木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1357 正眼寺(菰野町)の花(27-6)

2015-05-05 08:00:00 | 花一般

  「正眼寺(しょうげんじ)」は我が家から車で数分のところにあり、ここに来ると、私の「花写真鑑」に無い花(以下”新種”と言う)が多くあり、大変にありがたいお寺なので、今年は3月20日以来二週間ごとに訪問し撮らせていただいています。

  今年は今回で4回目となりますが、撮った花の種類と”新種”の数は、1回目(3/20)が22種撮って、”新種”は3点。 2回目(4/4)は28種撮って内”新種”は6点。 3回目(4/17)は26種撮って内”新種”は6点。 そして今回は28種撮って内8点が”新種”でありました。

 この4回の撮影で100種以上の花をとらせていただいて、23種類の”新種”に巡り合うことが出来ました。 また、今までなかった色や形の花が数多くありましたので、内容の充実にも大きく貢献しております。

 では今回撮らせて頂いたうちの主なものを2回に分けて紹介して行きます。 

 

 「タツナミソウ(立浪草)」       クリックすると「花写真鑑」へ飛びます。

この色は初めて目にしました。早速「花写真鑑」に追加登録しました。

 

「ジャーマンアイリス」

単に「アイリス」ともいうようですが、「ジャーマンアイリス」が一般的のようなのでこうしました。 「アイリス」は属名?。

 

「アザレア」 またの名を 「セイヨウツツジ(西洋躑躅)」

こんな色もあるんだ!!。 色を追加登録

 

「ナンゴクホウチャクソウ(南国宝鐸草)」   ””新種””   登録 No1109

「シマホウチャクソウ」とも言うようですが、多くの方が”ナンゴク”といわれているので、こうしましたが・・・?。

 

「ベニバナツメクサ(紅花詰草)」

 

「クジャクシダ(孔雀羊歯)」   ””新種””   登録 No1107

孔雀が羽を広げたように、大変優雅に見える「シダ」です。 お寺の奥様の超お気に入りだそうです。 葉の根元がまとまっており、放射状にひろがっているのが大きな特色であり、美しくみせています。

 

「タイム」 またの名を 「タチジャコウソウ(立麝香草)」

 写真ではよくわかりませんが、ピンク色のがありました。

 

「モッコウバラ(木香茨)」

本日最も元気よく咲いてるのはこれです。

 

「ヒメウツギ(姫空木)」    ””新種””   登録 No1111

地面のあちこちで咲いていました。地面を這うようにして増えていくのだそうです。

 

「ヒョウタンボク(瓢箪木)」

花が白または薄い黄色は見てますが、こんな色もあるのだと驚きました。当然追加登録です。

 

 

「ミヤコワスレ(都忘れ)」

紫野花は名前にぴったしでしたが、白もなかなかのものです。 色:追加登録

 

「ヒメシャガ(姫射干、姫著莪)」

我が家のものとは、少し紫がかっていますし、模様も異なるので、追加登録しました。

 

「オダマキ(苧環)」

こんな色は初見です。 当然追加登録。

 

 「クリンソウ(九輪草)」

城は今まで撮ってなかったので、これも追加登録です。 

 

                           << 続く >>

コメント