ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『花よりもなほ』

2006-02-11 21:35:25 | 新作映画
----これは『誰も知らない」で
一躍時の人となった是枝裕和監督の新作。
時代劇と言うことでまたまた注目を集めているんだよね。
もうできあがっていたんだ。
でもこのタイトルどういう意味?
「『忠臣蔵』のお話は知っているよね。
これは、その中で浅野内匠頭が読んだ辞世の句
『風さそふ 花よりもなほ 我はまた
春の名残を いかにとかせむ』から採っているんだ」

----ふうん。ということは赤穂浪士のお話?
「いや、確かに彼らも幾人かは出てくるけど、
主人公は父の仇討ちをするべく、
上京して仇を探すために長屋に潜んでいる青木宗左衛門(岡田准一)。
映画は、彼とその周りの長屋に住む市井の人々の人間模様を描いていく。
当時は仇討ちが江戸幕府によって法制化され、
合法的な殺人として認められていた。
藩によっては
報奨金を出して仇討ちを奨励するケースも見られたらしい」

----へぇ~。信じられない話だニャ。
長屋の映画と言うと山中貞雄の『人情紙風船』が有名だよね。
「うん。あと黒澤明にも『どん底』がある。
この作品には、
その黒澤や溝口健二の時代劇で現場に携わった馬場正男が
美術に加わっているだけあって、
あまりにも完璧な長屋のセットには目を見張ること間違いないよ」

----ニャるほどね。で、その仇役は?
「浅野忠信がやっている。
実は、宗左衛門はずいぶん前に
この仇・金沢十兵衛を見つけているんだけど、
腕に自身がなく、しかも血を見るのも弱いものだから、
なかなか仇討ちの踏ん切りがつかないんだ。
そこで彼は長屋では、そろばんや読み書きを教えている」

----キャスティングを見たところ喜劇色が強いようだけど?
「うん。脚本的には笑いを取ろうとしている箇所が
いくつも見受けられたね。
いわゆる緊張感やサスペンスで描くのではなく、
恋あり、笑いあり、涙ありのドラマになっている」

----恋もするの?
「主人公がいわゆるヒーロー・タイプでないだけに、
はっきりとした意思表示は見られないけどね。
彼が密かな思いを寄せる相手は未亡人で子連れの、おさえ。
これは宮沢りえが演じているんだけど、
長屋のおのぶを演じる田畑智子と二人で、
普段は絶対に口にしないような言葉『●○』を連発するのには、
少々驚いたね」

----へぇ~っ。
ところで、その腕が弱い主人公は仇討ちどうするの?
「そこがある意味、
スピルバーグ『ミュンヘン』で残された課題の回答にもなっている」

----こりゃまた大胆な…?
「つまり仇討ち=復讐の連鎖を
『貧しく。剣が弱く、逃げ足が速い』宗左衛門が、いかにして止めるか……?
だって、ここで彼が仇討ちに成功しても
また自分がその縁者に仇として狙われるわけだからね。
おさえが呟く言葉の中にも
『お父上の人生が宗左さんの残したものが
憎しみだけだとしたら、寂しすぎます…』というのがある。
もちろん、これは寓話だから
現代の世界情勢にピッタリ当てはめるのは無理があるけど…」

----ふうん。そうか意外と現代的なテーマになっているわけだ。
「そう。この映画は
『武士道とは死ぬことと見つけたり』の『葉隠』とは対極にある。
いわゆる、主義や思想に殉ずるのではなく
『どんなことがあっても生きていようよね』という考え方」

----70年代にはよくそういう歌があったっけ。
加川良、北炭夫、早川義男……。
「フォーンはいくつなんだ(笑)。
そう言えばこの映画は、
これまでの是枝作品と違ってアップがとても多い。
それも個人主義を強く打ち出したそのテーマゆえんかもね」

               (byえいwithフォーン)

※生きていようよね度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『玲玲(リンリン)の電影日記』 | トップ | 『映画 ドラえもん・のび太... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (mambotaxi)
2006-06-10 22:22:44
弊ブログにコメントいただきましてありがとうございました。

『SPIRIT/スピリット』との関連など興味深く読ませていただきました。

「暴力のむなしさ」について共通する部分がありそうですね。

残念ながら未見ですので、こちらのエントリーなどで勉強しました。



>どんなことがあっても生きていようね

という、自分が死なないことと同時に

どんなことがあっても殺生はいけないというか

自分と同時に相手をも尊重するというところに

ポイントがあるような気がします。



ではフォーンさんによろしく?
■mambotaxiさん (えい)
2006-06-11 10:08:18
こんにちは。



コメントありがとうございます。

(フォーンへのご伝言も)



そうですね

確かに「自分が死なない」ことばかりに目が行ってしまっていました。

ただ「殺生はいけない」……これは『SPIRIT/スピリット』の方が

強く出ていたと思います。

それはやはり腕に自身がある者とない者の違いかもしれませんね。
人情紙風船・・・ (ノラネコ)
2006-06-15 00:07:57
これは現代的なテーマ性もありますが、オールドファンもニヤリとさせられる秀作ですね。

久しぶりに市井の人々が主人公の、良質な時代劇を観た気がします。

美術、衣装などビジュアルを支えるスタッフの仕事は、実に素晴しい物でした。

こういう作品はもっと作られて欲しいですね。
■ノラネコさん (えい)
2006-06-15 23:05:02
こんばんは。



『人情紙風船』は何度観ても戦慄が走ります。

あれに比べたら、これはのどかな作品とは思いますが、

この時代、こんな長屋ものが生まれたことだけでも嬉しいですよね。
美術と衣装 (パフィン)
2006-06-18 15:42:33
えいさま、こんにちわ。

何の知識もなく見たので、えいさんの解説で

なるほど~と思いました。



役者たちはもちろんのこと、美術と衣装の

センスの良さに目を見張りました!

書店でも、映画のメイキング本を立ち読みし

欲しいなと思っております。
■パフィンさん (えい)
2006-06-18 19:26:52
こんばんは。



日本映画にはやはり素晴らしい伝統があると思います。

新しい世代の監督たちが

その伝統を自らの映画に取り込んでいくさまを見るのは

とても嬉しいですよね。
黒沢組の仕事。 (TATSUYA)
2007-07-16 17:00:57
えいさん、達也です。
『花よりもなほ』、やっとこ観ました。
えいさんが書かれている様に、
復習の連鎖への警笛として観れました。
黒沢明の『どん底』風の長屋話しも、
きっと黒沢レスペクトなのだなと思っていたら、
衣装美術は黒沢和子さんでした。納得。

もう一つの一分を語る時代劇も良いものですね。
■TATSUYAさん (えい)
2007-07-16 23:33:51
こんにちは。

こういう長屋ものを作ろうという
その発想が常人とは違いますよね。
周りも彼に作らせちゃう。
でもこれもカンヌ効果なのかも?

パターン化されずに
いろんな映画が生まれてくるといいですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事