趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

生暖かい風

2014年11月30日 13時25分26秒 | 環境に関する話題
昨日は冷たい雨じゃなくて生暖かい雨が降った。朝窓を開けるとこの時期には珍しいなんとも云えない暖かな風が吹き込んだ。「嫌な風だ」ふとつぶやいた。

寒気のデータを見てビックリ。今日の9時の時点で、寒気は北緯40度ラインよりも北にある。それだけ太平洋側からの湿った暖かい空気による雨だった事がうかがえる。

ところが3日の水曜日の午前9時時点で、北緯32度ライン(熊本あたり)まで南下する予想になっている。上空5000メートル・マイナス24度真冬並みの寒気だ。

上空1500メートル・マイナス6度の平野部でも雪を降らす目安の寒気も広く西日本全体を覆う。
もしかすると各地から初雪の便りが増えるかもしれない。

明日から寒気が南下する。わずか2日で上空の気流が一気にマイナス30度付近まで冷え込むわけだから、北極振動の影響は凄まじい。


こっから先は妄想を交えた偏見なのでスルーして下さい。


シベリアや北欧地方の永久凍土(最近はめっきり少なくなっているそうだが)から見つかる恐竜の標本からは急激に凍りついた形跡が多く見られている。大規模な北極振動が発生すれば日本も空想・妄想の世界の話ではなくなる。

様々なエッセンスはSF映画の中にちりばめられている。インデペンデンスデイ・ザコンタクト・ザデイアフタートゥモロウなどなど例をだせば切が無いが、その中には極秘対応策までも暴露されている。

人間の考える事は皆同じだ。現実にできるかどうかの違いだけである。

現代医学は悪い箇所は切り取る。さもなくば移植する。その側面からはとてつもなく発達した気がする。しかし、地球はそれが出来るだろうか?

とてつもなく巨大な第三者が汚れた箇所を切り取る事ができるだろうか?おそらくは出来ないだろう。

かつて、彗星を捉えて突入させた事もあったが・・・。

恒常性が様々な振幅として環境変化をもたらしていると考えるべきではなかろうか。自分で自分の体の異常個所を見つけて治療を始めたと捉えるのが自然ではないだろうか。

北極振動が激しくなれば、どこか人類のありようがこの星に適していないと地球が訴えているのではないだろうか。などと妄想してみた。


追記・・・1時間ほど前に非常に長い地響きの様なとても嫌な音を感じました。何かの前触れでなければ良いのですが・・・。データ的にそれらしいのは見当たらないです。うーん・・・幻聴?違います。あの周波数はとても嫌な響きです。念の為にお気をつけ下さい。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« また雨か・・・。 | トップ | 明日から真冬へ・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

環境に関する話題」カテゴリの最新記事