遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



 

死闘であった。水面下で死闘が戦われていた。個人と 巨大組織で。

貴乃花は  白鵬を横綱として認めなかった。エルボーなどあるまじきと思っていた。モンゴル人クラブを快く思っていなかった。

白鵬も置き去りにされたりして  腹を立てていた。

☆稀勢の里  が 日本人として 横綱となった。

★優勝後の場所で 日馬富士が  稀勢の里を痛めつけるような落とし方をした。これが稀勢の里の不振につながってゆく。

★貴ノ岩が 白鵬達に呼び出され  怪我をさせられた。

☆貴乃花  警察に訴える

★日馬富士  引退する。

☆貴乃花  文科省に訴える。

★貴乃花部屋の暴力問題浮上。

★貴乃花 相撲協会で 孤立  包囲網しだいに 狭まる。

★部屋の存続 不可能を知り  貴乃花 引退。

☆貴景勝  優勝。

★貴ノ岩に暴力問題。貴ノ岩 引退を決意。 

★稀勢の里   引退。

☆貴景勝 初めて 白鵬に勝利。白鵬  休場。

 

さて  貴景勝が 優勝すると とても  興味深いのです。

八角さん は どんな役割を果たしていたのでしょうか? 相撲協会は?

知らぬ顔の半兵衞の N H K は?

貴景勝が優勝したら 八角さんはうれしいでしょうか?   それとも❓

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

諏訪大社   311の年  凶  去年も凶  北海道地震   今年は去年よりよくない凶とのこと

今年もケムトレイルの撒きっぷりが半端ない。よっておかしな雲  おかしな虹色

癌だけでなく   リウマチも増加    いろいろ増加。

しかし 日本人は 負けない。あきらめない。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

四日連続のハードな公演   お伽芝居鉢かつぎ姫から   戦争と平和   志プロジェクト   幼稚園オリジナルプリキュアまで  クレッシェンドで盛り上がり  最後は  年少さんたちが  うれしくて  押し寄せてきて   わたしが転んでしまう  ハプニングまであって    …    きのう家に戻ると 二通の手紙。1通は30人のオフィーリアのお芝居のお知らせ   ブログの読者で女優になった方からの、もう1通はおはなし夢夢の勉強会。前日に届いたのだけど ちょうどオフだし  行ったほうがいいよ という確信があった。

それで   今日   王子まで   行ったのだ。おはなし会に出向くのは何年ぶり?   王子駅の改札で 間違えて中央改札から出てしまい   長くて遠い歩道橋を登り降り…   あ ディシャヴ  いいえ  同じことが昔あった…   北トピアでの 語り手たちの会の 吟遊詩人ジョングルールhttp://blog.livedoor.jp/rausch5145pfeife/archives/2010-08.htmlの公演   というか 勉強会。あのとき   櫻井先生は  語りのルーツのひとつ 東西の  弾き語りのカタチを会員に伝えようとなさっていた。

ジョングルール は その前に先生に誘われ音や金時に聴きに行っていたが  もう一方の和のルーツである薩摩琵琶の鶴城さんはわたしの付き合いの方が古い。わたしは鶴城さんから語りへの心向きの根本を学んだのだ。  聴き手の内なる神性に向かって語るというもっとも大切なことを。

そういえば 音や金時に 尾松さん  君川さんと  わたし 三人が 先生に呼ばれたこともあった。…そんなことが走馬灯のように  過ぎったとき    ふと喫茶ミニヨンの櫻の会で  キャシー宮田直伝の ネイティブアメリカンの創世神話 * 空と海と大地の話 を わたしが語ろうとするのを 先生が止めた理由が閃いたのだった。人間の頭っておもしろいつくりになっている。

それも今朝  津田さんからの電話で  津田さんのために   2月  ききみみの会で語る約束をしたのだった。先生は 空と海と大地の話を   空のおひめさま というタイトルで 再話なさった。わたしは幾度か  聴かせていただいたけれど   それは キャシーの原初的なものがたりとは  かなり違う   洗練されたというか都会的なものがたりで そのものがたりが好きという津田さんに 参考になればと思ったのだが 余計なお節介かも知れない。

わたしがキャシーに初めて会ったのはL T T A 

http://www.ltta.de/    の講座    キャシーは講師のひとりで  ネイティブの血を引いていて  元女優で ツナガル  ひとだった。LT TA  とは   多民族国家 カナダで  言語だけでなくアートを通して子どもたちに 基本の教科を教えるという教育システム。たとえば  音楽を通して地理を ストーリーテリングを通して数学を 。これから移民国家となるであろう日本にも有用と思う。L T T Aはともかくとして  わたしは 語り部としてキャシーからとても多くの贈り物を受け取ったと感謝している。英語で語っているのに 映像が見え 五官で感じる。それは キャシーが文字で伝えようとしていなかった証である。

さて 前置きがずいぶん長くなったが   今日は  尾松さんのお弟子さんたちの勉強会で   なんと  6時間もの長い間   其処  にいたのである。これは わたしにとっては 実に画期的なことだった。その場の 語りが 素晴らしかったの一言に尽きる。どういうことかというと  作りものの語りだと  耳が拒絶する   文字通り  耳が痛くなり   首筋が凝り  頭痛   吐き気までしてくる。1時間が業苦の時もあるのである。だから語りの会は  安全という確信が 持てないと  行かないようにしている。すぐ退出できるように 後ろに座る。

901号室に入ったとき   赤いベレーの方が不思議と気になった。手紙をくれた S さんに上がらないおまじないをしてあげてたら   其の方も  わたしにもしてください  語りは今日はじめてなんです。と おっしゃるので  して差し上げた。

その方の語りが 実によかった。星につたえて   透明な 青に身も心も染まるような気がした。涙が溢れた。語り手が生まれる その瞬間に立ち会えて幸せだった。Sさんは さっちゃんの魔法の手を語ったのだが   こちらも   ほんとうによかった。終わった後  涙が滲み   身体があったかかった。語りって  実に フィジカルなものでもあるんです。ーあぁ  いい語り手さんになられた   伝えたい   語りたい  その想いがふつふつとこみあげ   響きとなり  聴き手の心身にひたひたと寄せてくる。

ほかに   石のカヌー   緑のつりがね  など  忘れがたかった。鮫人 は  紅いルビーが溢れ落ちるのが見えた。そのルビーはカットしてあって 円錐をふたつ つなげたような形 紡錘形というの?  はじめて見るカタチのルビーだった。鮫人  ノロウェイ   サキ など 語りの会にはよくあるタイトルだが  語り手によって異なるものがたりのように違って聞こえる。

千代とまりは とても光るものを お持ちだが全体の構成  流れ    オノマトペをもっと綺麗にできる  惜しいと思った。忘れものの青いハンカチの話  これは新しいアプローチ   声優っぽいけど 間が秀逸 息をもつかせず もってゆく力量に脱帽。他にも  いい語りがたくさん。流石に尾松さんのご指導 のびのび 楽しみながら 学んでいる様子が 伝わってきた。

わたしは 子どもたちの心に火を灯すこと 種子を蒔くことに集中するため    語り愛好者のための会を おとなのための 語り部自身のための  会をひらく時間的な余裕も   気持ちにもなれなかったのだけど   今日は とても刺激になった。瑞々しい  やはらかな  ものがたりを  わたしも語りたいし   ユニットのメンバーにも  語らせてあげたいと 思わせてくれた会だった。

しかるに   文学は 果たして 語りに 似合うものだろうか  とも 感じさせられた。くるみ割り人形 とか よだかの星 を暗記する努力を思うと…… 八雲の雪女や鮫人はもともと  節子夫人の語りから 生まれたのだから別にしても。文学を 語りにすると  語り手によっては   ひとり芝居になってしまう。努力家ほど陥りやすい罠だ。マクドナルドさんが 言っていたのは  芝居は  観客との間に 一枚  幕があるということだったが   それよりも芝居そのものが 目的化しやすくなってしまう  突っ込んで言うなら  語る自分が目的化する  その恐れは たしかにあるのだ。

それも NHKのナレーションもなにもかも   語りという大きなジャンルに含まれるといえば それまでだが。語りは  ハート to ハート でしょう。人生もおひとがらも語りにおのずとはいるのだけれど それは そーっと差し出すもの。これでもかではなく共有するもの。あくまで これは  個人的見解だが  。

いい語りは 耳から  心にからだに沁みて  伝えたい憶い  満ちたとき  口から溢れる。語りとは 本来 そのようなもの   わたしは きのう あなたから 受け取ったものがたりを 今日 そして あした  だれかに伝えよう。

311の三年前   わたしは先生と訣別し 2年後 櫻井先生は身罷られ   311の前日  敬子先生に出会い   気がつけば  多くの多くの師と  袂をわかち 振り棄てるように  自分の信じる 語りに突き進み   今 老いた  愛国者として  自分の役目を 果たそうと残った ちからを絞っている。語り部として 学んで ゆくうちに この国の歴史   うつくしさ   今 何が起こされようとしているか 朧ろに見えてきた。先祖帰りの眼も朧に開いてきた。人生は宇宙は不思議だ。幾兆万 幾億万の糸で縄れ 織られた  タピストリのよう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

仕事 と  語り  母の介護で 息つく間もない日々だった。不満をいうつもりはない。

石をひとつひとつ積むように 努力を重ねてゆけば   どんなに開け難いと

思われた扉がひらく   気持ちもつたわる と そのことが  心から 信じられる充実

した毎日だったのだから。

しかし どうやら  三ヶ月前  11/12 ハナが姿を消してから   わたしの心は虚ろが

できてしまっていた。どうしてあんなちいさな寡黙な生きものがいないことが  

こんなに堪えるのかわからない

けれど    痛みを忘れようと  無意識に なぁんにも感じないように 心を閉ざして

いたようなのだ。疲れて疲れて疲れすぎて  なんにも感じなくなるようにと

からだを動かしつづけ  ブログを書く気力もなかった。

 

夕べ   武蔵野の露と消えても  皇女 和宮   と   三つの奇跡 樋口季一郎   と  世界で

二番目の婦人参政権    三つのものがたりの原稿を書きあげたら   気持ちはわるく

なる 頭痛はする   で  相当ヤバイと 心筋梗塞  脳梗塞も覚悟した。

昼過ぎ   なぜだか   車は 筑波に 向かっていて   唐突に筑波山が眼前に現れ 

氣が迸るように流れこんできて  わたしはなにかあたたかい懐かしいものに包まれ

ありがたく  もったいなく  かたじけなく   涙がこみあげ   泣いた。

なにごとのおわしますかは知らねども    西行のうたが浮かんだ

 

筑波山は  わたしのスピリチュアルなチャンネルが 開いたとき   一番  最初に

お詣りに通ったお山だった。山上の男神と女神は 山頂の巨大なアンテナから

発せられる電磁波? に苦しんでおられるようだった。…    3.11まで 北茨城の

神社のお詣りを週末つづけ   ヒの元つ国を この地をお守りくださいと祈った。

3.11後は  筑波のお山のほか  長野に向かい   神社をめぐり   和歌山も一巡した。

筑波のお山がもろ手をひろげ   邪なるものを受け止めてくださったことを

わたしは知っている。連なる  山が  スクラムを組むように  揺らぐ 大地を   固く

引き締めてくださったことを  わたしは知っている。

だが  ほんとうに 大愛に  感謝できていたのだろうか?

 

親の懐に抱かれているようなやすらかさ があった。赤子が母親の懐に抱かれている

ような   無条件の 絶対の ……     わたしは   神恋し  という気持ちが

初めてわかった。関東平野がひかりを含んで 広がっている。こうして 日々  守って

くださるのだと思った。

世のため 国のため  子どもたちのため   家族のため    もっと働かせてくださいと

祈った。神様がお使いになりやすいよう   身も心もクリヤーに といのった。  

 

 

 帰り道  朝日峠   から

 

 

カフェ   アメリ に 寄る。ハーブティとピザ   気がつくと   ここしばらく  モヤモヤしていた脳内がスッキリしていた。

今週 は  小学校の戦争と平和    芝居ミュージカル   鉢担ぎ姫   中学校の志を立てる    幼稚園年少の

プリキュアならぬチュリキュア物語  幼稚園を救え    の四連チャンであるが   きっとうまくいく。

今差し出せる   最上を子どもたちに届ける。

 

娘が  脳が疲れた と叫んだ  わたしを  心配して   連れていってくれたと   あとでわかった。
ありがとう……    最上の選択だったよ。
 
 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )