まほろばの泉

亜細亜人、孫景文の交遊録にある酔譚、清談、独語、粋話など、人の吐息が感じられる無名でかつ有力な残像集です

また、台湾から贈りものを頂いた 15 5・19再

2017-04-23 09:14:28 | Weblog


熱情的擁護ですが・・・


それにしても盗人猛々しいとは日本の対応である。
どこの国よりも早く、たくさん援助を頂き、慰霊式典では国扱いもせず二階の一般席に追いやった。
この対応には日本国民は怒った。本国台湾では怒ることもなく哀悼と復興を祈った。
政府はともあれ、国民は、いや市井の朋友同士は堅い絆があった。
あれは、台湾地震や風水害の時のお返しだと澄ましていたが、被災者に心情的負荷を掛けまいとする朋友ならではの深慮だった。

今回は産地偽装ラベルによる強欲的商行為による悩ましい事件だ。それは詐欺事件だ。
台湾の消費者は高価でも日本の商品を求める。それは台湾における先代日本人の大きな信頼に基づく遺産なのだ。その遺産を食いつぶす忘恩的行為に消費者は「まさか、日本人が・・・」と困惑した
政府を通じて善処をお願いした。しかし、何の理由なのか不作為的後回しという日本官吏特有の対処しかできず、しかも明確にもならず、時を弄した。日本人は「消極的無責任民主主義」に慣れているのか、うやむやが好みだが、台湾の消費者は「積極的民主主義」ゆえ、日本の対応が生ぬるくスローに見えた。
また、自国政府にも強く出るように要求した。

当初は「偽装ラベル」についての犯罪的行為が明確に処理され、再犯防止策の要求だった

どうしてなのか、日本側は数カ月経っても明確な答えは出せなかった。
狡猾な官吏は言い訳を作った。「あなたの基準設定は科学的根拠がない」と。

あろうが無かろうが、「産地偽装という台湾諸費者をダマす犯罪的行為をやめてほしい」という切なる声に、日本政府は後付の言いがかりをつけた。答えにはなっていないことは日本国民がみても明白だ。







台湾外交部 



時をおき、交渉当事者は収拾策を考えた。もちろんメンツの立て方だ。
それは、当初の被害者である台湾消費者の気持ちが収斂されるのを待って馬総統は「短期的処置」と譲った。ただ、台湾消費者の偽装ラベルにおもう、放射能の健康被害意識の理解と受容のために共通の基準を考えてほしいと付け加え、日本側のいう科学的根拠の争いより、元々の問題発生であった「犯罪的産地偽装ラベル」という法律上の問題に対処すべきだとコメントを述べた。
それが明確になれば貿易は再会すると・・・



多くの日本人が考えても台湾に理はある。だから自信を以て譲れるのだろう。金持ち喧嘩せずとはいうが、ここは「知恵持ちは争わず」だ。
いくらWTOに提訴するといっても結論は数年かかる。これでは日本の生産者が干上がってしまう。日本は脅かせば腰を折るとでも思っているのだろろうか。もし大国の中国や米国だったら抗弁もせず唯々諾々と従う日本官吏だが、友邦意識の強い台湾消費者に四角四面の後付け理屈を振り回す当局者に同胞として恥ずかしい限りだ。そんな薄情な気持ちで国内の被災地や弱者にあたっているとしたら、国民のうつろいの原因は彼らにあると云わざるを得ない。
何よりも美辞麗句を唱えて財布をふりまわして仲間づくりをするような、稚拙な外交の心根がよくみえる。

故リ・クワンユー・シンガポール首相は日本を非難する某国に、「日本はアジアの兄貴分だから責めることはない・・」と、マハティール首相は「ルック・イースト」と、日本を見て見倣う運動を提唱した。台湾の李登輝総統もそうだった。

武器を揃えれば使いたがる。金が余れば無駄を生ずる。その使い方でも人物が読み取れる。
地位が上がったらどんな友人を持つか、あるいは登用するかで人格が見える。まして、力が有ったらどのように行使するか、敗者や小国にたいして譲る心があるか、など東洋が主張する人間の資質や人格を観察する良機でもある。

それが無くなったら人心は乱れ・離れ、利を企図する諸外勢力は侵入する。
それは軍備や経済など、努力すれば数値が上下するその多寡を比較したり、競う国力比較より、諸外国の市井の人々に普遍な深層の情緒こそ、真の国力だと認知しない愚かな為政者の亡国への道だ。












今回は、また台湾からの贈り物を頂いた。
日本人の作ったものは信頼できる。それは物に似して日本人を信頼できるからだ。その日本人が大変な時は同感し精一杯の努力を提供する。それは信頼を維持し、信ずる心を持ってたいからだ。
日本には欠けてきたが、家族や縁者の関係は大切なことだ。それは日本の先人が唱えていたことだ。
その子孫となる子供の健康にはことのほか敏感だ。台湾には台湾が台湾であるべく依って立つ心と習慣がある。それは日本人と同様な、嘘をつかない、人を困らせない、協働する人々の連帯だ。
だから、今回は嘘をつき、開き直って弱いと思った相手を非難するその姿に期待がそがれたような気持になったのだ。

だが、当初の被害者の台湾が譲ることで、日本も冷静になってきっと歴史の恩顧を想いだしてその態度を改めてくれるだろうと期待する。友邦にはメンツを外し、一歩譲ることでも台湾市民は怒ることはない。
それでよい、それが大人の態度だと理解するだろう。

私たちの当然な義志(義捐・ボランティア)に日本の若者はわざわざ台湾に訪れて感謝をしてくれた。それは熱狂的な友邦に対する有り余る行動だった。台湾の人々は歓迎して、これこそ将来の日本人だと友誼を確信した。

些細なことだ、分ってくれればよい、その寛容に対し日本人は再度台湾の存在を考える善き機会としていただきたい。消費者の好む日本製品であるからこそ、間違いがあってはならないと考えてほしい。

筆者はそのように感ずる

それにしても親台派といわれ、永年便宜供与を受けた議員や学者・言論人が声を挙げない不思議さがある
古老は「お土産?が足りなかったのか・・・」と嘆息していた。

コメント

私人だとか公人だとか騒がしいが、大事なことには無関心

2017-04-19 18:12:42 | Weblog

            郷の匠 三寸の猿

              現在の狡知は「見ていない・聞いてない・言っていない

 

ゴマメの歯ぎしりのような戯れですが・・・

近ごろ公に位置して職を食む公務員という一群が弛(ゆる)んでいる。

多くはハレンチ行為と公権力の恣意的運用だが、ここには上司や力のあるものに阿(おも)ねる「忖度(そんたく)」とやらが流行りだが、これから先は金にまつわる問題が起きるだろう。あの舛添減少で噴出した俗称「せこい」行為が政務活動費の遊興利用や、官僚も本省の先陣を切って文部省から噴出した。

 

流行り言葉になった忖度だが、陛下の言動を拝して輔弼であるべき公務員が大御心を忖度するなら陛下も忠恕心でお応えするだろうが、暗記学歴の大の男が宰相の女房に忖度するようになっては統治機構もお先は知れている。忖度の下心は高給担保の地位保全では、いよいよ国民は陛下にすがらなくてはならなくなる。

 

共産党や過激労組の扇動で混乱を起こしても多くの国民は踊らない歴史がある。しかし法治国家と大儀を言いつくろっているが、法が彼らの詭弁を飾り国民を収斂管理して税や罰金を徴収するなら、また失業対策と成り果てた選挙の結果を盾にとっても、多くの投票率が半分を切ったら統治機構そのものが信頼されていない証拠だ。与野党ともあれ立法だけでなく、行政・司法を含めた三権が弛んできたのでは将来はおぼつかない。

 

天皇下座して上皇とお成りになっても、いずれの期に忠恕ある大御心を発して戴けることを国民は息を潜んで待ち望んでいる。三権の食客や周辺知識人は憲法に反すと騒ぐだろうが、国民を背景にした陛下の言はたとえ親(たおや)かであっても宰相の言よりは重い。

 

複雑怪奇な外患は諸外国の思惑にからんで危機として世情を騒がすが、内なる賊は岩にこびり付いた苔や伝染したバチルスのごとく解決の難しい状態に陥っている。まるで押したり引いたりズルズルと現下の情況になった北の国のようだが、とどのつまり内外とも惨禍が到来するまで治らない、つまり国を亡ぼすのは無関心というどこかの賢人の言だ。

 

            

       桜はどこにでもあるが、リンゴの花は静かな郷にしかない

 

世情は、まさに議員たる公人が騒がしくも争っているが、どちらでも張り付け膏薬のごとく、どこにでも姿を変える論争だ。役人や弁護士あがりが多くなったせいか、まさに「智は大偽を生ず」ごとく、狡知を駆使して権力なり大向こうの大衆を屏風にして、しかも手前勝手な便法を使い言い争っている。「智は大偽を生ず」とは、「智」でなく単なる知った、覚えた、暗記した類のニセの「知」であるが、使いようによっては「痴」になるものだ。

 

しかもその知の目的は正邪の分別ではなく、己を飾り、自らさえ欺いて権力に阿諛迎合する詭弁でしかなくなっている。とくに為政者ならずとも監督すべき官僚の顔色を窺い、見え透いた嘘で、真に国家に憑依しつつ暗雲となっている官僚社会主義と揶揄される彼らを隠し守っている。

一度は政権についた野党もしかり「お前たちだって」と、あげつらわれれば話題をすり替える。彼らは「論点を変えて・・」と、うそぶくように心根が定まらないのは選挙を我が身の失業対策運動と成り下がっている津々浦々の地方議員と何ら変わることはない。ゆえに狡知を搾りだす官僚の手のひらで踊るのは与野党問わず議員の実態であり、大多数の国民も承知している。


筆者はどちらでもよいことで相手が有効とするなら公私の分別もなく利用するものだ。要は使われることが不特定多数の利福を前提とするなら公人の行為、己や特定のことにその優位さを用いるのなら私人と考えればよいことだ。

 

どちらについても後の言い訳はつくことだが、私人とて公的任務を帯びた行為をすることがある。ただ行政の便宜を図る場合でも運用者は人物を観る。高学歴無教養といわれる彼らだが、気になるのは人事昇給と生涯賃金だが、このブログでも再三取り上げる「昇官発財」にある隣国の宦官のようになっている。どこでも似た者同士だが、隣国の明け透けでリアルな欲望追及とは異なり、煩雑で重層された便法によって、間違いさえなければ墓に入るまでの生活保証は担保している。亡国の使徒となっているような世の多くの母親は我が子に「公務員になりなさい」と、単なる俸給安定目的で盲従を勧めている。

 

つまり似て非なる「公人」になることを勧めているのだが、競争好きな母親の嫉妬は家庭の充実といわれる幸せ価値まで変容させ、国家なり社会の基礎的要素である家庭までうつろな状態においている。それは私的要件で「公人」を作り出す一方の教育システムではないだろうか。とりもなおさず国家が生活保障をしてくれる状態だが、前記した官僚社会主義が極まった姿として歴史は戦前の軍官吏の跋扈した暗雲の再考を促すだろう。

 これらの情況に対して、あまりにも政治は無力だし国民も呆れているのか、諦めているのか無関心だ。

コメント

デモ・クレージーと人物を得ない議会 再々掲載

2017-04-10 08:05:10 | Weblog

                                                       

 

 

ある日のこと白山の自宅書斎で碩学は紫煙をくゆらせて呟いた。

デモクラシー変じてデモ・クレージーになると人物二流でしか議員になれない

 

古典(昔の格言や栄枯盛衰の逸話)を活学することによって世の中の表れる関係性が幾らか解かるようになるが、単なる知った、覚えた類の数値評価や選別では本質は見えない。

もともと人が群れあう中では様々な現象が表れるが、単なる客観的評価や論理では事は動かないばかりか、問題発生に於いての解決はおぼつかない。

 

標記のデモ・クレージーだが、多くは欲望を誘引し虚栄や競争を促すものに安易に乗じ、かつ受益があると錯覚する人間によって起こされる姿だが、ことに一義的にマスコミや政治のせいにするが、自他循環からすれば、それは生きること、活かすこと、死ぬことを基とする人生観を亡失した自意識の内観に因を求めない限り問題すら見えてこない。

つまり、他に関するおびただしい情報や、本(もと)立って道を生ず、といわれる自己の認知や確認をスキップした単なる知の集積では何の役にも立たない。

 

よく、己を知らずして相談なり議論をすると、いつの間にか疑問に対する争論や抗論にもなってしまい、堂々巡りの理解はとどのつまり問題(疑問)の本質は己そのものを知らなかったことに生ずることが多いようだ。コンサルタント頼み、議員の官僚たのみ、占い過信、むやみな情報収集などは、自身の力足らずを他に委ねることに他ならない現象だ。

 

そもそもの政治なるものを語らず、政局なり選挙を政治と錯覚して口角泡を飛ばす庶民の居酒屋談義などはその好例だろう。

 

自他循環とは、自分と他が存在する社会を全体として、その全体の一部分という「分」が互いに干渉しあい、舐めあうように互いの特徴の優劣さを交互させる他人と己の関係を際限のない運動として繰り返す自己愛と他己愛の姿だ。あくまで優劣は自己の認識と他からの認識があり、時として変化するものだが、それぞれの関係はつねに補い合ったり反目しあったりして、定まった認識はなく時々の条件で是非も変化する。

その循環回転はスパイラルのように上下したりするが、前記した自己愛が優先すると循環バランスを崩してデモ(集団)が混乱してダッチロールを起こしたかのように収拾がつかなくなる

 

とくに価値観の錯そうは同じ生活圏である家庭や友人関係、職場においても、あの時は、あの場合は、今と異なる環境などと人間の個体で解決できるものさえ法や内規に委ねるような組織内での個々の分裂を引き起こしている。

教育でもそもそも収斂化されて効ある学派が、異なることを除外排斥して派を構成するようになると、分派された専門域が全体から分裂して、かつ夫々の群れにリーターなりボスを推戴すると全体の用となる学問の意義さえ亡失してしまうようになる。また、全体を統御なり俯瞰視して構想を企図するゼネラリスト的多面的視野、あるいは各分野の関係性を習熟するような人物(リーダー)観の乏しい人ことも因をなすようだ。

 

世の中の集団化されたものとして、政党、役所、企業、宗教、あるいは国籍や男女の性別まで分派されたようにカテゴリーとして集団化されている。仮にその集団に「色・食・財」の本姓的欲望を添加した場合、具体的には多勢を恃んで待遇、便宜、優越性といった欲望を抑制できない状態が現れる。

それが競い、せめぎあい、排除したりすると世の中の現況になることも人々は気が付いている。

コメント

慎みの乏しくなった権力 15 3/20再

2017-04-03 19:12:55 | Weblog




戦後レジュームとかの脱却・・・・・

レジームとはフランス語で体制だが、安倍総理が就任時に頻繁に唱えた戦後レジームと云えばヤルタ・ポツダム会談後の連合国戦後体制、つまり日本でいえばGHQ(連合軍総司令部 ダグラスマッカーサー司令)が作り上げたという日本の戦後体制である。それは憲法条文や教育、土地税制、医療保険、防衛など多岐にわたり、一方でいわれるところの日本弱体政策といわれたりしている。
安倍総理はその習慣的思考が及ぼす政治政策や官吏の立案形態を「脱」という言葉で変えようとしている。それはレジュームのもう一つの意である「管理体制」下に構築されたという前提のもと現体制のレジュームチェンジだ。

しかし、「脱」と問題意識をもっても、今更ながら「脱」は出来ない、好まない一群がいる。しかもそれが政治中枢の周囲を取り巻き、「脱」の影響範囲を狭めている。要は、この部分だということに気が付いていないだけでなく、それらによって岩盤のようになったレジームを政権の背景力として互いに利用し合っている可笑しさがある。何を基にしているのか政権が安定すると、その内にレジームの踏襲こそ平和安定の基であるなどと言い出しかねない。そのくらいに総理を操る力をレジームはもっている。

天に唾するようなことだが、安倍総理は安倍晋太郎の子息、母は岸総理の娘。それゆえ彼のバックボーンは実の父より、岸元総理の血脈として喧伝されることが多い。
戦前の商工省、満州官僚として統制経済を牽引した。統制経済は集中資本、統制管理によって黎明期の満州経済を発展させ、その試行成果をもとに戦後は興銀を中心に重厚長大産業といわれる鉄鋼、造船、鉄道、エネルギーなどの産業を興している。まさに戦後復興は満洲の映し絵のよう近似政策だ。
私事だが、その満州人脈が会した新橋の国際善隣会館に唯一戦後生まれとしてその老海に漂い、取り付く島の縁に逍遥していたことで満州実情を大観させていただいた。

復興経済は多くの功罪を遺した。その副作用なのか、基幹産業を育てる過程で時世をにぎわす政財界の贈収賄が数多発生した。造船疑獄、インドネシア・フィリッピンの賠償利権、韓国地下鉄利権、アラブ石油利権、穀物利権など内外政治家と経済界、はたまた高級官吏を巻き込んだ汚職腐敗が蔓延った。
しかも、どこの派閥はエネルギー、他方は建設や電波利権、どこそこは文教(教育・技術)やODA利権など、国民からすればとんでもない利権が構築され、いまでもその系譜には手を突っ込めない状況があるという。つまり改革、省庁統合、独立行政も裏を返せば利権の再構築(陣取り)のようだと新進官吏は嘆く。

つまり戦後体制は戦前の軍刀に怯えていた連中が、GHQにお追従して手に入れた新世界なのだ。維新も欧米の植民地侵攻の怯えと対応を失くした幕府を倒し、美味い飯を奪った結果だが、その小人然とした貪りを西郷は慚愧を抱いたのだ

今度も外来の侵攻軍だ。戦前の体制は倒れ、人物二番手が疲弊した戦後を曲がりなりにも担った。だからドサクサの奪い合いが起きたのだ。それが戦後レジームの恩恵を受けた群れであり、その血脈をつなぐ二世、三世の世襲議員が無くならない理由でもある。
ことさら抹香臭くも青臭い、または左翼(欲)掛かった立ち位置でいうのではない。あくまで下座観がそう観るのだ。










貧者のヒガミ根性なのか、日本人に染みついた習性なのか、今ほどウルサイ眼が無かった頃、政治家は井戸塀から金満に変わった。都内に大きな邸宅を構え、郊外には別荘、不思議に思っていると未公開株や情報有りきの土地ころがし、穀物やエネルギーの外交利権など、官吏の狡猾な知恵を寸借した蓄財が指摘されるようになった。また、もともと財を成した二代目議員は狡猾な官吏出身議員の財布代わりになって没落したものもいる。「戦禍に倒れた人々のお蔭で繁栄した」、とはいうが、西郷の言葉を借りれば「こんな国にするつもりはなかった」だろう。それが遺伝子となって政権与党に群生する忘恩の徒を増産している。
それが、人心の衰えた権力に寄り添う者たちの戦後レジームなのだ。

官吏、政治家、軍閥の姿は、現在の官吏、政治家、官警、と何ら変わることのない御上御用の姿として国民は眺めている。数値比較ではなく、深層の国力というべき人心、情緒をみるならば確かに、戦後レジュームは戦前のそれと大きく異なる。しかし本来の問題は維新後のレジューム(体制)は、日本及び日本人の姿を根本的に変質させてしまったことだろう。

文明化は便利性とともに到来する。そして誘引されるように起きた情緒性の齟齬は近ごろの世代間の断絶どころではない。棲み分けられた地域に複雑な要因を以て構成され継続した国家なるものと、そこに棲む民と称される人間の親和性、すすんで連帯と調和心が、時とともに融解している。その憂慮に為政者の関心は薄い。その意味では、昔はそれを慎みを以て鎮考した為政者がいた。





ともあれ、戦勝国に迎合した知識人や議員、当初GHQの急進的もしくは試験的に試行しようとした勢力によって、あえて戦前・戦後と裁断された歴史的継続性だが、その後の至るところの各分野で馴染まない齟齬をきたしている。それは環境資質を基とした棲み分けられた人間の特徴ある姿の変質だ。

一方、その戦後レジームという安倍氏の云う紛い物の体制だが、ドイツの剛毅な反応と異なり、憲法のみならず、税制、教育、土地改革など、骨抜きや面従腹背を得意とする官吏や迎合政治家は巧妙にも自らの利権として戦後体制にバチルスのように寄生した。
他人から与えられたパッケージだからと理由にするが、GHQのみならず現在の日米関係は「年次的要望書」にある、建設工事の透明化は談合排除、金融・保険は市場参入の自由化、医療の自由化、郵政改革は保険・金融の分離と自由化、それらの政策は治安当局のショック策を巧みに援用して市場開放と彼らの云う自由化に突き進んでいる。正規、非正規といわれる雇用問題も要望書の切り取りだ。



ここで問題なのは、戦後レジュームの恩恵を受けてきた公職者は食い扶持土俵を毀損することなく、その身分のようになった安定担保職を変わることなく維持している。
西洋感覚でいえばタックスペイヤーは変化に晒され、タックスイーターはお咎めなしの状態だ。その群れが弛緩した戦後レジュームの守護者なのだ。それが安倍君の視点にはない。
例をひいて恐縮だが、南欧のギリシャ、もしくは後進社会主義の国情だ。


憲法だが、ことさら組織や体制、もしくは法治の基となる条文を変え、整えたとしても世の中(国風)は変わらない。書き物や制度で民族を収斂し国家として成さしめても、単なる形式的国家としてしか成立しないだろう。法がことさら証明したり説明したりするための具では無いことは承知しているだろうが、それしか方法がない、つまりそれに数字を付け加えれば唯一の正しい答えとする固陋で許容量のない思考法しか導けない人間の習慣性の問題を考えることもない。神棚は汚れ掃除しなくてもお札は鎮座している。ときおり願い事のために手を合わせるが、エゴの利益には効能もない。













筆者がおもうに、これこそ戦前・戦後のみならず、明治に遡る「脱・模倣レジューム」だ。
あの頃は、法はドイツ、イギリス、教育はフランス、海軍はイギリス、陸軍はドイツと拙速な模倣だった。何よりも人間が西洋カブレに陥っていた。
また、そのモノマネに真や核というものを拙速にも置き忘れたために起きた形式欠陥が、その後の虚飾された経済力や軍事力に依存した国風となり、民風は人心すら微かなものとなってしまった。

世上では余りにも明治維新の異業などと喧伝するものだから、偉人、先覚者と顕彰される英雄や知恵者を汚すこともできず、その背後や後の場面で巧みに、時に狡猾に立ち回った連中によって近代模倣国家が曲がりなりにも出来上がった。
そして藩民は「国民」と呼ばれ、「国家」なるものに収斂された。
繰り返すが、西郷は「こんな国にするつもりはなかった・・」との意を語る。鉄舟も海舟も松陰もそんな慚愧の気持ちだと筆者は拙くも推測する。

教育はフランスかぶれの森有礼が持ち込んだ人権や平等、自由を編み込んだ啓蒙思想を文明の証として制度化した。それに直感し諭したのが明治天皇だ。(聖諭記)
理科、物理、法科は見るべきものがあるが、果たして相となる人材を養成することはできるだろうか・・つまり部分専門家は必要だが、多面的、総合的に内外の歴史を俯瞰して将来を推考する「宰相」を養成することは、この形態では適わない、という指摘だ
今もってその残滓は教育が立身出世の具となり、その弊害は先の原発被災時の東電経営者や監督官庁の官吏、そして選挙で選ばれた為政者たちのエリートと称される階層に、明治天皇の指摘を想起するのだ。

「現場は世界一だ、比して日本はエリートの養成に関しては失敗している」とは、世界中のジャーナリスト、有識者の感想だ。これこそレジューム(体制)に安閑と巣を営む明治以降変わることのない残滓なのだ。いわゆる「脱」はこの部分であり、名利と安逸を最善の欲望として貪る者たちのコントロールの欠如なのだ。つまり欲望の自己制御を学問の基としておかず、互いに素餐を蝕む群れこそ、脱レジームの根幹をなすものであり、ここに視点が及ばないことこそ政治の放埓を招いている原因でもあろう。







ならば、どうしたら、こうしたらと堂々巡りの戯言が騒がしくなるが、先ず問題意識をもって明治以降の歴史の変遷を我が身に置き換えて内省してみたらよいだろう。
欲望についても「色、食、財」がある。世につれて対象と目的は変わるだろうが、この欲望のコントロールはどうだろうか。「数値」については法治、人治、そして数治になっていないだろうか。「知」について、質より量が単なる知った、覚えた類の学になってないだろうか。あるいは「色」にある性別、情欲が禽獣の別を弁えているのだろうか。「人物観」について一過性の数値の多寡や儚い名利に憧れたり、追従していないだろうか

学校では教えてくれなかったという。
もともと、官制の学校制度は数値競争と知の遊戯のようなもので、人間そのものを悟る場面ではない。習いはあっても「倣う」対象は少なくなっている。

未完

イメージは関連サイトより転載

コメント