遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



    みなさま あと13時間あまりで 2009年は終わります。例年 年の終わりはやりきれなかったことの山を見たくないのと忙しさに反省も感慨もなく 過ぎてしまうのですが 今年はすこし違いました。

    後悔がないのです。やりきれなかったことはたくさんあるのになぜかといえば ......語り祭りに全身全霊を打ち込めたから。......10年かかって原点に戻ったから でもそれは10年前にいたところでもない、たくさんのひとに会い ふれ合い たくさんの試みを繰り返し いくつもの谷を越え いくつもの絶望を乗り越え 歓びをわかちあい .....螺旋をえがいて すこしなにかにちかづいたように思います。

    そして扉がひらき わたしはいくらか 目が開きました。世界の混沌の向こうに来るべき世界がほの見えます。過去を振り返れば 日本という国の輝かしさが太古から残影のようにたちのぼります。わたしは身体をとりもどし、こころのかげりを吹き払い 自信もとりもどしました。自分への信頼を取り戻すことは ひとを信じる気持ちへ ひとを愛する気持ちへとつながるのでした。

    こうして 歩いてこられたのもたくさんのたくさんの方々の方の励ましとお力添えがあってと しみじみ思います。 ありがとうございます。こころから感謝いたします。

    2010年は風雲の年.....でも 恐れるにはあたらない こころの軸、身体の軸をぴしっと決めて それぞれの目標に向かって歩くのみ.....子どもたちに地平をめざすこころむきをつたえる 職場のひとたちにつたえる なりわいで世界をあかるくしてゆくことをつたえる......わたしは 病む夫により添い復活を祈りつつ、畑をつくり 生活を簡素にして 魂の語り部になりたいという望みに向かって あるきたい。それはみずからほのかに光を放つひとになってゆくという大それた望みです。

    今年 この遠い森、遠い声のアクセスはいつのまにか倍増しました。たくさんのひとたちに触れていただきました。今 わたしはみなさまの健康と平安をこころから祈っています。.....世は闇に見えても 目をとざし こころの目をひらけば 見えてきます。真実、そしてたくさんの手が.....手をつないで あるいて のりこえてゆきましょう。よいお年をお迎えください。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




     生きるためのたいせつなこと それを支えるさまざまな些事について 今ほど気が抜けないことはかつてありませんでした。たったひとつのミスがとりかえしのつかない結果を招くかもしれない......本質を見誤らないことが求められています。緊張のなかで時間がない 日常のように書いていたブログが書けない.......それがこんなにつらいとは思いませんでした。

     わたしですらそうなのだから 事故で、病気ですべることができなかった 高橋選手 鈴木明子さんの気持ちは察するに余りあるものがあります。そしてロシア大会でどん底に落ちたあとグランプリファイナルに出場できなかった真央さんの気持ちも........全日本という世界大会に匹敵する特別な大会でことにその三人が輝いていたのも、すべることのできない苦しさを知り、すべることの歓びに充たされからかもしれません。





     フリーのラフマニノフ”鐘”は重い、もっと真央さんらしいプログラムがあるのではないか......そのような意見もあり、わたしもそう感じたファンのひとりでしたが、今回の”鐘”を見てタラソワコーチ、浅田真央さんの視線の向こうにあるものが垣間見えたように思いました。そこにあるのは卓越した技術 磨きぬかれた身体 類稀な感性があって はじめて可能な試みでした。

      媚も過剰な表情や演劇的アピールもない 音楽を生身のからだで奏でることに捧げられた無上の時間がありました。高い精神性がありました。理不尽なものへの怒り 苦悩 魂の....自由への渇望、憧れ 飛翔.....鐘の響きは開放であり この世ならぬモノとつながっていました。祈りと鎮魂を感じたのはわたしだけではなかったと想います。19歳がみずからのからだとこころをとおして伝えようとしたものは個人的な感傷的な怒りとか哀しみの次元をはるかに超越し、目指すものはとても大きかったと想います。

     どれだけの努力がなされたのだろうと頭の下がる思いです。それでもまだ完成にはほど遠いのではないか。今回の演技は代表を勝ち得るためか慎重におこなわれ 真央さんは全開ではなかった......”鐘”はもっと 歓びになるでしょう。バンクーバーに向けて 深化してゆく鐘を見られるのはゾクゾクします。

     優れた選手のプログラムに接するとき フィギュアと語りは似ていると感じます。細部のうつくしさ、どの瞬間を切り取ってもうつくしいポジショニングはことばのうつくしさに、エレメンツのクライマックスは山場に匹敵します。出だしとフィニッシュの重要性 序破急 ストーリーを語りつつそのなかのメッセージを伝える。.......そしてパフォーマンスとしての輝き.....本質を知るストーリーテラーがそうであるように 優れたスケーターは観客に共感を呼び起こし 観客を泣かせ 感動させ 生きてゆく力を甦らせる.....ことばを使わずして。

     浅田選手 鈴木選手はそうした共感をとくに強く感じる選手です。 ......これはいったいどこから来るのでしょう。.....選手のうちがわからほとばしるものがあるのではないか.......点数をとることを目指すだけでないなにか、手堅くまとめようとするのではないなにか ステータスや保身や我執でないなにか.....それはひょっとして永遠に向かっていこうとする 無限に乗り越えてゆこうとする献身の 所為ではないか......献身.....無私.....  スケーターも語り部もそのパフォーマンスから魂も身体も透けて見える その質によって ときにわたしたちはこの世ならぬモノ 光にもまた闇にも引き寄せられる.....崇高な神聖なるものの御袖の端に触れることさえある......




     ストーリーテラーや語り部は ことばを駆使することができます。はじめにことばありき.......聖書でこう述べられているように ”ことば”は音楽とともに人類がともに生きるためにいただいた賜物です。  ストーリーテラーや語り部はすでに祝福されているのです。澄んだこころと鍛えたからだからいずることばで 聴き手を笑わせ 泣かせ 生きる力を甦らせることができるのです。フィギュアと違い、語りが聴き手から 表立って評価されることはあまりありません。わたしたちはそれに甘えていてはいけない......とフィギュアスケートを見るたびに思います。


     真央さんが闘っているのは自分自身だけではありません。ISUの姑息なルール改正とジャッジ、選手の足をひっぱるのみのあまり賢くない日本のスケート連盟.......しかし気にすることはありません 圧倒的なパフォーマンスというものは観客をひれ伏せさせずにはおかない......なぜなら高き....とつながっていますから......金メダルよりたいせつなものは....たしかにあります。......語りもそう......エンターティンメントのむこうに宏大な宇宙がある.....意識をつながらせて語るのと そうでないのとはおのずから響きの質が異なります。つながれる語り部になりたいと想いませんか 道は遠くとも。




">

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    メリー・クリスマス!!空は限りなく澄んでいます。みなさまに神さまの祝福が燦燦と降りそそぎますように......

    今 夫からTELがありました。先生にお願いしたところ 「足がまだよくなってはいないけれど 毎日 通院するなら」と退院を許可されたそうです。我が家も家族でクリスマスのテーブルを囲むことができます。

    昨夜 夫のもとをたずねたとき 夫が変わっているのに気づきました。とてもやさしくおおきくあたたかかった.....尊敬もし愛してもいたのですが、ここ数年の夫の変化.......それは老いや病からもでしょうし、仕事をするうえでの葛藤もわたし自身の変化もあったのかもしれません.....でわたしの夫への想いは枯渇しかけていました。


    わたしは語り部になるまえ.....癒すことを......金銭抜きで.....していました。このたびの夫の病でふたたびはじめました。一昨日は病室で本格的に浄化しました。すると夫はいっぱい汗をかきました。.....そしてしばらく聴いたことのない 「ありがとう」ということばを聴いたのです。

    語り部とは真実を伝えるもの、歴史を伝えるものでありましょう。それと同時に癒すものでもあるのでしょう。わたしは語りつつ、癒し手として甦りたいと想います。



    どうぞ みなさま 心あたたまるクリスマスをお過ごしくださいますように.......





(マイケルのつづきはちかじか 書くことができるでしょう)





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   22日は冬至でした。みなさま ゆずのお風呂には入られましたか? 冬至といいますと 今ではゆず湯とかとうがんを食べるとかですが.....縄文の昔は 夏至 春分 秋分 とならぶ たいせつな日だったのです。冬至は夜が一番長い日、そして翌日から日が長くなってゆく つまり太陽がよみがえる日 またはあたらしい太陽が生まれる日でした。古代人は冬至の日を正確に知っていたようで 日本の古代遺跡にその痕跡が残っています。

たとえば山添村...は→コチラ

   日本ばかりではありません。エジプトの遺跡にも.....そしてキリスト生誕の祭りクリスマスも、その名残であるといわれています。キリスト教の布教にあたり 賢い教会幹部は 信者を増やすためにキリスト教以前の信仰を取り込む努力をしました。実際のキリスト誕生日は1月の5日といわれていますが あえて光の祭り 太陽のよみがえりの日を聖誕の日として祝いました。聖ヨハネ祭が夏至の頃でしたね。

   ですから 今年でしたら 12月23日を太陽のよみがえる日 あたらしい年のはじまりと見ることもできるわけで.....この日わたしはひとつ決心をしました。今まで語り手と名乗ってきましたが 今日から語り部と自認してゆこうと思います。

   語り手たちの会で語り手ということばをつかうようになったのは英米でつかわれているストーリーテラーを訳したのが起こりだったように思います。従来の民話を語る語り部とは違うのだ...という自負と心意気を感じますね。語り手:聴き手という図式もあるかもしれません。語り手....都市 本・書承 若い人 語り部....地方 口承 年配者のようなイメージがあるにせよ 似たような扱われ方をしていますが、語り部と語り手には意味の違いがあります。

2008年 9月1日に書いたブログから.....

①語り部の部とはどこからきたの?...
律令制度のなかの姓のひとつで職業をさす。祭祀担当の祝部〔はふりべ〕巫部〔かんなぎべ〕、亀卜担当の卜部〔うらべ〕、倉庫担当の「蔵部〔くらべ〕大蔵〔おおくら〕内蔵〔くら〕にならんで語り部もありました。こんなところからきているのかな....

現代においてはどうだろう?

イ)語り部とは、文字や紙を使わず自然に人の心の中に歴史を刻む役割を果たす人
ロ)語り部が登場するのは活字では言い表されぬものがあるからである。語り部とは伝えようとすることを体現する者である。
ハ)語り部とは、本当のことを伝える者である

のような使われ方をしています。ドキっとしますね。

②それでは「手」とは...
イ)仕事ないし仕事をする人の意味。
ロ){野手、内野手 外野手 一塁手} あるいは{読み手、聞き手}、あるいは{砲撃手 操舵手 索敵手}のように全体の仕事をパートにわけるとき使われるようです。

もうすこし「手」について分け入ってみましょう。
イ)西洋において小説が勃興した19世紀、「語り手」という概念が生まれた。
小説や演劇、映画などあらゆる種類のストーリーテリングにおいて、作者・読者と並び重要な存在である。
ロ)語り手(ナレーター、Narrator)とは、読者に対して物語を語る、物語内の存在(人物等)である。小説で言うところの「地の文」の語り手である。
ハ)物語がノンフィクションである場合、語り手と作者は同一人物である場合が多く、物語内の世界と現実世界は一致するが、フィクションである場合は語り手は物語内にしかいない存在である。
ニ)語り手と、読者や作者との間には、超えられない「第四の壁」がある。

.......これを書いたとき ほんとうにドキリとしたのです。......語り部とは.....伝えることを体言するもの 文字やことばをつかわずにひとのこころのなかに歴史をきざむもの......真実を語るもの。わたしが目指しているのはどうみても 語り部 でした。語り部はナレーターと一線を画すものです。語り部はパーツとしてではなく、つなぎ目として場に充ちています。ときにものがたりそのものです。

    先月 名実ともに語り手たちの会を卒業しました。イベントを聴かせていただいたことで、語り祭りであたらしい語り手の息吹を感じたことで ゆく道の違いが明確になりました。語り手として10年過ごしてまいりましたが、感謝とともに語り手の名はお返しし 原初の語り部としてあたらしい地平を目指し、模索しつつあるいてゆこうと思います。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   少女漫画の歴史をひもとくと 昭和40年代までは母物が主流であったと石子順三氏は語っています。(それに難病もの、バレーものがからんでくるのです。水野英子さんのように神話からの創作とか戦争ものとかもありました)

   当時の漫画家でその秀麗な絵で一世を風靡したのが牧 美也子さん 松本零二(あきら)氏の奥さまです。牧さんの挿絵をいくつか保存(ブルーマーガレット、果樹園のキルメニィほか)してあるので あとでUPしてお見せしますね。零二氏と合作の銀の谷のマリアもあります。)

   少女たち 少女三人 マキの口笛......我が母は漫画を買うことを許してくれなかったので お年玉をにぎりしめて お正月号を買いに行きました。少女三人はマリア像をめぐる三人の少女のものがたり.....マリア像は母の象徴でした。42年に発売されたリカちゃん人形の顔のモデルは牧 美也子さんの絵なのだそうです。

   さて、昭和41年 西谷祥子さんの”レモンとさくらんぼ” が学園漫画の幕開けといわれています。けれども母との訣別はそのまえからはじまっています。西谷さんとの果樹園の道?では少年との少女のほのかな愛 とその愛による蘇りがテーマですし その後の”ジェシカの世界”や”白バラ物語”では母性とは”主人公たち(少女)を圧殺する存在”。梅津カズオさんのママが怖い では母は少女を食い殺すへびでした。(西谷さんのまんがについてものちにオリジナル画像をUPします)

   ユングの原型(元型)のひとつに太母=グレートマザーがあります。グレートマザーとは慈しみ育てる母 と暗黒の....子を呑みこむ母のふたつの側面をもっています。

   元型は→コチラ
   太母は→コチラ

   白雪姫のお后はもとのお話ではまま母ではなく生母でした。ねずの木はまま母になっていますね、おとぎ話の多くで子を追い詰めるのは多くはまま母ですが....ほんとうはどうなのでしょうか。野村滋氏はその著作のなかで 三枚のおふだの山姥は 子どもの自立をはばむ母親である.....と説いておられます。

   ほかに なにがあるかな.....というのも一月のカタリカタリの課題はそれぞれがグリムをそのまま あるいは再話して語ることにしたからでもあるのですが.....ラプンツェルに思いいたりました。ラプンツェルはこんなおはなしです。

  
   .........むかし 子どものない夫婦がおりました。おかみさんが妊娠して ウラの魔女の畑にあるチシャ(ラプンツェル)が食べたいとせがむので 夫はやむなくほんのすこし.....と魔女の畑に忍び込むのです。ところが夫は魔女につかまり 生まれた赤子を魔女にとられてしまいます。

   魔女は赤子にラプンツェルとなづけ ラプンツェルは美しく成長しますが 魔女は森の中の塔にラプンツェルをとじこめてしまいます。その塔には扉がありませんでした。魔女は夜な夜なでかけ 帰ると”ラプンツェル ラプンツェル その長い髪をおろしておくれ” と塔に向かって呼びかけます。するとラプンツェルはするすると見事な金髪の三つ編を塔の上から下げるのでした。

   さみしいラプンツェルは魔女...おばぁさんがでかけると塔の窓から歌をうたいます.....その歌声を聴きつけた王子は塔の窓から垣間見た うつくしい少女に会いたくて 木陰に隠れて魔女が帰り また出てゆくのを確認すると.....”ラプンチェル ラプンツェル その長い髪をおろしておくれ”.....こうしてふたりはしあわせな時間を過ごしました。塔を出てふたりで父の王のもとに帰る準備もすすめていました。

   ところが、ある日 「おばぁさん ドレスがちいさくなってしまったわ」 「おまえは男を連れ込んだね」すべてを知った魔女はラプンツェルの見事な髪を切り落とし 森のむこうに放りだし 王子をおびき寄せると塔から突き落とし 王子はノバラを目にさして失明してしまいます。

   ラプンツェルは豚飼いに援けられ 子どもを生んで育てます。子どもがすくすく育ち7歳になったとき 乞食の手をひいて帰ってきました。「おかぁさん このかわいそうなひとにパンをあげて」乞食を見てラプンツェルは抱きしめポロポロ涙を流します。この乞食こそ 一日とて忘れたことのない王子そのひとだったのです。ラプンツェルの涙が王子のつぶれた目にしみこんだとき 王子の目は見えるようになりました。三人はよろこびあい 晴れて父王の元に帰ってしあわせに暮らしました。


   魔女という体裁をとっているが この魔女は少女をとじこめて 成長させないように仕向ける母性とみなすことはできないか........同じように塔に閉じ込められたにしてもラプンツェルはただ眠って王子を待っていた眠り姫とはちがいます。豊穣の森から放追されたラプンツェルは子どもを生み母になることで強くなります。ひとのあたたかい手を借りつつも たくましく子どもをそだて その愛で王子を盲目から救うのです。今 につうじるものがたりではないかと思います。


   ラプンツェルをあたらしい視点で再話しようと思ったもうひとつのきっかけは”グレーガーデンズ”をWOWOWで観たことでした。グレイガーデンズ 歩けば浜辺まで5分という屋敷町に住む母娘...... 名家ブーヴィル家の血をひく母は家事も子育ても得意でなく 歌い踊ってさえいればしあわせでした。

   夫は愛想をつかし息子たちは寮に入れ花のような娘イーディスもニューヨークに呼び寄せます、 愛人のピアニストにも去られた母のイーディスはさびしさのあまり娘を策略でグレイガーデンズに呼び戻します。それから30年......母娘は ののしりあいながら また愛しながらグレイガーデンズで暮らします。

   「わたしたちは料理をするために生まれたんじゃないの」......クラッカーにパテだけの食事 そうじもしない屋敷は荒れ果て 猫やあらいぐまの棲家、ゴミ屋敷となりはて 周囲の住人の通報で保健所が出動し立ち退き命令が出るのですが.......「同じブーヴィル家のジャクリーンは伯母と従姉を見棄てるのか!? 」というスキャンダラスな報道に ジャックリーン・ケネディと妹のリーは修復工事をしてやるのでした.......

   (この日見たのは映画でしたが、メイズル兄弟が撮ったドキュメンタリーが有名です。12月 宮本亜門演出 草笛光子、大竹しのぶでミュージカル化されました。)

   グレイガーデンズにはさまざまなものがたりが内包されています。(わたしは突然 大島弓子論の続編....萩尾望都・山岸涼子のその後を含めた....も書きたくなりました)........今日の本題に戻るとグレイガーデンズそのものが森の中の塔であったのかもしれず 目覚めることのできなかった 目覚めることを阻害された少女のものがたりそして 阻害した母のものがたりとみなすことができます。......


   少女は愛されることで 目覚める そして母となること 育むこと 慈しむことで ひととして自立してゆく。癒される存在から癒すことのできる存在に昇華してゆく。けれども育むことを拒否する母がいる.....それはなぜ生まれるのか 自己保存の欲求? 母でいたいから? 嫉妬? 愛の不足? 所有欲? 自己撞着? 娘と母 息子と母 これは永遠のテーマです。

   先日 つつじの娘を語ったとき、若者とむすめ 男と女の愛の違い こころの機微 温度差による娘の悲劇を語りつつ 息子の自立をはばむ母親をウラのテーマとしました。今 ふと思いますのに ラプンツェルはわたしにとって つつじの娘を補填し 完結させるためのものがたりなのかもしれません。あたらしい年はハッピーエンドではじめたいですしね。どのようなものがたりになるでしょう

   そして このものがたりを語ることで 内なるわたしが母であるわたし自身に自戒をうながそうとしているのかもしれません。 わたし自身の成長のために。語るものがたりは人生に連動します。少女 女 母 を経て 女は性無きものになる 人間になる 日本のとおい島では少女とともに母を卒業した老婆が巫女となるのだそうですよ。巫女とは天 精霊 見えないモノとひとびとをつなぐウツワです。

   みなさま ものがたりって ほんとうに 深いですね......オランダのストーリーテラー、ウィムさんから便りが届きました。今年 再会したときウィムさん、学生さんたちと楽しいときを過ごしました。ウィムさんの語りがおおきくなったことに驚きました。 世界的に経営や営業にストーリーテリングが取り入れられていますが オランダでもそうなんですね。活躍のようす うれしいです。 来年は訪日されないそうですが わたしもたのしみつつ 先にすすみましょう。

   クリスマス間近........家族でクリスマスを過ごせますように.....みなさま......そして我が家でも。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   林檎のクランブルをつくりました。バタで林檎をいため白ワインで煮て クラムを乗せてオーブンで焼きます。


   いい匂い......

   クランブルが焼きあがったよ
   クランブルが焼きあがった

   だれがクランブルを食べたの?
   冬の魔女.....赤いひざかけの
   冬の魔女がクランブルを食べた......

   紅茶に生姜と蜂蜜を入れて
   魔女たちがクランブルを食べた......



   昼下がり デイケアに行きました。バランスボールとカラーチャートを持ってゆきました。クランブルをつくりながら なにをしようかな.....と考えたのですが、今日は語り納め......インスピレーションに任せることにしました。

   みなさん とても元気そうでしたよ。近況報告をして 差額ベッドのことで話が盛り上がりました.....救急で運ばれてお部屋があいていても「差額ベッドしかない」といわれることがあるそうです。お部屋を換えてくださいと強く言わないとなかなか移れないこともあります。みなさん 気をつけてくださいね。

   カタリカタリでつかったカラーチャート みなさんに一冊ずつわたして 好きな色をそっと決めてもらいます。それから みんなにそのひとの好きな色をカラーチャートのなかから選んで当ててもらうのです。ピンクが好きな方 みどり オレンジ 水色 茶色 .......好きな色って似合うのですね。みなさん 地味な色より明るい色がよくお似合いです。

   わたしが好きな色は?......藍色のドレスを着ていたからかしら、 みなさんが選んでくれたのは 紺 青 群青 水色......ラピスラズリの瑠璃の色 そらの水色 海の青.....みな好きですが、わたしが今好きなのは白 真っ白 なんですよ。


   お茶を飲んでそれぞれの家でつくるお雑煮の話で湧いた後、たろさんの赤ちゃん にあわせて ちっちゃな畑をみんなでしました。 ドカーンときれいなお花を咲かせて 大笑い。 そのあと お正月はいいもんだ 油のような酒呑んで 雪のようなもちくって♪ とお正月の話をしようとしたら...! 山を登り山を下り谷を越えて谷を越えて....がわからないというので.....ジャックと泥棒をおばあちゃんと泥棒に替えて みんなでしました。

   みなさんのをみてしまったら 本当の振りが飛んでしまい やまをのぼり やまをのぼり 谷をくだり 谷をくだりになって 振りもやたら元気なデイケアバージョンになりました。猫のかわりに虎にでてもらい みんなでおおさわぎ おおわらいで ことしのデイケアも わたしの語りめでたく納めました。

   2009年 おはなしを聴いてくださった、いっしょにゲームをたのしんでくださった2歳から93歳までのみなさま ほんとうにありがとう!! 大好きです。どうぞ よい年をお迎えください。


.......会議も終わりました。銀行との折衝も終わりました。今夜 ラプンツェル考をUPします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   夫が入院しました。7日前に皮が剥けた右足の拇が黒く変色して壊疽になりかけていました。今日の検査で骨まで達していないことがわかり、簡単な外科の処置ですみ事なきを得ましたが、幾日か入院することになりそうです。入院手続きのとき 特別室しか空いてないと病院関係者にしては風変わりな一見その筋の方とも思しき方からサインを求められました。初日は検査づくめで 日本の医療の一端を垣間見る思いでした。

   自分の身をかまわないひとです。....というか病院で宣告されるのがこわいのだろうとわたしには思えます。首になわをつけるようにして、喧嘩ずくで病院に連れてゆきました。......そうしなければ 後悔することになったでしょう。自分の身体をたいせつにしないひとは他者の身体もたいせつにはできないのよ.....あなたひとりのからだではないのよ.......夫は黙っていました。

   記しておきたいことはきのうの心の変化です。五年前の入院の悪夢がよぎったあと.......ひとと会いました。まなざしとことばとひかり......をいただいて 突然 わたしは一切のことに 生まれてここにこうしていることに感謝の想いが満ち ひかりのひとになりたいと請い求めたのでした。あしたなにが起こるかわからないのに....!? 今 生きているだけで精一杯なのに....!?  あした...なにが起きてもいい、一切を感謝で受け止める.....恐れも気負いもありませんでした。夫にたいしてわたしのできることをしました。


   そして今日、診察台のうえの4本しか指の無いダチョウの爪のような夫の足......拇の黒変は縮みちいさくなったように見えます。ものごとが盤上の将棋やチェスなんぞのように進んでゆきます。

   わたしは打ち手であって空中の観察者........一見負けが込んでいるように見えますが まだまだ まだまだ......あしたなにが起こるかだれも知りません。それって なんて怖い そしてなんておもしろい。.....あしたは変えることができるかもしれない、あなたがチェンジすれば わたしがチェンジすれば....。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1958 8.29 マイケル・ジョゼフ・ジャクソン、キャサリンとジョー・ジャクソンの7番目の子として生まれる。

1963    学校(幼稚園?)の劇団に入り、サウンドオブミュージックから ”クライムエヴリマウンテン”をアカペラで歌い 教師や母親を感動で涙させる。この時5歳、マイケルがひとまえで歌ったはじめだった。ほどなく 兄ジャーメインに替わってジャクソン5のリードヴォーカルとなる。

1967    ジャクソン5 アマチュア・タレント・ショウで優勝、はじめてプロとしてアポロ劇場に出演する。

1968    モータウンレコードと契約。

1970 1  初のアルバム”ダイアナ・ロス・プレゼンツ・ジャクソン5”がポップスチャート、ブラックチャートでともに一位となる。

1970 10  初の全米ツアー コンサート中 十代の少女たちが気を失う。ロック時代の歌手としてはじめて シングル4枚が連続ナンバーワンヒットとなる。マイケルの卓越した歌唱力が大きかった。

1972    初の世界ツアー。初のソロアルバム ”ガット トゥ ビーゼア”リリース。ソロ・シングル ”ベン”で一位 ゴールデン・グローブ賞受賞。ジャクソン5、ビートルズの記録を抜きイギリス・リヴァプール・エンパイアの大入り新記録をつくる。

1976    契約満了により CBS/エピックに移籍 創作的自由を得る。映画 ”ウィズ”(オズの魔法使い)にかかし役として出演。この映画出演はマイケルに大きな影響を与えた。クインシー・ジョーンズとの運命的出会いもあった。

1979    クインシー・ジョーンズプロデュース "オフ ザ ウォール"リリース、音楽業界の記録を塗り替える。マイケルと父との契約満了。

1980   ”オフザウォール”がグラミー賞・最優秀アルバム賞をとれなかったこと、自分の音楽がR&Bソウル部門に限定されたことに失望、授賞式をボイコット。

1983   ”スリラー” 世界中で130のゴールドとプラチナデスクを獲得、音楽業界の記録を塗り替える。"ビリージーン"ではじめてムーンウォークを披露 全米を熱狂させる。スリラーのビデオ公開。その斬新な映像はPVの歴史を変え、全世界で100万本以上販売され、史上もっとも売れたビデオとなる。   

    1983年はまさにマイケル・ジャクソンの年でした。しかしそのためにマイケルは失われた少年時代という贄を捧げなければならず、またすでにその後マイケルを苦しめることになるトラブルがいくつも影のように兆していたのです。

   マイケルはジャクソン5として兄4人と共にデビューし、瞬く間にスターダムを駆け上ったのですが、そのウラには父親の虐待的なレッスンがあったと、後にインタビューで語っています。少しでも間違えると、ベルト等で殴りつける、この恐怖で兄弟達はいつも緊張していたそうです。マイケルには特に厳しく、同じ年頃の友だちと遊ぶことも許されず友達は一歳年下の弟だけだったそうです。父親の気配を察しただけで失神したり吐いてしまったそうです。


   マイケルがその才能を開花させ、世界に大きな影響を与えようとしていたまさにそのとき 生涯をとおして苦しむことになる十字架が用意されていました。それはまず二つの病としてあらわれました。そのひとつは尋常性白斑でした。尋常性白斑(vitiligo)は、後天的に全身の皮膚の色素の一部が脱色する病気です。免疫疾患といわれています。



白斑・色素異常は→コチラ

マイケルの尋常性白斑は→コチラ

   マイケルは白斑が出始めた頃は黒いファンデーションを塗って隠していましたが、次第に白斑の部分が増えてきて 白いファンデーションを塗るようになったようです。そればかりでなく マイケルはやはり免疫疾患である全身性エリテマトーデスという病にも罹かっていました。


  全身性エリテマトーデスについては→コチラ

マイケルの尋常性白斑とエリテマトーデスは→コチラ

   全身性エリテマトーデスでは頬に蝶のかたちの紅班があらわれます。スリラーの頃にははっきりと紅班が見て取れます。患者の90%に関節痛があらわれ、頭痛 腎臓など多臓器に問題が及びます。その痛みのなかでマイケルはあのように激しい踊りをしていたのでした。人魚姫のように痛みをクスリで抑えながら踊っていたのでしょうか。

   また 円板状エリテマトーデスについてこのように書かれています。

各種の皮膚変化が生じることがある。皮膚病変は紅斑に始まり,萎縮性瘢痕へと進行する。それらは,顔や,頭皮,耳のような皮膚の露光部に好発する。未治療の場合,病変は拡大し,中央が萎縮して瘢痕を生じる。広範な瘢痕化した脱毛がありうる。粘膜障害が,特に口によくみられる。

早期の治療により永久的な萎縮症を予防しうる。日光または紫外線への暴露は,最小限にすべきである(例,屋外では強力な日焼け止めを使用する)。局所用コルチコステロイドの軟膏など........

   白斑についてもこのように書かれています。

とくに肌の黒い患者に美容的醜状を呈する。
色素脱失を来した全ての部位は重症のサンバーンを生じがちなので,衣服またはサンスクリーンで防御しなければならない。

小さな散在性病変は化粧で隠してもよい。より広範に罹患している場合は,強力なコルチコステロイドの外用が必要であるが,周囲の正常皮膚に色素減少または萎縮の生じることがある。........
安定して限局した病変をもつ患者で,薬剤による治療が無効であった場合は,外科的療法が最も適切である。外科的療法には,自家微小移植または吸引水疱移植,および刺青がある(後者は乳頭,口唇,指尖部など色素再生の困難な部位で特に有用である)。.......ときに大きな精神的苦痛を伴う。




    マイケルがいつも長袖であること、極端な白塗り 黒い傘 サングラスは奇行ではなくて病気の進行を抑えるためだったのです。白い肌に塗ることで化粧も変わらざるを得なかったでしょうし 唇の色素が無くなることから唇へのタトゥも外科的治療の一環であることがわかります。

    1994年の冤罪裁判でマイケルの尋常性白斑とエリテマトーデスの1984年の診断書が提出されたそうです。マイケルは自分の病気について隠すことなく語ってきました。それなのになぜメディアはマイケルの病気のことを伝えなかったのでしょう。白くなるために肌を漂白しているなどと悪意のある報道をし、笑いモノにしたのでしょう。

    日本でも一部のひとたちはそうでした。わたしはフジテレビの番組と小倉氏 外人タレントの デイブなんとかがマイケルをさんざんバカにしたのを忘れません。愚かなひとたちを相手にしても仕方がないけれど できるだけ多くのひとに真実を知ってほしいと願っています。




年賦は マイケル・ジャクソン全記録を参考にしました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




    車の車検や修理をお願いしている自動車修理工場の社長さんが朝 亡くなりました。8:42に亡くなって そのすぐあと 夫に息子さんからTELがきたのだそうです。

    午後 白百合と水色のデルフィニウムとかすみ草の花束を抱え お悔やみにまいりました。枕花にしていただきたかったのです。奥さまは泣きはらした目をして それでも気丈に事務机に向かっていました。案内されてお別れしました。やすらかな眠っているようなお顔でした。

    ジョークの耐えない方でした。いつも朴訥であたたかく.....よくカギを失くすわたしのために 車のカギを6本つくってくれました。「おくさんはみんな失くしちゃうからなぁ 1本あづかっておくよ」.......結局 わたしは社長にあづけた1本を残して全部失くしてしまいました。そのカギがなかったらドアを取り替えるところでした。エンジンがかからなくなって困ったとき 夜遅くても嫌な顔ひとつせずきてくれました。

    一年前 脳梗塞で倒れてからリハビリを続けていたのです。それが一昨日の夜倒れて 病院に運ばれたものの そのまま帰らぬひとになりました。わたしは嗚咽を抑えることができなくて 子どものように泣きました。奥さんと息子さんも泣きました。......

    けれど 愛惜の念だけではなかった.......いつかくるであろう夫との別れを思って身につまされたところもどこかにあったように思うのです。子どもみたいわがままなところもあった社長をたすけ 会社を支えていた奥さまの心情が無性に切なかった......わたしもなんとか夫を見送るまでがんばりたいと思いました。社長と夫はおなじ病でありました。そしてことばとまなざしと笑顔でまわりを明るくするところも似ていたのです。

    ほんとうにおつかれさまでした。どうか やすらかにおやすみください.......わたしは社長がエレキギターの名手だったなんて知らなかった.......もっとお話したかった。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   マイケル・ジャクソンについてほんとうのことを書こうと思ったのですが、なかなか書けませんでした。あまりに書くことがあってそのうえ マイケルのことからメディアやイスラエルについての真実 日本人のルーツと果たすべき役わりまで考えがひろがっていって収集がつかなくなっていたのです。

   土曜日 図書館のおはなし会で”クリスマスの鐘”を語ったあと、Yさんの形見にご本をたくさんいただき 日曜の朝 アマゾンから二箱 本が届きました。......そんなこんなで土曜の夜から月曜の明け方まで本を読み続けました。

   ペロー童話集 イギリス民話集 ビクトリア朝妖精物語 酒呑童子異聞 だれがいばら姫を起したのか 少女浮遊 おとぎ話における悪 おとぎ話における影 光と影のファンタジー論 夢と昔話の深層心理 マスノさんの語り マイケルジャクソン全記録 素顔のマイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン裁判記録、マイケル総特集 マイケル・ジャクソン1958-2009 ほか

   おなじものがたり、たとえば赤頭巾ちゃん やシンデレラやそのほかについてさまざまな解釈のものを何通りも読んだことになります。ものがたりについて考えさせられました。ペローやグリムによって採取されたものがたりは書く者のフィルターを通すことによって意識的、無意識的に変えられます。また権力者におもねることで意図的に変えられます。研究者、たとえばユング派の目をとおすことによって思わぬ分析と判断がされてゆきます。おなじユング派でも相当ちがうのです。どの時代のどの再話をどのようなコンセプトで語るか.....それは語り手の自由な裁量ですが 安易に手にとるだけでなく 原典にできるだけちかづく(グリムでしたら初版) 少なくとも確認はする.....このことは語り手の良心ではないかと思うのです。......そのあとそのまま語るにしても”今”にあわせて再話するも 他のテキストで語るにしても。


    一方 現代においてメディアは最大の語り部です。それも聴き手とのやりとりなしの一方的な語り手。これもまた意識的にフィルターを通しエピソードをえらびことばを選んで 聴き手たる大衆を動かしてゆく 中世や近世より大規模に狡猾になされる扇動.......

    マイケルの人生で最大の苦痛となった児童虐待事件、マイケルの裁判記録はかつて、自らもマイケルを貶め 有罪にしようとしていたジャーナリストのひとりが自らの傍聴メモと裁判記録の謄本150人余の証人の尋問記録から書きおこしたものでした。 マイケルの弟が探してきた弁護士のメゼロウは今までのマスコミに名を売り込みたい弁護士たちとは違っていました。

    依頼人の人間性を見、事件を客観的に見ることで 依頼人の無実を確信し .....いったいなにが目的でここまでと思わせるような執拗な検察と戦い 証人たちから真実を引き出してゆきます。判決の日 マイケル・ジャクソンに科せられた14の罪状について陪審員はそのすべてに無罪を言い渡しました。

    マスコミが躍起となって報道したような証拠不充分という灰色の勝利ではない純白の勝利でした。(わたしも恥ずかしいことに灰色だと思っていました)マイケルの勝訴でメディアは得べかりし巨大な利益を失ったといいます。裁判のあいだじゅう サンタモニカの裁判所に集まって裁判を見守ったファンたちは メディアを批判するとともにマイケルを陥れようとした黒幕はソニーだと信じていて.......わたしは それがかなりショックでした。ソニーの創業者盛田とマイケルの友情について想いをはせるととても悲しい.......。

    マイケル・ジャクソンの事件に限らず メディアはときに嘘つきの語り手です。権力におもねり、権力のために情報をながし 自らの利益のためにセンセーショナルにことばを投げかけます。9.11然り 地球温暖化然り また口を閉ざすことで知らせないことで、もっと大きなウソをついています。その大嘘に抗して 真実を地道にさがしてゆくこと まわりに広げてゆくこと それから昔から変わらないたいせつなことをつたえてゆくことが わたしたちのようなちいさなほんものの語り手の役目なのだと思うのです。

    今日から 4.5回のシリーズになります。怒りとかなしみで波立ってしまうかもしれませんが できるだけ 透明な柱を立てたいと思います。静謐を保つには食べ物と食べ物のとり方 身体のケア 心の平安がたいせつなんだとしみじみ思います。今日 一日断食をしてみようと思います。マイケルも週に一度 断食をしていたらしいですよ。......安全なやり方をそのうちご紹介したいと思いますが あまりムリはなさらないでください。実は9日目 先々週の土曜日 肋骨にひびが入ってしまいました。明け方の急なねじりの運動のせいですが、骨ももろくなっていたのかもしれません。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


氷雨  


     12月の雨はわびしいように思います。冷たい雨のなかで働いている方もおられるでしょうね。どうぞお風邪をひかないように あたたかくなさってください。

     暖房のきいたお部屋でお過ごしの方もおられましょうし 電気代がかからないように毛布をかぶって寒さをしのいでいらっしゃる方もおられるでしょう。心のなかはほっかりとお過ごしくださいますように。


     あとすこしで2009年も終わりです。いろいろなことがありましたね。政権交代というプチ革命.....それがわたしたちの国に わたしたちの暮らしにどんな変化をもたらすか......いずれ明らかになるでしょう。国民のチェンジへの思いが政権交代につながったように わたしたちの気持ちや行動は社会の変化にうねりをあたえます。

     けれども、ほんとうの”チェンジ”は革命は たぶんわたしたちの心のなかで起きてゆくものなのです。きたるべき2010年とそれにつづく年はわたしたちに大きな変化を促さずにはおかないでしょう。好むと好まざるとにかぎらず心身を鍛えずにはおかないでしょう。恐れずにチェンジしましょう。答はあなたのなかにあって扉が開かれるのを待っています。

     マイケルのこと、なかなか書けませんが 今夜あたり書けるかな......ほら、こうしてこのブログに書くことでわたしは力をもらっています。仕事もがんばることができます。みなさま ありがとうございます。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




........デンマークで今、気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開かれていますね。その直前 国連の温暖化に関する報告書作成にかかわった英イーストアングリア大のコンピューターに何者かが侵入、研究者の電子メールやファイルを大量に盗みネット上で公開しました。

    公開されたデータの中には、フィル・ジョーンズ同大教授が、気温の低下傾向を隠すため「トリックを終えた」と米国の研究者に送信したメールなどが含まれていて、アメリカのメディアはニクソン大統領が辞任した「ウォーターゲート」事件になぞらえ「クライメート(気候)ゲート」と呼んでいるそうです。

    読売記事は→コチラ

    地球温暖化CO2原因説はご存知のようにアメリカのアル・ゴアさんが”不都合な真実”を書き、映画化されたことから 全世界にひろまり人々の脳裏に刷り込まれてしまいました。ひとびとに日ごろの自分たちの生活が地球環境に影響を与えると気づかせたのはよいことでした。しかし一方でCO2地球温暖化説は巨額な経済活動を生み出しました。アルゴアさんは知名度をあげただけでなくノーベル賞をもらっただけでなく、自らの原子力関連企業で巨額の利益を得ました。そのアル・ゴアさんがCO2説には科学的根拠がないと告白したことは先日のブログでお伝えしましたね。


    みなさまにもっとお伝えしたいことがあります。心強いことに日本には優れた学者が大勢います。逆風のなかで当初から科学的根拠をあげて 地球が実は温暖化でなく寒冷化に向かっているのだと説明してきた学者が幾人もおられるのです。今日はそのなかから槌田先生の書かれたものをご紹介します。素人にもわかりやすく 経済問題まで含めて語られている優れた論文です。

    
    CO2温暖化脅威説は世紀の暴論は→コチラ

    このなかで槌田先生は

1 温暖化がCO2増加に先行していること。

2 実は地球は寒冷化に向かっていること。
 (光合成は15℃以下では起きない=食料の危機)

3 原子力発電は実はCO2を削減しないこと。

4 CO2よりも大気の汚染が寒冷化を加速すること。

5 森林の伐採と農地の減少が人類にとって大きな危機を招くこと。


などを述べておられます。温暖化か寒冷化か結果はいずれ”時が”証明するでしょう。 みなさまはどう思われますか? わたしは最初アル・ゴア説を信じていました。そして幼稚園でそれを元にした”ものがたり”地球防衛隊になろうよ....で自ら子どもたちそしておかあさんに刷り込んでしまいました。電気をむだにしないこと、地球のことを考えること はわるいことではありませんが それでも語り手として良心が痛むのです。語り手はものがたりという虚構をとおして ”真実”を語るものなのですから。

    ......そして、このことからも、わたしたちが地球の未来やわたしたちの家族の未来のためにする判断をマスコミにゆだねるのは極めて危険だと感じました。

    槌田先生も触れられていますが、まだ記憶に残る フロンガス問題 オゾンホールに穴があくといって大騒ぎになったあの事件も真実とは遠いものであったようです。動機はビジネス お金 代替フロンを売るためのプロパガンダといわれています。そのこともいつかご紹介できるかもしれません。


   ......でも一番よいのは あなたの手でお調べになること。真実は隠されていても 必ずどこかで見つけることができます。それを見極めるのはあなた自身の目 心 感覚です。




    

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




.........ブーツを脱いで靴下裸足で駅の階段を構内を走った。肝心の携帯を車に忘れてとりにいってのていたらく.......こちらが堂々としていれば見るひともなく驚くひともいない。日本人の感覚が熟成したのか、ひとのことはどうでもよくなったのか.........電車にはブーツを履いて乗ることができました。


    重めの皮のバッグを抱えて人身事故の影響で混んでいる車内に立っていると........わたしはいったいなにをしているのだろう.....児戯にも等しいことを......という考えがあたまを過ぎります。上野駅に着くと特急券を買って 11時発のスーパーひたちに飛び乗りました。


    水戸に着いて ホームに下りたそのすぐそばに彼のひとは立っていました。間違ってはいない.......という確信がわきました。常磐線に乗り換えて十王駅に。そしてタクシーで鵜の岬、伊師ヶ浜に.........。

    流れ着いた板をベンチ代わりに用意してくれたので ふたりで砂浜で打ち寄せる波を眺めていました。青い空には雲ひとつ 染みひとつなく 空気は澄んで 日差しは極めて細かい粒子を含み 波にあらわれまるみをおびた白い貝がらが風に光っています。


    時間がさらさらと砂時計の砂のようにゆきつ戻りつし、”時”がちかづきます。.......どうしようと一瞬所在ない想いにゆれましたが、岩陰に向かってあるきました。濡れた砂地 波に洗われ穿たれた岩棚に蜜蝋のろうそくをおきマッチで火を燈すとそこは祈り場 神殿となります。香油を用意しました。

    語りの器となるときのように わたしは震えるのだろうと思っていました。鳥が舞い降りるようになにかがわたしをとらえるのかと思っていました。けれども それはすきまなくそのままふわりとわたしを包むのでした。自分の声でありながらそうでない声が静かに響きました。けれども 今まで幾度となく祈ってきて このときほど無私に純粋に深く祈ったことはありませんでした。

    澄み透った哀しみのようなそれとも至福のような、身の切れるさみしさのような....ろうそくを捧げ持っていた数十秒の永遠......は長いこと忘れないでしょう。わたしはすこしのあいだ かつていたところに 永遠に 光につながっていたのでした。魂のゆく道を垣間見たのでした。左の目から涙が流れて頬を濡らしました。

    思えば夢のように過ぎた半月、目の前に置かれたものをつかみ 直観に従い無我夢中で課題をしてきたように思います。潔斎の時間のなかで怒りとか欲望とかさまざまな感情が噴出したときもありました。夢の成就もありましたし、これから残りの時間を大きく変えるような発見もありました。

    わたしは不思議に思うのです。自分が目的だったらできようはずもないことが だれかのために身を削りなにかをしようとしたとき、そのことが叶うと同時に、思いもかけないかたちで自分の扉も開いてしまう。天というものは”自分を棄てる ひとのために尽くすこと”を好ましく思われるのかもしれません。

    つながるためになぜ潔斎が必要なのかといえば、高次のエネルギー(と仮にいいます)をとおりやすくするため、身体から心からできるだけ余分なもの、とおりにくいものを抜くということなのだと思います。また なにかを捧げるという意味もあるのかもしれません。ウツワとは空つ輪......高次のエメルギーはかるい、精妙です。それはわたしが今まで行ったパワースポットのエネルギーとは違うものでした。また 語りのときに降りてくるものとも違うものでした。

    このような ”つなぎ手”となるのは これきりでしょうか、それともいつかまた、あるのでしょうか。夢に似た時間は終わりました。わたしはこれにて日常に戻ることにいたします。.......それとも どうなのでしょうね。天の意(こころ)に乗るとは 祈りとは 日常においても つながっていることなのでしょうか。.......できるだけ無私 無我のうつわでいることなのでしょうか。


    .........こんなことをお聴きになるなんて思わなかったでしょう? あしたから”ふつう”になりますから またおいでくださいね。











    

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




.........図書ボランティア人手不足とあって、読み聞かせをかって出ました。市主宰の読み聞かせ講座で実技をして以来7年ぶり、子どもたちの前ではおそらく9年ぶりでしょう。語りをはじめて10年、わたしは読み聞かせをすることはなかったのでした。

    3年生への読み聞かせは「じごくのそうべい」みなさまご存知の上方落語を題材にした名作絵本です。椅子に坐ってページをひらいたとき、おぉ 右のかかとから下ががくがく震えるではありませんか。

    .....とざいとうざーーい かるわざしのそぅべぃ いっせいちだいの かるわざでござぁーい いょっ べべンベンベン♪

    悲しいことにページが思うように繰れなくて四苦八苦 ひさしぶりに心臓もうち震えました。廊下では見学のおかあさんがあっちにいったりこっちにいったり.......すごかった 声に度肝を抜かれた とのことでしたが、そんなおおきな声でしたでしょうか。あんなふうに読めばいいんだ...と思いました。いいぇ いいぇ あんなふうにもどんなふうにも 読み手のあなたが読みたいように伝えたいように読めばいいのです。


読み聞かせをするおかあさんってすごいなぁと思います。本のまんなかへんは光って見えないし 子どもたちのお顔を確認しながらでしょう? 語りのほうがずっとずっと楽です。ものがたりに集中 子どもたちに集中 それは呼吸のようなものだから..........

    こんど 機会がいただけて 読み聞かせができたなら しめやかな 抑えたものがたりが読んでみたいなぁと思いました。



    さて 今日はまるでわたしの覚悟を試すように いろいろなことが起こりました。微笑みとことばとまなざしで周りを癒そう....と誓ったばかりというのにわたしのまなざしにもことばにも微笑みはありませんでした。 わたしは怒り そのことを伝え 打てる手はみな打ちました。起こったこと、あらわになったことは、わたしを試すためでなく これから起こり得る危機を回避するために必要なことだったのでは、と気づいたのは夜のこと。


    わたしは駅に向かって走りました。あしたのためにどうしても必要なものがあったからです。電車の音、階段を駆け下りながら ちいさい声で「待って、待って お願いだから すこし待って」と叫ぶと ドア近くにいた男のひとが身体で扉が閉まるのを防いでくれたのです。


    日本人だけど日本人ではないようなひとでした。わたしはお礼を言いました。この電車に乗らないとデパートの閉店に間に合わない、いいえ この電車に乗っても間に合わないかもしれない......「.......どうか御心にあうなら まにあわせてください、御心に合わないなら わたしのうちに邪まなものがあるなら間に合わせないでください」

    すべて揃いました。一切をおまかせします。






コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




.......きのうは朗読ワークショップの自主公演に行くやくそくをかっての仲間としていたのですが、行きませんでした。家族のなかにちょっとした問題がいくつかあったからです。娘たちと鳥小屋に行きました。鳥小屋....というのは夫の隠れ家なんです。うさぎやうこっけいや小鳥や犬たちがいます。

   わたしたちと出かけない休日は夫は鳥小屋で過ごします。娘たちはテトとミト....今年生まれ棄てられていた子犬もすっかり大きくなりました.....を散歩に連れていきました。うちのシーズー ケヴィンは鳥たちを脅かして 一羽屋根の上に逃がしてしまいました。

   それから娘たちとわたしは買い物とドライブに行きました。とちゅう 人っ子ひとりいない公園で遊びました。その公園は夫が働き盛りのころ まだ幼かった子どもたちとわたしを連れてきてくれた懐かしい公園でした。

   枯れ葉がかさこそ 午後の日差しをあびて芝生の上に重なっていました。わたしはすこしのあいだ 芝生に寝そべって背中のうえの高い空とからだのしたの大地を感じていました。..それから....起き上がると.....

   「ケヴィン おいで!」走りました。.......あーーーーーと空に向かって叫びながら......。みなさん 覚えていらっしゃいますか? わたしの夢..のひとつ....それは犬と全力疾走で走ること。....シーズーの全力疾走よりちと落ちる走りではありましたが、わたしは走っていました。.......夢は叶ったのです。

   それはふつうのひとにはささいな夢ですが、数年前の5分立てなかったわたしにとっては、大それた夢 遠い遠い夢でした。...夢と言うのは不思議です。思いもかけない叶い方をする、そしてそれは思っていたのといつも少し違う.....わたしはこみあげてくるものを飲み込みながらうつむきました。つぎの夢は........家族をしあわせにすること。

    .......しあわせってなんでしょう。なぜ、ここにいるのか知ること。そして自分の役目を果たしてゆくこと......とわたしは考えます。今 子どもたちを見ていると それもまた遠い叶わぬ夢のように思われます。子どもたちがそれぞれひととしての使命を自覚するまで わたしには時間が足りないかもしれない。

    それでも わたしは全力を尽くそう。.......そして次は。........道の駅で新鮮な地場の野菜やら果物を買いました。サンドウィッチもかごに入れました。利根川の土手にあがって沈みゆくオレンジ色の夕陽をながめながら娘とサンドウィッチを食べました。南西に富士が北東に筑波が、そしてあいだに浅間のはるかな菫色のシルエット......四方八方 どこまでも 大空がひろがっています。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ