遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



      阿寒湖   ここは楽土でした。

はじめて会ったのにこころつうじあう友人たちがいた。えにしあるひとたち マキストーブの火   山の気  こどもたち。わたしはじぶんが役にたつこと を知った。

それは しあわせなことです。シマフクロウのようになろうと思いました。

楽土にいてさえ  ひとは 悩むのだということも知った。知識があってもスピリチュアルであっても。わたしはひとの悩みの根源を悟るチカラを知った。

 

山に向かった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

ごめんなさいね アイパッドでUPするのは むつかしい。

 
 昨夜泊まった 厚岸から霧多布岬   北太平洋ラインを走り 風蓮湖……
  
荒寥   寂ばく   濃淡のグレイ  海も空も大地も   霧多布の風景は身にimage.jpeg

 image.jpeg

   image.jpeg
染みました。海岸線  原野   道路の前も後ろも誰もいない 車と
わたしだけ……  自分の中へ旅しているようでした。
それから日本國の最東端       納沙布岬    に向かった。

image.jpeg

image.jpeg
    ほんとうに北方領土って すぐそばに見える。ロシアは返すべきと
思います。でも 日本人とくにうようよさんたちは   その前に北方領土
を含め北海道が 和人がアイヌや 動物たちから奪ったものだということを
 考えなくてはいけない。

思ったより時間がかかり  時間は二時過ぎ。  えっ  165キロ これから走る …
阿寒湖まで……気が遠くなりそうでした。
道内は80キロは常識、ビュンビュン飛ばす。そのくらい出せるけど
 車間  5mでピッタリくっついてくるのはやめてね。セクハラだ。

別海は  酪農地帯  どこまでもつづく 緑の牧場   ここから 北海道牛乳  
バター  チーズ がやってくる。 大規模な牧場  カフェ併設の……
整備された  絵みたいな……… よりちいさな牧場の佇まいが身に染みた。
  

道内で見た神社はコンクリート製、真っ赤や真っ白に塗られた鳥居
 お社も真っ赤だったりして、 ぎょっとするのだが  パワーはすごい
グイグイ
くる。  走っているうち    それなのになぜ   自然の底深い息吹
 エナジーを感じないのかと思った。
北海道は あたまではないか……   途端にうわっときた。体の芯を
貫くように。運転があぶない。わたしは慌てて 意識を閉じたけれど
つながったその感覚はしばらく残り    山が見えたときには 涙が
こみ上げた。  山から おおきなあたたかい懐かしい 氣……がきて
わたしをつつむ。

最後の30 キロはしんじられないことに山越え   真っ暗   たまさか
後から来る車は 煽る煽る   ……  ムリよ  はじめての山路  必死で
ハンドルを握った。  セブンがあった。 目的を果たす場所だった。


 
 

 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

わたしは9月8日 晩    娘とたびにでました。

夜行バスに乗って 金沢をめざしたのは、いつものように直感に従ったのです。金沢……石川県への旅は 毎回  運命を大きく変えるたびとなりました。

12年くらい前 わたしは金沢で開かれた RADAに参加しました。文学座の友人からその指導法の画期的なことを聴かされ 参加したのです。松たか子さんやイエロウズの山下晃彦さん  演劇倶楽部 座  で  壤さんの片腕だった方……も受けていた と聞いたのはずっとあとのことでした。

RADAのふたつの柱は スタニスラフスキーによるメソッドとアレクサンダーテクニークでした。じぶんとつながる すなわち 感覚 と身体 とmindの 一体化 をし なおかつ 外に向かってひらく それを可能にするための脱力です。

これはすごいことでした。 今でこそ スポーツ 芸術  あらゆる分野で  脱力の必要性が叫ばれていますが………当時は。

わたしはRADAで学んだことをテコに語りの指導に着手しました。また それとは別に 校長ニックさんの おっしゃった えんげきにおけるトランス状態 は 自分に起きていることをはじめて立証していただいたといういみで大きなことだったのです。

そして40年前  金沢で 出会ったことは  もっと 本源的なことでした。 具体的には 申し上げられませんが  わたしは 生き続けるために わたしのなかのもっとも瑞々しく やさしく やはらかな 蕊 をすてたのです。

語りを 教えることを やめ 自分のもとめる 本當  へ向かうために わたしには 金沢への旅が 必要でした。わたしは 真冬の月の公園に置いてきた   ワタシを今こそむかえにゆこう と思った……それが 9月8日になったのは  9月9日に 白山比神社で祭祀があり、そこでknobさんが イダキ 、デジュリドゥを献奏すると聞き 運命的なものを感じたからです。

朝 到着した時   金沢は雨もよいでした。県立美術館  休館   リュ ミュゼドゥ アッシュというカフェに入ったのも 今思えば  啓示のようなものでした。

午後   白山比じんじゃにご参拝し 突然 ご祈祷を受けようと思ったのも。

心願成就のご祈祷を受けた後   陽光が射し  あおぞらがひろがりました。奥山でその朝 土砂降りの中 knobさんたちはごしんじ ご神事をなさったそうです。

颱風18号は 伊勢から入り 白山市から抜けました。

夜の神ごと……

 

踊っているのは  瀬織津姫……

翌朝   私たちは  金剣神社参拝後   能登にむかいました。

 

里山海道の外海

40年前の  あの月の公園を探す旅でした。目当てのひとつ里山海道の終点 穴水を目指しましたが   穴水は 小さな集落   城趾公園など ありそうもないのです。

すると 道の駅で快活な若い女性が  それは 七尾 ではないかと教えてくれたのです。

わたしと娘は   内海沿いの細い国道を車をはしらせました。

 

七尾城は 前田利家が築いた 城です。わたしは石段を探した。駅から15 分 くらい歩いた記憶がある   雪を探していた。金沢で降り積もっていた雪は 温暖な七尾にはなかった。木々の影に隠れるように古びた石段……  上り詰めると  視界が広がり 月明かりに 白くゆきがのこっていた。…… ここでいい   と思った。

40年の年月を経て 木の幹は 太く 往年の面影を探すのはむつかしかった。その時 遠く 汽笛が響いた。そうだ、あのときも…… 右側がひらけて がけのようになっていた。

ここだ、ここに違いない。

迎えにきたよ、ずいぶんと待たせたね 戻っておいで……  わたしは よびかけた…… 

けれども 気配は  なかった、 待ちきれずにわたしの半身は かぜに飛んでしまったのか 樹に吸い込まれてしまったのか…… 消沈して 宿に向かう途中   娘が 車の中でなかば ひとりごとのように つぶやいた。

お母さん   お母さんの半分は ずっとお母さんのなかにいたんだよ    ひっそり隠れて まっていたんだよ

 

わたしは不覚にもなみだがこぼれた。

ごめんね    長いこと 忘れていて…… でも どうか わかって

わたしは やさしくてうす青い透明な あなたのままでは 生きてゆけなかった。

今なら 受け止められる  だから どうか かえってきて……

 

我ながら都合のいい身勝手な話だと思う。

ソンナワタシガ 信じられるかどうか わたしの半身は 待っているのではないか

もうひとつノワタシの信頼を受けられるようになったとき わたしは 統合をはたすことができる    ひたすら優しく そのうえ つよくなったとき。

まだ 旅は おわらない。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




何処までもつづく 湿原   原野  

あぁ  みんな アイヌの方々や動物たちから奪った

土地だ…… と思って 44号線を走っていたら

狩りをする  縄文のひとたちの姿が木々の間や草原

に見えるような気がした。

尾幌原野を過ぎて  厚岸へ……

なぜ   厚岸に来たかというと  牡蠣なのですが、

気がつくと  国泰寺…… 

 

 弔魂のことば

由来 厚岸は 美しい自然と資源に恵まれ

あなた方の楽土であった。然るに その後

進出した和人支配勢力の飽くなき我欲に

より 財宝を奪われ   加えて 過酷な労働の

ために   一命を失うものさえ少なくなかっ

たと聞く。けだし感無量である。

我らは今  先人に代わって 過去一切の非道

を深く  お詫びすると共に  その霊を慰めん

が為  心ある人びとと相代わり  東蝦夷発祥

のこの地にうら盆に 弔魂の碑を建てる。

   1977年8月15日

                  アイヌ民族弔魂碑建立委員会  

  

http://www.infosnow.ne.jp/~ho_uryu/

国泰寺も神社も荒れ果てていた。愛冠岬も

荒れ果てていた。

だが 神社に参拝させていただくと  そこには

たしかに  パワーが感じられる。それはいっ

たい何処からくるのだろう。もともと霊的な

スポット に神社は建てられるのだが   もともと

のアイヌの神々は どう思し召しておられるのだ

ろう。

 

文明とは殺戮の歴史である。 アメリカ カナダ

合わせて 5000万以上のインディアンが殺された

という記録もあるそうである。日本でも 大陸か

ら来た人たちによって  先住の蝦夷たちは次第

に 北に北に追いやられ  江戸幕府の蝦夷地開拓

 そして 明治政府が ことばを奪ったことで 抹殺

されようとしている。

 

原初の文明に現代の文明が 寄り添うことは可能

だろうか。わたしは それこそが  このどん詰まり

の現代文明の突破口 となり あたらしい文明の

あかつきになるような気がする。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

朝  釧路空港につきました。

 わかりますか。?   電線の下です。細いひとすじの線

 

釧路

 

 

厚岸



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

きのう 栃木 三依 の帰りに 茨城 益子の陶古で開かれている喜多さんの展示会に行きました。椅子を予約していたのです。作風がガラッと変わった気がして お尋ねしたら 明るくなりました?   と花のようにおっしゃった…… 電気の窯に替えたからかも……とも

 

そうか 陶芸とは 火と水と土と風の作用なんだ……とあらためて思いました。knobさんに小さな器をプレゼントすることにしました。

 霧降高原    茨城の山さと   いつも思うのは 日本という国のうつくしさです。

(安倍首相さま   うつくしい日本を穢さないでください。) 

 

今日は床絵美さんのご招待でコンサートに行きました。コンサートは 思いのほか 動かされました。不思議な世界観。

映像作家、ピアニスト、歌い手、兵庫の過疎地に住むという高木正勝さん………
リリカルでエモーショナルな演奏と反転した極彩色の映像がうねって波になって押寄せる   煌めくばかりの生命の 乱舞を  風が攫う  絶望、死、闇が浸食する………
里山の自然  いのちの祝ぎ歌 のなかにさえ死が垣間見える………
 
あんまりだとつい思ってしまい 泣きました。…そうよ……分かっているけど まるで
隠れてまちぶせているみたいだ…… 幸福な日常……鄙びた懐かしい昔どこにもあった風景  街中のワンシーン  子どもたちの笑顔……… いつだって生と死は…うら表…

エミちゃんは  実に堂々としていました。 時に見える覚束無ささえ 場をさらう、会場を支配する時もあった…… 場数を踏み 自信を摑んだら 押しも押されもしない縄文の歌姫になる。

わたしは自分の役目として  三年前の約束とおり 絵美ゃんに語りのてほどきに行こうと決め明日は羽田を発つのだけれど、それは これから檜舞台に立つであろう絵美ちゃんにも knobさんとのコラボで神語りに臨む わたしにも意味があるのだとおもいます。北海道は蝦夷の地   瀬織津姫の御袖に触れられたら……


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

きのう 栃木の山奥 三依地区に住む 義姉をたずねました。

ログハウスに避難と訊いたのです。

途中 道は崩れ 水は湧き あちこちに修復途中の場所がありました。

幸い 義姉の家は無事でしたが 湯西川? 流された木々が重なり合い大きな島のように浮かんでいました

山のあちこちで土砂崩れが見られました。

っpっp

道路は封鎖され 大きく迂回して 霧降高原を通って今市 

東北道 に でました。

 

水による 型示し?

火による型示しも起こるでしょう。 いや もう 起きている.....

文明が転換する このとき さまざまな 

ありえざること 一見 不幸に見えることが起こります。

気がつくときです。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

..... 栃木に行く途中 ひさしぶりに 目の覚めるような青い空 白い雲 

雲は日本海の雲のように うずまき 群れなし そらへ浮かんでいる

山のみどりは未だあざやかである ....わたしは そっと 感覚をひらいた

目くるめくような 陶酔 .... わたしは そら わたしは くも わたしは やま

 

帰りのパーキングエリア  紙コップいっぱいの水を持ち わたしは 植え込みの前に立っていた

からまるつたのなかに 点々 瑞々しい青 つゆくさ が 咲いている

感覚をひらく

つゆくさの根元に 水を そそぐ

瞬間  こみあげる 歓喜  感謝  わたしは つゆくさ 

 

もはや 語ることさえ いらない .....

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

⇒ こちら

以下抜粋

安倍政権が今国会で成立を目指す安全保障関連法案について、6月4日の衆院憲法審査会で憲法違反との認識を示した長谷部恭男・早稲田大学教授と、小林節・慶應義塾大学名誉教授が、15日に東京の日本外国特派員協会と日本記者クラブで会見し、集団的自衛権は明白な憲法違反であるとして、安倍政権の姿勢を強く批判した。

弁護士でもある小林氏は、法案が成立して施行された場合、他の弁護士らと弁護団を結成し、ただちに違憲性を問う訴訟を起こすために準備していることを明らかにした。長谷部氏も、憲法上「重大な欠陥を含む」として、与党に法案の撤回を求めた。

小林氏と長谷部氏の日本記者クラブでの講演内容は以下の通り。

「日本が第二の戦争経済破綻国になる」

憲法とは権力を持たない主権者、国民が権力担当者、すなわち政治家や公務員という、本来的に不完全な人間に課した制約です。しかし自民の勉強会に行くと毎回「どうして憲法は我々政治家だけを対象にしているのか」と非常に不愉快そうに言われる。「じゃあ一般国民は憲法守らなくていいのかよ」「やっぱりみんな守るんだ」と、自分たちが守らないといけないというところが抜けちゃう。そこで彼らの好きな権力者への「協力」という言葉が入ってくるわけです。権力者は「俺は真面目にやってるよ。おい、そこの非国民、協力が足りないな」となる。

憲法ってそういうものじゃない。ジョージ・ワシントンが王様を倒して、初めて民主国家をつくった時、それまで神の秩序を詐称していた王様と違い、初めて一般人が権力を持った以上、権力者特有の法規が必要だと憲法を作った。それから時間がたっているじゃないかとよく言われます。時間が経っても刑法、民法はなくならない。人間の本質は変わらないんです。こういうレベルの議論に付き合わされて、本当にイライラしておりました。

今問題になっているのは、権力者が従わざるを得ない憲法です。9条の1項は「国際紛争を解決する手段として」の戦争、すなわち1928年のパリ不戦条約以来の国際法上の慣用句として、侵略戦争のみ放棄していて、自衛戦争は放棄していない。もう一つの根拠は、自民党の大好きな砂川判決にも出てくるように、独立主権国家としてある以上、自然権(条文の不要な固有の権利)としての自衛権がある。これは9条があったって誰も否定はしない。しかし9条の2項で「交戦権を行使できない」と言われている。

軍隊というのは戦争に勝つことが最優先ですから、大量破壊、大量殺人など、普通に考えたら犯罪です。例外的に戦場でどさくさ紛れに強盗、強姦すると軍法で裁かれる。だから軍法会議という、大量殺人と大量破壊を問題にしない法廷が特別につくられる。だけど日本国憲法は76条2項で軍法会議も禁止している。つまり軍隊を持つことは許されていないんですよ。だから我が国の領域、領海の中で、警察や海保で担えないほどの力が襲ってきた場合、自衛隊が対応する。自衛隊は警察予備隊として発足しましたから、法的には第2警察なんです。ということは「専守防衛」と自然に出てくるじゃないですか。

我が国は憲法上、軍隊と称するものを出すことができない。海上自衛隊を外に出したら、交戦権はないし軍法会議はない。国際法的にはただの海賊です。捕まったら刑事処分を受けてしまう。当然の帰結として、我が国は海外へ兵隊を出せない。集団的自衛権というのは要するに、ヤクザ映画で見る、組同士の出入りで、傘下の組が四の五の言わずに馳せ参じる関係です。その瞬間から我が国の軍事組織が海の外に出て行くと憲法違反になる。だから専守防衛というがんじがらめの中で、我が国は他国防衛のために海外派兵を本質とする集団的自衛権はそもそも行使できない。

自民党の方々はよく「持っていて行使できないのはおかしい」と言いますね。全然おかしくない。国際法上、集団的自衛権があることは私も否定しません。だけど日本が行使しようとすると、日本の公務員、今は自衛隊が担当するしかない。任官の際に「日本国憲法以下の法令を遵守」と宣誓しているんですよ。だから憲法上行使できない。自民党の政治家とか、あとから賛成と表明した3人の有名な憲法学者もいましたが、論争が1年前に始まった時に超えている議論ですよね。バカの壁ってやつです。人間同士の論争は発展性があるが、壁との論争は発展性がない。辛いですよね。壁を蹴飛ばすか、こちらが狂うしかない。

新安保法制は、法的にも政治的にも経済的にも愚策です。歴史を見ると、戦がない時代がないのと同様に、終わらない戦もない。そういうときに争いを「止める男」が必要です。強くて両方ににらみがきく。まさに日本がそうじゃないですか。中東でもアメリカでも「気のいい人々」と思われている。その立場を維持すべきなのに、なんでアメリカ軍の二軍にならなきゃいけないんですか。その途端に日本はイスラム教グループの天敵に加わってしまって、ニューヨークやパリやマドリードで起きたテロが東京で起こると、むしろ真面目に考えたほうがいい。日本は第三者でいるべきだと思います。これは政治的な愚かさです。

⇒ こちら

そして 選挙

身の程を知らない 自民 公明 の安保法案賛成議員を全員 落選させる。

そのために 投票所ごとに 選挙 開票を 監視しよう。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 フジテレビは坂上忍さんを黙認するか NHKはうじきつよしさんをどうするか....

それ以上に心配なのは あれだけ 明確に 安保法案の意図を見抜き 安倍首相を糾弾した 山本太郎氏 と そして 自民党が邪魔だと感じているであろうシールズである。

http://lite-ra.com/2015/09/post-1510.html

身を持して つけこませず 身を守り スキャンダルに巻き込まれぬよう ご用心 ご用心....

 

http://lite-ra.com/2015/09/post-1506.html

「(安保法案は)ぼく、大反対なんですね」

 きょう、生放送の番組で突然、坂上忍がこのように発言した。きょう放送の『バイキング』(フジテレビ)でのことだ。昨日、石田純一が反対デモに参加して安保法案反対を訴えたことにつづき、坂上もついに声を上げたのだ。

「いまの世界情勢など見てると、必要なのかなって気にもなりがちなんだけど、日本も一時、戦争があったときに『お前ら金だけ出して何もやんないのか』って叩かれたときもあったし、でも、逆に言ったらいまだからこそ、武器持たないで憲法9条持ってりゃいいんじゃないの? だって、被爆国なんだから。被爆国にしかできないことあるわけで、いまだからこそ、武器持たない日本でいてほしいなっていうのが強い想いですかね。どちらかと言うと」

 

https://twitter.com/ujizo

『自由』

物言えぬ憂鬱  所詮パズルのピース時計の針は 錆びついた へし折れたまますべて意のままに 

潰されてたまるか 戦火なき 奇跡の歴史罪なき世代に バトンを 手渡せないまま曖昧なままじゃ 明日はもう来ない

手放すな自由 守り抜け自由 手放すな自由 守り抜け自由

 
  •  
     
     
     
    " data-follows-you="false" data-screen-name="ujizo" data-name="うじきつよし JICK" data-user-id="157157025" data-you-follow="false" data-you-block="false" data-has-cards="true">
     


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

栃木の温泉に行きました。フクシマ 飯館村の本家の当主である従弟が癌で余命いくばくもないことから 従弟たちが集まったのです。従弟を見たとたん 絶句しそうになるのをこらえるのがやっとでした。

髪は真っ白になり 目ばかり大きくて からだは半分になっていました。痛み止めのモルヒネはかかせないのでした。そしてその薄茶のガラスのような目はすでに地上のモノを見ている目ではありませんでした。夫も弟も影で涙ぐんでおりました。けれども その茨城の弟も甲状腺で医者にかかっているのです。義妹も目の奥がいたくて医者通いとのことでした。3.11との因果関係はわかりません。

でも 問題は病気ばかりではないようです。従弟の妻の話では 補償金のことで骨肉の争いになってしまった家は飯館で一軒二軒」ではないそうです。従弟の新築の家は 東電に建ててもらい もうすぐ引渡しだそうですが 命 健康 .... たいせつな何かは ひきかえに されて しまったのです。

わたしがみなで集まることを従弟の息子に提案し この会はひらかれたのです。....というのも 一昨年春 当の従弟が夫のために親族に声をかけてくれたことから 夫は不遇な子ども時代 おなじ家でせわになった ねえちゃんふたりと 再会し それがきっかけとなって生きる意欲をとり戻したのでした。ひとはひとりでは生きられない。 和やかな会でした。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

憲法を知らず 学ぼうとしなくても国会議員にはなれる

発言に責任を持たなくても国会議員にはなれる の見本が 女性だとは...

 

これからが スタート 国民のみなさまの理解をいただかなくてはならない 。

国民の皆様の声を聞く事こそが自民党の基本。

 http://ameblo.jp/juncomihara/

 

って いったい なんでしょう??

大事な大事な 憲法を正式な手続きもしないで勝手にいじる 

そのことに 国民の大多数が危惧を持っているのだから

まず国民のみなさんの理解をいただくのが先でしょう???

 

国民のみなさまの 意見なんて聞いてない 公聴会はひらいただけで 議事録にも載ってない。

自由民主党は 国民など見ようともしない 声を聴くフリだけ......

自由も 民主主義 も死んだ。 自由民主党と名乗る資格はない。

あなたにも 野党議員をあしざまにののしる 資格は ない。

 

子宮頸がんワクチン 勧奨 とくとくとのべていましたね。

たくさんの被害者がいる  被害者の少女たちに あなたは どう 臨んだのか.....

勧奨するまでに すこしでも 勉強したのか....

すでに あのとき 多くの事例が出ていたではないか ....

国会議員として あまりに不見識だった。

こんども 同じだ 歴史を学びましたか? 満州事変がなぜ起きたか?

憲法を学びましたか? 民主主義 立憲主義 を 知っていますか?

 

太郎さんは 少なくとも あなたより ずっと 勉強しています。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

振り返って観れば わたしが尊敬する方とは 言行一致の方でした。

愛や優しさをストーリーテラーや語り部は語るけれど  行動に真実の優しさや愛が無ければ そのものがたりは聴くひとの魂に響かないとわたしは感じるのです。

ブログをいくら書いたところで 読んだところで 行動に変化が無ければ なんの意味が有るだろうとも思います。思索と行動は補完しあい気づきとなります。遅々とした歩みであっても わたしはひとりの人間の、語り部の行動と気づきをこのブログに記録し 同じように人生を歩いているひとと共有したいと考えるようになりました。

ですから ブログが滞っているとき、更新されないときは わたしが 必死こいて 行動しているときなのだと ご承知ください。 

石川県の旅で気付いたことのひとつ、 それは 食べること  着ること 住むこと 一切が 命の交流であるということでした。食べるとき わたしたちは 食べものの生命、つまり情報 を体内に取り込む エネルギーともいいますが ことばを替えれば 霊も取り込む。

添加物は言わずもがな、豊かな生命を育むために よい食べものを食べることの必要性はここから生じ  ですから わたしたちは (動物や植物の生命を)いただきます……と感謝を捧げるのでしょう。衣も同様です。

化繊より天然繊維の方が心地良いのは 生命の交流がそこにあるから ……手織りであったり手づくりであったり ことに愛をこめて織ったり縫ったりしたものであるならそれらの衣類は着るひとを愛でつつみ守ることでしょう。…… わたしは麻を着るのが常になりました。

木や漆喰 またその他の自然の素材でつくられた空間は心地よいものですが、そこに住んだり 集ったりした人たちの情報もそこに残っている……土地の情報もある 良い空間とはそれらの相乗したものです。

語りもまた聴き手 その場所と語り手の生命の 霊的な交流です。たまさか そこにある何かが訪れる…… 独りでなく孤ではなく 大いなるものにつつまれ祝福された 一瞬 永遠がある。その一瞬のためにわたしは語っているのかもしれない。名誉や賞賛のためでなく。

 

食 衣   そのほか 自身の生命を豊かに清らかに保つために まだまだ 努力できることがあります。たのしみながら わたし自身を鍛え 磨いてゆきたい。

 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 

民を死なせる政党、 国を冥くする政党は要らない。

国会議員・ 公務員には憲法の遵守義務が義務がある。

これは憲法に明文化されている。

安保法案について 憲法を無視した今回の決め方は 違憲であると ほぼ100%の法曹界の

方々が確信を持って断言している。首相自らが 憲法 を破るという ありえへんことが この国で起きている。

それなのに メディアは沈黙? 宗教界は?

糾すべき議員たちは そこそこ2,3年の議員生活 バッジ ただで乗れる新幹線 グリーン車多額の歳費 惜しさに 国民の代表であることを忘れた。

 

たった18%の支持しか得てない自民公明の議員たちは  議員としての本分も誇りも忘れた。

そして 阿倍首相 あなたは 国民など ちっともみてはいなかった。オバマとの約束があなたを縛っていた。さぞや ホッとしたことだろう。さんざん脅されていただろうから。

あなたは国民を騙した。公約にはアベノミクスはあっても安保法案もTPPもない。

あなたは小泉元首相を凌ぐ売国政治家となった。

 

さて これから あなたは 国民を 何処に 導いてゆこうというのか……

傷みも感じず  この国の神々への畏れもなく。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

歴史とはときに皮肉である。一昨日 国会前行動で どなただったか 1931年 9月18日 のちに太平洋戦争につながる柳条湖事件 … 関東軍が南満州鉄道を爆破… 中国では9・18事件が起こされたとおっしゃっていました。

満州国の最高責任者は昭和の妖怪と呼ばれた 安倍晋三の祖父 岸信介でした。岸は関東軍をうまく操っていました。、満州国建国は侵略ではないと 今更 いう方もいますが、戦後 故逸見アナウンサーのインタビューに答えて 岸自らが あれは侵略だと認めています。

今年2015年正月 天皇陛下は 満州について言及されました。

yojiarata.exblog.jp/20271629
 
首相は中国を仮想敵国として 安保法案をあてがうように 右翼の方たちに思わせ 支持を得ようと狙っているようにみ受けられますが  祖父の過ちにより 数十万の同胞が苦しみ 太平洋戦争につながり 日本が アメリカの属国に甘んじるきっかけをつくったことに対して 首相は痛痒も感じず 何も学んでいないのでしょうか。歴史から学ばない者は滅びる……と言われます。

後年  2015年9月18日が 9・18事変と呼ばれることのないように 私たちは 行動
しなければと思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ