遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



長野の空はケムトレイルだらけ 灰色ぽく濁った空 昔の真っ青な空は何処に消えたのか。

あしたの都知事選も負ける でも 都民のみなさん 投票に行ってください⚪︎

ボールペンかマジックで 投票用紙に ハッキリクッキリ 書いて 写真も 撮ってきてください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

http://editor.fem.jp/blog/?p=2516

スゴイひとですね。このヒトが日本の首都の 首長になるのか ....

学歴詐称 元アナウンサー ジャパンハンドラーの太鼓持ち

(小泉さんて 頼もしい男性だったんでしょうか .... 日本を売った方ですが...)

少子化 は 日本の未来に希望が持てないから

子を産む世代の年収を低く抑えているから

働く女性へ 保育園などの支援が足りないから

行政の問題が 多いのに ....

こちらも 興味深い

http://ameblo.jp/geneumi/entry-12184624740.html

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

『戦前回帰』

『男女共同参画反対』『慰安婦報道反対』『夫婦別姓反対』『性教育反対』

『女性天皇反対』

(慰安婦はいました。わたしは戦争体験の聞き書きをつづけていますが 複数の方からお聞きしました。)

 

日本会議がめざしているものです。

女性蔑視ですね どうみても。

なぜ 女性天皇はいけないのでしょう。 女はだまってろ これが日本会議です。しかも 櫻井よしこおばさまのような女性が声高に叫んでいる。違和感ありますね。戦前の女性はどのような立場でしたか? 家長のいいなりでした。座る席順も決まっていた。

小池さんは そのような時代に戻そうという会の会員です。

殺す 脅す 事件もやらせくさいなぁ と感じております。小泉劇場ですわね。さすがに元恋人 。

そして 鳥越さんへのネガキャンがすごい。

7/13のリテラ のとおりになっちゃった

http://lite-ra.com/2016/07/post-2415.html

「昨晩あたりから、内調の関係者がテレビや週刊誌関係者に鳥越氏の女性関係を聞いて回っているようなんです。昨日、内調のトップである北村滋内閣情報官が1日に2回も安倍首相と会っていたのも気になります、もしかしたら、鳥越氏のことも相談していたんじゃないか。まあ、首相が直接指示したかどうかはともかく、強力そうな政敵は内調を使ってスキャンダルを仕掛けてつぶす、というのがこれまでの安倍官邸の常套手段。今回、官邸は鳥越氏が出てくるのを相当嫌がっていましたから、女性スキャンダルを仕掛けるというのは十分あるでしょう。パイプのある『週刊新潮』か『週刊文春』にこっそりリークするというやり口でしょうね」(週刊誌記者)

 

官邸のアイヒマン 内閣調査室の北村さんは 安倍さんの片腕

http://matome.naver.jp/odai/2146902507441506001

 

 

ところで 木下黄太っていったいなんだろう 前からオモッてたけど おもしろいヒトですね。

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/afe740e688aca3329e4183c66f73c05c

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

改憲派 一本化なりました。宇都宮さん さぞ 無念だったでしょう。

改憲勢力から 憲法を守るための苦渋の決断だったと思います。

ありがとうございました。そして ごくろうさまでした。

どうか 護憲派が ひとつにまとまれますように。鳥越さんが都知事になりますように。

ほんとうは前回の都知事選だって 宇都宮さんが勝っていたのだと思います。

あとは 眼を見開いて 不正選挙から たいせつな都民の票を守ること。

公正な選挙を守りぬくことです。

不正選挙は許さない国民連合 って まだないんですが 誰か 立ち上げてくれないかな.....



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

......安倍さんは困るでしょうね。

百田氏発言「非常識」 米、東京裁判批判に反論 「地域の緊張あおる」 2月8日 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140208/amr14020812330008-n1.htm

NHK経営委員を務める小説家の百田尚樹氏が東京都知事選の応援演説で、米軍による東京大空襲や原爆投下を「大虐殺」とした上で、第2次大戦後の東京裁判を批判したことについて、在日米大使館(東京都港区)の報道担当官は8日、「非常識だ」と批判した。米政府の公式の統一見解としている。担当官は、百田氏の発言について「非常識だ。米政府は、責任ある地位にある人物が(アジア)地域の緊張をあおるような発言を控えるよう努めることを望む」と述べた。

 百田氏は3日、都知事選の応援演説をした際、東条英機元首相らA級戦犯を裁いた東京裁判について、「大虐殺」を「ごまかすための裁判」と主張。南京大虐殺に関しても「38年に蒋介石がやたらと宣伝したが、世界の国は無視した。そんなことはなかったからだ」と発言した。(共同)

◆百田尚樹氏による応援演説in有楽町 文字起こし 
http://mezamemasita.seesaa.net/article/387738665.html

以下抜粋

この何十年、日本が戦争に負けて70年近く、アメリカ軍が、日本はとにかく悪いことをしたんだと。お前達が悪いことしたんだと、お前達がこんなに酷い目にあっているのは、例えば広島の原爆、長崎の原爆、東京大空襲がありました。こんな酷い目にあったのはあるいはお前らたちが悪いんだ。決してアメリカを恨むな、お前達のせいなんだという教育を徹底してやりました。
これは、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムといいます。つまり戦争の罪はお前達にあるんだ、ということを徹底してやったんです。それが、未だに日教組を初めとする、そういう左翼団体がその思想にどっぷり浸かっています。ですから何も知らない無垢な小学生相手に、歴史教育、とんでもないことやるんです日本人は悪いことしてきた。酷いことしてきた。お前達のおじいさんはこんな残虐な男なんだ。こんなひどい民族なんだと、これを何も知らない無垢な子ども達に徹底して教えるんです。

そういうことを教えられた子ども達が立派な大人になれますか。とんでもないことです。まず僕は子ども達に教えるのは、日本は素晴らしい国であると。世界でも・・・。ありがとう外国人のみなさん。この素晴らしい日本に来てくれてありがとうござます。祖国はどこでしょう。どこかわかりませんが、日本の方が良いです。ごめんなさい。そんなこともないですが。世界の中にもこれ

ほどモラルの高い、これほど優しい、そしてこれほど誇りのある、こういう国は無いと思ってます。このことを日本人自身が一番知らないんです。日本人自身がそれを知るべきです。そしてそれを子ども達に教えていくべきです。東日本大震災の時に、私はある米軍のパイロットから聞きました。又聞きですけど、その米軍パイロットは宮城県の災害の場所に飛行機で下りたんです。この時に彼はそのヘリコプターで降りるのがすごく怖かったんです。恐怖です。恐怖に苛まれてそこに降りた。
何故か。実は彼は各国のそういう災害、大きな津波、或いは地震の災害の場所に救援物資を運んだパイロットです。その彼が何故怖がったかといいますと、世界各国で津波・災害に見舞われた場所には、津波、災害の後、本当の地獄が起こるからです。

何故か、弱肉強食、略奪、暴行、物を盗る、強いものが勝つ、もうこういう治安もなく、何も無い、ルールも何も無い、無法な地帯になるからです。そしてそういうところに救援物資を届けますと、もう群集が狂気のごとくヘリコプターに皆やってきてそこで救援物資を略奪していくわけです。そのパニックが非常に恐ろしい。そしてその米軍のパイロットはその宮城県の小学校に降り立ちました。恐怖に苛まれて。ところがそれでどうなったか。
何のパニックも起こらなかった。

そこで一人の代表がおずおずと表にやってきて、「ありがとうございます。これからわれわれ救援物資を頂きます。」そうして理路整然と人々が、ヘリコプターから救援物資を秩序正しく頂いたと。さらに驚くことがあります。その救援物資を全部運びきる前に、その代表は、「これでもう結構です。われわれの分はこれだけあったら何とかなります。残りの分は次の被災者に届けてください。」それを聞いた時に米軍のパイロットは非常に驚いて感動したそうです。でも、何も驚くことはない。これが日本人なんです。


僕はその国の民度、あるいはその国の人間性、これは最も苦しいときに現れると思ってます。ですからあの東日本大震災、そしてその十何年前に阪神大震災がありました。この時に日本人誇りの高さ、そして人を慈しむ心、これが本当に世界中を驚かしたんです。阪神大震災でもこういうことがありました。西宮で、ある町が壊滅しました。ところが非常に強く作っていた二軒のコンビニが助かったんです。その二軒のコンビニが助かって、その残りの家は全部倒れました。そして二軒のコンビニのうち一軒は、開店以来初めてシャッターを下ろして店を閉じたんです。ところがその向かいにあったコンビニは、シャッターを一切下げずに全ての品物を、「被災者の皆さん、自由にお持ち帰りください。名前だけ書いてください。いずれ余裕ができた時に、お金はいつでも結構です。」と、品物を全部開放したんです。そしてその品物が全て被災者の方が持って行って無くなりました。しかしその後どうなったか。


その数ヶ月後に余裕を取り戻した人々は、「あのとき品物ありがとうございました。おにぎりありがとうございました。ミネラルウォーター助かりました。ありがとうございました。」そうして次々にその代金を持ってきた。ところがその代金の合計額が、無くなった品物の何倍ものお金が集まったんです。これが日本人なんですよ。

南京大虐殺、さらに戦時慰安婦、これ、徹底した嘘です。この嘘を信じないでください。例えば戦時慰安婦の問題は、戦争が終わってから、何十年の間、各国政府が一言も口にしなかったんです。竹島を武力で奪って、日本の漁民を何十人も虐殺した李承晩でさえ、戦時慰安婦のことを一言も日本に要求してませんし、何の糾弾もしていません。更にその後を継いだ朴大統領、今の大統領のお父さんですね。彼も一言も言ってません。ですから戦時慰安婦の問題は何十年も、日本と韓国に問題無かったんです。

これが問題になったのは1970年代に吉田清治という大嘘つきが「私の戦争犯罪」というとんでもない嘘をついて、まあ彼は後にこの嘘を全部認めています。その嘘を1970年代に朝日新聞が大々的に書いたからです。それ以降なんです。実はこの問題は。すから、この問題は全て朝日新聞。私こんなこと言ったらまた朝日新聞にぼろ糞に書かれます。私は実は去年からNHKの経営委員になった。今回、田母神としおさんを応援するとはっきりツイートで断言して、そして今日こういう立って応援してます。早速いろんな人が「ええのかそんなことして」と、「NHKの経営委員がそんなことしてええのか。」と、散々ぱらアンチからすさまじい攻撃受けています。
この場で借りて言いたい。ええんや、ほっとけと。

確かに経営委員には経営委員なりの法律あります。縛られます。それはあくまで放送に関してです。放送に関しては不偏不党である。そして中立である。しかしそれはあくまで経営委員としてのマスメディアにある法律上の問題です。個人の心情を縛るものではありません。私は

東京都民ではありません。しかしながら繰り返しますが、今回の東京都知事選は非常に大きな日本の将来を占う選挙です。皆さん、日本人だったら田母神さんに一票をお願いいたします。本当に今日はどうもありがとうございました。

以上

百田さんの言い分には正しいところもある。

アメリカは虐殺をした。 ヒロシマ ナガサキ は 無差別なジェノサイトだった。1945年7月16日 アメリカはその名もトリニティで世界初の原爆実験を行った。わずか三週間後 ヒロシマでウラン型 ナガサキでプルトニウム型の原爆が炸裂 16万人が行きながら焼き殺された。その後もアメリカはABCCで 治療は行わず調査をつづけた。ヒロシマナガサキはあきらかな人体実験だったのである。

東京大空襲もおなじ 砂漠でハワイから畳をとりよせ 効果的に民家を屋リ対句酢ために実験。その焼夷弾はナパーム弾に改良されてベトナムほかでつかわれた。東京には女子ども老人しかいなかった。

日本人の国民性には素晴らしいものがある。日本は世界に誇れる国だ

そrては正しい。だが間違いもある。

① 南京大虐殺はなかったかもしれないが 日本人は中国人を殺している。わたしは何人ものひとたちの重い口からそのことを聴いた。

「舅は92歳で亡くなりましたが、死ぬ2.3年前から 夜うなされるようになりました。スリッパでバタバタ 壁を叩いて 家人を呼ぶのです。3階の舅の部屋に行ってみると 銃剣をかまえ 人を刺すようなそぶりをいたします。中国で 日本兵は生き延びるために 現地の方を殺すこともあったようです。戦争の話は わかいうちはしなかったのです。年をとって 死に際に 浮かんできたのでしょうか。話をきいてやって さぁ もう寝ましょうというと寝付くようでした。」

ひとつ というのがありました。おまえたち ひとの殺し方も知らんだろう。捕虜をひとりくれてやるから 殺れ!! しばられた捕虜を銃剣で突く訓練です、わたしの番になったとき 目をつぶってやりました。やらなければ殴られるからです。捕虜はもう死んでいたのか 豆腐を突き刺すような感触でした。」

人体実験もしていた。

② 軍部によるだましがあった。軍国教育を施された少年たちは先を競って志願 14歳から19歳まで420000人が戦地に行った。特攻の68%が少年兵。怖がって失禁しているのを無理やり操縦席に押し込んだりもした。その戦果は轟沈 撃破を含めて110隻くらい。ほとんどが犬死。特攻を考えた大西滝次郎中将は 特攻を聞けば天皇陛下は戦争を止めるご決断を下されるだろうと思って 鬼畜の所業と知りながら特攻をさせたという。

③ 国民は恭順に過ぎた。国民はすばらしいが 時の政府 軍部は 国民のいのちなど露ほども考えなかった。東京大空襲であれほどの被害になったのは 天皇の眠りをさまたげないように 空襲警報の発令が遅れたため そして御料馬のいる厩舎の消火作業を最優先したためといわれる。国民より馬の命が上だったのである。

④ 今のNHKは不偏不党ではなく、中立でもない。あなたや他の三名を経営委員に押し上げた安部首相のための放送局のようなフシがある。このようなときに物議を醸すようなことはあなたはすべきでない。

⑤ そして問う。 アメリカの虐殺を糾弾するあなたが応援する田母神候補は 『 アメリカの日本簒奪の戦略であるTPPと国家経済特区 』 になぜ賛成するのか??戦争だけで国は滅びるわけではない。

百田氏は いま まさに息絶えんとしている戦争体験者のことばに耳を傾けるべきである。あなたの言動がひろく 単純で正義感のつよい青少年に大きな影響力を与えていることを考慮すべきである。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

吉永小百合、菅原文太、瀬戸内寂聴、澤地久枝、三枝成彰、なかにし礼、茂木健一郎、川島なお美、さかもと未明、下村満子、千住博,湯川れい子

大江健三郎、坂本龍一  細川・小泉支援の文化人と呼ばれる人たち

ゲンパツしか見えていないひとたちなんだ この体制下で日の当るところにいるひとたちだから 仕方がないけれど ......

そして 宗教界にも 愕然とした。

枡添夫人が 某宗教の幹部だというのも 怖いが

知人の篤信家 数名に 聴いたところでは 田母神さん支持が圧倒的

なぜですか? と問うたら 「わたしたちの考えに近いから....

田母神さん 脱ゲンパツならいいのにね」

「えっ あの方 放射能 あびるほど元気になるから心配ないって

いってますよ」

「アラ そうなんだ あのひとらしいわね あはは....」

だそうです。

もう 終わってます。日本人はすごいね 静かに滅びてゆくのだろうか

 

小沢さんにもがっかりした。まぁ 共産党とは手を組めないだろうが

間接的にしたって 小泉と組むとは。

 

日本はあやうい 日本人は 思考能力がどんどん 落ちてゆくみたい。

マスコミだけじゃない 気候も操作されているし 票も操作されているし

まやかしの国家なのに 全然気がつかないで このまま 社会がつづいて

ゆくと思っている。

 

3月になったら 静岡に行こう

富士山のまわりのそこここ で祈りましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

残念な結果ですが細川さんの奮闘に敬意を表します。

これからも「原発ゼロ」の国造り目指して微力ですが努力を続けてまいります。

ご支援賜りました皆様に心より御礼申し上げます。

                            小泉純一郎

小泉氏の演説のスタンスは、決して安倍政権に対する名指しの批判はせず、ひたすら原発ゼロの推進に絞って、自民党の政治についてはあからさまな批判は抑えている。」.... 某ブログ

 

小泉純一郎は すこしも困らない。お金もかからなかったし....

ダーティーなイメージは消して 復権できたし

親子ともども クリーンだよって 騙せたし 布石は打った

脱ゲンパツ票を割ることにも成功したし

これで 脱ゲンパツ派にミゾが生まれ禍根ができたし

自民やアメリカにとっては人工雪の次に功労者なんじゃないですか

まぁ よくやりましたね。............

騙しても喜ばれる、すばらしき詐欺師の才能

また ご褒美 もらえるかも

 

でも すべてのひとを騙せるわけじゃなし 自分自身も騙せない



 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

できるだけのことはして.... それから 夜 ショウがはじまり 彼らがこんどはどんなカラクリをしたか 賢い方々が見破ってくれるのを待つ

 

都知事選で     見えちゃった......  ような気がします。

日々坦々 とか 世に倦む日々 とかネガティブキャンペーン すごかったな.... はなゆうさんにもびっくりだった。

IWJ岩上さん はさすがだった。きっこさんは ちょっと...と思うこともあったけれど ちゃんと見えるひとだった。

ココ20年ばかりの日本の政治の流れを見ていて なんで 小泉元首相が信じられるのかわたしには理解不能です。

わかっててやってるのかな なにかあるのかな とつい考えてしまいます。 でも都知事選でどのような行動を

とったかどんな言辞だったかで そのひとの立ち位置がわかったので よしとしましょう。

ゲンパツだけで反体制になったひとは芯が弱い。よく考えてみてください。3.11がなぜ 起きたのか?

いまさら 地震と津波などというお気楽な方はもういいです。3.11 ゲンパツ災害というものは起こるべくして

起きた.... ヤラレた .... だれがゲンパツをもってきたの? 正力と中曽根! だれが 日本人を

骨抜きの脳味噌なしにしたテレビを持ち込んだの? 正力 ! だれが構造改革で 日本をぶっ壊したの?

小泉! なんで非正規雇用が40%になっちゃったの? 小泉!!

正力はCIAの協力者としてコードゲーム を 持っていた。ボダム 中曽根もあった....

日本の国民のために働いた政治家はどうなったの? 、みんな殺された..... どうやって......

辱しめられて..... 

アメリカの優秀な飼い犬だった小泉さんがアメリカにたてついたらどうなる? 殺されちゃいますね。

でも 生きてますし 息子がいますから 息子も差し出して召し上げられていますから 

その息子 将来の宗主国の執政官になる予定なのに 反抗すると思いますか??

日本は独立国家でも民主国家でもありません。巧妙に つくられた奴隷国家 残業代なしに働いて

賃金の半分は 盗りあげられ 年金はもらえてもスズメの涙.......

みんな貧乏ならまだいいよ。 それが 官僚 公務員という 代理取立てシステムに従事するひとたちは

エサ代がもらえる。 30% : 70% の 戦い

枡添 のほうが わかりやすい。女性蔑視 老人嫌いの気色悪い男です。奥さんは○○です。

わたしは 小泉さんのほうが ずっと 怖いなぁ.....

.....................................................

骨のあるブロガーさんが 次第に消えてゆきます。

治安維持法で 敵前逃亡の方もいるし もしかして.... という方もいる それ以前のあぶない法律ができたときも

ひとつ またひとつと消えていった。

こっち方面はもうだめだと思う。ブログでいくら拡散しようとしたって 鶏のあたまばかりじゃ しかたがない。

行動しないと 締められて 食われるんですよ。 ねぇ みなさん。

 

これは 語り部の 戯言 たわごと です。

 富士山の周辺をまわらなくてはなりません。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

やっぱり 考えることは同じでしたね。 わたしも同じ考えです。主権は国民にはないのです。

→ こちら

以下抜粋

 

選挙妨害の人工雪であるため、ガスバーナーで溶かしても水が出ないのが特徴。

日本でも以下のとおり、「人工雪」であることが市民によってばれつつある。
こんな雪見たことない?それはそうだ。選挙妨害のための人工雪なのだから。
https://twitter.com/_RIMATA_/status/431975714246508544/photo/1

これは雪ですか?
http://www.youtube.com/watch?v=5tEza2wB20c

映画「永遠の0」
https://www.youtube.com/watch?v=6G1OHLyMY7U
「どんな苦しいことがあっても生きる努力をしろ!」

映画「永遠の0」は、感動の映画だった。
一部、誤解されて観ていない人もいると思われるが
観ておいた方がいいと思う。
「オールウェイズ三丁目の夕日」の監督が監督している。
反戦運動をしている人ほど見た方がいい。
映画は人間愛にあふれている。

これから、日本に導入しようとしている徴兵制
および軍需産業主導国家が
引き起こそうとしている核戦争が
いかにとんでもないものかを知るためにも。

経済特区による多国籍企業オリンピック 東京乗っ取り計画
http://www.youtube.com/watch?v=q9AXcxpKQaI
994 回再生


どんな苦しいことがあっても選挙に行き、生きる努力をしろ!

<不正選挙の防止は、今日、土曜日にかかっている>


選挙には

今日、早めに行ってほしい。

20年に一度の大雪である。

つまり、選挙は妨害されているのである。


理想論を言えば、

当日に投票がいいのだろうが

この調子では

当日に投票は

ものすごい大雪による選挙妨害にあうだろう。

 以上



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

都知事選 ムサシ稼動 不正選挙になることは折込済みですが

ムサシを動かしているのはアベさんなのか それとももっと上なのか.....

ソチにぶつけてきたのは枡添候補を勝たせるための低投票率アピールがもともと狙いなのでしょう。

前回の都知事選 どこも長蛇の列だったのに 意外に投票率低かったですね。

そしてあしたは雪 だそうで 9日はあしもとがあぶない.......

気象操作も考えられる。

ようやくにして 3.11が人工地震であったことも世間に認知されてきている。不正選挙が行われていることをもっと世間に知らせましょう。

可能な組織があれば 出口調査をしっかりして 結果と比較し 公表することだと思います。

私たちの税金 私たちの空 水 大地は奪われ 主権さえも奪われているこの状態から 一刻も早く抜け出すために。

日本の未来のために。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

すごいですね、小泉さん ダークサイトから一挙に 光のなかに.... さすがマジシャン

① 自民党支持者の離反  枡添支持と 田母神支持に分裂

② 安倍首相のフェイスブック炎上 → こちら

がっかりしました 失望という声が多い。

③ 創価学会と公明党にスキマ風 → こちら

自民党と連立政権を組んでいる公明党が、内部混乱に陥っている、との情報が漏れ伝わってきている。都知事選に絡めて、日刊ゲンダイがいち早く報じた。自公候補に学会はNOというのである。「細川との連携に動き出している」との情報も出ている。反原発の細川陣営と核廃絶の運動を展開してきた学会という関係からだ。是非そうであって欲しい。

 「学会員はネット情報で、自公候補のスキャンダルを掴んでしまっている。以前のように、上からの号令でまとまる時代ではなくなっている」というのも納得出来る。
 ご存知、公明党は創価学会の政治部のような存在である。学会が主導権を握っている。過去に竹入や矢野といった同党腐敗幹部は追放されている。安倍・極右内閣と連携する公明党に対して、学会の懸念が噴き出して当然のことなのだろう。
<平成の治安維持法を強行した公明党に反発>
 学会の怒りは、平成の治安維持法といわれた特定秘密保護法を公明党が自民党と共闘を組んで、これを強行したことで表面化した。戦前の治安維持法で学会のトップ2人が拘束され、初代会長は獄死している。
 それを承知で、21世紀の悪法を強行成立させた山口・公明党に反発するのは、ごく自然の成り行きと言っていい。しかも、山口は弁護士資格がある。法律に無知だとは言わせない。
<安倍・改憲軍拡路線追随の公明党不信>
 公明党の政治スローガンの一つは平和主義である。安倍内閣はそれとは真逆の政権である。次々と改憲軍拡政策を浮上させている。遂には、自衛隊の戦争を可能に出来る集団的自衛権の行使に踏み出そうとしている。
 これらに対して、公明党はズルズルと引きずられてばかりいて、隣国の安全保障政策に重大な懸念を抱かせ続けている。およそ学会の活動とは正反対である。戦争の出来る日本への一大変革に公明党が、その一翼を担っている。これに学会が服従出来るだろうか。抵抗することになろう。
<原発(核)輸出の安倍外交に重大懸念>
 学会の平和主義は、核廃絶に集約される。原発は核爆発を伴う危険なエネルギーだ。そのことを福島が証明している。原発で燃やされるウランから、核兵器に使用されるプルトニウムが出る。核のゴミは永遠に処理されない猛毒物質でもある。
 これを安倍内閣は、外国に輸出する外交を強く推進している。東芝・三菱・日立の原子炉メーカーのセールスマンを演じている。むろん、学会の方針とは正反対なのだ。安倍外交に重大な懸念を抱く学会である。
<中韓敵視政策の安倍従属に反発>
 人間主義を掲げる学会は、隣国との友好にも専念してきたが、安倍外交は隣国との対立を利用して、国民を民族主義化させ、その先に改憲を想定している。このことは世界の常識となっている。中国への敵視政策は、これまでの学会活動を自ら否定するものだ。学会の主義に反している。
 それでいて、これに従うだけの公明党に怒りをみなぎらせている。
<太田・山口はA級戦犯?>
 一口に言うと、公明党の右傾化・右翼化である。安倍内閣のブレーキ役どころか、それに服従、時には推進役になっている。
 なぜ、こんな公明党なのか。党幹部の腐敗が原因ではないのか。「A級戦犯は太田と山口ではないか」との疑問が浮上することになる。
 以前にも紹介したが、学会通によると、太田と自民党幹事長の深い仲は有名という。「総選挙前、太田と石破が密会、ここで閣僚と引き換えに特定秘密保護法を成立させる、との密約説が出ている」というのだ。にわかに信じられないが、架空話ともいえない。
 「山口はインド訪問で、原子力協定の締結を急ぐよう働き掛けてきた」という事実は、一般紙で報道されている。安倍路線に歩調を合わせている。裏で何があったのか。日本の原発(核)売り込みに励む公明党代表というのも異例である。
 以上の問題は、いずれも池田路線に反するものである。
<金銭疑惑と私生活乱脈都知事候補はNO>
 目下の都知事選に学会は、自公支援候補に対して、従来のような熱心な活動をしていない。
 「2億5000万円の金銭疑惑も判明している。女性の敵のような人物をなぜ応援するのか、といった疑問も噴き出ている。ネット効果かもしれない」と専門家は見ている。「いつも親類から電話がかかるのに、今回はまるでない」と知人も語っている。間違いなく、いまの公明党は学会に嫌われている。事情通は「学会は細川との連携を模索している」と示唆しているが、考えられなくはない。安倍・改憲軍拡という反憲法的国政を変える知事選である。これは都民・日本国民にとって重大な選択である。日本とアジアのために。

④ 脱原発派の分裂 

文化人 細川・小泉に走る → こちら

世論調査では劣勢の細川護煕候補だが、街頭ではすごい人気だし、もうひとつ、熱いのが文化人による支援である。ついには吉永小百合、菅原文太も支援に名乗りを上げて、賛同者リストには作家の瀬戸内寂聴、澤地久枝、作曲家の三枝成彰、作詞家のなかにし礼、脳科学者の茂木健一郎、アートディレクターの佐藤可士和、日本文学者のドナルド・キーン、女優の川島なお美、漫画家のさかもと未明、ジャーナリストの下村満子、画家の千住博など錚々(そうそう)たる顔ぶれが並ぶ。

というわけで

 銀座に細川小泉支持者20000人

→ こちら

 

けれども なぜか 枡添優位   マスコミはまだ枡添を押している?

http://mainichi.jp/select/news/20140203k0000m040039000c.html

⑤ アメリカと安倍ワールドのあいだに不穏な気配?

 

 

このまま 不正選挙で 枡添か  でも 勝負は見えている 小泉劇場で細川  → ワンクッション おいて 小泉伸次郎首相

クビがすげかわり  あたらしい執政官の誕生 ......  にならなければいいなと思います。

安倍さんが残すものは アベノミクスの残骸と山なすネトウヨ......

わたしは 小泉さんは信じません。 二度でも三度でも 国民を裏切れるひとでしょう。

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

細川陣営のパンフレット 細川さんはどこにいる?

候補者は 実は小泉さんだった!

→ こちら

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

わたしも東京に行くと必ず のどがイタクなる。

今日も早稲田の穴八幡神社にお参りとお札をいただきにいったのだけれど ピリピリイガイガして 口の中が苦い。

埼玉東部だから東京とたいして変わらないはずだけど。

二年半前 家族で逃げたとき 山をいくつも越えて松本ではじめて空気がおいしいと感じた.....ほっとした。

でも そのあと行った時 松本はケムトレイルで空が白くなっていた。

子どものためには移住したほうがいい 絶対にいい。子どもが小学生だったらわたしは100% 逃げていた。

今はここで できることをしている。だが 確実に体が蝕まれていると感じるときがあって それが子どものことだったりすると

わたしは混乱する。逃げだしたくなる。

 

バジルさんは まえに ガールスカウト活動をなさっていたようで わたしも何十年前かは スカウトでありリーダーでも

あったので親近感を抱いていた。

でも 彼女は細川派で わたしは なんとしても あの小泉さんとやろうとするひとなんて 信じられないので 宇都宮派。

あの仕打ち 若い人の未来を踏みにじり この右傾化を招き 外資を大量に呼び込み 日本の未来を売り飛ばした仕打ちを

どうして忘れられるものか.....

脱原発なんておためごかし 不実な女のウソ八百 小泉太夫のお旦那は 昔も今もアメリカ様です。

でなきゃ 生きていられるわけがない、失脚しないわけがない。

 

今回の都知事選は 脱原発派とはなんんだったのか 浮き彫りにした。

脱原発派には2種ある。

タイプ1 本来は保守派であり 原発がなくなりそれまでの暮らしに戻ることを望んで」いる。

タイプ2 フクシマは日本の腐った政治が生み出してしまったもの腐った根にはアメリカという邪がからみついている もはや根底から変えないとダメ

イタミを伴っても 自分自身が変わらなくてはならない。

タイプ1とタイプ2 の間にはさまざまな亜種がある。

おおざっぱにいって タイプ1は 細川・小泉 ライン タイプ2は 宇都宮さんを支持すると思う。

 

ガールスカウトには モットーと やくそくとおきてがある。

それはわたしのからだと想いに 5月の新緑のようにしみこんでいる。

『そなえよつねに』

『私は名誉にかけて 神と国にたいするつとめを行い いつも他のひとびとを助けガールスカウトの掟をまもるようにいたします』

ホラ ちゃーんと覚えている。

わたしはこの国を愛します。 政府や天皇ではなく この国の風土と人心を愛します。

わたしは神を信じます。 神の御心に添う 行いと思いを おゆるしください。どうか この国を この国のこどもたちをおまもりください。

 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




 

どうして 日本人はすぐ忘れてしまえるんだろう.....

→ こちら

以下抜粋

都知事選である。

 周りを見渡せば、「悩ましい」と頭を抱える人あり、そうそうに応援する候補者を決めて動きだしている人あり、「宇都宮氏と細川氏の一本化」について熱く語る者あり、それに向けて具体的な行動を起こす者あり、既に「味方」だった人をディスる人あり、支持する候補者を巡って仲間割れ的紛糾あり、本気で悩みすぎてノイローゼが心配な人ありで、「純粋な思い」から「選挙のテクニック問題」まで、いろんな思惑が百花繚乱。投開票日まで、自分も無傷でいられるか不安で仕方ない今日この頃である。

 まず、どうしたって論じなければならないのは、「細川・小泉コンビ」だろう。.....細川氏について、私はよく知らない。しかし、「脱原発」で意気投合し、細川氏を全面支援すると息巻いている小泉氏のことはよく知っている。

 01年から06年まで続いた小泉政権は、「普通に働き、生きること」を徹底的に破壊するものだった。そしてその影響は、小泉政権後もこの国で猛威を振るい続けている。徹底した新自由主義政策で広がった格差と貧困。社会保障費の容赦ない削減。そして04年には、製造業にまで派遣が解禁となる。雇用は不安定化し、「どんなに頑張っても報われない」層が大量に生み出され、そしてその中の一部は「ヘイトスピーチ」などの方法で悲しいガス抜きをし、明日の過酷な労働に耐える準備をしつつ、偏ったナショナリズムでなんとか自己肯定しながら安倍政権を補完する役割を担わされているという皮肉なことになっている。

 それが2014年、この国の光景だ。

 そうして小泉政権で広がった貧困は、今や「相次ぐ餓死」や「雇用破壊」の果てに蔓延するブラック企業という形で、この国を覆っている。

 小泉氏の「誤り」は、この国の多くの人から「未来」や「安心」を奪ったことだけではない。

 03年、アメリカ主導で始められたイラク戦争を、世界で真っ先に支持したのが小泉氏その人である。結局、「開戦」の根拠となった大量破壊兵器は存在すらしなかった。「勘違い」によって始められた戦争で、イラクでは10万人以上の命が奪われた。小泉政権は、弱肉強食の「自己責任」を強調した。が、そんな小泉氏自身、イラク戦争を支持し、10万人以上の命が奪われたことに加担したという事実について、一度でも責任を問われたことはあるのだろうか

 小泉氏と細川氏を結びつけたのは「脱原発」である。そんな小泉氏は、昨年8月、フィンランドの放射性廃棄物最終処分施設を視察し、脱原発の思いを強くしたのだという。

 それ自体は、いいことだと思う。多くの人が3・11の衝撃を受け、それまで自分が信じていたものを疑い、意見や考えを変えている。変えることが怖かったり、様々な利権やしがらみがあったりで「頑なに意見を変えない」オッサン政治家たちなんかより、ずっといいと思う。

 しかし、私は、これから書くことを絶対に忘れたくない。

 彼が世界に先駆けて支持したイラク戦争では、「核や原発のゴミ」を兵器に転用した劣化ウラン弾が大量にバラまかれたと言われている。湾岸戦争で初めてイラクに投下されたその爆弾の甚大な被害は、イラク戦争が始まる前、当然、世界的に知られていた。この連載で何度も書いているが、私自身、99年、初めて行ったイラクで劣化ウラン弾被害を目にし、腰を抜かすほどの衝撃を受けた。放射性物質であり、重金属である劣化ウラン弾が大量にばらまかれたイラクで増え続ける先天性異常の赤ちゃん、ガン、白血病の子どもたち。目を覆うような光景が、そこにはあった。

 それを見ていたからこそ、イラク戦争1ヶ月前、バグダッド入りまでして「ここに劣化ウラン弾を落とすな」とデモをした。しかし、11年前の小泉氏は、イラクに「核のゴミ」が降り注ぐことに積極的に加担したのだ。

 だからこそ、フィンランドの施設で脱原発を確信したという一報に触れた時、私は猛烈に腹が立った。

 あなたが視察すべきはフィンランドの最終処分場などではなく、劣化ウラン弾がブチ込まれたイラクではないのか。今もさまざまな病気に苦しむ子どもたちがいる病院をまずは視察し、自分が支持した戦争の果てに起きている残酷すぎる現実を直視すべきではないのか、と。

 劣化ウラン弾は、「核のゴミ」の、最悪の処分方法が具現化した兵器だ。最終処分場でそこまで「脱原発」に目覚めたならば、もうひとつの「最悪の処分方法」に、なぜ目を向けないのだろう。私たちが、あのことを「忘れた」とでも思っているのだろうか。だとしたら、舐められているにもほどがある。

 私が今、もっとも興味があるのは、細川氏が、そんな小泉氏の数々の誤りについてどう思い、そしてどうしようと思っているのかということだ。「脱原発」ということはわかった。その上で、これまで破壊されてきた人々の生活や雇用をどう再建するのか。

 ただでさえ、東京都には、脱法ハウスやネットカフェ難民といった格差社会の歪みが集中している。格差と貧困が拡大した「ツケ」を、人生を台無しにしながら支払わされている層が大勢いる。1%の持つ者と、99%の持たざる者の対比がもっとも鮮やかなのが東京だろう。

 そんな東京都の未来がかかった選挙が、もうすぐ、始まる。

以上



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ