魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

ほっき貝の剥き方

2010年08月27日 | 【魚介のさばき方】

ほっき貝。青森県は三沢がほっきの産地としても有名です。

お刺身でも、火を通してもおいしく食べられます。

でも剥き方が・・・

そんな方もこれをみれば大丈夫!



ほっき貝の剥き方


[ジャンル]


和食



[難易度]


★★☆☆☆




[調理時間]

10分








[[ 材料と分量 ]]・・・1個分



  • ほっき貝

  • 1個





[[ 手順 ]]

下準備



作り方



1 )
ほっき貝は貝の左右に貝柱があります。

貝と貝の間に隙間がある部分が、左右どちらかにあります。そこからバターナイフを入れ、左右に動かし貝柱を切り離します。反対側も同じようにします。



2 )
左右の貝柱が貝からはがれ、貝が開きます。

貝から取り出し、流水でよく洗います。





3 )
ほっき貝は身(写真上部)と貝柱・紐(写真下部)に分かれます。

紐には黒い部分があるので、取り除きます。

また貝柱と紐以外の濃いベージュ色の部分もすべて取り除きます。



それ以外は食べられないので全部取り除きます。



4 )
口のように見える水管部分は黒い膜がはってあるので、流水で洗いながらはがします。若干砂が混じっている場合もあるので、切り離して食べない場合もあります。



5 )
身に包丁を入れ、開きます。中の茶色やベージュ色の部分も流水で洗いながら、すべて取り除きます。



6 )
生のまま食べられますが、軽く湯通し(8秒くらい)して氷水でしめても、彩りよくなります。

刺身にする場合は、身を食べやすい大きさに切って完成です。



■ほっき貝は火を通し過ぎると硬くなります。














コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« イカとブロッコリーのミルク煮 | トップ | ほっき貝のサラダ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

【魚介のさばき方】」カテゴリの最新記事