遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



.......グリーンピースとか、ネイチャー・コンサーベンシー、シエラ・クラブその他の環境保護団体は世紀の環境汚染であるメキシコ湾原油流出事故で沈黙している。その沈黙の理由は金である。指導的な環境保護団体は、石油会社が「環境にやさしい顔」を持つ「石油を超えた」会社の新しいブランドとしてリメイクするために、BPからかなりの献金を受けてきた。

記事は→コチラ

ゴールドマンサックス証券の筆頭株主は→コチラ

スタジオ・ジブリも!?

マイケルはディズニーランドが好きだったけど......!?

.......日本に圧力をかけるシオニスト組織は→コチラ

底知れぬ闇、真偽はご自分でご判断ください。

ヒロシマ・ナガサキへの原爆投下が戦争を止めるために必要だったなどというたわごとは聞きたくない。.....ことにシオニストの口からは。あれは人体実験だった。生きながら焼殺した。原爆をつくったのはユダヤの科学者、アメリカ軍の医師たちは治療もろくにせず、大量の調査資料を持って帰りました。




コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




    朝 中学校のおはなし会 1年生に語るのは”サイパンの青い灯、赤い灯”地元の方の戦争体験談をもうひとつ。終わったあとも声ひとつせず、拍手も聴こえず、しんと静まっている。届いただろうか.....。

    ブックトークをしているのはカタリカタリのメンバー.....選書に心を燃やす。40冊の本を選ぶ彼のひとの目の真剣な輝き......読み聞かせもブックトークも語りも子育て支援もやっていることはおなじ.....わたしたちは種子を蒔いているのだ.....いつひらくかわからない その花を見ることはできないかもしれない.....けれどいつか芽吹いて 花が咲くように ひとの心に種子を蒔く。住みよい世界 明るい世界となるように.......。


    会社で打ち合わせ。ヒーリングに行く。最初に友人に自分でからだをほぐすやり方を教えながら、いっしょにやってみる。友人はヒーリングを施しているあいだに眠ってしまう。

    きのうはこられなかった、たった一日で顔がこそげたように骨が浮き出していた。つらそうになさるので どこがつらいか尋ねると あしが痺れるとのこと......骨のきわきわをにぎるようにマッサージすると 呻くように 感極まったように ”気持ちいい””痛みが消えてゆく”とおっしゃるので 骨のくぼみやすじを丁寧にほぐしてゆく.....マッサージも癒しである。友人にやり方を教えて時計を見ると 1:10 デイケアまであと20分 デイケアの会場に向かう。

    みなさんと再会を喜んで 近況報告 朝もお昼も食べていないの、おなかがぺこぺこ.....というとビスケットをくださった。そこで最初にお茶のみをした。それから、サイパンの青い灯 赤い灯を語った.....ひとり泣いてしまわれた。それから南方で熱病に苦しみ、一目 桜を見たいという友に桜の枝を届けた兵隊が 二日前に山で桜によく似た花の枝を抱いて死んでいたという話を語った。

    それから、戦争の思い出話が炸裂した。......防空壕のなかで幼いわが子をかばうように死んでいた若い母の話。 毎朝学校に行くとき 線香一束持って出たこと。辻 辻に遺体があって 線香を一本ずつ手向けて 学校につくと 一束の線香は無くなっていたこと....焼夷弾であたりが昼のようにあかるくなる そこへ低空でB29が飛んで来る ダッダダダダ 機銃掃射の音......子どもはねらわないというがそれはうそだった......戦争が終わってしばらくしても 飛行機の爆音が怖かった。 子どもだけで物々交換に行かされた.....目ぼしいものがなくなると 農家のひとたちは食べ物をくれなくなった.....細いいもを2.3本とか......疎開させた着物やなんか みんな食べ物になっちゃった....


    最後に手遊びをふたつした.....たくさん話ができてよかったね.....戦争の話ができるとは思わなかった......今日は先生に会えてよかったよ.....デイケアのみなさんと名残惜しく別れた。それから家に帰って着替えてさる会社に行く。海千山千の業界人  わたしだって負けはしない......生きてゆくためには、なんだってできる、だが、ことばとはうらはらのことを伝えようとする腹芸ではなくて ストレートに話せばよいのにと思う。....会社に戻って会議.....今日はなんだかいい感じだった。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    むさぼるように読んだ。河童・天狗・神隠し。 そして銃後 さらに 木霊・蛇・木の精霊・戦争と木.....

    松谷みよ子さんの仕事。後世に誇りうる仕事である。なにより素晴らしいのは脚色なしで ありのまま 庶民の述懐 つぶやきを たくさんたくさん 文明の洪水が押し流してしまう そのきわに掬い上げてくださったこと。

    あらためて 日本という国 木が泣き 語り 蛇が女人へ想いを遂げんとし 河童がほんとうにいたこの国を想う。精霊たちはいったいどこにいってしまったのだろう。

    そして また そこには きれいごとでないいくさがあった。 ひとというものの弱さ醜さけなげさ、たくましさが小川の底に敷き詰められた小石のように光と影を湛えているのだった。わたしはそのなかをさがし求める。8.11につなぐものがたりのひとつぶ ひとつぶを手にとって吟味し 深く味わう。

    それだけでなくて 「妹たちのかがり火」や「朝鮮人特攻隊」のなかからも選ぶ。......わたしの知らない歴史がある。......本のなかに小泉純一郎の父 鮫島純也の消息を見つけてはっとする。亡霊とであったような......歴史に名を残す....にしても、汚れた名であるならそれは子々孫々にいたる恥である。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    相変わらず日本のマスコミは沈黙していますが、メキシコ湾原油流出はたいへんなことになっているようです。史上最悪の環境破壊、それだけでなく別の危機も迫っているとか....

    国際石油資本のBPが所有する湾岸の油田の先端付近で、気泡が幅約15~20マイル(約24~32Km)、高さ10フィート強(3m強)にまで形成されていて、数週間から数ヶ月のうちに大爆発を引き起こす可能性があることを示すBP及び米国政府の内部情報がCoast To Coast AMで放送されたとのこと。

    油田の圧力は10万psi(7,000Kgf/cm2)に達しており、充満しているガスが爆発すると、時速400~600マイル(時速約640~960Km)にも達するセントヘレナ山が水没するほどの巨大津波が生成され、周辺数マイルの全ての艦船は沈没し、原油、有害な分散剤やガスを数分内に内陸部へと突進させるのだという。

    4000万人の避難が必要!?

    この事故には謎が多い。4月20日、メキシコ湾ルイジアナ沖にあるBPの石油掘削施設が爆発炎上し、掘削パイプが折れたというのが公式の事故原因。ところがあのゴールドマンサックスが事故発生前の3月末に、油田を所有するBP株を4割放出していた。さらに、BPのヘイワードCEOまでが事故発生の数週間前に自社株を売り抜けていた。

    なお、石油掘削施設を建設したのは韓国の現代重工業。現代重工業は事故との関係性を否定しているが、油田の掘削権を持つ英石油大手BP以外の企業にも責任が飛び火した場合には、影響が生じるものとみられている。


    そして もうひとつ メキシコ湾に近いアメリカ中央南部で農作物に深刻なダメージ。大量に撒かれた毒性の強い中和剤、石油より4倍有毒な溶剤、コレキシト9500 (Corexit 9500) を何百万ガロンも注入しているらしい。


記事は→コチラ

    日本への影響は? 鮭 まぐろ.....そして流出原油が広がりアメリカの農作物被害が広がるとすれば 食糧品の高騰も考えられる。



    事故が起きたのはいったいいつ? 事故の原因はいったいなに? 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    6/26 wowowでマイケルを観る。最初はマイケルにとって最後のワールド・ツアーとなった「HIStory TOUR」から、97年7月4、6日にミュンヘンのオリンピック・スタジアムで行われた時のライブ。

ビリージーンは→コチラ

    1997年は1992年 の児童性的虐待疑惑と2003年の児童性的虐待疑惑のちょうど中間に当たる年である。1996年リサ・マリーと離婚、長男プリンス・マイケル・ジャクソン・ジュニア誕生の年にもあたる。

    マイケルは失意から立ち直ったように見える。心身ともに充実しているように見える。だが 後半 ecoと平和を訴えるスペクタクルシーンのあと、万国旗はためく中央に現れたマイケルの姿はさながら王の帰還のようだった。マイケルは受けた傷痕、不名誉を覆そうとしているようで、わたしには痛々しくも感じた。

    次に2001年マイケルジャクソンソロデビュー30周年記念コンサートを観た。往時の名だたるスターの出演のあと(ただし 今も活躍しているひとはひとりだけ)ようやく マイケル登場。ジャクソン5のメドレーのあと マイケルは床に崩れ落ちるように泣いていた。

2001ビリージーン 映像は→コチラ

    そして三番目が This is it......
マイケルはとても華奢に見えた。透き通るように見えた。テクニックでは全盛期に及ばないかもしれないが まとっている空気感が違うのである。

最後のビリージーンは→コチラ

.......マイケルは元からマイケルだった.....だが 苦悩がマイケルを磨いた。マイケルはよりマイケルになったのではないだろうか。

    パフォーマンスとは身体をつかって 時間的な経過と共に行われる表現行為とある。双方向的なコミュニケーションを求めるもの、儀式的・演劇的なもの、私的でエンターテインメント的要素の強いものと書いてあるけれど わたしはそこに輝きを見たい.....輝き....とはなにか。身体をどれだけ自由に使いこなしているか.....身体だけではない。究極のパフォーマンスとは魂さえ見えると思う。

    わたしがマイケルが好きなのは 浅田真央が好きなのは 彼らが捧げ尽くしているからだ。......身体を磨きぬくことに そしてその”時” 生命を刻むその一瞬に我とわが身のすべてを差し出しているからだ......身体は正直である。しかし ケントがマイケルの真似をしようとダレがムーンウオークを真似しようと ”ちがう”のである。踊りがいくら上手くても 身体がどれだけしなやかでも 輝きが違う。それはたぶん ランプの芯のように身体というほやから透けて見える光のようなもの.....そのひとの本質の輝きなのだ。
  

    だから パフォーマー ダンサー 役者 語り手 からだをつかって束の間のものがたりを 現ぜせしむる者たちは心しなければならない。身体とわざと魂.....その三つが奇跡のように邂逅したのがマイケルだった。






参考

1992ビリージーン ブカレストは→コチラ

伝説のモータウン25ビリージーンは→コチラ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




     うんざりするほど かかってくる 光通信加入お誘いのTEL どうもおかしい......たいていソフトバンク系の代理店。個人の場合は比べると安くはならない。法人も機材に経費がかかるので断る。一体何社断ったことだろう。(NTTの営業はすぐに詳しい見積をくれたが、代理店の営業は付け焼刃のアルバイトなので素人同然である )

     ソフトバンクのおとうさん犬のコマーシャルは日本人を愚弄したものだそうだ。ウィルコムも買収されてしまったし 実は案外高いのに 安そうに見せている料金体系.....とか 流石に商売はうまい。ソフトバンクの企みはなんだろう。アップル社....iphonがソフトバンクに寝返ったのも よく考えれば あたりまえの話だったのである。おなじ穴のムジナだもの。

     
     TELがくればくるほど 絶対入るものかと思う。 ソフトバンクについては浅田真央さんのことで コメントをいただいたこともあるし書いたこともあるが 社長の孫正義さんは在日韓国人で電通とも係わりが深いようである。NTTがあんなことになったのも 郵貯解体も根はおなじだと思う。

     日本の会社.....よく調べてみないとわからないが......の品物を買うようにしている。アマゾンが●●なのは残念。つい買ってしまう。100均ダイソウ―大創もつい買ってしまうが、●●●の会社。

     お金の遣い方で日本を守る。今はそれしかない。.....といいながら マイケルの特番録画のため 急ぎで つい ヤマダでDVDの機械を買ってしまった。そのうえ 地上波デジタル 危ないからやめようと思っていたのに....。愛国をつらぬくのは鉄の意志が必要である。

     
追加  ソフトバンクの狙い 

検索で副島さんのところに行ってみた.....ソフトバンクが狙っているのは、全国の600箇所か? のNTTの、電話局や、基地局を通さない.....課金されない→”NTTをつぶすこと”だそうです。ネットがタダでできると若い人をだましているのだそうです。




     

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    スリラーで空前の成功を収め、エンターティナーとして頂点を極めたマイケルの下に莫大なお金がころがりこんできました。マイケルはビートルズの版権を投資の対象としました。それは友人ポール・マッカートニーから以前示唆されたようです。しかし この投資が結果的にマイケルを不幸にしました。ポールもこの版権を買おうとしていたのですが、マイケルが買ったことで不仲となりました。そのうえにCBS・ソニーが金のたまごを生む版権に目をつけました。

    それがマイケル・ジャクソン③で書かれていることです。マイケルを経済的に窮地に陥れるために(版権を買い取るため)、予算は削られ、出されても新曲のプロモーションもされぬようになったのです。かといって契約があるために他の会社に移ることもできず いわば買い殺しにされたのです。CBS・ソニーは日本のソニーとはあまり関係ないようですが、少なくともその頃はひどい会社でした。(マイケルの突然の死でどれだけのお金がころがりこんできたことでしょう。)

    もうひとつの悲劇は莫大なお金をめぐって ハイエナのようにひとびとがマイケルのまわりに殺到したことです。使用人たちはマイケルの屋敷からさまざまなものを盗み、またマイケルにまつわるネタをタブロイド紙に売ったりしました。そして年がら年中訴訟が起こされ マイケルは訴えられていました。マイケルはあまりに無防備でした。
 
    あまり知られませんでしたが マイケル・ジャクソンは生涯に500億円ものお金を子どもたちや恵まれぬひとたちに差し出したといいます。お金でもってマイケルはどれだけのひとをしあわせにしたのでしょう。少なくともふたりはそのお金でいのちを助けられ そのひとりが例のギャビン少年(冤罪事件原告)というわけです。富でもって マイケルがひとびとをしあわせにし、富がマイケルを苦しめたことを わたしは....感慨深く思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    早朝 筋膜をはがす運動をしたあと お風呂に入りました。気がついたらふやけていました。8.11 夏の日に語り継ぐ戦争と平和の構成のデッサンができました。

① ものがたり 二題
② 証言  沖縄 広島 長崎 満州 サイパン パラオ 地元のひとたち アメリカ兵 イラクの少年 パレスチナの子ども
③ 井上ひさしさんの著作から.....憲法9条
④ 日本の子どもの詩

音楽も決まりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




     会社の庭の梅の木から20キロあまり梅が採れました。一時退院の夫が仕事より心配したのは梅のこと.......夕べ 夜なべで梅ジャムをつくり、(4キロ×2)梅の酵素をしこみました。(2キロ×2 1.5キロ×2)まだ残っている梅は今夜漬けようと思います。

手つくり酵素とは→コチラ

手つくり酵素→コチラ

酵素をつくるときは自分の手でかきまわすので、(自分の)常在菌が入ります。それが身体にとてもよいようです。酵素はデトックス 免疫を高めるのにとても有効です。みんなで酵素つくりしませんか?


    ”夏の日に語り継ぐ戦争と平和”の構成の一助にと本棚から 「広島第二県女二年西組」と「妹たちのかがり火」を取り出して読みました。二部をごくふつうのひとたちの証言集にしたいと思ったからです。戦争の悲劇はごくふつうのひとたちのささやかな暮らしが根底から覆されることにあります。それが何万 何十万の家庭でおきるのです。昭和20年の平均寿命は男23.9歳、女37.5歳と最低でした。隣の家もその隣の家も無傷な家はないほどでした。それだけ多くのひとが亡くなっていた....ということですね。

    平和な今 家族が病気で死の淵にいることさえたいへんなことですのに。.......不幸が人間の手で引き起こされる.....それは恐ろしいことですが、もしそうなら 人間の手で防ぐこともできるはずです。酵素で身体の健康を守るように 平和について意識を持ち、平和であるための ......少々の不満はあるにせよ ふつうに家族の暮らしをつづけられること、それは失ってはじめてたとえようのない幸福だったとわかるのですが.....努力をすることはわたしたちの権利であるとともに 義務であるように思うのです。

    ただでなにもしないで 健康や平和を満喫することなどできるはずはない。それは自らの意志と行動で手にいれるものではないでしょうか。

    井上ひさしさんは医師から宣告されたあと、病床で60冊の沖縄の本に目をとおしたそうです。そして「舞台にガジュマルの樹を立てられないかな」と言ったそうです。井上ひさしさんが圧倒されたのは沖縄の民間の戦没者のその数の多さではなく、亡くなった方のひとりひとりに名前があり ささやかな日常の暮らしがあり しあわせがあり それが戦争で無残に打ち砕かれてしまう.....そのことにあったのではないか.......ご自身が病であったことから それが身にしみたのではないか......そんな風に思えるのです。

    ひとりひとりのいのちに寄り添う それが政治の原点のはず.....そしてふつうのひとの暮らしのしあわせのすぐそばにある 語りはそういうものだと思います。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    曲がりくねったその道はちいさな踏み切りからはじまります。古びた千手観音のお像の角を左に曲がり、磨り減った馬頭観音を右、うっすら読み取れる庚申塚を左に見て ちいさなお地蔵さまを右に曲がり あとはまっすぐ 線路際クローバに埋もれた庭、バラ色の家.....家族がよりそって住むやさしげなたたずまいの家.....

    どうしてこの道なのだろう いつのまにか見つけた道、なんだか さまざまな神さまに見守られているようです。呼び鈴を鳴らすと ドアがひらく。友人の顔....元気そうでよかった。つれあいの方は明るい性格、周囲の信頼は篤く、弱音を吐くひとではなかった。期待に応えようとして、心はがんばったけれど 身体は耐え切れなかった。通勤電車のあちこちにいる会社のため家族のために一生懸命真面目な社員のひとりでした。

    ヒーリングをしていると見えてくるのです。.....ひととなりが。笑顔をたやさずいても ときどき辛くなる。それでも一切感謝 よりよい生のために。いのちをことほぐために。

庚申塚とは→コチラ

千手観音とは→コチラ

馬頭観音とは→コチラ

お地蔵さまとは→コチラ

昔から ひとは 道ばたの神さまにお守りいただいて 生きてきたんですね。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   今週 三日目になりました。きのうは不思議でした。背中からパワーが入ってくる それが手から放射される.....「波動を感じる」とその方は言い 最初のころは抵抗があって自分自身がつらかったのが、その抵抗がなくなってパワーが身体にどんどん吸い込まれてゆく感じがしました。

   わたしは30分のあいだ涙がこぼれてとまりませんでした。している、そのときだけは確信できるのです。「一切が感謝である」ということ。愛のような光のようなエナジーのようななにかが限りなく降り注いでいることを。ところが現実世界に入ると それは忘れてしまって 仕事の上で怒りに心を譲り渡してしまうと ヒーリングはできない。

   そして身体でわかったことがあります。ひらくこと、ゆだねること、頭をさげること そして集中。イメージも大事だけどグランディングはもっと大事。自分の深いところとつながっているけれど わたし(エゴ)がしていることではない。......語りと同じなんです。それと同時にカタリカタリのメンバーのそれぞれの課題が見えてくる.....みんなつながっている。なにをすればいいか見えてくる。ありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    沖縄では、毎年6月23日を慰霊の日として、小中高校を公休にしているそうです。民主党は当初 沖縄から基地を撤退させる アメリカの海兵隊を抑止力とは思わないと明言していました。

    ところが 一昨日6/22 (日本記者クラブの)「9党党首に聞く」において管首相は「米軍基地は抑止力」と言いました。沖縄の米軍基地について、たしか共産党の志位委員長の見解がもっとも理屈にあっていました。「嘉手納基地から年間に発進する戦闘機の実に半数が中東に向かっている」

    米軍が中国ににらみを利かせているのはたしかですが、それはアジアの安定のためとは思えません。自らの覇権のためであって ましてや日本を守るためなんかではありません。それを管首相は「バランスがたいせつです」と言います。アメリカの武力を当て込んで中国海軍ににらみを利かせつつ 貿易は中国と仲良く?? それがバランス?? 

    菅首相になって民主党は自民党にちかづいた....これは現実に即した...というのでしょうか? それともアメリカに篭絡されたというのでしょうか......

    沖縄戦 東京大空襲 ヒロシマ ナガサキ.....戦争の恐ろしさ...生命をおびやかされること 死がいつもすぐそばにあったことを肌身で知っているひとは次第に高齢になってゆきます。......それをわたしたちは忘れないで語り継いでいかねばならない。けれども 戦争の被害者としての面だけを声高に語るのは片手落ちじゃないでしょうか。

    特攻機に乗った朝鮮の方がいました。殺された中国のひともいました。日本が給油を受け持ったイラク戦争の推定死者数は122万人です。今でも劣化ウラン弾で被爆し白血病になったイラクの子どもたちが死んでいます。ブッシュ大統領は生物・化学兵器等、大量破壊兵器を理由にイラクを攻撃しましたが「イラクには兵器はなかった」と調査委員会は発表しました。けれどもアメリカはイラク国民に謝罪しませんでした。英国も、日本も 「間違っていました ごめんなさい」といいませんでした。

    アフガンでも。そしてパレスチナでも住む家を奪われ 食べ物にも事欠き 銃弾におびえながらひとびとは暮らしている。日本はアメリカを支持することでイスラエルに加担、国家としてパレスチナのひとびとを苦しめる片棒をかついでいるのです。

    事実 沖縄の基地から中東に戦闘機が飛んでいく。
これをバランスというのでしょうか。戦争がいやなのは、日本の子どもだって アフガンの子どもだって パレスチナの子どもだっておなじですよね......

    日本という国家がしていることは つまり わたしたちひとりひとりがしていることでしょう? 読み聞かせをして ときにはものがたりのなかでよい行いを子どもたちに求めながら 片手で殺人......ブラックジョークですね。

    わたしたちはなにをしたらいいのでしょうか。そのこたえのひとつをしようと思います。アフガニスタンの子どもの詩をさがしています。ご存知の方がいらっしゃったら 教えてください。



9党首に聞くの記事は→コチラ    



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    きのう 小学校1年のおはなし会
「宝の原」.....参加型のおはなし。子どもたちは元気よく歌ってくれました。
”♪なぁにがあっても 前に進め!!”のところでは
腕を振り上げて歌います。

    「稲って知ってる?」「知ってる! お米になるんだよ」
そうだよね 宝の原っていうのは 宝が埋まっている原っぱのことではなくて働けば働くほど 秋に黄金の稲が実る 田んぼのことだったんだよ」
ほーっというため息.....時間があまったので”ちんぴろりん”....爆笑がおこりました。
「また おはなしにきてください」という声がしました。

   
    今日 中学校三年のおはなし会
今昔物語 長谷雄草紙 から 再話
十二分にものがたりがはいっていなかったので 読み語りにしました。すっくと仁王立ちになって語りました。(数人男の子がざわめいていたので)男が鬼の本性を見せたあたりで しんと静まりました。.........鬼の手で作られた絶世の美女 たまゆらは長谷雄に問いかけます。「ひとはみな朽ちてゆくのです。あなたも....わたしも.....今 このときだけ.....わたしはあなたさまを....」

長谷雄は思わず たまゆらをかき抱き100日のあいだは契らぬ約束を破ってしまいます。.....さてさて.....。

そのあとの反省会がおもしろかったです。水からの伝言を読んだ方がいました。波動については賛否両論があり 万一 父兄から学校や幼稚園にクレームがきたらという危惧から わたしはしばらく 語らないでいます。(そのかわり...なすの苗にした実験について語ります)ことばの力は水を変える。 人間の身体の70%は水ですから、ひともまたつかうことば 聴くことばによって変わるのです。

3年前 はじまった頃は 絵本を読むだけの中学校のおはなし会。いまは語りあり 朗読あり.....テーマもさまざまになりました。子どもたちの気づきのために 成長のために ゆるされた10分間を どうつかうか.....メンバーは真剣です。今年ついに ブックトークで2003イラクがとりあげられます。その本には傷ついたイラクのひとたち 亡くなったイラクのひとたちの写真が掲載されているのです。

9.11に端を発したイラク戦争はなんだったのか? いつか歴史が真実を明らかにしてくれるでしょう。けれども日本がイラク戦争に加担したこと、日本に住むわたしたちが、その本で亡くなっているイラクの人の死にかかわりがあると考える中学生は、ほとんどいないのではないかと思います。

それをあきらかに...と申しませんが、たくさんの隠された真実があること その扉をすこぅし あける.....考えるきっかけになるような.....読み聞かせや語りがあってもいいかな....と思うのです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   衣装 時間 テキストの表紙の色が決まりました。

魚の坊やは病気です。.......句読点を捨てる 語尾が裏返るくせに気づく つくりものでないおかあさんの声......体をとおした声

わたしがちいさかったときに......暗闇が見えない 火が見えない どこにスポットをあてるか.......原爆の日 朝の平和な日常 失われたからこそ輝かしい朝

知覧.......「いってまいります!」に青年の凛々しさ......筆者の回想部分に一考

その他

①今回のテーマ  「代弁の語り」語れないひとのかわりに名もない市井のひとの代わりに語る。それは 語りの原点である。
②それぞれがそのひとの今の人生に即した(共感するひとの)テキストを選んでいる。
 幼い子を持つ人→幼児虐殺
 22歳の学生を息子に持つ人→学徒出陣兵
 中学生の息子を持つ人→特攻隊
 
お菓子とお茶をいただきながら それぞれの文の背景を考えました。同じように死を目前にしても年代 性別 教育水準などで 戦争や死に対する思いは異なります。

死と向き合っているからこそ命はかがやかしく燃え盛るのです。戦争とはなにか わたしたちが今享受している平和とは なにによってあがなわれているのでしょう。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


完敗  


    営業と担当者と三人で得意先に折衝に行きました。得意先の初老の担当者と折衝しましたが、完敗でした。うちの人間が出したデータそのものに根拠がなかった。社外で話していることと社内に報告していることが違っていた。ぼろぼろと明るみにでることに目を覆うばかりでした。もちろん、相手は経験豊富な手練れですが、根拠があるのなら ある程度まではこぎつける自信があった。.......といいますか、作戦としては もつれこませ 第三者に入ってもらうつもりでいたのです。

    けれど 材料がないし うちの人間が「ごもっとも」と認めてしまえば どうしようもない。クーラーの止まった事務所で三時間....あまりの負けっぷりにすっきりするくらいでしたが 屈辱感がふつふつ.....信じるしかなかった。しかし どうして見過ごしてしまったのだろう.......

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ