魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

津軽の郷土料理!人参の子和え

2013年02月08日 | ~タラ(たらこ)~レシピ

真だらの卵、真だら子。
青森名物の魚卵・珍味の一つとしてとってもポピュラーな食べ物。

人参といっしょに炒り煮にした『人参のこあえ』は津軽の郷土料理として、大人から子供まで大好きな料理です。

1月中旬から2月下旬までが、ちょうど真ダラ子の旬です。
生の真ダラ子を使って作るもよし、保存の利く冷凍塩漬けの真ダラ子を使ってもよし!

ただし、塩漬けの真ダラ子を使うときは、必ず塩抜きをしてから調理に使ってくださいね!

■塩まだら子の塩抜き方法

<材料>
・塩まだら子
・ボウル
・目の細かいザルorキッチンペーパー

<手順>

①解凍後、皮に切れ目を入れる。

②中身を包丁でそぎとる。

③流水でしっかり洗い、半日ほど水につけ、塩抜きをする。

④目の細かいザルに取り、しっかりと水気を切る。
※目の細かいザルが無い場合は、通常のザルの内側にキッチンペーパーを敷いて水気を切ってもOK

■にんじんの子和え

<材料と分量>・・・5人分
・にんじん・・・2本
・真だら子(生or塩抜き済みの物)・・・300g
・糸こんにゃく・・・250g
・高野豆腐・・・2丁
・めんつゆ、みりん、酒、油・・・適宜

<作り方>

①まだら子は酒をふり、ほぐしていく。

②千切りした人参を油で炒め、糸こんにゃくを加えてしんなりするまで炒める。

③小口切りにした長ねぎを入れて、更に水を100ccぐらい加え、めんつゆとみりんで味付けをする。

④まだら子を加えて白っぽくなったら、最後に高野豆腐を加え、弱火で2、3分ほど蓋をして煮込む。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ひらめのソテー | トップ | 塩まだら子の塩抜き方法 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

~タラ(たらこ)~レシピ」カテゴリの最新記事