いのちの森の日

「自然観察」や「自然遊び」を通して、自然の大切さやいのちの大切さについて、遊びながら学んでいます。

11/10(土) いのちの森の日のご報告です。

2018-11-10 20:07:32 | 毎月のご報告
今日は、久しぶりにいのちの森での開催です。
今朝は7:00~準備を始めました。
ドラム缶を2個出し、焚き火の準備。 燃料を運搬。
ベンチ、長机の設置。 2m×2mの段ボールのパネルを設置して、プログラム「種の旅」の資料を掲示。
ボルタリングの壁の組立、登り棒に設置。
ハンモック3個の設置。
「種の旅」のポイントの設置などなど、あっという間に9:30になりました。

11月とは思えない暖かい日となりました。
参加者は、48名。 スタッフ10人でした。
今日は、21歳の卒業生が手伝いに来てくれました。
また、植草学園大学の学生さんもボランティアとして参加してくれました。
6年生や中学生も、久しぶりに顔を見せてくれました。

先ずは、「種の旅」。
植物は、子孫を残すため、様々な工夫をしています。
その不思議を知るためのプログラムです。

次のプログラムは。バードコール作りです。
いのちの森の木の枝(穴を空け準備をしておいたもの)に、タップで溝を彫り、丸管ボルトをねじ込んで、紐をつけて完成です。
ねじ込んだ丸管ボルトを回すと「キュッ、キュル🎵」と、回し方によって鳥の鳴き声がします。 野鳥とお話してみて下さい♪

プログラムとプログラムの間の自由時間は、ターザンロープをしたり、ハンモックにゆられたり、森を散策したり、自由に過ごします。
一人の女の子がこんなことを言っていました。
「いのちの森に来ると、時間がゆっくり過ぎていくんだよね🎵」と。
そう感じてくれていたら、うれしいですね✨

11:00頃には、焼き芋が焼きあがりました。
おいしかったですね🎵

11:45~閉会式と集合写真。
以下、今日の様子です。


コメント

7/1(日)流しそうめんin植草共生の森 

2018-07-02 10:29:12 | 毎月のご報告
今日は、まさに夏本番!
9:30~開会式 日程、プログラムなどの説明の後、竹の学習。
  まずは、全員で植草共生の森のガイドウオーク。
  千葉の雑木林の3つの木(コナラ、クヌギ、イヌシデ)をグリーンアドベンチャーのパネ  ルを見ながら、解説。
  流しそうめんの樋、お椀、お箸になる竹を切りだした竹林も見て頂きました。

植草共生の森を一周して、水辺ビオトープに隣接する<子どもの広場>に戻り、水分補給をしたら、竹のお椀と竹のお箸作り開始。

竹を切るのは、結構大変。 四苦八苦しながらも、何とかお椀を完成させました。
また、竹のお箸作りは、「ナタ」で竹を割り、作ります。 普段は、「ナタ」を使うことなどない親子も、頑張ってお箸を作りました。 どちらも、仕上げはサンドペーパーで。

出来上がった人は、水で洗い、かき氷を食べます。 食べにくい人ように、お椀も用意しておきました。 流しそうめんまでに5杯もかき氷を食べた子どももいたようです!

流しそうめんの準備ができた人は、自由時間です。
子どもの広場では、ツルのターザンロープやブランコ、ハンモックやツル登りなど、子どもたちの歓声が絶えません。

12:00~お待ちかねの流しそうめん。 恒例の竹の樋の熱湯消毒の後、いよいよ開始です。 約6mの樋を6本繋いでできた樋100人の参加者で満員に。 植草学園大学の学生さん、稲毛二小の卒業生が流してくれました。

また、そうめんを茹でる係も植草学園大学の学生さんと稲毛二小の卒業生が頑張ってくれました。 高校生になった卒業生が、今まではやってもらってただ楽しかったけれど、初めてスタッフの側で手伝ってみて、こんなに大変なことをやってもらっていたのかと初めてわかりましたと言っていました。 

そうなんだよ♪ たいへんなんだよ♪

でも、子どもたちは、参加して楽しめばいいんです。
いつか、大きくなって気づくことがあったら、自分の前にいる子どもたちに返してあげて下さい。 

流しそうめんの締めくくりは、デザート流し♪

その後は、自由遊び。 子どもの広場で遊んだり、ザリガニ釣りをしたり、弓矢を作ったり、かき氷を食べたり。 閉会式の14:00まで遊びました。
集合写真を撮り、14:30バス出発です。

                                                                                      

   

          
コメント

5/26(土) いのちの森の日のご報告です。

2018-05-26 20:57:50 | 毎月のご報告
今日は、お天気に恵まれ、約60人の参加がありました。
ご参加頂きましたみなさん、ありがとうございました。
お手伝い頂きましたみなさん、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

今日は、植草学園大学から2名のボランティアの学生さんが参加して下さいました。
ありがとうございました。

今日は、7:00前から遮光ネットを上げ、そのまま、いのちの森の日の準備を始めました。
ボルタリングの壁の組み立て、ベンチの設置、ハンモックの取り付け4箇所、受付のテーブル設置、笹茶づくり用作業台の設置、パネル設置、メダカやヤゴ、タニシ、カワニナ、シジミなどの生き物などの捕獲、あっという間に9:30。開会式です。
今日のプログラムの説明のあと、先ずは、生き物観察。
前もって捕獲しておいた生き物を観察しました。
また、シジミもいました。

それから、「かなへび」の紙芝居。
植草学園大学の学生さんにお願いいたします。

ここで、お菓子をもらって、給水して、休憩タイム。

次は、ゴムパッチンづくり。
木の枝をYの字に加工したものに、輪ゴムをひっかけて、シュロガヤツリの茎を4cm位に切り、半分に折って、そのゴムにかけて飛ばします。

しばらく遊んだあと、木(イロハモミジ)が水を吸い上げる音を聴診器で聞いたり、内視鏡カメラでクマバチの巣穴を見ました。

アズマネザサをとり、笹茶を作り、ヨモギまんじゅうを頂きました。

最後に、いのちの森に入り、カシワの葉のお話しをしました。
カシワは、春になり、新しい葉が出たら、古い葉が落ちます。
縁起がいいということで、5月の節句におもちをこのカシワの笹に包んだのが、「カシワモチ」です。 カシワの葉をお土産に持って行くよ帰ってもらいました。
綺麗に洗って、お皿にして、何か食べてねと渡しました。

集合写真をとり、閉会式。
片付けも、参加者のみなさんが手伝って下さいました。
ありがとうございました。

休憩時間は、ターザンロープやボルタリングをして遊びました。
コメント

4/14(土)いのちの森の日のご報告です♪

2018-04-15 12:36:55 | 毎月のご報告
今日は、今年度最初のいのちの森の日でした。
おてんきに恵まれ、約60人の参加がありました。
ご参加頂きましたみなさん、ありがとうございました。
お手伝い頂きましたみなさん、お疲れ様でした。
また、今日は高1の卒業生が手伝いに来てくれました。
いのちの森で遊んで育った子どもがこうして訪ねて来てくれることは、本当にありがたいことです。

今日の開場設営は、6:30からボルタリングの壁、学習用パネル、ベンチ、受付、新緑のスタンプラリー,ハンモックの設置などを行いました。

9:30開会式。
矢ヶ崎さんから、シイタケのホダ木を見せながらシイタケの説明。
強風で落ちた鳥の巣の紹介。ぬ
いのちの森の学習会に続いて、森のガイドウオーク。
いのちの森の歴史、マナー、ミニ自然観察などを行いました。

それから、新緑のスタンプラリー。
8本の木のスタンスを押しながら散策しました。
ちょっと、難しかったでか?

時々、お天道様がのぞくようになり、気温も上がってきました。
森のハンモックでゆらゆら♪
子どもたちは、ターザンロープで、風を感じたり、森を散策したり、ボルタリングの壁を登ったり、下りたり、自由時間を楽しんでいました。
草鉄砲作り、草笛作りもしました。

先ほど、観察した樹木の若葉や野草をてんぷらにして頂きました。
持って来た、おにぎりと、お昼御飯です。
この時期の森の中は、ほんとに気持ちがいいんですよね♪

あっという間に、12:50閉会式です。
集合写真をとり、みんなで片づけをしました。

お土産は、キショウブ、セリ、ヨモギです。
お家でも、楽しんで下さい。

今後のスケジュールは、以下の通りです。
・4/28(土)大野台里山体験(田植え、楽焼、里山散策、基地づくりなど)
・5/19(土)運動会後、遮光ネット張り(ホタル育成のため)
・5/26(土)いのちの森の日(野点、ヨモギ餅作り、ホタルのお話、森のクラフトなど)
・6/3 (日)自然素材のクラフトin稲浜公民館
・6/30(土)若竹祭りin植草共生の森
・7/1 (日)同上         (流しそうめん、里山遊び、クラフトなど)
・7/14(日)里山の野草博士のなろう!(大野台の里山散策、野外料理体験、田んぼの生き物調査&草取り)
・8/18,19(土,日)いのちの森のメンテナンス

当日の様子は、以下の通りです。
                         

                                                                    
コメント

3/3(土) いのちの森の日のご報告

2018-03-03 19:33:30 | 毎月のご報告
今日は、今年度最後のいのちの森の日でした。
ちょうど「ひな祭り」の日になりました。
とても、暖かい日でした。

実は、今日は、すごいことがあったんです。
いのちの森を作る前に、幸二小のビオトープ作りを手伝っていたのですが、そのとき小学生 だった子供がお母さんになり、子どもをつれていのちの森の日に参加してくれたんです。
20年ぶりの再開❗ うれしかったです🎵

まず、いなはまの里から頂いた「ニホンアカガエル」のオタマジャクシを観察し、子どもたちの手で、上の田んぼと池に放流しました。

残念ながら、いのちの森のニホンアカガエルは、産卵していませんでした。

続いて、いのちの森の春を見つけるため、横田がガイドをしながら、みんなで散策しました。
イロハモミジやコナラの芽が少し膨らみ、小川の中では、セリがひろがり始めました。
中の島では、タナツケバナの白い花が咲いていました。 クサイチゴ、キツネノボタンの葉も出ていました。 田んぼには、レンゲの若葉が開いていました。

つぎは、シイタケの「コマ打ち」です。
里山の雑木林を整備するために、木を切ることは林を育て、光が林床に届くことにより、野草が咲き、様々な生き物を育てる。 切った木は、シイタケのホダ木にして、シイタケを育てたり、として利用します。 ホダ木は3~5年で朽ちてシイタケがとれなくなると、クワガタなどの住みかになり、そして土に帰って行きます。 また「萌芽更新」により林に戻る。 繰り返される自然の循環が繰り返されます。
みんなでコナラのホダ木に、コマ打ちをしました。

11:00頃には、ドラム缶の釜でピザが焼き上がりました。
いかがでしたか?

「楽しかったこと」「やってみたいこと」を紙に書いてもらいました。
できるだけ、次年度のプログラムに反映させたいと思います。

そのあと、「啓蟄」と話。 「ひな祭り」のお話しをし、菱餅と雛あられを子どもたちは頂きました。

休憩時間は、ターザンロープ。

集合写真は、満開の河津桜の下。


写真の続き
                               
コメント

2/10(土) スノーシューに行って来ました🎵

2018-02-10 19:04:04 | 毎月のご報告
今日は、親子自然体験教室 スノーシュー in 奥日光に行って来ました。
稲毛海岸発6:00→奥日光戦場ヶ原9:30着
渋滞もなく、道路に雪もなく、早く着きました。

バスの中で着替え、スノーシューをつけて、林の中に入っていたのが10:30
唐松林の中をスノーシューで進んでいくと、ニホンジリスの足跡らしき足跡がまっすく続いていました。 初めてのスノーシュー装着も、子ともたちはすぐに慣れて、どんどん進んでいきます。 双眼鏡で野鳥やリスを探してみましたが、今日は見つかりませんでした。

11:00~林の中でココアを飲み、ちょうど一息🎵
それから、スノーシューで歩いて三本松茶屋へ。
12:00~13:00 昼食をとりました。

13:00~14:00は、駐車場後ろの雪山(除雪でできた山)に滑り台を作ったり、小さなかまくらを作ったりして遊びました。

荷物をつみこみ、14:07にバス発車。
羽生PAで1回休憩して、17:32稲毛海岸に着きました。

ご参加頂きましたみなさん、ありがとうごさいました。
お疲れ様でした。

もっとゆっくり遊びたい❗
そんなこんな思いをもたれた方も多かったかもしれませんね。
来年は、1泊2日のプランも検討してみたいと思います。

今日の様子以下の通りです。






コメント

1/13(土) いのちの森の日のご報告です🎵

2018-01-13 22:06:54 | 毎月のご報告
今日は、2018年最初のいのちの森の日が開催されました。
朝7:00~準備を始めましたが、気温は-2℃でした。
いのちの森も、校庭も、凍っている感じがしました。

それでも、9:00受付開始の頃には、だいぶ気温が上がってきてました。
9:30~開会式。 焚き火を3ヶ所で行い、2ヶ所の焚き火を囲むように椅子をレイアウトしました。

今日のスケジュールの説明のあと、まずは、「冬ごもりのスタンプラリー」です。
いのちの森の生き物たちが、寒い冬をどうやって過ごしているのか? それを探しながら、いのちの森を散策します。 田んぼの中のギンランマのヤゴ、池の中のヘイケボタルの幼虫、土の中のジグモ、冬の芽など。

つぎは、羽子板作りです。
大野台で桐の集成材を切断し、サンダーを掛けて準備をした羽子板にマジックで、おもいおもいに絵を描きます。 そして、羽根つき。
最近の子どもたちは、あまり経験がないのか、中々ラリーが続きませんが、それでも盛り上がっていました。

続いて、ハガキ凧作り。
ハガキ大の色画用紙に、絵を描き、しっぽを2つ付け、紐を付けば完成です。
走りながら、凧を上げている子どもたちの姿が校庭を右に左に。

どんど焼きです。
お飾りを燃やして、その煙にあたり、無病息災を祈ったり、お餅を焼いて食べたり。

また、森の中、回りにハンモックを4ヶ所設置。
ターザンロープをしたり、ハンモックに揺られたり、あっという間に、閉会式の時間です。
11:50~開会式。 そのあとの片付けも、讃歌しの方が手伝って下さり、無事に今年最初のいのちの森は終了しました。

ご参加頂きましたみなさん、ありがとうごさいました。
お手伝い頂きましたみなさん、お疲れ様でした。 ありがとうごさいました。
今年もよろしくお願いいたします🙇






コメント

12/3(日) クリスマスの片付け

2017-12-04 21:02:55 | 毎月のご報告
8:00過ぎから、植草の学生さんも集まりはじめてくれました。
今日は、30人の学生さん。 いのちの森保全委員さん、PTA のみなさん、保護者のみなさん、そして、学生さんに会いたくて集まった子どもたち、グループ2000のメンバー、総勢50人もの方か手伝って下さいました。

いのちの森の倉庫に仮に入れたものを外に出し、クリスマスハウスに掛けたブルーシートを外し、イルミネーションを外すことから始めます。

外では、ベンチの脚、ベンチの板を流れ作業で片付けて行きます。
どんどん運ばれてきます。 すばらしい❗

屋根と壁を留めていたボルトを取り終わると、約30人で屋根を持ち上げて、ブルーシートの上に置きます。 いつもは、人数が少なくて、屋根を持ち上げることはできないので、脚立に乗り、屋根を1枚ずつ外しています。 とても、時間のかかる作業でした。 カンゲキです🎵

下ろした屋根(屋根は、1.5m×3mのパネル14枚でできています)を分解するのは、学生さんに任せました。

屋根がなくなり、壁だけになったクリスマスハウス。 土台にビスで留めた壁パネルを1ずつ外して行きます。

そして、カーペットをはがし、ベニヤを外し、断熱材を取り除き、土台の板を外し、運搬していきます。

屋根の解体が終わったら、いのちの森の倉庫のロフトに収納していきます。
ロフトで運ばれてくるパネルを奥から重ねて納めて行きます。
次から次へと、運ばれてくるパネル❗ いやー、驚きのスピードです。
屋根パネル、壁パネル、ベニヤ、断熱材、ドア、暖炉の部品、ブルーシート、カーペットなど、あっという間に完了❗❗❗

10:00には、クリスマスハウスの片付け作業作業すべてが終了。
こんなに早く終わったことは、いまだかつてありません。
若い力、すごいです❗ 有り難いです🙇
倉庫の中の掃除、ベンチの板の収納も、学生さんがやってくれました。

学生のみなさんに、お礼の挨拶をして、解散しました。
岡田さんいわく、「子どもたちにとって、最高のクリスマスプレゼントは、植草の学生さんがいっぱい来てくれて、遊んでくれたことです。」


解散後は、スタッフと保全委員さんと保護者で、倉庫の整理、片付けをし、14:00に終了しました。 昼食後、大野台へ不要なものを運び、必要なものを持ち帰りました。
17:00 長い一日が終わりました。

3日間、お手伝い頂いた植草学園大学の栗原ゼミのみなさんは、延べ70人を超えます。
本当に助かりました。
いのちの森保全委員のみなさん、PTA のみなさん、保護者のみなさん、参加して下さったみなさんに感謝いたします。

本当にありがとうございました🙇


作業の様子です。
コメント

12/2(土) いのちの森のクリスマスのご報告です。

2017-12-03 20:35:19 | 毎月のご報告
今日は、第15回 いのちの森のクリスマスが開催され、お天気に恵まれ、無事終了しました。
ご参加頂きましたみなさん、ありがとうございました。
お手伝い頂きましたみなさん、お疲れ様でした。

今日は、朝から植草共生の森にバウムクーヘン用の真竹を切りに行くところから始まりました。 右腕がいたい中、何とかクリスマスプレゼント約200個を作り終えて、ほっとしていたら、竹切りのことをすっかり忘れていたのです。

5:50に家を出て、植草で竹を切り、いのちの森に到着したのが7:15頃でした。
フタッフで6:00過ぎから準備をしてくれていました。

体育館から、先日組み立てた壁、屋根をリヤカーでクリスマスの土台の近くに運び、まず屋根から組み立て開始。 実は、これが一番たいへんなんです。 助っ人のお父さん、お母さんも加わり、何とか完了。
それから、壁の組み立て。

いよいよ、約20人で屋根を持ち上げ、壁の上に置きます。
屋根と壁をボルトで締めて、クリスマスハウスは完成。 9:20でした。

クラフトコーナー、バウムクーヘンコーナー、焼き芋コーナー、お湯を沸かすコーナー、森のリスカフェコーナー、ハンモック4個、受付コーナーなど、それぞれのコーナーに植草の学生さんが手分けをして準備をすすめています。

9:40頃から開会式。
それぞれが行きたいところの行き、やりたいことをします。

また、クリスマスハウスの中では、セロハンのステンドグラスに絵を描き、赤い画用紙の瓦に将来の夢を描きました。

12:00から、お弁当を食べました。
ちょうど、1つ目のバウムクーヘンが焼き上がりました。
いかがでしたか?

午後からは、キャンディ釣り。
オオオナモミに、たこ糸を付け、毛糸を付けたキャンディを釣り上げます。

クリスマスハウスの中では、イルミネーションの飾付けが進んでいます。
14:30には、2本目のバウムクーヘンが焼き上がりました。

一日中、ハンモックから子どもたちがいなくなるときがなく、誰かが乗って揺られています。
ターザンロープも、大人気で、列が途切れません。
右腕が痛いので、あまり押してやれませんでしたが、持ち上げて放すだけでも、楽しいようで、キャー❗ 楽しーい🎵 の声が響きます。

植草の学生さんとてを繋いでお散歩していたり、鬼ごっこをしたり、子どもたちへの最高のプレゼントだったのではないでしょうか🎵

15:20には、子どもたちは、クリスマスハウスに入り、サンタクロースの登場を待ちます。
15:30 リヤカーに乗ったサンタクロース🎅が登場。
トナカイがリヤカーを引き、スノーマンが後ろをおしています。
「あー❗ サンタクロースが来た❗」と学生さんが大きな声で盛り上げてくれます。

暖炉から、クリスマスハウスの中へ入って来たサンタクロース🎅
「今日の、いのちの森のクリスマスは楽しかった?」
「はーい🎵」
「みんな、いのちの森を大好き?」
「うん、大好き💕」
「横田さーん」と呼ばれたので「はーい」と答えると、
「みんな、横田さんのこと、大好きー?」
「え、はーい🎵」

こんな仕掛けを考えていたなんて🎵

いのちの森に一年生の時からずっと参加してくれた中3の女の子です。
サンタが登場するときにクリスマスハウスの一番後ろにいて、「横田さん」と、私が呼んだら「はーい🎵」と返事をしてねと言っていたのは、僕を喜ばせようと彼女が考えてくれたんでしょう。 もう、うれしくて涙が出てきます。
15:40から集合写真。 閉会式。

たのしい、楽しい、一日でした🙇
植草の学生さん、いのちの森保全委員会のみなさん、PTAのみなさん、そして参加者のみなさん。 みなさんの岡田さん、楽しいクリスマスができました。 ありがとうございました🙇
感謝、感謝の一日でした🙇



小坂部さん手作りのクリスマスリース



当日の様子です。

いのちの森のサンタクロース🎅
-->
コメント

8/20(日)いのちの森のメンテナンス(二日目)

2017-08-21 15:08:49 | 毎月のご報告
まず、いのちの森に入ってみると、昨日のメンテナンス作業のお蔭で、15年前の小川の様子が蘇り、小川上流部は、3か所の堰が現れ、きれいな澄んだ水が流れ、いのちの森の中に爽やかな風が吹いていました。

二日目の参加者は、午前10人(学校2人、保全委員2人、児童1人、グループ2000 5人)、午後9人(学校1人、保全委員1人、児童1人、保護者1人、グループ2000 5人)でした。

作業内容は、以下の通りです。
(1)手摺、柵用の枝の剪定
(2)手摺、柵の支柱製作
(3)手摺、柵の設置
(4)橋の手摺の補強
(5)アズマネザサ刈り
(6)池の観察デッキから、散策路に至る小道設置
(7)エビネ観察用小道設置
(8)剪定枝や草、アズマネザサなどの片づけ
(9)粘土堀り
(10)給水の立上り管等の保護

昨日、仕掛けたモンドリという罠(網)を上げてみると、モクズガニは入っていなくて、クロメダカとドジョウがいっぱい入っていました。

作業の様子は、以下の通りです。


木の丘の看板もリニューアル!


白粘土堀り





モクズガニ捕獲罠(網)に、クロメダカとドジョウが!


2日間お疲れ様でした。
コメント

8/19(土) いのちの森のメンテナンス(一日目)

2017-08-21 10:58:05 | 毎月のご報告
 年に2回の大規模メンテナンスの日の一日目
参加者は、午前13人(学校3人、保全委員2人、PTA3人、児童1人、グループ2000 4人)、午後14人(学校2人、保全委員2人、児童3人、)
グループ2000 7人)でした。
みなさん、一日お疲れ様でした。

作業内容は、以下の通りです。
(1)小川、池の岸辺の草刈り
(2)小川の泥上げ
(3)小川の砂利、石洗い
(4)モクズガニの穴埋め
(5)粘土堀り
(6)遮光ネットを養生シートで包んで、体育倉庫へ収納
(7)散策路洗い
(8)岸辺の野草の水洗い

以下、作業の様子です。

                    
コメント

7/2(日) 流しそうめんin植草共生の森 のご報告

2017-07-05 07:20:06 | 毎月のご報告
昨日は、蒸し暑く、流しそうめん日和? でした🎵
参加者は、110人、お手伝いの植草学園大学の学生さん24人、スタッフ9人、総勢約150人の流しそうめんとなりました。

朝、7:30に現地入りし、当日準備をして、バスの到着を待ちます。 厨房のセッテイング。お椀作りのため、 竹を切る木の枕の設置。 竹の橋を作るために、竹を割るスペース等の設置。 荷物置場のシート張りなど。


9:15頃 バス到着。
9:40~開会式。
続いて、「破竹の勢い」を学ぶ「竹割り」を含めた「竹の学習会」を行いました。 日本文化である竹の利用した生活道具、真竹についてお話しました。



さあ、いよいよ、真竹でお椀とお箸作りです。

前日に、植草共生の森の竹林で切っておいた真竹を竹ノコ、ナタ、金づちを使って。

竹を切ることは、なかなか難しいことです。
四苦八苦しながらも、何とかお椀ができました。
また、ナタで竹を割り、お箸を作りました。
どちらも、サンドペーパーで仕上げます。



10:30~竹の樋に井戸水を流し、新しいスポンジで、掃除をします。 担当は、植草学園大学の学生さんたち。
最後に熱湯消毒。 これは、毎年僕の担当。
実は、足に飛んだ熱湯がかなり掛かっていて、相等熱いんです(笑)


10:00過ぎから、「かき氷」が始まりました。
担当は、植草学園大学の学生さんです🎵
竹のお椀で食べるかき氷も、またおつなものです😉


11:00過ぎ~お椀にめんつゆ、薬味を入れ、約110人が、約30mの竹の樋の両側に並び、いよいよ、流しそうめんのスタートです🎵

そうめんが流れ始めると、子どもたちから歓声が上がりました。 そうめんを流してくれるのは、植草学園大学の学生さんたちです。

そうめんが一段落したところで、「デザート流し」です🎵
今回も、差し入れの缶詰やミニトマト、などでいっぱいです🎵
さらに、さくらんぼ🍒「佐藤錦」の差し入れがあり、ビックリ👀‼ 変わり種のちくわ、グミ、ゼリーも好評です。

みなさんからの差し入れ、本当にありがとうございました。
感謝、感謝です🙏🙏🙏



後半は、植草学園大学の学生さんやスタッフがそうめんを食べる番です。
今度は、子どもたちがそうめんを流してくれました。

楽しい時間は、あっという間に過ぎますねえ。
12:40頃から、集合写真。
植草学園大学の学生さんへのお礼の挨拶をして、学生さんは解散です。




最後に、植草共生の森の散策です。
みなさんを連れて、森をガイドしました。
途中、七夕のササが欲しいということになり、子どもたちは持って帰りました。 ヤツデの葉も。
一回りして小川にもどると13:30。


自由時間は、森のブランコ、森のターザンロープ。
幸運なことに、タマムシが数匹飛んで来てくれました。
宝石ですね。 美しい🎵


ショウリョウバタ、ニホンアカガエル、アメリガザリガニ、ノコギリクワガタ、、、次々と捕まえて見せに来てくれます。


遊んだあとは、森に返しました。

14:00閉会式。
14:30バス発。
いのちの森と同じところがあるけど、大きさがぜんぜん違う。 もっと遊びたい。 野宿したい。 予定変更。 泊まろう。
子どもたちからの自然にでた言葉です。
                        


ご参加頂きましたみなさん、ありがとうございました。
お手伝い頂きましたみなさん、お疲れ様でした。

忘れ物です。
 





コメント

6/25(日) ホタル学習会の片付け終了

2017-06-26 20:50:02 | 毎月のご報告
6/25(日) ホタル学習会の片付けをしました。
150人分のベンチと脚、クイズコースの鉄杭及びppロープ、受付の机、ベンチ、そしてテント。

昨日の喧騒が嘘のように静かで、何もなかったかのように、いつもの校庭に戻りました。

みなさん、本当に、お疲れ様でした🙏🙏🙏
コメント

6/24(土) いのちの森のホタル学習会のご報告です。

2017-06-25 07:34:21 | 毎月のご報告
昨日は、お天気に恵まれ、600人を超える参加者がありました。教育委員会から福本先生も来て下さいました。
お忙しい、本当にありがとうございました。

今年度もPTA、保全委員会、青少年相談員の役員さんのご協力を頂きました。
また、今年は、植草学園大学の栗原研究室から6人のお手伝いを頂きました。
みなさん、お疲れ様でした。 本当にありがとうございました。
9:00~17:00当日準備 10人
17:30~18:00 スタッフ打ち合わせ
18:30受付開始
19:00開会式&学習会
来賓紹介 来賓挨拶 ホタル学習会
卒業生による「ホタルの紙芝居」

19:30~21:00観賞会
21:00~22:00 片付け(雨に濡れてはいけないもの)

金曜日の夜は、すごく活性があがっていて、元気に飛び回っていた50匹を超えるホタルでしたが、今夜は人の数に圧倒されたのか? それほど飛ばなかったようです。
いのちの森の中は、狭く、暗いので、なかなか進まないので、たいへんお待たせしました。
申し訳ありません。

去年の8月、給水ポンプの故障で、池にひびがはいるほど干上がってしまって、絶滅が心配されたホタル。
食べ物の巻き貝を激減し、食料難になった過酷なホタルたち。 よくぞ、乗り越えて、命を繋いでくれた❗
ありがとう🙏 という気持ちでいっぱいです。

1ヶ月位前から、巻き貝を放流して、卵を産んで、稚貝
が増えるよう手助けをしているところです。
今年のホタルが産んでくれた卵が幼虫になり、水の中にはいるまで約1ヶ月。
残りのホタルは、今は土の中です。

ホタルが水の中に入ったら、岸辺の整備を始めます。
来年は、安心してホタル学習会が向かえられるように、がんばって行きたいと思います。
ご協力をよろしくお願いいたします。



以下、当日準備の様子とそれまでにホタル学習会の準備を終えたいのちの森の様子です。

コメント

5/27(土)デイキャンプのご報告です。

2017-05-28 11:44:29 | 毎月のご報告
今日は、お天気にも恵まれ、64人の参加者がありました。 スタッフ合わせて70人を超えるバーベキューは初めてのことでしたが、みなさんのご協力で無事終えることができました。 本当にありがとうございました。

また、数々の差し入れを頂き、豪華なばーになりました。 重ねてお礼申し上げます。

今日は、7:00から当日準備。
テント5張り、ベンチ、テーブル設営。
バーベキューセットの設置。
「ヨモギ染め」の設置など、ナンとか9:30に間に合いました。
      

まずは、「ヨモギ染め」。
いのちの森でヨモギ摘みをして、煮汁を作って、持ってきた布を染めました。 登り棒に竹を渡して、それを干しました。 干してある布を見ると、「しぼり」模様や「しま」模様など、色々な模様があり、淡い黄緑のヨモギ色は、なかなかステキでした🎵



続いて、コナラのゴムパッチン。
先日に剪定しておいた枝から、参加者の子どもたちで、「Y」の字の枝を見つけて剪定ばさみで作りました。
その「Y」の字の枝に輪ゴムをとめて出来上がりです。
   


このゴムパッチンのタマは、シャロガヤツリの茎です。
いのちの森の中之島に生えているシャロガヤツリを切り、その茎を5cm 位に切り、半分に折って、ゴムパッチンの輪ゴムを挟んで飛ばします。
これは、実は、シャロガヤツリの刈り取りを兼ねています。

ホタル学習会用のベンチの脚作りも、お父さんやお母さん、子どもたちががんばってやってくださいました。
約40個完成しました。
ありがとうございました。
     


11:00頃からバーベキューコンロの炭に火を付けて、準備完了。 12:00~昼食。 いのちの森の中、テントの下、それぞれお気に入りの場所で食べました。
初夏のいのちの森は、本当に気持ちいいですよ🎵



午後から、ハンモックを4張りしました。
井戸水で冷やした「スイカ🍉」で、「スイカ割り」。
今日のデザートは、「スイカ」と差し入れの「いちご🍓」でした🎵
     


「草鉄砲」と「草笛」も、初めての親子がいたので、やりました。 これは、実は、キショウブやヨシの刈り取りも兼ねています。

楽しいデイキャンプも、15:00には閉会式。
集合写真を撮って、今後のスケジュールの案内。

朝から、ずっと続く「ターザンロープ」🎵
子どもたちとの対話も楽しい一時です。
閉会式後も、約1時間続きました。

片付けも、参加者のみなさんが手伝って下さって、ありがとうございました。

全てを片付け、車への積み込みが終わって解散したのは17:00でした。

保護者の方がいのちの森に入ることは、普段はなかなかないと思います。 こういう機会に、いのちの森の楽しさや心地よさを感じて頂けるきっかけになれば幸いです。 子どもたちの自慢のいのちの森をみんなで育てて行きましょう。 今後とも、よろしくお願いいたします。

✳写真の続きは、明日UP します。
コメント