さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 マラケシュ その2

2019年05月30日 | 海外旅行
ジャマ・エル・フナ広場で時間をつぶしていると、陽も沈んで電灯が明るく輝き始めました。



今度は自腹で、広場を見下ろすカフェの展望テラスに上がりました。

正面の眺め。相変わらず大勢の人が集まっています。



少し左手。食べ物屋から煙が盛大に上がっていました。



食べ物屋も大盛況のようです。





広場を眺めながら、もう少し暗くなるのを待ちました。



混雑度もさらに増してきました。



踊りのグループは引き揚げてしまいましたが、広場には猿使いがうろついていました。このほかに蛇使いもいました。




集合時間まであと僅かというところで、ようやく夜景撮影に良い状態になりました。





翌日の昼間にもジャマ・エル・フナ広場を訪れるのですが、ここの夜景は必見です。ツアーによっては、昼間だけしか訪れないものもあるので、ツアー選びには注意が必要です。



夜景写真を撮り終えて、カフェ前の集合場所に下りました。





露店で売られている蝋燭ランタンも美しく輝いていました。



バスに乗るため、クトゥビアの塔前の広場に向かいました。



街灯の飾り。



クトゥビアの塔が美しい姿を見せていました。広場からバスに乗ってホテルに移動しました。



マラケシュの宿は、ザラーカスパ・ホテル。ここで二泊しました。



ロビー。大きなホテルでした。



売店もありました。



プールが設けられた中庭の周囲に宿泊棟が並んでいました。



泊まった部屋。普通の造りでした。



翌朝に見たホテル玄関。



ホテルの中庭。

第八日目は、終日マラケシュ観光を行うことになりました。
コメント   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 マラケシュ... | トップ | さすらいの風景 マラケシュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事