この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

今さらながら日本人は全員見るべきだと思った『いだてん』。

2019-06-16 23:52:19 | テレビ
 yahooニュースで『いだてん』の名前を見かけることは案外多いです。
 ただ、名前を見かけると言っても記事の内容は「低視聴率の記録更新!」といった感じでろくなものじゃないです。
 『いだてん』を否定する人たちのコメントを読むとよく「ビートたけし演じる志ん生のエピソードはまるごといらない」みたいなことが書かれています。
 そういうコメントを見ると思いますね、あんたらは超能力者かよ、と。
 最終話を見た上でなら、このエピソードっていらなかったんじゃないの?って言えるかもしれないけど、物語中盤でこのエピソードはいらないって超能力者でもない限り言えないと思うんですけれど。
 もしかしたら重要な伏線になっているのかもしれないし。
 そして今夜放送された第23回『大地』の中でなぜ志ん生のエピソードが必要だったのか、その秘密の一端が明かされました。
 あぁ、なるほどそういうこと、と納得させられる部分もあれば、それってどういうこと?とより疑問が増す部分もあり、さすがはクドカンだと思わされる脚本でした。
 
 どのドラマを見るのも見ないのも個人の勝手だと思ってきましたが、この『いだてん』に限っては私たちの祖父、祖母が生きてきた時代はどんな時代だったのか、今を生きる私たちはそれを知る義務がある、そう思います。

 来週の予告では一瞬ですが杉咲花演じるシマの元気な姿を見ることが出来ました。
 が、シマは震災で亡くなったと自分は見ています。
 あのシマは回想シーンか何かで登場するだけ、というのが自分の予想です。
 だとしたらその演出はちょっとあざといんじゃないの?と思うのですが、、、どうでしょうね。
 何事にもひたむきでまっすぐなシマは好きなキャラクターなので自分の予想が外れてくれたら、と思わずにはいられません。
 
 
コメント

放送禁止用語じゃなくてビックリ。

2019-03-13 22:35:51 | テレビ
 昔はよかった、と懐古主義に走るわけではないですが、昔の地上波のテレビでは、といっても昔はテレビは地上波しかなかったのですが、女の人のおっぱいが当たり前のように見れたんですよ。
 今の人は名前ぐらいは知ってるかな、「女だらけの水泳大会」なんかでは当たり前のように脱ぎ要員がいましたしね。

 バラエティだけじゃなく、ドラマでもおっぱいは当たり前でした。
 銭湯を舞台にした『時間ですよ』では女湯のシーンがウリでしたし、土曜ワイド劇場では裏番組対策のためか毎週のように濡れ場がありました。
 おっぱいをテレビで最後に見たのはいつの日のことだったろう…。

 あ、今日言いたいのはおっぱいのことではなくて、規制についてです。
 おっぱいがテレビで見れなくなるのと時期を同じくして、ホラー映画もテレビでは放映されなくなりました。
 自分の子供のころは、当たり前のように夏は『13日の金曜日」や『エルム街の悪夢』やら、バンバン人が殺されまくるホラー映画が放送されていました。
 確か『エンゼル・ハート』もテレビで放送されていた記憶があります。
 よくあれをテレビで放送したもんだなぁと今更ながら感心しますね。

 女の人のおっぱいがダメってことは『ターミネーター』も今のテレビでは放映されないってことですよね。
 まぁツタヤに行けばDVDはいくらでも借りられるわけですが、『ターミネーター』みたいな面白い映画が地上波で放送されないってことは如何にも勿体ない気がしますねぇ。

 なぜ突然こんなことを言い出したのかというと、つい先日、規制って何? 放送禁止って何?って思うことがあったからです。
 ゴールデンのバラエティ番組を見ていたら、まぁ具体的に番組名を言って構わないでしょう、『ぴったんこカンカン』を見ていたら、出演者一同が腰のくびれを作る体操をやっていたんですよ。
 そのときは、ふ~~ん、って感じで見るともなしに見ていたんですが、体操のやり方がテロップで示されて、目が点になりました。
 正確な文言は忘れましたが、「膣を締める」云々ってテロップで表記されたんです。
 いや、「膣」そのものに本来性的な意味合いがないということは承知していますよ。
 でもいきなりバーンとテレビで「膣」の文字が出てきたら、そりゃ目が点になりますよ(特に男は)。
 
 そっか、「膣」って地上波のテレビでは規制の対象でもなければ、放送禁止用語でもないんだ、とどーでもいいことを知って、一つ大人の階段を昇ったような気がしないでもない今日この頃です。
コメント

M1グランプリを見ました。

2018-12-03 23:08:55 | テレビ
 昨日はM1グランプリを見ました。
 見るのは初めてというわけではないのですが、最初から最後まで通して見るのは初めてだと思います。

 どの出場者を面白いと思うかはそれはもう完全に好みの問題なので人それぞれでいいと思います。
 ゆにばーすが最高だと思う人もいればトム・ブラウンがツボだったという人がいてもいいでしょう。

 問題があったとすれば審査基準が一定じゃない審査員がいたってことでしょうか。
 誰とは言いませんが、某上沼恵美子のことですけどね(言ってるじゃん)。

 ギャロップの自虐ネタに散々ダメ出ししときながらミキの自虐ネタはべた褒めって何やねんお前は、って思いました。
 同じ自虐ネタならギャロップの方が捻りがあってよかったですけどね。

 審査員だって人間なんだから、好きな芸人、嫌いな芸人ってそりゃいますよね。
 でも審査員である以上は審査基準そのものは一定じゃないといけないし、審査は公平じゃないといけないと思います。
 好きな芸人だから審査を甘くして点数を高くつけるっていうのはなしでしょ。
 ギャロップの自虐ネタを否定したのであれば、ミキの自虐ネタも否定しないと筋が通らない。

 お前に審査員をやる資格はない、来年からは審査員を止めろ!
 と言いたかったのですが、自ら審査員を引退する旨宣言したようですね。
 自らに恥じ入るところがあったのかな、、、そういう引退宣言ではないようだったけど。

 個人的にはギャロップの自虐ネタはとても笑えました。
 今でも思い出し笑いが出来るぐらいです。

 ジャルジャルの国名ネタもよかった。
 よく練習しているなぁと感心しましたが、よく練習していると感心する時点でお笑いとしての評価としてはよくないのかもしれません。

 ツボだったのはかまいたちのポイントカードネタかなぁ。確かにタイムマシンに乗って好きだったあの子に告白しても、断られたらどーすると言われたら反論できない。笑。

 記憶に残っているのはそれぐらいかな。
 全体的にそこまでひどいと思うネタはなかった、、、まぁ審査がひどいと思ったから記憶に残らなかったのかもしれません。

 それから今回のM1を見て、来年も大阪に行ったらギャロップ林のフリートークライブに必ず行こう、と思いました。
 上手い具合にタイミングが合えばいいんですけどね。
コメント

久しぶりにフジテレビの本気がうかがえた『世にも奇妙な物語 '18秋の特別編』。

2018-11-16 23:41:22 | テレビ
 先週放送された『世にも奇妙な物語 '18秋の特別編』を見ました。

 『世にも奇妙な物語』は見たり見なかったりで、見逃すことも多いのですが、今回の秋の特別編は5話ともかなり面白かったですね。
 これだけ面白いのであればまめにチェックして毎回見るようにしてもいいかな、と思いました。

 一番よかったのはやっぱり『クリスマスの怪物』かな。
 『世にも奇妙な物語』は所詮地上波放送なので、ホラー系統のお話しであってもヴィジュアルは大したことないことが多いのですが、この『クリスマスの怪物』に出てくる“怪物”は見た目がインパクトがありました。
 お話も因果応報的なオチで自分好みでした。
 一つ疑問なのはクリスマスのお話がなぜこの時期に放送されるのか、ですが、考えてみたら『世にも奇妙な物語』って今は春と秋の特別編しかないんですよね。
 遠い昔『世にも奇妙な物語』が木曜8時枠で毎週放送されていたことを若い人は知らないんだろうなぁ。

 『マシマティックな夕暮れ』もよかったです。
 兄貴分を事故で亡くした不良たちが黒魔術の力で彼を蘇らそうとするが、その魔術の本が数学的だったために数学の面白さに目覚める、というプロットがまず秀逸だと思いました。

 残る『幽霊社員』、『あしたのあたし』、『脱出不可』は可もなく不可もなくといったところでしたが、明らかな駄作と言える作品がないだけでも素晴らしいのではないでしょうか。

 2019年の春に放送されるであろう次回の特別編が今から楽しみです。 
コメント

ただのコスプレショーではない『今日から俺は!!』

2018-11-11 20:42:20 | テレビ
 突然ですが、今クールのドラマ、何を見ていますか?
 一番視聴率がいいのは『リーガルV』でしょうね。
 個人的には米倉涼子が主役という時点で見る気が失せるのですが(米倉涼子って木村拓哉と同じで彼女に合わせた役しか演じられない、芋役者だと思うので)、『リーガルV』が高視聴率なのは日本人は『水戸黄門』的なドラマを好むってことなんでしょうね。的外れな意見だったらゴメンなさい。

 あと、『獣になれない私たち』や『大恋愛~僕を忘れる君と』などが話題なのかな?
 どちらも恋愛ものなので未見です。
 まぁ恋愛ものでも気紛れで見ることもあるけどね。笑。

 さて、今クール、唯一自分が見ているテレビドラマがヤンキーコメディの『今日から俺は!!』だったりします。

 元々原作が好きだったんですよね。
 今は手元にないですが、以前は単行本も集めてましたよ。
 ただ、ブックオフで100円で売ってたら買う、ぐらいのスタンスだったのでしばしば重複して買っちゃいました。笑。

 テレビドラマ化の話を聞いたときは「え?」と思いました。
 何しろ原作漫画が連載されていたのは20年以上前ですからね。
 いまどきそんな漫画の需要があるとは到底思えない。

 しかし第一話を見て、悪くない、と思いました。
 今井を演じた役者のタッパ(身長)が足りない、という声を聞きますが、まぁ確かにタッパは足りないけど、イメージ的にはピッタリなので個人的には問題ないですね。タッパが原作通りでイメージが異なる役者がやるよりずっといいです。

 橋本環奈演じるスケ番の京子も原作とは設定が微妙に異なりますが、あれはあれでアリだと思います。
 それにしても橋本環奈、いつの間にか仕事を断らない女優になっちゃいましたね。笑。

 三橋と伊藤に関しては文句なしです。ついでに言っておくと片桐と相良に関しても文句なし。よく似せているもんだと感心すらします。

 演出を手掛ける福田雄一は正直そんなに好きではないのですが、漫画原作をドラマ化、映画化する際のセンスは並みじゃないですね。
 売れっ子監督になるのもわかります。

 ドラマは中盤に差し掛かりましたが、最後まで突っ走って欲しいです。
コメント

得意ジャンルは何ですか?

2018-10-21 23:02:36 | テレビ
 『超逆境クイズバトル!!99人の壁』というクイズ番組を見ました。
 100人の参加者が1名のチャレンジャーと99人のブロッカー(壁)に分かれ、チャレンジャーの得意ジャンルで出題されるクイズをチャレンジャーが五問連続で正解すると100万円の賞金がもらえるというクイズ番組です。

 新番組ではあるのだけれど、自分は以前深夜で放送されていた『カルトQ』というクイズ番組を思い出しました。
 あの文字通りカルトなクイズ番組をより一般受けするようにアレンジしたのが『99人の壁』であるように思えます。

 10/20の放送は、番組自体はまぁ面白かったのだけれど、一つ納得出来なかったことがありました。
 それは何かというとジャンルが司会進行の『佐藤二郎』だったとき、その問題に答えたお笑い芸人が答えを知ったのが直前の休憩時間の佐藤二郎との雑談からだったので、正解したのにノーカウントになったことですね。
 どういう経緯で答えを知ったとしても不正でない限り正解と認めなくちゃいけないんじゃないの?と思いましたけど。

 こういうクイズ番組を見ると考えるのは自分が出場するとしたらどんなジャンルで出場するかですよね。
 自分は映画鑑賞や折り紙が趣味です。
 じゃあ映画や折り紙のジャンルでこのクイズに出場したいかというと全然そんなことはないです。
 というか映画や折り紙のジャンルからクイズを出題されても答えられる気がまったくしません。
 映画鑑賞や折り紙はあくまで趣味であるだけであって、そのジャンルに詳しいというわけではないからです。

 思うにこのクイズで勝つためには如何にマニアックで競合相手がおらず、しかし誰でも知っていて一般受けするジャンルを選択するかではないでしょうか。
 映画だと競合相手が多すぎる気がします。
 
 そういったことを条件に考えて、思いついたのが『バンジージャンプ』ですね。
 そんなにお前はバンジージャンプのことに詳しいのか、と思われるかもしれませんがそんなことは全然ないです。
 バンジージャンプの歴史やそれに関するエピソードにも詳しくはないです。

 ただ、もしこのクイズ(のオーディション)への出場が決まったら、それまでの間にインターネットでバンジージャンプに関するあらゆる情報を調べられるんじゃないかっていう気がします。
 まぁもしバンジージャンプが自分の想像以上に奥深い世界だったら手が出ないですけどね。

 まぁでも実際自分がこのクイズに出場することはないと思いますけどね。
 だってオーディション会場は間違いなく東京だろうし、交通費も出ないでしょうしね。
 このクイズのオーディションを受けるために有休を取るというのもちょっと考えられません。

 こういうとき東京に住んでいる人はいいなぁと思ったりしますが、それを理由に挑戦しないだけかもしれません。
コメント

かなり面白いと思った『世にも奇妙な物語’18 春の特別編』

2018-05-17 23:18:27 | テレビ
 『世にも奇妙な物語’18 春の特別編』を見ました。
 『世にも奇妙な物語』は見たり見なかったりで、気がつけば見る、気が向けば見るって感じなんですけど、今回の『世にも奇妙な物語’18 春の特別編』はお話が感動系、恐怖系、奇妙系とバラエティに富み、なおかつ粒が揃っていて、かなり面白かったですよね。
 以前見たときは、なんじゃこりゃ!みたいなときもあったので、今回のようにクオリティが高かったら次も見てもいいかなって思えます。

 簡単にショートレビューを。

 一話目の『フォロワー』、主演の白石麻衣を意識して見るのは今回が初めてで、乃木坂46でセンターを務めているのだから(務めているんですよね?)、もっと超絶的な美女なのかと思っていたらそうでもなかったです。
 でも役者としては悪くない、、、というか良い。
 さえないOLを好演していました。
 お話も現代のSNS依存に対する風刺も利いていて、面白かったです。

 二話目の『不倫警察』はこれが一番つまらなかったかな。
 不倫が厳しく取り締まられる世界という設定はいいと思うんだけど、最終的に不倫と全く関係ないオチに着地するので、感心しなかったなぁ。
 どうせならすべては不倫が奨励されている世界で見た幻想だった、みたいなオチの方がマシのような気がする(そうでもない?)。

 三話目の『明日へのワープ』も四話目の『少年』もよかったです。

 おまけの短編ホラーも駅員さんがテレビの放送コードギリギリの怖さでしたよね。笑。
 あの駅員さん役の役者さんに様々な職業をやらせたら面白いんじゃないかと思いました。

 とりあえず以上です。
 
コメント

貴方も『賭けグルイ』ませんか?

2018-04-27 20:40:50 | テレビ
 今クール、何かドラマを見ていますか?
 長澤まさみ主演の『コンフィテンスマンJP』の評判がいいみたいですね。月9の救世主になるかもしれないと言われているとかいないとか。

 自分も脚本が古沢良太ということで興味津々で第一話を見てみました。
 でもってあまりのつまらなさに途中で見るのを止めました。
 古沢良太といえど、全ての作品が傑作ってわけじゃないからな~と思ったのですが、世間の評判は悪くないみたいなので、自分が偏屈だけなのかもしれません。

 4月スタートのドラマは他にこれといって何も見てないですね。
 『シグナル』ぐらいは見ればよかったか、と思わないでもないです。

 一つ忘れてました。
 深夜ドラマの『賭けグルイ』を見てましたよ、そう言えば。
 これが無類の面白さなのです。
 
 ストーリーはごく単純。
 美少女のヒロインが学園を仕切る生徒会(主に美少女だがたまに相手が野郎だったりすることもあり)を相手に法外な額の金を賭けてギャンブルをする、というだけ。
 法外な額がどれぐらいかというと先日放映された第5話ではとうとう賭け金の額が億の単位に行ってしまいましたよ。
 ヒロインは高校生なのになぁ。。。

 見所は何といってもヒロインの夢子を演じる浜辺美波のイキっぷり。まさに怪演!いや狂演!!
 よくこんなものを(深夜ドラマとはいえ)地上波で放送しているなと思えるほどなのです。

 これほどまでに狂った演技が出来るのであれば、彼女はこれからの日本のテレビドラマ界、映画界を背負う人材になるだろうなと思ったりもしますね。
 彼女の今後の活躍が楽しみです。
 
コメント

2020年の大河ドラマは明智光秀が有力だそうです。やったね♪

2018-04-18 22:00:00 | テレビ
 2020年の大河ドラマは明智光秀が主軸として描かれるプランが有力だそうです(こちら)。
 やったね!って思いました。
 自分は戦国武将の中で明智光秀が一番好きなのです。

 明智光秀が好きだとというと謀反人の明智光秀が好きって何で???変わってるね?みたいな感じで怪訝な顔をされることがあります。
 いやいやいや。
 明智光秀ぐらい思慮深い戦国武将は他にいなかったと思いますけどね。

 逆に嫌いな戦国武将は誰だったかというと、明智光秀が好きだということからもわかるかもしれませんが、織田信長です。
 全国統一まであと一歩のところで命果てた織田信長は悲運の武将として歴史好きの間でも人気があるみたいですね。
 ただ織田信長が好きという人に聞いてみたいのは、織田信長が日本の歴史上最大の大量虐殺者だということをしっているのか?ということです。
 言うまでもなく、長島一向一揆、越前一向一揆を鎮圧するためにそれぞれ数万人規模の一向宗徒を虐殺しています。
 一向宗徒は無抵抗ではなかったのだから、大量虐殺もやむを得なかった、と信長の虐殺行為を擁護する人もいますが、冗談じゃないですよ。
 どういう理由があったとしても兵士が市井の人々を攻撃して良いことにはなりません。

 思うに織田信長は人の命を奪うことにまったく心の痛みを覚えなかった、むしろ残虐行為に悦びを見い出す(今でいう)サイコパスだったのでしょう。
 戦国の世であればそういったサイコパスが人の上に立っても戦国の世だからという理由で許されるかもしれません。
 しかし残虐なサイコパスが天下人になったとしたらどうでしょうか?
 想像するのも恐ろしいですね。
 明智光秀が本能寺で織田信長を討ったのもそれこそやむを得ないことだったと思います。

 私たちは明智光秀が本能寺で織田信長を討ったことを知っています。
 なぜそれを知っているのかというと明智光秀自身が諸大名に対して自らが信長を討ったことを文で知らせたからです。
 でも考えてみればこんなおかしなことはないですよね。
 なぜなら明智光秀が本能寺で織田信長を討ったことを知っているのは明智光秀と彼の腹心の部下だけです。
 馬鹿正直に信長を討ったことを喧伝せずに、武田の残党が信長を襲ったとか何とかでっち上げれば済むことです。
 そして自分たちは見事親方さまの仇を討ったのだ!と開き直ればいい。
 それが嘘だと証明できる者は誰もいません。
 そうすれば明智光秀は天下の逆臣どころか天下の忠臣ですよ。天下人まっしぐらです。

 知恵者であった光秀がそのことに気づかなかったとは思えません。
 ただ光秀自身が自らが偽りの天下人になることを良しとしなかったのでしょう。
 愚かではあるが、一本筋が通っていると自分は思います。

 2020年の大河ドラマで明智光秀がどのように描かれるのか、今から楽しみです。
コメント

『笑神様は突然に』を見ていて不思議に思ったこと。

2018-04-16 21:45:48 | テレビ
 突然ですが、『笑神様は突然に』というバラエティ番組をご存知ですか?
 芸能人グループのロケに密着し、「笑いの神」が降りてきた瞬間を紹介するというバラエティ番組で、以前は毎週金曜日にレギュラー放送されていたのですが、なぜか突然終了し、今は不定期で特番が放送されています。
 4月4日に久しぶりに特番があったのですが、その中でちょっと不思議に思ったことがありました。

 鉄道BIG4という鉄道好きの芸能人グループ(一人芸能人じゃない人もいる)が長崎にやってきたんですよ。
 ただ、そのうちの1人である岡安(敬称略)が一人だけ別行動をしていました。
 この岡安、お笑いタレントでありながら笑いのセンスは皆無、それどころかしゃべりも下手で、ロケ中まったく話さないということもあります。
 このままじゃいかん!ってことで(嘘の)冠番組で長崎にある鉄道をレポートさせるという他愛ないドッキリを番組の中で岡安は仕掛けられていました。レポートする列車内に仲間やゲストがこっそりと隠れているというわけ。
 
 岡安は何も気づかないまま番組は進み、後半、海岸沿いの某駅で仲間たちが乗った豪華スイーツ列車『或る列車』を見送りました。
 列車の終着駅は佐世保だったので、この時点で自分はそうか、岡安はこれから仲間たちが先に着いた佐世保に向かい、そこでネタばらしをされるんだな、と思いました。

 しかしこの後意外な展開が待っていました。
 某駅で『或る列車』を見送った岡安が『或る列車』よりも先に佐世保に着いて、後から『或る列車』でやってきた仲間たちからネタばらしをされたのです。
 え?と思いましたよ。
 だって岡安は間違いなく某駅で『或る列車』を見送ったんですから。その彼が『或る列車』より先に佐世保に着くわけがない。
 番組内でどのようにして岡安が先回りしたのか、そのことに関して説明は一切ありませんでした。

 自分なりに推理してみました。
 ①岡安はお笑いタレントとしてはイマイチだが実は超能力者で瞬間移動が出来た。
 ②岡安は双子。
 ③『或る列車』を見送った後、車で移動した。
 現実的に考えて、③が答えなんでしょうけれど、例えば自分が鳥栖駅で列車を見送り、それから車で移動して博多駅に先回りするということが可能かというと、絶対に無理なんですよ。
 佐世保であればそれが可能だったということなんでしょうか…。

 どなたかどうやって岡安が佐世保に先回りしたのか、答えを知っているという方は教えてください。
 もしくは自分なりに考えがあるという方はコメントを書いてください。
 よろしくお願いします。
コメント