遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



 

日本は龍の国。

龍は水 龍はプラズマ

日本列島は 龍のかたちをしている。

その龍の要所 要所に毒が打ち込まれている。

54本の猛毒の矢 ゲンパツ

毒煙を吐き 毒水を流す

まわりの

植物 さかな 動物 そして 人間にも 毒がまわってきている。

海底にも 大地にも 別の矢が仕込まれている。

いつか 龍にトドメを射すために。

龍の国のひとたちは自分の魂の奥にも龍がすむことを

忘れさせられている。

多くが目覚めれば 龍は救われる。

だが.....

けれども.....

いつかは.....

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

労働者が本来受け取るお金が 規制緩和で 人材派遣ビジネスにまわって 首相をはじめ 現職閣僚 高級官僚たちが接待を受ける お金も動いていたでしょうね。

さぁ よく 視よう! 恥を知らないひとたちを。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150566/1

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/150621

以下 抜粋

 

栩内香澄美(37)容疑者が“ホステス”を務めていたという仁風林では、同社の南部靖之代表(62)主催の交流会が毎週のように開かれ、政官財界、芸能界、スポーツ界の面々が入り浸っていた。日刊ゲンダイ既報の通り、田村憲久厚労相ら5人の現職閣僚も出席していたことがあり、騒動の火は政界にまで燃え広がっている。

5人の現職閣僚以外にも仁風林の訪問者には、民主党の前原誠司元代表とその取り巻き、自民党の森喜朗元首相中川秀直元官房長官の名前が挙がっている。

「芸能界でもASKAはもちろんのこと、俳優の津川雅彦、高橋英樹、南部代表の母校・関西大の先輩で落語家の桂文枝と、出入りしていたのは大物ばかり。南部さんの芸能人好きは有名で、雑誌などで対談した相手にすぐ、『遊びに来てください』と誘っていた。十数人いたホステスを仕切っている女性も京都の舞妓だった元女優です」(パソナ事情通) そんな大物たちを接待していたのが、「カスミちゃん」と呼ばれていた栩内だった。その仕切りのウマさは定評だったという。

「大阪のパソナグループ本社ビル内にも『澪風林』というスタッフ専用のプライベートレストランがあり、そこでも地元の著名人を集めたパーティーが開かれているそうです。オリックスの宮内義彦会長ら大物財界人の名前を何人か聞いたことがあります」(在阪マスコミ関係者)

パソナグループは否定しているが、栩内は同社の南部靖之代表(62)の“接待秘書”を務めていたとされる。

「南部代表は、パソナの迎賓館『仁風林』で頻繁にパーティーを開催していた。“接待秘書”は政財界、芸能関係者のVIPたちをおもてなしするのです。ASKAと栩内が出会ったのも南部代表主催のパーティーでした」

「仁風林」に出入りしていたのは、政界では民主党の前原誠司(52)グループが有名で、前原の妻・愛里さんは、南部代表の元秘書。「在籍期間等の詳細はこちらではわかりかねます」(前原事務所)と言う。

ASKA事件で注目を集める人材派遣会社「パソナ」グループの迎賓館「仁風林」(東京・港区)を舞台にした接待パーティー。常連客には、国会で追及された田村憲久厚労相小野寺五典防衛相など現職閣僚を含む与野党の政治家の名前が次々と浮上。政界に激震が走っているが、“接待漬け”されていたのは政界以外にもいる。霞が関のエリート官僚たちだ。

 美女が体を密着させながら酒をつぎ、豪華料理に舌鼓を打つ――。「仁風林」の接待パーティーは、さながら高級クラブのサロンのような雰囲気だったという。

 接待客の人選や席の配置などを仕切っていたのは、南部靖之代表の“右腕”といわれ、「公共戦略事業・特命担当」の肩書を持つ上斗米明・常務執行役員。財務省出身の天下り官僚だ。

「83年入省で、主税局主税企画官、関税局業務課長などを経て国税庁総務課長に就いたものの、なぜか、たった5カ月で大臣官房付に異動し、そのまま辞職した。2010年に執行役員としてパソナに天下りしました

「仁風林」の常連官僚の中には、経産省の局長中小企業庁の幹部職員がいて、実名が飛び交っている。

 文科省の事務方トップ、山中伸一・事務次官の名前も出てきたから文科省に事実確認すると「こんなことを次官に聞けるワケがないし、プライベートなことなので答える必要はない」(事務次官室)ときた。

 経済ジャーナリストの荻原博子氏がこう言う。
「労働者あっての国や経済なのに、官僚や派遣業界は、労働者を『出来る限りコキ使って搾取するコマ』としか見ていない。自分たちさえ儲かればいいと思っているから、政官財で“癒着”しようが“談合”しようが、悪いという感覚がないのでしょう」

「仁風林」での政官接待は、98年の銀行と旧大蔵官僚の「ノーパンしゃぶしゃぶ接待」を思い出させる。お車代などの現ナマをもらって、行政をネジ曲げたのだとすれば許されない話だ。

以上



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/150458/1

 

27日覚醒剤使用で再逮捕されたASKA(本名・宮崎重明=56)とその“愛人”栩内香澄美(37)が知り合ったとされるのが、人材派遣最大手パソナグループの迎賓館である「仁風林」(東京都港区)だ。

安倍首相は自民党が下野していた頃、「仁風林」のパーティーやパソナ主催のイベントにたびたび参加していたという。今週発売の複数の週刊誌が報じている。南部代表を「安倍のブレーン経済人」と書いたメディアもある。

 安倍はASKAとも交友がある。第1次政権時代の06年には地球温暖化防止をテーマとするコンサートを鑑賞。ステージ上でASKAが日本を船にたとえ、「僕らは同じ船に乗っている。船長は安倍船長」と持ち上げると、安倍は立ち上がって親指を上げ、うれしそうに観客の拍手に応じていた。

 第1次政権当時、安倍が力を注いだのは公務員制度改革で、その恩恵をパソナは享受した。安倍は役所による天下り斡旋の全廃を掲げ、国家公務員の再就職先を紹介していた「人材バンク」業務(総務省所管)を試験的に民間に委託することを決めた。

「具体的には総務省の『試行人材バンクにおける民間事業者による求人開拓等に係る共同検証』という事業で、07年3月に実施企業に選定されたのがパソナでした。天下り斡旋を全廃する代わりに、総務省の人材バンクから人材情報の提供を受けたパソナが、求人開拓など国家公務員の再就職を支援するスキームです。当時は受注1カ月前にパソナの特別顧問に就任した竹中平蔵氏の“威光”が働いた、と喧伝(けんでん)されたものです」(経済ジャーナリスト)

人材交流センターの担当者は「昨年11月から45歳以上の職員を対象に早期退職募集制度が始まった。民間への開放はより透明性を確保するための措置。民間に業務を委託することで、国の再就職への関与は薄まる」と説明するが、パソナは業務委託によって今年度に1億2960万円の予算を手にするほか、大きなビジネスチャンスが転がり込む。

「国家公務員の数は現在、約63万人。早期退職が定着すれば転職希望の公務員は数万人規模まで膨らむ可能性があります。通常、転職が実現すると、それを仲介する人材派遣業者には転職先の企業から、転職者の年収の30%前後が報酬として支払われます。仮に年収1000万円の官僚が1万人転職に成功すれば、業者の取り分は約300億円。かなりの市場規模だし、独占受注ならなおさらです」(人材派遣業関係者)

 パソナが公務員改革に伴う“利権”を手にするのは偶然なのか安倍はなぜ、「雇用の流動化」の美名の下、派遣法の見直しや解雇規制の緩和など派遣業界が潤う政策にシャカリキなのか。ASKAの覚醒剤事件は思わぬところに波及しつつある。

以上



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

覚せい剤は日本の特攻もつかっていました。死を恐れさせないために.... 

アメリカの戦争目的はいつも同じ 奪い取る 石油を ガスを 希少な資源を 利権をそして金塊も

アメリカは世界に冠たる 強盗国家 その手伝いを 集団的自衛権でしようとしているんだよ

日本も強盗の一味に成り下がるんだよ..... 子どもたちさえ殺すんだよ....

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-5784.html

以下抜粋

5月11日、飛行機が一機、キエフ空港に極秘裏に着陸した。空港の民間人スタッフでなく、軍関係者が出迎えた。NATOの軍服、覚醒剤アンフェタミン500箱と、毒物と記されたコンテナが、飛行機から下ろされた。ウクライナ保安庁キエフ本部の命令で、戦士、貨物と毒物コンテナは検査されずに、着色ガラス窓の自動車で空港から運び出された。貨物には、CIA職員リチャード・マイケルが付き添っていた。飛行機には右派セクターと、数年前に現ポーランド内務大臣B. シェンケヴィッチが設立したポーランドの民間軍事企業ASBS (バルトロメイ・シェンケヴィッチ・システム解析)オタゴOthagoの戦士が乗っていた。

入手可能なデータによれば、このポーランド民間軍事企業は、東ウクライナでの懲罰作戦で、6人を失った。

アメリカ民間軍事企業アカデミと、その子会社民間軍事企業グレイストーン・リミテッドで、それぞれ50人、14人の戦士を失い、CIAとFBIは死傷者25人で、うち13人が死亡し)。

.........

‘ワルシャワの東方政策は、アメリカとイギリスの諜報機関との緊密な協力の下、ポーランド諜報機関によって動かされている点が問題だ’、とチェンストホヴァ地政学研究所所長レシェク・シクリスキーは主張している。4月始め、CIA長官ジョン・ブレナンがキエフを訪問した。彼の訪問のまさに翌日、キエフ政権のトップ、トゥルチノフは‘南東部における出来事に関連して、大規模対テロ作戦’を開始すると宣言した。アメリカ人傭兵のみならず、ポーランド人傭兵もこの作戦に参加した。

CIA長官の次に、4月21-22日、アメリカ副大統領ジョセフ・バイデンがキエフを訪問した。ヴェホヴナ・ラーダで演説し、明らかにロシアを念頭におき、‘人道的脅威’を前にして、ワシントンはウクライナ政府を支持するとバイデンは述べた。東ウクライナで、アメリカ合州国が一体何を必要としているのかという疑問に対する答えは単純だ。暫定軍事政権が鎮圧しようと躍起になっている都市は皆ドニェプロ-ドネツク盆地にあり、この盆地には、シェール・ガスの膨大な埋蔵があるのだ。ロイヤル・ダッチ・シェルは、既にこうした地域の権利を主張している。‘彼等は前政権が署名したこうした契約で利益を上げたい立場にありますから、キエフのクーデター政権が、自国民に対し、軍事行動をしかけている動因は、この場合、経済利権だろうと思いますと、アメリカ外交の専門家ネボシャ・マリッチは主張している。

キエフを頻繁に訪問するようになったアメリカ副大統領の息子ロバート・ハンター・バイデンは最近、キプロスで登録され、ドニェプル-ドネツク盆地でのガス田開発許可証を持つウクライナ最大の民間ガス生産者ブリスマ・ホールディングスの役員に任命された。4月、アメリカ国務長官一家の友人で、ケリーの義理の息子と大学ルームメートで、ジョン・ケリーの2004年大統領選挙活動中は上級顧問をしていたデヴォン・アーチャーも、同社の役員となった。

ユーゴスラビアやイラク戦争の昔から、アメリカ政府高官と身近な縁者連中は、アメリカ占領軍が侵略した全ての国々に、莫大な個人的利害関係を持っているのだ。例えばケリーの前任国務長官マデレーヌ・オルブライトは‘独立コソボ’で事業をしており、バイデンの前任副大統領リチャード・チェイニーと彼の家族も、もう一人のアメリカ国務長官コンドリーザ・ライスも、ハリバートンとシェブロンを通して、イラクのエネルギー資源を手に入れた。東ヨーロッパで、アメリカ権益の為に働いている連中にも、同様の権益が見えている。例えば、ウクライナの元環境大臣ミコラ・ズロチェフスキーと、前ポーランド大統領アレクサンデル・クファシニェフスキは、ブリスマ・ホールディングス取締役会のメンバーだ。

ブリスマ・ホールディングスに開発権が与えられている有望なシェール・ガス田の一つは、ユジフカ・シェール埋蔵地帯だ。スラビャンスクや、隣接する住民160,000人のクラマトルスクの一部の他に、シェルに与えられた地域は、クラスニー・ルチやスヴャトゴルスク市や、隣接するハリコフ州のバラクレヤやイジュームを含んでいる。しかも、シェール・ガス抽出契約には、シェルが、こうした土地を掘削予定だと言えば、ウクライナ政府は、法的所有者から土地を強制的に取り上げる義務があると書かれているスラビャンスク周辺が、最初のシェール・ガス田掘削用の現場として選ばれている...

右派セクター、ファシスト・オリガルヒ・イゴール・コロモイスキーの私的懲罰部隊や、アメリカとポーランドの民間軍事企業から派遣された傭兵に支援されて、ウクライナ軍が集中している場所が、懲罰作戦の主な理由の一つを直接示している。キエフ政権は、アメリカとポーランド・エリート支配者の事業権益の為に働いているのだ。懲罰部隊とドネツ盆地の住民との間の最も暴力的な衝突が起きたのは、スラビャンスクとクラマトルスク周辺で、イジュームが、懲罰作戦に参加しているウクライナ軍の主要拠点だ。

下記が懲罰作戦でどの様な手法が用いられているかを物語っている。

-攻撃側損失には、攻撃用及び輸送ヘリコプター、装甲車両、122-mm榴弾砲、その一斉発射で14.5 ヘクタールの地域の全生命を壊滅できる‘グラド’ロケット発射装置がある

-迫撃砲による都市攻撃。その結果、自衛軍の戦士より民間人の方が多く死亡している

-狙撃兵達の活動は子供達さえ殺害している

-クラマトルスク空襲における国連マークのヘリコプター利用。ウクライナ軍の同僚達さえ、国連マークを着けた軍装備品を使用する国際規範に違反するのを拒否したので、これらヘリコプターを操縦していたのは、ポーランド人傭兵だ。

こうしたこと全てが、一体どのような種類の貨物が、アメリカ諜報機関監督の下、ポーランド人傭兵によって、急遽ウクライナに輸送されたのか、そして一体なぜポーランド人のクファシニェフスキが、ウクライナ人ファシスト武装集団 (‘国家警備隊’) と、アメリカとポーランド人傭兵による闘士や民間人の殺害で、現在、その事業活動の為に道が開かれつつある企業の取締役会メンバーなのか、という疑問の答えとして考慮することが可能だ。キエフ暫定軍事政権と欧米の御主人連中は、そうした事に強いポーランドが手をくだした、最近シリアで、かつてイラクで起きた様な、現地住民に対して化学兵器を用いることまで含めて、あらゆる挑発をする用意があるように思われる。

記事原文のurl:www.strategic-culture.org/news/2014/05/28/what-are-polish-death-squads-fighting-for-in-ukraine.html



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

きのうは不思議な日でした。星乃珈琲店に向かい 車を走らせながら わたしはそこにいませんでした。ですから 銀行にお金をおいてきたことも ガソリンはからっぽなのにも全く気づきませんでした。

海と山と川と.....うつくしいこの国の自然に思いを馳せているうちに共鳴がはじまって....わたしは感謝と喜びにふるえながら どこかにいました。時間は止まっていました。

場所もすっかりわすれどこをどう走ったかもわからないのに 信じられないことに 車は星乃珈琲店の駐車場にとまって わたしはyuzuriさんと会うことができました。

yuzuriさんの目はスズを張ったように 深く輝いていて うつくしくなられたなぁ とうれしかった。

わたしがyuzuriさんに会いたいと思ったちょうどその頃 yuzuriさんも そう思われていたそうです。そして 筑波のおやまのふもとで 森と水の傍らで 夏至の夕べ 語らせていただくことになりました。

最初 感じたのは....筑波のおやま 筑波の神さまが呼んでくださった.....ということです。わたしは筑波のおやまがこよなく好きでしたから。

そして 来る途中 ふと 気づいたことを思いだしました。

わたしは原初の語り部を目指し 降りてくるものを語りたいと希求していました。.....ものがたりは つくるのではなくあらわれるのです。....でも 致命的な間違いがあったのかもしれない。

それはわすれないために書き留めること.... それは必要のないことではなかったか 降りてきて 語って わすれてしまってもいいのではないか ひつようなものはいつでも降りてくるのではないかと

その僅か1時間後に yuzuriさんから 森のなかで 水の傍で おなじように 今を生きているひとたちのなかで 自由に語って.... と 提案があったのでした。

語り部として 15年 ずっとずうっと 望みはかわることはありませんでした。魂のトビラを叩く 出自を思い出す 神性をひらいてゆく 甦り 共鳴 .....

力の無さに 打ちひしがれながら それでも ときおりは 気がついてくださる方もいらして それを よすがに 語ってきました。

それほど だいそれたことでなくとも 今 ここに こうして生きていることを よろこびあい ゆるしあい わかちがたい 共鳴の時間を ともにできたら これほどのことはありません。

からだひとつ なにも持たずにまいります。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

古代の信仰では 夏至や冬至は特別の日でした。夏至は太陽のエネルギーがもっとも高まる日 冬至は太陽の甦りの日なのです。

ストーンヘンジ(4000年~5000年前)とか三内丸山遺跡(4500年前)、マルタ島の神殿(6000年前)、エジプトの神殿などの共通点のひとつは神殿ではその出入り口が、巨石では結ぶラインがたいてい夏至か冬至、あるいは春分秋分の日の、日の出の方向を向いているそうです。たとえば金山巨石群のふたつの岩とストーンヘンジは夏至の日の出方向と冬至の日の入方向を示しています。これはいったいなにを意味しているのでしょう。

キリスト教は古代信仰を利用し あるいはその不快意味を隠そうとしたのかもしれません。冬至をクリスマスに 夏至を聖ヨハネ祭にしました。聖ヨハネ祭の前夜には妖精や魔女,死霊や生霊などが現れると信じられていました。シェークスピアの「真夏の夜の夢」もこのような伝説を背景としています。ムソルグスキーの「禿山の一夜」もそのような伝説に因んだものです。

日本でも 縄文の古代の神道は三世紀になって、大きく変わります。縄文人が信仰していた神とヤマト朝廷がつくった神社神道、そののちの国家神道はおなじ神道といえど相当に違うものです。神社を建立したのはおもに、渡来人の子孫であり神となった天孫族、古代の天皇でした。神社の建築技術(ユダヤの幕屋と似ている)は秦氏(キリスト教を景教として日本に伝えた)が伝えました。祭祀は新嘗祭のように稲作を中心にしておこなわれるようになりました。禊ミソギと祓ハラヒの概念が入りました。(ツミも)
 

祭祀をつかどっていた物部氏が追われたあと、中臣鎌足が修正をほどこした”大祓詞”には・・・・・荒振る神等をば 神問はしに問はし賜ひ 神掃ひに掃ひ賜ひて 語問ひし磐根 樹根立草の片葉をも語止めて・・・・「荒ぶる神を追い詰め 祓ったところ(昔はしゃべった)岩も樹も草もしゃべらなくなってしまった」....とあります。縄文の神、精霊たちは封印されてしまったのでしょうか....キリスト教に追われ、しだいにちいさな卑小なものに代わっていったケルトの精霊たちのように。

 

あるサイトではこのように書いています。

『世界各地に存在する「夏至にまつわる古代遺跡」を調べていきました。すると不思議なことに、いくつかの共通点が浮かび上がってきました。まず、遺跡の形状もしくは石の配置などは、夏至の日の朝日に焦点を合わせてあるということです。どのようにしてか、太陽の昇ってくる方位方角を実に正確に把握しているのです。また石の素材に関しても、夏至の朝日の最初の光を受け取る様式も共通しています。日本でも縄文時代や石器時代にまで遡る巨石遺跡や聖域は、やはり夏至の日を意識して作られています。民族・思想・宗教など、時代によっても様々な条件が違うのに、「夏至の日」を意識するという共通点。その根底に流れる古代人の大切に思ったものはいったい何だったのでしょう。

8Hzの宇宙の音

 夏至の日に響いている波動を検出した学者がいました。
 アメリカに住むフィリップ・カラハン氏です。彼は太陽の波動を1年365日、毎日測定していました。そして夏至の日の出の数分間だけに存在する、特別な波動をキャッチしたのです。その周波数は7.6~8 Hz という帯域の波動でした。このことは、世界各地に残る夏至のモニュメントが、夏至の日の出の数分間に焦点を絞っていることの意味を明らかにしています。また彼は、世界各地の古代遺跡で波動測定を実施した結果、この7.6~8 Hz という帯域の波動が、遺跡から同心円状に放出されていることを確認しています。さらに夏至の朝日の波動が遺跡の石を共振させて、この同心円状に放出されていたウェーブを強める作用があることも検出しています。その結果、古代の人はこの波動の秘密を知っていて、目的をもって利用していたことも判ってきました。
 この7.6~8 Hz という帯域の波動は、非常に興味深い周波数なのです。これは私たち人間の脳波でα波と呼ばれている特別な帯域の周波数で同じであり、禅での深い瞑想状態の時にも、超能力に関係する時にも、この帯域と同じ波長の周波数が検出されます。そしてまた、成長する天然鉱物の水晶も、やはりこの7.6~8 Hz という帯域の波動で成長しているようです。まさに「宇宙の創造の時の音」ともいえる、特別な帯域の周波数と考えられるのです。厳密にいえば「音なき音」なので、検出された波動はその音の顕れの一部なのでしょうが‥‥。

世界は音によってつくりだされた

 「世界は最初の音によって創り出され、その音が原生の深淵から発生した時、音は光になり、その光の部分がしだいに物質になった‥‥」
 宇宙や生命の根源、言葉や音楽の起源にも遡る「音」と人との関係は、古代からとても重要なテーマでした。それは個々の生命にもかかわることであり、人はその影響力に対してもっとも敏感だったようです。聞き取れない宇宙の音は、五官の耳で聞くほかに、特別な感性の直勘で感じ取っていたのでしょう。
 古代において「音」は超自然的起源をもつものと思われ、見えないけれども存在する世界との交流の手段でもあると考えられました。シャーマニックな世界では、精霊の声を、笛や太鼓、弦や唸り盤を通して聞くことができると信じて、耳で聞ける色々な「音」を発声や楽器によって模倣する試みがなされてきたのです。その自然コンサートの参加者たちは、それぞれ風・雨・雷・波・樹木・動物といった特定の自然音を真似て合唱し演奏したのです。この本能的習慣ともいえる行為で、自然のリズムにのって奏でる楽曲は、きっと壮麗で素晴らしいものだったでしょう。

夏至の朝日の音

  夏至の音は夜明けの朝日の光に乗って、宇宙の源から響いてくるのです
 その「音」を意識して静かに聴きとれれば、自然な感じで自分の中に「創造の時の音」との共鳴音があることに気づきます。宇宙が生まれた時から地球に生命が誕生して育まれてきた今日まで、連綿とつながってきて途絶えることなく私たちの中にも響いている「音」なのです。その「音」は意識も心も身体も、本来あるべき理想的な姿へと蘇生させ、自然治癒力が高まる方向に働く力を含みもつものです。その作用は、まるで音程の狂った楽器を調律するかのようにも働いてくれるのです。このような根元的な音の作用で調律された時に、はじめて共鳴・共振が一人一人に正しく起こり始めるのです。そして「創造の時の音」と一体となり、「創造の時の音」そのものにもなれるのだと感じています。夏至の日の出の音によって人々はそれぞれ振動してしまうけれど、調律されてくればやがて調和がとれ、一つの和音となれる‥‥それが「夏至祭」の一つの意義だと思っています。』

http://amanakuni.net/Namaenonai-shinbun/Namae95-Geshi.html

すなわち 夏至祭とは 甦りの祭..... 本質へリセットする時

2009年の冬至に わたしは......語り部とは.....文字をつかわずにひとのこころのなかに歴史をきざむもの......真実を語るもの。語り部はパーツとしてではなく、つなぎ目として場に充ちている

語り手ではそのような語り部をめざす....と書いてありました。 みなさんのトビラを叩きながら わたし自身も ともに魂を震わせて 原初の語り部としてそこにいたく思います。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

かつて この国の神々は 海であり山であり 川であり 自然そのものでした。ご神体は自然だったのです。

神社はありませんでした。いまでも大神神社には遥拝するところはあっても 神社はないと思います。

身土不二といいます。ひとのからだとこの国の大地はふたつでひとつ わかちがたいものなのです。

たとえ 転生はしても 今このときこの国に生まれて在るということはふかいえにしがあるということです。

かつて 芸能も武道も 神に捧げたものでした。古い神社では神楽殿はご神体に向っています。

土俵もそうでした。横綱はなぜ注連縄をしめるか 心技体が求められる横綱は神の降りる場でありました。

 

ですから この国を守ろうとするひと 愛国者であるというひとが国土を穢すことなどありえましょうか?

原発をつくることなどあり得ましょうか?

いのちの水 いのちをはぐくむ大地を穢すことなどあるはずがないのです。

経済のためといいますが 日本人の頭脳で 原発以外の方法を考えられないはずがありません。

この国を穢そうとするひとたちがいます。それに乗せられている 手先となっている日本人がいます。

ほんとうにこの国をたいせつに思い 愛するひとたちは 澄み切った 魂の目でよく観てください。

だれが ほんとうに愛国者か だれが手先か 

原発を推進するもの 原発を売るもの 国を武器商人にするもの 自国の国民を他国の奴隷にするもの

が愛国者であるはずがないのです。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

七郎さんに会いにゆきました。

七郎さんは見者.... 見てしまったひとです。

今日は姉妹に会えるような気がしました。七郎さんはそう言いました。

「文字ではなくことばを語る 文字は悪である からっぽになって語る
降ってくるものを語る
だいじょうぶ あなたは間違ってはいません
あなたがなにをしようとしているか知っています
あなたはあなたのしたいようにしなさい
光のなかでも もっとも光がさんさんとふるところをあるきなさい

なにも心配はいらない
神が足りないところを補ってくださる
神はあなたができる以上のことをさせてくださる」

そうでした。からっぽになって 降ってくるものを語るだけなのです。

ありがとう 七郎さん 迷いは消えました。

.......................

幼稚園にいって 一年間の打ち合わせ

それから 婦人部 に向かいました。婦人部というのは幸手で さまざまな商売をしている

またイベントもひらいているちょっと不思議な女性たちの会です。

あぁ なんて ラクなんだろう..... 温泉に入っているようです。

ことばにウラがない スキマがない ありのまま あたたかくて はつらつとしていて

人生がそのまま ありのまま..... 遊ぶお約束をしました。

絶品の う玉 をいただきました。

......................

新月ですから 種子をたくさん 撒きましょう。

明日はyuzuriさんと お会いします、魂が再会を喜んでいます。

さまざまな方に さまざまな ミソギ さまざまな新生のための プログラムが起きています。

おそれずに むかいましょう 笑顔で。

そして 7/6 のための準備をはじめました。


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

ヨーロッパまでは行かないようですよ よかったですね ...ホントかな。

コレがどういうことかっていうと

息子たちを他国の戦争に出すということだけじゃなくて

税金は増え 年金はますます遠のき 生活は苦しくなり ついでに 国民がテロに巻き込まれる危険が増えるってことなのです。

戦争に行くのは安倍じゃない 石破じゃない 慎太郎じゃない 百田じゃない 

みなさんの子ども もしかしたら 夫 兄 弟 ....ひょっとしたら 娘もです。

生活が苦しくなるのは 安倍じゃない 石破じゃない 慎太郎じゃない 百田じゃない その他もろもろの改憲派じゃない わたしたちです。

戦争は

軍隊はカネがかかる アメリカの惨状をみてください。崩壊寸前だ。換わりに 日本が捧げられようとしている 売国者たちの手で。

⇒ こちら

安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、他国を武力で守る集団的自衛権の行使が認められた場合、自衛隊を中東・ペルシャ湾のホルムズ海峡へ派遣することを想定している、と明らかにした。首相は日本から遠く離れた地域へも自衛隊を派遣する可能性を示し、米国以外の国を守る考えにも踏み込んだ。

 この日は、首相が15日に集団的自衛権の行使に向けた基本的な方向性を示す記者会見をした後、最初の国会論戦となった。

 首相は15日の会見では集団的自衛権を行使する具体的な地名は挙げなかった。しかし、28日の国会答弁では、その例として「ホルムズ海峡」に言及。「この海峡の機雷を何カ国かで除去しようというときに、日本がやらなくていいのか」と述べた。海峡を通る商船が「日本国籍でなくても全く守らなくてもいいのか」とも語った。

 また、首相は15日の会見では日本人の母子らが乗った米艦船のパネルを示して集団的自衛権の行使が必要な事例とし、「自衛隊は守ることができない」と指摘。集団的自衛権を行使するのは、主に日本人を守るためだと強調した。しかし、この日の答弁では他国を守る考えも連発した。

 首相は米艦船の防護について「隣国から日本に逃げてくる避難計画は、米軍と立てる。米艦船に日本人が乗っているから守るが、日本人が乗っていないからだめだということはあり得ない」と言及。また「米国が用船計画をして、船籍が他国ということも当然ありうる」とも述べ、米国以外の船も自衛隊が守る可能性を示した。

 首相は「米国のみが集団的自衛権の対象になるわけではない。これは当たり前の話だ」とも言い切った。複数の政府関係者によると、朝鮮半島有事を念頭に韓国やオーストラリア、中国の海洋進出を念頭に、フィリピンやインドに広げる考えがある。

 首相は武力行使の目的で、他国の領土、領海、領空には自衛隊を派遣しない考えを強調したが、対象国が増えれば、それだけ日本が戦争に巻き込まれるリスクが高まる。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

県税事務所に行ったら 業務委託されたという アイヴィジット という会社が総合受付をしていた。

男ひとり 女4人

なんだか 空気がよくなかった。男性がおかしい.....ピンときたので ちょっと調べてみたら...

年金機構の業務委託をうけて 年金の督促を しつこくやっているようだ。

株主を調べてみたら 

株式会社もしもしホットライン(全額出資) なにコレ 

今 ハヤリの人材派遣に 探偵業  ますます アヤシクないですか?

 調べたら もっと出てきそう.....

 

株式会社アイヴィジット

 

1988年11月16日

資本金

7,000万円

株主

株式会社もしもしホットライン(全額出資)

従業員数

2,517名(2013年3月)

所在地

〒151-8583
東京都渋谷区代々木二丁目2番1号小田急サザンタワー15階
TEL:03-3377-3800/FAX:03-3377-5560

 

代表取締役社長

西村 修

取締役

志村 由美子

取締役

岩 孝久

取締役

小志田 典彦

監査役

山口 英則

 

許認可・認証等

1.プライバシーマーク

認定番号 第10861388(04)号
JISQ15001:2006準拠

2.ISMS/ISO 27001

認定番号 IS 561499/ISO 27001

3.人材派遣

厚生労働大臣許可 般13-040349

4.有料職業紹介

厚生労働大臣許可13-ユ-040229

5.探偵業

東京都公安委員会許可 第30100246号

 

取引銀行

三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行

主取引先

大手通信事業者、官公庁・自治体・公共機関、大手通信代理店、大手金融機関、大手放送事業者、大手化粧品・食品メーカー

それで 全額出資のもしもし ホットラインを調べたら 住所は ほぼ同じで....

主要株主は 日本トラスティ と 日本マスタートラスト ...... 

お定まりの.....前 勉強しましたね 覚えてますか?

コレは もう 日本の会社じゃないですね。

要するに 官公庁は直接雇用を減らす  外資がかんでる人材派遣会社に流す ちょっとだけ 還流してるんでしょうね。

社長さん 眉はおなじだが ずいぶん 顔が変わっている 別人みたい http://spysee.jp/%E7%AB%B9%E9%87%8E%E7%A7%80%E6%98%AD/1580814/image?ref=seemore_from_profile#navbar_top

 家主の小田急の主要株主は ⇒ こちら

種類

株式会社

市場情報

東証1部

4708

2000年11月15日上場

 

略称

もしもし(銘柄略称)

本社所在地

〒151-0053
東京都渋谷区代々木二丁目6番5号
テレコミュニケーションビル

設立

1987年(昭和62年)6月23日

業種

サービス業

事業内容

コールセンターの受託運営・設置・人材育成

代表者

竹野 秀昭(代表取締役社長)

資本金

9億9,825万6千円

売上高

連結:660億4,373万2千円
単独:572億2,001万5千円
(2008年3月期)

総資産

連結:353億8,497万9千円
単独:311億9,185万1千円
(2008年3月31日現在)

従業員数

連結:725人 単独:612人
(2008年3月31日現在)

決算期

3月31日

主要株主

三井物産(株) 34.3%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株(信託口) 11.41%
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 6.17%
(2008年3月31日現在)

主要子会社

(株)マックスコム 100%

外部リンク

http://www.moshimoshi.co.jp

 

子会社 マックスコムについて

社名

株式会社マックスコム

設立

1995年4月3日

株主

株式会社もしもしホットライン(東証一部上場)

資本金

1億5千万円

所在地

〒151-8583 東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー

TEL / FAX

TEL:03-6870-5800(代表) / FAX:03-5358-2620

事業内容
  • 1.BPO事業・シェアードサービス事業・CRM事業に関するコンサルティング及びオペレーションサービス事業
  • 2.コールセンター業務及びこれに関するコンサルティング業務
  • 3.情報処理サービス業務並びに情報提供サービス業務
  • 4.情報処理に関するソフトウェア及びハードウェアの研究・開発、販売
  • 5.労働者派遣事業
  • 6.有料職業紹介事業
  • 7.損害保険代理業及び生命保険の募集に関する業務
  • 8.前各号に付帯し、または関連する一切の業務


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




 

パソナって ホラ あのコイズミと日本をぶっこわした竹中さんが役員をしている会社ですよ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150540

以下転載

「シャブ&ASKA」事件の余波が政界にも広がってきた。ASKA(56=本名・宮崎重明)と一緒に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された栩内香澄美容疑者(37)は大手派遣会社パソナの関連企業に勤め、2人が知り合ったのもパソナの接待施設「仁風林」(東京)だった。この接待施設には政界関係者も入り浸っていた。なんと、複数の現職閣僚も濃厚な接待を受けていたという。

 政治ジャーナリストの山田厚俊氏がこう言う。
「閣僚のひとりは田村憲久厚労相です。取材した限り、大臣就任後も『仁風林』に顔を出しています」

今国会の大きなテーマのひとつは派遣法の改正だ。安倍政権は規制を撤廃して派遣労働者を増やす方針。恩恵を受けるのは派遣業界だ。その業界を所管する厚労省のトップが、派遣会社パソナの“接待”を受けていたというのだ。
「議員会館などで開かれる業界の勉強会に顔を出した、というならまだしも、所管の大臣が一企業のパーティーに出席するなんて非常識ですよ」(山田厚俊氏=前出)


■田村事務所は「確認中」


 田村と派遣業界はズブズブの関係だ。日本人材派遣協会や日本生産技能労務協会などで構成される「政治連盟新労働研究会」から12年11月、50万円の献金を受け取っている。両協会のトップは昨年8月、派遣法の見直しを審議する労働政策審議会の委員に選ばれ、この後、規制撤廃の方向が決まった。


 いったい、パソナと田村大臣との間に何があったのか。「仁風林」の接待による“便宜供与”を疑われても仕方ないのではないか。
 田村事務所にあらためて問い合わせると「確認中」と回答した。


 驚くのは、田村以外にも常連客として複数の閣僚の名前が挙がっていることだ。


「田村大臣以外に4人の閣僚の名前が浮上しています。いずれも自称『改革派』の閣僚たち。ほかに官僚の名前も複数出ています。官僚は特殊法人への天下りが厳しくなったため、民間企業に天下り枠を求める傾向にある。『仁風林』はその人脈づくりの“窓口”というワケです」(霞が関事情通)
 シャブ&ASKA事件は、政界と財界の一大疑獄事件に発展するかもしれない。

以上

ASKAさんはずいぶん前から常習していたようだが 今回は 作為的な逮捕の匂いがする。

このような 爆弾が いくつかあって 必要なとき 目くらましにつかうのでしょうね。

厚労省は国民を売るようなことをしてはいけない。どうせ今回も うやむやにされるだろうが 厚労省には暗い歴史がある。

年金問題 .... 小泉時代 なにがあったか.... なぜ宅配便業者をよそをった男に 元厚労省の役人が殺されたか.....

国民の生き血をすうものたちがいる。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

⇒ こちら

どこかにいいお店ないかなぁ と 車を走らせていたら 目の前に突然出現

その名も星乃珈琲店......

パンケーキが絶品!!

......................

珈琲のお代わりをして おみゃげのパンケーキが焼きあがるまで 考えていました。

ヴォイストレーナーの満喜子先生 川端先生 M先生のこと.....

なぜ お三人とも 突然 あのようなことになったのだろうか......

共通項をどんどん 記していったら.....

クラスレッスン プライベートレッスン ボディワーク 声

発声による問題点の修復 声磨き=魂磨き  共鳴 .....

M先生は存じませんが おふたりは クライアント から声を 引き出していた....

声とはとても危険な領域なのかもしれない

宇宙は響き 響きは光 人間の声 それは響き そして ひかり

もしかしたら..... わたしも先生方とおなじことをしているのかもしれないという戦慄がありました。

語りによる人格の形成.... もともとのまどかなかたちになるための一聯の

 

わたしは今回のカタリカタリの件 いったい 間違えてはいなかったのだろうか という自問自答のなかで

聴こえてしまった 声の響き について考えました。

異なるアクセントのように かすかだけれど明瞭に響く違和感 ざわりとにごりのような感じ

胸にぴっと突き刺さる苦味 

わたしはそれを聞き取れる耳になった.....

 

そして考えました。

戻れなくなるということはどこか遠くへ飛んだということ。

どうやって? 響きと ........ で

もしかしたら つながるとは深さに過ぎず  単に自分の声の 響きだけでも行ってしまうのではあるまいか

たまさか 聴いてくれるひとも連れて

それは危険な領域です。両方とも危険水域 .... もっと長生きしたいですもの

まだ 後戻りできる......  他のミチから行こう

 

奇妙な一致 でかけるとき なぜか偶然通ってしまった 八幡神社 .....

それはyuzuriさんの白い家で 語りの会をひらくとき いつも お参りする神社

気になりながら 通り過ぎて 帰り道 どこをどう走らせてのことだろう......畑中の細い道をやっと通り抜けて

気がつけば 目の前に忽然とあの八幡神社。

暗い階段を登りました、参拝して 帰りました。

あしたは 七郎さんに会いにゆこうと思います。この胸の塊りを持って..........。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

あたらしい出会いが生まれそうです。

古いもの いらなくなったもの 感謝して 脱ぎ捨てましょう。ありがとう さようなら......

あたらしい風 はこんでおくれ あたらしい地平に。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

⇒ こちら

爪検査 3.11以前と以降

☆今検査ででているものは、約三ヶ月前の状態だとみて良い。
☆震災前はウランは検出される人はほぼ皆無だった。 それが2011年の6月から基準値範囲いっぱいの人が続出し、最近では基準値越えが出だしている。


☆セシウムは爪には出にくい。だけど最近、セシウムが検出される人が増えている。震災前はほぼ皆無。
☆しかし爪検査では放射性か非放射性かはわからない。セシウム134,137の正確な数値は尿検査で。
☆子供は成長でどんどんコップの容量が大きくなってる状態なので、大人の20倍はセシウムなどを取り込みやすい


ウランはどのように取り込まれるか

ウランは一般的に呼吸から入り、それ以外で体内に入ったものは便や尿で排出される。 


今は未曾有の原発事故が起こったので『一般的』な状況ではない。普通は食品から入らない、今は食品から入っているものと推測される
98パーセントは排出される。2パーセントが体内にたまる。
☆ウランに関しては100パーセント放射性なので、すみやかに体からぬいた方がよい。

どうやって排出するか

☆沢山の良質なミネラルをどんどん取り入れて、排出させてあげること。
(野菜、肉、塩、ナトリウム、カリウムなど)

☆ストロンチウムにおいては普段はある程度必要な成分であり、震災後基準値越えの人がでてきたので、まだ分析しきれていない。(排出にはカルシウム、マグネシウムをしっかりとること)

以上



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

日本を統一した最初の王朝とオオクニヌシを滅ぼした 伊勢系の現皇室との 歴史的和解ということかな....

現皇室は 明治から南朝系ですが それは関係ないのね

誰かが日本のために画策したのかな..... まさか 政略結婚..... お姫様は今も昔もたいへんです。

http://www.yukawanet.com/archives/4683285.html

でも この系図 なんか ヘン.... ゴウインにくっつけてありますね。

以下転載

典子女王殿下がご婚約内定したということで、世の中はおめでたいムードに包まれております。お相手は出雲大社禰宜の千家国麿氏ということで血筋をたどると「天照大神」という神話レベルの世界の人物が登場し何とも日本の歴史の奥深さを感じさせられますが、皇室と出雲国造家の縁組みは実は「歴史的な事件」でもあるとネットでもちょっとした話題となっております。

以上

ところで 典子女王とは

日本皇族高円宮憲仁親王同妃久子の第二女子。姉に承子女王、妹に絢子女王がいる。身位女王皇室典範における敬称殿下

どうなんでしょう。佳子 真子さまは.....



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ