遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



  激しい雨のなかを真っ白な鳥が

狂おしく舞っていました。

  いのちの歓びにあふれて....

白い翼は力つよく 風を切り

  灰色の空にまばゆく輝いて.....



雨よふれ!! 風よ吹け

  大気と大地の汚濁を洗いながし

ひとの世の穢れを清め

  生まれたばかりのあらあらしい生命を

わが身に......わが心に........





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




.......民主圧勝、自民・公明壊滅.....64年間の長きにわたった流れが ついに変わった日、投票を終えて 講演会に行きました。これからの日本について聴いたことをまとめます。

その① アメリカ

.......アメリカの破綻につながると懸念されたカリフォルニア州の7月の危機がなぜ回避されたか。

シュワルツネッガー知事は実にしたたかだった。州の隠し金があったのだそうだ。芝居を打った背景には税の直間比率を変える目論見があったという。.......(しかし、今日検索してみたら カリフォルニア州が不用品のガレージセールをして数十万ドルの利益を得ようとしているらしい。これもポーズ?) →コチラ

予測されることは回避することが可能だが、予測できないことが起きたとき、アメリカ崩壊のひきがねとなる。

.....たとえば...暴動とか? 大規模な気候変動とか?

株価については、1929年の大恐慌と同じパターンを描いている。暴落していちどゆるやかにあがる....今はちょうどそのピークだろう。


その② 日本

日本は.......

1945年から2001年まで 政府が防衛、医療、福祉、地域基盤などの公共圏の整備をしてきた。官僚、民間、議員 の腐敗はあったが機能していた。

2001年から2007、8年まで いわゆる小泉構造改革以降 公共圏は民間に移った。このとき 巨大な利権が動いた。今は腐敗して、なお機能していない状態。

2009年 民主党に政権交代。すでにボロボロで政府が公共圏を支えるのは無理、民間ができないことは証明された。いまだかって公共圏を民間が支え成功した事例はない。では、どうするか。

権限を地方に委譲する。それだけでも間に合わない。民間のボランティアが公共圏を支えてゆくかたちをつくってゆく。そうすれば、なんとか食べてゆける。国民ひとりひとりのメンタルな変質が必要である。コミュニティのなかで自給自足が促進する。

思い切った金融改革を推し進めないと 早晩行きづまる。民主党は自滅するしかない。


その③ 世界経済はどうなるか?

アメリカ中心の世界経済は終わる。ニューフロンティアは終わる。

① EU
② 東アジア(中国・日本・韓国・アセアン)
③ 南米
④ 湾岸諸国
⑤ ロシア
⑥ インドを中心とする南アジア
.......

それぞれが共通の通貨を持つブロック経済がはじまる。ブロック経済に終わってしまうと世界経済が縮小するので、IMF..国際通貨基金だっけ? を改変して預け入れ性の通貨をつくりブロック間で貿易する。ブリッグス(ロシア、中国、インド、ブラジル)は会議をひらきIMFを手中に収めるべく、アメリカの国債を売って、IMFの債権を買う動きがはじまっている。


......たいへんな世の中になりそうですね。民主党への政権交代はホンの一幕に過ぎないようです。今、真に求められているのは自民党の改心でも、民主党の努力でもなく、わたしたちひとりひとりの内的な変化、生活の変化のようです。もう 「政治はおまかせしました。ここを、あそこをよくしてください、それは政治家の仕事です」というような あなたまかせは通用しないのです。.....おそらく、来年以降、語り手たちがもっとやくわりを果たすときがやってくるでしょう。そして、わたしたちは、そのまえに生活者として人間として変わっていかなければならないのだ....とそんな気がします。

   今 わたしたちは未曾有の、自然の変化、社会の大変動のまえにいます。いよいよ 生き甲斐がある、というものではありませんか。



HAARPの動きが妙です。.....30日の8:00. 16:00







  横縞はHAARPのパルス

  0.25Hzの横縞が幾日かつづくと.....世界のどこかで地震が起きることが多い.....




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




......空は晴れています。鳥はさえずっています。今日 歴史は変わるでしょうか? 政権交代があったとしても、日本の未来はバラ色ではありません。一時的にはかえって悪くなる可能性があります。けれども、わたしたちは それでも チャンスを手にいれるのです。自分の運命を自分の手で選ぶというチャンスを。

..... さぁ 子どもたちと投票に行こう!!


13:13

投票率 思ったより伸びていません。

300議席圧勝キャンペーンがキイタのかも....

※ 国民審査 田原さん以外の間違いでした。 すみません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




総選挙とともに国民審査があります。

国民にとって裁判官をチェックするたった一回のチャンスです。

少なくとも この 4人は × にしてください。
国民より国策に乗っている裁判官です。



×竹内行夫裁判官  開戦当時、外務省事務次官だった彼こそ、憲法違反のイラク派兵を推進した外務省の中心人物。

×竹崎博允裁判官 裁判員制度導入の元凶 一説には米国の圧力⇒米国と近い司法制度にして外人弁護士が参入しやすくするため。

×近藤崇晴裁判官  植草冤罪事件を有罪にした裁判官

×那須弘平裁判官  植草冤罪事件を有罪にした裁判官


植草さんは一貫して 小泉元首相=竹中平蔵の政策に反対していました。野中広務氏らは2004年竹中氏を排し、植草氏を財務大臣にと画策.....植草氏は冤罪で葬られました。


竹竹コンナス♪ とでも覚えてください(笑)でも忘れちゃったら わたしは田原裁判官のほかは全部 × にします。




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




   今日はアルゴアさんにとっては不都合な"地球温暖化のホントの話"を書こうと思いましたが、きのうテレビで見た”20世紀少年第二章”があまりどんぴしゃ!だったので、そのことを書きます。

   ”20世紀少年”とは今日本を代表する漫画家浦沢直樹さんの漫画を映画化したものです。

アラスジ

第一章

1969年夏、小学生のケンヂは同級生のなかまたちと原っぱの秘密基地で「よげんの書」を作ります。
そこに書かれていたのは、悪の組織や世界征服、レーザー銃、細菌兵器、巨大ロボットなど、彼らの空想の産物たち。

それから30年近くが経ち、1997年、世界で「よげんの書」どおりの不可解な事件が次々と勃発します。事件の裏に見え隠れするのは、“ともだち”と呼ばれる人物が中心となる謎の教団。

“ともだち”は少年時代の仲間なのか?「よげんの書」どおりに進んでいく人類滅亡計画を阻止するために、ケンヂと仲間たちは“ともだち”に挑みますが、反対にテロリストに仕立てられてしまいます。

第二章

物語の舞台は2015年へ移り、ケンヂの姪カンナが登場。そして、何者かが書いた「しんよげんの書」が現れます。細菌学者のカンナの母・キリコは”ともだち”のためにウィルスをつくってしまいます。「“ともだちを”止めなければ2015年に世界は終わってしまう」....カンナはテロを計画しますが.......


第三章  8/29すなわち今日公開。



.......うーーーん スゴイ!! よりによって 選挙の前々日にテレビ放映!!と思ったのにはわけがあります。このともだちの”教団”というのが層化なんとか行名なんとか、ついでに幸福なんとか.....をモデルにしたんじゃないかとか......もっとおもしろいのは.......



これが”ともだち”のシンボルなのですが、なにかにとても似てるんですね。

   これはイルミナティのシンボルです。ピラミッドに目 権力構造の階層とすべてを見渡す支配者の目をあらわしています。

   そしてこれはイルミナティの悪魔の合図。...... シンボルと合図ふたつくっつけた、でもあまり似ているのもなんだし....でつくった......という感じしません? ところでこの合図 手話のIlove you に似てますね。わざと似せたというのは勘ぐりすぎかな...

Iloveyouはコチラです。  



イルミナティってなんだっけ は→コチラ.......※鳩山一族



”ともだち”は人類絶滅計画を企てました。イルミナティは人類を1/3くらいに削減しようとしているそうです。


その方法は.....

①「戦争」儲かるし、確実に人口が減ります。イラク爆撃は一石三鳥でした。

② エイズ、鳥インフルエンザなどの巧妙な「生物化学兵器」。これは人種、部族にまで遺伝子操作で特化できるそうです。

③ 「気象操作」 台風、人工地震。これが意外に簡単、民衆からばれない。HAARP+  ミャンマー 四川省 など多数....

④ 体のためにならない「医薬品」を医療機関を通してばら撒く。これも儲かるので一石二鳥。

ワクチン→ギラン・バレー症候群 ほかにも妙な病気がふえている。
高血圧の基準値を5あげると何億ものお金が動く。本来 血圧は年齢とともに上がる。今はやりのメタボも。(健康診断の医師が、オカシナ人たちが決めたといっていた)

年間 ⇔アメリカ 3000兆円...とか。

⑤「食糧危機」 


じつはコレを一番伝えたかったのです。

イルミナティ”新世界秩序”というゲームは→コチラ
コレはあとから見つけたのですがとても怖い。 1990年につくられ、今は発売禁止のこのカードにすでに9.11.....そして......


ブログ 書いているときカードのことは知らなかったのですが...20年前のカードのとおりになるなんて.....



さて、第二章終盤 エージェントがウィルスを撒きますが、雲のようにのぼっていって 虹..?が見えたりして ケムトレイルによく似ていたので......なかなか興味深かった......浦澤さんはストーリーテラー、この映画の製作者もストーリーテラーだ.....と感服しました。もしかしたら、もしかしたら 日本が米のくびきから国民の意思ではなれるかもしれない総選挙の前に やってくれてありがとうです。

......なので、もし、20世紀少年 を検索してここに来た方がおられたら、どうかあしたはとりあえず自公以外に投票してください。 とりあえず、さらば”アメリカのともだち”です。


......さてはて、 この 悪魔の合図 あるいは Ilove you やってみてください。案外むつかしいでしょう ? ふだんなにげに使えると思いますか? ところが コレが好きな方は意外に多いのです。

クリントンも ブッシュも     サルコジも       あらら 小泉さん 中川さん?   

  オバマさんも!!

これはほんとうに Ilove you.....それとも悪魔のサイン??



20世紀少年は→コチラ





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




......このあいだからお話している星のおはなし会の演目えらび、著作権から”宇宙船”(ブラッドベリ)はだめだそうです。理由はそのまま語るのではないから、著者に問い合わせる時間がないから、使用料が発生する可能性があるから...ということでした。宇宙船は長いので短くせざるを得ないし、翻訳なので硬い、宇宙に関することばも古いので、直さざるを得ません。

   かといって著者に問い合わせる時間もありません。結局 著作権の心配のない 自作の童話ほかを三篇 候補としておくりました。星のおはなし会にふさわしい、語るための修正のいらない 戦争など悲しいものではない、かぎられた時間(10分)に語ることができる、語り手として聴き手につたえたい物語を本のなかから、さがすのはむつかしい。語りは朗読とはすこし違います。

   それで、オリジナルを語るのですから、今回のことはかえってよかったのかもしれません。しばらく語っていない”カーロ・カルーソーの話”に星のシーンを入れることにしました。著作権についてシビアに問われるとするなら、事前に作家に問い合わせるか、あるいは必然的にオリジナルになっていくでしょう。読むために文字で書かれたテキストは必ずしも 語りにそぐはないからです。 


   けれども、どうもすっきりしないのです。著作権とはいったいだれのためのものだろう.......三年前、県の知的財産権担当者に1時間ほど おはなしをうかがいました。今回の件とは違いますが、たとえば 絵本から語るとき、絵に頼っている部分があるので、ことばを補う必要があるときがあります。作者の創作オリジナルに手をつけるのではなく、日本の昔話、伝説、世界の昔話、グリムなど伝承のものがたりを作家が再話...している場合、著作権の根っこはどこにあるのか? 語りやすく なおして語ることは著作権侵害なのか、それが知りたかったのです。


   もとのはなしを再話して本にした作家の方々は人類の財産ともいうべき、口承のゆたかなものがたりの数々を伝承してきたひとびとに対して著作権を払ったり確認などしませんよね。芥川の羅生門、鼻など 幾多の文学者が古今の伝承を元にしました。.....ゲームの作者もそうです。伝承のゆたかなものがたりの数々はわたしたち全体の文化的な財産だとわたしは思います。それらの財産をあらたに再生することで文化は豊かになってきました。ですから 私見かも知れませんが、担当者が「著作権は実は国民のためのもので、作者を保護するものではない」「どうぞ 語ってください」とおっしゃったときは、うれしかったです。

   著作権侵害の申し立ては 時間 場所の特定 証拠があってはじめてできるのだそうです。しかし、ほとんどの作家はそれほど狭量ではありません。カタリカタリのメンバーのなかにも直接作家に問い合わせ、快諾を得た方が何人かいます。どんどんやってもらっていいですよ....という作家や訳者は大勢いらっしゃるのです。......テキストの改変とは ものがたりをより聴き手に子どもたちに届けたいためにするのであって、語り手の恣意でするのではない、売名や金儲けとは根本的に違うのだ.....と作者にわかっていただいているからではないでしょうか。

   プライヴァシー問題とか、銀行から自分のお金を送金するとき手続きが杓子定規に煩雑になったように(マネーロンダリングや電話によるサギを防ぐためとはいえ、公的な請求書を持参してそのあて先にその金額を振り込むのに身分証明や謄本が必要なんて.....だれが他人のかわりにお金を払ったりするのでしょう? ) 著作権問題も組織や機関の過剰反応のようにも思えます。それは日本にアメリカ的なもの、効率、個人の権利意識、なにごとにつけ訴訟で解決というやり方が蔓延したためにおきた防衛手段であるかもしれません。しかし、行き過ぎた自己規制は 少女漫画の項でもすこし触れたように、文化の発展をかえって阻害するのではないでしょうか。どう思いますか?


   ブラッドベリの”宇宙船”を星降る空間で聴き手にお伝えしたかった.......今からメルアドさがして..........ちょっと無理か.........娘が冷たいカフェオレと焼きたてのスコーンを運んできてくれました。 さぁ おなかを愛で満たして.....仕事に出かけましょう。みなさまもよい一日をお過ごしください。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   毎日 空を眺めています。HAARPのチャートと地震雲掲示板をチェックしています。(ブックマークを見てください)

今の政権がつづくと→→郵貯はアメリカの民間会社ゴールドマンサックスの支配下に完全に置かれ 200兆円は世界の金融市場でつかわれてしまう。それは世界にとっても日本にとってもいいことではありません。貧富の差はますます拡大します。逆に外の勢力、そして彼らと手を組んでおいしい思いをしている国内の勢力は今の政権がつづかないと困るので必死になります。

①なぜ選挙公示付近になって新型インフルエンザの恐怖が連日マスコミで騒がれるか。

              ↓
        無党派層の投票率を下げる

②なぜ民主 300議席確実 政権交代必死とマスコミで騒がれるか。

              ↓
     国民の平衡感覚、投票心理のゆり戻し、逆転を狙っている

③票の読み取り機械が大きく取り入れられ、富士通と組む独占メーカー「ムサシ」は特需にわいている。

              ↓
※読み取り機械 : アメリカでブッシュとケリー候補の票読み 機械が操作されブッシュが勝ったという疑惑がある 

ムサシ特需は→コチラ

大統領選挙不正疑惑は→コチラ

どんでん返し? は→コチラ

④なぜか投票場所の削減と投票時間の短縮

              ↓
行楽地かえり、あるいは無党派層の投票を抑制する

投票場所の削減と時間短縮は→コチラ


⑤最後に.....地震雲掲示板をみると ちかごろ そらのようすがおかしい。

              ↓
   気象操作による 地震・大雨の危険がある
   なにもなければよいけれど、彼らの選択枝にはあるだろう。


          ↓   ↓   ↓

   早く 投票に行こう!! → 不在者投票に行きました。


わたしは民主党支持者ではありません。しかし このままでは 国民の汗水たらしたものがみな外へアメリカへ流れていってしまいます。 子どもたちの未来があやうくなります。景気が上向いたといいますが、実感ありますか? 失業率の実態は8.8%といわれています。

オシオ事件の真実があかるみに出る(政治家、経営者、芸能界)かと思ったら、どうでもいい海苔Pをうるさいくらい報道して、人が死んだのに闇のなか.....→マスコミと検察はやっぱりだめ。.......ということはすべて既定の事実なのか.....



もし政権が変わったら わたしたちは安心することなく じっとみつめ どこがどう変わったか、変わらないか おかしな動きはないか見てゆきましょう。

もし万一 変わらなかったら ......それでも希望はうしなわないで、しっかりみつめ 意見をいい行動を起こしましょう。

あきらめたら そこで おわります、わたしたちの未来、わたしたちの子どもたちの未来は政治家の手のなかにあるのではありません。わたしたちの手のなかにあります。




気象操作......磁気兵器とは→コチラ

アメリカのオバマさんが「核はやめましょう」とかるーく言う背景にはアメリカの最終兵器があるのです。京都議定書を批准しないのにも意味があります。いつか 地球温暖化の真実を書きます。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




車のなかの会話.....

ワタシ 「あなたといると元気になるの。なぜかな?」

パパ 「愛してるからだよ」

ワタシ 「あはは でも愛だけじゃ食べていけないょ....」

パパ 「いや、愛があればだいじょうぶ」

ワタシ  「ホントにそう思う?」

パパ 「ホントだよ、愛があれば なにがきたって だいじょうぶ」


パパ 隻眼 60歳  


なんだか 納得して しあわせなワタシでした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




  選挙前 まだまだ なにかが起きそうです。

20日は静岡方面に集中的に奇妙な雲....
が報告されています。


空をみてください。

お忙しいでしょうが、テレビ各局が番組でなにを強調しているか
聴きとってみてください。

注意深く見て聴いていると、なにか気づくはず.....。

世界が揺れ動いています、日本も生みの苦しみ......

たまごはそのうちに割れるでしょう。

割れないとあたらしい世界は生まれない。

なにが起きてもいいようにモノと心とカラダの準備はわすれないで。

これからしばらく 勝負どころです。


   8/21 西東京の空


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    なつやすみは語ることもなくてさみしいきわみ......勉強会すっかりわすれていて あぁ 語れたのに....と爪を噛む想いです。......講義を聴いてそれから芝居を観て、演劇の呪縛からほどかれ、この夏は気持ちのうえでひとあしふたあし踏み出せたのに、じっさいに語ってみないとわからない。 

    そんな折 友人が水族館で子供たちに語るといいます。「ものがたりはすべてあなたのなかにある」....かつてわたしは友人にそう伝えたのだそうです。友人はテキストを棄て語りはじめました。おばあちゃんのこと、米のなかの太陽の恵み、海のこと山のこと.....。

    そうだ 焦ることはない。わたしの、この生命が熟成してゆく それを楽しもう。幼きと戯れ、友と語り合い、山に抱かれ海を抱き、ブルベリーを食み、寝そべって空に手をさしのべよう......ものがたりはすべてわたしのうちにある.....空と海と大地の記憶、種族の記憶、生まれてはうたかたのようにうすやみに去ったいのちのきらめき、おりふしの記憶、それらはみないつか語られるのを待っている。

   亜鈴星雲 3500年前爆発した星の名残.....星は爆発すると星間物質となって、いつかまたあたらしい星が生まれます




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   衆議員選挙公示に際してふたつのニュースがありました。①景気回復、②インフルエンザで死者!.....。マスコミの習性からなんらかの意図あり....と思ってしまいます。


インフルエンザ関連のニュースです。判断はご自分でなさってくださいね。



田中宇さんのニュース・ワクチンの恐怖は→コチラ

WHOはスペイン風邪(インフルエンザ)とアメリカ政府の関わりを知っていたという衝撃的内容....

では今度のインフルエンザはどうなんでしょう? その対策は?

日経ヘルスラインインフルエンザにビフィズス菌は→コチラ

豚インフルにはワクチンより植物性乳酸菌?は→コチラ

乳酸菌の威力は→コチラ

新型初の死者はタミフルの害では?は→コチラ

政府系科学者の内部告発
ケムトレイルはなぜまかれたのかは→コチラ


新型ってどういう意味かしら? 豚さんはどこに行っちゃったの? 以前 ケムトレイルについて書きました。ケムトレイル中の化学成分の目的は、ウイルスの外皮が肺の細胞と融合することを助け、より容易な浸透と感染を可能にする....大きな眼では免疫を落とすことのようです。ウィルス自体もまいている...というひともいます。

 
ちかごろは夕方や夜間に多くまかれているようです。空を気をつけてみているひとが多くなったからでしょうか?

 
  名古屋市8/18 18時頃の  ケムトレイルのきれいな格子模様の空 雲がとけてしまうとぜんたいに白っぽい空になります。

   これは8/15 17時の空です。何の変哲もない??





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




.........さて、お休みに入る前のことです。古いダンボールの箱が二十ほど、みつかりました。中に入っていたのは処分してしまったとばかり思っていた古い漫画雑誌と切り抜きです。残念ながら、わたしが少女漫画の傑作と認めた作品が入っていた格別の想いをこめた箱ふたつは見つかりませんでした。そのなかには西谷祥子さんの風花、石だたみ、わたぼうし、夏物語、オリビア、金色のジェニーなどの名作、 竹宮恵子さんの暖炉....あとはもうタイトルもさだかではなく、取り戻しようもない名作が入っていたのです。

  けれども、西谷さんのマリー・ルウ、白鳥の歌、ジェシカの世界、学生たちの道、奈々子の青春などの連載、わたなべまさこ、水野英子さんの連載、八代まさこさんのようこシリーズほか、また萩尾望都さんの...精霊狩り、ドアの中のわたしの息子、キャベツ畑.....、などのコメディはほぼすべて残っていました。萩尾望都さんを語るのに忘れてはならない、岡田史子さんのCOM、ファニー掲載の作品、大島さんの真夜中の奇跡、デートははじめてなどの初期作品、山岸さんのラグリマ、水の中の空、白い部屋のふたりなどの作品群、里中満知子、青池保子、谷口ひとみ、忠津陽子、大和和紀などのデビュー作、牧美也子、水野英子、高橋京子他のうつくしい絵物語が残っていました。知るひとぞ知るあすなひろしさん、少女漫画の良心樹村みのりさん、ささやななえ、松尾美保子、武田京子さんの作品も多数ありました。

  S39年 デートははじめて 大島弓子

S39年 従妹マリア わたなべまさこ

 S40年    ガラスの天使 水野英子

  S39年   わたしの絵本 岡田史子

  S45年  水の中の空 (りぼん付録)山岸涼子

  S51年 ポーの一族から”エディス”の扉絵 萩尾望都


  切り抜きは昭和40年代から、雑誌は50年代から.あって....わたしは少女漫画の歴史の一端と(あしたのジョー、幻魔対戦、真崎守さんもありましたが)むかいあうことになりました。折を見てすこしずつ紹介してゆこうと思います。



  前置きが長くなりました。今日書きたいのは芝居と漫画と語りについてなのですが、少女漫画にくわしくない方のために、申しますと星の数ほどの漫画家のなかで大島弓子・山岸涼子・萩尾望都の三人こそが少女漫画を文学や映画や舞台にも影響を及ぼし、ひとつの文化としておしあげ、少年漫画をも一時リードしたベストスリーだとわたしは思っています。昔、漫画を描きたいと思っていました。自分のものがたりを伝えたい気持が語り手としてのわたしにつながっています。

  この三人のうちはじめから覚醒していたのが萩尾望都さんでした。デビューして時を待たずに、雪の子、かわいそうなママ、秋の旅...と矢継ぎ早に発表された作品は漫画ファンのどぎもを抜きました。すでにそれらの作品は善悪というものも少女漫画の目には見えないルールをも超越していた.....手垢のついていないまっさらなオリジナルだったからです。大島弓子、山岸涼子さんのふたりにはデビュー作にすでにたぐい稀な個性がありましたが、作品としては少女漫画のレールを踏み外すものでも地平をひろげるものでもなく、むしろ時代とともに変貌を重ね磨かれていったのです。

   萩尾さんが岡田史子さんからインスピレーションを受けたように大島さん、山岸さんともに萩尾さんの作品が一種の起爆剤になったのではないかと思います。山岸さんは”大泉サロン”に出入りしていたそうです。大泉サロンとは萩尾さん、竹宮さんが70年から72年頃住んでいた家で、みずみずしい希望に満ちた少女漫画家のあこがれの場所でした。手塚治虫さんを慕って石森さん、赤塚さん、水野さんたちが住んだときわ荘を思い出しますね。それにしても手塚治虫さんはご自分の存在を投げかけただけでなくのちの漫画家たちのために大きな大きなことをなさいました。”漫画ファンによる漫画専門誌”とうたったCOMを虫プロが発刊しなかったら、漫画の今はなかったであろうと思います。

   その手塚さんのあとを継いだ漫画家が石森章太郎さん、水野英子さん、石森さんは当時少女漫画が多かったのです。このふたりに強い影響を受けたのが西谷祥子さん、西谷祥子さんの漫画が好きでアシスタントをしたことがあるのが、前述の岡田史子さんでした。西谷さんは、花の24年組のひとり竹宮恵子さんのデビューの後押しもしたそうです。

   貧しい少女が障害を乗り越え一心に生きるというような少女小説の流れを汲んだ漫画から、欧米の映画を換骨奪胎(再話)し、手法をとりいれたラブコメディー(すてきなコーラ....うるわしのサブリナ)、ミステリ(従妹マリア....ウールリッチ原作の映画、さくら子すみれ子)、ファンタジー(セシリア....ジェニィの肖像)、大河ドラマ(白いトロイカ)を漫画によって描いたわたなべまさこ、水野英子....そのあとを踏襲しながらも少女漫画に文学の香りをそそぎこみ(風花、石だたみなど)、青春群像(学生たちの道、レモンとさくらんぼ。奈々子の青春ほか)を創作して、のちの漫画に大きな影響を与えたのが実は西谷祥子さんでした。この青春群像は里中満知子、津雲むつみを経て花よりだんごなどにいたるまで続いています。漫画家たちはテーマや技術を真似しあい、影響しあってここまできた....1ページまるごとの模倣もあったけれど、それをゆるす過去のおおらかさがあればこそ、より深くより広くより豊かにサブカルチャーの一翼をになうものとして、漫画は急速に育ったのではないでしょうか。

   少女漫画の歴史になってしまいましたが、今日 おはなししたいのは実は些細なことなのです。きのう、わたしはある芝居を観にゆきました。17歳のふたり....マグとジョゼフの1966年6月4日の午後のできごと.....ふたりは丘のうえで試験勉強をしています。あと3週間で結婚することが決まって....というのもマグのおなかには赤ちゃんがいたのでした。リアリズムの芝居でした。ふたりの役者とふたりの語り手で語られる芝居は2時間飽きさせることがありませんでした。

   大道具は三段の台ひとつ、一幕だけ....二時間のあいだふたりの役者は饒舌に語りつづけ、飛び撥ね、転げまわります。けれども、そうすればそうするほど観ているわたしは傍観者になってしまうのです。景色はあまり見えませんでした....これはいったいなぜなんだろう......ヒロイン、マグの今の目的は?ジョーゼフにこちらを向かせる....超目的は結婚、しあわせになることそしてたぶん家を出ること。....障害は? ジョーゼフの性格......台詞を前にだす....ここで内側に落とす....仕掛けが見えてしまう.....わたしは台詞の応酬を聞きながら、考えていました。見るひとのイマジネーションを喚起するものはいったいなんだろう.....

   そのとき、大島弓子さんの漫画が脳裏に浮かびました。大島さんはどんなものがたりにも合うようにタイトルをつくっておくのだ....と以前読んだことがありました。ものがたりは生まれ、ときに作者はものがたりを進めるのに伸吟するのですが、いつのまにかできあがってしまうのだと....大島弓子さんの作品からインスピレーションを受けた作家や映画監督は多いようです。詩的な日常離れしたことばや、作品にそこはかとなくただよう雰囲気のせいでしょうか.....

   岡田史子さんの作品はまさにそうですね。ものがたりのすじもはっきりとはわからない。けれども光と陰、そして秘めやかな夜の匂いを、甘い花の匂いを、濃厚な雰囲気をよむひとに感じさせずにはおかない。聴き手や観客のインスピレーションを呼び起こすためには、曖昧さ....すきまというものが必要なのではないかな....と思ったのです。

   きっちりくっきり論理的につくりあげると、こちらが入り込むスキがない。だから曖昧さを残しておく、トワイライトゾーンを残しておく.....きっちりつくりあげた自分の世界を渡そうとするなら、綿密のうえにも綿密につくりこむ。仕掛けが見えたらダメなんじゃないかな、あるいは仕掛けが見えたところで圧倒的に持って行っちゃえばいいのじゃないかな.....伝えようとする強い意志を持つことだと思いました。

    山岸さんはこのタイプです。デビューの頃は構成が不得手のよう....だったのですが、用意周到に伏線を張り、エピソードを積み重ねる長期連載の構成は男性作家顔負けです。今回読見返して一番泣けたのは山岸さんの”幸福の王子”でした。山岸さんは再話の上手い作家です。オスカー・ワイルドの幸福の王子が香気溢れるものがたりになりました。どうしようもないチンピラ・マルティンにかつて愛した少女の忘れ形見の少年が残してくれた贈り物。マルティンはたちあがって歩きだします。死そして再生。

   .......さて、6/4 6時過ぎ 湖にボートが転覆しているのが発見されました。ふたりは失踪したものとみなされましたが6/25(たぶん 結婚式をあげるはずだった日)11歳の少年が岸辺にくしゃくしゃになった洋服のようなものが浮いているのをみつけます、警察がひきあげ、家族はその遺骸がマグとジョーゼフであることを確認しました。......


   ふたりの死がカタルシスを呼ぶものでないとしても、死のあとに再生があってほしい。神経を病んでいたマグの母親は立ち直ります、それもひとつの再生。けれども、たぶん この戯曲では観客のなかで結婚生活の体験をした、今している観客のなかでなんらかの再生が起きる必要があるのではないか.....そのためにマグとジョーゼフの青春は輝かしくあらねばならない。日日の闇を照らすほどでなくてはならない、その耀きに照らされて観客は自分の人生の青春を生きて、結婚をもう一度問い直す...のではないかと.....そのように思ったのでした。役者にはパワーと繊細さ、そしてオリジナリティが必要です。語り手にも漫画家にも。


   ものがたりを聴き手や読者や観客に伝える、それだけでなく魂の扉を叩くためには、感性と客観性と両方必要です。おそらくバランスなのです。客観性がないと流され主人公に溺れてしまう、あるいは自分を押し出してしまう.....すると聴き手はついていけない。けれども、論理的に伝えようとするとつまらない、語り手、役者または作者の息吹が感じられなくては感情移入ができない。つかず離れず、そのあやうい細い道をたどってゆくのが名手、名人なのでしょうね。などとつらつら芝居を見て思ったりしたのでした。



大島弓子ウィキペディアは→コチラ

私的大島弓子論(H15年に書いたもの)は→コチラ

大島弓子と吉本ばななは→コチラ

萩尾望都は→コチラ

山岸涼子ウィキペディアは→コチラ

大泉サロンは→コチラ

岡田史子は→コチラ

岡田史子インタビューは→コチラ

岡田史子ファンサイト硝子玉は→コチラ

西谷祥子は→コチラ

西谷祥子作品リストは→コチラ

水野英子は→コチラ

水野英子作品リストは→コチラ

竹宮恵子作品リストは→コチラ

  S46年 白い部屋のふたり  山岸涼子

   地球(テラ)へ  漫画少年別冊  竹宮恵子




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






夏休み...みなさまはどう過ごされましたか? わたしはふらり岩舟山に上りました。R4を北上中、なにかに惹かれ左折.....R4からすこし入ったところの写真です。北海道みたいですね。このあと160号線から176号線にぬけて....なんとなく岩舟山にむかいます。途中にとりごやパブという気になる『店』がありました。それからパティスリー・エド・太田屋という『ケーキ屋』さんがありました。ともかく先にお山に登ることにしました。

  三歩あるくと倒れてしまうケヴィンを励ましながら403段の階段をのぼります。岩舟山に祀られているのはお地蔵さま、子授、子育てのご利益が....と書かれていますが、このお山から感じるのはそういうものではありませんでした。なにか棄てさられたような漂々とした、さりながら奥深くまだ力を秘めているような.....あとでネット検索したら巨岩があるようです。パワースポットだったのでしょうね。 天の磐船と関係あるのかなぁ.....中腹の草原のようになった駐車場跡、吹きわたる風と蝉しぐれ.....

  がんばれ ケヴィン      参道


  ケーキはとても美味しかったです。こっくりしたアイスコーヒーまでサービスにいただいてしまいました。ごちそうさまでした。トリゴヤパブは残念ながらおやすみでした。次回のおたのしみです。昼食はどこでとろうか.....前に行った心地よい神社がみつからなくて、帰り、ひと気のない総合公園のかたすみでのんびり過ごしました。ライ麦パンにチーズとハムとゆで卵をはさんで、冷たいポタージュと....ランチのあと、娘たちは本を読んだり、散策したり.....わたしはお昼ね......観光地に行くより、こんな過ごし方が合っているようです。

 雲は刻々とすがたをかえてゆきます....

  
岩舟山は→コチラ

もうひとつは→コチラ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




......みなさま、夏休みをいかがお過ごしでしょう。台風が重く垂れこめていた灰色の雨雲を吹き払ってくれました。蝉たちが此処を先途と鳴いています。陽射しはかぁっと燃えるようですが、木陰はひんやりと風が吹きわたります。真夏はこれでなくてはなりません。

   仕事を終えてコンビニで賢治の好きだったサイダーを買ってきました。しゅわーっと喉越しに風が吹きます。さぁ あしたからなつやすみです。





台風は地震を抑えるというニュースは→コチラ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    星のおはなし会で語るものがたりを決めました。....”サイパンの青い星、赤い星”が却下されて、なにを語ろうか迷ったのですが......ブラドベリの短編集 ウは宇宙船のウ から”宇宙船”を再話して語ることにしたのです。

    ボドニは子沢山のしがないゴミ処理業者でした。ボドニはようやく3000ドルをためたのですが、これを商売にはつかわずに、家族のひとりが金星旅行に行く費用にあてようと考えます。宇宙飛行はボドニの夢だったのです。くじで決めることにしましたが....当たったときは喜ぶのに妻も子どもたちも辞退してしまうのです。.....あるとき仲間が銀色に耀くものを持ってきました。それはアルミの宇宙船....ホンモノの宇宙船をつくる前につくる型でした。ポドニは子どもたちを宇宙旅行に連れてゆこうと決心しました。.......つづきは図書館でどうぞ....

  アンドロメダ星雲

.......ジュブナイルでなく、はじめて大人向けのSFを読んだのは中一くらいだったと思います。アーサー.C.クラークの”都市と星” 名作でした。わたしは古今のSFを読み耽りました。女性はSFをとっつきにくいと考え勝ちですが、SFは若干の宇宙用語さえ覚えれば、ファンタジーと変わりません。力量ある作家は異世界の歴史、異世界の社会構造を真実のごとくわたしたちに見せてくれます。しかし、そこで語られるのはわたしたちのよく知っている”人間”です。

   クラークは「2001年宇宙の旅」の原作者で、それを映画化したのがスタンリー・キューブリック、そのキューブリックがアポロ宇宙飛行士の月面歩行をセットをつかって撮影したといわれています。......よく観ると画面の端にキューブリックの写真が落っこちているのです。キューブリックは”ウソなんだよ”というメッセージを残したのではないでしょうか? 

   クラークの代表作は”地球幼年期の終わり”人類の進化....進化のためにおとなたちは地球とともに滅びなければならないのですが、この設定がスピリチュアル系のひとたちが話題にしている2012年アセンションと似ている....と感じるのはわたしだけでしょうか。いずれにせよ、人類が変わらなければ滅びるのは必定です。地球はもう人類をささえきれません。人類は母なる地球の豊かな富をむさぼりつくしほかのたくさんの生き物を絶滅させました。真の進歩はなにか考えるときがきたのです。それは進化というより、まず心をそして生活を一度リセットするこからはじまるのではないしょうか。


   2001年宇宙の旅から

   科学解説者でもあり、格調のある少々固い作風だったクラーク、一方ブラドベリはSFの叙情派とか詩人とか....呼ばれるように叙情的なうつくしいSF、ファンタジーを残しています。SFでは華氏451度が映画になりました。長編より短編を得手とする作家で”10月は黄昏の国”はこよなく美しい。ブラドベリの宇宙船には浪花節的なところがありますが、ブラドベリ以外でも 冷たい方程式 とか たったひとつの冴えたやり方 とかヒトの心に訴えるおはなしがたくさんあります。実はこのふたつも候補にしたのですが、悲しい結末なので.....。

  華氏451度 紙の燃える温度、焚書をテーマにした反体制の匂いの映画

   ”子どもたちに楽しい気持で帰ってもらいたい....”主催者側の希望に応えるのがプロというものでしょう。そのなかに自分の思いをどこまで織り込めるか.....条件があるだけやる気も増すというものです。実際に宇宙旅行を体験するような臨場感のあるつくりにしたいですね。

   きのう、アポロ計画について書きましたが、あれから40年たって、人類が星間旅行もできない、ワープ航法も開発してない、もちろん物質転送もタイムマシンもまだできないなんて不思議な気がします。軍事予算にお金をかけなければ 科学はもうすこし進歩したのではないかと残念な気がします。


アーサー・C・クラークは→コチラ

レイ・ブラッドベリは→コチラ

地球幼年期のおわりは→コチラ


   ばら星雲



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ