遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 




みなさま おひさしぶりです。1週間もおやすみしてしまいました。おかげさまでケヴィンはクリスマスに突然元気になりました。老犬なのに走り回っています。ついでに発情しまくっています。ケヴィン最強!!

こんなにながくおやすみしてしまったのは 体調もわるかったのですが イブの日 小松左京の”日本沈没”を読み直したからです。小説のなかで 日本列島の沈没が発表されたのは3月11日 アメリカ時間の午後2時でした。小松さんは予見していた? 小説の中で 政界のフィクサーの「学者にとってなにが一番大切か?」という問いに 日本列島の異変に一番最初に気づいた学者に小松左京は「直感です」と答えさせています。直感.....だったのでしょうか それとも。

小説「日本沈没」のつづきをざっと述べてみましょう。日本政府は各国に呼びかけ 日本国民を難民として受け入れてもらうよう必死の努力をつづけます。関係各庁のひとびとの同胞を救おうとする超人的な努力によって 日本国民は世界中に散らばり 帰る故郷を持たない流浪の民となるのです。けれども三千万あまりのひとびとが 火を噴き鳴動しのたうち震え咆哮する断末魔に苦しむ竜のような列島と運命をともにし 海中に飲み込まれます。なかにはあえて愛するうつくしい国土とともに滅びる決断をするひとびともいるのでした。

今読んでみるとかなりショックでした。 それから もういちど 阪神大震災について見直すことにしました。....すると 阪神大震災も東日本大震災とおなじ複合地震だった。すっかりわすれていたのでした。阪神大震災でも9.11のイスラエル企業 とおなじように 外国人たちがあっという間に現場から逃れ去っていました。詳細はリンク先をごらんください。

→ こちら

阪神大震災も人工地震だったのでしょうね。人工地震といえば 決まって出てくるのがベクレル社とちきゅう号です。ベクレル社が工事で掘削したところとちきゅう号が海底をボーリングしたところに核が埋め込まれているらしいということです。ちきゅう号については いままでにもいくつかのリンク先をおつたえしましたが 今回はこちらをごらんください。

→ こちら

日本列島のまわり中をちきゅう号は探索しています。おそらく火山と地震の国 日本の海のいたるところに火種は埋め込まれているのでしょう。このことで 彼らは日本政府を脅しているという面もあるのかもしれません。そうと考えなければ 日本国民をすべて放射線の実験台にするような数々の施策はあまりにも悲しい。個人的には1月には大規模な地震はおきないような気がしますが 事態は刻々と変化するのでわかりません。

放射線によるじわじわとした日本人の衰退 いつ襲ってくるかわからない地震 無能としか思えない政府 このような絶望的な状況のなかでわたしたちはなにをすればいいのか。

マスコミによる洗脳がありながら それでも50%以上のひとが食べ物に気を遣っているという調査結果がありました。一見 なにごともないような 自己催眠にかかったような 日本人のありようはもしかしたら 生きるための知恵なのかもしれません。東京はすでに子どもの住める場所ではないと各国の識者は見ているようですが、移住できるひとばかりではありません。

できることは十二分に対処すること。アンテナは伸ばしておくこと。あとはあかるく元気に暮らすことだと思います。悲観したり恐れたり 不安にさいなまれたりすることは彼らの思う壺です。........そして祈ること。祈りには力があります。自分のため家族のためだけでなく この国のために 世界のために 子どもたちのために どうか祈ってください。初詣でも.......。わたしは思い出します。ホピの予言でも そうでした。祈りをわすれないひと 心正しいひとたちがつぎの文明の担い手として残りました。

わたしたちはあかるく元気でいましょう。準備をととのえ 言うべきことは言い やるべきことに力を尽くし 祈りつつ 知恵と工夫と笑顔で乗り切りましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    ケヴィンは眠ってばかりいます。毎晩ついて看ています。一昨日の晩 年賀状の印刷を朝までしたました。幼稚園にはクラスごとに送ります。古い友人から突然のTELとお誘いがありました。。”あなたのファンです”といわれると花につつまれたようにしあわせです。わたしもその方の語りがすきでした。今日 山姥さんから 4/14 勉強会に震災の語りのご依頼をいただきました。とてもうれしいです。あとは大掃除をしました。

    集中できなくて みんなが待っているのに 戦争と平和 の原稿ができません。チェルノブイリの子どもたちの作文を読むと あまり福島に似ていて つらいです。事故がおきたのは春もさかりの4/26 けれどもしらないで多くの子どもが5/1ノメーデーのパレードで被爆しました。夏の日をおばあちゃんの田舎で過ごしてしまったために被爆した子もいました。産地偽装がおこなわれました。知らないで汚染された食べ物を口にしたひとがおおぜいいました。

    そして 3~4年後 悲劇は起こりました。つぎからつぎへ 子どもたちは発病しました。子どもたちは書いています
・もっと生きたい 
・あの日より前に帰りたい 
・菩提樹の森 小鳥 いちご ふるさとを返して
・もし 生きていられたら 学校を卒業したあと 種を撒くひとになりたい
・どうか わすれないで ヒロシマを チェルノブイリを
・あやまちを繰りかえさないで
・あの事故に責任のあるひとに ここに来てもらいたい そして苦しんでいる子どもを見てもらいたい。
・これは核戦争なのだ
・どうか アメリカも 日本も ロシアもドイツも みんな事故のことを忘れないでください。こんなことが二度と起きないようにしてください。
・みんな わたしを わすれないで

    以上のことばは わたしの記憶によるものです。わたしはなにも知りませんでした。チェルノブイリがヒロシマ ナガサキの向こうにあったなんて..... 矛盾と謀略と裏切りに満ちた世界 いちばん苦しむのは子どもたち そしてこれから もっとたくさんのことが起こる。来年は死に物狂いだ。それでも 希望を捨てないでいきてゆこう。イブにこんなことを思いました。どうか あなたのこころもやすらかであるように。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




123便についてコメントがありましたので ここはUPしないわけにはいきません。123便の事故にも暗い暗い闇がありました。そして それは 今 につながっています。わたしたちの国はいったいどこへ。わたしたちの国をわたしたちの手に。

→ こちら

→ こちら

ボイスレコーダーの記録
→ こちら

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




それに+教育手当て@18000以上 お客様@5000
いったい 全部でいくら もらえるんでしょう。みんな税金。それでもって天下り先探すのに奔走するわけだ....

ツイッターから

ヤブロコフ博士、ネステレンコ博士 1988-1999年に泌尿器生殖器疾患は2倍となった。54.1%の妊婦に癇前症、貧血、胎盤の破壊と多量失血が見られた。事故の後始末に働いた人は1988-2003年の間、泌尿器生殖器疾患が10倍となった。

ニューヨークにある財務省の事務所で働く官僚には本給の他に海外赴任手当が月30万円、住居手当21万円、子女教育手当が一人につき1万8000円以上、配偶者手当6万円(40歳)。家に客を招いた場合、客1人につき5000円。接待する奥様用の手当」 → こちら

デボルド委員長 「原子力事故がある度に、被曝許容量の数値が上げられることに不安を感じる」と述べ「経済的理由から、チェルノブイリで行われたことが日本でも同様に行われている。それは重度に汚染された地域に住む住民を避難させないことだ」と語り、その理由は高額に及ぶ賠償金額のためだという。

丸屋博医師 「イラクの子供たちの白血病、がんなどの悪性腫瘍の上昇傾向が異常です。広島の悪性腫瘍の発症との間に大きな差があります。DU(劣化ウラン)の微粉末を吸入する結果もたらされる、アルファ線による体内からの被曝は、ガンマ被曝を中心にだけ考えていた僕らには大きな衝撃でした。

瓦礫だけでなく、汚染車が持ち込む死の灰の恐怖を物語っています。汚染されていない地域の子供たちの命も危険にさらされているということですね。行政に知らせなきゃ◆汚染車両に乗車した子供が疼痛,痙攣,歩行障害「放射線による可能性がある」との診断書 → こちら

もんじゅ維持に175億円の予算案なんておかしい。2005年度以前の120億円よりも多い。おかしい。by 福島みずほ

以上

これだけははっきりしています。官僚は敵 アメリカは敵 金融資本は敵 日本人は病に罹らされ 殺され 食い尽くされます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





→ こちら

以下抜粋

日銀の正体
「日銀」の株はジャスダック市場に公開され株主構成は55%を政府が、45%民間が所有していますが、民間株主が誰なのかは一切公表されていません

戦前の「日銀」は天皇家とロスチャイルドと三井財閥が大株主でしたので、現在45%の民間株主の中に天皇家とロスチャイルドが別名義で入ってい ると思われます。「日銀」は1881年に三井銀行の為替方を廃止して創設されましたので、最初から三井銀行のパートナーであったロスチャイルドと の関係が深かったのです。

現在の白川日銀総裁に至るまでの歴代総裁と最高責任者達は、時の政府ではなくロスチャイルド国際金融資本や米国FRB(ロスチャイルド系銀行が 100%株を所有する民間銀行)の戦略に従って日本の金融政策を決定してきたのです。「日銀」は「紙幣印刷」と「金利決定」の「信用創造特権」が独占的に与えられている銀行の中の銀行です

中央銀行である「日銀」は「信用創造特権」と「金融政策」と「窓口指導」を通じて、景気の浮沈、バブルの発生と崩壊、為替レートの決定、政府財政 の黒字・赤字化、銀行と企業と個人の生殺与奪権を勝手に左右できる、政府や国会を超えた「超独裁」機関になっているのです。

「日銀」1997年の「日銀法改正」によって、政府から「完全な独立」が保証され政府は日銀総裁の首を切れなくなりました。「日銀」は表向きは政府の金融政策に従うような顔をしていますが、実際は政府からの干渉を受けず自分たちで勝手に「金融政策」を決定して実行しているのです。

「日銀」は政府や国会よりも強大な決定権をもつ「超独裁」機関であり憲法41条の規定「国会は国権の最高機関である」に明白に違反しています

政治家も裁判官も官僚も大手マスコミも学者も評論家も誰も「日銀の正体」「日銀の違法性」を語りませんので「憲法違反」が容認されているのです。

「日銀の正体」は「通帳マネー」に並ぶもう一つの「大タブー」であり完全に隠されています。国民は「よくわからないが超エリートが集まって政府の 都合に左右されない客観的な金融政策を決定する第三者機関」のように思わされていますが大きな間違いです。

日本を実質的に支配しているのは「日銀」と言っても過言ではないでしょう。

この20年に起こったこと

1985年9月22日ニューヨークの高級ホテル「プラザホテル」に集まったG5(先進5ヶ国蔵相・中央銀行総裁会議)はアメリカの貿易赤字特に対日赤字を削減するために円高ドル安に誘導する「プラザ合意」を発表した。123便事故の翌月

発表の翌日ドル円レートは1ドル235円から約20円下落し1年後には150円台と急激な円高となったため、た政府(中曽根首相・竹下蔵相)と日 銀(澄田総裁)は「円高不況」が起きると懸念し低金利政策を採用したのです。その結果不動産や株式に対する投機を促進され1986年から1990 年までの4年間「平成バブル」がもたらされたのです。

しかし「平成バブル」発生の真の原因は「低金利政策」ではなく、日銀が「信用創造特権」で「紙幣印刷」して銀行に供給した「金融緩和政策」だった のです。

日銀は銀行と大企業に対して強力な「窓口指導」を実施して、有り余った資金を無理やり借りさせて史上空前の土地と株への投機を扇動して「大型バブル」を発生させたのです。

澄田智日銀総裁は、「プラザ合意」による急激な円高・ドル安で日本の輸出産業が苦境に陥り「円高不況」に陥る危険に対処したのはなく、明確に「大型バブル」を発生させ頂点に達したら崩壊させる「ユダヤ国際金融資本」の戦略に従い積極的に動いたのです。

「大型バブル」を発生させ頂点まで加熱させる役割を与えられた澄田日銀総裁(1984年ー1989年)は、日経平均株価が最高値(38915円) を記録した1989年12月に日銀総裁を辞めすぐにロスチャイルド系の投資銀行ラザール・フレールの顧問に就任しています。これほどわかりやすい ことはありません。

澄田智氏の次の総裁には、三重野康氏(1989年ー1994年)、松下康雄氏(1994年ー1998年)、速水優氏(1998年ー2003年)、 福井俊彦氏(2003年ー2008年)そして現在の白川総裁と続きます。

「平成バブル」は三重野氏が日銀総裁に就任した1989年12月がピークで1990年3月の大蔵省銀行局長が各銀行に出した「総量規制」通達で一気に崩壊を迎えます。

「失われた20年」は5人の日銀総裁(三重野、松下、速水、福井、白川)が意図的に作った!

その後現在までの20年間は「失われた20年」と呼ばれ、先進各国が2-4%の経済成長を達成する中で日本だけが「デフレ不況」が深刻化して「ゼ ロ・マイナス成長」を繰り返す「異常な状態」が続いているのです。

何故日本だけが「デフレ不況」から脱出できないできたのか?

それは歴代の日銀総裁(三重野総裁、松下総裁、速水総裁、福井総裁)と現在の白川総裁が揃いに揃って「デフレ不況」突破のために不可欠な「紙幣発行」による「信用創造」を市場に供給して来なかったからです。

なぜ日銀は「紙幣発行」による「信用創造」を市場に供給せず「デフレ不況」を20年間も継続させてきたのか、その理由は以下のとおりです。

一言で言えば、歴代の日銀総裁は日本の景気や国民生活などどうでもよく、彼らはロスチャイルド国際金融資本とFRBの世界戦略に従って日本の金融 政策を決定し実行しているからです。

1991年にソ連が崩壊した時点で米国にとっての最大の脅威は「日本の経済力」であり、米国防総省は総力を上げて「日本経済破壊作戦」を展開したのです。

作戦の一つは、「日本の財政」を破綻させるために米国は「内需拡大」を名目にして自民党政権に対して1989年から1999年の10年間に総額 620兆円の税金を「無駄な公共事業」に投資させたのです

2つ目の作戦は、米国が首相に押し立てた小泉純一郎首相(2001年ー2006年)に「小泉・竹中構造改革」を強行させて日本社会の「セーフテイネット」を破壊させ日本人を弱体化させること、そして日本の株や不動産を底値にして米国金融資本に買収させることを実行したのです。

「小泉・竹中構造改革」によって貧富の差が拡大し「大格差社会」となった日本は、2009年8月30日の「総選挙」で「新自由主義」を拒否して 「国民生活が第一」の小沢・鳩山民主党を選び「政権交代」を実現させたのです。
しかしながら米国は小沢・鳩山民主党政権を「反米政権」とみなし東京地検特捜部を使って小沢一郎民主党代表を狙い打ちにした「国策捜査」と、大手 マスコミを使った「小沢バッシング」をくり返して小沢一郎氏を抹殺したのです。

2010年6月2日の鳩山首相と小沢幹事長が同時に辞任した「6・2クーデター」で新たに首相となった菅直人氏は「対米従属」と「消費税増税」に 方向転換し米国と財務省の支配下にくだったのです。今年9月30日に就任した野田首相は菅前首相以上に米国と財務省のポチに成り下がり、「消費税 増税」「TPP参加」「社会保障切り捨て」を主張し「国民生活が第一」の公約を完全に捨て去っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





  以前UPしましたが もう一度 日本のマスコミと韓国駐日韓国報道機関はなぜかおなじ住所

→ こちら


今年 2月頃 脳腫瘍で亡くなられたといううわさのあった会長の病状について 先日発表がありました。

→ こちら

わたしたちの国 日本はどういう国なんでしょう。アメリカの言うがままかと思えば 内緒で核兵器をつくり あげくのはてはお仕置きされる。マスメディアは某国の管理下で 国営放送もかなりあぶない状態です。

(ようやくNHKと契約解除できました。わたしはNHKが公共放送でありながら 私営企業 電力会社の社債を 視聴料で 購入していることを突き 解約の用紙を送ってもらうことができました。)

財務大臣は ....あのアズミという若造は 「任期のうちに直接税 間接税 上げるのはわたしだけだ」と 傲岸にも豪語する。ロシアだって50箇所で 占拠の不正を怒って大規模デモ。フランスだってイタリアだってイギリスだって アメリカだってデモ。それなのに わが日本国民は 60年余にわたる占領政策で 牙をぬかれ 茹でかえる同然 九州北海道をのぞいて 総被爆なのに みんな吸い上げられて貧乏なのに 静かなものだ。もういいかげん 怒ってもいいと思う。殺されようとしているのに。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




→ こちら




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    クリスマス=聖ルチア祭
冬至がすんで あたらしい太陽が生まれる 光の祭がはじまりでした。キリストの誕生日(本当は1月 5日か6日)をその日にあてたのは 布教のためだったそうです。聖ヨハネ祭は夏至ですね。いずれも キリスト教以前 古代のひとたちのならわしや信仰だったのです。

    ともあれ メリー クリスマス!! 愛と平和を.....地の上に 宗教をとわず すべてのひとのうえに こどもたちのうえに------。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




→ こちら

自分が死んだということかわからないとあの世に行けないと聴いたことがあります。
幽霊話 ほんとうかどうかわかりませんが もしほんとうなら切ないはなしですね。どうか やすらかに おやすみください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




→ こちら 


民主党の前原誠司政調会長が在日外国人から献金を受けていた問題で、前原氏に対する政治資金規正法違反容疑での告発について、京都地検が嫌疑なしの不起訴処分にする方針を固めたことが21日、分かった。近く処分する。

2005年以降の4年間と10年に各5万円の献金を受けていたとして、滋賀県の政治団体幹部らが3月、告発していた。
前原氏は3月、献金の事実を認め、外相を辞任した。

以上

証拠があるのに前原さんが政治資金規正法違反で 起訴されないで なんで法学者も認める期外記載で小沢さんが 起訴されるのか!? 実におもしろい国です。

前原辞任直後の3.11 たしか 菅さんも外国人献金問題が起きていた。そして 小沢さんはクーデターを企てていたという情報があります。




コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




→ こちら

 以下転載
アメリカ議会下院は14日、TPP=環太平洋パートナーシップ協定に関する公聴会を開き、日本がTPPの交渉参加に向けて近く関係国と事前協議に入ることについて、議員からは「すべての問題を交渉のテーブルに載せる意思が必要だ」といった注文の声が相次いだ。

民主党のマクダーモット議員は「日本はさまざまな手段を使って外国企業を市場から閉め出していることで有名だ」と述べたうえで、日本郵政グループを「政府から特別な支援を受けている」と批判し、日本がTPPに参加する場合にはさまざまな規制を取り除くことが重要だと強調した。

→ こちら

 以下抜粋
農業の次に言われたのは郵政の問題、特に郵便。向こうが多分関心があるのは、郵便貯金・簡易保険。ここの分野でかなり「もっと開放しろ、内外無差別」と。おそらく資本を入れてきたい。多分いろんなことが、今後要求として出てくるんだと思います。

以上

きのう 郵便局に忘れ物をとりにいって 郵便事業のひとと  すこし 話をしました。 郵貯民営化で 郵貯350兆 アメリカにとられちゃいますね といったら 「国民のみなさんが決めたことですから 仕方がないですよね」といわれました。たしかに あのとき 小泉マジックにひっかかり 郵貯民営化が日本の進む道だ 反対するひとは非国民だみたいな風潮でありました。でも それは マスコミにだまされたからです。もちろん だまされるほうもわるいですけれど。

TPPはマスコミがなんといおうと絶対 騙されないようにしましょう。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




   きのうのことです。朝 先生は廊下で出迎えてくださいました。子供たちは いまやおそしと待ち構えていました。自己紹介のあと 手遊び いちべいさんをしました。みんなで歌って踊りました。お月様 金のくさり をしました。固唾をのんで聞いてくれました。

   やまんばがくさりでもなわでもというところを「おつきさまぁ おらにもおろしておくれ くさ くさ ??くさった なわでもおろしておくれ!!」と叫ぶところでまんまえのAくんが うれしそうに破顔一笑。それから 地元の民話 ちんぴろりんを参加型でしました。

   どんなおはなし これからもってきましょうか? どんなおはなしが聴きたい? と訊くと 「宮沢賢治」というこたえがかえってきました。アメニモマケズ 知っている というので みんなで 暗誦しました。ほめられもせず のところを苦にもされず といったら すかさず 大きな声で さっきまで聴いているのかいないのかわからなかったBくんがほめられもせず!。 そういうものにわたしはなりたい。森さんはなりたいな みんなもなりたい? と聴くと はいとみんながいいました。さいごに もういちど いちべいさんを みんなでしました。「ありがとう 聴いてくれて いっしょに歌ってくれて 語ってくれて たのしいクリスマスとお正月を過ごしてね。またあおうね」というと......みんな 拍手で送ってくれました。

   廊下に出たら 我知らず こみあげてくるものがあって驚きました。みんなの波動があったかかった......語りは ものがたりだけじゃない 魂の交流なんだと 痛切に思いました。幼稚園もそうなんですけど 純な魂からは純な波動がかえってきます。わたしは ただただ しあわせでした。清らかなあたたかいものをいただいているのはわたしのほうなのでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






「民主党が地上からいなくなりますように」のプラカードを持った方々は、ことごとくSPや警察に排除されます。拘束された女性は「ここ日本だよ」と言いました。 #野田演説 #野田辞めろ http://twitpic.com/7v92xk @twitpicさんから


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




19日午前10時5分ごろ「爆発音に近い地響き」)白煙があがるフクイチをとらえる!

→ コチラ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




→ コチラ 

以下抜粋

 師走の冷たい北風が吹き付ける銀座「検察と記者クラブによる冤罪作り」に反対するデモが18日、行われた。



 80歳に手が届こうとする女性(板橋区在住)は心臓の持病を押して参加した。「マスコミへの怒りを表明するために来た」と話す。女性は配達される「朝日」と「東京」の2紙を隅々まで読むのが日課だ。

 「新聞を読むと小沢(一郎)さんと鈴木(宗男)さんが(検察とマスコミに)狙われているのが、よく分かる。東京新聞はさほどではないが、朝日がひどいので電話で抗議したこともある」。女性はこう話して特に嫌いな論説委員の名前を挙げた。

 「朝日新聞の購読を止めたいのだが、配達の少年が気の毒なのでしょうがなく取り続けている」という。

 女性の持論は「世の中悪くするも良くするもマスコミ」だ。「小泉政権の郵政民営化が示すように、マスコミが一斉にひとつの政策を支持する時はロクなことがない」と憤慨した。

 消費増税に突き進む野田政権は、12月4日付けの新聞各紙で「増税キャンペーン」を打った。政府広報費として総額3億円が広告代理店を通じて新聞社に払われたとする報道もある。政府広報費は国民の血税で賄われる。消費税が上がって苦しむ庶民の負担での「増税キャンペーン」。皮肉を通り越してブラックユーモアという他ない。

なぜ小沢が目の敵にされるのか

 ①「増税よりも先ず行政の無駄を省くこと」と口を酸っぱくして繰り返し訴えてきたのが鈴木宗男前議員と小沢一郎・元民主党代表だ。行財政改革をまともにやると既得権益の崩壊につながる。このため、2人とも霞ヶ関と記者クラブから目の敵にされてきた

 ②小沢氏は検察による法務省支配にメスを入れようとしていた。そのため検察はなりふり構わず、小沢氏を屠りにかかったのである。

 記者クラブも検察同様、小沢氏を目の敵にした。小沢氏はいち早く記者会見のオープン化を打ち出していたが、それ以上に記者クラブメディアの逆鱗に触れるものがあった。

 ③小沢氏が「クロスオーナーシップは『集中の排除』の観点からしておかしい」との見解を示していることだ。新聞社がテレビ局の株を支配するという奇妙キテレツな経営形態を認めているのは、先進国のなかで日本だけだ。ここにメスが入ると新聞社はテレビ電波利権を独占できなくなるのである。新聞社によるテレビ局の支配は、日本の世論を単一化してしまった元凶とも言える。

 原発事故直後、小沢氏は「先ず避難区域を広く設定して、安全が確認できれば帰したらいい」と述べていた。補償を一円でも少なくするために避難区域を狭くした菅、野田政権と逆である。北海道出身のデモ参加者は「宗男さんが政界に戻って来ないと北方領土交渉は一向に進まない」と嘆く。

 「日本を守ろうとした人が捕まり、日本を売ろうとしている人間がのうのうとしている」。茨城県から駆け付けた男性が、真相を言い当てていた。

以上

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ