この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

一言断りを入れて欲しい。

2019-07-10 21:41:54 | 折り紙・ペーパークラフト
 例えばイラストを描くとき、誰の作品も参考にしなければ完成したイラストは当然オリジナルですよね?
 何を当たり前のことを言っているんだと思われるかもしれませんが、これが折紙だと若干事情が異なるのです。

 折り紙の場合、誰の作品も参考にせず、自分一人の力で完成させた作品であっても、必ずしもオリジナル作品になるとは限らないんですよね。
 どういうことかというと全く同じ作品を別の人がすでに考案している可能性があるのです。
 シンプルな作品であるほどその可能性は当然高くなります。

 とはいえ、偶然同じ作品が出来てしまったのかどうか、それとも単なる模倣なのかは製作過程などを見ればおおよそわかります。

 さて、拙ブログの折り紙のページにペーパーダイヤモンドの展開図を掲載しているのですが(こちら)、二ヶ月ほど前この作品を折る製作過程をyoutubeに投稿している人を発見しました(こちら)。
 
 偶然同じ作品が出来たという万が一の可能性を考慮して、考案者は誰なのですか?とコメント欄で質問したのですが、二ヶ月経っても回答は無し。
 まぁ回答がないということ自体が回答なのでしょう。

 それにしても人の考案した作品をyoutubeにアップして、それで充足感とか得られるものなんですかね?
 そこら辺の感覚は自分にはわかりません。

 ちなみにこのペーパーダイヤモンドは元々イギリスのペーパークラフト作家であるKate Lilleyさんが考案したものを自分が折り紙でも折れるようにアレンジしたものです。
 展開図を公開しているのはKate Lilleyさんの意に沿ってのことなのですが、無断でyoutubeに製作過程をアップする人が後を絶たないようであれば、それも考えなくちゃいけませんね。
 あ、折ること自体はまったく無断で構いませんよ~。
 見た目ほど難しくない作品なのでぜひチャレンジしてみて下さい。
コメント

第9回折紙探偵団九州コンベンションに参加しました、その4。

2019-05-21 21:00:31 | 折り紙・ペーパークラフト
 コンベンションの会場内、及び『ICOA』の展示会に展示してあった作品です。
 驚き戦くがよい!
 

   

 まずは『ユリとバラ』。
 遠目に見ると本物と見分けがつかないです。


   

 『Puffer Fish』。
 Puffer Fish、日本語に訳すとフグですね。
 誰が折ったかまではわからなくとも、どこの国の人が折ったのか最近何となくわかるようになりましたよ。
 このPuffer Fishも如何にも韓国の人の作品っぽい気がします。どこがってわけではないんですけど。


   

 逆にこの『ピ○チュウ』は何となく日本人っぽい、、、何となくですけどね。


  

 『カバ』。
 ぶっちゃけこれと同程度の作品は他にもあったのですが、この作品で驚いたのは「鶴の基本形より」って書いてあるところ。
 っていうことはあれですか、鶴を折り進めていくとこれが出来ちゃうってことですか?
 そんな法螺話は信じないぞ!!(信じろよ)
 

   

 『恐竜の骨格標本』。
 よく細かいところまで折っているなとひたすら感心します。

 以上です。
コメント

第9回折紙探偵団九州コンベンションに参加しました、その3。

2019-05-20 23:17:55 | 折り紙・ペーパークラフト
 翌朝は6時ぐらいに目が覚めました。
 自然に目が覚めたというより、ちょっと寒かったのです。
 5月も半ばを過ぎているのだから毛布1枚で充分だろうと考えた自分は甘かったです。
 
 ともかく早めに目は冷めたのですが、朝飯を食べたり、車の中を片づけたりしていたら、結局コンベンションの会場である佐賀大学に着いたのは9時過ぎでした。
 これまで1日目も2日目も9時前に会場に着いたことはないなぁ、、、遅刻しているわけではないのですが、ちょっと不思議です。

 9時半から教室受け付け、つまり講習の受付だったのですが、ちょっと緊張しました。
 というのも各講習には定員があるので、希望の講習が受けられない可能性があったからです。
 希望の講習というのは自分の場合前川淳さんの講習なんですけど、これが受けられなかったらコンベンションに参加した半分ぐらい意味がない、、、とまではいわなくても超ガッカリしていたでしょうね。
 まぁでも無事に前川さんの講習は受けられることになりました。ほっ。

 ここで提言。
 コンベンションへの参加は講師をする人であってもすべて手弁当です。報酬は出ません。
 そのこと自体には文句はありません。
 コンベンションに潤沢な資金があるわけではないですからね。
 ただ、講師を務める人には他の講習への優先権ぐらいは与えられてもいいんじゃないかなぁ。
 それぐらいのご褒美はあってもいいと思うんだけど、システム的に難しいのかな。

 閑話休題。
 これが前川さんの講習で習った作品『大口のサカナ』です。


   

 写真だけ見ても「だから何?」としか思わないかもしれませんが、自分は折り上げた後、その完成度の高さに唸らされましたよ。
 発想が常人と違うというか、、、受講出来てよかったです。

 講習作品は他にこんなものがありました。
 まずは『エマのシークレットスター』。

   

 角が8つある作品なのですが、正方形の紙から折られています。ちょっと不思議ですね。


 お次は『正五角形のイノシシ』。


   

 ある程度上級者になると正方形に対するこだわりが無くなるようなのですが、自分は見習い折紙作家なのでそうじゃないですけどね(といいつつ正方形でない作品もあるけど)。

 『兜飾り2019(と台座)』。


   

 先ほどは正五角形でしたが今度は元の紙は正三角形ですよ。
 本当に正方形に対するこだわりがないなぁ。

 すべての講習が終了し、閉会式が始まりました。
 開会式の時のような熱気はすでにそこになく、早めに帰った人もいてちょっと寂しいものもありました。

 主催の川村さん、ゲストの布施さん、そして前川さんを始めとする講師の方々、それに遠路はるばる来られた参加者の皆さん、二日間お疲れ様でした。
 また来年も充実したコンベンションが開催されるよう頑張りましょう。
 自分はネタ切れなので講師をするかどうかわかりませんけどね。笑。
コメント

第9回折紙探偵団九州コンベンションに参加しました、その2。

2019-05-19 22:04:49 | 折り紙・ペーパークラフト
 懇親会はとても楽しかったです。
 そこで改めて知ったのは遠方からの参加者の多さですね。
 大阪、愛知、群馬、茨木、韓国、シアトル(!)etc。
 逆に佐賀県で開催されているのに佐賀県人の参加者の少ないことといったら!
 山口さん(日本折紙協会の偉い人)から、「佐賀の人は関西や関東のコンベンションにもっと参加するように」と言われちゃいました。
 もっともだ、とは思いましたが、自分が関西や関東のコンベンションに参加するのって想像がつかないなぁ。
 こういうとき、折り紙愛の深さの違いが浮き彫りになりますね。

 同じテーブルに座っていた女性陣相手にミニ講習会をしました。
 講習作品は『マジックハート』
 簡単な作品なので皆さん、折ってみて下さい。
 
 折り紙を始めた切っ掛けは?と聞かれて、家が貧乏だったからですと答えたら結構受けました。
 自分は折り紙って貧乏人の芸術だと思っているのですが、そう思っているのって自分だけなのかな?
 う~~~む。。。

 懇親会がお開きになり、実家が佐賀だという方を家の近くのショッピングセンターまで送ってからいつものお決まりの佐賀ぽかぽか温泉へ。
 ここの冷水器の水は尋常じゃなく美味しく感じるんですが、自分だけ…?

 風呂から上がったのが22:00ぐらいでまだ寝るにはちょっと早かったのでさて何をするか、ですよ。
 実18日の夜にやってみたいことが一つありました。
 それは白玉ぜんざいを食べること!!
 何言ってるの、この人、って思われるかもしれませんが、佐賀市には夜の11時に(もしくはもっと遅く)開店する甘味処があるのです。
 その甘味処、「よなよなあん工房」は評判になり、遠く他県から3時間、4時間かけてやってくるリピーターもいるそうです。
 これは行ってみたいと思ったのですが、自分も佐賀県人とはいえ、夜の11時に佐賀市にいることはほぼないので、コンベンションがある日は絶好の機会なのです。

 が、よなよなあん工房がこの日は休み。
 マジか~、と思いましたよ。
 来年こそは是非よなよなで白玉ぜんざいを食べてみたいです。
 ちょっと気が早いですが、今から同行者を募集します。
 甘いもの好きで折り紙好きなあなた!
 来年は懇親会終了後、ひとっ風呂浴びてから甘いものを食べに行きましょう♪

 結局この日はマンガ倉庫でちょろっと漫画を立ち読みしてからこの日車中泊をする【道の駅大和】に向かいました。


                                         続く。
コメント

第9回折紙探偵団九州コンベンションに参加しました、その1。

2019-05-18 23:01:55 | 折り紙・ペーパークラフト
 5月18、19日に佐賀大学で行われた九州最大の折り紙イベント【第9回折紙探偵団九州コンベンション】に参加しました。

 と、その前に。

 4月の例会の講習会で習った作品をアップしてなかったですね。
 講師は川村みゆき先生で、講習作品は『螺鈿ボックス』です。


   

 「お?」と思うところもありますが、正直モヤモヤする作品ですね。
 なぜモヤモヤするかというと完成形はこれじゃない感があるからです。
 でも三流折紙作家の自分にはそれを示すことが出来ないので余計モヤモヤします。う~~む。。。


 今回のコンベンションのゲストは布施知子さんでした。
 まぁ「布施知子」と聞いても折り紙に興味がない人にしたら「誰それ?」だと思いますが、本当にすごい人なのですよ。
 どれぐらいすごい人かというと野球界でいえばイチローぐらい、、、あぁ、上手い例えが思いつかない!
 お会いするのは今回が初めてだったのですが、実際お会いした布施さんの印象はというとめっちゃお茶目で気さくな田舎のおばあちゃんって感じでした。
 いい意味でオーラが感じられない、、、って言ったら、ある人から「オーラ発しまくりでしょう!」って言われたのですが、それは布施さんの実績を知っているからそう感じられるだけであって、布施さんのことをよく知らない人が布施さんを見てもこの人が世界的に有名な折紙作家だとは想像出来ないんじゃないかなぁ。


   

 こちらが世界的に有名な折り紙作家の布施知子さん。
 ご自身でも日本のコンベンションに参加することはあまり多くないって言っていました(つまり外国のコンベンションにゲストで呼ばれることが多いということ)。

 布施さんのことはそれぐらいにして、このコンベンションでも自分は懲りずに講師をしました。
 講習開始5分前ぐらいになっても受講者が3人しかいなかったので「マジか!」と思ったのですが、最終的には12、3人ぐらいは集まりました。
 といってもそれでも定員が確か27名だったので、不人気講習だったのは間違いないのですが、個人的にはそれぐらいでちょうどよかったです。
 講習内容も『ウサギ風船』の折り方を教え、そのウサギ風船を起き上がりこぼしにするやり方を教え、さらにおまけで『折り紙のダイヤモンド』の折り方も教えられたのだから満点でしょう(←自己満足)。
 完成させた作品がこちら。


   

 そんなに難しい作品ではないけど、果たして折り方を覚えられた人はどれぐらいいるのかなぁ? 

 自分の講習が終わった後、今度は布施さんの講習を受講しました。
 講習作品の『フリルスター』がこちら。


   

 講習作品といっても本来30枚の紙で完成させる作品の超簡略バージョンですけどね。
 やっぱりユニット作品は疲れるなぁ。

 1日目の講習が終わった後はホテル千代田館に場所を移し、懇親会が行われました。


                                         続く。
コメント

ダイヤモンドよ、永遠に。

2019-05-15 23:06:58 | 折り紙・ペーパークラフト
 いよいよ折紙探偵団九州コンベンションが今週末に迫ってきました。
 今年も懲りずに講師をします。
 講習作品は『ウサギ風船』。オリジナル作品です。


   

 そんなに難しい作品ではありません。
 初心者にも出来るはず。
 教え方さえ上手ければ(そこが問題だ)。

 講習ではその他、別の作品の展開図も配布する予定です。
 例えばこの『折り紙のダイヤモンド』。


   

 折り紙のダイヤモンドは実はいくつもあるのですが、身贔屓抜きにして、この作品が一番ブリリアンカットを上手く表現出来ているのではないかって思いますね。

 そしてこれがその展開図。


   

 折り線にナンバーが振ってあるので、順番通りに折っていけば折り紙のダイヤモンドが出来ます。
 見た目ほど難しくないので、週末時間がある方は是非チャレンジしてみて下さい。

 というように、自分はこの折り紙のダイヤモンドの折り方を非公開にするつもりはありません。
 なぜかっていうと、実はこの折り紙のダイヤモンド、自分の完全なオリジナル作品というわけではないのです。
 元々はイギリスのペーパークラフト作家のKate Lilleyさんのペーパー・ダイヤモンドがオリジナルなのです。

 Kateさんのペーパー・ダイヤモンドは非常に完成度の高い作品なのですが、ペーパークラフトだけあって、プリンターでプリントアウトしなければ作品を作ることは出来ません。
 そこでプリンターを持ってなくても折り紙で同じものが出来ないかと考えて作ったのが折り紙のダイヤモンドなのです。

 もちろん何もかも勝手にやっているわけではないですよ。
 Kateさんにはこちらから連絡を取り、折り紙で同じものを考えたのだけれど、それを人に教えてよいかメールで訊ねました(翻訳サイトの手を借りて)。
 Kateさんは快く許可してくれました。
 
 拙ブログで折り紙のダイヤモンドの展開図を公開しているのは、Kateさん自身のサイトでペーパー・ダイヤモンドの展開図を公開しているからに他なりません。
 そうすることがKateさんの意思を尊重することになると自分は考えています。

 ただ、、、最近見つけちゃったんですよね。
 Kateさんのペーパー・ダイヤモンド、、、ではなく、それをベースにした自分の折り紙のダイヤモンドを折っているところをyoutubeに上げちゃっている人を(こちら)。

 こちらも展開図を公開している以上、作品を折ってもらえること自体はとても光栄なことだと思います。
 しかし作品を折ることと折っているところをyoutubeにアップすることは別のことであって、後者は完全なルール違反です。

 とはいえ、何といっても折り紙なので、偶然同じ作品を作った可能性はゼロではありません。
 ただ、そのyoutuberさんの他の作品を見たらすごくチャチなんですよ。
 とてもこの人が折り紙のダイヤモンドを作れるとは思えない…。
 それで「Kate Lilleyさんの作品に酷似しているのは偶然ですか?」というコメントを残したのが5日前のことなんですが、反応はありません。

 こちらとしても事を荒立てるつもりはないので、ページの隅にでも「Kate Lilleyさんの作品をベースにしています」と断ってもらったらそれで充分なんですけどね。。。
コメント

今年も懲りずに…。

2019-04-17 23:54:13 | 折り紙・ペーパークラフト
 今年も懲りずに折紙探偵団九州コンベンションで講師の申し込みをしました。
 毎年反省しかないような講習しか出来ていないのですが、そこのところは寛容な心で受け止めてください。

 講習作品は『うさぎ風船』を予定しています。
 

   

 不切正方形一枚折りのオリジナル作品です。
 そんなに難しくはありません、、、と思うんだけど、自分で考えた作品って自分ではたいがい簡単だからなぁ、、、でも本当に簡単なはず!!

 タイトルは『うさぎ風船』だけど、自分では『機動戦士ガンダム』の「ハロ」に見えなくもないかなって思っています。
 でもこの前ある人からポケモンの「イーブイ」にも見えるって言われました。ポケモンは詳しくないのでよくわかりません。

 5月18、19日の本番までに少しでもわかりやすく教えられるように練習をしよう。
 まぁ講師を申し込んでも100パーセント採用されるとは限らないんだけどね!
コメント

折紙探偵団九州コンベンションの参加申し込みフォームが開設されました。

2019-03-22 23:09:01 | 折り紙・ペーパークラフト
 5月18、19日に佐賀大学の教育学部で開催される九州最大の折り紙イベント、【折紙探偵団九州コンベンション】の参加申し込みフォームが開設されました。

 コンベンションに参加するようになってもう5年になるかな。
 ここ3年は講師も務めています。
 講師といってもオリジナル作品の折り方をテキトーに教えているだけなのですが、1年に一回教えているだけなので、いつまで経っても教え方が向上する気配はありません。困ったもんだ。笑。

 今年も一応講師希望で申し込んでいるのですが、もう教えられるような作品はろくに残ってないので、希望が叶わなくてもまぁいいかなと思っています。
 話に聞いたところによると講師を希望する人って案外多いようなんですよ。
 やっぱり自分が考えた作品を人に教えたいという欲求はクリエイターであれば誰でも持っているみたいです。

 ところで、コンベンションに参加するようになって5年になると書きました。
 それはつまり参加申し込みフォームから申し込みをするようになって5年になるということになります。
 が、毎年毎年申し込みでミスっているんですよね。
 コンベンション直前になって、あの件はどうなりましたか、と督促のメールが届くのです。
 けれど、あの件が具体的にどういう内容だったのか、よく覚えていないのです。
 確か講師希望に関するようなことだったと思うのだけれどはっきりしない。
 何ぶん申し込みをしたのが1年前のことなので…。

 今年も参加申し込みフォームに慎重に記入して送信しました。
 よし、ばっちりだ、と思う一方で何かをミスっている気がして仕方ありません。
 っていうか、毎年、ばっちりだ!と思って送信している記憶があるんですよね…。
 たぶん何かしらのミスか、記入漏れがあるんだろうなぁ。

 主催の方に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 と言ってもまだミスをしたと決まったわけではないのですが。笑。 
コメント

折紙創作の薦め。

2019-03-08 21:45:51 | 折り紙・ペーパークラフト
 自分は折紙が趣味です。
 一口に折紙といっても多岐に渡るのですが(音楽が趣味というだけでは具体性に欠くのと一緒)、自分は主に創作をしています。
 創作、つまり新しい作品を生み出すことですね。
 他人の考えた作品を折ることはあまりありません。

 新しい作品を生み出す、なんていうと「すごい!」と思われる方もいるかもしれませんが、必ずしもそうではないんですよね。
 例えば新しいトランプのゲームを考えたからといって、それがすごいことなのかどうかはそのゲームの完成度、それに面白いかどうかに寄りますわね。
 新しいものを考える=すごいことではないのです。

 自分の創作した折紙作品を自己評価すると、悪くはないんじゃないかといったところですね。
 最近の創作作品でお気に入りはこれ。


   

 《折鶴の小箱》です。
 箱の壁四面に折鶴が組み込まれている小箱です。
 この作品のウリは重ねられることでしょうか。


   

 壁の上辺のへりと下辺のへこみの角度がたまたま同じだったんですよね。
 もちろん狙ってそう作ったわけではなく偶然なんですけどね。
 そういう偶然もあるのかと創作した本人が驚きました。

 さて、長くなりましたがこれからが本題。
 お気に入りの作品があるということはお気に入りでない作品もあるということで、それがこれ。


   

 《双涙》と名付けました。
 二枚の紙を使った作品です。当然切込みはありません。
 なぜ気に入らないかというと(見てもらったらわかると思いますが)両端がピシッと揃ってないからです。

 計算では綺麗な涙の形になるはずでした。
 なぜ計算通りに行かなかったかというと、一言でいえば「紙に厚さがあるから」でしょうか。
 紙に厚さがある以上、外側に組み込まれた方は膨らみます。
 例えば箱の外箱と内箱では外箱の方を若干大きめに作らないといけないですよね。
 上手い例えじゃなくてゴメンなさい。

 とにかく言いたいのは、折紙作品を創作するといっても必ずしも成功作ばかりじゃないってことです。
 失敗作も当然ある。
 だから、折紙の創作なんて気軽にやっていいんですよ。
 既存の作品にちょこちょこっと手を加えて自分なりの新しい作品を作り出す。
 頭の中に思い描いていたものを作り出した時、また全く思ってもみなかったものが出来た時のカタルシスといったらないですよ。

 まぁ本当に新しい作品なのかどうかは調べないとわからない、いや時に調べてもわからないことなんですけどね。笑。
コメント

第118回折紙探偵団九州友の会例会に行ってきました。

2019-02-24 22:18:17 | 折り紙・ペーパークラフト
 今日はよーやく体調がよくなったので、第118回折紙探偵団九州友の会例会に行ってきました。
 昨日これぐらいよかったら映画に行っていたのだけれど、まぁ回復しただけで良しとしましょう。

 講習会の講師は長崎のYさん。
 自分が講師を務めた時も出席してくれたので、出来れば欠席したくなかったんですよね。出席出来てよかった🎵
 講習作品は『スカリ』という六面体のオブジェと『鶴』でした。
 『鶴』といっても折り鶴ではなくてこんな感じ。


   

 ある程度リアルに寄せた鶴ですね。
 ただこの作品、不切じゃないんですよ。
 ハサミで切り込みを入れているんです。
 だから個人的にこの作品を折紙だと認めることは出来ないかな。
 自分は折紙を「一枚の正方形の紙を折ることのみによって 森羅万象を表現しようとする芸術」だと思っているのです。
 そんな風に思っているのはお前だけだろ、と言われるかもしれませんが、Yさん自身そのことを気にしていたようでした。

 驚いたのはYさんが折り図を用意していたことですね。
 Yさんにそういうスキルがあったとは!
 折り図というのは作品が完成するまでの工程を一つ一つイラストで表したもので、それがあれば折るのに非常に便利で、逆に言えば作成するのに非常に手間がかかるものです。
 自分は折り図なんて面倒なもの、絶対作成する気にならないけどなぁ。

 講習会後の情報交換会ではこういったものを持ってきていた人がいました。


   

 ロッテの板ガムの包み紙ですね。
 この包み紙がそのまま折紙に使えると今ちょっとした話題になっているようです(こちら)。
 ただ個人的にはあまり興味はないかな。
 なぜかというとこの包み紙、正方形じゃないんですよ。
 正方形のところで点線は描かれているんですけどね。
 紙をケチらず包み紙そのものを正方形にするか、それとも点線にミシン目が入れてあってハサミを使わずともカットできるようになっているか、そのどちらかでないと一枚一枚ハサミで切るのって相当面倒だと思うけどなぁ。

 三月、四月は通常の例会ですが、五月は九州最大の折り紙イベントである第9回折紙探偵団九州コンベンションが開催されます。
 今年はゲストであの布施知子さんが来るそうなので今から楽しみです。
 まぁ“あの”といっても折紙に興味のない人からしたら、「布施知子?誰それ?」だと思いますが。笑。
コメント