cobady的創作生活

cobadyのオリジナルテディベアやあみぐるみをご紹介。
HP「テディベアのおうち」もよろしく。

ピンクの半袖ベア(改)

2006-09-30 20:56:16 | テディベア

昨日作ったテディベアちゃんの毛糸のスカートがどうしても気に入らない!!

ということで、着せ替えてみました。

ちょっとゴスロリっぽくて今回は合格点です。

 

今日は、旅行会社へ旅行のパンフレットを取りに行ってきました。

ダーリンが10月にようやく夏休みを取れることになったのです。

夏休みって・・・もうすっかり秋やん。

候補地は、ずばり伊豆・箱根。

以前私は静岡で働いていたので、とても馴染みのあるところです。

夜勤明けの休日に伊豆まで片道150キロほどのドライブをして、

目の前にひたすら海が広がる絶景の温泉につかったなぁ。

関西からは遠くてなかなか行きにくい場所ですが、本当に良いところです。

楽しみ!!

コメント

ピンクの半袖ベア

2006-09-29 21:28:12 | テディベア

昨日作った生地でもう1匹作ってやれ!!と思ったら、

どうしてもぎりぎり生地が足りない・・・。

そこで、ピンクの毛皮と組み合わせて、服を着ているように作りました。

このピンクの服は本体とつながっているので、決して脱げません。

出来たはいいのですが、半袖のTシャツに下は裸みたいな格好だったので、

毛糸でスカートを編んではかせてみました。

う~ん、スカートが微妙。手直しが必要かもしれません。

右側が昨日の子ぐまちゃん。姉妹のイメージです。

コメント

アンティーク風ベア

2006-09-28 22:59:48 | テディベア

昨日購入した生地で、早速作っちゃいました。

身長22センチ。

地の色がこげ茶で毛色は薄いベージュです。

アンティーク風を目指したのですが、かわいらしすぎたかな。

この生地なら、もっと大人っぽい方がよかったかもしれませんね。

首に巻いているひも?リボン?は、

今編んでる途中のチュニックセーターに使用している毛糸です。

先日、スーパーの安売りで1玉50円で購入しました。

なんとこの毛糸、定価は1玉780円なんですよ!!

とっても得した気分

コメント

テディベア生地

2006-09-27 21:15:57 | テディベア

今日は、ユザワヤ(手芸品店)でテディベア用の生地を購入しました。

テディベアの生地って、高い・・・。

写真下のミニチュアファーは、20センチ四方で600円ほどするんです。

上の方の毛足が長いものは特価でしたが、通常40センチ四方で2000円はします。

綿をぐいぐい詰め込むので、かなりしっかり作ってあるんですね。

日本製のボアは安く売っているのですが、やっぱり仕上がりは全然違うんだなあ。

 

テディベアに限らず、生地を買うと、ものすごく愛着がわいてきます。

生地そのものが、かわいくて仕方ない。

しばし時間を忘れて生地に見とれていると、そこから作るべきものが見えてきたりするから不思議。

手芸品屋さんは、私のワンダーランドなのです!!

コメント

ゴールドベア

2006-09-26 21:31:14 | テディベア

今日誕生した短胴・短足のテディベアです。

しっかりしたジョイントで、足先にペレットを入れているので自分で立てます。

身長は14センチ。

もともとこの生地は、テトを作る為に買いました。

テト???

風の谷のナウシカに出てくる、あの子です。

数年前、友人Nが映画のパロディをマイムで表現するという芝居をやっていて、

その時の彼女の役がナウシカだったもんで、テトをプレゼントしました。

公演ではちゃんとナウシカの肩に乗ってましたよ。

コメント (3)

パン

2006-09-25 21:33:16 | ある日の出来事

子供の時からご飯よりも麺類よりも、だんぜんパンが好きです。

朝食はもちろんパン。昼食も夕食もパンで全然OK。

パン屋さんの前を通ると、ついつい菓子パンを買ってしまいます。

そんな私のパン好きを知ってか知らずか、

家に遊びに来る時にパンをお土産に持ってきてくれる友人が多い!!

 

一番のヒットは、神戸三宮の高架下にあるトミーズというパン屋さんの「アン食」。

食パンにあんこが練りこんであるのですが、トーストにして食べると、

パン生地のパリパリ感とふわっとしたあんこの甘さがマッチして、絶妙です。

1食525円

 

初めて食べて感動したのは、京都祇園ボローニャのデニッシュ食パン。

ボローニャは各地にお店を出しているので、結構手に入りやすいのですが、

デニッシュのほの甘さとバターの風味がたまりません。

厚めに切ってトーストすると、トースターから香ってくるバターの香りがすばらしい!!

3斤1260円

 

でも、何と言っても一番思い出深いのは、失恋した私をなぐさめる為に(?)

友人が買ってくれた大学生協の菓子パンです。

死にたいくらい悲しかったのに、心が溶かされるようでした。

甘い物って本当に不思議。

イライラしてても怒っていても、悲しくても悔しくても、

甘い物ひとつで水に流すことが出来るんです。

男性の方、女性を怒らせてしまった時は、ぜひとも甘い物をプレゼントしてみて下さい。

(甘い物が好きな女性に限りますが・・・)

コメント

ジャガイモのニョッキ

2006-09-23 20:16:44 | 料理

高校生ぐらいの時に、料理の本で初めて見た「ニョッキ」なる食べ物。

イタリア料理らしいのですが、イタリアンの店でメニューにあるのを見たこともなく、

ましてや誰かが「今日はニョッキ作るけど、食べてく?」とか言ってくれたこともなく、

未知なる食べ物としてずっと心の中で眠っていました。

結婚後、2度ほどレシピを見ながら作ってみたのですが、

正直言って可もなく不可もなく、「ふ~ん、こんなもんか。」という感じでした。

おいしいと言えばおいしいし、でもちょっと粉っぽくてボロボロしてるような・・・

そして3度目の正直。

ダーリンが社員旅行で居ない今日、もう一度トライしてみよう!!

というわけで、作ってみたところ・・・ついに成功。

ジャガイモのほくほく感と風味にぷりっとしたパスタの感触が加わり、

あらあら、おいしいじゃないですか。

成功レシピをお教えしちゃいます。

<材料> ジャガイモ 小4個

       小麦粉 70g

       卵 1個

       粉チーズ 15g

       バター 5g

       ナツメグ・胡椒 少々

       塩 小さじ1/2 

<作り方>

1 ジャガイモを皮のまま電子レンジで柔らかくなるまでチンして、皮をむき、うらごす。

2 1に他の材料を全部加えて、さくっと混ぜる。(練ってはダメらしい)

3 打ち粉をしたまな板の上で細長く伸ばし、それを2センチぐらいの長さに切る。

4 フォークで軽くつぶすようにしてスジをつける。

5 沸騰したお湯に塩とオリーブオイルを入れて4をゆでる。

6 ニョッキが浮いて来たら、一息置いて冷水に取る。(白玉と同じですね)

7 もう一度温めた6にお好みのソースをからめて出来上がり。

 

私は今回は炒めたセロリにピザソースとチーズを合わせてソースにしましたが、

オリーブオイルとバジルをからめてもいいし、

生クリームとチーズとか、ミートソースとか、何でもいいと思いますよ~。

コメント

マスコット フグ

2006-09-22 21:50:54 | 手芸作品

 

ある日、友人Mが、

「フグってかわいいよね~。フグのぬいぐるみ作れへんの?」

と言っていたことを思い出して、古布とフェルトで作ってみました。

確かにフグってぷくっとした体とおとぼけた表情がかわいい!!

水族館でも釘付けになってしまう魚のひとつです。

全体像はこんな感じ。

くちびるが、た~らこ~♪で、ちょっと笑えます。

コメント (2)

栗ご飯

2006-09-21 21:39:13 | 料理

栗が出回り始めました。

いも・くり大好きの私にはたまらない季節です。

今期初の栗ご飯を作ろう!!と栗を購入。

皮をむくのに1時間近くかかってしまいましたが、

おいしい栗を食べるためならそんな労力もなんのその。

今日の献立。

里芋の鶏ミンチあんかけ・三度豆のごまあえ・冷奴の梅マヨネーズのせ・具沢山味噌汁

そして、栗ご飯です。

出張で3日間いなかったダーリンが帰って来たので、はりきっちゃいました。

でも・・・明後日から社員旅行でまたまた留守。

さ~び~し~い~よ~。

 

コメント (2)

男の子用通学ナップザック

2006-09-20 22:33:01 | 手芸作品

甥っ子の為にナップザックを作りました。

ちょっと生地がしっかりし過ぎていて、口を絞るロープが固い。

ま、男の子だし、ぐっと力を入れて引き絞ってくれることでしょう。

甥は小学校3年生と1年生なのですが、正直・・・かわいいです。

恥ずかしがりもせずに手をつないだり抱きついたりして来てくれます。

でも、そういうのもあと数年なんでしょうね。

もう2、3年もたったら、お姉ちゃん(決しておばさんとは呼ばせません!!)なんか

見向きもしてくれなくなるんだろうなあ。

ちょっと寂しいけど、でもそうやって微妙な時期を迎えたりしながら

大人になっていくのが楽しみでもあります。

そして大人になった時に、大人同士として色んなことを語り合える日が来るといいなあ、と思います。

お姉ちゃんはいつも君らの事を応援しながら見守っているぞ~。

コメント