木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

1365 仏教と仏像の話(聴講)

2015-05-19 08:00:00 | その他

 2015.05.16(土)、菰野町よもやま歴史サークル(町教育委員会)主催で、「元気が出る仏教と仏像の話」として講話があったので、聴講しました。  

 

開場となる「町民センター」

 

ざっと見たところ、100名位の人が集まりました。

 

司会者とサークル会長ののあいさつがあり開始です。

 

町長もあいさつに。

 

「菰野町の魅力的な仏像の紹介」として、菰野町学芸員により、禅林寺の大日如来像、明福寺の円空作両面仏、大日堂の大日如来像、正眼寺の薬師如来坐像、両脇侍像などについての紹介がありました。

 

「元気が出る仏教と仏像の話」の第一部として、広瀬郁実さんの、体験を中心に仏教と仏像の分かりやすい話がありました。 「仏像ガール」と称して、公演、執筆、メディアなどを通じて仏像の魅力を伝えているとか。 現在は、ブッダやアーユルヴェーダーから学んだ”元気に生きるヒント”を伝えているそうです。(約50分)

父を亡くした後の悲しみの中で、三十三間堂の仏像と出会って感動し、仏像に強い関心を持った。この仏像は仏様ではない、人間が作ったものだ、それを長い間人々は守ってきた。そして、これに幾多の人びとが手を合わせてきた。そのことを知って、深い感銘を得たとおっしゃる。

 

その後は、帝塚山大学教授の西山厚さんの「仏教と仏像の話」です。(約50分)

お釈迦さまの生誕か修行と悟りを売るまでのわかりやす言葉で旦付に離された。 印象に残った言葉を思い出してみると・・・断片的でし、100%正確な表現ではないかもしれないが・・・。

・お釈迦様が生まれて7日で母が死んだ。私が生まれたから、母は死んだのだ。釈迦のその悲しみから仏教が生まれた。

・今幸せでも、いつかは皆「老、病、死」を迎える。 今をきちんと生きることが大切。

・日本の仏教は”安らぎ”を求めるもので、悟りを得るものではない。

・お釈迦様はすばらしい人だと聞いている。だから是非会いたいと人は思う。その思いに応えるために、仏像が作られた。

 

最後に、アンケート用紙に書かれた、聴講者の質問にふたりが応えてくれた。

 

13時ジャストに開始され、16時30分過ぎに閉会となった。

この先、「よもやま歴史教室2015」としては、月一回程度歴史に関する講座が開かれる。 次回は6/20は「秀吉政権の朝鮮侵略と沙也可」となっている。

 

 

 

コメント (4)