遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



 

どういうわけなんだか オーデションの日15日は catarai'catari'のみなさんに 3月 語り劇・風船爆弾をもって 外部公演を終了し 語りを教えることもやめる と 告げる日と重なりました。

14年 自分の生活や自分の語りより 優先してきたことですから 覚悟の上といっても さすがに心は波立ち 10/1の公演の練習のあと 彩の国劇場にでかけたあとも ふっと涙ぐむ始末でした。オーディションというよりは ロミオとジュリエットの台詞を順番に読んでゆくといったものでした。できるだけ台詞を大きく....という指示 .... すっとんきょうな ウケを狙ったような言い回しには その日はついていけなかった。3回 順番がまわってきて 3回とも違うやりかたでやってみましたが 突き抜け感はなかったです。

その後 整体の方は 台....つまり人身御供 実験台をつかっての練習にすすみました。

甚五郎先生の整体はふたつのことで成り立っています。1骨格のねじれをただし バランスをとるため筋肉をほぐす 2 リンパを流す

1のために うつぶせになった状態でどの部位があがっているかさがっているか (からだがどのようにねじれているか)確認し....主に左右の肩 左右の腰 ひざなど

イタミのある反対側から施術します。痛いところはあまりさわりません。対応する部位はさまざま 反射区とでもいうのでしょうか。左肩に対して右肩 三角筋のウチガワは親指の付け根に呼応し 外側は小指に呼応する。ふくらはぎは土ふまずと心臓 ... さまざまにからだはつながっている.....先生はからだのあっちをほぐし こっちをほぐし... すると患者の足の長さはいつのまにか揃い からだが床にすいつき まるで粘土の人形をいじっているように ねじれが解消してゆくのです。

しかし わたしは 学びよりも施術をうけたくてうけたくて.... 15日以来 バランスが微妙に狂っていて 心も身体も不調です。ひとの身体と心はなんと精妙にむすびついていることでしょう。

声もおなじ からだのどの部分に反響させるか で 声は変わります。ひとのからだ ひとのこころ なんという不思議。来年からお客さまのからだをさわらせていただくとか.... 楽しみだけれど怖いなぁ。

 

神経でもっとも大切なのは自律神経 .... 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 

詳しい内容は 政府のHPを見ましょう。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/27/27r/dl/sankou27r.pdf

異次元緩和 ってなぁんだ.... 

黒田バズーカ...で 国民は 動かなかった。だってお金ないもの だって未来に希望が見えないもの...

そしてこれから何が起きるかわからないもの

 

 

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/27/27r/dl/sankou27r.pdf



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

きのう ひさびさに 佐藤響子さんのメビウス氣流法の教室に行きました。からだと心の静謐を求めていたからです。unit catari'catariのメンバーに 教えることは3月でやめるとつたえ それぞれが 自立した語り部になるための障害とその対処法のヒントをつたえてから わたしの心は波立っていました。障害とはおもにそのひとの持つ葛藤...(なかにトラウマもふくまれます)なぜ語るのか 語りたいのか ....およそ 葛藤のないひとはいないのですが パフォーマンスなり創作なり するひとは ことさら葛藤がつよいように思います。

語り手の持つトラウマは語り手の個性につよくかかわります。知らず知らず 自分を癒したいために語るからです。そのトラウマは7割がたが幼少時から思春期にわたる親子にかかわり またいじめであるとか 集団世界との軋轢であったりします。

すると ものがたりが ひとつの傾向をおびるようになる。それはわるいことではありません。そのようなものがたりは同じような傾向をもつ聴き手の心にヒットし すこしずつ解消されてゆくからです。けれども いつまでもそこに甘んじていてはならない そこから離脱し ものがたりのうつわである語り部となり さまざまなものがたりを降ろし 語り 魂振りの語り部となるために トラウマを解消してゆくことが必要だと考えました。エゴからの解消 真の脱力 リラクゼーションには トラウマが障害になるように感じていました。

ですから 個人的な生き方 生きるために身につけざるを得なかったこと ひとの顔色を見ることや より輝かしいひとのそばにはべること などにも言及してしまった。そのイタミがわが身に戻り これでよかったのか 傷つけはしなかったか と わたし自身が明晰でなくなっていました。

響子さんのワークはとても静かです。3R?のあと  さきごろ 亡くなったインドの演奏家のCDを聴く ティンシャと同じ 複数の金属でできている古楽器.... からだを自由に動かす CDを聴くまえからわたしのからだはゆれはじめ こころ?も凝縮し そのときを待っていました。.... 漆黒のそら 微細にまたたく幾億の星星 巨大な蓮の花.... わたしの眉間のそばになにかなつかしいもの がいました。わたしはなみだをしとどにながしていました。.... 曲がかわり 水音のような響き 一音一音が 糸のようにからまり にじみ 消えていった。 わたしはなつかしいものたちに いかないで そばにいて と懇願しました。..すると ずっと それは そばにいた わたしのなかにいたことがわかりました。

次のワークは ... ピアノ ... 生演奏 ... 鈴のはいった籠の玉を手に 自由におどる .... その場に5人がいましたが スタジオ? のはるか上空で いつつのひびき いつつのいろ いつつのひかりが またたき おたがいを感じあい 干渉することなく ひきあっているような感じがしました。じゆうにゆるやかにからだは舞い そこに道があり ささげるものがあり ひかりがありました。こころも身体もおだやかに鎮まって なお いきづいていました。

ワークのあと 食事をしながら話しました。 気流法の脱力とアレクサンダーテクニークなどの脱力は違う。アレクサンダー...は からだのひとつひとつを確認しながら 脱力し 最後は眠ってしまうことも多いのですが 気流法の脱力は 細い ほそーい 凛とした一弦が こころとからだにとおっている ... なぜだろうと問うたところ 気流法は 静から動に瞬間にかわる というような答えを響子さんがくださった。....今回は 気流方の50周年記念?の欧羅巴での研修会の準備のため 仏人の役者さんも参加していたので ここととからだについてお話できて 楽しかったです。 つづきはまた .....

 

月天子     宮沢賢治

私はこどものときから

いろいろな雑誌や新聞で

幾つもの月の写真を見た

その表面はでこぼこの火口で覆はれ

またそこに日が射してゐるのもはっきり見た

后そこが大へんつめたいこと

空気のないことなども習った

また私は三度かそれの蝕を見た

地球の影がそこに映って

滑り去るのをはっきり見た

次にはそれがたぶんは地球をはなれたもので

最后に稲作の気候のことで知り合ひになった

盛岡測候所の私の友だちは

──ミリ径の小さな望遠鏡で

その天体を見せてくれた

亦その軌道や運転が

簡単な公式に従ふことを教へてくれた

しかもおゝ

わたくしがその天体を月天子と称しうやまふことに

遂に何等の障りもない

 

もしそれ人とは人のからだのことであると

さういふならば誤りであるやうに

さりとて人は

からだと心であるといふならば

これも誤りであるやうに

さりとて人は心であるといふならば

また誤りであるやうに                       

 

しかればわたくしが月を月天子と称するとも

これは単なる擬人でない

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2016/08/31/proclamation-national-preparedness-month-2016

August 31, 2016

Presidential Proclamation - National Preparedness Month, 2016

NATIONAL PREPAREDNESS MONTH, 2016

- - - - - - -

BY THE PRESIDENT OF THE UNITED STATES OF AMERICA

A PROCLAMATION

Americans have been tested by trial and tragedy since our earliest days -- but year after year, no matter the hardship, we pull through and forge ahead. Fifteen years after the attacks of September 11, we reflect on our strength as a Nation when anything threatens us. Today, as the residents of Louisiana mourn the loss of loved ones and face tremendous damage caused by historic floods, we are reminded of what Americans do in times like these -- we see the power of love and community among neighbors who step up to help in extraordinarily difficult circumstances. Preparing ourselves to meet the unknown challenges of tomorrow is a duty we all share, and when confronted with crisis or calamity, we need to have done everything possible to prepare. During National Preparedness Month, we emphasize the importance of readying ourselves and our communities to be resilient in the face of any emergency we may encounter.

Although my Administration continues doing everything we can to keep the American people safe, it is each citizen's responsibility to be as prepared as possible for emergencies. Whether in the form of natural disasters like hurricanes and earthquakes, or unspeakable acts of evil like terrorism, danger can arise at unexpected times and places. Fortunately, there are many things that individuals, families, and communities can do to improve their readiness. I encourage all Americans to take proactive steps to prepare for any situation that may occur including signing up for local alerts, checking insurance coverage, documenting valuables, creating a plan for emergency communication and evacuation, and having a fully stocked disaster supply kit on hand. And I encourage those in the business community to prepare their employees, develop a business continuity plan, and engage in community-level planning to help ensure our communities and private sector remain strong when faced with an emergency. For information on how to better prepare for emergencies that are common in your area, or to learn about resources that may be available for increasing preparedness, visit www.Ready.gov or www.Listo.gov.

In the face of unpredictable threats and hazards, we are committed to improving access to information and raising awareness of the importance of precautionary measures. Leaders across our country should take the time to review the 2016 National Preparedness Report and find ways to address the vulnerabilities it highlights. All Americans can play a role in fulfilling our National Preparedness Goal by addressing the risks that affect them and participating in preparedness activities across our Nation.

We continue to collaborate with State, local, and tribal partners, along with those in the public and private sectors, to ensure that communities in crisis do not have to face these dangers alone. In addition to coordinating relief efforts and providing rapid response, we have focused on supporting the needs of survivors, investing in affected neighborhoods, and helping them rebuild their communities to be better, stronger, and more resilient. Federal agencies are also working to share resources with the public, promote the tools and technologies that could help during disasters, and offer preparation strategies. We launchedAmerica's PrepareAthon! to bring communities together and help them plan for emergencies, and on September 30, we encourage a national day of action to spur preparedness efforts from coast to coast.

Disasters have become more frequent and severe as our climate changes; both urban and rural areas are already feeling the devastating consequences, including severe droughts and higher sea levels, intense storms and wildfires, and more powerful hurricanes and heat waves. Climate change poses an imminent and lasting threat to our safety and national security, and it is critical that we invest in our infrastructure and integrate the preparedness efforts of our communities to improve our ability to respond to and recover from the effects of our changing climate and extreme weather events.

This month, we pay tribute to the courageous individuals who rush to the scene of disaster for their dedication to our safety and security, no matter the price. Let us recognize that each of us can do our part to prepare for emergencies, help those affected by disasters, and ensure all our people have the necessary resources and knowledge to protect themselves. Together, we will remain strong and resilient no matter what befalls us.

NOW, THEREFORE, I, BARACK OBAMA, President of theUnited States of America, by virtue of the authority vested in me by the Constitution and the laws of theUnited States, do hereby proclaim September 2016 as National Preparedness Month. I encourage all Americans to recognize the importance of preparedness and work together to enhance our resilience and readiness.

IN WITNESS WHEREOF, I have hereunto set my hand this thirty-first day of August, in the year of our Lord two thousand sixteen, and of theIndependenceof theUnited States of Americathe two hundred and forty-first.

BARACK OBAMA



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

いったい これはなんだ...と思うのです。

沖縄にすむ人々の意見を無視し 破壊したら二度と取り戻せない自然を破壊する基地をごり押しする安倍政権。

デモのひとびとを牛蒡抜き... それを知らせるのはテレ朝だけ。

核を自前で持つことを目的とした原発政策 反対する首長は追い落とすか 謀略で陥れる。

佐藤栄佐久福島県知事 泉田新潟県知事を追い落としたのはダレだったか... 

ウラにいるのはデンジレンではありません。

政権に手を貸す 報道 ... ペンの力なんて皆無だ。御用放送 御用新聞 大本営ですよ。

記者クラブ NHK 新潟民報はとくにひどいですね。

安倍さんと小泉さんは そもそも出自が かの国なので 日本への忠誠心は皆無なのでしょう。

日本をどれだけ 破壊すれば気が済むのか....

このままでは 日本に未来はない。 沖縄はわが身を守るため独立すべきです。琉球国をふたたび立ててください。

まことの日の本は東北にありました。ヤマトがその名を奪ったのです。東北は放射能に穢されてしまったが 

維新という名の日本が取り込まれた恐ろしい謀略 その後の日本の運命をかえたときの 羽越東北連合の夢を 

わたしは思います。

https://twitter.com/honest_kuroki/status/776025992456380418



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

9.11の式典中 倒れたヒラリー BEFORE AFTER

 

 プーチンも影武者とか.... すでに処刑されているとか ....   

 https://www.youtube.com/watch?v=KNDj0bmNbNE



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

9月15日 十五夜

多くの語り手は それと知らず 自分を癒すために語っています。 演劇をめざすひともそうですが 自覚されないトラウマを持つひとは多い。それが認められたい欲求とかさなり たまさか 自我の溶解という至福を 知ってしまうと もはや 乞食と役者と語り手は三日やったらやめられない....。

けれども 認められたい欲求(一概にいけないわけではない) 幼時のトラウマを抱えたままだと 偏頗な語りになる。特定のものがたりを好み タブー(たとえば性的なもの)が生まれ ものがたりのうつわになれない。なぜなら 知らず知らず自分が癒される語りを繰り返すからです。

つまり 聴き手の心を癒し 再生させ 輝かしい そのひと本来の人生に押し出すような語りはできないのです。

語り手としてはまだ卵ともいえる これらの方々には 語り手としての軸がない。なぜ語るか 根源的な問いがない .... 表向きは子どもたちのため...とか でも根本は 語ると自分がしあわせ.... 語る自分が好き .... ですから えらぶものがたりは 語りやすいもの うけやすいもの やった感があるもの .... 小奇麗な見てくれのよいものになりがちです。

軸というのは生き方そのもの なぜ生きているのかわからない... では糸の切れた凧。天地のあいだに立つ 大地をふみしめ 立つ。生かされていることに 天地の恵みに感謝し 喜び 悲しみをひきうけ からだと魂を 弦にしてものがたりを響きにし 差し出すのです。

軸がないひとは 何度おしえても からだや魂で受け止められない。なんどもなんどもそのたびにつたえる もはやその時間はない。

聴き手のこころに響く語りをするのは簡単なことです。 自分と向き合い みずからの傷をみとめ 癒すこと。からだを調律し 共鳴 共振の楽器とすること。こころとからだをあらため 清め 再生すること。語りのちから を 信じ ひとを信じること 自分を信じること。愛すること。

 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




 

 

9/15は十五夜でした。曇っていて中秋の名月は地上で見ることはできませんでした。

さて 17日の今日は満月ですが 今日もむつかしいかな。

台風16号

 

こちらは米軍によるもの

 

 

 

 

いくらなんでも 去年あたりから 同じルートばっかり....

中国方面から照射という方もおります。 ⇒ こちら MIMIC画像 よく見てね。

地球工学という学問があります。国連では 兵器としてつかわなければ (兵器だよね) 気象はあやつってもいいという国連決議があるんだとか。

下の図は どこかの会社が 特許申請した 衛星をつかった気象制御の方法

ですが 気象制御はとっくの昔から行われています。おひまな方はカテゴリー 気象操作 ⇒ こちら

台風は育てることも 進路を変えることもできます。

台風の作り方 ⇒ こちら

地球工学とは聞こえがよろしいが 要するに 地球をおもちゃにする 神の摂理を超えた キチガイ科学者の学問です。

モラルがない学問は悪魔のワザです。 原爆しかり 人工地震しかり

いつか 神の 自然の 地球の 鉄槌がくだりましょう。地軸がずれてしまうかもしれない。

そのときは キチガイ科学者ならびに イルミな方々 その他よからぬ国の指導者ともども 悪を見過ごしたわれわれの上にもその鉄槌が下ることを覚悟しましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

ドイツでは 水5日分 食料10日分

日本でも 水3日から1週間分へ

なにかが起こる可能性がある。金融危機か 戦争か 自然災害もね。

そなえあれば憂いなし....

現金もわすれないで....



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

⇒ こちら

世界のためには トランプの方がまだましです。

円高が加速するとしても... 米軍が去ったとしても...

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

ロミオとジュリエットの結婚式の場面と 決闘の場面の練習をしました。主たる役はネクストシアター ゴールデンシアターのかたがたがつとめるようです。

看板に若干 いつわりありだなぁ..... 

わたしたちは群集.... すなわち モンタギュー キャピュレット家の郎党となり 街のひととなりスーパーアリーナに 幻想の町をつくってゆく .... 

その 動きのシーンを ノゾエさんは 試行錯誤しながら ねりあげてゆくところ .... なんだろうな と思いました。

さて どうなることでしょう。あしたは オーディションです。 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

3.11から明確に意識が変わりました。レストランであの”時”に遭遇したわたしは 帰ると即座にPCに飛びつき やられた!! という記事をUPしました。PCにしがみつくようにして 情報をあつめ 昼も夜も発信をつづけました。

日本がたいへんなことになることは30年前からわかっていた。浅田真央さんとフジテレビのことから 日本の報道が悲惨な事態に陥っていることにも気づいていた。しかし まだ 実感はわかなかった。3.11の衝撃 政府の恐るべき対応と事実の隠蔽 そして その後調べた日本の近代史 古代史からまざまざと見えたものがあった。このままでは 日本は滅びの直前まで行く ....

自分にできることはなにか.... それは ブログと語りでした。事実 真実 を知らせること。そして ひとびとのなかに埋もれる原日本人としての覚醒 .... それしかないと思った。

しかしながら 日本人はながいこと ながいものにまかれることを骨の髄までしつけられてきた。そのうえに 見たくないものは見ないようにする 無意識に 事実とむきあうことを恐れ 行動しようとしない。 サガ といいますか そのようにうえつけられてきていた ....

老いたわたしになにができるのか .... ブログを書いても書いても 行動するひとがふえなければどうにもならない。 真実をつたえるひとをひとりでも 多く育てようと 家庭もしごともさておいて 語りをつたえてきたのだが 自立した語り手を育てることはできなかった。その1 その2で書いたように 各人のトラウマの解消から それははじまったのだが ある程度解消されても .... 自ら 動こうとはしない。

語りの目的を考え 軸とするのではなく 語ることそのもの ステージが目的になってしまった。悩んだあげく 何度 やめようと思ったかわからない。けれども 同じカマのメシを食ったなかというか あまりに深くそれぞれの人生とかかわってしまって やめる決断がつかなかった。みんなが好きだった。その 場 が好きだった。友人からは わたし個人の語りの活動をしたほうがよいと散々 うながされていたのだけれど。今思えば 一語り部として ふたたび立つことへの恐れもあったのかもしれない。

昨年来 KNOBさん 奈良祐之さんとの即興のコラボで うしなわれた神々のものがたり ヤマトに滅ぼされようとして戦うひとびとのものがたりを語らせていただき わたしがほんとうに語りたいのはこれなのだとあらためて気がついた。

そして今年三月 M先生から筋膜リリースの施術をうけたことにより 身体の澱だけでなく 心の澱が洗い流され 明確にものごとを見ることができるようになった。この14年はムダではなかった。しかし 残された人生のなかで わたしがやるべきことは まず 自分がかわること

そしてまわりをかえること。語りをつづけながら 身体を癒すすべをまなぶことで ひとが 生き生きと歓びをもって 天からさづかった自分の役目を果たせるようにささえてゆこうと決意したのです。それは真の癒し手 ヒーラー になることでした。わたしは語ることでも 語りを教えることでも それをお金にかえようとは思わなかった。しかし それは大いなる間違いでした。受け取るためには代償を差し出さなければならない。代償をさしだすことで 身を削ぎ よりよき己となるのだということ お金とはもっとも簡単で楽な代償であることがわかりました。

あたえる側も あたえる以上に(金銭とか)受け取れば それは禍となって戻ってくる。声とか 施術とかはことに揺り戻しが大きい....ある意味 おそろしい世界だと思います。そのために 常に 己と対峙し 己自身を磨きつづけなければならない あたえつづけなければならないのです。

甘えから脱すること 曖昧さからの訣別 プロとして立つこと それは わたし自身の解放であり 9月9日をもって わたしは生まれ変わります。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

狼たちは知っている さんから

あ、安倍ちゃん? 配偶者控除見直しに合わせてダイナマイトたくさん爆発させといたから。うん。みんな騒いでる?良かったー。で、フクイチはどうな、あれ?もしもし?もしもし?安倍ちゃん?

 

配偶者控除 だけじゃない 目的は 憲法改正

不安を煽る いわゆる ショックドクトリンによる 国民の心理操作 です。

もちろん アメリカが それを 望んでいるから。 自衛隊を配下におき 戦争をしたいから....

すでに米軍と自衛隊の一体化は終わっている あとは 法整備....

安倍政権にかわってから 自衛隊の訓練は転換したそうにございます。

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

ゴールドシアターは蜷川さんの遺志をついでノゾエさんが引き継ぎました。アメリカ 北海道 日本中から元気な60歳以上(のモノ好き)があつまりました。ゴールデンシアターの応募をわすれ がっかりしていたことを思い出して 娘が追加申し込みの最終日に応募してくれたのです。3月末にする unit.catari’catari'最終公演語り劇"風船爆弾"の参考になるかな という思いもあり参加しました。

全体練習の第一回目 ... 白 黒のはおりものを持ってくるようにとの指示でした。300人が集まりました。12月7日の公演には1600人弱が参加するそうです。稽古はお稽古場ではなく 蜷川さんが根城のようにしていた彩の国劇場大ホールのステージでした。ストレッチ 発声練習のあと 舞踏会のシーン...白をきたひとが女性役 黒が男性役 2階席からノゾエさんが支持をだし 動きをつくってゆきます。音入れにより 臨場感が増してゆきます。勝手に動きをつくってゆくグループもあり みなさん 楽しそうで目がキラキラしています。

およそ 2ヶ月前 7月13日頃 初回レッスンがあったのですが そのときと 身体のキレがまったく違うことに驚きました。筋膜リリースによる身体の変化を実感したのです。今後のお稽古がたのしみ.... わたしはステージにいるだけでなんともいえずしあわせでした。このステージで演じられた数々のお芝居 コンサート .... その余韻がステージに記憶されている .... ステージはときに 神の降りる場 ともなります。2020年オリンピックに向けて起こしたプロジェクトですが 県議会では赤字になりそうなので反対の声もあるとか....

みなさま どうぞ 観にきてください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

2016.9.5

私も撮影しましたが これはお借りした写真です。

うねる大蛇のようなような雲 これは3.11の前にも あらわれました。

2016.9.7  茨城地震

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/entries_by_earthquake_center?earthquake_center_code=301

 

さて 思い出してください。3.11 のあと 週末かならず 雨が降っていた時期がありました。

雨ふって 地固まる とは結婚式の祝辞の常套句ですが 実際 雨がふると 地震が起きないといいます。

これは語り部のたわごと ざれごと です。

台風は起こすことができる 進路も操作できる これはなんどか おつたえしました。

気象操作はすでに 世界の常識です。....世界中に 電磁波装置があり 日本にもあります。

どうやら 国交省もかんでいる

13号は粗製乱造台風で あっというまに生まれ あっというまに熱帯性低気圧

なんのためにつくられたのでしょうか... かんがえてみると .... おもしろいね。

いまのところ まだ 自由に ブログは書ける.... プリズムで収集され ておるとしてもね

たわごとも 真実も 書ける これはいいことです。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ