「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。子ども達に健康への気づきを。

中央区も、「健康医療福祉都市構想」を掲げましょう!住んでよし、子育て・教育よし、そして、慢性期のリハビリも担うことができる「街」へ。

2022-09-09 17:54:56 | 街づくり

 9/8にねりま健育会病院院長 酒向正春先生のご講演を拝聴する機会を得ました。

 「攻めのリハビリ」では、当初の脳画像からは、予想できない回復を目にすることができ、とても驚きました。

 ご講演の最後で、まちづくりにまで、話が及び、非常に勉強させていただきました。

 慢性期のリハビリは、「街」が担う。「街(タウン)リハ」

 そしてその街づくりを、実際に、富山、山手通り8.8km初台ヘルシーロード、二子玉川、そして練馬区大泉学園地区で行われました。

 中央区は、まちには、使える資源が豊富にあり、慢性期のリハビリを「街」が担う好事例が作れる可能性が大いにあると考えます。

 酒向先生のまちづくりにぜひ、学ばせていただきたいと思っています。



参考:https://www.attention-healthcare.com/first-issue/53


*******国土交通省******
https://www.mlit.go.jp/toshi/toshi_machi_tk_000055.html



https://www.mlit.go.jp/common/001049464.pdf






























コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 町会・自治会のデジタル化に... | トップ | 小坂クリニック:さあ、実り... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

街づくり」カテゴリの最新記事