「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。子ども達に健康への気づきを。

障がいのある方々の親なきあとに安心を、「想いをつなぐノート」を参考に、大阪・八尾市。

2022-09-05 18:05:40 | 医療

 障がいのある方々の親なきあとをどうするのか。

 それに向けたつなぐノートが、作成されたとSNSで知りました。

 その特徴は、同SNS上の発信を引用させていただきますと、
 「実はこのノート、“書き残すこと”だけが目的ではありません。障がいのある本人と、本人だけでなくその家族も将来、社会から孤立しないようにするため、というのが本当の目的なのです。」

 報道:毎日新聞2022.9.5
 https://mainichi.jp/articles/20220904/k00/00m/040/108000c
 障害者の親なきあとに安心を 大阪・八尾市が「想いをつなぐノート」


 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 医療的ケア児者、場合によっ... | トップ | 2050年に向けた温室効果ガス... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

医療」カテゴリの最新記事