この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

明日は六月ですね!

2010-05-31 22:07:05 | 日常
 明日は六月ですね!

 なのに、朝晩のこの冷え込みは何なんでしょうか。
 今朝なんて、もしかしたら冷え込むかもしれんと思ってわざわざどてらを着込んで寝たというのに(寒い日には防寒対策にどてらを着て寝る男なのです)、それでも寒さで目が覚めました。
 おかげですっかり風邪を引いちゃいましたよ。
 この寒さにはいい加減にいとーしろーきしべしろーさのしろーって言いたいです(←自分でも何を言ってるのかよくわからん)

 あ、また一段と冷え込んできた・・・。
コメント (2)

わたしの素敵なお買い物リスト♪(DVD編)

2010-05-30 23:14:58 | 日常
 欲しいものが何もない、というようなことを28日付けの記事で書きました。

 それはまぁ本当のことなんですけど、それだとあまりにも悲しいので、欲しいなぁと思う映画のDVDを思いつくままテキトーに書きます。
 自分のための備忘録みたいなものですが、DVDで手元に置いておきたいと思うぐらいなので、当然お薦めでもあります。


 まずは『トレマーズ』かなぁ。
 登場人物はきちんと全員性格付けが為されていて、筋書きに無理、無駄がなく、さらに見終わった後にスカッとした気分になれるという、モンスターパニックムービーのお手本みたいな映画。
 とにかく面白いんだけど、何作かある続編(パート4まであるんだっけ?)は面白さの保証は出来ません。

 続いて『エンゼル・ハート』
 ビデオは持っていて、DVDはもういいかと思ってたんだけど、『シャッター・アイランド』を観たら、DVDを欲しくなりました。笑。
 とにかく、ドンデン返し系のオカルト映画の傑作だけど、グロいシーンもあったりするので、そういうのに耐性のない人は見ない方がいいかも。

 どーせなら『エンゼル・ハート』と一緒に『スケルトン・キー』も欲しいな。
 『エンゼル・ハート』と同じくドンデン返し系のオカルト映画の傑作なので。
 意外な結末の映画って数多くあるんだけど(例えば『SAW』とか)、きちんと筋が一本通ったものとなるとぐっと少なくなるんだよね。
 『スケルトン・キー』はそんな貴重な一作です。

 『ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』も欲しいといえば欲しいかな。
 ロバート・ダウニーjr主演の『シャーロック・ホームズ』を観たら欲しくなりました。

 あとは、そうだなぁ、カート・ラッセル主演の『ミラクル』も欲しいかな。
 これまで見たスポーツ映画で一番感動した作品なので、、、といってもスポーツ映画はあんまり見ないんだけど。笑。
 
 今日のところは以上です。
コメント (2)

残酷な告知。

2010-05-29 17:37:08 | 日常
 土曜日は歯医者に行ってきました。

 歯医者に行ったといっても別段歯が痛くなったというわけではなく、定期検診です。
 その定期検診のお知らせのハガキは年明け早々もらってたんだけど(おぃ)、仕事が半ドンで終わってその後相変わらず予定がなかったので行ってみるべか、と思った次第です。

 昔の歯医者ならいざ知らず、今の歯医者なら床屋でカットされるのと同じぐらいリラックスして治療を受けることが出来ます。
 少しでも痛みがあろうものなら、問答無用で痛み止めの麻酔薬をバンバン打ってもらえますからね。
 しかもこの日は単なる定期検診、歯垢を取ってもらって歯を綺麗にしてもらおーっと、ぐらいの気軽な気持ちでした。

 しかし、歯科医のおばちゃん先生は治療の途中、カルテを難しそうに眺めながら、こんなことを言いました。
「親知らずの奥の歯が斜めに生えてますねぇ。このままだと歯の汚れがたまって歯周病になる恐れがあるので、思い切って抜いちゃいませんか?」
 な、何ですと!?
 そんな恐ろしかこと、前回の来院したときは一言も言わんかったじゃないですか!!一年で歯の生える向きが変わったとでも!?
 さらにおばちゃん先生はこう続けました。
「抜くとしたら、大学病院で抜くことになりますね。ここの施設では対応出来ない(抜歯になる)ので。もちろん紹介状は書かせていただきますよ」
 大学病院って!!!
 あ、あのさ、今現在はまったく痛みのない歯を、将来歯周病になる“かも”しれないからっていう理由で抜けって言うの???
 専門家の意見だからおそらく正しいんだろうけど、それはちょっと、、、承諾しかねるなぁ。
 とりあえず、返事は保留させてもらいましたけど、断る方向で行こうかと思っています。

 どなたか、まったく痛みのない歯を歯医者さんの意見に従って抜いたことがありますか?
 っていうか、親知らずを抜くってそういうことなんですかね?(自分の場合親知らずの奥の歯って言われたと思うんだけど)

 時間潰しで行ったつもりがえらいことを言われちゃいました。。。
コメント (7)

わたしの素敵なお買い物リスト♪

2010-05-28 21:45:53 | 日常
 二十五日が給料日だったの。
 給料日!!
 何て素敵な響きを持つ言葉なんでしょう。どーせなら、毎日が給料日だったらいいのに!!(そりゃただの日払いだよ)

 ということで、今週末はセレブな気持ちでお買い物が出来るってものですわ♪(文体も若干セレブ調にしてみました。セレブが何かは知らないが。)

 さぁ~て、何を買おうかしら、ルンルン♪

 まずは、ドラッグストアで眠気防止用の明治のキシリッシュガムのハイパーミント味を買って~(何故コンビニでなくドラッグストアで買うかというとドラッグストアの方が十円安いから。ちなみに買い置きは、ある。)、同じくドラッグストアで特売で¥198の目薬を買って~(聞かれてはいないが答えさせてもらうとやっぱり買い置きは、ある。)、それから~、セブンイレブンで森永の『白熊』を買っちゃおうかな。それも思い切って三ついっぺん。うわぁ、わたしって超がつくぐらいリッチ。略すとチョリッチね♪

 知ってる、みんな?
 『白熊』って各アイスメーカーから出てるけど、森永のが抜群に美味しいの。どれぐらい美味しいかというと、ダイエット?何それ?食べ物?って言いたくなるぐらいなの。
 聞いて聞いて、美味しいだけじゃないのよ、森永がイケてるのは。
 他社メーカーの『白熊』が軒並み¥120以上するのに、森永の『白熊』は¥103なの!!
 どーして税込み¥105じゃないのか、日頃から不思議なんだけど~、この二円はきっと森永の謙虚さの表れね♪
 やっぱり森永ってイ・ケ・テ・ルって思うわ。

 あとは、あとは、何を買おうかしら~、えーっと、えーと、、、

 何も買うものが思い浮かばねぇ!!

 買いたいものが何もない、自分の物欲の無さには悲しいものがあります。

 さらに悲しいのは買いたいものが何もないくせに、金は一向に貯まらないってことですかね。

 物欲以上に自制心が無いので、買いたいものは無いくせに無駄遣いはやめられないのです。は~ぁ。。。
コメント

美味しい話ではあるのだけれど。

2010-05-27 23:56:26 | 日常
 今日、一通のメールが送られてきました。

 大体メールって、その九割は(いや、もっとかな)送られてくる側には不必要な、業者からのものじゃないですか。
 削除するのも本当に面倒臭いですよね。

 しかし、今日送られてきたそのメールは、実に美味しい内容でした。
 どういった内容かというと、(自分の)HPからその業者の運営するHPをリンクすると、それだけで謝礼として五千円の現金がもらえるというものでした(本当ですかね?)。

 このツイッター全盛の時代に、今さら個人のHPに、しかも(恥ずかしながら)自分のHPは一日の訪問者が十人にも満たないというのに、何の得があるというのかわかりませんが、しかし、断る理由はこれといってないので、了解の旨、返信するつもりでした。

 そこではたと気づきました。

 HP作成ソフトの(アップロード用の)パスワードがわからん・・・。

 HPからその業者をリンクするためには、当然そのページをHP作成ソフトを使って書き換えないといけません。
 しかし、ブログを開設してからというもの、HPをいじることがまったくなくなってしまったのでHP作成ソフトを扱うこともなくなり、そのためパスワードも綺麗さっぱり忘れてしまったのです。

 五千円、儲け損ねてしまったか、とも思いますが、まぁ諦めることにしましょう。

 だいたいこんな美味しい話がそうそうあるはずがないのです。
 裏があるに決まってます!!
 そうです、そうに違いない!!



 と、自分を慰めることにします。。。
コメント (3)

小説の映像化について。

2010-05-26 21:44:11 | テレビ
 【蒼穹の昴】を見ています。
 といってもうちは衛星放送の受信契約をしてないので、義姉が気を利かせて、DVDにコピーして送ってくれたのを見てるんですが。

 どうなんですかね、著作権的に?
 確か、友人・知人の間で衛星放送をコピーしたDVDを貸し借りするのはアウト!だったような気がします。
 親戚間ではどうなのかな、、、まぁたぶんアウトだろうな。少なくともグレーゾーンであることは間違いない。

 過去に違法DLを糾弾する内容の記事を書いた自分が、この手のDVDに手を出すべきでないことは充分承知しているのですが、それでも「悪いけど、著作権の問題をクリアしてないDVDを見る気はないんだよね」などと言って、善意でDVDを送ってくれた義姉との間に余計な波風を立てたくはありません。

 なので、とりあえず見てみることにしたのですが、、、う~~~みゅ、原作と違う。。。
 浅田次郎の原作はそれこそ自分がこれまで読んできた小説の中で五指に入る傑作で、歴史の流れに翻弄されつつも誠実に、そして懸命に生きる人々を描いた大河小説なのですが、ドラマの方は単なる後宮を舞台にした愛憎劇になっちゃってる・・・。

 なぜそのような脚色が為されたか、わからないではないですし(原作はあまりに壮大すぎる)、ドラマの出来自体はさほど悪くないと思いますが、愛憎劇や恋愛ものはやっぱり自分の好みではないんですよね。
 小説の映像化の難しさをあらためて知りました。

 
 一方、かつてこれほど小説の映像化に成功した作品があっただろうか、と感嘆しながら見ているのがアニメ『四畳半神話大系』(森見登美彦原作)。
 とにかくもうハマっちゃってます。
 今週で『新・三銃士』が終わっちゃって、「これからはコンスタンスに会えない!」などと嘆いていたのですが、あっさり「明石さん!!君がいれば他には何もいらない!!」なんて思っちゃったりしています。笑。 
コメント (4)

これぐらいの値段だったらカエルかな?

2010-05-25 22:14:09 | 日常
 地元のシネコンであるTジョイ久留米の一階にペットショップがオープンしました(以前はコスメティックサロンがあったんだけど、美容も不況には勝てないんですかね?)。

 フツー、ペットショップっていったら、犬や猫、もしくはハムスターなど主に哺乳類が取り扱われていると思うんですが、このペットショップ、何だか知らないけど、やたらと爬虫類に力が入ってます。
 入り口付近で出迎えてくれるのは可愛いワンちゃんやネコちゃんではなく、ひたすら無表情で不気味なヘビやトカゲ、カメレオンたち一行。
 う~ん、、、もしかして、今は爬虫類ブームなんですかね?犬・猫を凌ぐほどに。


   


 盗撮した一枚(店内に撮影禁止の注意書きはなかったです。撮影していいですか?と店員さんに尋ねはしなかったけど。)。
 エメラルドグリーンが美しいカエルちゃん。
 何ていうカエルかわからないけど、YUMIKAさんなら即答だろうな。笑。
 お値段は¥4500なり。
 この金額ならカエルことはカエルな、カエルだけに。

 まぁでもやっぱり自分はペットを飼うならフツーに犬がいいです。飼う予定はないけどね。


ps.昨日の記事にコメントがつかなかったんですが、それはいいんですけど、意味はわかってますよね?一枚目の写真の時点ですでに中身はないのです。チョコレートだけを食べて、包みを綺麗に元通りに戻すのって結構大変だったんだけどな。。。
コメント (6)

甘いものでもお一つどうぞ♪

2010-05-24 22:59:08 | 日常
 本日もお仕事お疲れ様でした。

 よかったら、甘いものでもお一つどうぞ♪



   


 お、サンキュー、ちょうど甘いものが欲しかったんだよねー。一つ、もーらい!

 あれ?あれれ???



   

 
 バーカーめ!!騙されおって!!
 中身は全部カラじゃああああああ!!
 世の中そんなにチョコレートのようには甘くはないわ!!!



 うちに置いてあるチョコレートはかなりの確率でハズレがあるので要注意です。。。  
コメント (4)

【レギオン】、人類の究極の敵、それは・・・?

2010-05-23 23:13:35 | 新作映画
 スコット・スチュワート監督、ポール・ベタニー主演、【レギオン】、5/22、Tジョイ久留米にて鑑賞。2010年23本目。

 最近はポイントサービスのあるワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野で映画を観ることが多いんですが、ときどきこういった、上映規模が小さい作品を上映してくれるからありがたいなぁ、Tジョイ久留米は(本作は福岡では四館のみ上映)。

 まず断っておきますが、本作は間違っても映画史に残る傑作!!ではありません。強いて言えばカルトムービーになる可能性も無きにしも非ず、ってところですかね。ならないと思うけど。笑。

 本作の映画的な新機軸は人類の敵が悪魔でもゾンビでもなく天使だということでしょうか。
 でもそれはあくまで映画では、であって、漫画ではすでに『BASTARD!! 暗黒の破壊神』(萩原一至著)で同じアイディアが先行してるよね。
 っていうか、この脚本を書いた人は確実に『BASTARD!!』を読んでるよね。間違いなく、そこから作品の根幹のアイディアを頂いちゃってる。

 根幹のアイディアが『BASTARD!!』なら、プロットはぶっちゃけ『ターミネーター』そのもの。
 空から降ってきたように突如現れた男が深夜のショッピングセンターで衣服を漁るシーンや、まだ生まれていない赤ん坊が人類の救世主だという設定、暗雲が広がる地平線の向こうへと主人公が旅立つラストシーンなど、些かそのまんますぎじゃないのか?と言いたくなるぐらいです。笑。

 根幹のアイディアもプロットも他所様のパクリであるなら、観る価値がないかというとさに非ず。
 この映画がつまんなかったらもう一本ジョン・トラボルタ主演の『パリから愛を込めて』でも観ようかと思っていたのですが、その気をなくさせるのに充分なぐらい面白かったです。
 個人的にすごくツボにはまりました。

 どこらへんがツボだったのか、感覚的なところもあるので、説明するのはちょっと難しいのですが、例えば、主人公たちが立てこもるダイナーを最初に襲ってくるのが一見すると品の良さそうな老婆なのですが、その老婆がゴキブリの如くカサコソと天井を這いずり回るんですよ!!
 このシーンは観ていて爆笑しました(爆笑するところなのか・・・?)。

 あと、クライマックスは最後まで人類の味方であろうとするミカエルと、人類を滅ぼすべく神から遣わされたガブリエルとの二大天使による壮絶なガチンコバトルなのですが、フツー、天使っていったら、金髪碧眼の美形を思い浮かべるじゃないですか。
 しかし、本作の二大天使、二人ともどこまでも見た目はただのオッサン。特にガブリエルは工事現場の土方にしか見えない!!
 むさいオッサン二人によるガチンコバトルもめっちゃツボでしたね。

 とはいえ、文句が一つもないと言うわけでもないのです。
 まず、ダイナーのウェイトレスであるチャーリーが身ごもった子供が人類の救世主だという設定なのですが、その根拠が欲しいです(『ターミネーター』にはそれがあった)。
 この子が人類の希望だ、って根拠もなく言われてもねぇ。

 また、最後にガブリエルを討ち果たすのはミカエルではなく、新たにチャーリーたち親子の守護者となったジープでなければいけないと思います。そうじゃないとジープの存在意義がないからね。

 まぁでもとにかく、個人的には面白かったですよ。
 『ターミネーター』や『リベリオン』が好きって人は面白く観れるんじゃないでしょうか。

 お気に入り度は★★★★、お薦め度は★★☆(★は五つで満点、☆は★の半分)です。
コメント (2)   トラックバック (2)

映画のレーダー。

2010-05-22 21:18:37 | 新作映画
 今、年間に五十本鑑賞するペースで映画を観に行っています。
 ネットの世界には百本や二百本、それどころかどーゆースケジュールで観に行ってるんですか?と聞きたくなる、映画評論家でもないのに年間三百本のペースで映画を観る映画ブロガーの方もいて、まぁそういった人たちに比べたら大したことないかもしれませんが、周りの人に「五十本のペースで映画を観に行ってる」と言ったら驚かれますし、自分でもちょうどいいペースかなって思ってます。

 何故そんなハイペースで映画を観に行っているのか?
 それは週末他にすることがないから、、、という切実な事情もありますが、それとは別に、一本でも観る本数を減らしたいから、という理由もあります。
 矛盾して聞こえますかね?
 もう少し詳しく説明すると、年間観る本数が五十本なら五十本、三十本なら三十本、その中に自分がつまらないと思う作品を一本も入れたくないのです。面白い作品だけを観たい。
 
 誰でもつまらない作品は観たくないでしょうけれど、実行するとなると難しいです。
 何しろ観る前に駄作かどうか判定しなくちゃいけませんからね。笑。
 そのためには自分の中の映画に対するレーダーの精度を高める必要があります。
 
 例えばですが、『ドラゴンボール・エボリューション』を観に行って、「つまんなかった」とか「原作と違った」とか感想を述べてる人がいるじゃないですか。
 どの映画を観に行くか、またどんな映画を面白いと思うかは人それぞれ自由だと思いますが、『ドラゴンボール・エボリューション』を観に行って「つまんなかった」とか「原作と違った」とかいってる人って、それって観る前にはわかんなかったの?と思ってしまいます。
 言っちゃなんだけど、『ドラゴンボール・エボリューション』を観に行って「つまんなかった」って言ってる人はレーダーの精度が低すぎますよね。笑。
 今、上映している作品であれば『矢島美容室』とかね。

 映画に対するレーダーが『ドラゴンボール・エボリューション』や『矢島美容室』のような駄作を回避するためだけに働くかというと、そうじゃありません。駄作を回避するためだけであれば、ある程度の面白さが保証されている、洋画のメジャーな作品だけを観に行けばいいことですしね。
 むしろレーダーの真価はあまり情報のない、知られざる傑作を観るときにこそ発揮する、と言えるでしょう。
 過去の作品であれば例えば『リベリオン』がそうかな。
 あれもほとんど事前情報がなかったんですけど、でも自分の中のレーダーにビンビンに反応しましたからね。
 それに従って大正解でしたよ。
 『リベリオン』はその年に観た映画の中でNo,1でした。

 久しぶりに自分の中のレーダーに反応した作品がありました。
 その作品とは、昨日観に行った『レギオン』です。
 感想レビューは別記事にて。
 果たして今回はレーダーの精度や如何に?
コメント (4)