cobady的創作生活

cobadyのオリジナルテディベアやあみぐるみをご紹介。
HP「テディベアのおうち」もよろしく。

ダッフィーの通園かばん

2014-02-25 20:30:20 | テディベア教室

2週連続でテディベア教室にお子ちゃま連れで来て下さった方がいらして、めでたくダッフィーの通園かばんが完成しました♪

お子ちゃまはうちの子と同い年の女の子だったので、作業中は2人で楽しく遊んどいてくれました~

小さい子供がいるとお稽古事もなかなか難しいですが、連れて来ても大丈夫なお子さんならぜひ連れて来て頂きたいものです。

うちの子はちょっと前まで決して「お稽古事に連れて行っても大丈夫な子」ではなかったので、子連れでお稽古事なんて無理なもの!って思い込んでましたが、大丈夫な子はもっと小さい時、なんなら赤ちゃんの時でも大丈夫なんでしょうね。ってことに今頃気付きました。

先日、教室として使わせてもらっている実家がマンションに引っ越してワンフロアになったので、うちの母が隣室で子供を見ておくことも出来ますから、以前よりもずっとお子様連れでも安心な環境になったかと思います。

 

さてさて、ダッフィーに戻ります。

ダッフィーっていうのはディズニーのベアで、「ミニーマウスがミッキーマウスにプレゼントしたテディベア」っていう設定らしいです。(Wikipediaより)

顔の真ん中の白い部分はミッキーマークになってるんですって~。知らんかった~。

今回はこのダッフィー君を作るお手伝いをしました。

生地は生徒さんが選んで購入されたプードルファーです。

目・鼻・口が付くまでは猿?という感じだったのだけど、出来上がってみればまさにダッフィー!!

お母さん手作りのかわいいダッフィーかばん、きっととっても誇らしい気持ちで幼稚園に持って行くんだろうなぁ

楽しい時間を過ごさせてもらいました

 

コメント (4)

幼稚園グッズ色々

2014-02-24 07:00:43 | 手芸作品

先週は夜なべしてせっせと娘ちゃんの幼稚園グッズを作っておりました。

娘が幼稚園で不安な気持ちにならずに楽しく過ごせるように、心をこめて、工夫もこめて。

 

コップ袋・お弁当袋・手提げカバン・上靴入れ。

 

体操服袋・ハンドタオル・ランチョンマット・スモックのアップリケ。

 

 

これは娘のリクエストで作った一つ前のプリキュア(ドキドキ!プリキュア)に出てくる妖精。

この子達、それぞれ担当の(?)プリキュアがいて、いつもその子にくっついてるんだけど、なんだかかわいい

娘も満足してくれたようです

毎日楽しく幼稚園に通ってくれるといいなぁ。

コメント (2)

10cmバッグチャームベア 5

2014-02-20 06:45:14 | 製作途中

10cmバッグチャームベア、5体目のお色はモカです。

ちょっと写真ではわかりにくいかもしれませんが、珍しくカラーアイを使ってみました。

 

オリーブグリーンのお目目が光の入る角度によって時には怪しく、時にはあどけなく、時には精悍な表情にも見えます。

う~ん、カラーアイは深いなあ。

好き嫌いはっきり分かれるところだと思いますが・・・。

 

お鼻はてかてか加工してあります。

コメント

ウェディングベア N&T

2014-02-16 21:56:08 | テディベア

ご依頼を頂いてお作りしたウェディングベアちゃんをご紹介します

モザイクをかけていますが、足裏には新郎新婦のお名前と記念日が刺繍してあります。

 

ご依頼を下さったのは新郎のお母様。 素敵なプレゼントになりますね~

息子さんカップルのお写真を送って下さったので参考にさせていただきました。

やっぱりお顔を拝見するとイメージも湧くし、だんぜん作りやすいです。

 

身長 : 21cm(新郎)/20cm(新婦)

座高 : 15cm(新郎)/14cm(新婦)

素材 : ジャーマンモヘア・フェルト

詰物 : 化繊綿・ペレット・ステンレスボール

目玉 : プラスチックアイ(8mm)

ハードボードフルジョイント・衣装素材はサテン・パールビーズ・チュールなど

新郎のベストと新婦のドレスは着せつけです。(着脱できません)

バランスをとってあげると自立します。

 

お子さんの結婚、男の子の親御さんってどんな気持ちなんだろう・・・

ほっと安心しながらも、やっぱり寂しいのかな?

うちはまだまだ先だけど、娘が結婚する時は寂しいだろうなあ。

でも孫は早く欲しい(笑)

私ももっと早くに子供産んどいたら、親(じじばば)と子供(孫)が一緒に遊ぶ幅ももっと広がったのにと、今さらながら思います。

年とると足腰も弱るし、力一杯は遊べないもんね。

親のために子供を産むわけじゃないので仕方ないことなのだけど、親にはちょっと申し訳なかったなと思います。

だって私がおばあちゃんでもおかしくない歳なんだもんなあ

 

お写真で見るお2人は穏やかで優しく、そしてとても賢そうで。

きっと素敵なご家庭になると思います。

ず~っと仲良く幸せな人生を2人で歩んで行かれますように・・・。

 

コメント (4)

ガトーショコラ

2014-02-14 21:02:02 | 料理

バレンタインですねぇ。

うちの父ちゃん、今日は朝から熱があって会社を休みました。

夕方病院行ったらなんとインフルエンザB型だったそうで

それでもケーキは(もっと甘くてぎっしり詰まってるのが好きだとかなんとか文句言いながら)しっかりたっぷり食べてましたけど・・・。

多分インフルエンザで舌がおかしくなっていたのでしょう。そういうことにしておこう

娘ちゃんは「美味しい美味しい」と言いながら写真の一切れぺろっとたいらげてくれました。

上部はサクッとしていて、中はしっとりふわっと。

私的にはかなりよく出来たガトーショコラだったので、レシピを書いておきます。

本当はもう少し甘さを抑えた方が私は好きなんだけどね。

今日は娘も早い時間に夕飯を食べながら寝てしまったので、ゆっくり1人の時間を満喫してます。

子供が出来るまでは1人になりたいとかって思ったことなかったけど、今は娘&父ちゃんが寝ている時間がとても貴重で大事なリフレッシュ時間です。

 

さてさて、レシピです。

あ、粉砂糖を娘ちゃんにかけてもらおうと思って茶漉しを持たせていたら、ばさ~っとやってしまったので、ちょっと見栄え悪いですけど

 

 材料  (18cm丸型)

卵白 3個

卵黄 3個

グラニュー糖 120g

牛乳 30cc (生クリームならなお良しだと思いますが)

薄力粉 30g

ココア 30g

チョコレート 70g 

バター 60g

 

 下準備 

ケーキ型に紙を敷いておく。

薄力粉とココアを合わせて2、3回ふるっておく。

チョコレートは細かく刻む。(開いた牛乳パックの上で刻むと片付けも楽)

バターをレンジでチンして溶かし、そこに刻んだチョコを入れ、チョコが溶けるまでさらに少しレンジにかける。

注: バターもチョコも溶けるギリギリの温度ぐらいでレンジを止めること。

    200ワットでまず1分、それから様子を見ながら30秒ずつぐらいかけるとよい。

頃合を見計らって(メレンゲを作り終えたぐらいがいいかな?)オーブンを170℃に予熱しておく。

 

 作り方 

 卵白をハンドミキサーで泡立て、グラニュー糖の半量を3回に分けて加えて固いメレンゲを作っておく。

 別のボールで卵黄に残りのグラニュー糖を加えて(卵白で使ったハンドミキサーを洗わずにそのまま使って)混ぜ、牛乳を加えて混ぜる。

 ふるった薄力粉+ココアをに入れ、ゴムベラで切るように混ぜ込む。

 メレンゲの半量を加えてゴムベラでよく混ぜる。

 溶かしたバター+チョコを加えて混ぜる。

 残りのメレンゲを加えてさっくりと混ぜる。

 170℃のオーブンで40分焼く。

竹串でさしてみてどろっとした生地がついてこなければ出来上がり~♪

冷ましてから茶漉しで粉砂糖を雪のようにかけると綺麗。

コメント (2)

生徒さんの作品 色んなくまちゃん3体

2014-02-07 21:49:10 | テディベア教室

生徒Aさんが、おうちで作ったくまちゃん達を持って来て下さいました。

正直、お教えすることがもう、そんなにたくさん残っていないような気がします~

技術もさることながら、どの子も本当に良いお顔。

Aさんは色つきのグラスアイを使われているんだけど、とっても上手に使いこなせていて、脱帽です。

向かって右側の子のモヘアは葡萄の皮で染めたんですって。

素敵すぎる~

コメント (2)

リネンベア ストライプ

2014-02-02 07:40:14 | テディベア

ご依頼を頂いて作ったリネンベアです。

素敵なリネン(麻)の生地はご依頼者様が用意して下さいました。

数週間前、送って下さったお写真を元に作ったリネンベアの細過ぎた型紙を修正して、良い感じになりました~♪

 

身長 : 29cm

座高 : 21cm

素材 : リネン(麻)

詰物 : 化繊綿・ペレット

目玉 : オニキス3mm玉

手足はボタンジョイント・首は固定です。

 

この生地、めっちゃええやつです。

・・・な~んて下品な表現をしては申し訳ないぐらいの素敵なお品でございますのよ。

おほほほほ

 

ストライプの生地はところどころに蜂が飛んでいます。

イギリスのファブリックブランド、Peony & Sageのリネン生地です。

ご興味のある方は、こちらをどうぞ・・・。  

コメント