遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



知人が舌下にできものができて 癌センターに検査に行ったら いっぱいで検査がなかなかできないそうです。.....いつ 検査入院ができるかわからない。もうひとりは 脊髄に腫瘍ができたが 手術がいっぱいで 10月の予定だそうです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




オリンピック なかなか考えさせられます。

http://www.sanspo.com/london2012/news/20120731/gym12073103050001-n1.html

古くは小野タカシ 最近ではトミー 日本は体操の名選手を輩出してきました。ロンドンオリンピックは金メダル奪回のチャンスでした。けれども予選でミスが続出 捲土重来はなりませんでした。しかし 特筆すべきことがあります。

4位と発表されたあとコーチふたりがジャッジに内村航平選手のあん馬の採点について 異議を申し立てました。着地ではよろめいたが 最後の演技の難易度は達成されていたのではないかという異議です。採点制度からしたらもっともな申し立てでした。採点は見直しされ 日本は銀メダルとなりました。かんぐれば 日本が4位になれば地元英国が銀メダルですから まさかとは思いますが意図的なものもあったのかもしれません。

ロンドンオリンピックでは柔道でもジャッジの勉強不足が目につきます。審判は絶対などという観念は捨てていいと思います。フィギュアスケートでもおかしな恣意的なジャッジがまかりとおっています。どんどん抗議していいし 採点は明示すべきです。あたりまえのことではありませんか?

スクリーン スポーツ セックス はいわゆる大衆を政治の世界から目を背けさせるために闘争本能を谷向けさせるために 彼らがつくったものです。コロセアムとパンを!!ローマ時代からかわりません。大衆にはサッカー 野球 オリンピックでガス抜き マクドナルド 安い肉 遺伝子組み換え穀物野菜をあてがえというわけです。そのかげでBBC とabc放送は シリア反政府勢力の正当性 欧米介入の合法性をしきりにつたえておりました。

うつくしい日本の体操は富田コーチの力も大きいようです。日本選手のみなさん 個人 種目別はのびのび楽しんで演技してください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




消費税滞納業者は20%に及びます。

輸出大企業は消費税が戻ります。→ こちら それを彼らはいただくのです。そもそも 大企業の7割は税金を払っていません。国から優遇され 仕事をもらっているのにね。→ こちら

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120730/k10013967001000.html

以下抜粋

ことし3月までの1年間で、期限内に国に納められず滞納となった税金の額は6000億円余りで、前の年より700億円以上減りましたが、消費税の占める割合は50%を超え、これまでで最も高くなりました。  



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




総合失調症 認知症と認定されれば 強制入院? 強姦といわれれば そのとき合意でも強姦罪? とても怖く感じるのはわたしだけでしょうか?

ヨミウリ http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=61054

以下転載

統合失調症や認知症などの人を強制的に精神科に入院させる「医療保護入院」について、厚生労働省は29日、入院時に義務づけられている家族の同意を不要とする方針を決めた。家族の同意を外すのは、現行制度の原型を定めた1900年の法制定以来初めて。また、入院中も患者の権利を擁護するため、患者が「代弁者」を選べる新たな仕組みの導入などを盛り込んだ、精神保健福祉法改正案を来年の通常国会に提出したい考え。

医療保護入院は、入院治療の必要性を本人が理解できない場合、精神保健指定医の資格を持つ医師1人の診断と、家族(保護者)の同意で入院を強制できる制度。1年間で精神科に入院する約38万人のうち、14万人が同制度で入院している。

日経 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG25036_V20C12A7CR8000/

山田徹弁護士 http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-July/018789.html

以下抜粋

もしこの提言どおりなら,女子の高校生にとどまらず大学生であっても,同女の合意のうえでセックスがされたような場合で,かつ,同人の告訴がないようなときにも,相手の男性は強姦罪や強姦未遂罪、強制猥褻罪やその未遂罪になることになってしまい,逮捕されてしまうことにもなるのでしょうね。仮に真摯な男女交際なら違法性が阻却されるなどとしても,そうかどうか疑いがある段階では逮捕も可能となりますね。

女性の方に処罰感情はおろか被害感情さえないような場合にまで公権力が踏み込みようなことをして,本当に被害女性を保護することになるのでしょうか。考えるべきは,現状で,公開の法廷にさらされたりすることなど,告訴したくてもできないという理由は何かを考えて,その対策をとることなのではないでしょうか。女性の保護といいながら,いい歳をした女性の合意能力を否定するというもので,その独立人格までも否定し,そのプライバシーにまで踏み込んでくるよう
な話です。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




原子力村の利益 官僚 学閥 東芝 日立 鹿島などの大企業の利益のために原発はある。復興資金はいったいなにに使ったのだろう? 国民は耐える 農民漁民は補償されない。フクシマ川俣の豚が熊本に行く。フクシマほか汚染地帯の米は給食やファミレスやコンビニに行く。それをみんな食べる。知ってるひとは食べなけれど 知らない人は中学生も高校生もみんな食べる。内部ヒバクする。国民は政府と東電の失敗を税金で払う。官僚 政府はもっともっと国民から取り立てる。マイカード 秘密保全法の前からわかっていること 日本は階級社会 ..... 1%の人間に99%が奉仕する 労働を捧げる。一般国民のなかでも上層と下層がある。上層奉仕者はおいしいものを食べられ 危険も少ない。直接汚れ仕事 みんなのためになる仕事をするひとは うまいものは食べられず 危険がいっぱいだ。だんだん 怒りがこみあげてくる今日この頃.....

たむごんさん http://portirland.blogspot.jp/2012/02/20090.html

フクシマ第一おなじ500円の食事 なんでこんなに違うの?(2012 2月 今も作業員さんに食堂があるかはわかりません)

東電社員さま用

一般作業員用



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




http://www.afpbb.com/article/london2012/london2012-news/2892439/9310992?ctm_campaign=txt_topics

大会前に行われた五輪観戦券の抽せん販売は競争率が非常に高く、多くの市民が入手できない状態だった。にもかかわらず、テニスや水泳、体操などの種目の会場で空席が目立っている。

■「関係者席」か、違法転売の疑いも

 テニス競技会場となったロンドン南部ウィンブルドン(Wimbledon)のセンターコートでは、28日の英国人選手の出場試合でも座席は半分ほどしか埋まらず、29日もまとまって200座席ほどが空席のままだった。一方、2日目の競泳会場アクアティクス・センター(Aquatics Centre)でも空席があった。

 LOCOGでは、これらの空席は各国の五輪委やスポーツ連盟の関係者、選手、報道陣、スポンサーなどいわゆる「オリンピックファミリー」のための予約席だったと釈明している。あるLOCOG関係者はAFPの取材に対し、予約席が空席となっていることに対しLOCOG(ロンドンオリンピック組織委員会)内では「苛立ちが募っている」と明かした。

 英紙サンデー・タイムズ(Sunday Times)は、英警察当局が五輪公式チケットの違法転売をめぐる捜査を開始したと伝えた。同紙によると、五輪関係者らが額面価格の最大10倍の値段で数千枚のチケットを売っていたという。

■「穴埋め」に兵士や生徒を招待

 一方、国際五輪委員会(International Olympic CommitteeIOC)のマーク・アダムス(Mark Adams)広報部長は、「スポンサーの大半は会場に来ている」と述べ、空席の原因がスポンサーにないことを強調している。

 LOCOGは、空席を埋める方策を急いでいる。29日午前の体操競技では、警備任務に携わる英軍兵士に座席が与えられた。また、他会場ではロンドン東部の学校の生徒たちや教員が招待された。(c)AFP/Guy Jackson



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




........きのう はじめて 観たのだが どうも気になって 気になって ..... 山本耕史 さんは花より団子で 花沢類 の声を担当していた役者さんだった。殺陣が若手にしては滅法上手い。このごろNHKによく出ているらしい

どこが 気になるかというと 目 である。 きれいな目 見ているけれど見ていない 自分しか見ていない ..... とわたしは感じた。 自分「ひとりで」ものがたりを語ってしまっている。完結している....舞台役者のはずなのに...?それが不思議で じっと見ていた。所作がうつくしい。かくあるべきという美意識 スタイルを持ってらっしゃるのだろう。山本耕史 さんが 丹下典膳をそういう人物 美意識を持ち 自分のなかでものごとをとらえ 決め 運命に殉じる ...... そうとらえているならいいけれど。丹下典膳はそれだけではないと思う。こころのなかに揺れ動く海を持っているのではないか。それを もうちょっと見たいなぁ......ほんとうのかっこよさは かっこわるさからもくる たとえどんな強く見える人間でも 弱さや恐れや情けない部分を抱えていない人間はいない。自分のなかに弱さを見る 執着を見る 恨みを見る たじろぐ 苦しむ 未練を断ち切る その葛藤にこそドラマがある 見るものを惹きつけずにはおかないその揺れ....がもっとあれば 千春に「もう 嫁はもらわぬ」 という台詞が生きる。 もっと胸が揺さぶられる。さらっときれいに過ぎるのだ。もっといい役者になってもらいたいなぁ....

いい役者は滅多にいない。自分のガラや色で勝負するひとはいるが、私が好きなのは 自分をカラにして役そのもので生きるひと。それを役者という。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




......スポーツ貴族っていうけど スポーツは本来貴族のものだった、お金持ちのものだった。白人のものだった。米国には人種差別がね強く残っている。住む場所も違う。黒人居住区域にはプールがあまりない。

白人の本音....有色人種が勝つとおもしろくない.....それにお金儲けもからんでいるからね。だから ルールを無理無理かえる。わかりやすいのが日の丸飛行体.....ルールがかわって さっぱり勝てなくなりました。それにくらべて陸上などは一目瞭然だ。早く 高く 力があればいい。陸上はスポーツの華である。

ルールはまだいいのだが ジャッジの主観が入る採点基準はどうにかならないか。だいたい 柔道のワザも知らずに審判したりだし 重量挙げみたいにジャッジをジャッジするひとがいるのは有効なアイデアだと思う。公正で公平でないなら スポーツの勝ち負けに意味はない。

勝つことでなく参加することに意義がある といったのはクーベルタンではなかったそうだ。

クーベルタンが言ったことば「自己を知る、自己を律する、自己に打ち克つ、これこそがアスリートの義務であり、最も大切なことである」

まさにそのとおりである。ジャッジの方々もまた このことばを胸に刻んでいただきたい。....サッカーのように ガス抜きとしての役割もスポーツにはあるのよね と思いながら ついオリンピックのニュースが気になるこのごろです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




運命を左右する戦いに

http://japanese.ruvr.ru/2012_07_29/shiria-unmei/

マスコミが伝えたところによると、(反体制派の)戦闘員らに「テロで脅された」住民たちは、アレッポから逃げているという。先週はシリアの化学兵器を巡る情報戦争も大きなニュースとなった。シリア外務省は先週はじめ、化学兵器を使用する可能性について声明を表した。西側のマスコミはこのニュースを大々的に報道したが、科学兵器の使用は外部から攻撃があった場合に限って使用される可能性があるという、重要な点には注意が払われなかった

一方で米国は、反体制派への支援を著しく強化したことを確認した。ロシアのラヴロフ外相は、米国のこのような立場とシリアの首都ダマスカスで18日に発生したテロを一連の西側諸国が非難しなかったことを受け、「そうした態度は、テロリズムを直接正当化する事につながる」と述べた。

政府軍 首都 掌握 アレッポ一部奪還か

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86T00D20120730

[アレッポ(シリア) 30日 ロイター] シリアのアサド政権は29日、首都ダマスカスでの反体制派との戦闘に勝利したと宣言した。政府軍は30日にも、激戦が続いていた北部の最大都市アレッポの一部地域も奪還したと明らかにした。

政府軍は過去2週間にわたり、ダマスカスとアレッポに進軍してきた反体制派と激しい戦闘を繰り広げてきたが、政府軍は再び首都を掌握することに成功した。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




みなさま 今日も暑いですね。メニューを考えるのもたいへんです。 我が家のきのうの夕食はレッドカレーでした。タイのグリーンカレーは家族大好きなメニューですが ココナッツミルク、漂白したものしか近所で売っていないのでとりよせました。ついでにレッドカレー、イエロウカレーも頼んだのです。ツナを入れたこともあったのですが 汚染が心配なので野菜だけでしたが 仕上げにナンプラーを入れたりして とてもおいしかったです。娘はパスタに合いそう....といってました。

さて ツナ、マグロですが 放射能汚染の影響がではじめたようです。

http://www.tax-hoken.com/news_aefaB0l2sI.html

以下抜粋

カリフォルニア州で出漁禁止

米カリフォルニア州海岸でセシウム濃度が上昇している。現地では日本近海を遊泳中に汚染されたクロマグロが漂着し始めたため、と見ており、漁が禁止された。

今後の推移を見守る方針だが、状況によっては賠償問題に発展する可能性が高い。その場合、裁判地は米国になるが、米国の民事賠償金は桁外れの高額になることもある。

「懲罰的賠償金」という独特の制度があり、被告側の過失が大きいときには、損害分の賠償にこれが加算されるためだ。

以上

今後 賠償の問題は 韓国や中国などにも及びかねません。

日本 どうする? 米国GE社を訴える!?...... できないだろうな できないよね。...すると 国民が税金で!!?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ここまで やるとは ..... 政府(官僚と彼ら)がしたいのは国民の徹底的な管理と選別のようです。マイナンバー 人権擁護設置機関等.......着々と準備は進んでいます。

http://www.1-lawyers.com/lawyersblog/?p=195

以下抜粋

「秘密保全法」が延長国会に提出されそうです。法律家として黙っていられないので、解説します。

この法律が成立すると、政府が国民に知らせたくない情報(たとえば、あの「原発ムラ」の秘密情報)を「特別秘密」だと政府が決めれば、国民に隠すことができるようになります

逆に、公務員や原発研究者・原発技術者などの「取扱業務者」が国民に知らせると懲役10年!になります。国民が原発情報の公開を求めてデモ行進を呼びかけただけでも「不法な方法」による「特定取得行為」とされて処罰されかねません。

しかも、「特別秘密」を扱える国民と扱わせない国民に2分するための「適性評価制度」という「国民選別制度」まで導入するのです。適性評価のための調査内容は、他人に知られたくないプライバシー全体にまでおよび、調査対象は、家族・親戚・恋人・友人・・と無限に広がってゆきます。

これって、秘密警察国家ですよね。

以上



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




.....みなさま おつかれさまでした。ありがとうございました。

ツイッターより

今日の国会包囲デモはすごかった。前に「若い人が全くダメ」と言った。正直あやまらないといけない。今日は特に学生がすごかった。学生が輝いていた。未来を創る学生が、自分の意見を社会に大きな声で表明することは未来を創造することに他ならない。何か、私の中で認識が変わった。日本はまだ輝く。

4月から準備したデモと国会包囲。たくさんの人の思いが詰まった素晴らしい行動になった。一番感動したのはスタッフのみんなが笑顔だったこと。そして参加者も。いたらないこともたくさんあった。でも、楽しかった。それは主権者としての意思を表現できたから。主人公は政治家やない、国民なんや!

警察発表が恐ろしく少なくて驚きました。1万弱とは国会正門前のごく一部かと。 みなさま、本日はデモおよび国会包囲にご参集いただき、ありがとうございました。集まった人数は、例によってちゃんと数えてませんが推定20万人。

http://www.youtube.com/watch?v=B9ZrF8TDr-w&feature=youtu.be

野次馬の血が騒ぐのか、今日の国会議事堂デモでは年甲斐もなく正門の最前線まで到達。そこで横断歩道を渡ろうとしたら、そこも封鎖されていて国会包囲ができない。そこで、周りの人と、やり方が汚いなどと会話してたが、お腹の中では誰か突撃しろ〜と思っていた。そしたら、若者が次々と走って行って、柵をどかして横断歩道を進んで行った。警官がマイクで大声で制止し、他の警官がバラバラ駆けて行った。逮捕劇が始まるかとはじっこによけていたら、何事もなくて人々が次々と正門前の大通りにあふれてきて道路を占拠。嬉しかった、国会を包囲できた。

金曜日の抗議行動でも感じる事だけど、ファミリーエリアの皆さんは素晴らしい。譲り合い、助け合う姿がたくさん見られる。8時きっかりに「これで終了です」とアナウンスすると、誰1人文句も言わず、お行儀良くスムーズに人が流れていく。車道ではまだ人が溢れかえっているのに、だ。

老若男女、本当に様々な人が、デモに参加しています。 脱原発国会大包囲デモ 内幸町付近の映像です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 こちら

以下抜粋

毎週末に数万人規模の人々が官邸前に集まって抗議行動を繰り広げるのは、1960年の安保反対闘争以来である。それだけでも十分報じるに値すると思う。だが、ある新聞(たとえば東京新聞)が積極的に報じる一方、別の新聞が消極的なのはなぜか。

こうした抗議行動やデモをどう扱うかは、実は新聞の立ち位置が如実に表れる。現場の記者よりもデスクや部長、あるいはもっと上の幹部の意向が反映されるからだ。現場の記者が問題意識を持って記事を書こうと思っても、実際に紙面に載るかどうかは普通の記事以上に幹部の判断がモノを言う。
......
勝手に取材して記事を書こうとしても幹部の判断と異なれば、良くて「はい、ご苦労さん」でボツ。悪くすれば「お前は何を勝手に取材してるんだ」と怒られるのが関の山である。そうなれば、やがて記者の出世にも響きかねない。このあたりは新聞によって微妙に「空気」が違う。

朝日新聞は7月21日付から社会面で「街頭へ」というワッペンを貼り付けて抗議行動の連載記事を始めた。朝日は本気で反原発に舵を切ったのだろうか。少なくとも現場の記者は「やる気になった」と思いたい。(文中敬称略)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

http://news.nicovideo.jp/watch/nw323431

以下抜粋

原発再稼働を進める政府や黙認する政治に抗議するため、「7.29脱原発 国会大包囲」と名付けられたデモが29日、東京都内で行われ、多数の市民が参加した。「今のお金より子どもが希望を持てる未来を」。参加者らは同日夜、国会議事堂を包囲し、ろうそくに灯をともしながら脱原発を訴えた。 29日昼すぎの千代田区の日比谷公園。集合場所には既に、若者や親子、高齢者ら幅広い年齢層が集まっていた。30度を超える気温の中、帽子をかぶったり日傘をさしたりする人の姿も目立った。午後4時すぎから始まったデモの人波は東京電力本社前や経済産業省前を通り、国会議事堂に。灯をともしたろうそくやペンライトを掲げ、「原発要らない」「再稼働反対」と繰り返し叫んだ。

→ こちら

以下抜粋

福島の事故原因が究明されていないにもかかわらず、原発を再稼働させた野田政権に対する怒りは、時空を超えて人々を吸い寄せる。長野県松本市からマイクロバス2台を仕立てて参加した一行もいる。年金生活者の男性(60代)は「物凄い怒りを持って国会を包囲しに来た。原発を止めてこそ本当の民主主義」と話す。

ドイツ、オーストラリア、韓国などからは、緑の党の国会議員が遠路はるばる駆け付けた。ドイツのメルケル政権は、福島の事故を機に脱原発に大きく舵を切ったのである。「これだけ国民の声が大きくなっていたら、ドイツでは政治家と市民の対話が始まっている…」。『ドイツ緑の党』のベーベル・ホーエン副代表は、もどかしそうに語った。

秋田から訪れた男性(70代・年金生活者)は「60年安保の時はカネがなくて来られなかった。あの時の悔しさを今ぶつける」と晴れがましい表情だ。60年安保闘争で国会議事堂を包囲した淵上太郎さん(69歳・当時高校生)は、『安保闘争』と『再稼働抗議』を次のように比較する―

「安保は組織動員だった。再稼働抗議は個人単位で参加している。安保は条約という小難しいテーマだったが、原発は生活と健康・命がかかっている。再稼働抗議の方が怒りのボルテージがはるかに高い」。

集会が始まり25分ほど経った頃、警察の規制線が決壊し、歩道から車道に参加者たちが溢れ出した。国会議事堂前の広い道は市民で埋め尽くされた。『人の海』である。「再稼働反対」は地響きとなって議事堂にこだました。

※ 田中龍作さんはジャーナリストとして 身を挺してメディアのやらない報道をしています。本文にありますが 活動は寄付に頼っています。

makoさん



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




東電社員のヒバク率は一般作業員の1/4

http://blog.goo.ne.jp/genshiryoku_2011/e/44a7357493d4c086c68ea31ffe51bc3e 

以下抜粋

事故収束作業に当たった作業員の中で、東電社員とそれ以外の作業員の被ばく線量に4倍もの差があることが発表された。

事故直後は、地元採用の東電社員が収束作業の為に率先して現場に向かったが・・・・その後の作業については、東電社員の被ばくは抑えられ、作業自体は下請け業者任せ

という体制で行われている事を裏付ける事実だ。

除染作業の被ばく懸念 下請け労働者の母、「原発で働けと言えますか」

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-6488.html

木田節子さんについては → こちら

長男と同年齢の官僚が「雇用保険に入っていない作業員が半分くらいいる…」と、淡々と語っていた。同じ国のために働いているのに、この官僚と長男の置かれている環境の違いは何か。憤りを覚えたという。
 原発で危険な作業にあたるのは常に下請け労働者だ。最新の「原子力施設運転管理年報」をみると、大手電力会社の社員一人あたりの平均被ばく線量が年間0.3ミリシーベルトなのに対し、メーカーや下請けなど「その他」作業員の平均は1.1ミリシーベルトと大幅に上回っている。

福島原発直下の富岡町で40年以上、反原発運動に取り組んできた石丸小四郎さんは「政府が事故収束宣言を出してから、福島第一原発で働く人の労働条件が悪化している」と指摘する。労働者の持つ線量計を鉛板で覆う被ばく隠しが発覚した。こうした被ばく労働の現場は原発の敷地内に限らず、周辺の除染作業にも共通する。

 27日には田村市で、国が直轄で除染する「本格除染」が始まった。前段階の除染モデル実証事業では、大熊町で除染に携わった作業員の最大被ばく線量が108日間で11.6ミリシーベルト。五年間の法定被ばく線量である100ミリシーベルトを超える可能性も出てきている。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ