゃないってことがわかっているんでしょうか。
 この人はおそらく湯呑みなんて100円ショップに行けば100円で手に入るんだから、窯元に行って高い湯呑みを買う必要はない、というんだろうな。本物が持つ価値がわからない人なのでしょう。

 さて、自分はカプラには寸分の狂いもない、と書きました。
 寸分の狂いもないということはどのピースも表面処理が均一であり、ひび割れや欠けなども一切ないということです。
 しかし、、、自分は見つけちゃいました、ひびの入ったカプラを。


   

 写真だとわかりにくいかもしれませんが、一本のひびがしっかりと入っています。
 自分はカプラにはひび割れや欠けなどは一切ないものと信じて疑ってなかったので、このピースを見つけたときは「え?」と思いました。
 ひび入りのカプラってどれぐらいの割合であるんでしょうね。
 購入したお店に言えば取り替えてくれるとは思いますが、珍しいものだと思うので、もう少し手元に置いておこうかなって思っています。
コメント (4)

《ねこぢるのなつやすみ》絶賛開催中!

2016-07-10 21:16:29 | アート、美術館・博物館、ギャラリー
 土曜日は映画を観終わった後、サナトリウムに行ってきました。
 ただ今サナトリウムではねこぢる・ねこぢるy・山野一作品展《ねこぢるのなつやすみ》を絶賛開催中です!
 でも自分はぶっちゃけあんまりねこぢるって(というかガロ系全般が)好きじゃないんだよね。。。
 でもあんまりねこぢるが好きではない自分が、ほぉ、これはなかなかやるじゃないかと思えるぐらい今回の展示作品はよかったですよ(どんだけ上から目線だ)。
 例えばどんな作品があるかというと、、、


   

 ねこぢるのにゃーことにゃったですね。ねこぢるのデザインのものを我らが館長が立体造形にした作品です。
 その他にもいくつも作品はあったのですが、今回の作品展は何と撮影禁止!
 館長曰く、今回はメジャーだから、とのことでしたが、wikiなどの人となりを読む限りはねこぢるってそんなことを気にしそうな人には思えないけどね。まぁ会ったことないけど。笑。

 それにしてもねこぢるが亡くなったことは知ってたんだけど、その作品世界を旦那さんが引き継いで創作し続けているってことは知らなかったなぁ。
 さらに旦那さんが再婚して、二人の子宝に恵まれ、その子たちを主役にしたほのぼの漫画を描いているとなると、驚きを通り越して、人間って変われるんだね、と感動すら覚えました。

 変われるといえば、この日サナトリウムで『ザ・お嬢様』みたいなお嬢様と知り合いになったんだけど(知り合いになったといっても別にアドレス交換などしたわけじゃないです。たぶん向こうの記憶にも残ってない。)、そのお嬢様が「わたくし、バンドをやっておりまして…」って言うんですよ。
 へぇ、バンドかぁ、いわゆるガールズ・バンドって奴なのかな?って思ったら、お嬢様曰く「メタル系でして…」とのこと。
 ・・・・・。
 人間って変われるんだね(この場合は正確には変わるんだね)。
 そんなお嬢様であるリィナさんがボーカルを務める【DAZZLEBLAZE】の動画はこちら

 自分も変わりたいです。。。
コメント

カワセミの絵を頂きました。

2016-07-03 18:36:27 | アート、美術館・博物館、ギャラリー
 こんなことを言うと気分を害する人が多々いるとは思いますが、自分は、九州人は基本的に約束を守らない(もしくは約束を守らなくても特に痛痒は感じない)人種だと思っています。
 長くなるので省きますが(誰もそんなものは読みたくないだろうし)、理由もなくそう思うようになったわけではありません。
 なので、相良さんから、熊本の五木村に行った際の写真をアップしたら絵を描きます、といわれても、自分は正直その言葉を信じてはいませんでした。
 だって、旅行に行ったら旅行先の写真をアップするのは自分にとってごくごく当たり前のことであり、当たり前のことをしてそれで何かをしてもらえるとは到底思えなかったのです。
 しかし、、、相良さんはきちんと約束を守ってくれました。素敵なカワセミの絵を頂きましたよ。


   

 今月は自分の誕生日があるのですが、少し早い誕生プレゼントを頂いた感じですね。
 相良さん、ありがとうございました。
コメント (5)