遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 




和歌山を三度にわたって旅したのは2012年9月9日からでした。まことに9/9は わたしにとって たいせつな日です。
先日から ナニカがひっかかっていたのです。わたしのたいせつな友 ひろこさんのことを思い出したときに...
昨年 4/7 危篤のひろこさんのところにわたしは意識を飛ばした...白い霧 音もなくおおきな川が流れていた 向こう岸にはどこまでも 桜並木が 白くかすんで つづいていた...
今 思えば 桜は瀬織津姫の木ですね。

わたしがひろこさんに会ったのは龍神のむすびによるものでした。桃太郎学会のあと ひとりレンタカーを借りて なにかにみちびかれるままに車を走らせた.... 

奈良 大三輪神社 大和神社 石の上神宮 ...ここまでは オオモノヌシ(ニギハヤヒ)

吉野水分神社 天河神社 玉置神社 熊野本宮大社 大斎原 熊野速玉大社 那智大社...
ここまで 瀬織津姫
産田神社イザナミとカグツチが亡くなった処 花の窟神社 ...イザナミとカグツチの墓所

最後に神倉神社... もとの速玉大社 つまり 瀬織津姫

事実上のご祭神 ニギハヤヒと妃神・瀬織津姫を追い求めてきた旅というか 引かれるようにきた旅なのに どうして 産田神社と花の窟神社で イザナミが出てくるのだろう...


答はすぐそこにありました。気付かなかっただけなのです。



産田神社のHPから

また「崇神天皇の夢見により、ここに祀られていた神様を熊野川・音無川・岩田川の合流点にある中洲に移したのが熊野本宮の始まりだ」とする伝承もあります。江戸時代までは、産田神社と熊野本宮大社では、同じ巫女舞が伝承されていたとのこと。

中州 今の大斎原 もともと熊野本宮大社があったところ
熊野神社は もっとも大事な神社でした。ご祭神は瀬織津姫 瀬織津姫はほんとうにイザナミなのか...

古事記は巧妙にウソをついている。イザナギが黄泉でイザナミに会い 逃げ帰ったとき その穢れから 瀬織津姫は生まれたことになっている。大禍津姫 八十禍津姫という悪神としても書かれている。キクリ姫(白山媛)はイザナギ イザナミを取り持つ神として書かれている。菊理媛はひとの運命をくくるくくり姫水をくぐるくくり姫とも解釈されているが 瀬織津姫とおなじように十一面観音に習合される龍神である。瀬織津姫はイザナミなのか....


こちら 龍の道  玉置神社のそばに龍神村があります
瀬織津姫は11面観音 白龍 オオモノヌシ(ニギハヤヒ)も龍蛇神 ニギハヤヒは最初にこの国を統一した王でした。

こちら

旅の終わりに わたしは ”龍神”を語れ とつたえられていることに気づいて ちらしをつくり ちらしを置いてもらうために出向いたカフェで ひろこさんのことを知ったのでした。そして その出会いが KNOBさんや 奈良裕之さんとの三度のコラボによる 龍神伝説 他一連の 失われた神々の語り 縄文の語りの会へとつながっていったのでした。いつか また 語れる日がくる わたしは 今 確信を持ちました。令和3年3月23日。
ひろこさんが亡くなったあと わたしは ひろこさんがひそかに龍神を信仰していたことを知ったのです。

先日 龍の絵をいただいたのです。このたびのことといい 気づけ 語れ とうことかもしれません。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


血筋  


 

鳶が 鷹を 生むなんてことはないのだ。鷹も鳶は生まない。

紀子さまの弟君が 紀子さまの弟だと  いうことを売り物にして  NOPの寄付集めをなさったとか… 真子さまの婚約者殿ならびに母上の破茶滅茶振りとか…  えっと血はつながっていない?  そうなんですけど   相応なんですよ  牽きあうのは …  引力みたいに。

このままでは皇太子さままで ...と 危ぶんでおります。

どのみち 萬世一系はもはや崩れているのです。祭祀者 としての お立場  御役は その大事な意味をご承知ならば 私費とか国費とか  言うまでもないことなのではと。

 

吉田茂氏の父  はいかなる人物だったか   吉田茂氏は何をしたかを 知れば 麻生太郎氏が何をしても 例えば 国を どうにかしちゃうことさえ  当たり前にあり得ることですし安倍氏が何をしたいか するか  先祖を考えれば  …… 小泉家もね。

日本はどこへ ゆくのだろう。老いた愛国者は  天を仰ぐのみ .....

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

原日本人 ... インディアンが英国系移民によって 追いやられ  大陸を乗っ取られたように 国を失い 大陸づたいに やってきた ユダヤ系のひとびとに日本の国土はのっとられたんだなぁ としみじみ 思いました。証拠はあちこちにあったのに 問題外のアシュケナージユダヤではなく   本来のユダヤ   スファラディユダヤであったとしても  認めたくはなかったから 目をつむってしまったのでしょうね。学校教育において真実の古代史が教えられないのも 国民に実相が知られたくないため....万世一系なんてウソだし ユダヤがルーツなんて 国民が飛び上がってしまう....

日本人のルーツがスファラディ・ユダヤ80%なら アシュケナージ・ユダヤ 今の某国は 抹殺したいと願うでしょう。

実質 4回の核の洗礼もむべなるかな....です。

 

 諏訪の信仰は   四層になっている  と 以前  書きました。

縄文の原日本人    洩矢一族   タケミナカタ 出雲族   そして 桓武天皇 母が百済系   の第五王子  が大祝となる  こちらは伊勢系   すなわち  縄文以外は  すべて渡来系。縄文の豊かな大地に  起源前800年頃から幾度かにわたって 大陸から   何百万もの人びとがやってきた。ほぼストレートに東を目指したものたちもあれば 中国   韓国に一時 留まったものたちもいて   その時はすでにユダヤ教からキリスト教に代わり   景教としても渡った。すなわち 国が滅びてからは いくつかの氏族がつぎつぎに 日本にわたった。縄文人はすなおで親切であったようだ。インディアンのように 大陸から持ってこられた細菌 病気で 縄文人の人口は減り 大量の移民とあいまって 奈良時代には 弥生人が急激に増え 縄文人の比率は10%を越えるくらいになっていたとか。これからの移民政策で 縄文の血はさらに薄くなる。出生率低下も 移民政策もすべて仕組まれたことは 浮かび上がってきますね。

 

ミジャクジは  日本古来の神かと   柳田國男の言う  塞の神かと思っていたのですが  洩矢が祀っていた神とすると   また   ミシャグチが    ヘブライ語で   ”イサクの犠牲”という意味だとすると  (旧約聖書の「創世記」では、アブラハムが自分の子イサクを「モリヤの山」で神に捧げた)ミシャグチも起源はユダヤ…… 出雲 倭の国ゆずり も 洩矢とタケミナカタの国ゆずりも いはば 同属同士 コップの中のけんかであったのでしょう。それよりも 哀切な 縄文人の国ゆずりというか 倭の簒奪があったのだが それは アテルイの戦いなどにかろうじて残っているのみである。

 
 廻湛の神事はミシャグチ神が降りてくる  七石七木を大祝....あらひとがみの神使が〔ミシャグチを降ろすために)回る神事だが  湛えは全国的にあったようだ。

「御柱祭」は   大木を切って、山から大社まで切り下ろして運ぶという神事だが、イスラエルの王ソロモンが神殿建立の為にレバノン杉を切って地中海を経て遥かエルサレムまで運んだと旧約にある。

「御頭祭」では 75頭の羊が 75頭の鹿になった。ユダヤが日本に渡るまで  ”贄”   という概念は  日本にはなかったそうだ。アイヌ にとっては  鹿も熊も神だった。だから  いただいたあとは  天に返した。諏訪のいささか血なまぐさい神事…… 当初は 大祝に選ばれた7才の子どもは実際に殺されたという……  はユダヤ由来。

昔  神社はなく   祭のたびに  神を降ろし 終わると帰っていただいた。(時を経て 神社に常時 祀る おいでいただくようになったが 神はお喜びでありましょうや!?人間目線のような気がします)

諏訪上社前宮の前にある 二本の木    左は榊   右が神垂   シデ  双方とも 神の依り代である。

石・岩も降臨の場 だった。神社には木と石がセットで在る。気になるのはご神木はともかく 神社の本殿の真後ろに 立ち木があることである。ときには 本殿より 氣 がつよい。石は 諏訪大社 だけでなく 玉置山 御岩山 どこにもある。木は樹齢があるけれど 石はどうなのだろう? 紀元前800年どころではなく 何千年前からもあるのだろう。太古の文明では 石 はどのような働きをしたのだろう。

先日 書いた 大宝八幡神宮の 八幡は ヤハウェに由来するようだ。稲荷も そうだと書いたことがある。狐つき とは 谷川健一さんによれば 蛇つき 蛇神信仰という。日本の神は龍蛇神である。わたしは 古社にお参りすると よく蛇に遭遇する。この龍は古代の神 それともユダヤの神 ?

アイヌ 蛇神 で 検索すると

蛇の厄難(原題・洞爺湖の蛇神・梗概):
ポイヤウンペが洞爺湖に来ると、オヤウカムイという羽の生えた毒蛇がポイヤウンペを苦しめる。ポイヤウンペは滝の神様にかくまってもらうが、オヤウカムイは羽のある蛇六十匹、ただの蛇六十匹をかり集めて攻める。
滝の神は攻め殺され、ポイヤウンペも全身焼けただれて石狩におもむき、トミサンペッ・コンカニヤマ・カニチセ(トミサンペッの黄金山の金の家)に難を逃れた。(「アイヌ伝説」『人類学雑誌』)

また

カンナカムイ   天神  龍神   雷神 ともある。

龍がアイヌに本来あったのか 大陸からきたものかはっきりしないようだ。もうすこし調べてみよう。

ミシャグチについてははっきりした。一歩進んだ。だが ユダヤの教えには おどろおどろしいものが感じられて どこか違うと感じる。この感覚はたいせつにしたい。もっと澄みきった もっと温かいなにかを わたしは求めている。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082600374&g=pol

 

 

安倍晋三首相は、自民党総裁選への出馬を表明する舞台に鹿児島県を選んだ。首相の地元の山口との「薩長同盟」が明治維新の契機となったことにちなんだとみられる。出馬表明に先立つ26日午後、鹿児島県鹿屋市の会合で講演した首相は「しっかり薩摩藩、長州藩で力を合わせて新たな時代を切り開いていきたい」と力を込めた。 

 

安倍さんの心   その1

薩長はそもそも 英国のエージェント。

英米 ディープステートへの服従を示そうとした。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=286030 

 

https://blog.goo.ne.jp/luca401/e/cb6b69a1adc59f528a3c354b2c61b469

 

安倍さんの心  その2

安倍さん  長州  田布施  朝鮮部落出身

小泉さん  薩摩 田布施   朝鮮部落出身から

母国への服従を示そうとした。

 

安倍さんの心   その3

個人的広報機関 NHK  が西郷どん やってるし  薩長同盟

受けるんじゃないの?

 

安倍さんの心   その4

目の上のコブ 翁長知事もいってくれたし  琉球支配の薩摩で気持ちよく

行きましょう。

 

安倍さんの心    その5

 ただ なんとなく  でちゃった、、、、

 

戊辰戦争で薩長にコテンコテンにされた  東北のウラミなど 屁とも思っていない

ということは たしか……



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 紀の国は 木の国   明治22年  急速な富国政策による  乱伐がたたり 8月 十津川結界。中洲にあった 壮麗な熊野大社は流され  残ったお社は現在の地に移されました。元の熊野大社は今の大斎原にあります。なんとも言えない 氣  ……    微細な振動 地下を伏流水が龍のごとく 走っているのです。川のあるところ  その地下には伏流水がある。大斎原より規模はちいさいですが  同じような 気 を感じるところが二箇所  これは わたしの知るかぎりですが…

そのひとつが瀧尾神社です。海外の方のご参拝が多いですね。

日本は龍の国 水とプラズマ   熊野の隠れたご祭神は瀬織津姫 

昨夕 偶然  2012年の 紀伊半島 の旅をブログで辿っていました。

どうも テーマは 水  のようです。いのちをつかさどる水。

東日本大震災のあと   次々と 瀬織津姫神のお祭りされている神社が水害に会いました。江ノ島  那智   厳島 ……   そのとき わたしは当ブログで 日本の水が危ないと書きましたが  いよいよ 事態は切迫しています。水源は他国に買い占められ  水道も民営化 外資の参入。祈り続けてきましたが   祈るだけではダメなんですね。行動に移さなくては……    実は 我が家もミニ氾濫   水害が起きています。幾度  お示しいただいても気づけないからかな  情けない限りです。

この度の熊野川の氾濫はなにを示しているのでしょう。

 

さて ミソギ   水でケガレを流すというのは  仏教が入ってからの概念であり そもそもは 水の霊威を身につけるという意味であったらしいのです。洗礼はどうなんでしょう。

もともとはおなじような意味なのでは……

ケガレというものは 無かった。氣枯れ  元の氣に戻すことを元気 といいます。

日本が 氣  を取りもどすように   あなたもわたしも。

 

 

http://www.hongu.jp/kumanokodo/hongu-taisya/ooyunohara/



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

長州のクーデター    天皇と 将軍の 暗殺   歴史は一気に動いた。幕末  明治初期に訪れた外国人が 驚嘆した うつくしい日本とは 江戸時代の名残りだった。

NHKが 飽きもせずl幕末大河ドラマをつづけるのは 明治維新の刷り込みである。

 http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/89065c51d542dd1d1a35418f88a16e79ーーー

近代日本の礎は どうやら ユダヤ人によってつくられたらしい..... 日本の開国 維新も ユダヤの手 フルベッキ グラバーなどが関わっていたようです。

ここから 近代日本の漂流がはじまります。

そのかじ取りは長州閥    長州閥とは

朝鮮渡来の大内氏の残党が山口県 田布施に住んだ。東京明治天皇である大室寅之祐は田布施の出身 伊藤博文の力士隊隊士の出身(京都明治天皇は暗殺)

田布施町と柳井の間に田布施川がある。その川の両岸から、大正から昭和それから戦争の前後にかけて出た人材。

 伊藤博文、場所が離れるが山縣有朋岸信介・佐藤栄作の兄弟、それから田布施川を挟むようにして、代議士では難波作之助、これは難波大助という皇太子を銃でうとうとした男のお父さん、国光五郎これも代議士、鮎川義介(ぎすけ)・日産コンチェルンの総帥、久原房之助(くはらふさのすけ)・日立グループの総帥、松岡洋右・戦前の外務大臣。共産党の書記長であった実力1の宮本顕治、マルクス主義を世に広めた京大教授の河上肇、法律界の大御所といわれた岩田宙造、戦後最後の内務相の憲兵を組織して『日本のいちばん長い日』を演出した内務相トップの安部源基。

共産党大御所であった宮本顕治の息子宮本太郎は麻生首相直属の有識者会議のメンバーだった。田布施システムを考えれば不思議でもなんでもない。日本の国民は何重にもダマされてきたのである。

満州をつくった 三スケ  鮎川義介、岸 信介 〈安倍母方祖父〉、松岡洋右は長州人は縁戚関係だった。

安倍普三も朝鮮出身か「週刊朝日」06年10月6日号に掲載された「家政婦は見た~安倍晋三研究」で、安倍家の家政婦の証言として、安倍晋三の父・晋太郎は、日頃から「自分は朝鮮だ」が口癖で、亡くなったときの遺骨を見ても韓国系の体型だったと言っている。http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-198.html

驚愕の日本史 別巻    東北

http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/d98d4d8269bc791b09c98203408233eb


つまり   ユダヤ にとりつかれた 朝鮮系の人たちが起こしたクーデター 『明治維新』で本来の日本 は壊され  今も 変わらず   ユダヤ  ディープステートにとりつかれた 朝鮮系の政治家 メディアに日本人は翻弄されているわけです

似非右翼  =   誰だかわかりますね?

沖縄    東北以北が 琉球国   日高見国として  独立したら   あなたはどこに住みますか?     抑圧されてきた縄文 の ちからの復活こそ   日本が本来あるべきすがたにもどる  鍵  のように思います。ー




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

終わってもう21時間も経つのに まだ ぼぅっとしています。

不思議だ……語るって こういうこと?もちろん  かなり調べもしたが 書かれたもの  今までの情報   を語るためのことばに置き換え   想像し  アテルイの想いや田村麻呂の術策とか  そのひとの身になって考え 思いをめぐらせて   音の響きにしてゆくと繋がってくる。

今まで 縄文とか  国つ神  天つ神   古神道   こんがらがっていたことが 糸がほどけるように 見えてきた。

日本には 原日本人がいた。 蝦夷  熊襲  土蜘蛛  をはじめ   ツガル   佐伯  ミシハセ 

クマビト  国栖   八束脛    日の本 ……   アテルイの頃には  120くらい 国があった。その人たちも 概ね   オロチョンや  東南アジアから 丸太舟かなんかで  氷の海  南の海を渡ってきたのだ。生きるために 新天地を求めて。

この島々はきこうもよく 水と森がゆたか  どんぐりも 小動物も 多く  それぞれの部族 それぞれの国は のどかな縄文時代を生きていた。日本列島ほど 狩猟採集文化がながくつづいたところはなかった。

 

ヤマト 弥生人は中東からシルクロードをとおって  山を越え   半島を経由して  渡来した人たちではなかったか。最新の研究では 日本人のDNAには 中国や韓国にはほとんどない  中東や地中海のDNAがあるそうだ。その人たちは 国を追われ  辛酸を舐めた知恵も行動力もズルさも持つひとたちだった。中国や韓国に痕跡がないとすれば  強い意志をもって混血さえ避け 日本を新天地として渡ってきたのだろう。

のほほんと生きてきた縄文人の敵ではない。最初に渡ってきた人たちは 現在の奈良に落ち着いて  王制を敷いた。これがニギハヤヒ  大物主   そのあと来たかいっしょに来たか同族のある若者が王の娘と結婚   王が死んだあと  お家をのっとった。これがニニギ? それともあとから辻褄を合わせたのか。

かくて ヤマトは 列島を統一すべく 原住民を駆逐する。 狩る。 森  野山  生きてゆくのに不可欠であり 神住まうところでもあった 森を ヤマトは奪ったのだ。そ の方法は物量と分断化と文化の搾取。なんのことはない分断による統治を明言したヴィクトリア女王と同じ その後の植民地経営と同じ。  

中国の歴史書によれば 670年頃  倭は 日本国という小国を併合 名を簒奪   その後  日本を国名としたという。

俘虜として 都に来た原住民とヤマトは混交する。イスラエル建国時 アルゴンキンは世界中のユダヤ人に 乳と蜜との流れる地に集まれと号令をかけたが だれも来なかったそうだ。それだけ  混血が進んだのだろう。

だが そんなことはどうでもいい。日本は開国して すっかり絡め取られてしまったのだから。ロシアのユダヤ人 を救うため  皇帝のちからを弱める必要があったユダヤは日本に戦費を貸し 日露戦争を戦わせた。そして 革命を起こさせた。革命家たちの多くは ユダヤ人だった。

ソ連が滅び  ロシアが復活したのはいいことだ。

さて  日本は  なぜか イスラエルに目のカタキにされている。三回の核攻撃。原日本人と混交したから? いえ そうではない。今のイスラエルに古代ユダヤの血は希薄だ。目にクマのある青白い顔は  国ごと ユダヤ教に改宗したハザール人のものである。日本人と イスラエル人は とおーーーーい縁戚みたいなもの。

返って 憎しみさえあるかもしれない。

わかったこと。

現在の日本人は 征服者ヤマトと非征服者 奴隷 だった原日本人の末裔だということ。

今も  分断化により  植民地化されている 奴隷だということ。

神道とは もともと ユダヤ教 であったのではということ。

神社と幕屋との類似性   籠目紋あるいは 五芒星   ユダヤ語と日本語

の類似性   籠神社の神官のことば   マンナの壺  剣山   イスラエル大使だった

コーヘンのことば   本宮  前宮の祭祀   葵祭   すべてがつながってくる。

本当は 分かっていたのに 認めたくなかっただけだ。

ユダヤ教   イスラム教   キリスト教   神道  みんな 元はひとつだった。

原日本人の自然宗教とこちらも混交したのでしょう。

原日本人の神は  山  川   湖   生き物たち 自然  そのものだった。

そして  

日本の支配者  ご皇室   物部氏  蘇我氏  藤原氏   秦氏   みな  渡来人だった。

では 今の日本の支配者は………

 

それにしても   アテルイは強かった。ハンニバルよりすごかった。10000 対 1500で勝った!  ヤマトに。

渡来人の子孫  田村麻呂 は正面切って戦わなかった。

蝦夷を懐柔し   農業技術をおしえ   へこへこするものには きまえよく 土地を与え  元々  蝦夷の土地なんだけど……   酒  女   行きたがる者は都まで連れてゆき……ひとのいいというか 騙されやすい   蝦夷の長  なんだか 公 たちは ひとりまたひとりと寝返るのである。

こうして  五年かけて 田村麻呂は仕掛ける。アテルイの本拠地の目の前に 700mもある 胆沢城を築造。

その一年後 アテルイは副将モレ とともに  500の兵を引き連れ 投降。

アテルイは 降伏するような男か?  あきらめるような男か?

田村麻呂は 助命嘆願したというが   信じられない。

それに ヤマトの遣り口は熟知していたでしょう。

自分が投降して  仲間が助かるなんて思うまい。

なにが あったんだろう。

歴史は勝者のもの。敗者の記録はない。アテルイとモレは 河内で処刑された。

頸まで地面に埋められ  ノコギリ引きにされたそうだ。

よほど  憎かったのだろう。

そのあとはどうなっただろう。

ヤマトがよくやるのは祟られないように 五体をバラバラにすることだった。

そのあと   祀るという 用意周到なやり方。正直 えげつない遣り方。

きのう 語っていたとき  後ろで眼鏡を外し 目を拭っている年配男性がいた。

顔を上げない 若い男の子もいた。

アテルイは 男性の琴線に触れるのだろう。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




松井さんてカゴイケ盛りソバの決着もつけてないでしょ。絶望の党 小池投手じゃない党首を恫喝して おっかないひとだと思ったら  ヤバイお方のようですね。大阪も方々も大変ですが  日本国民はそーとータイヘンです。

 

CIAにカルトに同和利権   安倍総理   麻生副総理 は ー   武器産業 や 外資日本の水狙い  とくっつき 日本うりに余念なく 元はと言えばこのふたり   先祖が阿片絡みで 罪ある財産をつくっていた。まぁ 血筋ですね。

 

阿部さんの祖父は 岸元首相は     満州 アヘン利権   何十万もの日本人が死んだのに 逃げ帰って A級戦犯となるも 米国の手先になったヒト

 

麻生さんの祖父吉田元首相の父は 悪名高いマセソン商会の番頭だか支店長のヨシダケンサク   こっちもアヘンで中国をぶっ壊した。吉田はヨハンセングループとして太平洋戦争中  米国に情報を流してた。ジロウはそのー使いっ走りだった。ジロウって白州ね。

 

すなわち   日本は売国奴を長年  宰相として仰いできた国なのね。なーーんて 可哀想な国民なんだ。ずっとずっと  ウソ歴史 刷り込まれ  古代史 近代史は  創作にっぽんのレキシ  なんですね。

 

 

その上 今度の選挙でも 騙されるんですね。ヒトガいいって ある意味 ツライですね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

きのう アメリ に行きました。アメリはわたしのお気に入りのカフェです。カフェめぐりも長いのですが 幾度も行きたいカフェはそうはありません。 オーナーさんとの相性でしょうか。もうすこし今風にいうとポリシーがあうかどうか.....

カフェ 立地条件 自然 木 

建物 木と石 調度 木 壁 できたら漆喰 雰囲気 ある種 贅沢であること

食べ物 飲み物 水準以上

客層 できれば 静かなひとたち 

カフェ行脚のひとたちでなく 地元のひとに愛される店

アメリはそのような条件を充たす店 それだけでなく わくわくする魔法がかかっている

ついでにオーナーが魔女である。

.....オーナーさんは すこしお年を召されました。いつまでも続いてほしい店です。

筑波のおやまのふもとは黄金の稲田でした。日曜百姓さんたちが稲刈りに励んでいらっしゃいました。このあたりの米は美味しいそうです。あと目立つのが石屋さん.... ごろごろあります。夫は白御影石は飯館村産だよ 昔はこのあたりも採れたんだが もうとれないんだ と言いました。飯館の石は一目視れば わかるそうです。黒御影はオーストラリア産?だそうです。お墓は放射能が出ても 差し支えないでしょうね。

江戸が風水で守られていることはみなさま ご存知と思います。このブログでも何度か書きましたが 目白目青目黄目赤目黒地蔵 や 鬼門 ウラ鬼門を守る 寺社を置きました。

寛永寺は東の比叡山を意味する「東叡山」という山号を持っており、平安京の鬼門を守った比叡山の延暦寺に倣っています。さらに隣には上野東照宮を建立、そして浅草寺でも家康を東照大権現として祀るなど、鬼門鎮護を厚くしました。また、邪気の通り道とされる反対側の南西、裏鬼門には増上寺を置いています。増上寺には2代将軍・秀忠を葬っており、どちらの寺も徳川家の菩提寺としました。さらに天海は、鬼門鎮護を厚くするために神田神社(神田明神)と日枝神社の位置を移します。

神田神社はもともと現在でいう東京都の大手町付近にあったのを湯島に、日吉大社から分祀した日枝神社を永田町に移しています。これら寛永寺・神田神社と増上寺を結ぶ直線と、浅草寺と日枝神社を結ぶ直線とが交差する地点に江戸城が位置しています。⇒ こちら

それは明治になってからも続きました。鉄道の配置です。高尾山 筑波山など の霊気を鉄道で運んだといわれます。

ところがここにきてスカイツリー60  333の東京タワー 666の圏央道 この三角形 なにを意味するのでしょう? そして圏央道 ....高尾山の霊気は圏央道を貫通っさえたことで落ちてしまい 筑波山は頂上の巨大なアンテナの電磁波で苦しんでいる このふたつを圏央道でむすぶとは どんな意味があるのだろうかと考えてしまいました。東京はあやうくなっているのでしょうか? それとも。

安倍清明の出生の地がそばにありました。陰陽道の世界では安倍清明はさほどではないそうです。母は渡来のひとで そこから葛の葉伝説が生まれたのかもしれません。水野忠邦の墓もありました。享保の改革は必ずしも成功ではなかったですが 廉潔な政治を政治家に求めたいと思います。国民からとりたてるのはけっこうですが 私腹を肥やし 私の権力を伸ばすために税金を費やす....とは時代劇の悪代官となんら 変わりません。

 最後に 氣は 山 と 川 にあります。風の流れ 水の流れが 氣 エネルギーを運びます。 氣が枯れると ひとは病に 国は乱れます。氣 は ひとを 元の氣 元気にします。よみがえらせます。すべてがあなたのなかにあります。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

日曜日 長野滞在中 牧場に行きたくなった。記憶にあるそこは 気流がぶつかるところ で雨境峠のすぐそば 車を走らせて見ると蓼科第二牧場だった。”鳴石”より もうひとつの石のほうが気になった。パワーの強弱があり 両石に指し示す方向があった。家に帰って 地図をあけて わたしは目をうたがった。

カン違いも甚だしい。わたしは八ヶ岳を清里のほうにあると漠然と考えていた。安曇野は諏訪よりもっと名古屋寄りとおなじようになんとなく考えていた。実際は安曇野は新潟寄り わたしは何度となく 蓼科山の周辺を車で走っていた。

蓼科は長和町とはまったく氣がちがうと書いたことがある。ところで鳴石は佐久の方ともしかすると その反対方向を指しているように感じた。方位磁石を次回は持って行こう。

蓼科山について遅ればせながら 調べてみた。別名 女の神山 高井山 位山

① 蓼科山の余所見滝には役行者が奉斎した「水分大神」が鎮座し、川菜やヒサゴを献上し火除祈願や、雨乞いをした。今はその場所に不動明王が祀られている。

   水分大神 不動明王 ⇒瀬織津姫 

② 蓼科山中に二つの山がはさむ格好になった池があり、双子池と呼ぶ。この池には、闇御津羽大神(くらみずはのおおかみ)が鎮座する。夏になると龍神がここから水をあげ、日本中を潤すという。 天竜川は蓼科山から発する。

   闇御津羽大神 龍神 ⇒瀬織津姫 

③ 佐久に白山神社がある。この「白山神社」からみる冬至の太陽は、蓼科山山頂に沈む。

   白山神社 菊理姫 ⇒瀬織津姫

蓼科山からみちびきだされるのは ひとつのたいせつなキーワード

何年か前から気になることがあった。別荘地 蓼科の蓼科神社が 荒れ果てていたことである。神さまの御愛情は無限だが 守ることで守られる もまた真実だ。わたしは3.11前の飯館村の3つの神社が荒れていたことが忘れられない。

なぜ 3.11以降 惹かれるように長野にきたのか 周辺を歩き続けたのか もう一度考えてみたい。

和歌山 半島 龍神をたずねる旅 そして 戸隠からそれはつながっていった。

 レイライン ⇒ こちら

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




著名なパワースポットより ひっそりたたずむ村社が好きになった。

地元のひとびとにたいせつにされ よりあいもいまだおこなわれているようなちいさなお社

先日 めぐりあったのは 龍王神社 鷲神社

花々がさきこぼれている 静謐な空間 ときおり 桜のはなびらが舞い散り

ちいさな紫菫 星のような白い花が風にゆれ 心の澱もさらさらとほどけてゆく

その地を守りつづけてくださった神さまに 心から御礼申し上げる

日本の水と子どもたちをお守りくださいとお願い申し上げる

 

ながいながい年月 産土の神は ひとびとをお守りくださり ひいては 日の本の国を

お守りくだされた。

2010年12月 訪れたふるさと 飯館村で 三つの村社が 無残に荒れ果てていたこと

をわたしはわすれない。

3.11の 驚くべき報告があった。 押し寄せる水は鳥居の下で止まっていることが

多かったそうだ。

ひとびとが ちいさな神々をうやまい たいせつにするかぎり この国は守られる

これは語り部のたわごと .... こころから信じているたわごと ....

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

きのう 長野から 帰りました。 この旅の目的のひとつは 母を前宮に案内すること 霧が峰を車で走ること 車山のロープウェイに乗ること でした。

なにも考えず きたのが 御柱祭の里曳きの日でした。 前宮のまわりは通行止めだったのですが 息子の運転する車は路地をとおって 前宮のそばまでいってしまいました。けれどもあまりの混雑にほうほうの態で 下社 秋宮に向かいました。わたしは 静謐の前宮がこよなく好きです。

そして 5/5 御柱祭 死者のニュース ... 御柱祭は事故が多い 命がけの祭りを何故 .... 死者は人柱 .... 名誉の死

長野の神の四層構造 ⇒ こちら

神官は 前宮のご神体は 守屋山ではなく 大祝 だといったそうです。

おそらく 元は 守屋山 タケミナカタが諏訪にきて その子孫が大祝 となった。

御柱祭について 過去に書いた記事 思い違いもありますが ⇒ こちら

御柱とはなにか

① タケミナカタの神 を 封印するための (ヤマト伊勢の)結界説

② 依り代説

③ ユダヤ起源 ハシラ 説

④ ユダヤ起源 + タケミナカタ信仰 + 依り代 説

⇒ こちら

御柱祭’は直径1M位(3尺4寸)、長さが16M位(五丈五尺)のモミの木を神社(春宮、秋宮、前宮、本宮)ごとにそれぞれ4本、計16本切り出し、、夫々の拝殿の四方に立てるまでの祭りである。7年に一度行われ、遠いところでは神社から20Km離れた山奥から切り出される。その運搬の模様は、その都度TVで放映されているので、説明を省くが、誰もがその勇壮な、命懸けの祭りを驚きの目で見ている。前記の著書に依れば、「御柱は桓武天皇の時代に既に記録に現れているが、その遥か以前の縄文の時代の‘柱立て祭り’が源流かもしれない」と記している。
ここに‘御柱起源論'に是非とも加えたい説がある。それは久保有政氏の著書「日本の中のユダヤ文化」の中で述べられている。そのまま引用する。「この諏訪大社に伝わる`柱'信仰とは何なのか。古代イスラエルには`アシラ'信仰と言うのが有った。これはアッシリアから来た異教信仰で、女神アシラを崇拝するもので、そのシンボルは`柱'であった。」とし、`アシラ'の音が、`ハシラ'に変化したと述べている。「なるほど」と頷けるが、これだけでは説得力に欠けると思っていたが、いま一つ`御柱イスラエル起源説'を後押しする話が別の本に有った。それは小石豊氏の著書「古代出雲イスラエル王国の謎」である。同著・第2章の‘諏訪大社の御頭祭と御柱祭’に次のような記述があった。
「柱を山から滑り落とす儀式は、ユダヤ王国のソロモン王が神殿を立てるとき、(レバノンの)ツロのヒムラ王からレバノンの杉の木を買い取って、遠路エルサレムまで運んだ大事業の伝承に由来するのだろう。巨木を積んだ筏はツロの辺りから海路を下り、ヨッパから陸揚げされて、陸路を延々とエルサレムまで運ばれ、ソロモンの宮殿に建てられたのだ。「列王記I第5章2節、8~10節」に記述」としている。
レバノン杉について調べてみた。遥か古代、中近東に広く分布していたが、乱伐により紀元前にはレバノン山地のみに残ったとされている。この杉は標高1200M以上にしか育たないとされ、今でもレバノンに残り珍重されていると言う。エジプトの‘ツタンカーメンのお棺’や、‘クフ王の太陽の船'に使われたのがこのレバノン杉であったと書かれていた。地図でレバノンのツロと言う地名を探した。見つけた。レバノン山脈が最も海に近づいた、レバノンとイスラエルの国境付近にあった。地図にはTyreと記されている。(別の地図ではチルとも記されている)イスラエルのヨッパは中々見つからなかったが、「旧約聖書イスラエル地図」という地図に「ヤッファ」と記されているのがそうであろう。エルサレムに最も近い海岸にある。
距離を調べるとツロからヤッファまでは約150Km、ヤッファからエルサレムまでは約50Km位である。当時としては長旅であったと思う。
 今一度御柱際を振り返ってみよう。山奥から切り出されたモミの木は、多くの氏子により最大40度余の斜面を滑り降り、川を渡り、その後‘御舟’の先導で神社に引かれて行く。神社に着いたモミの木は拝殿の周囲に立てられる。
一方ソロモン王の時代は、レバノン山脈が海に迫った標高1200Mの山奥から切り出された杉が、山を滑り降りてツロの海岸まで運ばれる。そこから筏でイスラエルのヤッファまで海路を移動する。ヤッファからエルサレムまで厳しい陸路を経てソロモンの神殿に辿り着き、アシラの神として神殿の周りに立てられた。
如何であろうか。諏訪大社へ運ばれる時、御船が先導するのは地中海を航海してきた事を伝えているのかもしれない。正にレバノン杉の運搬作業の再現である。
 御頭祭の話、‘アシラ’と‘柱’の話、そしてソロモン王のレバノン杉の運搬作業から、御柱起源論として、次の解釈が加えられるのではないか。「諏訪の民にはイスラエル時代のアシラ神(柱)の運搬作業が伝承されていた。神(後に建御名方神に変わった)に対する強い信仰心から、2000年に亘り命懸けの作業を続けているが、その本来の由来は伝わっていない」と解釈すると、多くの謎が一気に氷解するのではないだろうか。

以上

だが それより 気になるのは なぜ 中央構造線と糸魚川(いといがわ)-静岡線(フォッサマグナ)の交点 つまり 列島の要に 前宮 本宮があるのか....

太古のひとは知っていた そこに ユダヤがきた そこに タケミナカタがきた そのあと ヤマトがきた  ユダヤ タケミナカタ ヤマト みな 部族の異なる 失われた十二支族?

海 わたつみ からきたひとびとは 長野 埼玉 茨城 と 今度は陸路つたいに移動する    埼玉では 中央構造線上に 岩槻 長瀞は露出しているとか そして 大洗磯前神社 酒列磯前神社 に海からきたことになっている オオクニヌシ スクナヒコナ が祀られている ここでわたしのちいさな脳みそのなかで ジレンマ が生じる。 タケミナカタは初代オオクニヌシの息子だから...ニワトリがさき? たまごがさき?

龍神伝説は 二話とも諏訪湖が舞台です。

野辺山 獅子岩 ⇒ こちら

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

メール や ブログを整理していて そのとき見過ごしてしまったことに 気づく... ことがあります。

 

埋没神とは 周到に消された 封印された 古代の神 縄文の神々のことです。その神々が祀られたところは 強いチカラがありましたが そこに新興の伊勢系の神々の神社が建てられ その場のチカラは弱まりました。 木 石 ちいさな祠  川 山 瀧 にチカラが残っています。いわゆるパワースポットですね。

わたしがそのチカラを感知するようになったのは 2008年5月のことですが 埋没神 瀬織津姫を語らせていただいたのはおそらく 2003年頃 .... はじめて語ったとき 身体がぶるぶると震え トランス状態になりかかり とても怖かったのを覚えています。

気づいたこととは 2015年10月26日 KNOBさんとノコラボ 2016年2月22日 奈良祐之さんとのコラボの直前  まったく同じことが起きていた。1週間から10日のあいだに 語りのオファーが殺到ししていたのです。スケジュールは満杯で 1日3回の日もありました。

10/26  2/22 語らせていただいたのは 瀬織津姫 菊理媛 龍神 (伊豆能売さま? )などで また 覚醒と闘いの語りでもありました。

 

これはいったいなにを意味しているのだろう....

隠された神々のことを 語れ 世に知らしめよ 御神意を伝えよとのお示しなのでしょうか.....

それは今が 日本の存亡のときだからでしょうか?

 

御由緒の地  茨城 栃木   長野 伊豆 熊野 ....をまわりました。つぎは沖縄..

 

 

もうひとつ 気づいたのは 相馬 飯館 の空におきていたこと まったくおなじ様相でした。もうすこし 待ってください。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

2016年のはじまりは 初日の出を拝したあと 地元の神社にお参りしました。

今年の初日の出は 最初 血のように紅く そのあと黄金に輝きました。

ちいさいけれど すがすがしい神社です。ご神木の銀杏が好きです。

 

お正月は 小野神社におまいりしました。 ご祭神は瀬織津姫 ご神体は多摩川であったのでしょうね。

きれいなお札でした。御朱印は500円です。

⇒ こちら ⇒ こちら

昔は武蔵一ノ宮であったとか。六所宮ができてから そちらに参拝なさる方がふえたようです。

今の武蔵一ノ宮は 大宮氷川神社です。

 

それから 平塚四之宮の前鳥神社 事件が起きた土地 関係者の氏神様です。ご挨拶と円満な かかわるすべてのひとによい

解決をお願いしました。おみくじは大吉でした。

ご祭神 

⇒ こちら 

茨城県ひたちなか市 酒列 さかつら 磯前神社は 赤い椿の参道です。大洗のすこし先にあります。 好きな神社でしたが すこしクリアーじゃ

なくなった感じがしたのは気のせいでしょうか。

⇒ こちら

少彦名命(すくなひこなのみこと)

大名持命 (おおなもちのみこと)

 

大六天神社 阿夫利神社は 千葉県印西市にあります

途中 放射能値を計測したら 柏警察前 0.15  川のソバが高く 0.17くらいでした。

大六天神社 

木々がうつくしい....歌のご奉納をさせていただきました。

御祭神 於母陀流命・阿夜詞志古泥命

元々は神仏習合の時代に第六天魔王(他化自在天)を祀る神社として創建

信長が信仰した神様です。

魔王波旬は、仏の神力によって地獄の門を開いて清浄水を施して、諸々の地獄の者の苦しみを除き武器を捨てさせて、悪者は悪を捨てることで一切天人の持つ良きものに勝ると仏の真理を諭し、自ら仏のみ許に参じて仏足を頂礼して大乗とその信奉者を守護することを誓った。第六天の魔王は、仏道修行者の修行が進むと、さまざまな障りで仏道修行者の信心の邪魔をするが、それに負けず、一途に信心を貫くものにとっては、さらなる信心を重ねるきっかけとなるにすぎない。なぜなら、信心を深めることにより、過去世からのが軽減・消滅し、さらなる信心により功徳が増すきっかけとなるからであると日蓮は説いている。

⇒ こちら

阿夫利神社

ご祭神  石凝留命・日本武尊・石裂尊・根裂尊

一の鳥居から お社まで かなりあります。 リサイクル関係の置き場が多く 神さまに申し訳ないように思いました。けれども おやしろはすばらしい。ことに左手 高くなっているところ 奥宮 ....かたじけなさに涙こぼるる .... ほんとうにありがたくあたたかい 氣で涙がこぼれました。 由緒も興味深いです。 井戸のまわりをきれいにしていただけたらと思いました。

明和元年(1764年)、海上郡銚子海底より青石2個取上しに、其の石往々奇怪の事あり、其の土地に於いて、住民之を崇敬する者多し。其の後祈願も其の願いに応じ利益少なからず、のち住民供之を名づけて世直し石尊と尊称す。すなわち悪風を直し正に帰せしむるが故なり。住民或は其里に移し鎮守となさんとするものあり、或は相模の国 石尊社へ奉納なさんとするものあり、論議の末終に奉納するの議に決せり。因て俄に神輿を作り其内に蔵し、発程方角を占して、各駅村を巡行し、将に奉納なさんとす。同年12月中旬、近隣誉田村及清戸村へ着せり、夫より浦部村鳥見社に着し、此処に暫時安置し程なく近隣同国相馬郡布佐駅へ奉送せんとせしに、あに図らんや時すでに月迫の故か、同駅に於いては更に受けず引返し、なおまた帰村の上安置す。其夜村吏のもの夢みらく、青衣の老人2名、来り曰く「俄等を高西新田鎮守両社の内へ合祭せよ」と言い捨て消失せり。村吏驚きて其夜明くるを待ち、同新田兼帯浦部白幡両村一同集議して神意に任せ同2年6月27日両社境内の凸地の頂に奉納す。因って年々歳々同日を以て祭る。御神徳:荒神なるをもって破魔勝運、家内安全、商売繁昌、交通安全、学業成就に霊験あらたかなり

この社の元宮と思われるのが神奈川県伊勢原市に鎮座する”大山阿夫利神社”、御祭神は大山祇神・高オカミ神・大雷神。 高オカミ神とは 水神龍神 あふりとはあめふりからきたという。伊勢原市は事件の起きた茅ヶ崎市の隣で 気になりました。

⇒ こちら

神社のご参拝は この地をまもってくださることへの感謝 を もってさせていただいております。それが日の元つ国を守る細い細い糸になると信じて。

この日は うちなる 魔を すてされますよう 曇りなくいられますよう ご守護をお願いしました。

神社の氣は 守る方 すなわち宮司さまの心意気 氏子さまたちの心根 参拝者の想いで かわってゆくような気がいたします。

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

つい ”お題”に参加してしまいました。

テレビがないので見られません。

ダレがでるのか 噂しかしりませんが

小林さっちゃんのスペクタクルな仕掛け衣装は見たいな....

綾瀬はるか ちゃんが 見たいな....

x japan  bump もちょっと 見たい....

 

①不祥事があるのに 出られる あっこサン 氷川きよしは

ナゾというよりもちろん あちらの ヒキなのでしょう。

②抽選なのに 家族でチケットゲット という うわさも....

これも 首相自ら 私物化していらっしゃるので 仕方が

ないことなのでしょうね。

 

③なぜ 毎回 アカ組が負けるか!?

ジャニーズファンの ウラギリのせいであろうと わたしは

踏んでおります。 木村タクヤさんは けっこう好きです。

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ