木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1358 正眼寺(菰野町)の花(27-7)

2015-05-07 08:00:00 | 花一般

  我が家から近くにある、臨済宗妙心寺派の寺、「正眼寺(しょうげんじ)」に再々お邪魔して、花の写真をとらせて頂いたので、その二回目を紹介したいと思います。 撮影日 2015.04.30(木) 

 なお、今回28種の花の写真を撮らせて頂いた結果、その内8種が私の「花写真鑑」に無い花(以下”新種”と言う)でありました。これらを新規登録したところ、合計登録数は1114種となりました。  

 

 「ガマズミ」   花の名前をクリックすると「花写真鑑」へ飛びます。

あの赤い実はよく見かけますが、こんな花が咲くとは知りませんでした。 早速「花写真鑑」に追加登録としました。

 

「タカネエビネ(高嶺海老根)」    ””新種””

「エビネ」の仲間ですが、色がよく似た「キエビネ(黄海老根)」とも区別されています。 葉はそっくりですが、ガクの色が異なるのと、花が大きいのが特徴です。

 

「ノフジ(野藤)」    ””新種””

「ヤマフジ(山藤)」とも言います。 普通山で見かけるのは。こんなに房が長くはないと思います。 ここのは随分立派ですから、名前を変えた方がよいのかも?。

 

「バイカイカリソウ(梅花錨草)」

薄いピンクは私には珍しい色です。 「花写真鑑」に追加登録。

 

「ユキザサ(雪笹)」   ””新種””

山野草です。 貴重な存在です。

 

「オダマキ(苧環)」

この色も私には珍しいです。 追加登録。

 

「スズラン(鈴蘭)」

 

「バラ(薔薇)」

 

「ライラック」

ちょっと元気がありません?。 

 

「マイヅルソウ(舞鶴草)」    ””新種””

これも山野草です。 丸みのある葉を鶴の胴体に見立てたのでしょうねー。 こんな命名が私は好みます。

 

「シラン(紫蘭)」

 

 「ユキモチソウ(雪餅草)」

 

「キバナアッツザクラ(黄花アッツ桜)」    ””新種””

 「アッツザクラ」とは色が違うだけかと思いましたが、別の種だそうです。 小さな一株が生えていましたが、花の手入れを一手でやっておられる、この寺の奥様にも大切な一株なのだそうです。

 

「イトトンボ」かな?。ちがうかも?。

 

 

  ここ「正眼寺」所蔵の「木造薬師如来坐像および両脇侍像(県・有形文化財)」の一般公開は元旦と決められています。 仏像に興味の深い友の依頼でお尋ねしたものですが、私も来年の初詣に加えたいと思っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加