goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

今日のモトプランニング(8月17日)

2011年08月17日 | オートバイ
***AS1のシート***

以前英国より購入したAS1のシート表皮を、手持ちのシートに張り替えるつもりで準備をしていたんだが、
本当はもっと早くに検証をしたかったんだよねぇ

なかなか時間がとれずにこんなに遅くなってしまったけど・・・<言い訳?



隠し持っていたシートは、表皮こそ痛んでいるけどベースの鉄板はAS1にしては意外なほど痛みがない。

何と言っても、表皮を固定するツメが全部生きて残っているもん!





まだスポンジを乾燥させていないのと痛んでいる部分の補修もやりたいので、とりあえず乗せてみただけ?

メッキのモールがないと、なんとなく間抜けに見えるのが不思議だなぁ





下に貼り付けてあるのがベースのシートに使われていた純正の表皮から切り抜いたもの。

僕自身、見た目にあんまり細かいことを言わないので、十分に満足できるものだと思う。

痛んだスポンジ部分を削り取るつもりなので、修正に使えるスポンジを探してこないとなぁ





どうでもいいんだけど、スポンジ表面に「183」のレリーフがあるんだね!





***HS1の電装***

ハンドルスイッチからの配線部分の端子も付けなおした。

メインハーネスもヘッドライト内に押し込んだ。

これで電装系は一段落・・・





そこで、電装系の動作確認のために電源を接続。

ニュートラルランプ・・・チェック!
ウインカー・・・チェック!
テールライト・・・チェック!
ヘッドライト・・・チェック!
メーター照明・・・あれ?

メーター照明が灯かないぢゃん!

あ~ぁ、メーター付けるときに確認しておけば良かったなぁ

面倒・・・いや、手間だけど、メーターを外して確認したら、メーター照明のバルブが切れていた。

と言うことで、電装系は問題なし!



あっ! そうだ!

点火系も確認してみよう。

電源を供給さえしていれば、キックしなくても火花は確認できる。

これはバッテリー点火のメリットだね。

もちろん正常に火は飛んだ!





***AS1最終試乗?***

あえて4日ほど放置しての再始動だったが、キック一発!

うんうん、始動性は問題なしと


さて時間もないので、お約束のショートコースを選択をしての試乗だったが、快調快調!


あえて高めのギアでトロトロ走ったり・・・

あえてシフトダウンしないで加速したり・・・

と、意地悪な運転を繰り返したが、グズらずに走ってくれた。

でもライダーがグズりだしたので、店の方向へハンドルを向ける。



それにしても、暑い!

風が全然気持ちよくないもん!





気のせいか、太陽に背を向けているヒマワリがいたりするね。

やっぱり暑いのか?





店に戻りプラグを確認したが、特にカブりもしていないようだ。

まぁ、合格でしょう!





コメント (2)