趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

昨今のLED電球

2012年12月14日 17時31分35秒 | 環境に関する話題
今日は疲れたので早めに作業を終えて更新です。日が暮れると急激に冷え込んで来ます。
アルミ製の脚立を素手で触ると貼り付いてしまいそうです。そんなに山奥ではないのですが・・・。

さて、今日のテーマ「昨今のLED電球」なんですが、明るさの基準がルーメンという単位に統一されたようです。数字が大きいほど明るさも増すわけですが、それに伴って当然のごとく消費電力も増すわけです。この傾向は変わっていません。

1000円以下で買えるLED電球から5000円を超えるような電球まで様々なのですが。やはり、やはり、安売りのLED電球には気を付けた方が良さそうです。

3個買って、2個アウトでした・・・。別にちゃんと点灯するからその点は問題は無いのですが、の耳はわずかな音(交流を直流に変換する際の音)が耳について仕方が無い・・・。古くなった蛍光灯なんかはその音しますけどね・・・。

でも3個買って1個は音がしないので、使っている部品のバラツキなんでしょうね。
国内電機メーカーのLEDが1個約1500円するところ約700円くらいで、ほぼ同じ性能ですからね・・・なんだか安かろう悪かろうって感じなんですがね・・・。

私が特異体質だからだと思いますので、普通の方はまったく問題無いと思いますよ。

製品自体は消費電力5.9wでとても明るいですからね。ある意味進歩したと思います。

ちなみに国内電気メーカー製は、3個買って3個とも音に関しては問題無かったです。

私のように音に敏感な方は、国産のLED電球の方がリスクが少ないと思います。
ただ、若干消費電力が大きいです。

電球として考えた時に、かなり高価な製品なので、ある意味じっくりと品定めした方がベターかもしれません。
コメント