遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 




一昔前は トンネルを抜けると 目の覚めるような 真っ青な空がひろがっていたのだった。
だが 今 埼玉より 群馬より 佐久 上田の空は 白くすすけて見える。 小布施に向かう・....と 須坂あたりから 空は昔の青を取り戻す。くっきりと白い雲

小布施観光のポイントは駐車場。北斎記念館の前にとめるのがベストかと。3時間400円なり
北斎記念館だけだと チケットは1000円 +高井鴻山記念館 +中島千夏 セット料金 1800円のところ 1300円

北斎記念館 9:00開館を待つ。
北斎漫画特集 食べ物 道具 動物 植物 精密 軽妙 洒脱 達者 生き生きと呼吸し 時を越え そこにあるかのよう
写実とデフォルメの時代が交互にくる

富士越龍図に息を呑む 描きたい 描きたい と 叫ぶかのごとし。



最終展示 男浪 女浪 いや 女浪に 魅せられ引き寄せられる
この感じ 昔 フェルメール 青いターバンの少女を新聞広告の粗い写真で見て 大阪天王寺美術館に走ったときのよう
20分 絵の前で 魂を奪われ 立ち尽くした。
画家が 魂を傾けた絵には 魔力がやどる。

女浪は 北斎娘 お栄 葛飾応為が 手がけたのではなかったか。


左が女浪

家に戻って調べると NHKドラマ 眩 でお栄と北斎が語られたという。
93回の引越しは 北斎 お栄 ともども 片づけができなかったからだという。
それだけは わたしもおなじだ。

越龍図は 北斎最晩年90歳 100日のあいだに 現存するだけで 10幅 落款がある作品が残る という。
北斎の絵が神がかってきたのは お栄が離縁され 父の元に戻った70歳以降のこと
越龍図の幾枚かはお栄が手がけたのではなかったか



お栄の作品のひとつ


メナード博物館にあるという。この絵の前に立ったとき なにかがはっきりするだろう。

鴻山は江戸時代の豪商 北斎のパトロン?のひとり
鴻山記念館は 200年前の日本家屋 用の美 風がふきぬける 緑に染まる 座敷に寝そべってみる 愛用の火鉢を抱いてみる

中島千波 桜 桜

竹風館 ランチ 栗おこわ 美味
えんとつ ランチに勝る値段 1500円のモンブランと飲み物セットは 土日 予約したほうが無難。
これでもか これでもかという 山盛りモンブラン 栗の味は 濃厚なれど 繊細さ ハーモニーは望むべくもなし。
話のタネにお店に食べさせていただく感じ.....

和紙 中條 和紙OA用紙に掘り出し物あり 和紙を幾枚か求める。

帰り 須坂そりまち農園にて シャインマスカットハウスもの。ここの葡萄はつやつや輝く宝石のよう 葡萄本番は9/10頃とのこと。

死ぬまで 自分の語りを追い求める その覚悟はついた。

お栄の書いた 訃報



北斎 没後8年 立って お栄は 忽然と姿をけしたという。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






草木万里野は なんでもありのお店 味より 佇まい 雰囲気 カップル多し

まぐろとアボガドのサラダ おいしい とりめんじゃことごぼうののカマ焼き?ごはんおいしい
やはらかポークは ガチガチ固かった。 デザート ウソ生クリーム付きアップルパイ
珈琲 おいしい。

刀屋 いつも行列を横目で見ていたが ついにギリギリで入店。
撃ちたてのおそば わたしには 固く太い。
天麩羅は美味しかったぁ!!
タクちゃんという紅顔の少年がいた。

森のカフェ 常連さんが多い 日曜の午後 ゆったりと 時が流れる
珈琲は美味しい。食べ物はあまりない。パンをいただいたが 美味しかった
という淡い 記憶...  いいカフェですよ。

ビストロ グルナッシュ 旨い!!
パンチェッタ 自家製  きこりのパスタ!? ソース 絶品
ポークソティ お肉がやはらか ジューシー
珈琲 美味しい。デザートのはちもつとレモンのバウンドケーキは ばさばさしてて残念。

もう一度 行きたいのは グルナッシュ...

いい店は 店主の心意気と家族の協力でなりたっている。
従業員をおかない 家族経営の店に いい店が多い。
人件費を削って 材料にかける。無から有は生じない。

いい材料 心意気 技術 サービス 立地 雰囲気 すべてそろう店は少ない。


さまざまな事情で 店がたたまれると ひとつの世界 食文化 が終わる。終わってしまう。

語りとおなじだな...

だから わたしは いい店をさがしつづけ いい店に通い続ける。
人生をゆたかにし 先に進むちからをよみがえらせるから。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

個室源泉  日帰り入浴 。

木漏れ日   鬼怒川を見ながら   温泉に 浸かる。

極楽で ございました。

逆さに撮ってしまったようで… すみませんー脳内変換してみてください。

帰り  

魂も源泉に 浸かろうと 向かったのは 高龗神社 細〜い 細〜い 山道を どこまでも 高龗お名前からして 瀬織津比売を オマツリする神社です。境内に湧水。まさに! いい神社でした。奥宮につづく 参道の右側の小さな みやしろから... 忝さに 涙 こぼるる ふと 気がつく 龍神 水 火 温泉

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

信州は 花まっさかりです。レンギョウ  ユキヤナギが燃えるよう   水仙   スミレ   たんぽぽ   イチゴ  …

諏訪に行く途中 大門街道を 通ってゆく道すがら  標高差で 山の様相が変わって行きます。3月から5月  凛とした枝だけの林  から 萌黄が小さな枝の先から吹き出した林   さまざまなニュアンスのさみどりの林へ…   ヤマザクラ   薄桃のサクラ   山吹  白山吹

ふたりの方に  以前  信州の空は真っ青でしたね。と訊きましたら  思い浮かべるように目を細め 中空を見ながら    …  そういえば   たしかに青かった とおっしゃいました。

それでも 諏訪の空は  青いのです。

前宮 後方のお山

 

正面から 前回 撮らせていただき   妙な写真になってしまったので   今回はお断りして  横から撮影しました。

水眼 すいが

 

 

あしたは 佐久に参ります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




怒涛の3週間が終わり 公演もひと段落して  今  茨城と福島の県境にいる。

 

窓の外は  こんな景色   津波避けの堤防工事の真っ最中。

温泉ですることといえば  練習  家では練習は一切しない。というかできない。

時間に仕事に追われて もあるけれど  日常のなかではできないのだ。

わたしの語りは 勢いだけ   降ってくるもの  そのまんま。

深夜の大浴場   だれもいない。ヒグチルートにより  多くのユダヤ人を救い  北部軍司令官として  無血のキスカ島救援作戦を成功に導き  終戦後  北方領土最北端シュムシュ島に攻撃を仕掛けたソ連と徹底抗戦し  北海道を守る決断をした 樋口中将のものがたり   ほうき星とくらげの空と海のものがたり 青い釣鐘のものがたり  聴いたまま  描いたまま   ものがたりはよどみなく朗々と響くのだった。

カナダのネイティブの神話   キャシー宮田  直伝の空と海と大地の話   ......   キャシーはどうしているだろう。素晴らしいストーリーテラーだった。英語で語っても   色彩が見え  登場人物の息遣いが感じられた。 キャシーもつながる  ひと  で   さまざまなモノとツナガッテしまうらしく   吐きながら 苦しみながら  講演をつづけていた。 わたしと友人はキャシーの追っかけをした。

昼間は 五浦の岡倉天心美術館へ行った、フェノロサ との出会い 日本美術の擁護  ボストン美術館  美術史で学んだことが  リアルに理解できた。

小林恒岳の回顧展が  拾いものだった。抽象から具象へ   環境破壊への警鐘もさりながら  抽象を描けなくなったと言いながら水紋や森の木々 種々に 単なる具象ではないシンボリズムを感じたし それがある種 呪術的というか念になっているような気もする。とくに伝統的な日本の文様である流水紋へのこだわりというか  実験が興味深かった。

五浦は戦争末期  風船爆弾の陸軍本部があったところでもある。風船爆弾は起死回生を願う 日本の最終秘密兵器。和紙とこんにゃくで 日本中の女学生がつくった巨大な風船  世界ではじめての大陸間横断兵器で 冬のジェット気流に乗せれば2、3日でアメリカ大陸に到着自動的に爆発する仕組みになっていた。アメリカはじつはひどく恐れた。

その放球基地が千葉  五浦 勿来 の三ヶ所にあったので 五浦と 勿来の跡地を見に行ったのである。

平和 忘れじの碑

 巨大な風船は偏西風にのせてこの空に放たれた。

 

放球台は山の中にあるという。途中まで行ったが   草に覆われ  到達不可能と言われて引き返す。勿来は    勿来の関の  てまえと聞いたが   ひとに聞いても 知らないひとが多かった。現在では某会社の社有地になっているという。こうして風船爆弾の痕跡も消えてゆく。

勿来の関の石畳み。勿来とは 来るなかれ 北の蝦夷が 南に来ないようにという呪文のことばだった。

さて きのうは立春    一陽来復のお守りを貼る日だったが 息子に託した。

 空が明るくなってきた。今日も今年も   みなさまに佳いことが起きるように。

 

日本陸空軍の司令官で 無能あるいは無謀な作戦をとり  将兵を 飢餓に陥れ 苦しめ  無駄死にさせ  邦人を見殺しにした者たちは多い。良心的な司令官はかぞえるほど。その中で  樋口季一郎の三つの奇跡はなぜ起きたか?  インテリジェンス   情報を扱う素地があったこと。情報の評価   決断   実行   が 理性的客観的に  遅滞なく  行えたこと。而して  その行動原理   根本に正義感とヒューマニズム  があったからではないだろうか。

 日本人一人一人が  今  情報の収集 評価   選択  行動 という日々 行なっていることを  もう少し 丁寧に 心をこめて してゆくなら  そのひと個人の人生も   この国の運命もあかるくなって行くのではないだろうか。

今日も  囲りのひとびと  この国のためにささやかでも なにかさせていただけるように。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

シャインマスカット  おいしいですね。今年は 幾度か いただきました。

今日は須坂のフルーツ街道に向かいました。長野パープルが食べたかったのですが   もう終わってしまっていました。訪れたのは ヤマホンそりまち農園。

立ち並ぶ  葡萄園 林檎園のなかで もっとも賑わっていた農園です。

試食してみる……  濃厚な甘さ   野性味のある味 …  ツルヤ スーパーの中のスーパーやJAのシャインマスカットとは全くちがう。軸が太い   実が大きい。

私的には  ピオーネが好み   甘さ  酸味  のバランスがいい。それに安い。

翠色の葡萄では  翠峰…… デラウェアのあかい色がかわいい。

シャインマスカットは g230円 ピオーネは g110円 ……  でした。

今の葡萄には 種が無い、昔 種が無い葡萄は たべちゃダメ って教わったね。

でも いいか   もはや そのようなことは 大したことでは無くなりました。

今日を生き延びて 明日も  あさっても   一年後   五年後   生き延びられたら  OKです。

パティスリーりんごの木  いいお店でした。注目のアップルパイはまだですが   ショートケーキ  美味しかったなぁ…… 主張しないんです。クリームもスポンジもいちごも  綺麗なハーモニー  こんなにスポンジとひとつになった 生クリーム  なつかしい やさしい 生クリームは はじめて。

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

風が  竹藪を通り抜ける   その音が 忘れられない お店です。

 

 

 

 

 

しばらく  栃木  粟野にお蕎麦を 食べに  通っていた。百川   とか…

しかし   おばあちゃんが亡くなって  お店を閉めてしまい  他のお店も

味が落ちて   粟野に行くことは  ほとんどない。

長野も蕎麦どころ だから 美味しい店は 多々あるが  ロケーション

や お店の佇まいに 惹かれるのは この 日賀志。

お蕎麦の写真は あとで up

お腹が空きました。

 

スミマセン。 あんまり美味しそうだったので  写真撮るのも忘れて

食べてしまいました。おいしかったです。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

香ばしい 石窯焼きパン  緑のシャンマスカット

 

赤焼け   台風一過 のはずなのに 微細な塵   空に充ちていた



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

安曇野ちかく   池田町。

安曇野の氣  と   八ヶ岳の麓の氣  は  違う。

上高地の氣が  降りてくるのでしょうけれど  濃やかな  …

わたしには  女性的な 氣を感じるのですが…

 

 

三本の杉  樹齢 700年   真ん中の杉は  倒れてしまったそうです。

御岩山神社を思い出しました。左側にお寺があったことも。

最古の神明造りの社殿   凛とした神気   不思議なお社です。

 

ユンボが入っていました。来年 式年遷宮。

 

昨年の今日  わたしは  夢をみました。恐ろしい夢でした。

そして 一年前の明日  鬼無里に向かう途中  事故に遭いました。

わたしは どなたかに止められた  と 思い   ひとつのことを諦めたのですが

きのう  気がつきました。止められたのではなく  邪魔されたのだと。

一年たって   身体は 大分  元に戻りましたが   まだまだ  これからです。

わたしの夢も  まだ  これからです。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

たいへん残念なことに中禅寺湖上空は曇っていました。群馬方面に青空が見えました。

中禅寺湖上空ではケムトレイルを見ることもなく 護られた場所だと思っていたのですが

前回 はじめて ケムトレイルを見ました。

下の二葉は光徳牧場 付近です。

こちらは 高速道路から撮った空 青森からの帰りです。

ケムトレイルの痕跡が見えます。筋雲になって 拡散します。

階段状の雲は ケムトレイルとともに ときおり 見かけます。

温暖化とは 空を雲で覆い 輻射熱 ? で 地上を熱して

いるのです。すでに 彼らは 実験の域を越えたことをしています。

わたしたちは実験動物とおなじ扱いなのです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




朝食は大谷PAのドトゥール

カマンベールとプロシュートのミラノサンド  レモティ  

美味しゅうございました。

ヤマユリが群生しています。気温21度

黄色味を帯びた白く濁った空

中禅寺湖の空が  どうなっているか 楽しみです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

猿倉の語源は アイヌ語のサロクラ という説があるそうです。

猿倉温泉は源泉中の源泉    十和田湖温泉 焼山  はじめ  周囲の温泉に  湯を供給しているのです。

当主は三代目 .....

造作も調度も  親しみやすい  けれど 吟味されたものでした。

 

 

 

 

源泉の熱い湯がもったいなくも溢れる湯   お肌はすべすべ

天然の蒸し風呂には   なんとも癒されました。

本館新館にも大風呂があり 新館の大風呂には蛍が訪れます。

UFOも来ました。食事も地元の野菜 魚介  をつかった

滋味ゆたかで  心のこもった  ものでした。

 

 

このあとも つぎつぎに  ご馳走が 運ばれてきました ごちそうさま!!でした。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




  

コティジの露天風呂で源泉の濁り湯に身を沈ませながら  見るともなしに  裏山の木々の葉が 一斉に 白い葉裏を見せて  さわさわ はためき  そよぐのを見ていた……  歓喜!?   山は遠目にはしんと鎮まっているように見えるけれど  そうではない 。全山の木は 呼吸している   風に 枝をしならせ  葉を震わせ   揺らいでいる  揺らぎながら 伸びてゆく

夜8時過ぎ  大風呂の露天で 蛍が見られると聴いて  石積みに頬杖をついて その時を待っている と    あえかな青白くひかる点滅   デジタルのカチカチしたおなじリズムではなく ゆらぐような点滅   つーーっと蛍が飛ぶ  葉を縫うように   カーヴを描いて …  ゆめのようなこの世ならぬうつくしさ……  頭上には満天の星 が瞬き   地上には蛍が瞬く。

目を凝らして 交互にととふと7 見つめること 十数分    すこし下がって見ようと  たちあがったとき   水面に 光るものを見た。うす青いオパールのかけらのよう   蛍光が点滅する ‥  わたしはあっけにとられ  この世ならぬ  瞬く  光  を  夜目で見つめる     あっと気づく   まさか蛍!!    てのひらを湯にさしいれ   掬ってみる     3度目    たなごころにちいさなひかりが灯る    光しか見えない   ほんの短い時間だったと思うが   わたしは青いちいさな光に魅了され て   我を忘れていた…

手のひらの熱が    蛍に よくない   助けなくては    虚空に   身を乗り出し 片 手を伸ばして   大きな葉を 引っ張ってきて   そぅっと   光るものを葉の上に移した。葉がほのかにひかる    一点がひかる  呼吸するように  揺らぐように

氣を送りつづける    どうか助けてください。光は次第に弱まってゆく  暗闇    あぁ   だめだったのか   そのとき  強い風が吹き抜け   瞬間   命が燃えあがるように 二度 輝いた ……  露天風呂の石段を誰かが降りてくる    自動の人工的なひかりが情け容赦なくあたりを明るく  照らし出す。緑の葉の上に3ミリほどのチイサナ黒いものがいた。

こんなちいさなからだで  イノチの限り…   光らせていた   光っていた…

わたしはひどく心を動かされ    微かな望みを抱いて    待ち続けたけれど  懐かしいようなちっさなちいさなまたたくあかりは灯ることはなかった。

命は 揺らぎなのだ   降ってくる思いがあった。生きとし 生くるものの命が その瞬間瞬間 揺らいでいる   それが実相

あぁ  だから  声の揺らぎに ひとは  感応し  心を揺り動かされるのか  ふと 思った。

命の限り  命を燃やし尽くそうと思った。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ