野ゆき山ゆき海邊ゆき

日々の生活の中で出合う自然や民俗、歴史遺産を記録します。主な舞台は和歌山県中部。タイトルは佐藤春夫の「殉情詩集」より。

菅状花舌状花

2018年11月12日 | 植物
ツワブキが花盛りである。キク科の花は中央に菅状花、周辺は舌状花と配置され
ているが、ツワブキでは、時々舌状花が菅状花化あるいはその逆なものが見られる。
何が原因でそうなっているのだろうか。
コメント

セキレイの仲間

2018年11月04日 | 動物
カキの木の頂でビーンという声で鳴いていてシルエットがなんとなくセキレイ
っぽかったが、写真で確かめると、ビンズイであった。スズメ目セキレイ目に
分類されている。漂鳥となっているが、当地では冬鳥扱いしてもよいだろう。
コメント

遅れん坊

2018年11月04日 | 植物
立冬も近いというのに、ヒガンバナが開花した。周りは葉がかなり伸びてきている。
花芽形成のスイッチが彼岸ころに入らなかったのだろうか。

台風21号と24号の強風でカキの葉もほとんど吹き飛ばされたが、冬越しの養分が貯め
られなくてちょっとガンバって葉を広げてのだろう。アカメガシワはまだ青々とした葉
をつけているが、台風後に葉を展開させたのだろう。
コメント

少なくなりましたメガルカヤ

2018年10月29日 | 植物
ほんの数年前には、道沿いに密集とはいわないまでも多く生えていたが、ここ何年かはぐっと数が減ってきている。
周辺の環境はほとんど変わっていないのだが・・・
コメント

日高の絶景ポイントその後

2018年10月27日 | Weblog
昨年、8月24日に照会した見晴らし峠を久しぶりに通過した。
秋の低い太陽光で山ひだに影ができて立体感が出ていたので、以前よりは狭い範囲だが再度パノラマ写真を撮ってみた。

峠を下りた樮川にここの整備に熱心な方がいるようで花壇や標識が設置されていた。
向こうの山の尾根筋では13基の巨大な風車が回っている。
コメント