さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ツェンケル温泉 その7

2018年12月07日 | 海外旅行
第四日の夜には、星空観察を行うことになりました。

夕方の空は夕焼けに染まりましたが、少し雲が多いです。



明るい月が昇ってきました。



この日は半月でした。、



6月で緯度も高いということで、暗くなるのを待つ必要があり、出発は23時になってしまいました。



車に乗って少し近くの丘に移動し、星空観察を行いました。シートを敷いてくれて、お茶の提供もありました。私は。星座は良く判らないので、撮影に専念していました。



北斗七星が見えていました。



星空の撮影は難しいですね。





星空観察から戻って寝たのは1時頃になりましたが、この晩は、隣のゲルでモンゴル人が宴会で騒いでおり、3時過ぎまで眠れないというひどい目にあいました。



第五日目、夜明けには空が朝焼けで染まりました。日本では、朝焼けは天気が下り坂になる前兆ということになっていますが、モンゴルでもこの日の午後は雨になりました。





ツェツェグレブに戻る途中、ツルを見かけました。日本では観察の機会は少ないアネハヅルのようです。



アネハヅルは、現在確認されている鳥類の中では特に高々度、5000から8000メートルもの高さを飛ぶ鳥として知られており、ヒマラヤ山脈も越える渡りをするようです。

ツェツェグレブで再びバスに乗り換えてカラコルム(ハラホリン)に向かいました。
この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 ツェンケル... | トップ | さすらいの風景 カラコルム... »
最新の画像もっと見る

海外旅行」カテゴリの最新記事