さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 マルグッシュ遺跡

2019年12月27日 | 海外旅行
早朝の飛行機でアシガバードからマリへ移動し、まずはマルグッシュ遺跡に向かいました。

マリでは再び4駆車に乗車しました。マルグッシュ遺跡への道は、砂地の最悪級の悪路のうえに、風が吹いて砂嵐状態になっていました。



マルグッシュ遺跡の入り口。世界遺産になっています。

マルグッシュでは、紀元前29~27世紀頃、モルガブ川沿いの肥沃な土地にメソポタイアから人々が住み始め、街が築かれました。紀元前23~17世紀頃に最盛期を迎えましたが、紀元前9世紀頃頃に、モルガブ川の位置が変わると人々は街を捨て、上流のメルブへ移動し、紀元前9世紀に街を建設しました。ゾロアスター教発祥の地と考えらえ、四大河文明の次の第五の文明とも言われているようです。



原野の中に日干し煉瓦による遺構が広がっていました。



マルグッシュ遺跡の研究者が、図表を示しながら説明してくれましたが、実際の遺構と再現図を結びつけるのは難しい状態でした。



街の外周を取り巻く壁の跡。



建物の土台が広がっていました。



土器を焼く竈の跡。壁に釉薬の跡が見られます。



日干しレンガの土台跡の中を進んでいきました。



王宮内に入ってきました。壁がきれいなのは、日干しレンガが崩れるのを防ぐため、修復作業として泥で覆っているためです。



左の壁に開いた狭い隙間が王宮の入り口です。狭いのは、王宮の安全防御と、広間に入った時の視覚効果を狙ったもののようです。



土管の跡も見られました。



王宮は、控えの間、宗教儀式の間、玉座の間の三室が設けられていました。



控えの間の壁龕。ここには神像が置かれていました。



玉座のある王の間。両脇には、王妃か息子、司祭が座ったようです。





大きな竈の跡。



土器の破片や釉薬の跡が残されています。



王族用神殿内の肉を捧げるための竈。



天文台へと続く階段。





王宮の王族の遺体安置室。



王宮の外壁内部の溝。ここで近衛兵が守っていました。



灰をとるための竈。



貯水池(水の神殿)



小さな竈が並んでいます。



王墓地区に埋葬されていた馬の骨。



屋根囲いが設けられていました。



中には、2頭のロバ、ラクダ、犬、王の遺体を運んだ車の青銅の車輪。鍋、スコップも置かれていました。王の奴隷の骨も埋められていましたが、宗教上の問題で展示はされていませんでした。



地下王墓。全部で14の墓が発見され、それらは通路でつながっていました。



遺跡の見学を終えて、再び悪路を戻りました。





マルグッシュ遺跡では、通常入り口にある休憩所で昼食をとるのですが、砂嵐の中で無理でした。集落に戻ったところで、部屋をかりて昼食をとりました。

マルグッシュ遺跡は、歴史的に貴重で大規模な遺構であることは判りましたが、当時の姿を思い浮かべるには、想像力が足りませんでした。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 マリ | トップ | さすらいの風景 メルブ遺跡... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き2)
2019-12-29 12:39:51
ヤンギ・カラの絶景がすごい!
これは生涯に一度はみてみたいです!
本年も十分に堪能させていただきました。
来年も期待しています! 
ヤンギカラ (さすらい人)
2019-12-30 20:06:01
ヤンギカラの地層と、インド大陸の移動によって突き上げられてできたヒマラヤの山頂部の地層が、ともに古代の海のテチス海の堆積物でできているのは興味深いです。見た目も絶景ですが、地球の歴史に思いをはせることができる点でも、訪れる価値があります。
来年もよろしく。良い年をお迎えください。

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事