ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ウルフマン』

2010-02-21 17:28:48 | 新作映画
※ちょっと辛口な部分もあります。各ファンの方はスルーしてください。


(原題:The Wolfman)

「いやあ一瞬勘違い。
これってチャック・コナーズ
テレビ『ライフルマン』を映画にしたものかと…」

----そんなことあるはずないじゃニャい。
ん?その言い方からすると、あまりノレなかったってことかニャ。
「バレたか(笑)。
どうもぼくはユニヴァーサル・ホラーのリメイクとは
あまり相性がよくないみたい。
あのフランシス・コッポラ『ドラキュラ』もダメだったし…。
それ以前に狼男という設定もあわないのかも…。
マイク・ニコルズ『ウルフ』を思い出し、
悪い予感が働いたけど、結局、あたってしまった」

----へぇ~っ。意外だニャあ。
でもハマープロニャんかは好きなんだよね。
「うん。ああいうB級(?)ノリならいいんだけど、
なぜか近年のこの手の作品は、
やたら格調高く作ろうとしているところがあって、
異端の者の悲しみを強く打ち出しすぎ。
そんなのは
デイヴィッド・クローネンバーグに任せておけばいい。
彼の場合、もとよりそれが自分のテーマのひとつでもあるし…。
だから同じリメイクでも『ザ・フライ』は、
あんなにも観る者の胸を打ったんだと思う」

----まあまあ押さえて。
でも、そこまで考えなくてもいいのでは?
これって アンソニー・ホプキンス×ベニチオ・デル・トロの顔合わせ。
それだけでも観る価値はありそうじゃニャい。
ふたりとも当代切っての演技派だし。
「まあ、確かにそれはそうだね。
じゃあ。簡単にストーリーを。
19世紀末のイギリス。
兄の行方不明の知らせを受けて
生家のタルボット城があるブラックムーアの村に帰郷したローレンス。
到着早々、兄の遺体に対面した彼は、
怒りと悲しみを胸に犯人の捜索を開始。
だが、志半ばにしてローレンスはウルフマンの襲撃を受け、
自らもウルフマンに変貌してしまう。
そんな彼をなぜか煽って凶行に走らせる父のジョン。
そこには25年前の兄弟の母親の死にまつわる恐るべき秘密が隠されていた。
――――という感じかな。
プレスには“二重三重の謎”と書いてあって、
ミステリー色を強調しているんだけど、
これがだれにでもすぐに読めてしまう。
ぼくは、むしろその謎が分かった上で、
アンソニー・ホプキンスの余裕綽々の悪の演技を楽しむことをおススメするね」

----ははあ~っ。
でも、美術なんかもよさそうじゃニャい。
「うん。それは一見の価値あり。
ぼくは観ていてティム・バートン『スリーピー・ホロウ』を思い出したけど、
美術監督が同じリック・ハインリクスだった。
あっ、その名前を出したところで
もうひとつの見どころを紹介。
それは狼男への変身過程。
ここではジョー・ダンテ『ハウリング』が甦った」

----えっ。
あの映画で特殊メイクを担当したのロブ・ボッティンでしょ。
今回はリック・ベイカーと聞いたけど…。
「そうだよ。よく知っているね。
実は当時、リック・ベイカーはジョン・ランディス『狼男アメリカン』の方を手掛けていたんだ。
ところが先にできあがった弟子ベイカーの『ハウリング』を観て、
そのあまりの素晴らしさに
『狼男アメリカン』の撮り直しをしたと言われている。
結果、彼はその作品でオスカーを取っている。
ここまでくると執念だね」

----そうか。
だからこそ、監督ジョー・ジョンストンはリックを指名したのかも。
「だと思うね。
ただ、『JAWS・ジョーズ』よろしく、
最初のうちはあまりにもその姿を見せずにもったいぶっているのは、
ちょっと違う気がしたけどね。
狼男を目にも留まらぬ速度で動かし、
観る側はその姿をじっくり味わうことができないんだ。
でも、後半はそのイライラが消滅。
特に病院で大惨劇を引き起こすシーンは見モノ」

----ははあ。ところでこの女性は?
「兄の婚約者だったグエン(エミリー・ブラント)。
途中から、彼女が大きなウエイトを占めてくる。
もちろん、これもだれもが気づくことだけどね」

----もう、最後まで辛口だニャあ。


         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「そのロブ・ボッティンとやらは、いまどうしているのかニャ」ご不満


※さあ。それはそうと、同じリメイクでも
『インビジブルマン』(ポール・ヴァーホーヴェン)なんかは好きなんだけ度


コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター


blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。

コメント (10)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
« 『噂のモーガン夫妻』 | トップ | 『シャッター アイランド』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リメイク (ともや)
2010-03-30 19:54:01
こんばんは、えいさん♪
これは物語よりも、作品の雰囲気がすごい好きです~♪
1891年のイギリスという混沌とした時代の雰囲気とか、デル・トロの容姿とか(笑)。

「宇宙戦争」を例に出すまでもないですけど、最新技術を総動員しても数十年前のオリジナル作品を越えられるリメイクってほんと少ないですからね♪
■ともやさん (えい)
2010-03-31 09:33:53
こんにちは。

文中リンクありがとうございました。

雰囲気はいいのですが、
コッポラの『ドラキュラ』のころから、
ハリウッドのこういうリメイクって、
そっちに重きが置かれて
語り口が(ぼくにとっては)たるく感じちゃうんです。

『ヴァン・ヘルシング』のような方向があっているような気がします。
スリーピー・ホロウ (にゃむばなな)
2010-04-23 20:33:48
リック・ハインリクス、アンドリュー・ケビン・ウォーカー、ダニー・エルフマン
『スリーピー・ホロウ』のメンバーが集合してましたね。

>そんなのはデイヴィッド・クローネンバーグに任せておけばいい

この部分、妙に納得です。
Unknown (えふ)
2010-04-24 16:00:52
ともやさんと同じく、
作品の雰囲気が良かった。
それだけに・・・
あまり感想が湧いてこない(苦笑
■にゃむばななさん (えい)
2010-04-24 16:40:25
こんにちは。

なるほど、そうでしたか。
『スリーピー・ホロウ』との関連性は気づきませんでしたが、
そういえば、雰囲気は似ていましたね。
でも、あっちの方が好きかな。
ティム・バートンの遊ばないタイプの映画は好みです。
■えふさん (えい)
2010-04-24 16:51:34
>あまり感想が湧いてこない(苦笑

これ、スゴく分かるなあ。
ぼくも、この映画でよかったのは「雰囲気」…という感じです(汗)。
古典 (たいむ)
2010-04-24 17:58:35
こんにちは。
「タイタン・・」といい、コレといい、古典が流行りなのかしら?
でも、ほとんどそのまんまってちょっとつまらない。
技術力だけ~ってならない、あっと驚く作品が見て見たいものです。
■たいむさん (えい)
2010-04-27 09:07:16
こんにちは。
ほんと、そのとおりです。
あっと驚く映画が観たい。
この後も、リメイクばかり続くようで
なんだかなあ…って感じです。
こんにちは (はらやん)
2010-05-02 09:00:57
えいさん、こんにちは!

CGを使ってグレードアップをしているものの、変身シーンはやはり「狼男アメリカン」な感じがありました。
お話も古典的だったので、今さら感はかんじちゃいました。
もっと独自解釈しても良かったんじゃないかなあ。
■はらやんさん (えい)
2010-05-02 21:07:51
こんばんは。
『タイタンの戦い』もそうですが、
古典的なお話を今の技術で見せられるというのは、
ちょっと苦手です。
脳内イメージを隅々まで埋め尽くされたって感じで、
少しさびしいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

36 トラックバック

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』という映画を知っていますか?~一ファンからのお願い (未完の映画評)
 『マイマイ新子と千年の魔法』という映画をご存じでしょうか。  芥川賞作家・高樹のぶ子さんが自身の幼少期をモデルに日本版『赤毛のアン』を目指して書かれた連載小説...
ウルフマン(2010年) (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE WOLFMAN) 【2010年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆) 1941年に公開されたユニバーサルの古典モンスター映画「狼男」をリメイク。 行方不明になり不審な死を遂げた兄の死を調査する、舞台俳優の男に降り掛かる恐怖を描いたサスペンス・ホラー。 ...
映画:ウルフマン THE WOLFMAN 全く予想外にgood! 久々に「古典」登場と言い切りたい。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず感心させられたのは、その「映像」 手を抜いたカットはまるで皆無。 「満月」が現れるストーリーに直結した部分(写真)は当然のこと、次々と。。。 1ショットごとに唸らせるまま、時間が経過していく。 で、かつ力を入れすぎた結果、暑苦しい画面になる愚(ありが...
ウルフマン /THE WOLFMAN (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click デルトロが狼男ってそのままでもイケそう!?失礼{/m_0162/} 1941年に製作された古典ユニバーサル・モンスター映画「狼男」をベニチオ・デルトロ主演、 「ジ...
ウルフマン (LOVE Cinemas 調布)
1941年公開の著名な古典作品『狼男(原題:The Wolf Man)』のリメイク。満月の光を浴びて狼男に変身した主人公が己の罪に苦悩するサスペンスホラーだ。主演は2人のオスカー俳優、アンソニー・ホプキンスベニチオ・デル・トロ。共演に『ヴィクトリア女王 世紀の愛』...
『ウルフマン』 (めでぃあみっくす)
クラシックホラーとVFX。怪優アンソニー・ホプキンスと名優ベネチオ・デル・トロ。まさに新旧が巧く融合した映画でした。 まぁ脚本に目新しさは特にないものの、クラシックホラーの雰囲気を大事にした演出と狼男への見事な変身シーンに、ホラーサスペンスなのに妙に安心...
ウルフマン (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>19世紀末、兄の行方不明の知らせを受けて帰郷した人気俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、到着早々無残に切り...
劇場鑑賞「ウルフマン」 (日々“是”精進!)
 「ウルフマン」を鑑賞してきました「トラフィック」のベニチオ・デル・トロと「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスの2大オスカー俳優共演で贈るホラー・サスペンス。ユニバ...
ウルフマン (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。
ウルフマン (そーれりぽーと)
「タイトル『狼男』でいいやん」 『ウルフマン』を観てきました。 ★★★★ ぜーんぜん期待してなかったけど、意外と面白かった。 モンスターホラー映画の古典を最新のVFX技術で再構築。 リック・ベイカー本人が関わってるから、狼男に変身する場面は『狼男アメリカン...
ウルフマン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
べニチオ・デル・トロの狼男~楽しみにしていました【story】19世紀末、兄の恋人のグエン(エミリー・ブラント)から兄の行方不明の知らせを受けたローレンス・タルボット(ベニチオ・デル・トロ)は、帰郷して無残に切り裂かれた兄の遺体と対面する。犯人の捜索中に怪物...
「ウルフマン」みた。 (たいむのひとりごと)
特殊メイクの進化もここまできたかーという自然さ。臓物系も生々しく、食事直後には見たくない感じ?アンソニー・ポプキンス×ベネニオ・デルトロだけあって、期待どおり肉厚な作品になっているけれど、「ということ
ウルフマン (映画鑑賞★日記・・・)
【THE WOLFMAN】 2010/04/23公開 アメリカR 15+ 102分監督:ジョー・ジョンストン出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリン今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。...
ウルフマン (だらだら無気力ブログ)
満月の夜になると、凶暴な獣人・狼男に変身して人々を襲う古典ホラー 『狼男』をリメイクしたホラーサスペンス。 兄の死の真相を捜査していたところをウルフマンによって怪我させられて しまい、その結果自らもウルフマンとなって人々を襲うようになった男の 運命と苦悩...
ウルフマン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
そういえば『怪物くん』が始まりましたね。『ウルフマン』公開に合わせたのでしょうか?(笑)ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンス豪華な組合せで狼男。まぁどっちも変身したら似合いそうだし、メイクを楽しんじゃったなんて感じがしています。舞台俳優のローレ...
ウルフマン (Diarydiary! )
《ウルフマン》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - THE WOLFMAN
ウルフマン 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
●「ウルフマン」。 (月影の舞)
「満月」好きとしては、やはり見なければと。 「ウルフマン」を観る。 。 今までの怪奇ホラーの狼男とは違うというふれこみ なので、少し期待していたのだけど、 おしかった……。 ただの怪奇ホラー要素だけでなく いろいろなテーマを盛り込み、 人...
ウルフマン (悠雅的生活)
満月の夜。銀弾。苦悩する狼男。
ウルフマン (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ウルフマン’10:米◆原題:THE WOLFMAN◆監督:ジョー・ジョンストン「ジュラシック・パークIII」「遠い空の向こうに」◆出演:ベニチオ・デル・トロ 、 アンソニー・ホプキンス 、 エミリー・ブラント 、 ヒューゴ・ウィーヴィング◆STORY◆19世紀、イギリス・ブラ...
★「ウルフマン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 その1本目。
ウルフマン 怪物くんも是非ベニチオ・デル・トロで! (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=20 -7-】 昨日、ふら~っと平城遷都1300年祭のメイン会場に行ってみたけど・・・ ただただだだっ広くて・・・たくさん歩くだけで・・・せんとくんにも会えないし・・・う~んと・・・ よほどの歴史好きか、奈良時代に特別の思い出がある人にはいいのだろう...
ウルフマン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
満月の夜に起こる惨劇に隠された呪われた一族の忌まわしい事実とは?__。 1941年製作のホラー映画の古典『狼男』をベースに、『ロケッティア』などのジョー・ジョンストン監督がアレンジを加えてリメイク。 出演はベニチオ・デル=トロ、アンソニー・ホプキンス...
「ウルフマン」上野東急にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
東急レクリエーション株主優待券の最後の一枚で、「ウルフマン」を観てきました貴重な一枚なんで新宿ミラノの「シャッター・アイランド」にしようか上野東急の「ウルフマン」にしよ...
ウルフマン (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  ウルフマンというと、なんとなくXーMENのローガンを思い出してしまうのだが、本作のウルフマンとは、いわゆる昔ながらの『狼男』といったほうが判り易い。そうあの満月の夜になると、狼人間に変身する『狼男』のことである。 狼人間の映画は吸血鬼と並び...
「ウルフマン」 凶暴なチューバッカ!? (はらやんの映画徒然草)
かつてのユニバーサル映画と言えば、「魔人ドラキュラ」「フランケンシュタイン」「狼
【ウルフマン】首飛ぶの早っっっっ・・・ (映画@見取り八段)
ウルフマン~ THE WOLFMAN ~ 監督:  ジョー・ジョンストン    出演: ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラン...
ウルフマン (ダイターンクラッシュ!!)
2010年5月1日(土) 17:45~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『ウルフマン』公式サイト 古臭い題材、古臭い設定、古臭いストーリーの、「いつの時代の作品だよ!」な映画。実際、大昔の...
「ウルフマン」鑑賞 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 古典ホラーの代表作「狼男」を、「ジュラシックパーク3」のジョー・ジョンストン監督、「チェ」「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ、「羊たちの沈黙」「ハンニバル」のアン...
No.035 「ウルフマン」 (2010年 102分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ジョー・ジョンストン 出演 ベニチオ・デル・トロ    アンソニー・ホプキンス    エミリー・ブラント 今夜の見る映画は久々のホラー映画です。 それもいつもの天六あたりで見るB級ホラーでなく、アカデミー俳優共演によるメジャー作品です。 ユニバー...
狼男~『ウルフマン』 (真紅のthinkingdays)
 THE WOLFMAN  1891年、英国・ブラックムーア。シェークスピア劇の舞台俳優として活躍して いるローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、...
「ウルフマン」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                  「ウルフマン」 J-MAX上越にて。 監督・ジョー・ジョンストン 郷里の朋友と上越のシネコンへ観に行って参りました。 まずなによりもド肝(最近よく抜かれます(笑))を抜かれたのは、ゴールデン...
『ウルフマン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ウルフマン 』 (2010)  監  督 :ジョー・ジョンストンキャスト :ベニチオ・デル・トロ、エミリー・ブラント、アンソニー・ホプキンス、ヒューゴ・ ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリ...
ウルフマン (The Wolfman) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョー・ジョンストン 主演 ベニチオ・デル・トロ 2010年 アメリカ映画 119分 ホラー 採点★★★ イメージってのはどうも妙な所で固まってしまうようで、ドラキュラもフランケンも狼男も、それこそユニバーサルホラーからハマーホラー、新旧問わず観まくって...
ウルフマン(2010年) (mama)
THE WOLFMAN 2010年:アメリカ 監督:ジョー・ジョンストン 出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、ジェラルディン・チャップリン、エミリー・ブラン ...
映画評「ウルフマン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ジョー・ジョンストン ネタバレあり