遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



 

昨夜 体調悪化で緊急入院しました。噴水のような激しい嘔吐がつづく 今までに三回 これで緊急入院しました。

一度は死ぬところでした。長年の患い十二指腸潰瘍で幽門が狭窄しており  それも原因のようです。前回はエリンギでした。ちっちゃなちっちゃなエリンギが幽門にぺたっとフタをしていたのです。それから わたしは エリンギのひと として  この病院では有名になりました。

ー今回は?   茶碗蒸しのなかの筍? と 思ったら  そうじゃなかった……  潰瘍もなかった。胃が荒れに荒れ   赤 灰色  黒の三カラーでした。知らず知らずストレスを溜め込んでいたようです。きのう 夕刻  とどめの二撃があり 轟沈というわけです。なんてか弱い胃袋でしょう。

明け方まで 嘔吐だけでなく 駆け巡るフラッシュのような 映像  ことばに   苛まれましたが  今は 落ち着きました。ご心配なさらないでください。すぐ退院できると思います。

みなさま  も くれぐれも ご自愛くださいね。

昨年から これまでになく  身体のことで カタカタ しておりますが  天中殺だから?  もうこの辺りでおゆるしを!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

ことしのインフルエンザは そのひとの弱いところを叩くような感じです。夫は歩けなくなった。ゲーマーの息子は肘から指先までが非常に痛いという。娘は頭痛。わたしは歩行困難   胃   胸   腕    腰…… だんだん 痛みが強くなる。

もちろん 医者には行かないが なかなか すごかった。もしかしたら「設定」かもしれないね。免疫を逆につかうことだってできるだろう。自分のからだを自分で壊すシステムをつくりあげたら ? 人工削減計画もあっという間だ。そのくらいやりかねない。

これから マスクして 外に出ます。いくつか 片付けなくてはならないことがある。

それが 活力。 生きるちから。   ゆっくりひとつずつ   為すべきことを淡々としてゆく。山のような難題も   知らず知らず  消えてゆく。もちろん生きてるかぎり問題は湧いてくる   ノー プロブレム とは行かないが 対処の法がシンプルになる。事前に手を打つことが可能になるから。

 

こうしてすこしずつ賢くなって  次の世代にわたしてゆく。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

岩絵の具をつくる職人さんの工房が  とうとう ひとつになったそうである。原料の石を砕き 水をいれなんどもなんども セラミックの壺の縁を叩く。その響きが遠くから水琴窟の音色のように聴こえる。なんどもなんども あかずに叩く。石の粒子が水にとけて水を流すと 底に岩絵の具が溜まる。たとえば緑青という翠の石から濃淡16色の翠の絵の具が生まれる。

日本の漆器はジャパンと呼ばれる。99%が中国産の漆だが  頑なに  質の良い日本産にこだわる職人さんがいる。なんどもなんども木漆を練る。木漆は次第に水分を失い ねっとりと色が濃くなってゆく。最初に黒漆 それから 丹   硫化水銀? 日本の赤。室町時代の漆器があった  ところどころ  赤が薄くなって地色の黒と赤のなんともいえない  風雅な色合いになっていた。

美しくなければ 意味がないでしょう?  美しいお椀で日に三度 味噌汁をいただく   それが 日本人のしあわせでしょう。職人さんがいいました。そうだなぁ   プラスティックカップで即席味噌汁では文化もなにもないなぁ。

伝統の食文化もあやしくなってきています。日本食といえば  しょうゆ  醤油の醸造につかう樽をつくるところが2020年に幕を閉じる。四国の醸造所ヤマロクさんが なんとか樽作りの技術を残そうと立ち上がった。噂を聴いて酒蔵や味噌づくりのひとたちも集った。大きな樽をつくるには  箍にする長い竹がいる。その竹がなかった。すると近所のおじいさんが おまえのじいちゃんがいつか子孫が必要なときがくるだろうと 俺の山に植えていったからつかっていいよ  といってくれた。竹の箍はステンレスより強い。150年保つという。すごいじいちゃんです。100年先を200年先を見据えている。

食文化も芸術も総合芸術なわけです。日本画で文化勲章もらったって  絵の具がなければ書けない。樽がなければ美味しい醤油はできない。日のあたるところ あたらないところ  隈なく  見てあげなくては。

国威発揚ってなんだ?  金メダルとるひとは偉いか?えらいよ  たしかに。でもね記録は塗り替えられるもの。新記録で1億円とか金メダルで何百万とか   それより営々と日本の伝統工芸や伝統文化を繋いできたひとたち  何とかしてあげてほしい。

一度 断ち切られた文化を元に戻すことはまずむづかしい。

うつくしい日本文化をささえてきたのは機械にたよらず手間のかかる手仕事をとおして 美   旨さ  に捧げてきた職人さんたちだと思う。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/308b8c662f2c7e23b43bd9010439db67

 

これから廃炉 どれだけお金がかかるかわかりませんが

無間地獄は終わりました。1日で5500万円 電気代かかっていました。

もんじゅつくったの 誰だっけなぁ?  責任? とるわけないよね。

 

MONJU高速増殖炉(FBR)日立製作所東芝三菱重工業富士電機24.6万kW71.4万kW   ずいぶんともうけたでしょうね。日立 三菱さんたち

もんじゅの目的は  実は 核の材料のためでした。原発もそうよね。

http://www.rafjp.org/koidejournal/no64/

では  諦めたのか  核開発  !? そんなわけないよね。

もっと  いいもの見つけたんでしょうね。

 

もんじゅは、MOX燃料(プルトニウム・ウラン混合酸化物)を使用し、消費した量以上の燃料を生み出すことのできる高速増殖炉の実用化のための原型炉であり、高速実験炉常陽でのデータを基に建設された、日本で2番目の高速増殖炉である。ー


ところで 常陽はどうなったのでしょうか? 生きてた!!

首都圏です。耐用年数16年  でも40年経ってます。水 かけてもダメなんですよ。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO20338830U7A820C1TJN000/



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




演技  競技に選手のすべてが出る  と書いたけれど   競技のあと の佇まいにもそれは出る。小平選手のガッツポーズはとても自然だった。韓国選手をねぎらうようすに  男前だなと思った。

 そして カーリング 本橋麻里主将  手ずから立ち上げたチームの控えに回ることを決めたのは中部電力チームとの日本代表争いのときだったという。技量で落ちるというのではない。チームが力を発揮するために  控えに回った方が良いという冷静な判断だったという。そこにどれだけの重い決断があったか  察するしかないが。

大会中はストーンの癖を知り  メンバーに向いたストーンを投げてもらうため 夜中まで黙々とストーンを投げ続けたという。

ありえないことに韓国は大会中にストーン調整をするという暴挙に出て 対応しきれないチームが多かったという。日本チーム躍進の立役者は陰で支え続けた麻里さんだと思う。

優勝が決まって だれか チームメートのひとりが本橋さんを中央に引っ張り出さないかと期待したのだが それはなかった。残念だった。

あと 町田樹氏の フィギュアスケート解説デビューが面白かった。羽生選手の金メダルを 組織力の勝利です。 と看破したのはまさにそのとおりで小気味よかった。また 各選手への愛情あふれるコメントも  よかったし 歯にキヌ着せず 大会運営の問題点まで踏み込めたのもよかった。日本スケート連盟の多過ぎる問題点までは無理と思いますが。

力を尽くし切った選手に  敬意を表します。金も銀も銅もないよ。自分を超えられるかどうかだけ!

歩夢さん  あれは  ホワイト選手に勝利してました。ななさん  キム ボルム選手にお尻を掴まれながらよく  耐えました。

 

真央さんの姿は平昌にはなかった。まだ 終わっていないんじゃないかとふと思った。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

インフルエンザ中です。戦いに勝利してほっとしたんでしょうか。

飲む点滴  甘酒   蜂蜜  ルイボスティー   梅しょう番茶で 熱は1日で下がりましたが   関節痛と腰痛と  内臓がイタイ感じです。これは サイトカインがウィルスと戦い そのサイトカインを中和するために⚪︎⚪︎⚪︎が体内でつくられることから出る症状で 喜ばしいことなんですが  イタイですね。それも昨年負傷した  背骨  膝 とかとくにイタイです。

さて.....

予言....   当たるのも当たらないのも ありますが   この予言は気になるのです。ちょうど 南の空に   カペラ   シリウス  オリオン   おおいぬ  が並んでいたこともあって。



    2006  3月20日
 AM3:45(書きとめるよう、要求する)
  『星が並ぶ時、その時がやってくる。それはすべての序章、始まりに過ぎない。
  語って伝えなければならない。地中深く、大きなうねりは、すでに起こってい
  る。磁場の異変、魚、鳥が方向をあやまる。ある種は多く数を増やし、ある種
  は多く死を迎える。春より危険の運気が高まる。人心が乱れ、暴力事件、殺人
  事件、交通事故多発。』
 AM4:02
  『夏を待たずして、そのときが来る。東京、千葉、神奈川、そして茨城に』
  (非常に冷静に語る)

3月21日
 PM9:00(睡眠導入剤を受け付けない、やや興奮している)
  来年(今年2006年)5月から東京に行かないで、6月は絶対いかないで。
  知人や友人にも行っちゃいけないと、住んでちゃだめなんだよ。早く…。
  三度も来るんだ、(何が?)地震だよ。病気だよ。ああ…。
  皇族が東京を離れたら、危険の知らせだ。休養を理由に移動する。
  皇太子一家は、どうやら那須らしいなあ。
 PM11:20 入眠

3月22日
 AM2:10
  なんなんだぁ、なんなんだ。(何が?どうしたの?)(痛むの?)地下鉄はいけ
  ないって言ったのに、暗くて見えない。
  水だ、これ海水?真っ暗になるよ。人が人の上に人の上にああ。流れる、逃げて
  逃げて(何から?)そこから逃げて!!
  だめだ。人が。(意識混濁)
 AM2:30看護士「排尿時、水の夢を見る人が多いですよ。」
 AM4:10(静かに目を開ける)
  パンタグラフは、花火のようだ。新幹線はやつらが操作する。遠くから、操作
  する。けっして乗ってはいけない。
  (やつらって誰なの?)やつらは何でもやれるのさ。ジェット機さえも。(やつ
  らって?)
 AM4:35
  大変だ。あいつら、生血飲んでたよ。経血も好きらしい…。
  少年や、若い女性。ああ、何てことを何てことを。
  信じられない。生肉だ。あいつらなんなんだ。ああ怪物じゃないか……の怪物

  だよ。(具体的に名前を挙げる)気持ち悪い…(水を吐く)
  (麻酔科の医師が来る「幻覚を見るんでしょう…。」)
  (抗興奮剤点滴を入れられる)
  入眠

 AM9:30
  (回診の教授に向かって)「CIAは、麻薬売ってるんですよ。変でしょう。ロン
  ドンの銀行は八百長なんですよ。スイスも八百長グループなんですよ。
ヨーロ
  ッパって悪党多いですよねハッハハ…。」
  教授「ご親せきを呼んだほうがいい時期に入りました。」
  (平静)
 PM11:10 <呼吸が荒い>
  品川あたりかなぁここ…燃える燃える。家の中でああ。家具が危ない。早く出
  て!イヤダ イヤダ イヤダ 東京は広範囲、おれは何もしてあげられないよ。
  鎌倉かぁ、大仏に向かって海水が進む。信じられない。
  ……さんや、……さんに連絡とってよ。早く。(時間の感覚がないようだ)
 PM11:30 看護士「興奮すると消耗するのでお薬を点滴に入れました。」
  (入眠)

3月23日
 AM5:30 (静かに眠る)  
  来年は雨の量が多い。夏は酷暑だ。感染症が蔓延する。地震の後遺症と食中毒、
  おびただしい数だ。トイレはどこもあふれかえっている。

  消毒用エタノールをスプレー容器に移し、外出後、必ず、手指にスプレーして
  から部屋に入室するよう皆に伝えて。ベンザルニウム、オスバン液でもいい。
  早めに入手しておくように。品薄になる。
  さらし一反は準備品に入れること。腰ひもにも使えるし、包帯にも、巾着にも
  なる。

  冬は、石油の供給量が減っている。激減だ。まったく手に入らなくなったら炭
  を使うように。寒い冬だ。

  11月頃、銀行が機能を停止する。ハイパー(?)インフレ状態。大きな銀行の
  貸金庫→危険、今すぐ出して。日本円は暴落、ユーロは生き残る。見せ掛けの
  好景気。株上昇→破滅。
  やつらが策意的に動いた結果だ。

  今、もう政府は知っているようだ。(一部の人間)

  米がない。不足だ。輸入もままならない。
  野菜が不足だ。粉末の青汁を用意しておくこと。乾燥野菜を買いなさい(どこか
  ら)自衛隊がもっている。(じゃ、買えないじゃない。)
  炭、(備長炭)(はく炭)     絵(略)→雨水から飲料水を作る
  竹炭→土を生き返らせるために砕いて使う。
  家中の隅に置くと、感染症の菌の力が弱体化する。
  天気のいい日は、太陽光に干すこと。

  イランの指導者が変わり、その人物は核を強力に推し進め、中東の紛争が拡大
  する。そのため、石油高騰する。
  日本への石油供給量は激減する。
  (私は石油どのくらい買っておけばいいの) ふた冬分かなぁ…
  (入眠)

  あいつら(?)結核までコントロールしていたよ。
  デング熱、鳥インフルエンザ、サーズ、エイズ、DNAの操作、遺伝子組み換え、
  人工人間、マインドコントロール人間2000人位。
  生物兵器、細菌兵器。キモチワルイ

  各種人体実験
 AM9:35回診(医師団に向かって)
  知られざる地下帝国って知ってますか。地下にあるんですよ。あいつらが造っ
  たのが
9:35回診(医師団に向かって)

  医師「どなたか会いたい人いますか?」
  地下都市、あいつら、そこに逃げるんだよ。

  (会話になっていない)
  (入眠)

 PM6:00
  冬の寒さ対策を伝えなくちゃ、備品も、
  アルミの掛物   ローソク   寝袋   しちりん
  防寒服    炭消しつぼ   南極用のウエアー
  綿の下着は汗で冷えるので着用しない。
  酢-ビタミンC不足を補う。血液もサラサラにする。
  入手した野菜を薄酢漬けにすると数日間長持ちする。

  皆んな、皆んなは生きてよ。いきてくれ。生きなくちゃ。
  おれ、そろそろ行かなくちゃだけど、おれは、設定だから。
  「エレベーターに乗らないでよ。閉じ込められたら誰もあけてくれないから、
  乗らないでよ。」
  (私の額をさわる。泣く夫。)

3月28日 尿が完全に出なくなる。
 PM8:00
  目を大きく見開き、誰かを見つめる
  今まで観たこともないような美しい至福の顔
  空を見つめ、何か話したい様子
  「神様を見てるんだね。良かったね。いままでありがとうね。ありがとうね。」 
  私の手を力強く握る、目を閉じる。手に力がなくなる。
  「もう一度手を握ってよ!」
  完全に力が抜ける。
 
  別れのとき


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

そのときのすべてが フィギュアの演技に出る。スポルトで 浅田真央が語ったことばである。

競技をみるとき そのひとのすべて 磨き抜かれた人間のすべてを見る それが楽しみである。

結果的にメダルにつながることもあるが メダルが問題なのではない。

 

研ぎ澄まされた横顔 研ぎ澄まされたことば 不屈の意志

平野歩夢はうつくしかった。ネーサン・チェンはうつくしかった。小平奈緒はうつくしかった。

 

オリンピックは政治利用がはなはだしい 金まみれだ。

採点競技はフェアじゃない。

でも ギリシャ時代の精神はいまだ かすかに 残っている。

 

研ぎ澄まされたまなざしを 研ぎ澄まされた肉体と精神を胸に刻んでおこう。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

今から 数十年前 わたしは小学生だった。そのころもいじめはあった。いじめは戦争同様 人類と切っても切れないものだと思う。戦争自体 大規模ないじめといっていいかもしれない。なぜ子どもが 子どもをいじめるのか? そこには異質なものを排除したいという本能的なものがあるのではないだろうか。異質....とはたとえば 夢見がちな子ども おとなしい子 反対に強い子ども 価値観のちがう子ども.....子どもは異質なものをかぎつける そして そこに 親の価値観も加味される。子どもは呼吸するように親や先生の考えを吸収するものだから 親が勉強ができることを価値としたり 生活のクラスを価値としたりするなら 学習困難な子どもや 生活困窮家庭の子どもは それだけで差別の対象になる。

東京のベッドタウンの県庁所在地 各学年4クラス規模の小学校 的井博美という男子がいた。とうじ 男子にヒロミという女性のような名前をつけることはめずらしかった。和夫 進 明 雄一 の時代である。そのうえ 天然の茶髪だった。いつも開襟の白いシャツを着ていた。めっぽう気が強かった。なぜ的井くんが男子のいじめの対象になったのかよくわからない。異質 だったのだろう。的井くんはクラス中の男子を相手に戦っていた。教室で黒板拭きで顔中たたかれ 顔中真っ白になりながら また 校庭でとっくみあって袋叩きになって 擦り傷と砂混じりになって それでも果敢に戦い続けていた。学校を休むこともなかった。

藤平栄という女子がいた。母子家庭で母一人子ひとり 母は廃品回収業をして女ながらリヤカーをひき 額に汗して娘を育てていた。クラスの男子はウジヒラと呼び 女子もなにとなし 藤平さんを避けていた。的井くんがいじめられているとき わたしは両手を握りしめ やめてよ卑怯だよ ということばが胸のなかをかけまわっているのに どうしても声が出せなかった。藤平さんとは わけへだてなくつきあった。だが 日直の時 男子が朝つぎつぎと私の席にきて おまえが男子の下駄箱のそうじをしてくれといったとき うなづいたのだった。単純なはなし 頼まれたのがうれしかった。だが 次第に気分がわるくなった。藤平さんは 口もきかず さっさと女子の下駄箱をそうじして帰ってしまい わたしは謝ろうと 藤平さんの家のトタン塀のまわりをぐるぐるまわったけれど ひとの気配もなく しょんぼり帰った。

わたしはあのとき いじめの傍観者だった。そして加担者であった。このふたつのことは痛烈な思い出である。自分がいっときクラスの有力な男子3人に目をつけられいじめられたときよりも痛烈な思い出である。今でも わたしは 的井くん 藤平さんの顔をまざまざと思い出す。

今日 わたしは 小学校最後のお話会で 透という子どもの話をした。ともだちをかばった 正義の味方になったために 自分がいじめを受けるようになって 自殺した子どもの話だった。自分の体験も話した。みんなだったら どうする? 黙って見ている? 陰でこっそり助ける? いっしょになっていじめる? それとも? と問いかけた。

いじめられることは 恥ずかしいことではない 自分の価値が下がることではない。いじめられるほうが悪いなんていうことはない。 いじめるひとのほうが どこか心がさみしいのだ。

これから 中学にいって 高校にいって 社会に出たとき 自分がいじめの対象にならないとは限らない。もしいじめられたら おとうさんおかあさんに相談すること 先生に相談すること。どうしてもだめだと思ったら めちゃくちゃにされる前に 逃げるのもひとつの方法だ。学校を換える。会社を換える。死ぬよりはずっといい。

いじめるひとはすぐ忘れる。いじめられたひとは 十年も二十年も三十年も覚えている。似た状況になたっとき おとなになっても パニック障害を起こすほどに。アクティングアウトを起こすほどに。

からだを傷つけるのだけがいじめではない。ことばで ラインで ネットでいじめる。 いじめられるひとは心が血を流している。いじめは魂の殺人である。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 絵に書いたような 金銀フィニッシュ。

だが   心は晴れず。

克己心とヒロイズムは違う

ドラマを演じるのと  ドラマを生きるのとは違う。

ネーサン チェンのフリーは美しかった。

ハビエルもよかった。

羽生選手は技術は高いが  ノイズを感じる。その揺らぎのような  不安定さに ファンは魅力を感じるのだろうと思う。強い自己愛があって  強い共感性があるので  その磁場にファンが惹きこまれる  これがわたしの感想。一体化するとしあわせなんですね。それもいいことです。わたしはそのノイズにふれると 見ると 染まるようで気持ちがよくない。

つい フィギュアの放送を 見てしまったが  むかしのように   見ることで清められることはなく  もやもやしたものが残った。リプニツカヤも引退という。まっすぐな子だった。氷上で赤いコートが目にしみた。報道されていることで正しいのは わたしの名前だけ    と言ったそうだ。

よほど 強い軸を持っていないと  フィギュア界でまっすぐ生きてゆくのはたいへんだ。権力とおかねの世界。みどりさんが  テレビに呼ばれないわけは?   渡部絵美さんは政治家となにかあったといってましたね。真央ちゃんが選んだ道は正しい。権力でなくお金でなく フィギュアを愛して ひろめること。

そして   なんですね   オカマが悪いとはいいませんが   男子はオカマの世界です。リッポンが泣く  女性の所作ですね。それもいいでしょう。物語性はありました。

宇野くん   おかまにならないでね。

たしかに  マッチのいうように    団体戦 出ない方が  有利な感はありました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本の黒い霧さんから

http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/c99cecaf46b75d96a71424b21a3c26c3

実際に地図をみてください。

日本の黒い霧さんは 123便 の真実 を晒した  スーパーサイトですが  このごろは 奥歯にモノの挟まったような 書き方が気になる   ハッキリ  カタを つけてよ   って言いたい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

 ネーサン.チェンは メダルがとれない。だって コーチが......

という記事を見て 知るひとぞ知る....と思った。

オーサーコーチ って ?

導力 +   政治力   +   機を見るに敏

韓国オリンピックチームの一員としてご参加だそうです。

http://www.tanegashimapi.com/entry/2018/02/08/213337

種子島ピーさんのブログ おもしろーーい。

ランウェイ の ニックの毒舌  に笑い  真央ちゃんへのコメントに泣いた。

ショーマ  頑張れ ショーマは  真央ちゃんのおとうとです。

羽生選手  ソチで転んだ演技より採点 ひくい。

採点って なんでしょうね。ほんとうのところ  採点競技は   競技じゃない。速さ 高さ 強さという絶対のスケールがないのですから。観るひと ひとりひとりが 心のなかでメダルをあげればいい。

 

今オリンピック   白眉は平野選手だった。研ぎ澄まされた透明なマスク。ストイックな生き方。美しかった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

▲▽市には驚いた。知り合いの日系人が差押えを受けたのだが  そのやり方がきわどい。滞納はたしかによくない。だが そのひとは借金したり かき集めたりした数十万を持って 収納課に行った。ところが わからないまま 窓口で納めろと言われ すべてを国保に入れさせられた。その後 毎月10万ずつ払うよう 約束させられ  そのうえ 市民税の方で賃金の差押え。騙し討ちみたいなやり方ではないか。そのひとは 日本語がよくわからない。元金だけ 先に 払う選択もあり そのほうが 本人の為(利息に利息はつかない これは田中真紀子さんに教わった)なのだが 利息分も一緒に払ったという。ついていってあげればよかった。

どうやって せいかつしろ どうやって暮らせというのだろう。カスミを食ってはらを膨らませろというのか。まさにツノをためて牛を殺すだ。このままでは  自己破産しかない。昔から 税は 生かさず殺さず というが 今の行政は  そんな面倒はせず即 殺してしまうらしい。

労務士をしている友人に聞くところによれば  これから 年金滞納者への追求が厳しくなるそうだ。もらえるかどうかわからないから 払わないでは済まないようだ。

市民税の収納方法は 各市に任されているらしい。だれだって好きで払わないわけじゃない。それなりの理由はあるわけだし  この時節では いつだれがそんな境遇になるかわからない。収納の加減 つまり取り立ての過酷さが市町村しだいだとしたら  住むにあたっては 環境  住民税の多寡  病院 学校 だけではなく  そのあたりも考慮にいれたほうがいいな … と思った。

税収が少ないのは 国の責任でもある。日本人は総じてビンボウになった。若年層がことにたいへんである。奨学金ローンで親子自己破産の話も聞くが これからも滞納は増え  差押えは増え  自己破産も増えるだろう。

富み栄えるは政治家 役人 政治家と手を結んだ大企業 その実態は  半分外資。国は国民の膏血を搾り 外資に捧げ  国民の血と汗と老後の恃みの年金で 株価をつりあげる。国というべきか アベ一族というべきか。

オリンピックどころではないのだ。ジャンプ やフィギュアの金メッキメダルで  騒いでるうち 国民のクビはグイグイ締め上げられてゆく。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

おいでくださったみなさま ありがとうございます。

1000の昼 1000の夜  から 遠い森 遠い声 まで よく たずねてきてくださいました。

記事にして20000 以上は ありましょう。 3.11のころは 1日 10ぐらい書いておりましたから。

おつきあいくださって ほんとうに ありがとうございます。

 

櫻井先生が ルカさん HP お書きなさい と 命令のようにおっしゃって はじめたのでした。

最初は ホームページ ビルダーでした。

HP そして ブログを書くことは わたしにとって おおいなる 支えでございました。

夫の病 こどものこと 仕事について考えをめぐらす 夜  カタリカタリに腐心した日々 ....

組織や人間関係に 翻弄され 慟哭した 日。騙され 真実をさぐるべく奔走した 日。

3.11のときの恐怖 日本という国が 巨大な龍が侵食され苦しみ悶えるすがたを目の当りにしながら ほぞを噛む日々 闇の系譜に暗澹とする夜々 

あぁ ほんとうに ブログの向こうにいる あなたにむかって 書き連ねることで わたしは希望を見出し 生きるちからを奮い起こしてこられたのです。

 

どんな苦境にあっても 悲しみの底にあっても あたりをみまわし 知恵をしぼり 行動を起こし まっすぐ まっすぐ 進むなら かならず 道はひらける。 それを確信した5444日でした。 ほんとうに ありがとうございました。そして これからもよろしく おねがいします。

 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 

戦争と平和 19回の公演 が 終わって 親子おはなし会がおわって ギリチョコ 本命チョコ 

買い求めて 二時間ちょっとのカフェ暮らしでものがたりは 生まれてた。 カーターヘイズの紅いバラ

ひさびさの愛のものがたり。

 

もうなにかもいい....櫻井先生とのこと ちなみさんとのこと 師と弟子の関係は ときに親子関係より

熱く重い。それが ほどけ ながれ ただ 会うことに意味があったと 覚ったとき なにもかも 無

にちかくなった。色も熱も重さもうしなって 淡いグレーに透きとおっていった。

わたしはこれから どこに向かうのだろう。

 

この想いを 受け止めてくれる胸がなくても 語る唇がなくても もういい。わたしは 此処に いる。

ゆだねて ゆられて 此処にいる。

 

やっと 愛の成就が 語れる。 悲劇ではなく 明日に向かうものがたりが 語れる。

ながい ながい 夜の終わりは 夜明けでもなかった。 夜と昼はふたつでひとつ はじめからそこに

あった。

 



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




 

総務省に訊いてみた。二時間後返事がきた。

市町村税 国保税の差し押さえは国税の収納基準によるそうだ。

Q 全額差し押さえはできるのか。

A 生活できる金額は留保する。

Q その額は?

A 一概には言えない。

Q 同居する親族の収入は留保する生活資のあてる金額に含まれるか?

A 含まれない。

Q 企業が社員雇員等の給与等の差し押さえを拒んだ場合 罰則はあるか?

A 質問等に回答シナイ場合ハあるが 差し押さえヲ拒否したときの罰則規定ハ無い。

以上ハ 総務省ノ一役人ニ尋ねた答である。正しくは直接 聞いてみてほしい。

このところ各市役所の徴収管理課の占めるスペース 人員が増えた気がする。生活困難者の増加 外国人労働者の増加

と関連があるのではないだろうか。

収納管理課には 態度の大きい担当者がたまさかいる。男女関係なく 殺伐とした物言いをするひともいる。

勘違いして 役所の威光をカサに着るひともいる。荒んだ感じのひともいる。なかにはいいひともいるが....。

このひとたちは実際 正規職員ばかりだろうか? 派遣もいるのではないか? そのようなひとたちが 市民の滞納状態

を知る って 怖いことじゃないかと危惧を感じる。

お金を払わない 払えないひとは タチの良くないひともいるかもしれないが 弱者 コミュニケーション能力のきわめて低い

ひと も多い。細かいことが苦手 臆病 そういうひとも多い。

水道について民営化がすすみそうである。日本全国 外資の管理がすすんでいる。それをカクソウとするためか収納場所

が 水道局から市役所にシフトしているような...... 後ろ暗いのであろう。

日本は貧富の差が拡大する 怖い国になりつつある。 滞納 水道の切断 電気はすぐ止まる。それが原因で死ぬひとも

増えているだろう。

保険は病気になったときのセーフティネットだが これを簡単に差し押さえする。解約して滞納税金 国保に充当する。もし

病気になったら生活保護で面倒 みるのかな....

税の公平性とかいうけれど まず 宰相から襟を正さずして 不平等な仕組みを改善せずして セーフティネットの拡充を

せずして 言う勿れ。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ